カバーニ4戦連発のPSGがサンテチェンヌとの連勝対決制し開幕4連勝!《リーグ・アン》2017.08.26 05:57 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第4節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsサンテチェンヌが25日に行われ、PSGが3-0で勝利した。

▽共に開幕3連勝を飾ったPSGとサンテチェンヌによる注目の上位対決。ホームのPSGは、6-2で大勝したトゥールーズ戦から先発3人を変更。前節、退場したうえ主審への暴言で3試合の出場停止となったヴェッラッティに代わってパストーレ、ベンチスタートのチアゴ・シウバとダニエウ・アウベスに代わって、マルキーニョスとムニエが先発入り。3トップはネイマール、カバーニ、ディ・マリアの南米強力トリデンテとなった。

▽立ち上がりから圧倒的なボールポゼッションで相手を押し込むPSGだが、[5-4-1]の守備的な布陣を採用したサンテチェンヌの堅守を前になかなかフィニッシュまでつなげられない。

▽それでも、焦れずに攻勢を続けるホームチームは18分、ネイマールの浮き球パスが相手DFに当たってボックス内に走り込むカバーニに渡ると、DFヤンコが後方から倒してしまい、PSGがPKを獲得。これをキッカーのカバーニが冷静に決め、4試合連続ゴールを達成した。

▽早い時間帯に先制したPSGは、直後の25分に最終ラインを簡単に破られてバンバにGKとの一対一を許すが、ここは身体を倒しながらも残していた右足で見事にシュートブロックしたGKアレオラのビッグセーブで難を逃れる。だが、徐々に相手の圧力に晒されたホームチームは、1点こそリードしたものの、フラストレーションが溜まる展開のまま前半を終えた。

▽それでも、後半に入って右サイドでドリブルを仕掛けたネイマールが相手に倒されて51分にFKを獲得。このFKの場面でサインプレーを試みたPSGはネイマールが素早くゴール前に入れたボールをファーに飛び込んだマルキーニョスが胸を使ってマイナスに落とすと、これに反応したモッタがスライディングシュートで流し込んだ。

▽頭脳的なプレーでリードを2点に広げたPSGだが、流れの中ではなかなかエンジンがかかり切らず、その後は互いに見せ場が少ない展開に。それでも、GKアレオラを中心に失点を許さない試合巧者は、80分過ぎにユーリ、ドラクスラー、ロ・セルソとフレッシュな選手をピッチに送り出す。

▽その後、試合終了間際の90分には右サイドのムニエが入れたグラウンダーのクロスをゴール前に飛び込んだカバーニが鮮やかなバックヒールで流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。2ゴールで開幕4試合5ゴールのエースFWカバーニの決定力で勝ち切ったPSGが、開幕4連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

カバーニ2発でPSGがナントを粉砕!!《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は18日、リーグ・アン第13節でナントとパルク・デ・プランスで対戦し、4-1でPSGが勝利した。 ▽リーグ戦12試合を終えて10勝2分けの無敗を維持している首位のPSG(勝ち点32)がホームに5位のナント(勝ち点23)を迎えた。ホームのパリ・サンジェルマンは[4-3-3]のフォーメーションを採用。カバーニを頂点にネイマールとディ・マリアが両翼を務めた。 ▽ここまで無類の強さを見せているPSGだが、この試合ではナントがよりチャンスを作り出していく。しかしゴールをこじ開けたのはPSGで38分、自陣でボールを奪いカウンターからパストーレのスルーパスをボックス左で受けたカバーニがゴールを奪い切った。 ▽さらに42分、右CKからショートコーナーを選んだPSGはキッカーのディ・マリアが入れなおしたインスイングのボールがそのままゴールネットに吸い込まれ2点目を奪う。 ▽そのまま前半を終えると後半立ち上がりもナントが勢い良く試合に入る。迎えた60分には右サイドの深い位置から逆サイドに大きな展開をすると、左サイドのロニエがダイレクトで折り返し、最後はナルコマが押し込んで1点を返した。 ▽しかしPSGは65分、ヴェッラッティのスルーパスに抜け出したパストーレがボックス右からシュート。GKタタルサヌがセーブするが、ボールの勢いに押されて後逸。これがネットを揺らしてPSGが再び2点差とした。 ▽さらにPSGは79分、ボックス内でボールを受けたカバーニが、ヴェッラッティにパスを送る。これはDFに引っかかるも、こぼれ球をカバーニが自分で押し込みPSGが試合の大勢を決定付ける4点目を奪取。そのまま試合は終了を迎え、PSGが快勝した。 2017.11.19 02:51 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマールのレアル移籍報道にジダンは「将来は誰にも分からない」と否定せず

ジネディーヌ・ジダン監督が、レアル・マドリーにネイマールが移籍する可能性があるという報道について言及した。<br><br>8月に史上最高額の移籍金でバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したネイマール。現在フランスを舞台に活躍を続ける同選手だが、移籍からわずか半年でスペインに復帰する可能性があると報じられている。しかもそれはレアル・マドリーへの電撃移籍と伝えられ、現地で話題を集めていた。この報道を受け、ジダン監督は今後何でも起こり得るとの見解を示している。<br><br>18日に控えているアトレティコ・マドリーとのダービー戦を前に、パリSGのブラジル代表FWの移籍報道について問われたジダン監督は「ネイマールはとても優秀なフットボーラーだ」と回答。続けて「私はここにいる選手としか働けないし、彼らのことだけを考えているが、将来のことは誰にも分からない」と話した。<br><br>さらに、同指揮官は「私たちは今のことだけを考えていて、将来何が起こるかなど知る由もない。ここでプレーしていない選手のことを話してもしょうがないと思っている。ネイマールは良い選手で、私は彼に敬意を払っている。今言えることはそれだけだ」と続け、ネイマールへの関心を示しながらも、補強対象としての明言は避けている。<br><br>約290億円もの契約解除金で夏にバルセロナを去ったネイマールが、そのわずか半年後レアル・マドリーに加入する可能性は限りなく低いものと思われる。しかし、個々最近はエディンソン・カバーニとの衝突や、指揮官ウナイ・エメリーとの不仲説が取りざたされるなど、ネイマールはパリ・サンジェルマンで信頼を失っているとの見方もある。ジダン監督はネイマールへの興味は否定しておらず、パリSGを挟んだ&ldquo;禁断の移籍&rdquo;に関する報道は今後も過熱しそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.18 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマール、新居からおよそ2カ月半、早くも引っ越しへ…

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールが引っ越したようだ。フランス『Le Parisien』が伝えた。 ▽今夏、バルセロナからPSGに移籍したネイマール。9月にパリからほど近いブージヴァルという地域の、5階建てでプールやサウナが付いた大豪邸に住み始めた同選手だが、それからおよそ2カ月半、早くも他の場所へ引っ越したようだ。 ▽伝えられるところによると、引っ越しの理由は“セキュリティの問題”だそう。ネイマールのフランスでの新居を聞きつけたあまりにも多くのファンたちが見物に訪れて警察が出動することもザラだったようだ。中には1.7メートルの外壁を乗り越えネイマール宅に不法侵入する不届き者もいたようだ。 ▽耐えられなくなったネイマールは引っ越しを決意。同じブージヴァルの別のところに移ったようだ。世界的天才ドリブラー・ネイマールだが、意外にも守備はもろく、ファンにドリブルでバイタルエリアへの侵入を許してしまったようだ。 2017.11.18 02:06 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGが今年プロデビューの“ブラジル期待の若手”フルミネンセMFウェンデル獲得に合意

▽パリ・サンジェルマン(PSG)がフルミネンセのブラジル人MFウェンデル(20)の獲得へ合意に達したようだ。スペイン『アス』がブラジル『Esporte Interativo』を引用して伝えている。 ▽伝えるところによると、移籍金は、1000万ユーロ(約13億2000万円)で正式契約は来年1月。契約年数は5年のようだ。 ▽フルミネンセの下部組織出身のヴェンデルは、今年1月にプロ契約。ボランチを主戦場とし、今シーズンはここまで公式戦38試合で5ゴール2アシストをマークしている。なお、PSGは現時点でウェンデルの獲得について公式な発表は行っていない。 2017.11.17 14:50 Fri
twitterfacebook
thumb

キング・カントナ、バルサ退団しPSG加入のネイマールに喝!!!

▽かつてマンチェスター・ユナイテッドやフランス代表として活躍したエリック・カントナ氏(51)が、今夏の移籍市場を賑わせたブラジル代表FWネイマールの考え方に喝を入れている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ネイマールは今夏の移籍市場でバルセロナを退団。ワールドレコードとなる2億2200万ユーロ(当時のレートで約290億円)でパリ・サンジェルマンに加入した。 ▽カントナ氏はネイマールの移籍について、25歳の若さながらバルセロナの主力として活躍し、地位も名誉もある中でなぜリーグ・アンへの移籍を求めたのかと疑問を持っているようだ。 「まだ25歳という若さだ。さらにブラジル代表やバルセロナと言ったトップレベルでプレーしていた。それなのになぜリーグ・アンに移籍する必要がある」 「私が持っていたサッカーへの情熱とは違うもの、違う視点があるのだろう。チャンピオンズリーグでのプレーと言うが、それは1シーズンで10試合程度だ。なぜフランスに来たのかが全く分からない」 2017.11.17 10:15 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース