スパーズ戦辛勝の選手たちを称賛するコンテ「戦士たちの姿を見た」2017.08.21 20:22 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、20日にアウェイで行われたプレミアリーグ第2節のトッテナム戦を2-1で勝利したチームを称賛している。イギリス『BBC』が伝えた。

▽昨季ホームで無敗を誇ったトッテナムとの一戦に臨んだチェルシーは、MFマルコス・アロンソの2得点の活躍でロンドン・ダービーを制した。試合後の取材に応じたコンテ監督は、苦しみながらも勝利した選手たちを手放しで称えている。

「簡単な試合ではなかったが、選手たちは私に素晴らしい姿や熱意、それに意思を見せてくれた。彼らを誇りに思うよ。我々はピッチのことだけに集中する必要があった。ピッチの外は重要じゃない」

「選手たちに感謝している。私は今日、戦う戦士たちを見た。こういった試合をものにできたのは非常喜ばしいことだ。私はフットボールについて話しているのではなく、このスピリット、このハート、そしてこの熱意が素晴らしいと言っているんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

コンテ「イングランドは日程を見直す必要がある」過密で不平等なスケジュールに苦言

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、プレミアリーグの日程を見直すべきと考えているようだ。<br><br>昨シーズンのプレミアリーグ王者のチェルシーは、22日にチャンピオンズリーグのカラバフと対戦した後、中2日で敵地で行われるリバプールとのビッグマッチを控える。2012年5月にチェルシーがビッグイヤーを獲得したのを最後にイングランドのクラブがファイナルにすら辿り着いていない原因は日程によるものだとコンテ監督は感じているようだ。<br><br>カラバフ戦前の会見で、コンテ監督は「我々は3試合おきに試合を戦っているから、ローテーションを使うのが妥当だ。だから両方の試合でベストの決断を下さなければならない。私は全選手を信頼し、自分の判断は間違いないと思っている」とチャンピオンズリーグとプレミアリーグで選手を入れ替えることを認めた。<br><br>続けて「チェルシーだけのことではない。チャンピオンズリーグに出場しているチームにも言えることだ。イングランドはこの過密すぎる日程を理解し、見直すように努力する必要があると思う」とスケジュールを変更するよう訴えかけている。<br><br>また、勝利すれば決勝トーナメント進出が決定するカラバフ戦について「非常に重要な一戦だ。(最終節の)アトレティコ・マドリー戦を前に突破を決めてしまいたい」と意気込みを語った。<br><br>さらに、週末のビッグマッチに向けて「土曜日にリヴァプールと対戦する。しかし、彼らは今日(21日)に試合があって我々は明日(22日)だ。このようなシチュエーションはマンチェスター・シティ戦以来2回目で、休んだり回復したりする時間もない」と日程が不平等だと苦言。<br><br>「このような状況ではマンチェスター・シティをとらえることはかなり困難だ。結果に対して言い訳するつもりはないが、これが現実だ」と早くもプレミアリーグ連覇に白旗を振っている。<br><br>提供:goal.com 2017.11.22 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

パストーレ、どこに行く? セビージャも獲得レースに名乗り

▽パリ・サンジェルマン(PSG)で将来が不透明な状況に陥るアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(28)にリーガエスパニョーラ挑戦の可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽2011年にパレルモからPSG入りしたパストーレ。だが、近年は度重なる故障や、ブラジル代表FWネイマールら有力なタレントの加入に伴い、定期的な出場機会を確保できず、PSGの放出リストに名が挙がっているとみられている。 ▽そのアルゼンチンのファンタジスタを巡っては現在、バレルモ時代に慣れ親しんだセリエAのユベントスやインテルの興味が伝えられるほか、プレミアリーグのチェルシーやリバプールも後に続いているという。 ▽だが、その獲得レースにリーガエスパニョーラからもセビージャが参戦の意向を示している模様。伝えられるところによれば、セビージャは2000万ユーロ(26億3000万円)で獲得できると自信を深めているようだ。 2017.11.22 13:25 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、来冬もウィリアンにラブコール?

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が今夏に続きチェルシーのブラジル代表MFウィリアン(29)にラブコールを送っているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 ▽今夏に恩師であるモウリーニョ監督直々の手招きが取り沙汰されたものの、最終的にチェルシー残留を決断したウィリアン。そのブラジル人アタッカーに対して、モウリーニョ監督は来冬もアタックを試みるという。 ▽その中で、『マンチェスター・イブニング・ニュース』は、チェルシーが来冬の移籍市場でパリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表MFルーカス・モウラの獲得に動いていると報じている。 ▽伝えられるところによれば、現時点でルーカス・モウラにチェルシー移籍の可能性が高まっているようだが、それを実現させる資金を調達すべく、ウィリアンを手放す必要があるとのことだ。 ▽なお、モウリーニョ監督はウィリアンを獲得となれば、手薄な右サイドハーフ、あるいは右ウイングのポジションでの起用を見込んでいるとみられる。 2017.11.21 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アザールの2Gなどでチェルシーがバギーズを4発圧勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第12節WBA vsチェルシーが18日に行われ、4-0でチェルシーが勝利した。 ▽4位のチェルシー(勝ち点22)と16位のWBA(勝ち点10)の一戦。チェルシーは前節マンチェスター・ユナイテッドを1-0で破り、リーグ戦3連勝を飾ったその試合から同じメンバーで敵地ザ・ホーソンズに乗り込んだ。 ▽最初のチャンスはWBA。開始5分に左サイドのM・フィリップスのクロスにロンドンが頭で合わせネットを揺らすが、ここはオフサイドでノーゴールの判定に。さらに9分には味方のスルーパスから抜け出したジェイ・ロドリゲスがゴール前に迫るが、DFが上手く身体を入れてシュートを打たせない。 ▽逆にチェルシーも14分、セスクのパスを受けたバカヨコがボックス手前で上手く反転してシュートに持ち込むが相手に当たって枠を外れた。それでも昨季の王者が強さを見せた。17分、アザールが敵陣中央からドリブルで切れ込み左足で強烈なシュートを見舞う。GKフォスターがこれを必死で弾くが、そこに詰めていたモラタが押し込んでチェルシーが先制点を奪った。 ▽このゴールで勢いに乗ったチェルシーはすぐさまバギーズを突き放す。23分、セスクのパスをモラタがヒールでワンタッチではたくと、これが前線のアザールに繋がり、アザールは楽々とシュートを流し込んだ。さらに38分にも、ボックス外左からのセスクのFKにファーサイドでマルコス・アロンソが合わせて3点目を挙げた。 ▽前半だけで3点を奪ったチェルシーは後半も手を緩めなかった。63分、最終ラインのセスクが絶妙な浮き球パスを前線に送ると、このボールに反応したのがアザール。ディフェンスラインの裏に抜け出したアザールがこれをきっちり沈めてチェルシーに4点目をもたらした。 ▽その後、チェルシーはこの試合の主役級の活躍をしたセスク、アザール、カンテを休ませるなど余裕を見せたチェルシーはそのまま危なげなく試合をクローズ。アザールの今季リーグ戦初の複数ゴールが飛び出すなど圧倒的な試合運びを見せたチェルシーが4-0で快勝した。 2017.11.19 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

UEFA、ローマに処分を科さず…チェルシーDFが人種差別を訴えるも証拠不十分で調査打ち切り

欧州サッカー連盟(UEFA)は、チャンピオンズリーグで人種差別的なチャントがあったとしてローマの調査を行っていたが、証拠不十分で調査終了となった。<br><br>10月18日に行われたチャンピオンズリーグのグループリーグ第3節で、ローマは敵地でチェルシーと対戦。しかし、3-3の引き分けに終わったこの試合で、今夏セリエAのクラブからイングランドに渡ったアントニオ・リュディガーは「ローマサポーターから人種差別的なチャントの被害に遭った」と訴えていた。<br><br>それを受け、UEFAは10月からローマに対して調査を行っていたものの、十分な証拠は見つからず、調査の打ち切りを決定。UEFA管理・倫理・規律委員会は17日「調査を終了する決定を下した」と声明を発表した。この決定により、ローマが制裁を課される可能性はなくなったようだ。<br><br>昨シーズンまでローマで2シーズンを過ごしたリュディガーは、チェルシーに移籍する前に「イタリアで人種差別は非常に深刻な問題」と話していた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.18 12:34 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース