カバーニ4戦連発のPSGがサンテチェンヌとの連勝対決制し開幕4連勝!《リーグ・アン》2017.08.26 05:57 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第4節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsサンテチェンヌが25日に行われ、PSGが3-0で勝利した。

▽共に開幕3連勝を飾ったPSGとサンテチェンヌによる注目の上位対決。ホームのPSGは、6-2で大勝したトゥールーズ戦から先発3人を変更。前節、退場したうえ主審への暴言で3試合の出場停止となったヴェッラッティに代わってパストーレ、ベンチスタートのチアゴ・シウバとダニエウ・アウベスに代わって、マルキーニョスとムニエが先発入り。3トップはネイマール、カバーニ、ディ・マリアの南米強力トリデンテとなった。

▽立ち上がりから圧倒的なボールポゼッションで相手を押し込むPSGだが、[5-4-1]の守備的な布陣を採用したサンテチェンヌの堅守を前になかなかフィニッシュまでつなげられない。

▽それでも、焦れずに攻勢を続けるホームチームは18分、ネイマールの浮き球パスが相手DFに当たってボックス内に走り込むカバーニに渡ると、DFヤンコが後方から倒してしまい、PSGがPKを獲得。これをキッカーのカバーニが冷静に決め、4試合連続ゴールを達成した。

▽早い時間帯に先制したPSGは、直後の25分に最終ラインを簡単に破られてバンバにGKとの一対一を許すが、ここは身体を倒しながらも残していた右足で見事にシュートブロックしたGKアレオラのビッグセーブで難を逃れる。だが、徐々に相手の圧力に晒されたホームチームは、1点こそリードしたものの、フラストレーションが溜まる展開のまま前半を終えた。

▽それでも、後半に入って右サイドでドリブルを仕掛けたネイマールが相手に倒されて51分にFKを獲得。このFKの場面でサインプレーを試みたPSGはネイマールが素早くゴール前に入れたボールをファーに飛び込んだマルキーニョスが胸を使ってマイナスに落とすと、これに反応したモッタがスライディングシュートで流し込んだ。

▽頭脳的なプレーでリードを2点に広げたPSGだが、流れの中ではなかなかエンジンがかかり切らず、その後は互いに見せ場が少ない展開に。それでも、GKアレオラを中心に失点を許さない試合巧者は、80分過ぎにユーリ、ドラクスラー、ロ・セルソとフレッシュな選手をピッチに送り出す。

▽その後、試合終了間際の90分には右サイドのムニエが入れたグラウンダーのクロスをゴール前に飛び込んだカバーニが鮮やかなバックヒールで流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。2ゴールで開幕4試合5ゴールのエースFWカバーニの決定力で勝ち切ったPSGが、開幕4連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

「彼に全て任せるべき」ネイマールを“モンスター”と呼んだ指揮官、PK論争に持論

ブラジル時代のネイマールを&ldquo;モンスター&rdquo;と形容したレネ・シモンエス氏は、エディンソン・カバーニと口論を起こした同選手を擁護している。<br><br>17日に行われたパリ・サンジェルマンとリヨンの一戦で、ネイマールはカバーニとPKのキッカーを巡り口論に。ウルグアイ代表がキッカーを務めたものの、PKは失敗に終わっていた。さらに、試合後のドレッシングルールでも険悪な雰囲気は続き、両者は引き離されていたと報じられている。<br><br>ネイマールが2010年にサントスでプレーしていた時もPKのキッカーを務められなかったことに激怒し、ボトルを放り投げたり、監督と口論していた。その後も個人プレーに奔り、チームメイトへのパスを拒むなど、その振る舞いに対して対戦相手アトレチコ・ゴイアニエンセのシモンエス監督は「ブラジルフットボール界にモンスターを生み出そうとしている」と非難していた。<br><br>シモンエス氏は、『Goal』の独占インタビューで「世界のベスト選手はクリスティアーノ・ロナウドや(リオネル・)メッシのようにコーナーキック、ペナルティキック、フリーキック、全てを任されている。パリSGで世界一の選手になれると約束されたのなら、彼に全てを託す必要があると思う」と7年前と同様にPKのキッカーを巡って問題を起こしたネイマールを擁護した。<br><br>また、同氏は「監督は決断しなければならない。仮にカバーニをキッカーに指名すれば、起きたことに対してネイマールに責任があり、反対にネイマールに任せれば、カバーニに責任がある。しかし、試合前に何も決めてなければ、監督は起きたことに対する責任がある。サントス時代の監督はネイマールにPKを任せなかっただけだ」とパリSGのウナイ・エメリ監督は試合前にキッカーを決めなければならないと語っている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.21 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

元仏代表デュガリー氏、エメリ監督へ警告「ネイマールはPSGのボスになるつもりでいる」

▽かつてミランやバルセロナでプレーしていた元フランス代表のクリストフ・デュガリー氏は、パリ・サンジェルマンが抱えているセットプレーのキッカー論争に言及している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽17日に行われたリーグ・アン第6節のPSG vsリヨンの一戦。1-0でPSGがリードして迎えた78分に、FWキリアン・ムバッペがボックス内で倒されPKを獲得。しかし、この際にブラジル代表FWネイマールとウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがキッカーを巡って揉める場面が見られた。 ▽結局PKを蹴ったのはカバーニだったが、GKにセーブされて失敗。2-0でPSGが勝利したものの、後味の悪さが残ったまま試合は終了した。 ▽この件についてデュガリー氏は、PSGを率いるウナイ・エメリ監督に「仲裁する必要がある」と警告している。 「ネイマールはすでにPSGの星だ。リーガ・エスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、そして他の全てを勝ち得てきた」 「彼は偉大なプレーヤーである。そして、PSGのボスになるつもりでいる。2億2200万ユーロ(当時のレートで約290億円) という移籍金が原因ではないと思うけどね。ウナイ・エメリ監督はしっかりと仲裁する必要がある。さもないと、そのうちネイマールが練習やチームのことについても決めようとするよ」 2017.09.20 13:54 Wed
twitterfacebook
thumb

豪華メンツのゴールデンボーイ賞ノミネート発表 ムバッペ、ラッシュフォード、O・デンベレら

▽イタリア『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞のノミネート25選手が発表された。 ▽ヨーロッパでプレーする21歳以下の選手に贈られるゴールデンボーイ賞。2017年度のノミネートは、今夏にモナコからパリ・サンジェルマンに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入したフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)やマンチェスター・ユナイテッドでインパクトを残しているイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(19)、ドルトムントからバルセロナ入りしたフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)らが名を連ねた。 ▽ゴールデンボーイ賞は、30名のジャーナリストによって決定。今年は10月に受賞者が明かされる予定だ。 ▽今回のゴールデンボーイ賞のノミネート25選手と過去の受賞者は以下のとおり。 ◆2017ノミネート DFアーロン・マルティン(エスパニョール) FWジャン=ケビン・オギュスタン(ライプツィヒ) MFロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス) FWステフェン・ベルグヴィン(PSV) FWドミニク・カルバート=ルーウィン(エバートン) FWフェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ) FWウスマーヌ・デンベレ(バルセロナ) MFアマドゥ・ディアワラ(ナポリ) FWカスパー・ドルベリ(アヤックス) GKジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン) FWガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ) DFジョー・ゴメス(リバプール) DFベンジャミン・ヘンリクス(レバークーゼン) FWボルハ・マジョラル(レアル・マドリー) FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン) MFエムレ・モル(セルタ) MFリース・オックスフォード(ボルシアMG) MFクリスティアン・プリシッチ(ドルトムント) FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド) MFアラン・セント=マクシミン(ニース) FWドミニク・ソランケ(リバプール) DFテオ・エルナンデス(レアル・マドリー) MFユーリ・ティーレマンス(モナコ) FWユネス・ウナル(ビジャレアル) DFカイル・ウォーカー=ピータース(トッテナム) ◆歴代受賞者 2003:MFラファエル・ファン・デル・ファールト 2004:FWウェイン・ルーニー 2005:FWリオネル・メッシ 2006:MFセスク・ファブレガス 2007:FWセルヒオ・アグエロ 2008:MFアンデルソン 2009:FWアレシャンドレ・パト 2010:FWマリオ・バロテッリ 2011:MFマリオ・ゲッツェ 2012:MFイスコ 2013:MFポール・ポグバ 2014:FWラヒーム・スターリング 2015:FWアントニー・マルシャル 2016:MFレナト・サンチェス 2017.09.20 11:05 Wed
twitterfacebook
thumb

カバーニvsネイマールのPK問題はボーナスが影響か?

▽PKを巡る問題が勃発しているパリ・サンジェルマン(PSG)だが、この問題にはお金が絡んでいる可能性があるようだ。フランス『レキップ』が報じた。 ▽17日に行われたリーグ・アン第6節のPSGvsリヨンの一戦。1-0でPSGがリードして迎えた78分に、FWキリアン・ムバッペがボックス内で倒されPKを獲得。しかし、この際にブラジル代表FWネイマールとウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがキッカーを巡って揉める場面が見られていた。 ▽結局PKをネイマールから奪う形となったカバーニだったが、GKにセーブされて失敗。微妙な関係のまま、試合は終了していた。 ▽両国を代表するストライカーが揃えば、確かにキッカーを争う場面が見られる可能性もあるが、どうやらこの騒動にはお金が絡んでいるとのこと。得点王になった際のボーナスが影響しているようだ。 ▽『レキップ』によると、カバーニは2016-17シーズンのリーグ・アンで得点王に輝いており、クラブから100万ユーロ(約1億3400万円)のボーナスを受け取ったとのこと。これは契約に入っているようで、かつてPSGに在籍したFWズラタン・イブラヒモビッチも適用していたようだ。 ▽ネイマールの契約にも含まれているかは分からないが、この件を考えればネイマールにPKを譲りたくなかったことも理解はできる。チームにとってはゴールが量産されることで勝利やタイトル獲得に近づくことができるが、内部分裂を起こす可能性もはらんでいる。果たして、今後のキッカー争いはどうなるのだろうか。 2017.09.19 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ごたごたPSGにまたも波乱!? FKのキッカー争いでカバーニvsD・アウベスが勃発

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のキッカーを巡った論争にブラジル代表DFダニエウ・アウベスも参戦していたようだ。スペイン『マルカ』がブラジルのテレビ局『SporTV』でのインタビューを引用して報じている。 ▽17日に行われたリーグ・アン第6節のリヨン戦を2-0で勝利し、首位キープに成功したPSG。しかし、その試合の78分に獲得したPKのキッカーを巡って、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとブラジル代表FWネイマールが激突していたことがスペイン『マルカ』によって報じられていた。しかし、今回の報道によると、キッカーを巡ってのいざこざはこのシーンだけではなかったようだ。 ▽その場面は55分、ボックス右手前でネイマールが倒されるとPSGがFKを獲得する。すると、このボールを拾ったダニエウ・アウベスにカバーニがボールを渡すように要求したが、ダニエウ・アウベスはこれを拒否。その後、ブラジル代表の同僚であるネイマールにボールを渡してキッカーを譲った場面が『マルカ』によって動画で紹介されている。 ▽しかし試合後、ダニエウ・アウベスはこの一件について、FKのキッカーをネイマールに譲ったのではなく、自身が蹴りたかったことを明かした。それでも、個人の結果よりもチームの勝利が優先だと主張している。 「僕は蹴るつもりだったんだ。過去にその位置からゴールを決めたことがあるからね。FKの時にボールを拾ったのは、また同じ位置から決められる自信があったからなんだ」 「ただ、これはそれほど重要なことではない。最も重要なことはチームが勝利を手にすることなんだ。それはどんな個人の結果よりも大事にしなければならない」 「試合がうまく言っていない時、その責任をとらなければならない。そして、僕はその責任をとりたかったんだ。ただ、最後はネイマールが蹴ることになって、僕が蹴ることはできなかったんだけどね」 2017.09.19 16:02 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース