ナインゴランがベルギー代表電撃引退へ!? 喫煙問題巡るマルティネス監督との確執が引き金に…2017.08.25 23:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマに所属するベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(29)がベルギー代表からの引退を示唆した。同選手が25日にベルギー『hln』で語った。

▽ベルギーサッカー協会(KBVB)は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むベルギー代表メンバー28名を発表した。FWエデン・アザールやFWロメル・ルカク、MFケビン・デ・ブライネ、DFヴァンサン・コンパニら主力が順当に選出された一方、ローマで絶対的な主力として活躍し、世界屈指の万能型MFとも評されるナインゴランは、負傷者やサスペンションなどの理由がないにも関わらず、招集外となった。

▽そして、代表落選という失望の結果を受けたナインゴランは、母国の『hln』で代表からの引退を示唆する発言をした。

「非常に失望している。僕は現在の状況を解決するつもりだ。これまで何が起きたのか振り返り、自分の将来を考えるつもりだ」

▽ローマでの台頭以降、前指揮官マルク・ヴィルモッツ監督の下では主力として活躍してきたナインゴランだが、ユーロ2016終了後に就任したロベルト・マルティネス監督の下では、長年黙認されてきた喫煙に関して、否定的な意見を持つ指揮官との確執が生じ、これまで何度か代表招集を見送られてきた。

▽なお、マルティネス監督は今回の代表発表会見の場で、ナインゴランを招集外とした理由に関して、「ラジャは最高の状態ではない。彼にとって残念なことだが、私は今回の2試合に最高のプレーヤーを必要としている」と説明。単純にパフォーマンスの問題で招集外にしたと語った。

▽2009年にベルギー代表デビューを飾ったナインゴランは、これまで29試合に出場し6ゴールを挙げていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ベルギー代表メンバー28名発表!アザール、ルカクらを順当に招集《ユーロ2020予選》

ベルギーサッカー協会(KBVB)は15日、ユーロ2020予選・グループIのロシア代表戦、キプロス代表戦に向けたベルギー代表メンバー28名を発表した。 ロベルト・マルティネス監督は、GKティボー・クルトワ(レアル・マドリー)やFWエデン・アザール(チェルシー)、FWロメル・ルカク(マンチェスターユナイテッド)ら中心選手を引き続き招集。一方で、MFアクセル・ヴィツェル(ドルトムント)やDFヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ)が外れた。また、負傷中のMFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)も呼ばれていない。 ベルギー代表は、21日にホームでロシア代表と、24日にアウェイでキプロス代表とユーロ2020予選・グループIで対戦する。今回発表されたベルギー代表メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆ベルギー代表メンバー28名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ティボー・クルトワ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">シモン・ミニョレ</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">コーエン・カスティールス</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">マッツ・セルス</span>(ストラスブール/フランス) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ブランドン・メシェレ</span>(クラブ・ブルージュ) <span style="font-weight:700;">ジェイソン・デナイヤー</span>(リヨン/フランス) <span style="font-weight:700;">デドリック・ボヤタ</span>(セルティック/スコットランド) <span style="font-weight:700;">トビー・アルデルヴァイレルト</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヤン・ヴェルトンゲン</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">トーマス・ヴェルメーレン</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ムサ・デンベレ</span>(広州富力/中国) <span style="font-weight:700;">ハンス・ヴァナケン</span>(クラブ・ブルージュ) <span style="font-weight:700;">ヤニク・フェレイラ=カラスコ</span>(大連一方/中国) <span style="font-weight:700;">ティモシー・カスターニュ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">デニス・プラート</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">リーンデル・デンドンカー</span>(ウォルバーハンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ユーリ・ティーレマンス</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">トーマス・ムニエ</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">ナセル・シャドリ</span>(モナコ/フランス) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">エデン・アザール</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ロメル・ルカク</span>(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ディヴォク・オリジ</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ミッチー・バチュアイ</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">クリスティアン・ベンテケ</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">トルガン・アザール</span>(ボルシアMG/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ドリエス・メルテンス</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">アドナン・ヤヌザイ</span>(レアル・ソシエダ/スペイン) <span style="font-weight:700;">レアンドロ・トロサール</span>(ヘンク) 2019.03.15 22:05 Fri
twitterfacebook
thumb

日本の夢を打ち砕いたフェライニがベルギー代表からの引退を発表

中国の山東魯能に所属するMFマルアン・フェライニ(31)が、7日に自身のツイッターでベルギー代表から引退することを発表した。 代表通算87キャップを数えるフェライニは2007年2月7日、チェコ代表との親善試合の時に19歳と2ヵ月16日でベルギー代表初出場を果たした。ユーロ2008年大会の予選のポルトガル代表戦で初ゴールを記録したが、チームは本大会出場を逃した。 2002年の日韓大会ぶりとなるワールドカップ(W杯)出場となった2014年のブラジル大会で、初めて代表で国際大会に出場したフェライニは準々決勝までの全5試合に出場。初戦のアルジェリア戦では1ゴールを挙げた。 そして、記憶に新しい昨年のW杯では、ラウンド16で日本代表と対戦。後半序盤に2点を先行される厳しい試合展開となる中で、65分から途中出場したフェライニは74分に同点弾を記録。その勢いのまま、ベルギーは後半アディショナルタイムに逆転弾を決めて、初のベスト8進出に手をかけたサムライブルーの夢を打ち砕いたのだった。 12年間の旅路を終えたフェライニは、31歳で代表引退を決意したことは簡単ではなかったと、現在の想いを伝えている。 「ベルギー代表での12年間を経て、代表から引退することを決めた」 「簡単な決断ではなかった。だけど、ベルギーのこのサクセスロードを次の世代が続けていくには適切なタイミングだと思ったんだ」 「2度のワールドカップとユーロに出られたこと、87試合に出場できたことは名誉なことだ。2007年のデビューから、レッド・デビルズとはたくさんの素晴らしい思い出があるけど、最も誇りに思うのはベルギー代表がFIFAランクで1位になったことだ」 「代表キャリアで関わった全ての人に感謝したい。特に人生の友達であるチームメイトやコーチたちにはね」 「そしてファンの皆にも感謝しなくちゃいけない。彼らは僕らをサポートするために世界中に足を運んでくれた。今度のヨーロッパ予選での素晴らしい結果を祈っているよ。ありがとう、ベルギー代表」 2019.03.08 06:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ペリシッチ売却報道のインテル、後釜にカラスコ?

インテルが、クロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(29)を今冬で売却し、後釜に大連一方(中国スーパーリーグ)に所属するベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(25)を据える可能性があるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 昨シーズンのインテルでの好パフォーマンスとロシア・ワールドカップ(W杯)でクロアチア代表を準優勝に導く働きを見せたペリシッチは昨夏、自身が移籍寸前だったことを後に認めたマンチェスター・ユナイテッドなどプレミアリーグ行きの可能性が盛んに報じられた。だが、ルチアーノ・スパレッティ監督の説得などもあり、インテル残留を決断していた。 しかし、今シーズンはクロアチア代表の同僚ルカ・モドリッチらと同様に死力を尽くしたW杯からの燃え尽き症候群も指摘されるペリシッチは、ここまでの公式戦25試合で3ゴール5アシストと思うようなパフォーマンスを披露出来ていない。 この状況を受けて、インテルは2022年まで契約を残すペリシッチの放出を考慮し始めており、3500万ユーロ(約43億円)から4000万ユーロ(約50億円)のオファーが届いた場合、交渉に応じるという。なお、現時点でペリシッチにはアトレティコ・マドリーが関心を抱いているとのこと。 また、インテルはペリシッチの後釜として、大連一方のカラスコの獲得に動くようだ。しかしながら、ベルギー代表MFに関しては、ミランやユナイテッドも関心を寄せていると各紙が報道している。 2019.01.26 21:21 Sat
twitterfacebook
thumb

アザール、再び語る「レアル・マドリーが大好きだ」

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)が、再びレアル・マドリーへの憧れを口にした。フランスのラジオ放送『ラディオ・モンテ・カルロ』での発言を基に、スペイン『アス』が伝えている。 ▽マウリツィオ・サッリ新監督の下で始まった今シーズンも、公式戦18試合8ゴール8アシストとエースとしての役割を果たしているアザール。その実力はあらゆるクラブが認めるところであり、今夏にはマドリー移籍報道が過熱していた。 ▽また、アザール本人もマドリーへの憧れを度々公言。ジネディーヌ・ジダン元監督が指揮していた頃には「ジダンの下でプレーすることが夢」と語り、同監督が退任して以降も「マドリーは子どもの頃から夢見ていたクラブ」と口にしている。 ▽さらに、『ラディオ・モンテ・カルロ』の中で元フランス代表FWクリストフ・デュガリー氏と対談したアザールは、またしても赤裸々に語った。 「君は知っているけど、(ジネディーヌ・)ジダン以前からいつでも僕はレアル・マドリーが大好きだ。何が起こるか見てみよう」 「(以前も)言ったように、僕は今シーズンをチェルシーで終える。そして、今シーズンが終わってもまだ1年間の契約が残っているんだ。見ていこうじゃないか」 「新しい監督(マウリツィオ・サッリ)は僕がやっているようなフットボールを考案する。家族はロンドンに居るし、(来年1月7日に)28歳になる」 「キャリアの終わりに後悔したくはない。これは僕がする決定だ。いつになるかは分からないけど、決断するだろうね」 2018.12.11 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

待ちの状態続く? サッリ「契約を更新するかはアザール次第」

▽チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が、所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)との契約更新について語った。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽今夏にレアル・マドリー行きが取り沙汰され、引き続き去就に関する噂が絶え間なく囁かれているアザール。現行契約は2020年6月までとなっており、スタンフォードブリッジでは延長の一報が待たれている状況だ。 ▽しかし、サッリ監督が明かしたところでは、チェルシーは既に契約更新を準備済み。後はアザール次第という、待ちの時間が続いているようだ。 「もちろん、エデン(・アザール)にはここに居て欲しい」 「だが、もし彼が残留を望むならだ」 「このクラブはすぐに新契約を締結できるよう準備している。しかし、更新するか否かは彼次第なんだ」 「毎週、クラブとエデンのマネージャーの間で議論が交わされていることを、よく知っている。もし何か新しいことがあれば、クラブはすぐに私に電話してくるよ」 ▽今月に入り、DFマルコス・アロンソやMFエンゴロ・カンテ、DFセサール・アスピリクエタとの契約延長を発表したチェルシー。サッリ監督がさらにDFダビド・ルイス、MFセスク・ファブレガスの確保も望んでいることが『BBC』に伝られる中、最も市場を賑わせているアザールとの合意に漕ぎつけることはできるのだろうか。 2018.12.05 18:20 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース