ルカクの2Gなどでユナイテッドがハマーズに4発完勝! 優勝候補筆頭に名乗り!《プレミアリーグ》2017.08.14 02:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕節、マンチェスター・ユナイテッドvsウェストハムが13日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが4-0で快勝した。

▽モウリーニョ1年目となった昨季大型補強も実らず、6位でシーズンを終えたユナイテッドは、ポルトガル指揮官が得意とする2年目で覇権奪還を目指す今季の開幕戦で11位ウェストハムと対戦した。今週ミッドウィークに行われたレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップを落としたユナイテッドは、その一戦から先発5人を変更。GKにデ・ヘア、4バックにバレンシア、バイリー、フィル・ジョーンズ、ブリント。中盤はセントラルMFにマティッチとポグバ、2列目はマタ、ムヒタリャン、ラッシュフォードが並び、1トップにルカクが入った。

▽一方、オリンピック・スタジアム移転初年度を期待外れの11位で終えたビリッチ監督率いるウェストハムは、今夏ハビエル・エルナンデスやハート、サバレタ、アルナウトビッチと実力者を迎え入れ、充実の補強を敢行。開幕戦の先発にはその新戦力4人が揃って先発した。

▽立ち上がりから地力に勝るユナイテッドがウェストハムを押し込む時間が続く。前線でパワーとスピードを発揮するルカクを起点にマタやムヒタリャンが効果的にボールに絡むユナイテッドは、18分にムヒタリャンのパスに抜け出したマタがボックス左でシュートを狙うが、これはGKハートの好守に遭う。

▽その後も前線で人を引き付けるルカクをおとりにマタらが絶妙なフリーランで最終ラインの背後を狙うが、27分に再びボックス左に抜け出したマタからの折り返しはDFオグボンナのゴールカバーに阻まれる。

▽それでも、攻勢を続けるユナイテッドは33分、2人の新戦力が先制点をもたらす。中盤でオビアンに猛然とプレスを仕掛けたマティッチが引っかけたボールを左サイドのラッシュフォードが拾ってそのまま敵陣深くまで持ち上がり、相手DFの背後を通す絶妙なスルーパスを供給。これに抜け出したルカクがボックス左で放った強烈なシュートが左ポストの内側を叩いて逆サイドのネットを揺らした。

▽新加入ルカクの公式戦2試合連続ゴールで先制に成功したユナイテッドは、前がかりな相手に対して、マティッチやポグバの強さを活かして引っかけてはカウンターから追加点を目指す。対して押し込まれて苦しい展開が続くウェストハムも、前半終了間際のアディショナルタイムにようやく決定機を創出。ボックス中央でノーブルが落としたボールをE・フェルナンデスが右足で蹴り込むが、強烈なシュートはGKデ・ヘアの正面を突いた。

▽後半も集中した入りを見せたユナイテッドは、開始早々に得意のセットプレーからゴールをこじ開ける。53分、敵陣左サイドのボックス付近で仕掛けたラッシュフォードがDFサバレタに倒されてFKを獲得。ここでキッカーのムヒタリャンがインスウィングの絶妙なボールをゴール前に入れると、DFを振り切って前に入ったルカクが薄く当てたヘディングシュートがゴール右隅に決まった。

▽後半立ち上がりの失点で厳しい展開を強いられたウェストハムは、失点直後にE・フェルナンデスの左クロスをゴール前のアルナウトビッチが頭で合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩く。61分にはノーブルとE・フェルナンデスを下げてリース、D・サコーを同時投入するが、この交代で流れを変えることはできず。

▽その後もルカクのハットトリックのチャンスやブリントの強烈なボレーでゴールに迫るユナイテッドは、試合終盤にかけてマタ、ラッシュフォードの両翼を下げてフェライーニ、マルシャルを続けてピッチに送り出す。すると、ここまで完璧な試合運びを見せていたモウリーニョ監督の采配が面白いように機能する。

▽87分、敵陣バイタルエリア左のムヒタリャンから足元にパスを受けたマルシャルがうまく最終ラインと入れ替わってゴール前に抜け出し、冷静にゴール右隅へ流し込んで3点目を奪取。さらに、試合終了間際の90分にはマルシャルのラストパスをボックス手前で受けたポグバが、短いドリブルでシュートレンジに運んで最後は低い弾道のミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、試合を決定付ける4点目を奪った。

▽新エース候補ルカクの2ゴールの活躍などで積極補強のウェストハムを全く寄せ付けない4-0の完勝を見せたユナイテッドが、リーグ開幕戦で優勝候補筆頭に名乗りを上げた。

コメント

関連ニュース

thumb

チームの完成度を誇るポグバ「自信は昨季以上」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが今シーズンのチームに確信を深めた。 ▽ユナイテッドは、19日に行われたプレミアリーグ第2節のスウォンジー戦を4-0と快勝。2戦連続4得点&クリーンシートで開幕連勝を飾り、2012-13シーズン以来のプレミア制覇へ最高のスタートを切っている。 ▽2戦連続先発のポグバは、開幕戦のウェストハム戦に続き今回のスウォンジー戦でもゴールをマーク。クラブ公式サイトがフランス人MFのコメントを次のように伝えた。 「(昨シーズンより)自信がある。もう2年目だからね」 「1年目は新しい監督が来て、チームも移行期にあった。だから、簡単じゃなかったけど、トロフィーを獲得することができた」 「今シーズンはより自信があるよ。みんなの理解も深まっているからね。互いを助け合い、各々が楽に仕事できるようになってきた」 2017.08.20 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカク、ポグバ、マルシャルの2戦連発弾などでユナイテッドが開幕2連勝《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは19日、プレミアリーグ第2節でスウォンジーとのアウェイ戦に臨み、4-0で圧勝した。 ▽ルカクの2発などでウェストハムに4-0と大勝して好スタートを切ったユナイテッドは、ウェストハム戦と同様のスタメン、システムで臨んだ。 ▽初戦のサウサンプトン戦をゴールレスドローで乗り切ったスウォンジーに対し、開始3分にピンチを迎える。ボックス左に抜け出したJ・アイェウの意表を突いたトゥキックシュートがバーを掠めた。 ▽ひやりとした入りとなったユナイテッドだったがポゼッションを高めていくと、9分に決定機。右サイドからのマタのFKをフィル・ジョーンズがヘッド。しかし、バーを叩いた。 ▽その後も5バックを敷くスウォンジーをユナイテッドが押し込む展開で推移。ただ、相手の守備網を攻略できず、こう着状態が続く。そんな中、36分に決定機。ロングボールの処理を誤った相手DFのミスを突いてラッシュフォードが独走。ボックス中央に侵入してチップキックシュートを放ったが、GKにキャッチされた。 ▽それでも45分、マタの左CKからポグバの合わせたヘディングシュートはGKファビアンスキのファインセーブに阻まれるも、ルーズボールをバイリーが押し込んでユナイテッドが先制した。 ▽バイリーの移籍後初ゴールで先手を取ったユナイテッドは、迎えた後半もボールを保持。敵陣で試合を進めるも、61分にピンチ。左クロスからエイブラハムに際どいヘディングシュートを許した。 ▽その後、ややスウォンジーに押し込まれる展開を強いられたユナイテッドは、75分に2枚代えを敢行する。ラッシュフォードとマタに代えてマルシャルとフェライーニを投入した。 ▽すると80分、中央突破を図って最後はムヒタリャンのラストパスをボックス左で受けたルカクが確実に決めて追加点を奪った。 ▽続く82分にムヒタリャンのスルーパスに抜け出したポグバがボックス右からチップキックシュートを流し込んで3点目を挙げたユナイテッドは、84分にはロングカウンターからポグバのラストパスを受けたマルシャルが決めて4-0。 ▽終わってみれば2戦連続4ゴールの圧勝としたユナイテッドが開幕2連勝スタートとしている。 2017.08.19 22:28 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ロッベン獲り?

▽バイエルンに所属するオランダ代表MFアリエン・ロッベン(33)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ユナイテッドは今夏、新たなサイドアタッカーとして、インテルに所属するMFイバン・ペリシッチ獲得に向けた動きが伝えられてきた。しかし、交渉は進んでいない。 ▽そうした状況を受けて、サイドアタッカーの獲得を希望するユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、チェルシー時代の教え子であるロッベンに照準を変更したようだ。 ▽ロッベンとバイエルンの現行契約は今シーズン終了まで。『デイリー・メール』は、バイエルンが若返りを目指していることで、ロッベンの出場機会減少を指摘している。 2017.08.18 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFA最優秀監督候補12名が決定! ジダン、モウリーニョらノミネート

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、2016-17シーズンにおける男子最優秀監督賞候補12名を発表した。 ▽最終候補3名は、8月21日から9月7日まで行われる投票で選出。10月23日にロンドンで行われる表彰式で、2016-17シーズンの最優秀監督が発表される。 ◆最優秀監督候補 マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス) カルロ・アンチェロッティ(バイエルン) アントニオ・コンテ(チェルシー) ルイス・エンリケ(バルセロナ)※現無所属 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ) レオナルド・ジャルディム(モナコ) ヨアヒム・レーブ(ドイツ代表) ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド) マウリシオ・ポチェッティーノ(トッテナム) ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー) チッチ(ブラジル代表) ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー) 2017.08.18 11:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ファン・デル・サール氏がラッシュフォードを絶賛「驚異的なスピードと優れた技術を見せている」

元マンチェスター・ユナイテッドのGKで、現在はアヤックスのCEOを務めるエドウィン・ファン・デル・サール氏は、若手ストライカー、FWマーカス・ラッシュフォードを絶賛した。<br><br>レッド・デビルズ(マンチェスター・Uの愛称)で250試合以上出場し、数々のタイトルをもたらしたファン・デル・サール氏。昨シーズンのUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝では、自身がCEOを務めるアヤックスとマンチェスター・Uが対戦。試合後にラッシュフォードと言葉を交わしていたようだ。<br><br>「私の息子もユナイテッドのアカデミーでプレーしていて、ストックホルムで選手たちが表彰されていたとき、マーカスは『息子さんは元気ですか?』と尋ねてくれたんだ。とても素晴らしい出来事だったね。彼がチームで成功することを願っている」<br><br>ラッシュフォードに期待を寄せる同氏は、さらにこう続ける。<br><br>「彼はルイ・ファン・ハール、ジョゼ・モウリーニョのもとで、驚異的なスピードと優れた技術を見せているね」<br><br>ラッシュフォードと同期のジョー・ファン・デル・サールは現在、ADOデン・ハーグのU-21に所属している。<br><br>提供:goal.com 2017.08.18 08:20 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース