レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 4-0 ウェストハム《プレミアリーグ》2017.08.14 02:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕節、マンチェスター・ユナイテッドvsウェストハムが13日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが4-0で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 デ・ヘア 6.0
相手の枠内シュートを冷静に阻止。マイボール時の貢献も光った

DF
25 バレンシア 6.5
対面のアルナウトビッチを押し込み、サイドを制圧

3 バイリー 6.0
食い付き過ぎてカードをもらったのは余計だが、タイトなチェックでエルナンデスを封殺

4 フィル・ジョーンズ 6.5
対人対応、スペースケアなどいずれも隙なし

17 ブリント 6.5
安定した守備に加え、つなぎも正確だった

MF
8 マタ 6.5
決定的な仕事こそなかったが、質の高いフリーランと視野の広いプレーで攻撃に変化を付けた

(→フェライーニ 5.5)
インテンシティの高いプレーで試合をクローズ

31 マティッチ 7.0
先制点の起点になるなど、持ち味のボールハントで絶大な存在感

22 ムヒタリャン 7.0
絶妙クロスとラストパスで2アシスト。質の高いラストパスで多くの決定機を創出

(→リンガード -)

6 ポグバ 7.5
マティッチと共に攻守両面で躍動。中盤を完全に制圧し、最後にとどめのゴールも記録

19 ラッシュフォード 6.5
先制点をアシスト。要所で見せる雑さを補って余る推進力を見せた

(→マルシャル 6.5)
短い出場時間で1ゴール1アシスト

FW
9 ルカク 7.5
さすがの決定力で2ゴール。ハットトリックこそ逃したが、オールド・トラフォードでの最高のリーグデビューになった

監督
モウリーニョ 7.0
UEFAスーパーカップからのターンオーバーも機能し、圧巻の快勝スタート

▽ウェストハム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
25 ハート 5.0
宿敵相手のハマーズデビューで善戦も4失点で敗戦

DF
5 サバレタ 5.5
らしいシュートブロックで決定機阻止も、ラッシュフォードやマルシャルのスピードに手を焼いた

2 リード 4.5
ルカクらを相手に良く戦ったが、やや背後のケアが甘かった

21 オグボンナ 4.5
良いゴールカバーもあったが、全体的に後手の対応が目立った

26 マスアク 5.0
2失点目ではルカクに振り切られる。得意の攻撃参加も皆無

(→クレスウェル -)

MF
20 A・アイェウ 5.0
献身的に守備を助けたが、攻撃ではノーインパクト

16 ノーブル 5.0
中盤での勝負で完敗。珍しく早い時間帯の交代に

(→リース 5.5)
劣勢の中で躍動感を見せた

14 オビアン 4.5
痛恨のボールロストで1失点目に関与。中盤の争いでも完敗

31 E・フェルナンデス 5.0
前半終了間際に惜しいシュートもあったが、全体的に物足りない出来

(→D・サコー 5.0)
投入直後にチャンスに絡んだが、徐々にトーンダウン

27 アルナウトビッチ 5.0
後半に幾つか見せ場も、精彩を欠く場面が多かった

FW
17 エルナンデス 5.0
個人の問題だけではないが、相手センターバックに完敗。慣れ親しんだスタジアムで悔しいハマーズデビューに

監督
ビリッチ 4.5
ランシーニやアントニオの不在の影響もあったが、完膚なきまでに叩きのめされた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
▽ルカクとマティッチの新加入組の活躍も見事だったが、全体的な仕事量の多さを評価してポグバをMOMに選出。前述の2選手加入の恩恵を最も享受し、圧巻のパフォーマンスを披露した。

マンチェスター・ユナイテッド 4-0 ウェストハム
【マンチェスター・ユナイテッド】
ルカク(前33)
ルカク(後8)
マルシャル(後42)
ポグバ(後45)

コメント

関連ニュース

thumb

チームの完成度を誇るポグバ「自信は昨季以上」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが今シーズンのチームに確信を深めた。 ▽ユナイテッドは、19日に行われたプレミアリーグ第2節のスウォンジー戦を4-0と快勝。2戦連続4得点&クリーンシートで開幕連勝を飾り、2012-13シーズン以来のプレミア制覇へ最高のスタートを切っている。 ▽2戦連続先発のポグバは、開幕戦のウェストハム戦に続き今回のスウォンジー戦でもゴールをマーク。クラブ公式サイトがフランス人MFのコメントを次のように伝えた。 「(昨シーズンより)自信がある。もう2年目だからね」 「1年目は新しい監督が来て、チームも移行期にあった。だから、簡単じゃなかったけど、トロフィーを獲得することができた」 「今シーズンはより自信があるよ。みんなの理解も深まっているからね。互いを助け合い、各々が楽に仕事できるようになってきた」 2017.08.20 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカク、ポグバ、マルシャルの2戦連発弾などでユナイテッドが開幕2連勝《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは19日、プレミアリーグ第2節でスウォンジーとのアウェイ戦に臨み、4-0で圧勝した。 ▽ルカクの2発などでウェストハムに4-0と大勝して好スタートを切ったユナイテッドは、ウェストハム戦と同様のスタメン、システムで臨んだ。 ▽初戦のサウサンプトン戦をゴールレスドローで乗り切ったスウォンジーに対し、開始3分にピンチを迎える。ボックス左に抜け出したJ・アイェウの意表を突いたトゥキックシュートがバーを掠めた。 ▽ひやりとした入りとなったユナイテッドだったがポゼッションを高めていくと、9分に決定機。右サイドからのマタのFKをフィル・ジョーンズがヘッド。しかし、バーを叩いた。 ▽その後も5バックを敷くスウォンジーをユナイテッドが押し込む展開で推移。ただ、相手の守備網を攻略できず、こう着状態が続く。そんな中、36分に決定機。ロングボールの処理を誤った相手DFのミスを突いてラッシュフォードが独走。ボックス中央に侵入してチップキックシュートを放ったが、GKにキャッチされた。 ▽それでも45分、マタの左CKからポグバの合わせたヘディングシュートはGKファビアンスキのファインセーブに阻まれるも、ルーズボールをバイリーが押し込んでユナイテッドが先制した。 ▽バイリーの移籍後初ゴールで先手を取ったユナイテッドは、迎えた後半もボールを保持。敵陣で試合を進めるも、61分にピンチ。左クロスからエイブラハムに際どいヘディングシュートを許した。 ▽その後、ややスウォンジーに押し込まれる展開を強いられたユナイテッドは、75分に2枚代えを敢行する。ラッシュフォードとマタに代えてマルシャルとフェライーニを投入した。 ▽すると80分、中央突破を図って最後はムヒタリャンのラストパスをボックス左で受けたルカクが確実に決めて追加点を奪った。 ▽続く82分にムヒタリャンのスルーパスに抜け出したポグバがボックス右からチップキックシュートを流し込んで3点目を挙げたユナイテッドは、84分にはロングカウンターからポグバのラストパスを受けたマルシャルが決めて4-0。 ▽終わってみれば2戦連続4ゴールの圧勝としたユナイテッドが開幕2連勝スタートとしている。 2017.08.19 22:28 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ロッベン獲り?

▽バイエルンに所属するオランダ代表MFアリエン・ロッベン(33)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ユナイテッドは今夏、新たなサイドアタッカーとして、インテルに所属するMFイバン・ペリシッチ獲得に向けた動きが伝えられてきた。しかし、交渉は進んでいない。 ▽そうした状況を受けて、サイドアタッカーの獲得を希望するユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、チェルシー時代の教え子であるロッベンに照準を変更したようだ。 ▽ロッベンとバイエルンの現行契約は今シーズン終了まで。『デイリー・メール』は、バイエルンが若返りを目指していることで、ロッベンの出場機会減少を指摘している。 2017.08.18 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFA最優秀監督候補12名が決定! ジダン、モウリーニョらノミネート

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、2016-17シーズンにおける男子最優秀監督賞候補12名を発表した。 ▽最終候補3名は、8月21日から9月7日まで行われる投票で選出。10月23日にロンドンで行われる表彰式で、2016-17シーズンの最優秀監督が発表される。 ◆最優秀監督候補 マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス) カルロ・アンチェロッティ(バイエルン) アントニオ・コンテ(チェルシー) ルイス・エンリケ(バルセロナ)※現無所属 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ) レオナルド・ジャルディム(モナコ) ヨアヒム・レーブ(ドイツ代表) ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド) マウリシオ・ポチェッティーノ(トッテナム) ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー) チッチ(ブラジル代表) ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー) 2017.08.18 11:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ファン・デル・サール氏がラッシュフォードを絶賛「驚異的なスピードと優れた技術を見せている」

元マンチェスター・ユナイテッドのGKで、現在はアヤックスのCEOを務めるエドウィン・ファン・デル・サール氏は、若手ストライカー、FWマーカス・ラッシュフォードを絶賛した。<br><br>レッド・デビルズ(マンチェスター・Uの愛称)で250試合以上出場し、数々のタイトルをもたらしたファン・デル・サール氏。昨シーズンのUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝では、自身がCEOを務めるアヤックスとマンチェスター・Uが対戦。試合後にラッシュフォードと言葉を交わしていたようだ。<br><br>「私の息子もユナイテッドのアカデミーでプレーしていて、ストックホルムで選手たちが表彰されていたとき、マーカスは『息子さんは元気ですか?』と尋ねてくれたんだ。とても素晴らしい出来事だったね。彼がチームで成功することを願っている」<br><br>ラッシュフォードに期待を寄せる同氏は、さらにこう続ける。<br><br>「彼はルイ・ファン・ハール、ジョゼ・モウリーニョのもとで、驚異的なスピードと優れた技術を見せているね」<br><br>ラッシュフォードと同期のジョー・ファン・デル・サールは現在、ADOデン・ハーグのU-21に所属している。<br><br>提供:goal.com 2017.08.18 08:20 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース