酒井高が失点関与のHSV、10人となった3部のオスナブリュックに完敗《DFBポカール》2017.08.14 00:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハンブルガーSVは13日、DFBポカール1回戦でオスナブリュックとアウェイで対戦し、1-3で完敗した。HSVのDF酒井高徳はフル出場している。

▽1週間後にアウグスブルクとのブンデスリーガ開幕戦を控えるHSVは、昨季に続いてキャプテンを務める酒井が[4-2-3-1]の右サイドバックで先発となった。新戦力のハーンを右MFで起用したHSVが、時間の経過とともにポゼッションを高めていくと、18分に退場を誘発する。ウッドがスピードを活かしてボックス内に侵入しかけたところでアッピアーのスライディングタックルを足に受けた。

▽数的優位となったHSVは、33分にFKからパパドプーロスがヘディングシュートでGKを強襲する。しかし39分、失点してしまう。自陣左サイドをえぐられてクロスを折り返され、サブランにシュートを決められた。ハーフタイムにかけてはチャンスを作れなかったHSVは1点ビハインドのまま前半を終えた。

▽迎えた後半からG・ユングに代えてホルトビーを投入したHSVが敵陣でのプレーを続けていったが攻めあぐねると、61分に痛恨の2失点目を喫する。自陣右サイドを突破され、最後はハイダーに蹴り込まれた。

▽さらに71分、酒井のミスから致命的な3失点目を喫する。クロスボールに対応する際に足を取られた酒井のミスを突いて、元HSVのアルスランにゴールを許した。

▽その後、ウッドがPKで1点を返したものの、HSVは10人となった格下に1-3で完敗。1回戦で早くも敗退となり、ブンデスリーガ開幕に不安を残している。

コメント

関連ニュース

thumb

【ブンデス第9節プレビュー】酒井高&伊藤がハインケス・バイエルンに挑戦、長谷部vs香川も

▽前節は首位ドルトムントがライプツィヒに2-3と敗れ、今季初黒星を喫している。一方でハインケス監督を再招へいしたバイエルンが、フライブルクに5-0と大勝し、初陣を飾っている。迎える第9節では酒井高と伊藤の所属するハンブルガーSVがバイエルンに挑み、長谷部&鎌田フランクフルトと香川ドルトムントの日本人対決などが開催される。 ▽前節マインツ戦を2-3と敗れて今季5敗目を喫した15位ハンブルガーSV(勝ち点7)。マインツ戦では2試合連続スタメンとなった伊藤がまたも足をつって後半10分程で力尽きたが、一時同点となるゴールを演出するなど再び存在感を放った。その伊藤はベンチスタート予想だが、スーパーサブとして6試合勝利のない苦しいチームを救う働きを期待したい。なお、4試合連続スタメン出場中の酒井高は引き続き左サイドバックでスタメン予想となっており、ロッベンとのマッチアップに注目だ。 ▽対する2位バイエルン(勝ち点17)はハインケス体制の初陣を5-0と大勝スタート。3試合ぶりに勝利したチームは水曜日のCLでセルティックを3-0と寄せ付けず快勝した。悪い流れを断ち切った感のあるチームは不調のHSVを下してドルトムントを追走したい。 ▽前節ハノーファー戦を2-1と競り勝って2連勝とした7位フランクフルト(勝ち点13)。負傷が癒えて2試合ぶりに先発に戻った長谷部は、3バックの中央で安定感あるプレーを見せ、守備を締める働きを担った。その長谷部は引き続きスタメン予想となっており、早くもシーズン10ゴールに到達したスピードスターのオーバメヤンを止める働きを期待したい。 ▽一方、オーバメヤンのドッペルパックもパパスタソプーロスの退場などもあってライプツィヒに2-3と競り負けて今季初黒星を喫した首位ドルトムント(勝ち点19)は、火曜日に行われたCLアポエル戦を1-1と引き分け、グループステージ突破が厳しい状況となった。アポエル戦で先発した香川だったが、ミドルシュートがバーに嫌われチームを勝利に導くことはできなかった。その香川はベンチスタート予想だが、悪い流れを断ち切るためにもここは勝利が求められる。 ▽前節ドルトムント戦を3-2と競り勝った3位ライプツィヒ(勝ち点16)は、火曜日に行われたポルト戦を3-2と制し、クラブ史上初のCL勝利を手にした。そのライプツィヒは浅野のシュツットガルトと対戦する。運動量が生命線のチームはこの過密日程を乗り越え、2強を追うことはできるか。前節ケルン戦ではベンチ入りしたものの出場機会のなかった浅野は引き続きベンチスタート予想となっている。 ▽その他、大迫がフル出場したものの、終了間際のPK取り消しと被弾でシュツットガルトに1-2と惜敗した最下位のケルン(勝ち点1)は、17位ブレーメン(勝ち点4)とのホーム戦で早くも残留争いと化した下位対決を戦う。代表戦の影響もあって途中出場となったマインツの武藤は金曜日にシャルケとのアウェイ戦を、シャルケ戦で痛恨の一発退場となった原口のヘルタ・ベルリンはフライブルクとのアウェイ戦を戦う。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第9節 ▽10/20(金) 《27:30》 シャルケ vs マインツ ▽10/21(土) 《22:30》 フランクフルト vs ドルトムント ライプツィヒ vs シュツットガルト ボルシアMG vs レバークーゼン アウグスブルク vs ハノーファー 《25:30》 ハンブルガーSV vs バイエルン ▽10/22(日) 《20:30》 ケルン vs ブレーメン 《22:30》 フライブルク vs ヘルタ・ベルリン 《25:00》 ヴォルフスブルク vs ホッフェンハイム 2017.10.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

武藤途中出場のマインツが伊藤&酒井高先発のHSVに勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第8節、マインツvsハンブルガーSVが14日に行われ、3-2でマインツが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀は68分から出場し、HSVのDF酒井高徳はフル出場、FW伊藤達哉は55分までプレーしている。 ▽前節ヴォルフスブルク戦で今季3ゴール目を決めてチームに勝ち点をもたらした14位マインツ(勝ち点7)の武藤は、日本代表戦ではニュージーランド戦で先発し、ハイチ戦では終盤からの途中出場に終わった。いずれの試合でもインパクトを残せなかった武藤はベンチスタートとなった。 ▽対する16位のHSV(勝ち点7)は前節ブレーメンとのノルト・ダービーを0-0で引き分け、連敗を4で止めた。そのダービーでインパクトを残した伊藤が[4-2-3-1]の左サイドで引き続きスタメンとなり、ハイチ戦でフル出場した酒井高が左サイドバックで4試合連続スタメンとなった。 ▽アグレッシブな入りを見せたマインツは開始2分、先制点を奪う。エツナリのスルーパスをボックス右深くで受けたG・ドナーティがマイナスに折り返し、最後はニアのマキシムがグラウンダーのシュートでゴール左に流し込んだ。 ▽早々に失点したHSVだったが9分、すかさず追いつく。FKの流れからルーズボールをボックス右で拾ったワラセが胸トラップから右足でゴール左に蹴り込んだ。続く15分には右クロスを受けたウッドが鋭い反転からボックス中央に侵入。シュートに持ち込んだが枠の上に外れた。 ▽その後は一進一退の攻防が続いた中、HSVの攻撃をドリブルでけん引していた伊藤が42分にチャンスメイク。伊藤のスルーパスでボックス左に抜け出したワラセの折り返しをファーサイドでフリーのハーンがシュート。しかし、バーに直撃し、逆転とはならず1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、52分にマインツが勝ち越す。エツナリの左CKをニアでディアロが逸らし、ファーサイドでフリーとなっていたベルが頭で押し込んだ。 ▽再び追う展開となったHSVは55分、伊藤が前節に続いて足をつり、コスティッチとの交代を強いられた。 ▽すると58分、マインツはブロシンスキのマイナスの落としを、ボックス手前左のラツァが左足でシュート。GKの守備範囲だったが、マゼニアはキャッチし損ねてゴールネットに吸い込まれ、3-1と突き放した。 ▽リードを2点に広げたマインツは、68分にクアイソンに代えて武藤を投入。終盤にかけては余裕を持って時間を消化した中、終了間際にPKから失点を喫したものの、3-2で逃げ切り。今季3勝目を挙げている。 2017.10.15 00:36 Sun
twitterfacebook
thumb

先月ブンデスデビューのMF伊藤達哉にシティ&インテルが関心?

▽ハンブルガーSVに所属するMF伊藤達哉(20)にマンチェスター・シティとインテルが獲得へ関心を寄せているようだ。イギリス『talk SPORT』が報じた。 ▽柏レイソルの下部組織出身の伊藤は、2015年7月にハンブルガーSVに加入。今シーズンにはU-23チームとしてレギオナルリーガ(ドイツ4部相当)でここまで7試合5ゴールを記録している。また、トップチームの練習にも参加すると、9月25日のブンデスリーガ第6節のレバークーゼン戦では途中出場を果たしてトップチームデビュー。さらに続く第6節のブレーメン戦では初先発も飾った。 ▽伝えられるところによると、シティとインテルは今年1月から伊藤に注目していたようだ。しかし、ドイツ『ビルト』によると、ハンブルガーSVは現在、他クラブへの移籍を阻止するために、伊藤に対して新契約のオファーを準備しているとのことだ。 2017.10.12 14:02 Thu
twitterfacebook
thumb

ハイチ戦を見据えるDF酒井高徳「チームとして機能するかしないかが大事」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は8日、10日に行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。競争が激化する中で迎えるハイチ戦に向けて意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆DF酒井高徳</span>(ハンブルガーSV/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──サバイバルとハリルホジッチ監督は言っているがどんなプレーをしたいか</span> 「サバイバルはサバイバルですが、試合というのはやってみないと分からない部分があります。色々と監督自身も試したい人やこともある中で、ニュージーランド戦を見ても人が変わったことで、うまく噛み合わなかった部分もあると思います」 「個人のことも大事ですが、個人のパフォーマンスが良くならないと、チームのパフォーマンスも良くならないので、サバイバルですけど、個人の欲を捨てるというか、チームとして機能すれば必然的に全体が良くなっているように見えると思います。その辺りで誰が出るとか、どんなサッカーをするとかはまだ分からないですけど、その辺を意識して喋ったりとか、心掛けてプレーしたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──トレーニング前の円陣ではどんな話があったか</span> 「誰がどう出てくるかは別として、チームとして成長して行かなければいけないと思いますし、ハイチの話を少ししました。半年ぐらい試合がないとか、監督がよく変わるとか。これからハイチのチームの分析をしていこうと思うという簡単な説明でした」 <span style="font-weight:700;">──映像とかもまだ見ていないのか</span> 「事前に選手たちに配られている映像はあるので少し見ていますが、チーム全体としてコンセプトを持って分析とかはしていないです」 <span style="font-weight:700;">──半年も試合していないけど、FIFAランクもそんなに変わらないチームだが</span> 「選手の入れ替わりも激しいと聞いているので、直近の試合しか見れていないというのもあります。どんな選手が来て、どんな特徴があるのかも分析してみなければ分からないというのは否めません」 「少し似たようなことになりますが、ニュージーランド戦も選手が入れ替わったりして、チームとして機能するかしないかということが、こういった相手には大事だと思います」 「48位とか、ハイチだったりという周りから見た目がありながら、なんとなく選手がプレーするのは危ないし、良くないことだと思います。自分たちがこれまでやって来たコンセプトをチームとして理解しながら、新しい選手とコミュニケーションをとってやることが、チームとして結果にもつながると思います」 「そこさえしっかりやれば、大きな崩れもないと思いますし、より良いプレーを心掛けられるかなと思います。ハイチのことは空いてる時間でしっかり分析できればと思います」 2017.10.08 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

伊藤&酒井高先発のHSV、ブレーメンとのノルト・ダービーはゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは9月30日、ブンデスリーガ第7節でブレーメンとの“ノルト・ダービー”をホームで戦い、0-0で引き分けた。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉は53分までプレーしている。 ▽前節レバークーゼン戦では2試合連続スタメンとなったものの、チームは0-3と完敗して4連敗となったHSVの酒井高が3試合連続スタメンとなり、伊藤がキャリア初スタメンを飾った一戦。 ▽ここまで3分け3敗と勝利のないブレーメンに対し、[4-3-3]で臨んだHSVは酒井高を左サイドバックで、伊藤を左ウイングで起用した。 ▽開始2分、酒井高がミドルシュートを浴びせる良い入りを見せたHSVだったが、9分にピンチ。FKからゴールエリア左のデラネイにヘディングシュートを許す。枠を捉えた決定的なシュートだったが、GKマゼニアがセーブした。 ▽ここからブレーメンの攻勢に遭ったHSVだったが16分、FKからパパドプーロスのヘディングシュートでゴールに迫ると、ペースを取り戻す。すると19分、伊藤が魅せる。左サイドでボールを持った伊藤は鋭いドリブルでDFを外し、左足でクロス。ウッドが合わせるもDFに当たって枠の左に外れた。 ▽続く23分に酒井高が枠を捉えるミドルシュートを浴びせたHSVは、26分に左CKからハーンがヘディングシュートでGKパブレンカを強襲。すると28分、左CKのサインプレーから酒井高がゴールに迫る。マイナスのクロスをペナルティアーク左付近で待ち構えていた酒井高が左足ボレーでうまく合わせる。綺麗にミートしたシュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽ハーフタイムにかけても左サイドの伊藤がドリブルで牽引するHSVが主導権を握るもゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半もHSVが押し気味に試合を進める中、51分に伊藤にアクシデント。両足をつってピッチに倒れ込み、代わってホルトビーが投入された。ピッチを後にした伊藤には観衆から大きな拍手が送られた。 ▽そのHSVは56分に決定機。GKのロングボールに抜け出したハーンが独走。ループシュートを狙ったが、GKの好セーブに阻まれた。続く60分にはホルトビーのラストパスを受けたボックス右のウッドがGKを強襲するシュートを浴びせる。 ▽良い流れで試合を進めていたHSVだったが、71分にピンチ。ユヌゾビッチのヒールパスに抜け出したバルテルスにボックス左からシュートを浴びてしまうも、GKマゼニアが何とかセーブした。ここからブレーメンの攻勢に遭ったHSVは終盤にかけて守勢に回っていく。 ▽それでも0-0で試合を終わらせ、勝ち点1を分け合って連敗を4で止めている。 2017.10.01 03:32 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース