バロテッリ、CL強行出場を告白「ケガが治っていなかったがチームを助けたかった」2017.08.28 19:19 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ニースのFWマリオ・バロテッリが27日、インスタグラムを更新し、今後の挽回を約束した。

バロテッリは今夏、筋肉系のトラブルを抱え、スタートが出遅れた。しかし、22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ、ニース対ナポリ戦の2ndレグには先発し、新加入のMFヴェスレイ・スナイデルとの相乗効果が期待された。だがバロテッリは精彩を欠き、チームは0-2で敗戦。バロテッリが欠場した26日のリーグ・アン第4節アミアン戦でもニースは0-3と完敗し、批判が高まっている。このためバロテッリはインスタグラムを更新し、ファンへ挽回を予告した。またナポリ戦の際、ケガから回復しておらず、強行出場だったことも告白している。

「ニースが不振から抜け出せるよう、自分の力を出し切りたい。オレがプレーしたこの間の試合(ナポリ戦)はまだケガが完治していなかった。復帰までの時間をスピードアップして、コンディションは50%にも達していない状態だった。復帰を急いだのは、チームの助けになりたかったからだけど、皆が知っているようにオレにはそれができなかった」

「4日間、風邪をひいてしまい今は病み上がりの状態。だからアミアン戦を欠場したんだ。物事が上手く進まない時にオレを攻撃するのはいつも簡単だろう。オレは悲しくなるけど、同時に誇りにも感じる。皆がオレのことをまだ信じてくれている証拠だからだ。ヤジった人たちは間違っていたと証明することがオレにできるすべてだ。子供は転ぶけど、大人は立ち上がる。オレたちは大人なのだから、怒らずに前を向こう」


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース