レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 4-0 ウェストハム《プレミアリーグ》2017.08.14 02:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕節、マンチェスター・ユナイテッドvsウェストハムが13日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが4-0で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 デ・ヘア 6.0
相手の枠内シュートを冷静に阻止。マイボール時の貢献も光った

DF
25 バレンシア 6.5
対面のアルナウトビッチを押し込み、サイドを制圧

3 バイリー 6.0
食い付き過ぎてカードをもらったのは余計だが、タイトなチェックでエルナンデスを封殺

4 フィル・ジョーンズ 6.5
対人対応、スペースケアなどいずれも隙なし

17 ブリント 6.5
安定した守備に加え、つなぎも正確だった

MF
8 マタ 6.5
決定的な仕事こそなかったが、質の高いフリーランと視野の広いプレーで攻撃に変化を付けた

(→フェライーニ 5.5)
インテンシティの高いプレーで試合をクローズ

31 マティッチ 7.0
先制点の起点になるなど、持ち味のボールハントで絶大な存在感

22 ムヒタリャン 7.0
絶妙クロスとラストパスで2アシスト。質の高いラストパスで多くの決定機を創出

(→リンガード -)

6 ポグバ 7.5
マティッチと共に攻守両面で躍動。中盤を完全に制圧し、最後にとどめのゴールも記録

19 ラッシュフォード 6.5
先制点をアシスト。要所で見せる雑さを補って余る推進力を見せた

(→マルシャル 6.5)
短い出場時間で1ゴール1アシスト

FW
9 ルカク 7.5
さすがの決定力で2ゴール。ハットトリックこそ逃したが、オールド・トラフォードでの最高のリーグデビューになった

監督
モウリーニョ 7.0
UEFAスーパーカップからのターンオーバーも機能し、圧巻の快勝スタート

▽ウェストハム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
25 ハート 5.0
宿敵相手のハマーズデビューで善戦も4失点で敗戦

DF
5 サバレタ 5.5
らしいシュートブロックで決定機阻止も、ラッシュフォードやマルシャルのスピードに手を焼いた

2 リード 4.5
ルカクらを相手に良く戦ったが、やや背後のケアが甘かった

21 オグボンナ 4.5
良いゴールカバーもあったが、全体的に後手の対応が目立った

26 マスアク 5.0
2失点目ではルカクに振り切られる。得意の攻撃参加も皆無

(→クレスウェル -)

MF
20 A・アイェウ 5.0
献身的に守備を助けたが、攻撃ではノーインパクト

16 ノーブル 5.0
中盤での勝負で完敗。珍しく早い時間帯の交代に

(→リース 5.5)
劣勢の中で躍動感を見せた

14 オビアン 4.5
痛恨のボールロストで1失点目に関与。中盤の争いでも完敗

31 E・フェルナンデス 5.0
前半終了間際に惜しいシュートもあったが、全体的に物足りない出来

(→D・サコー 5.0)
投入直後にチャンスに絡んだが、徐々にトーンダウン

27 アルナウトビッチ 5.0
後半に幾つか見せ場も、精彩を欠く場面が多かった

FW
17 エルナンデス 5.0
個人の問題だけではないが、相手センターバックに完敗。慣れ親しんだスタジアムで悔しいハマーズデビューに

監督
ビリッチ 4.5
ランシーニやアントニオの不在の影響もあったが、完膚なきまでに叩きのめされた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
▽ルカクとマティッチの新加入組の活躍も見事だったが、全体的な仕事量の多さを評価してポグバをMOMに選出。前述の2選手加入の恩恵を最も享受し、圧巻のパフォーマンスを披露した。

マンチェスター・ユナイテッド 4-0 ウェストハム
【マンチェスター・ユナイテッド】
ルカク(前33)
ルカク(後8)
マルシャル(後42)
ポグバ(後45)

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド在籍10年目のバレンシアが新主将に

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がエクアドル代表MFアントニオ・バレンシア(32)を新シーズンのキャプテンに指名した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽バレンシアは2009年夏からユナイテッドでプレー。本来2列目が主戦場だが、コンバートされた右サイドバックで不動の地位を築いており、新シーズンがユナイテッド在籍節目の10年目となる。 ▽モウリーニョ監督は、昨シーズン限りで現役を引退した元イングランド代表MFのマイケル・キャリック氏に代わるキャプテン人事について、次のように語った。 「昨シーズンもバレンシアにキャプテンを任せた試合があった。今シーズンも彼に託すことになるだろう」 「彼がプレーしていなくても、担い手はいる。(クリス・)スモーリングや、アシュリー・ヤング、(アンデル・)エレーラ、(フアン・)マタが候補だ」 「(ネマニャ・)マティッチもマンチェスター・ユナイテッドのキャプテンに相応しい男だ。だが、彼はまだやってきて1年しか経っていない」 「とはいえ、私自身、それについてさほど気にしていない。ドレッシングルームでの雰囲気や、リーダーの方が気になるね」 2018.07.21 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

イブラ「サラリーはいらないと伝えた」ケガに苦しんだマンU時代の心境を告白

ロサンゼルス・ギャラクシーFWズラタン・イブラヒモビッチはマンチェスター・ユナイテッド時代、ケガで本来のパフォーマンスが出来ていなかった時に給与の返還を申し出ていたことを『BBC』に明かした。<br><br>イブラヒモビッチはマンチェスター・U加入1年目の2016-2017シーズンに公式戦28ゴールを記録する活躍を見せたものの、シーズン終盤の4月に右ひざのじん帯断裂の重傷。負傷の影響もあり契約延長に至らないままシーズンオフを迎えた。しかし、新シーズン開幕直前の8月にクラブと新たな契約を結んでいた。<br><br>結局、本来のパフォーマンスを取り戻すことができないまま翌年3月にLAギャラクシーに移籍したスウェーデン人ストライカーは、当時の状況を告白した。<br><br>「当時は契約を結ぶとか金を稼ぐというような状況ではなかった。むしろ反対だった。『サラリーはいらないから、取っておいてくれ』と言ったんだ」<br><br>「気持ち的には準備が出来ていたが、膝は違った。準備が整ったと思った時に自分自身に語り掛けたんだ。『俺はそこにはいない』ってね。それまではチームにズラタンがいたが、ケガをして以降、あのズラタンになる準備ができていなかった」<br><br>給与の返還を申し出ていたことを明かしたイブラヒモビッチは、チームのことを考え、出場辞退の申し出をしていたことも明かしている。<br><br>「多くのゲームで選んでもらっていたが、監督には『俺は準備できていない。監督をガッカリさせたくない。チームメイトや監督に対するリスペクトさ。誰かもっといい仕事のできる選手を選んでくれ』と伝えたさ。俺はズラタンなのにも関わらずね」<br><br>提供:goal.com 2018.07.21 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、米国遠征1試合目はマタ弾でドロー 新戦力の35歳GKグラントがデビュー《プレシーズンマッチ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは20日、クラブ・アメリカとのプレシーズンマッチに臨み、1-1で引き分けた。 ▽プレシーズン1発目の試合に挑むユナイテッドは、ロシア・ワールドカップ不出場組主体のスターティングメンバーに。その中で、今夏にストーク・シティから加入したGKグラントが初先発を飾った。 ▽立ち上がりから攻勢に出たユナイテッド。45分にバイタルエリア中央の好位置でFKのチャンスを得たが、キッカーを務めたマルシャルのキックは相手GKを脅かすにとどまる。 ▽すると、60分に自陣右サイドから許したクロスをゴール前のマーチンに頭で合わせられ、ユナイテッドが失点。クラブ・アメリカに先制を許す苦しい展開を強いられる。 ▽それでも、78分にボックス左のマタが相手DFのクリアボールを右足で蹴り込み、同点に。結局、ユナイテッドのプレシーズン1試合目はドローという結果に終わった。 ▽ユナイテッドは今後、23日にサンノゼ・アースクエイクスとのプレシーズンマッチに臨む。 マンチェスター・ユナイテッド 1-1 クラブ・アメリカ 【マンチェスター・ユナイテッド】 マタ(後33) 【クラブ・アメリカ】 マーチン(後15) 2018.07.20 14:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ぼっち脱却! サンチェスも米国ツアーへ

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスにぼっち脱却の見通しが立った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ユナイテッドは15日、20日に開幕するインターナショナル・チャンピオンズカップに出場するため、アメリカに出発。だが、2012〜2013年の脱税容疑で今年2月に有罪判決が下ったサンチェスは、その影響でビザが下りず、マンチェスターで1人孤独にトレーニングに励む日々を強いられている。 ▽しかし、ユナイテッドは、そのサンチェスに渡米許可が降りたことを発表。20日に行われるクラブ・アメリカとのフレンドリーマッチ後、サンチェスが合流するという。 2018.07.20 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの新戦力ジオゴ・ダロトがヒザを負傷…デビューは9月以降に

▽今夏、ポルトからマンチェスター・ユナイテッドに加入したU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(19)だが、ケガの影響で最短デビューは9月以降になるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ポルトの下部組織出身のジオゴ・ダロトは、右サイドバックを主戦場とする攻撃的なサイドバック。昨季トップチームデビューを果たすと、公式戦8試合に出場。今年3月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグ、リバプール戦では左サイドバックでフル出場を果たしCLデビューも飾っていた。 ▽そして、6月初旬に1740万ポンド(約25億7000万円)の移籍金でユナイテッド加入を果たした同選手だが、昨シーズン終盤に負ったヒザのケガの影響でプレシーズンマッチと8月中のリーグ戦を欠場するようだ。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督が『スカイ・スポーツ』でU-21ポルトガル代表DFの状態に関して語っている。 「ダロトは負傷している。我々はその事実を知っていたが、それを理由に彼を失う(他クラブに獲られる)わけにはいかなかった」 「彼は良い状態で回復してきている。恐らく、我々が(プレシーズンツアーから)イングランドに戻った時点でトレーニングを開始できると思っている」 「彼はシーズン開幕に向けて準備はできていないと思うが、9月までには準備できるはずだ」 ▽なお、ユナイテッドはプレシーズンツアー中に6試合のプレシーズンマッチを組んでおり、8月10日にレスター・シティとの2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕戦に臨む予定だ。 2018.07.19 16:03 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース