レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 4-0 ウェストハム《プレミアリーグ》2017.08.14 02:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕節、マンチェスター・ユナイテッドvsウェストハムが13日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが4-0で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 デ・ヘア 6.0
相手の枠内シュートを冷静に阻止。マイボール時の貢献も光った

DF
25 バレンシア 6.5
対面のアルナウトビッチを押し込み、サイドを制圧

3 バイリー 6.0
食い付き過ぎてカードをもらったのは余計だが、タイトなチェックでエルナンデスを封殺

4 フィル・ジョーンズ 6.5
対人対応、スペースケアなどいずれも隙なし

17 ブリント 6.5
安定した守備に加え、つなぎも正確だった

MF
8 マタ 6.5
決定的な仕事こそなかったが、質の高いフリーランと視野の広いプレーで攻撃に変化を付けた

(→フェライーニ 5.5)
インテンシティの高いプレーで試合をクローズ

31 マティッチ 7.0
先制点の起点になるなど、持ち味のボールハントで絶大な存在感

22 ムヒタリャン 7.0
絶妙クロスとラストパスで2アシスト。質の高いラストパスで多くの決定機を創出

(→リンガード -)

6 ポグバ 7.5
マティッチと共に攻守両面で躍動。中盤を完全に制圧し、最後にとどめのゴールも記録

19 ラッシュフォード 6.5
先制点をアシスト。要所で見せる雑さを補って余る推進力を見せた

(→マルシャル 6.5)
短い出場時間で1ゴール1アシスト

FW
9 ルカク 7.5
さすがの決定力で2ゴール。ハットトリックこそ逃したが、オールド・トラフォードでの最高のリーグデビューになった

監督
モウリーニョ 7.0
UEFAスーパーカップからのターンオーバーも機能し、圧巻の快勝スタート

▽ウェストハム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
25 ハート 5.0
宿敵相手のハマーズデビューで善戦も4失点で敗戦

DF
5 サバレタ 5.5
らしいシュートブロックで決定機阻止も、ラッシュフォードやマルシャルのスピードに手を焼いた

2 リード 4.5
ルカクらを相手に良く戦ったが、やや背後のケアが甘かった

21 オグボンナ 4.5
良いゴールカバーもあったが、全体的に後手の対応が目立った

26 マスアク 5.0
2失点目ではルカクに振り切られる。得意の攻撃参加も皆無

(→クレスウェル -)

MF
20 A・アイェウ 5.0
献身的に守備を助けたが、攻撃ではノーインパクト

16 ノーブル 5.0
中盤での勝負で完敗。珍しく早い時間帯の交代に

(→リース 5.5)
劣勢の中で躍動感を見せた

14 オビアン 4.5
痛恨のボールロストで1失点目に関与。中盤の争いでも完敗

31 E・フェルナンデス 5.0
前半終了間際に惜しいシュートもあったが、全体的に物足りない出来

(→D・サコー 5.0)
投入直後にチャンスに絡んだが、徐々にトーンダウン

27 アルナウトビッチ 5.0
後半に幾つか見せ場も、精彩を欠く場面が多かった

FW
17 エルナンデス 5.0
個人の問題だけではないが、相手センターバックに完敗。慣れ親しんだスタジアムで悔しいハマーズデビューに

監督
ビリッチ 4.5
ランシーニやアントニオの不在の影響もあったが、完膚なきまでに叩きのめされた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
▽ルカクとマティッチの新加入組の活躍も見事だったが、全体的な仕事量の多さを評価してポグバをMOMに選出。前述の2選手加入の恩恵を最も享受し、圧巻のパフォーマンスを披露した。

マンチェスター・ユナイテッド 4-0 ウェストハム
【マンチェスター・ユナイテッド】
ルカク(前33)
ルカク(後8)
マルシャル(後42)
ポグバ(後45)

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループA総括】ユナイテッド貫禄突破、バーゼルが躍進

▽昨季ヨーロッパリーグ(EL)王者であるマンチェスター・ユナイテッドを筆頭に、ポルトガル王者のベンフィカ、スイス王者のバーゼル、そして予選から勝ち上がってきたロシアリーグ2位のCSKAモスクワが同居したグループAでは、ユナイテッドが貫録の首位通過。そして、注目の2位争いはバーゼルが制した。 ■グループA順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.マンチェスター・ユナイテッド[15/5/0/1/9] 2.バーゼル[12/4/0/2/6] 3.CSKAモスクワ[9/3/0/3/-2] 4.ベンフィカ[0/0/0/6/-13] ◆貫禄の首位通過~マンチェスター・ユナイテッド~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_20_tw.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽EL王者のユナイテッドは開幕から4連勝を達成し、4試合を終えた時点でほぼ首位通過を決定づけた。ただ、第5節でバーゼルに敗れたことで実際に突破を“確定”させたのは最終節だったため、ラスト2試合でローテーションしきれなかった点は誤算だった。それでも、5勝を記録したあたりは、欧州での勝ち方を熟知しているモウリーニョ監督らしい安定感だ。CL決勝トーナメント進出は実に4シーズンぶりとなるレッド・デビルズ。セビージャとの対戦が決まっている中、名門復活をアピールするためにはリーグ戦だけでなくCLでもきっちりと8強入りすることが必要だ。 ◆スイスの雄が快挙~バーゼル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽スイスの雄が快挙を成し遂げた。初戦でユナイテッドに0-3で敗戦したことを引きずることなく、第2節ではホームでベンフィカを5-0と一蹴。これで自信をつけたチームは、第3節にCSKAモスクワとのアウェイ戦を2-0で制した。また、第5節でもホームでユナイテッドに試合終盤、DFミヒャエル・ラングのゴールで1-0の勝利。これには、テニス界のレジェンドであるロジャー・フェデラーも「信じられない瞬間だね、言葉で言い表せないよ! ワォ! おめでとう」と母国クラブの快挙を称えた。ユナイテッド戦をのぞけば失点数はわずかに「2」。決勝トーナメント1回戦ではマンチェスター・シティと戦うことが決まったが、組織的な守備とインテンシティの高さを武器に、ジャイアントキリングを再現したい。 ◆好スタートも一歩及ばず~CSKAモスクワ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽勝ち点9を獲得したCSKAモスクワだが、一歩及ばず3位フィニッシュ。初戦、ベンフィカとのアウェイ戦を2-1でモノにし、このグループの2位争いを面白くした。ただ、アウェイで2勝した一方、ホームで手にした勝ち点が3と、本来は大きなアドバンテージとなるホーム戦で勝ち点を積み重ねることができなかった点は痛く、ヴァシリ&アレクセイのベレズツキ兄弟やイグナシェビッチらベテラン勢も国内リーグならまだしも、この舞台ではスピードとアジリティ不足となっており、欧州で躍進するためには世代交代が必要な時期だろう。 ◆今大会最大のネガティブ・サプライズ~ベンフィカ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_20_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ベンフィカは6戦全敗の最下位で、今大会最大のネガティブなサプライズとも言える結果に終わった。初戦のホーム戦を落とし、2戦目のバーゼル戦では0-5の大敗。そこからユナイテッドとの2連戦だっただけに、モチベーションを維持することも難しかっただろう。GKエデルソン、DFリンデロフ、DFセメドら主力の流出はやはり痛かったが、それでもネームバリューではCSKAモスクワとバーゼルを上回っていた。ルイゾンやサルビオ、サマリス、セフェロビッチら本来チームを牽引すべき選手たちの低調なパフォーマンスが結果に響いた。 2017.12.13 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【FIFA18体験記】赤い悪魔・ユナイテッドが圧巻の強さを見せるシティを迎える“マンチェスター・ダービー"

▽圧巻のグラフィックとリアルさを追求し、バーチャルとリアルの境界線を曖昧にするほどの表現を追求した『FIFA 18』。超ワールドサッカー編集部体験記の第3回は10日に行われるプレミアリーグの一戦。マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティの“マンチェスター・ダービー"に挑戦します。 <span style="font-weight:700;">◆今シーズンの覇権争いを左右するダービー</span> ▽ジョゼ・モウリーニョ監督に率いられ、2シーズン目を迎えるユナイテッドと、圧倒的な強さを誇りリーグ首位を独走するシティの一戦。 ▽今シーズン最初の“マンチェスター・ダービー"は、ユナイテッドのホームであるオールド・トラッフォードで行われます。 ▽2位のユナイテッドと首位のシティ。両チームの勝ち点差は15節を終えた時点で「8」となっており、結果次第ではシーズンの行方が左右されるでしょう。 <span style="font-weight:700;">◆ユナイテッドが牙をむく!</span> ▽ホームのユナイテッドを操作してまずはプレー。すでに、シティvsサウサンプトンをプレーしたことで、シティの強さは十分知り尽くしているつもりです。 ▽試合はユナイテッドが優勢に進めます。まずは17分、ヘンリク・ムヒタリャンのパスを受けたロメル・ルカクがボックス手前中央からシュート。これが決まり、ユナイテッドが先制します。 ▽さらに前半終了間際の42分には、フアン・マタがセンターサークル付近でボールを持つと、ロングスルーパス。これに反応したルカクが最終ラインの裏をとると、そのまま冷静に流し込み、ユナイテッドが2点リードで前半を終えます。 ▽圧倒的な強さを誇るシティに対し、リードしているユナイテッドは、76分にも追加点。アンソニー・マルシャルからのパスを受けたルカクがそのままダイレクトで叩くと、マルシャルが落ち着いて沈めて勝負あり。ユナイテッドが3-0でシティを下しました。ユナイテッド強し。 <span style="font-weight:700;">◆シティもやっぱり強かった…</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ということで、例のごとくシティを使ってもプレー。するとやっぱり強いんですよ。シティは。 ▽まずは13分、右サイドを仕掛けたガブリエウ・ジェズスがグラウンダーのクロス。これを、セルヒオ・アグエロがシュート。GKダビド・デ・ヘアがセーブするも、アグエロが自ら詰めてシティが先制します。 ▽しかし35分、ユナイテッドが追いつきます。右サイドからのアシュリー・ヤングのクロスをマーカス・ラッシュフォードがファーで合わせて同点となります。 ▽それでもシティは強かった。前半終了間際の45分、CKからジョン・ストーンズがヘッドで折り返すと、最後はダビド・シルバが蹴り込み、シティが勝ち越しに成功。後半はこう着状態が続いたものの、93分にスルーパスに抜け出したリロイ・ザネが決めて勝負あり。3-1でシティが勝利しました。 <span style="font-weight:700;">◆ハイレベルな戦い</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽今回マンチェスターの両クラブを使用しましたが、どちらも選手個々のレベルの高さを感じました。ルカクはスピードだけでなくパワーと精度があり、シティのザネはテクニックとスピードに。どちらもチームも操作することで3得点を奪えたことを考えると、チームのレベルが高いことが分かります。ちなみに、サウサンプトンでの悔しさをユナイテッドで果たすことに成功しました! にしても、実際と同じでシティは強すぎるぞ…そんなところで、また次回です。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/pxonVw" target="_blank">『FIFA 18』をプレーしよう!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">★僕の「Alex Hunter」</span> ▽よもやのチェルシー退団、ロサンゼルス・ギャラクシー入りとなった「Alex Hunter」。しかし、世界中が注目する若き才能はMLSで爆発した。デビュー戦は途中出場ながら1ゴール1アシスト、2戦目には先発すると2ゴール3アシストと爆発。3戦目にしてハットトリックを達成するなど、アメリカでのキャリアは順風満帆なスタートとなった。 レーティング:78(2↑) 市場価格:$16,119,999(37%↑) 性格:情熱的 MLS:7試合14ゴール11アシスト プレミアリーグ:3試合出場4ゴール3アシスト <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/6oqwwj" target="_blank">『FIFA 18』で<br />「The Journey」をプレーしよう!</a><hr></div> 2017.12.13 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ「グアルディオラは最も幼稚なコーチ」バルサ時代の指揮官を痛烈批判

マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチは、バルセロナ時代の指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ監督を&ldquo;最も幼稚なコーチ&rdquo;と罵っている。<br><br>2009-2010シーズンを前にインテルでの成功を引っさげてバルセロナに移籍したイブラヒモビッチ。初めて降り立ったスペインの地で、1シーズン目から出場した29試合のうち先発出場は23試合で、16ゴールを挙げるなど数字ではインパクトを残したが、リオネル・メッシやティエリ・アンリを重宝するグアルディオラ監督とはそりが合わず、わずか1シーズンでイタリアへと渡っていった。<br><br>10日に行われたマンチェスターダービーでグアルディオラ監督と再会したイブラヒモビッチは、試合後『スカイスポーツ・イタリア』のインタビューで「最初の半年でゴールを量産し、2つのスーパーカップ(スーペルコパ・デ・エスパーニャ、UEFAスーパーカップ)を制した。最初の6カ月は完璧だった」とバルセロナ時代を回顧。<br><br>しかし、メッシ中心のチーム作りが始まった途端、イブラヒモビッチのチーム内での序列は下がっていった。そのことを振り返った同選手は「でも半年が過ぎたら、システムと戦術を変更した。それは私にとって良くないもので、クラブはグアルディオラと直接話すように言ってきた」<br><br>「グアルディオラに向かってメッシのために他の選手を犠牲にしていると言ってやった。そうしたら、ベンチに追いやられた。その後も状況は変わらなかったし、彼は問題が発生すればこのように解決すると思った。それ以降、彼は話しかけてこないし、私を見ようともしない。部屋に入れば、彼はその場から離れる。彼と話し合おうと思っても、すぐにどこかへと逃亡する。フットボール以前に大きな問題があった」とグアルディオラ監督との関係に問題があったと話した。<br><br>さらに、イブラヒモビッチは「私との間のトラブルを解決しなかった彼の問題だ。彼は最初から私のことを勝手に決めつけていた。全く知らない人物をそのように判断できないはずだ。それに(マリオ)マンジュキッチや(サミュエル)エトーも同じ立場に置かれたと思う。彼は出会ってきた中で最悪なコーチではないが、間違いなく最も幼稚なコーチだ」とスペイン人指揮官を辛辣に批判している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 13:27 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバ、マドリー行きの可能性もあったことを告白…ユナイテッド復帰を決断した理由は?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、同クラブ加入前にレアル・マドリーからオファーがあったことを明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ユナイテッドの下部組織出身であるポグバは、2011年にトップチーム昇格後、2012年8月にユベントスへと移籍。加入初年度である2012-13シーズンのセリエAでは27試合で5ゴールを記録してチームのリーグ連覇に貢献し、一気にその名を轟かせた。その後もチームの主力として活躍し、ユベントス在籍時に4度のセリエA優勝や2度のコッパ・イタリア制覇を果たしたポグバは、2016年8月に史上最高額となる移籍金1億500万ユーロ+ボーナス500万ユーロ(当時のレートで計約124億7000万円)でユナイテッドに復帰した。 ▽そんな中、ポグバはユナイテッドに加入する前にレアル・マドリーからオファーが来ていたことを告白。しかし、自分の心がユナイテッドへの加入を後押ししたことを明かしている。 「正直に言うと、レアル・マドリーは僕のところへ来た。その時は僕も、レアル・マドリーに行くか、ユナイテッドにも行くか迷っていたんだ」 「それでも僕のハートはこう言ったんだ『ユナイテッドに戻るべきだ』とね。なぜかはわからないし、どうしてそれが起こったのかはわからないけどね」 「だからこの選択をした。後悔はしていないし、残念になんて思わないよ」 2017.12.13 10:20 Wed
twitterfacebook
thumb

高過ぎる…スパーズ&ユナイテッド、121億円のベイル争奪戦に出馬か

▽レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)を巡り、イングランドの2クラブが争奪戦の出馬を果たしたようだ。イギリス『デイリー・スター』がスペイン『Diario Gol』の情報をもとに報じた。 ▽2013年夏のレアル・マドリー加入以来、故障癖がとどまるところを知らないベイル。復調を長い目で見守ってきたレアル・マドリーも、我慢の限界に達して売却に前向きだという。 ▽そのベイルに対して、チェルシーが関心を示しているようだが、トッテナムとマンチェスター・ユナイテッドが既に本格参戦の意向を固めているとみられている。 ▽だが、ベイル獲得金の回収を目論むレアル・マドリーは、売却額を8000万ポンド(約121億円)に設定。トッテナムとユナイテッド共にその要求額に難色を示しているとのことだ。 2017.12.12 17:00 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース