デレ・アリ&デイビス弾でスパーズが快勝スタート! 昨季2部王者ニューカッスルはシェルヴェイ愚行退場響く…《プレミアリーグ》2017.08.13 23:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕節、ニューカッスルvsトッテナムが13日にセント・ジェイムズ・パークで行われ、アウェイのトッテナムが2-0で勝利した。

▽昨シーズン、攻守に完成度の高さを披露しながらも2位でシーズンを終えたトッテナムは、悲願のタイトル奪取を目指す今季の開幕戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝で1年でのプレミア復帰を決めたニューカッスルとのアウェイゲームに臨んだ。

▽ポチェッティーノ監督は一昨シーズンの最終節で大敗し、アーセナルに抜かれて3位に甘んじるキッカケとなった因縁の相手との一戦に向けて現状のベストメンバーを起用。ウォーカーの移籍とトリッピアーの負傷で懸念の右サイドにはこれがトップチームデビューとなるウォーカー=ピータースを抜擢。GKにはロリス、4バックにはウォーカー=ピータース、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、ベン・デイビス。中盤はダイアーとデンベレがセントラルMFに入り、2列目はムサ・シッソコ、エリクセン、デレ・アリ。1トップにエースのケインが入った。

▽一方、ベニテス体制3年目でまずはプレミア残留を決めたいニューカッスルは、ゲイルやシェルヴェイ、リッチーら昨季の主力に加え、今夏加入のマンキージョやルジューヌら新戦力がスタメン入りを果たした。

▽ホームでの開幕戦で盛り上がるホームサポーターの後押しを受けたニューカッスルが、開始直後にゲイルのシュートでチャンスを作るなど、積極的な入りを見せるが、5分過ぎにハムストリングを痛めたDFダメットがプレー続行不可能となり、DFラッセルズの緊急投入を余儀なくされた。

▽その後はボールを保持するトッテナムと堅守速攻で応戦するニューカッスルという構図の下、拮抗した攻防が繰り広げられていく。その中でトッテナムはボックス付近でエリクセン、デンベレ、デレ・アリとフィニッシュの場面を作り出すが、相手守備を崩し切るまでには至らず。

▽その後、ケインとの接触で負傷したDFルジューヌがプレー続行不可能となり、30分過ぎにニューカッスルが2枚目の交代カードでDFムベンバの投入を余儀なくされるなど、厳しい状況を強いられる。だが、前半終盤のエリクセンのシュートをGKエリオットが冷静に凌ぎ前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、開始早々にアクシデントが発生。立ち上がりからニューカッスルのプレーヤーとバチバチやり合っていたデレ・アリに対して、シェルヴェイがプレーの止まっていた状況で足首を故意に踏みつける愚行を犯しレッドカードが掲示され、ホームチームは残り45分近くを1人少ない状況で戦うことになった。

▽数的優位を手にしたトッテナムは、51分にエリクセンの縦パスが相手DFに当たってゴール前のケインにこぼれるが、このボレーシュートはGKエリオットのビッグセーブに遭う。攻撃のギアを上げたいポチェッティーノ監督は58分、古巣対戦のムサ・シッソコを下げて右腕の骨折でプレシーズンをリハビリに費やしたソン・フンミンをぶっつけ本番で投入した。

▽すると61分、トッテナムに待望の先制点が生まれる。ボックス手前右でボールを受けたエリクセンがゴール左に走り込むデレ・アリに絶妙な浮き球のパスを送ると、これをデレ・アリが左足のスライディングボレーで流し込んだ。

▽数的優位に加えて、リードを手にしたトッテナムは、ここから攻勢を強めていく。70分にはデンベレの縦パスをスイッチにケイン、デレ・アリ、エリクセンとボックス付近の密集でダイレクトプレーをみせ、最後はエリクセンのコントロールが大きくなったところを、ゴール前に詰めたデイビスが右足で蹴り込んで貴重な追加点を奪った。

▽その後、殊勲のデレ・アリを下げてワニャマをピッチに送り込み試合をクローズにかかるトッテナムは、試合終了間際にソン・フンミンとケインの連携から3点目に迫るが、ケインのシュートが左ポストを叩くなど、エースに開幕戦でゴールは生まれず。それでも、ニューカッスルとの因縁対決を制したトッテナムが快勝スタートを飾り、次節のチェルシー戦に向けて弾みを付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリーがW杯で株急騰のトリッピアーをマーク?

▽トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(27)にレアル・マドリー移籍の可能性が急浮上した。イギリス『サン』が報じた。 ▽2015年からトッテナムでプレーするトリッピアーは、今夏のロシア・ワールドカップでベスト4入りしたイングランド代表の一員として、抜群のキック精度を披露。グループステージ最終節のベルギー代表戦を除く6試合に出場し、準々決勝のクロアチア代表戦で直接FKから得点もマークした。 ▽今夏にレアル・ソシエダからスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラを獲得したレアル・マドリーだが、トリッピアーにも興味を示している様子。トッテナムは、2022年まで残すトリッピアーを手放すとなれば、移籍金5000万ポンド(約73億1000万円)を求めるとみられる。 2018.07.22 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズが来週中に逸材グリーリッシュ獲得決定へ! 今夏1人目の補強選手に

▽トッテナムがアストン・ビラに所属するイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(22)の獲得を決定的なものとしたようだ。イギリス『ミラー』は、来週中に移籍が完了する見通しであると主張している。 ▽アストン・ビラのアカデミー出身である攻撃的MFのグリーリッシュは、16歳でトップチーム昇格を果たした将来を嘱望されるタレント。ピッチ外での問題行為が目立つ一方、ピッチ内では卓越したテクニックと創造性を発揮するイングランドでは珍しいファンタジスタタイプのチャンスメーカーだ。昨季は腎臓の問題でシーズン序盤戦を棒に振るも、チャンピオンシップ(イングランド2部)で27試合に出場し3ゴール5アシストを記録した。 ▽『ミラー』が伝えるところによれば、トッテナムはアメリカでのプレシーズンツアーを前に交渉を完了したかったものの、チームがアメリカに出発する22日を前に成立する可能性は低いという。それでも、来週中に3000万ポンド(約43億8000万円)前後の金額での移籍成立が決定的なようだ。 ▽なお、毎年移籍市場でスロースタートのトッテナムにとってグリーリッシュは今夏1人目の補強選手になる模様だ。 2018.07.21 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムがラメラと2022年まで契約延長

▽トッテナムは20日、元アルゼンチン代表MFエリク・ラメラ(26)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽2013年8月にローマからトッテナムに加入したレフティーのドリブラーであるラメラは、これまでトッテナムで公式戦154試合に出場して23ゴール38アシストを記録。2017-18シーズンは負傷で出遅れながらもプレミアリーグで25試合に出場して2ゴール4アシスト、FAカップで6試合に出場して2ゴール3アシストと準主力として活躍していた。 ▽また、2011年5月にデビューを飾ったアルゼンチン代表としてはこれまで23試合に出場して3ゴールを記録。ただ、2016年10月を最後に代表には選出されていない。 ▽トッテナムでは同日、韓国代表FWソン・フンミンとも2023年まで契約を延長していた。 2018.07.21 01:19 Sat
twitterfacebook
thumb

韓国代表ソン・フンミンがトッテナムと2023年まで契約延長

▽トッテナムは20日、韓国代表FWソン・フンミン(26)と2023年まで契約延長したことを発表した。 ▽2015年にレバークーゼンから加入したソン・フンミンは、これまで公式戦140試合に出場し47ゴールを記録。3度の韓国サッカー協会年間最優秀選手に選出されるなど、同国史上最高傑作の呼び声も高い。 ▽韓国代表でのデビューは2010年12月のシリア代表戦。通算キャップ数は70を数え23ゴールを奪っている。今回のロシア・ワールドカップでは全3試合に出場し、メキシコ代表戦とドイツ代表戦でゴールを挙げた。 ▽ソン・フンミンは現在、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)参加のためにアメリカツアーに帯同中。来月11日にプレミアリーグ開幕節のニューカッスル戦を戦った後、インドネシアで行われるアジア競技大会のため、韓国代表に合流する予定となっている。 2018.07.20 21:21 Fri
twitterfacebook
thumb

文句なしでイングランドのベストプレーヤー! トリッピアーが今大会出場選手最多の決定機演出

▽イングランド代表は14日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)3位決定戦でベルギー代表に0-2で敗れ、今大会を4位でフィニッシュした。下馬評はそこまで高くなかったイングランドの健闘の中でトッテナムDFキーラン・トリッピアーの貢献度は非常に高かった。 ▽今大会右ウイングバックのレギュラーとしてプレーしたトリッピアーは、グループリーグ最終節のベルギー戦を除く6試合に出場。豊富な運動量と安定した守備に加え、ビルドアップの局面では正確なパスを散らした。さらに、チュニジア代表との開幕戦では先制点をアシストし、準決勝のクロアチア代表戦では見事な直接FKで今大会初ゴールを記録した。 ▽さらにイギリス『BBC』のサッカー番組『Match of the Day』の伝えるところによれば、トリッピアーは今大会を通じて24回の決定機を演出しており、これは今大会出場選手中最多の記録となったという。 ▽今回のW杯では得点ランキングトップの6ゴールを記録したエースでキャプテンのトッテナムFWハリー・ケイン、再三の好守を連発した若き守護神のエバートンGKジョーダン・ピックフォードの活躍も見事だったが、攻守両面で異次元の働きぶりを見せたトリッピアーこそスリーライオンズのベストプレーヤーに相応しいのかもしれない。 2018.07.15 14:49 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース