ルカクの2Gなどでユナイテッドがハマーズに4発完勝! 優勝候補筆頭に名乗り!《プレミアリーグ》2017.08.14 02:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕節、マンチェスター・ユナイテッドvsウェストハムが13日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが4-0で快勝した。

▽モウリーニョ1年目となった昨季大型補強も実らず、6位でシーズンを終えたユナイテッドは、ポルトガル指揮官が得意とする2年目で覇権奪還を目指す今季の開幕戦で11位ウェストハムと対戦した。今週ミッドウィークに行われたレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップを落としたユナイテッドは、その一戦から先発5人を変更。GKにデ・ヘア、4バックにバレンシア、バイリー、フィル・ジョーンズ、ブリント。中盤はセントラルMFにマティッチとポグバ、2列目はマタ、ムヒタリャン、ラッシュフォードが並び、1トップにルカクが入った。

▽一方、オリンピック・スタジアム移転初年度を期待外れの11位で終えたビリッチ監督率いるウェストハムは、今夏ハビエル・エルナンデスやハート、サバレタ、アルナウトビッチと実力者を迎え入れ、充実の補強を敢行。開幕戦の先発にはその新戦力4人が揃って先発した。

▽立ち上がりから地力に勝るユナイテッドがウェストハムを押し込む時間が続く。前線でパワーとスピードを発揮するルカクを起点にマタやムヒタリャンが効果的にボールに絡むユナイテッドは、18分にムヒタリャンのパスに抜け出したマタがボックス左でシュートを狙うが、これはGKハートの好守に遭う。

▽その後も前線で人を引き付けるルカクをおとりにマタらが絶妙なフリーランで最終ラインの背後を狙うが、27分に再びボックス左に抜け出したマタからの折り返しはDFオグボンナのゴールカバーに阻まれる。

▽それでも、攻勢を続けるユナイテッドは33分、2人の新戦力が先制点をもたらす。中盤でオビアンに猛然とプレスを仕掛けたマティッチが引っかけたボールを左サイドのラッシュフォードが拾ってそのまま敵陣深くまで持ち上がり、相手DFの背後を通す絶妙なスルーパスを供給。これに抜け出したルカクがボックス左で放った強烈なシュートが左ポストの内側を叩いて逆サイドのネットを揺らした。

▽新加入ルカクの公式戦2試合連続ゴールで先制に成功したユナイテッドは、前がかりな相手に対して、マティッチやポグバの強さを活かして引っかけてはカウンターから追加点を目指す。対して押し込まれて苦しい展開が続くウェストハムも、前半終了間際のアディショナルタイムにようやく決定機を創出。ボックス中央でノーブルが落としたボールをE・フェルナンデスが右足で蹴り込むが、強烈なシュートはGKデ・ヘアの正面を突いた。

▽後半も集中した入りを見せたユナイテッドは、開始早々に得意のセットプレーからゴールをこじ開ける。53分、敵陣左サイドのボックス付近で仕掛けたラッシュフォードがDFサバレタに倒されてFKを獲得。ここでキッカーのムヒタリャンがインスウィングの絶妙なボールをゴール前に入れると、DFを振り切って前に入ったルカクが薄く当てたヘディングシュートがゴール右隅に決まった。

▽後半立ち上がりの失点で厳しい展開を強いられたウェストハムは、失点直後にE・フェルナンデスの左クロスをゴール前のアルナウトビッチが頭で合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩く。61分にはノーブルとE・フェルナンデスを下げてリース、D・サコーを同時投入するが、この交代で流れを変えることはできず。

▽その後もルカクのハットトリックのチャンスやブリントの強烈なボレーでゴールに迫るユナイテッドは、試合終盤にかけてマタ、ラッシュフォードの両翼を下げてフェライーニ、マルシャルを続けてピッチに送り出す。すると、ここまで完璧な試合運びを見せていたモウリーニョ監督の采配が面白いように機能する。

▽87分、敵陣バイタルエリア左のムヒタリャンから足元にパスを受けたマルシャルがうまく最終ラインと入れ替わってゴール前に抜け出し、冷静にゴール右隅へ流し込んで3点目を奪取。さらに、試合終了間際の90分にはマルシャルのラストパスをボックス手前で受けたポグバが、短いドリブルでシュートレンジに運んで最後は低い弾道のミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、試合を決定付ける4点目を奪った。

▽新エース候補ルカクの2ゴールの活躍などで積極補強のウェストハムを全く寄せ付けない4-0の完勝を見せたユナイテッドが、リーグ開幕戦で優勝候補筆頭に名乗りを上げた。

コメント

関連ニュース

thumb

ムンドと真っ向から対立!! メールはエジルの移籍先にユナイテッド有力と報道

▽今冬の人気銘柄となっているアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジル(29)に対して、イギリス『デイリー・メール』はマンチェスター・ユナイテッド移籍が最有力だと報じた。 ▽アーセナルとの契約が2018年6月までとなっているエジルは、以前よりアーセナルから契約延長のオファーを受け取っているものの合意には至っていない。 ▽このまま2018年1月を迎えると、全てのクラブとの交渉が可能となり、契約満了を迎えてフリートランスファーとしてアーセナルを去る可能性もある。この状況から、アーセナルが移籍金を望み、1月の移籍市場で同選手を手放すのではないかとも伝えられている。 ▽そんなエジルに対しては、ユナイテッドやバルセロナなどが獲得に興味を持っていると報じられてきた。スペイン『ムンドデポルティボ』はバルセロナがすでにエジルの代理人と接触していると報じており、移籍先の最有力に挙げた。 ▽一方、『デイリー・メール』は、ユナイテッドが最有力であると主張。レアル・マドリー時代にエジルを指導したジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を熱望しているという。 ▽さらにモウリーニョ監督は先日行われたマンチェスター・シティとのダービーマッチに敗れたことで攻撃ユニットを再構成しなければいけないと考えているようだ。そのため指揮官はエド・ウッドワードCEO(最高経営責任者)に、冬の移籍市場でエジルの獲得を最優先にしてほしいとリクエストを出したようだ。 ▽スペイン、イングランドのメディアでそれぞれ主張が違うが、果たしてエジルの決断は? 2017.12.14 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、ジョアン・マリオを狙うユナイテッドに要求する選手は!?

▽インテルがマンチェスター・ユナイテッドのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(28)の獲得を狙っているようだ。イタリア『コッリエ・デロ・スポルト』が報じている。 ▽先日、ユナイテッドがインテルのポルトガル代表MFジョアン・マリオ(24)の獲得に興味を持っていることが報じられた。ジョゼ・モウリーニョ監督のお気に入りである同選手の獲得に向けて、ユナイテッドは元スペイン代表MFフアン・マタ(29)の譲渡を交渉材料に使いたいと考えているという。 ▽しかしインテル側はマタに魅力を感じていない模様。ユナイテッドが選手の譲渡を交渉材料とするのであれば、ムヒタリアンの獲得を望んでいるという。インテルは当初、同じくジョアン・マリオの獲得を望んでいたパリ・サンジェルマンに対して、アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(28)とのトレードを持ちかけていた模様。しかし、現在はより積極的なユナイテッドからムヒタリアンを引き出そうとしているようだ。 ▽2016-17シーズンにドルトムントからユナイテッドに加入したムヒタリアンは、移籍初年度に公式戦41試合11ゴールをマーク。今シーズンはリーグ戦12試合の出場にとどまっている。 2017.12.14 09:23 Thu
twitterfacebook
thumb

【FIFA18体験記】赤い悪魔・ユナイテッドが圧巻の強さを見せるシティを迎える“マンチェスター・ダービー"

▽圧巻のグラフィックとリアルさを追求し、バーチャルとリアルの境界線を曖昧にするほどの表現を追求した『FIFA 18』。超ワールドサッカー編集部体験記の第3回は10日に行われるプレミアリーグの一戦。マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティの“マンチェスター・ダービー"に挑戦します。 <span style="font-weight:700;">◆今シーズンの覇権争いを左右するダービー</span> ▽ジョゼ・モウリーニョ監督に率いられ、2シーズン目を迎えるユナイテッドと、圧倒的な強さを誇りリーグ首位を独走するシティの一戦。 ▽今シーズン最初の“マンチェスター・ダービー"は、ユナイテッドのホームであるオールド・トラッフォードで行われます。 ▽2位のユナイテッドと首位のシティ。両チームの勝ち点差は15節を終えた時点で「8」となっており、結果次第ではシーズンの行方が左右されるでしょう。 <span style="font-weight:700;">◆ユナイテッドが牙をむく!</span> ▽ホームのユナイテッドを操作してまずはプレー。すでに、シティvsサウサンプトンをプレーしたことで、シティの強さは十分知り尽くしているつもりです。 ▽試合はユナイテッドが優勢に進めます。まずは17分、ヘンリク・ムヒタリャンのパスを受けたロメル・ルカクがボックス手前中央からシュート。これが決まり、ユナイテッドが先制します。 ▽さらに前半終了間際の42分には、フアン・マタがセンターサークル付近でボールを持つと、ロングスルーパス。これに反応したルカクが最終ラインの裏をとると、そのまま冷静に流し込み、ユナイテッドが2点リードで前半を終えます。 ▽圧倒的な強さを誇るシティに対し、リードしているユナイテッドは、76分にも追加点。アンソニー・マルシャルからのパスを受けたルカクがそのままダイレクトで叩くと、マルシャルが落ち着いて沈めて勝負あり。ユナイテッドが3-0でシティを下しました。ユナイテッド強し。 <span style="font-weight:700;">◆シティもやっぱり強かった…</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ということで、例のごとくシティを使ってもプレー。するとやっぱり強いんですよ。シティは。 ▽まずは13分、右サイドを仕掛けたガブリエウ・ジェズスがグラウンダーのクロス。これを、セルヒオ・アグエロがシュート。GKダビド・デ・ヘアがセーブするも、アグエロが自ら詰めてシティが先制します。 ▽しかし35分、ユナイテッドが追いつきます。右サイドからのアシュリー・ヤングのクロスをマーカス・ラッシュフォードがファーで合わせて同点となります。 ▽それでもシティは強かった。前半終了間際の45分、CKからジョン・ストーンズがヘッドで折り返すと、最後はダビド・シルバが蹴り込み、シティが勝ち越しに成功。後半はこう着状態が続いたものの、93分にスルーパスに抜け出したリロイ・ザネが決めて勝負あり。3-1でシティが勝利しました。 <span style="font-weight:700;">◆ハイレベルな戦い</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽今回マンチェスターの両クラブを使用しましたが、どちらも選手個々のレベルの高さを感じました。ルカクはスピードだけでなくパワーと精度があり、シティのザネはテクニックとスピードに。どちらもチームも操作することで3得点を奪えたことを考えると、チームのレベルが高いことが分かります。ちなみに、サウサンプトンでの悔しさをユナイテッドで果たすことに成功しました! にしても、実際と同じでシティは強すぎるぞ…そんなところで、また次回です。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/pxonVw" target="_blank">『FIFA 18』をプレーしよう!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">★僕の「Alex Hunter」</span> ▽よもやのチェルシー退団、ロサンゼルス・ギャラクシー入りとなった「Alex Hunter」。しかし、世界中が注目する若き才能はMLSで爆発した。デビュー戦は途中出場ながら1ゴール1アシスト、2戦目には先発すると2ゴール3アシストと爆発。3戦目にしてハットトリックを達成するなど、アメリカでのキャリアは順風満帆なスタートとなった。 レーティング:78(2↑) 市場価格:$16,119,999(37%↑) 性格:情熱的 MLS:7試合14ゴール11アシスト プレミアリーグ:3試合出場4ゴール3アシスト <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/6oqwwj" target="_blank">『FIFA 18』で<br />「The Journey」をプレーしよう!</a><hr></div> 2017.12.14 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカクが5試合ぶり今季9点目! 前半のリード守り抜きユナイテッドがボーンマスに勝利! 《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは13日、プレミアリーグ第17節でボーンマスをオールド・トラッフォードに迎え、1-0で勝利した。 ▽前節マンチェスター・シティとの頂上決戦で1-2の敗北を喫した2位のユナイテッド(勝ち点35)と、直近のリーグ4試合で勝ちがない14位のボーンマス(勝ち点16)が対戦。ユナイテッドはシティ戦からスタメンを4名変更し、ロホ、A・ヤング、エレーラ、ラッシュフォードに代えて、フィル・ジョーンズ、ショー、マクトミネイ、マタを起用した。 ▽序盤は、後方からマティッチがボールによく絡みつつ好機を窺うユナイテッドに対し、ウィルソンに当てつつスピーディーにフィニッシュを狙うボーンマスという構図が続く。21分には左サイドでボールを持ったダニエルがドリブルで中央まで運んでミドルシュート。ボールは枠を捉えていたが、GKデ・ヘアの牙城は崩せなかった。 ▽試合が動きを見せたのは26分、ユナイテッドのスコアラーが強さを発揮する。ボックス手前左でボールを持ったマタが、アーリークロスを供給。ボックス内のルカクは相手DF2人に挟まれていたが、競り合いを制すと頭で合わせ、ネットを揺らした。 ▽反撃に出たいボーンマスには、34分に決定機が訪れる。左CKを獲得すると、ボールは中央の密集地を抜けてボックス右のフランシスの下へ。千載一遇のチャンスにフリーで左足を振り抜いたが、シュートは枠を大きく越えていった。 ▽1点のリードで迎えた後半、ユナイテッドはややゆったりとしたペースに。それでも相手が徐々に攻勢を強めた60分、カウンターからボックス左に抜け出したルカクがシュート。GKベゴビッチが飛び出してこぼれたところにマルシャルが反応したが、追加点とはならなかった。 ▽82分、追う展開となっているボーンマスにチャンス。ボックス右に侵攻したA・スミスが中央に折り返すと、途中出場のデフォーがボックス右の角度の無いところからシュートを放つ。しかし、これはGKデ・ヘアが身体でブロック。同点弾にはできなかった。 ▽結局、試合はユナイテッドが前半のリードを維持したまま終了。ホームチームが手堅く白星を確保した一方、ボーンマスは5戦勝ちなしとなっている。 2017.12.14 07:08 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、2000万ポンドのU-21ドイツ代表MF獲得に関心か

▽マンチェスター・ユナイテッドがホッフェンハイムに所属するU-21ドイツ代表MFナディム・アミリ(21)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽アフガニスタン出身のアミリは、2015年にホッフェンハイムでトップチームデビュー。卓越したテクニックと攻撃センスに加え、球際でも強さを見せる攻撃的MFは、今シーズンの公式戦18試合に出場し4ゴール2アシストを記録している。また、今年行われたU-21欧州選手権ではU-21ドイツ代表の主力として優勝に貢献していた。 ▽『ミラー』の伝えるところによれば、ユナイテッドは現在、トッテナムやアーセナルも獲得に関心を示す万能型MFの獲得に関心を示しているという。ただ、アミリの才能を高く評価するホッフェンハイムは、放出条件を2000万ポンド(約30億円)程度に設定しており、現時点で即戦力とは言い難い、同選手の獲得に早い段階で動くかは微妙なところだ。 2017.12.14 00:45 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース