デレ・アリ&デイビス弾でスパーズが快勝スタート! 昨季2部王者ニューカッスルはシェルヴェイ愚行退場響く…《プレミアリーグ》2017.08.13 23:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕節、ニューカッスルvsトッテナムが13日にセント・ジェイムズ・パークで行われ、アウェイのトッテナムが2-0で勝利した。

▽昨シーズン、攻守に完成度の高さを披露しながらも2位でシーズンを終えたトッテナムは、悲願のタイトル奪取を目指す今季の開幕戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝で1年でのプレミア復帰を決めたニューカッスルとのアウェイゲームに臨んだ。

▽ポチェッティーノ監督は一昨シーズンの最終節で大敗し、アーセナルに抜かれて3位に甘んじるキッカケとなった因縁の相手との一戦に向けて現状のベストメンバーを起用。ウォーカーの移籍とトリッピアーの負傷で懸念の右サイドにはこれがトップチームデビューとなるウォーカー=ピータースを抜擢。GKにはロリス、4バックにはウォーカー=ピータース、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、ベン・デイビス。中盤はダイアーとデンベレがセントラルMFに入り、2列目はムサ・シッソコ、エリクセン、デレ・アリ。1トップにエースのケインが入った。

▽一方、ベニテス体制3年目でまずはプレミア残留を決めたいニューカッスルは、ゲイルやシェルヴェイ、リッチーら昨季の主力に加え、今夏加入のマンキージョやルジューヌら新戦力がスタメン入りを果たした。

▽ホームでの開幕戦で盛り上がるホームサポーターの後押しを受けたニューカッスルが、開始直後にゲイルのシュートでチャンスを作るなど、積極的な入りを見せるが、5分過ぎにハムストリングを痛めたDFダメットがプレー続行不可能となり、DFラッセルズの緊急投入を余儀なくされた。

▽その後はボールを保持するトッテナムと堅守速攻で応戦するニューカッスルという構図の下、拮抗した攻防が繰り広げられていく。その中でトッテナムはボックス付近でエリクセン、デンベレ、デレ・アリとフィニッシュの場面を作り出すが、相手守備を崩し切るまでには至らず。

▽その後、ケインとの接触で負傷したDFルジューヌがプレー続行不可能となり、30分過ぎにニューカッスルが2枚目の交代カードでDFムベンバの投入を余儀なくされるなど、厳しい状況を強いられる。だが、前半終盤のエリクセンのシュートをGKエリオットが冷静に凌ぎ前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、開始早々にアクシデントが発生。立ち上がりからニューカッスルのプレーヤーとバチバチやり合っていたデレ・アリに対して、シェルヴェイがプレーの止まっていた状況で足首を故意に踏みつける愚行を犯しレッドカードが掲示され、ホームチームは残り45分近くを1人少ない状況で戦うことになった。

▽数的優位を手にしたトッテナムは、51分にエリクセンの縦パスが相手DFに当たってゴール前のケインにこぼれるが、このボレーシュートはGKエリオットのビッグセーブに遭う。攻撃のギアを上げたいポチェッティーノ監督は58分、古巣対戦のムサ・シッソコを下げて右腕の骨折でプレシーズンをリハビリに費やしたソン・フンミンをぶっつけ本番で投入した。

▽すると61分、トッテナムに待望の先制点が生まれる。ボックス手前右でボールを受けたエリクセンがゴール左に走り込むデレ・アリに絶妙な浮き球のパスを送ると、これをデレ・アリが左足のスライディングボレーで流し込んだ。

▽数的優位に加えて、リードを手にしたトッテナムは、ここから攻勢を強めていく。70分にはデンベレの縦パスをスイッチにケイン、デレ・アリ、エリクセンとボックス付近の密集でダイレクトプレーをみせ、最後はエリクセンのコントロールが大きくなったところを、ゴール前に詰めたデイビスが右足で蹴り込んで貴重な追加点を奪った。

▽その後、殊勲のデレ・アリを下げてワニャマをピッチに送り込み試合をクローズにかかるトッテナムは、試合終了間際にソン・フンミンとケインの連携から3点目に迫るが、ケインのシュートが左ポストを叩くなど、エースに開幕戦でゴールは生まれず。それでも、ニューカッスルとの因縁対決を制したトッテナムが快勝スタートを飾り、次節のチェルシー戦に向けて弾みを付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

レアルGKナバス、トッテナム戦の引き分けに「満足できない」…来月の再戦に向け意気込み

レアル・マドリーGKケイラー・ナバスは、トッテナム戦の結果は満足できるものではないと語っている。<br><br>17日に行われたチャンピオンズリーグのグループステージ第3節で、レアル・マドリーはホームでトッテナムと対戦。ラファエル・ヴァランのオウンゴールで先制点を許したマドリーだが、45分にクリスティアーノ・ロナウドがPKから得点を挙げて追いつき、グループHの首位攻防戦は1-1の引き分けに終わった。<br><br>FWハリー・ケインの決定機を何度も防ぐなど、勝ち点1の獲得に貢献したナバスは、試合後『アンテナ3』で「この結果に満足なんてできない。僕たちは勝利を求めていたよ。神様のおかげで良いプレーはできた」とパフォーマンスを評価したものの、ホームでの引き分けに不満があると語った。<br><br>続けて「彼らにもチャンスはあったし、僕らもそうだった。とても良い試合だったと思う。(ウーゴ・)ロリスはいくつかビッグセーブを見せていた。何度かチャンスがあったが、思うようにはいかなかった。常にクリーンシートを目指しているが、(失点の場面は)どうしようもなかった。でも、次は得点を許さず、勝利できることを願っている」とコメントを残している。<br><br>この引き分けで、マドリーとトッテナムはともに2勝1分けの勝ち点7で並んでいる。この2チームは、2週間後の11月1日にウェンブリー・スタジアムで再び激突する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:37 Wed
twitterfacebook
thumb

「ポチェッティーノは世界のどんなクラブでも指揮できる」レドナップ氏が大絶賛

▽かつてリバプールでプレーした元イングランド代表MFのジェイミー・レドナップ氏が、トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督を称賛している。 ▽ポチェッティーノ監督は、2014年5月にサウサンプトンからトッテナムの指揮官に就任。すると就任2年目にはプレミアリーグ3位、3年目となった昨シーズンには2位に食い込むなど、トッテナムを優勝争いに加わるだけのチームに引き上げた。今シーズンに関しても開幕8試合で3位と好位置をキープしている。 ▽さらに今シーズンは、昨シーズングループステージ敗退に終わったチャンピオンズリーグでもここまでの3試合で2勝1分けと好スタートを切り、レアル・マドリーと並んでグループHの首位に立っている。 ▽そんな中、イギリス『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるレドナップ氏は、同局の番組内でポチェッティーノ監督を「世界のどんなクラブも指揮できる」と絶賛した。 「みんながポチェッティーノについて話している。彼はどの指揮官にも劣らずそこにいる。世界のどんなクラブでも間違いなく指揮することができる。トッテナムは運が良いよ。彼らは選手の成長という部分でも最高の監督を持っている。彼には誰にも劣らないくらい、選手を改善し、戦術にも長けた能力を持っている」 ▽一方で、優秀な指揮官なだけに、他クラブが興味を持つことを危惧。トッテナムがポチェッティーノ監督を留まらせるために気を配らなくてはいけないと主張している。 「ポチェッティーノには気を配ってほしい。多くの人はハリー・ケインがレアル・マドリーに行くかもしれないと思っているだろうが、ポチェッティーノにも気を配らないと同じことになるかもしれない。我々は同じレベルで彼について話している」 「トッテナムはポチェッティーノと同じくらい野心的でなくてはいけない。ただ、トッテナムは次のレベルに上がるために、スタジアムを新しくするなど、彼がトッテナムに留まりたいと思うように努力している」 「ダニエル・レヴィ会長は、チームに投資して、ポチェッティーノの望みを尊重しなくてはいけないね」 2017.10.18 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナム指揮官、マドリーとのドローに大きな手応え「対等に戦っていけることを証明した」

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、レアル・マドリーとのドローに手応えを感じているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽トッテナムは17日、チャンピオンズリーグ・グループH第3節でマドリーとのアウェイ戦に臨んだ。連勝同士で迎えた一戦は28分、オーリエの右サイドからのクロスがオウンゴールを誘発して敵地で先制に成功。しかし、43分にクリスティアーノ・ロナウドにPKを決められてしまい試合を振り出しに戻される。後半はマドリーに押し込まれる時間帯もあった中、トッテナムはGKウーゴ・ロリスの奮闘でなんとか耐え抜き、勝ち点1を持ち帰った。 ▽試合後、ポチェッティーノ監督はマドリーとの敵地での引き分けに満足感を示している。 「この試合は、メンタルの根本的な部分で我々が対等に戦っていけるということを証明する機会となった」 「トッテナムはまだ発展途中のチーム。昨シーズングループステージで奪った勝ち点7を、今シーズンは3試合で奪えている。昨シーズンは、興奮させるような試合ができず、とても残念だった。しかし、我々は大きく前進をしたし、ポテンシャルを高めている。それも非常に大きなモノにね」 「結果は最も重要なものではない。目的はレアル・マドリー相手に太刀打ちすることであり、なんとか成し遂げることができた。それが嬉しいよ」 2017.10.18 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ドロー決着も致し方なし…ジダン監督「2人の最高のGKがいた」

▽レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、チリ代表GKケイロル・ナバスとトッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスを褒め称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽レアル・マドリーは17日、チャンピオンズリーグ・グループH第3節でトッテナムとのホーム戦に臨んだ。連勝同士の一戦となった試合は、ヴァランのオウンゴールでトッテナムに先制点を許してしまうが、マドリーも43分にPKを獲得するとキッカーのクリスティアーノ・ロナウドがゴールネットを揺らして試合を振り出しに戻す。後半に入ると試合はより激しさを増したが、両チームともにマドリーのGKケイロル・ナバスとGKロリスの牙城を崩せず、そのまま試合終了。勝ち点1を分け合う結果となった。 ▽試合後、ジダン監督は「2人の最高のGKがいた」とチームのゴールを守り抜いたGKケイロル・ナバスを称えると共に、相手GKロリスの健闘にも称賛の言葉を送った。 「常にホームでは勝ちたいと思っていたため、結果に満足しているということはない。特に前半には得点チャンスがあった。ただ、ケイロル(・ナバス)と(ウーゴ・)ロリスという2人の最高のGKがいたね。彼らは良いプレーをしていた。それ以上のことはない。引き分けは正しい結果だよ」 「2人のGKは3、4本のチャンスを防いでいた。それは驚くことではない。ロリスは求められていた仕事をこなしていた。チャンスを作っていた我々にとっては残念だ。全体的に見ても奪った勝ち点が1つだけだったのは妥当なことだ」 「全て厳しい試合ばかりだが、特に今日のようなしっかりと守備をするチームとの対戦は特にそうだ。王者である以上、相手は250%の力で挑んでくるため、試合をより難しくさせる」 2017.10.18 12:12 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:レアル・マドリー 1-1 トッテナム《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節、レアル・マドリーvsトッテナムが17日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171018_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 6.5 相手GKの好守に触発され、3度のビッグセーブでチームを救う DF 19 アクラフ・ハキミ 5.5 CL初出場で及第点の出来。比較的マークが緩かっただけにもう少し攻撃で違いを生みたかった 5 ヴァラン 5.5 不運なオウンゴールに加え、やや緩慢な対応もあったが、大崩れせず 4 セルヒオ・ラモス 6.0 チームが前がかりな中で何とかリスク管理を取っていた 12 マルセロ 6.0 オーリエと好勝負を演じる。要所での正確なサイドチェンジがボディブローのように効いていた MF 10 モドリッチ 6.5 古巣対戦で活きの良い後輩たち相手に経験と戦術眼の差を見せ付けた 14 カゼミロ 6.5 セカンドボールの回収や球際での強さが目立った。2トップがきっちり決めていれば、2アシストだった 22 イスコ 6.0 後半半ばから少しバテたが、モドリッチと共に嫌らしいポジションで攻撃の起点となった (→L・バスケス -) 8 クロース 6.5 貴重なPK奪取。地味ながらも正確な捌きでボールポゼッションを安定させた FW 7 C・ロナウド 6.5 PKを決めて今季CL3戦連続ゴール。鋭い仕掛けや抜け出しも良かったが、ロリスから流れの中でゴールを奪えず 9 ベンゼマ 6.0 絶妙パスでPK奪取をお膳立て。だが、同胞ロリスのゴールを破れず (→アセンシオ -) 監督 ジダン 6.0 終始押し込んだ中の試合だったが、以前から評価する同胞守護神に勝ち点3奪取を阻まれる。ややカウンター対応の緩さも散見 ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171018_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 7.0 ベンゼマのヘッドを圧巻の反応で阻むなど、流れの中で得点を許さず DF 6 D・サンチェス 6.0 優れた身体能力を活かし最後の場面で粘り強く守った 15 E・ダイアー 6.0 ビルドアップの場面での貢献は少なかったが、守備では中央のエリアをきっちり締めた 4 アルデルヴァイレルト 6.0 ヴェルトンゲンとの鉄壁コンビで難しい対応が多かった中、最小失点で凌いだ MF 24 オーリエ 6.0 痛恨のPK奪取もオウンゴールを誘うクロスで帳消し。マルセロ相手に一歩も譲らず、再三の鋭い仕掛けでチャンスメーク 17 ムサ・シッソコ 6.0 屈強なフィジカルで中盤の守備を締めつつ、要所で鋭い飛び出しを披露 (→ソン・フンミン -) 29 ウィンクス 6.0 自身初のCLでのビッグマッチで慣れないアンカーポジションで奮闘。マイボール時には積極的な持ち出しや冷静な繋ぎなど、モドリッチ2世の片鱗を窺わせた 23 エリクセン 6.0 押し込まれた中で守備に奔走。パスコースを作る動きなども秀逸だったが、フィニッシュにかける力が残っていなかった 5 ヴェルトンゲン 6.5 2戦連続のウイングバック起用も好守にインテンシティの高いプレーを見せた FW 10 ケイン 6.0 チーム全体の問題でなかなかシュートチャンスがなかったが、オウンゴールを誘発する動きやボールを収める仕事で貢献 18 ジョレンテ 6.0 今季CL初先発。持ち味の空中戦の強さを活かし、後半に2つのビッグチャンスを創出 (→ローズ -) 今年1月の負傷後、9カ月ぶりの復帰飾る 監督 ポチェッティーノ 6.0 前日会見とは裏腹に現実的な戦い方で勝ち点1を持ち帰る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ロリス(トッテナム) ▽過去に移籍の噂もあった相手に対して、自身の価値を証明する圧巻のビッグセーブを連発。とりわけ、ベンゼマの至近距離からのシュートを足で弾き出したセーブはまさにワールドクラスだった。 レアル・マドリー 1-1 トッテナム 【レアル・マドリー】 C・ロナウド(前43[PK]) 【トッテナム】 OG(前28) 2017.10.18 05:49 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース