デレ・アリ&デイビス弾でスパーズが快勝スタート! 昨季2部王者ニューカッスルはシェルヴェイ愚行退場響く…《プレミアリーグ》2017.08.13 23:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕節、ニューカッスルvsトッテナムが13日にセント・ジェイムズ・パークで行われ、アウェイのトッテナムが2-0で勝利した。

▽昨シーズン、攻守に完成度の高さを披露しながらも2位でシーズンを終えたトッテナムは、悲願のタイトル奪取を目指す今季の開幕戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝で1年でのプレミア復帰を決めたニューカッスルとのアウェイゲームに臨んだ。

▽ポチェッティーノ監督は一昨シーズンの最終節で大敗し、アーセナルに抜かれて3位に甘んじるキッカケとなった因縁の相手との一戦に向けて現状のベストメンバーを起用。ウォーカーの移籍とトリッピアーの負傷で懸念の右サイドにはこれがトップチームデビューとなるウォーカー=ピータースを抜擢。GKにはロリス、4バックにはウォーカー=ピータース、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、ベン・デイビス。中盤はダイアーとデンベレがセントラルMFに入り、2列目はムサ・シッソコ、エリクセン、デレ・アリ。1トップにエースのケインが入った。

▽一方、ベニテス体制3年目でまずはプレミア残留を決めたいニューカッスルは、ゲイルやシェルヴェイ、リッチーら昨季の主力に加え、今夏加入のマンキージョやルジューヌら新戦力がスタメン入りを果たした。

▽ホームでの開幕戦で盛り上がるホームサポーターの後押しを受けたニューカッスルが、開始直後にゲイルのシュートでチャンスを作るなど、積極的な入りを見せるが、5分過ぎにハムストリングを痛めたDFダメットがプレー続行不可能となり、DFラッセルズの緊急投入を余儀なくされた。

▽その後はボールを保持するトッテナムと堅守速攻で応戦するニューカッスルという構図の下、拮抗した攻防が繰り広げられていく。その中でトッテナムはボックス付近でエリクセン、デンベレ、デレ・アリとフィニッシュの場面を作り出すが、相手守備を崩し切るまでには至らず。

▽その後、ケインとの接触で負傷したDFルジューヌがプレー続行不可能となり、30分過ぎにニューカッスルが2枚目の交代カードでDFムベンバの投入を余儀なくされるなど、厳しい状況を強いられる。だが、前半終盤のエリクセンのシュートをGKエリオットが冷静に凌ぎ前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、開始早々にアクシデントが発生。立ち上がりからニューカッスルのプレーヤーとバチバチやり合っていたデレ・アリに対して、シェルヴェイがプレーの止まっていた状況で足首を故意に踏みつける愚行を犯しレッドカードが掲示され、ホームチームは残り45分近くを1人少ない状況で戦うことになった。

▽数的優位を手にしたトッテナムは、51分にエリクセンの縦パスが相手DFに当たってゴール前のケインにこぼれるが、このボレーシュートはGKエリオットのビッグセーブに遭う。攻撃のギアを上げたいポチェッティーノ監督は58分、古巣対戦のムサ・シッソコを下げて右腕の骨折でプレシーズンをリハビリに費やしたソン・フンミンをぶっつけ本番で投入した。

▽すると61分、トッテナムに待望の先制点が生まれる。ボックス手前右でボールを受けたエリクセンがゴール左に走り込むデレ・アリに絶妙な浮き球のパスを送ると、これをデレ・アリが左足のスライディングボレーで流し込んだ。

▽数的優位に加えて、リードを手にしたトッテナムは、ここから攻勢を強めていく。70分にはデンベレの縦パスをスイッチにケイン、デレ・アリ、エリクセンとボックス付近の密集でダイレクトプレーをみせ、最後はエリクセンのコントロールが大きくなったところを、ゴール前に詰めたデイビスが右足で蹴り込んで貴重な追加点を奪った。

▽その後、殊勲のデレ・アリを下げてワニャマをピッチに送り込み試合をクローズにかかるトッテナムは、試合終了間際にソン・フンミンとケインの連携から3点目に迫るが、ケインのシュートが左ポストを叩くなど、エースに開幕戦でゴールは生まれず。それでも、ニューカッスルとの因縁対決を制したトッテナムが快勝スタートを飾り、次節のチェルシー戦に向けて弾みを付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

スパーズ、DFダビンソン・サンチェス加入を公式発表! 「自分のキャリアにおいて大きなステップアップ」

▽トッテナムは23日、アヤックスからコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(21)の獲得を発表した。背番号は「6」に決定。契約期間は2023年6月までの6年となる。 ▽アヤックス出身のDFトビー・アルデルヴァイレルトとDFヤン・ヴェルトンゲンと共にスパーズの最終ラインを支えることになるサンチェスは、クラブ公式サイトで意気込みを語った。 「今回の移籍は僕にとってとても大きなチャンスだ。トッテナムはイングランドだけでなく、世界を代表するクラブの1つだからね」 「自分のキャリアにおいて大きなステップアップになると思っているよ。自分の成長や大きなことを成し遂げるチャンスを与えられたと思うし、とにかく大きなチャンスだよ」 ▽2014年に母国のアトレティコ・ナシオナルでプロキャリアをスタートしたD・サンチェスは昨夏、アヤックスに加入。昨シーズンの公式戦46試合に出場して6ゴール2アシストの記録を残した。 ▽トッテナムの今夏の補強第一号となったサンチェスは、187cmの恵まれた体躯を誇る若きセンターバック。卓越したパワーとスピードを生かした対人守備や、ビルドアップ能力にも長けるDFで、バルセロナやインテルの関心も伝えられてきた逸材だ。なお、イギリス『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、移籍金はクラブ史上最高額の3840万ポンド(約53億6000万円)となったようだ。 2017.08.24 05:03 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズが今夏2人目の補強! ポチェ古巣セインツからGKガッサニーガ獲得!

▽トッテナムは23日、サウサンプトンからアルゼンチン人GKパウロ・ガッサニーガ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽バレンシアの下部組織出身のガッサニーガは、2011年にイングランド下部カテゴリーのジリンガムに加入。2012年にサウサンプトンに完全移籍を果たすと、同年9月にプレミアリーグデビューを飾った。サウサンプトンでは在籍4年間で公式戦23試合に出場していた。昨シーズンは、スペイン2部のラージョへレンタル移籍し、リーグ戦22試合に出場していた。 ▽なお、サウサンプトン時代に現トッテナム指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ監督やコーチングスタッフの指導を受けていた同選手は、フランス代表GKウーゴ・ロリス、オランダ代表GKミシェル・フォルムに次ぐ、第3GKを務めることになる。 2017.08.23 22:39 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、新鋭カイル・ウォーカー=ピータースと契約延長

▽トッテナムは23日、U-20イングランド代表DFカイル・ウォーカー=ピータース(20)との契約を2020年まで延長したことを発表した。 ▽トッテナムユースのウォーカー=ピータースは、今シーズンのプレミアリーグ開幕節、ニューカッスル戦でリーグデビュー。2-0の勝利に貢献してマン・オブ・ザ・マッチに輝くなど、その存在を大きくアピールした。優れた足元の技術やタイミングのいい攻撃参加が持ち味の選手で、DFカイル・ウォーカーを流出したチームでの飛躍が期待されている選手だ。 2017.08.23 17:46 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムがバークリー獲得に28億円入札か、しかし隣の青いチームも…

▽トッテナムが、エバートンのイングランド代表MFロス・バークリー(23)の獲得に2000万ポンド(約28億円)の移籍金を用意しているようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えた。 ▽先日、トッテナムはコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスを獲得し、今夏1人目の補強を成功させた。『テレグラフ』によると、さらなるスカッドの強化を図る同クラブは、前々から噂されてきたバークリー獲得に着手。ダニエル・レヴィ会長は2000万ポンド(約28億円)を元手に、場合によっては800万ポンド(約11億2000万円)追加し、獲得に乗り出す構えであり、今週中に会談が行われる予定となっている。 ▽しかし、バークリーに興味を示しているクラブはトッテナムだけではなく、同じロンドンのライバルであるチェルシーも長らく動向をチェックしており、獲得レースの激戦は必至だ。そのチェルシーは、個人間での契約合意に動いているようで、バークリーに対して週給10万ポンド(約1400万円)を用意しているという。 ▽また、エバートン側は当初、5000万ポンドの移籍金を望んでいたが、残りの契約年数が1年となっており、引き下げを検討している模様。新たに3000万ポンドと見積もっているが、バークリー自身はハムストリングの負傷で長期離脱を強いられており、さらなる移籍金の引き下げが行われる可能性がある。 ▽なお、『テレグラフ』によると、トッテナムはバークリーの他にも、フルハムのU-19イングランド代表DFライアン・セセニョン(17)や、エストゥディアンテスのU-20アルゼンチン代表DFフアン・フォイス(19)、サウサンプトンのアルゼンチン人GKパウロ・ガッサニーガ(25)にも注目しているという。 2017.08.23 16:21 Wed
twitterfacebook
thumb

ガスコイン氏が現役時代の驚きのルーティーンを告白! 同僚の○○を握る!?

▽現役時代にトッテナムやニューカッスル、レンジャーズなどで活躍した元イングランド代表MFポール・ガスコイン氏が、現役時代にイングランド代表で行っていた驚きのルーティーンを告白した。イギリス『サン』が伝えている。 ▽現役時代に“ガッザ”の愛称で知られ、当時キック・アンド・ラッシュ全盛期のイングランドで卓越した技術と創造性で多くのフットボールファンを魅了したガスコイン氏。現役引退後にアルコール依存症に苦しめられるなど、エキセントリックな性格や行動でも注目を集めた同氏は、現役時代の一風変わったルーティーンを紹介した。 ▽昨年、亡くなった甥の死をキッカケにジェイ・レノン財団を設立したガスコイン氏は、ニューカッスルで行われたチャリティー・イベントで、イングランド代表時代に、ロッカールームで同僚FWレズ・ファーディナンドの股間を握ってから試合に臨んでいたことを明かした。 「ロッカールームに居た時、レズ・ファーディナンドがちょうど服を脱いでいたんだ。たまたま、彼の下半身を見た時、彼の股間のサイズは衝撃的なものだった。彼の“モノ”を見た時、私は自分の“モノ”の小ささを感じさせられた」 「私は彼の“モノ”のサイズにあまりに感銘を覚えたので、レズのところに行って『どうか、景気づけに君の“モノ”を握らせてくれ』って頼んだよ。その試合で私は美技を連発し、ゴールも決めたんだ。彼の“モノ”のご利益は素晴らしかった。だから、次のウェンブリーでもレズに同じことを頼んだんだ」 ▽なお、1993年から1998年までイングランド代表で共にプレーしたガスコイン氏とファーディナンド氏は、12試合に出場して5ゴールを記録。ガスコイン氏が、1988年から1998年までの代表在籍期間に通算57試合に出場し10ゴールの記録を残していたことを考えると、ファーディナンド氏の“モノ”のご利益は確かにあったのかもしれない。 ▽現役時代にQPRやニューカッスル、トッテナムなどで活躍し、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏の従兄弟としても知られるファーディナンド氏は、今回の逸話に関して、「それはナンセンスだね。そんなことは起こらなかったよ。彼は夢の世界にでも行っていたんじゃないのかな」と笑いながら否定している。 2017.08.21 23:45 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース