デレ・アリ&デイビス弾でスパーズが快勝スタート! 昨季2部王者ニューカッスルはシェルヴェイ愚行退場響く…《プレミアリーグ》2017.08.13 23:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕節、ニューカッスルvsトッテナムが13日にセント・ジェイムズ・パークで行われ、アウェイのトッテナムが2-0で勝利した。

▽昨シーズン、攻守に完成度の高さを披露しながらも2位でシーズンを終えたトッテナムは、悲願のタイトル奪取を目指す今季の開幕戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝で1年でのプレミア復帰を決めたニューカッスルとのアウェイゲームに臨んだ。

▽ポチェッティーノ監督は一昨シーズンの最終節で大敗し、アーセナルに抜かれて3位に甘んじるキッカケとなった因縁の相手との一戦に向けて現状のベストメンバーを起用。ウォーカーの移籍とトリッピアーの負傷で懸念の右サイドにはこれがトップチームデビューとなるウォーカー=ピータースを抜擢。GKにはロリス、4バックにはウォーカー=ピータース、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、ベン・デイビス。中盤はダイアーとデンベレがセントラルMFに入り、2列目はムサ・シッソコ、エリクセン、デレ・アリ。1トップにエースのケインが入った。

▽一方、ベニテス体制3年目でまずはプレミア残留を決めたいニューカッスルは、ゲイルやシェルヴェイ、リッチーら昨季の主力に加え、今夏加入のマンキージョやルジューヌら新戦力がスタメン入りを果たした。

▽ホームでの開幕戦で盛り上がるホームサポーターの後押しを受けたニューカッスルが、開始直後にゲイルのシュートでチャンスを作るなど、積極的な入りを見せるが、5分過ぎにハムストリングを痛めたDFダメットがプレー続行不可能となり、DFラッセルズの緊急投入を余儀なくされた。

▽その後はボールを保持するトッテナムと堅守速攻で応戦するニューカッスルという構図の下、拮抗した攻防が繰り広げられていく。その中でトッテナムはボックス付近でエリクセン、デンベレ、デレ・アリとフィニッシュの場面を作り出すが、相手守備を崩し切るまでには至らず。

▽その後、ケインとの接触で負傷したDFルジューヌがプレー続行不可能となり、30分過ぎにニューカッスルが2枚目の交代カードでDFムベンバの投入を余儀なくされるなど、厳しい状況を強いられる。だが、前半終盤のエリクセンのシュートをGKエリオットが冷静に凌ぎ前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、開始早々にアクシデントが発生。立ち上がりからニューカッスルのプレーヤーとバチバチやり合っていたデレ・アリに対して、シェルヴェイがプレーの止まっていた状況で足首を故意に踏みつける愚行を犯しレッドカードが掲示され、ホームチームは残り45分近くを1人少ない状況で戦うことになった。

▽数的優位を手にしたトッテナムは、51分にエリクセンの縦パスが相手DFに当たってゴール前のケインにこぼれるが、このボレーシュートはGKエリオットのビッグセーブに遭う。攻撃のギアを上げたいポチェッティーノ監督は58分、古巣対戦のムサ・シッソコを下げて右腕の骨折でプレシーズンをリハビリに費やしたソン・フンミンをぶっつけ本番で投入した。

▽すると61分、トッテナムに待望の先制点が生まれる。ボックス手前右でボールを受けたエリクセンがゴール左に走り込むデレ・アリに絶妙な浮き球のパスを送ると、これをデレ・アリが左足のスライディングボレーで流し込んだ。

▽数的優位に加えて、リードを手にしたトッテナムは、ここから攻勢を強めていく。70分にはデンベレの縦パスをスイッチにケイン、デレ・アリ、エリクセンとボックス付近の密集でダイレクトプレーをみせ、最後はエリクセンのコントロールが大きくなったところを、ゴール前に詰めたデイビスが右足で蹴り込んで貴重な追加点を奪った。

▽その後、殊勲のデレ・アリを下げてワニャマをピッチに送り込み試合をクローズにかかるトッテナムは、試合終了間際にソン・フンミンとケインの連携から3点目に迫るが、ケインのシュートが左ポストを叩くなど、エースに開幕戦でゴールは生まれず。それでも、ニューカッスルとの因縁対決を制したトッテナムが快勝スタートを飾り、次節のチェルシー戦に向けて弾みを付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

スパーズ、今夏2人目の補強はアルゼンチンの19歳DFか…PSGやインテルも関心

▽トッテナムが、アルゼンチンのエストゥディアンテスに所属するU-20アルゼンチン代表DFフアン・フォイス(19)の獲得に近づいているという。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ▽先日、アヤックスからコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(21)を獲得し、今夏ようやく1人目の補強を成功させたトッテナム。マウリシオ・ポチェッティーノ監督も、「終わりまでに3、4人の獲得を考えている」と明言し、更なる補強が期待される中、2人目の新戦力となるのは、アルゼンチンの若手センターバックなのかもしれない。 ▽昨シーズンにプロデビューを果たしたばかりのフォイスは、187cmという長身と、ディフェンスラインからのビルドアップを得意とする選手。今年1月から2月にかけて行われていたU-20南米選手権や、5月に行われたU-20ワールドカップでも主力として出場した。このアルゼンチンの期待の若手にはトッテナムのほか、パリ・サンジェルマンやインテルからも関心が寄せられているようだ。 2017.08.19 15:19 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミア第2節プレビュー】スパーズvsチェルシーが開催!

▽開幕節1番のトピックは何といっても王者チェルシーの黒星スタート。前年チャンピオンは2選手の退場もあり、バーンリーに不覚をとった。一方で、昨季からの巻き返しを期するマンチェスター勢は共に快勝。アーセナルとスパーズのノースロンドン勢も白星発進に成功したが、リバプールはドロースタートとなっている。迎える今節、注目はスパーズvsチェルシーのロンドン・ダービーだ。 ▽チェルシーは前節、ホームにバーンリーを迎えたが、2-3で敗戦。この試合で一発退場となったケイヒル、そして2枚のイエローカードで退場したセスクが今節も起用できない。さらに、マティッチを放出したセントラルMFのポジションはバカヨコも負傷中で起用できないため、主力級はカンテのみとなっている。スパーズの強力攻撃陣を抑えるため、コンテ監督がどのような人選、システムで臨むのか注目だ。 ▽一方のスパーズはニューカッスルとのアウェイ戦をデレ・アリとベン・デイビスのゴールにより2-0で制し、上々のスタートをきった。いつも序盤戦にゴールができないケインが開幕節にネットを揺らせなかったのは残念だが、ウォーカーを放出した上にトリッピアーが負傷中の右サイドバックでは若手のカイル・ウォーカー=ピータースがまずまずのパフォーマンスを披露。新スタジアム建設中で今季にホームとなるウェンブリーでの戦いは未知数だが、王者を連敗に追い込む勝利を手にすれば最高のスタートとなる。 ▽ユナイテッドはウェールズに赴いてのスウォンジー戦。開幕節では、新戦力のルカクが2発、さらにマルシャルとポグバにもゴールが生まれ、4-0と大勝した。そして何よりも明るい材料が、新加入のマティッチが秀逸なパフォーマンスを披露して早くもチームのオーガナイザーとして輝いたことだろう。昨季よりも着実に戦力を上げたチームはカウンターの威力もアップ。開幕節のサウサンプトン戦をドローで終えたスウォンジーとのアウェイ戦でも3ポイントを見据えることができる状況だ。 ▽マンデーナイトのシティvsエバートンも注目だ。シティは開幕節、昇格組のブライトンを相手にアグエロのゴールとオウンゴールで2-0と完勝した。スターリングやサネ、ベルナルド・シルバが途中出場した開幕節からも分かる通り、選手層とその質の高さを改めて感じさせた。エバートン戦では、相手もより前に出てくることでスペースが生まれるため、格下に引かれる試合より攻撃力が生きる展開となりそうだ。対するエバートンは、新戦力GKピックフォードの活躍と復帰したルーニーの決勝弾でストークに1-0で勝利した。ここでシティに一泡ふかすようなら、早くも今季のプレミアに旋風を巻き起こす候補として注目を浴びることになるだろう。 ▽そのほか、レスター・シティとの激しい打ち合いを4-3で制したアーセナルは、ストークとのアウェイ戦。ワトフォード戦の3-3ドローから今季初勝利を狙うリバプールは、開幕節でハダースフィールドに0-3で敗れたフランク・デ・ブール率いるクリスタル・パレスをアンフィールドに迎える。そして、レスターはホームでのブライトン戦。イヘアナチョを退けて開幕スタメンとなって結果を残した岡崎の2戦連続弾に期待だ。 ◆プレミアリーグ第2節 ▽8/19(土) 《20:30》 スウォンジー vs マンチェスター・ユナイテッド 《23:00》 リバプール vs クリスタル・パレス レスター・シティ vs ブライトン バーンリー vs WBA ボーンマス vs ワトフォード サウサンプトン vs ウェストハム 《25:30》 ストーク・シティ vs アーセナル ▽8/20(日) 《21:30》 ハダースフィールド vs ニューカッスル 《24:00》 トッテナム vs チェルシー ▽8/21(月) 《28:00》 マンチェスター・シティ vs エバートン 2017.08.19 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムがコロンビアの逸材DFダビンソン・サンチェス獲得、今夏の補強第一号

▽トッテナムは18日、アヤックスに所属するコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(21)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月までの6年間となっている。移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば4000万ポンド(約56億2000万円)とのことだ。 ▽2014年に母国のアトレティコ・ナシオナルでプロキャリアをスタートしたD・サンチェスは昨夏、アヤックスに加入。昨シーズンの公式戦46試合に出場して6ゴール2アシストの記録を残した。 ▽そのD・サンチェスはトッテナムの公式サイトで次のように加入の喜びを語っている。 「アヤックスの監督、フロント、チームメート、サポーターに感謝したい。トッテナムに移籍できたのはアヤックスで成長できたからだ。そして、トッテナムのような有名なクラブと契約でき、とても興奮している。ポチェッティーノ監督やチームメートと早く会えることを楽しみにしている」 ▽トッテナムの今夏の補強第一号となったD・サンチェスは、187cmの恵まれた体躯を誇る若きセンターバック。卓越したパワーとスピードを生かした対人守備や、ビルドアップ能力にも長けるDFで、バルセロナやインテルの関心も伝えられてきた逸材だ。 2017.08.19 01:53 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムがコロンビアの逸材DFダビンソン・サンチェス獲得へ合意! 今夏の補強第一号か

▽イギリス『スカイ・スポーツ』は、トッテナムがアヤックスに所属するコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(21)の獲得合意を報じた。 ▽報道によると、合意額は4000万ポンド(約56億2000万円)。アヤックスはD・サンチェスの残留を望んでいたものの、最終的に流失を余儀なくされた格好だ。一方で、トッテナムがD・サンチェス獲得となれば、今夏の補強第一号となる。 ▽2014年に母国のアトレティコ・ナシオナルでプロキャリアをスタートしたD・サンチェスは昨夏、アヤックスに加入。昨シーズンの公式戦46試合に出場して6ゴール2アシストの記録を残した。 ▽D・サンチェスは、187cmの恵まれた体躯を誇る若きセンターバック。卓越したパワーとスピードを生かした対人守備や、ビルドアップ能力にも長けるDFで、バルセロナやインテルの関心も伝えられてきた逸材だ。 2017.08.18 16:49 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、スパーズの左SBダニー・ローズに興味か

▽チェルシーが、トッテナムのイングランド代表DFダニー・ローズ(27)の獲得に興味を持っているという。イギリス『サン』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、チェルシーはダニー・ローズ獲得に5000万ポンド(約71億2000万円)を用意。ユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ(26)の獲得に動いていたとされる同クラブだが、なかなか交渉が進まないことから、ターゲットを変更したようだ。 ▽また、『サン』の取材に応じたダニー・ローズは、トッテナムに対する不満を吐露。まだ一度も優勝を経験したことがない同選手は、クラブが優勝のための新戦力を補強しないことにフラストレーションを感じているようだ。 ▽なお。チェルシーは20日にプレミアリーグ第2節のトッテナム戦を控えており、その試合の後、正式なオファーを出す予定のようだ。 2017.08.16 17:23 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース