デレ・アリ&デイビス弾でスパーズが快勝スタート! 昨季2部王者ニューカッスルはシェルヴェイ愚行退場響く…《プレミアリーグ》2017.08.13 23:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕節、ニューカッスルvsトッテナムが13日にセント・ジェイムズ・パークで行われ、アウェイのトッテナムが2-0で勝利した。

▽昨シーズン、攻守に完成度の高さを披露しながらも2位でシーズンを終えたトッテナムは、悲願のタイトル奪取を目指す今季の開幕戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝で1年でのプレミア復帰を決めたニューカッスルとのアウェイゲームに臨んだ。

▽ポチェッティーノ監督は一昨シーズンの最終節で大敗し、アーセナルに抜かれて3位に甘んじるキッカケとなった因縁の相手との一戦に向けて現状のベストメンバーを起用。ウォーカーの移籍とトリッピアーの負傷で懸念の右サイドにはこれがトップチームデビューとなるウォーカー=ピータースを抜擢。GKにはロリス、4バックにはウォーカー=ピータース、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、ベン・デイビス。中盤はダイアーとデンベレがセントラルMFに入り、2列目はムサ・シッソコ、エリクセン、デレ・アリ。1トップにエースのケインが入った。

▽一方、ベニテス体制3年目でまずはプレミア残留を決めたいニューカッスルは、ゲイルやシェルヴェイ、リッチーら昨季の主力に加え、今夏加入のマンキージョやルジューヌら新戦力がスタメン入りを果たした。

▽ホームでの開幕戦で盛り上がるホームサポーターの後押しを受けたニューカッスルが、開始直後にゲイルのシュートでチャンスを作るなど、積極的な入りを見せるが、5分過ぎにハムストリングを痛めたDFダメットがプレー続行不可能となり、DFラッセルズの緊急投入を余儀なくされた。

▽その後はボールを保持するトッテナムと堅守速攻で応戦するニューカッスルという構図の下、拮抗した攻防が繰り広げられていく。その中でトッテナムはボックス付近でエリクセン、デンベレ、デレ・アリとフィニッシュの場面を作り出すが、相手守備を崩し切るまでには至らず。

▽その後、ケインとの接触で負傷したDFルジューヌがプレー続行不可能となり、30分過ぎにニューカッスルが2枚目の交代カードでDFムベンバの投入を余儀なくされるなど、厳しい状況を強いられる。だが、前半終盤のエリクセンのシュートをGKエリオットが冷静に凌ぎ前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半、開始早々にアクシデントが発生。立ち上がりからニューカッスルのプレーヤーとバチバチやり合っていたデレ・アリに対して、シェルヴェイがプレーの止まっていた状況で足首を故意に踏みつける愚行を犯しレッドカードが掲示され、ホームチームは残り45分近くを1人少ない状況で戦うことになった。

▽数的優位を手にしたトッテナムは、51分にエリクセンの縦パスが相手DFに当たってゴール前のケインにこぼれるが、このボレーシュートはGKエリオットのビッグセーブに遭う。攻撃のギアを上げたいポチェッティーノ監督は58分、古巣対戦のムサ・シッソコを下げて右腕の骨折でプレシーズンをリハビリに費やしたソン・フンミンをぶっつけ本番で投入した。

▽すると61分、トッテナムに待望の先制点が生まれる。ボックス手前右でボールを受けたエリクセンがゴール左に走り込むデレ・アリに絶妙な浮き球のパスを送ると、これをデレ・アリが左足のスライディングボレーで流し込んだ。

▽数的優位に加えて、リードを手にしたトッテナムは、ここから攻勢を強めていく。70分にはデンベレの縦パスをスイッチにケイン、デレ・アリ、エリクセンとボックス付近の密集でダイレクトプレーをみせ、最後はエリクセンのコントロールが大きくなったところを、ゴール前に詰めたデイビスが右足で蹴り込んで貴重な追加点を奪った。

▽その後、殊勲のデレ・アリを下げてワニャマをピッチに送り込み試合をクローズにかかるトッテナムは、試合終了間際にソン・フンミンとケインの連携から3点目に迫るが、ケインのシュートが左ポストを叩くなど、エースに開幕戦でゴールは生まれず。それでも、ニューカッスルとの因縁対決を制したトッテナムが快勝スタートを飾り、次節のチェルシー戦に向けて弾みを付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

怪物ケインが90年ぶりの偉業! 2017年の年間ゴール数を「50」の大台に乗せる

▽9日に行われたストーク・シティ戦で2ゴールを奪ったトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(24)が、2017年の年間ゴール数を「50」の大台に乗せた。『ロイター』が伝えている。 ▽2017年1月1日に行われた昨シーズンのワトフォード戦で2ゴールを記録したケインは、ここまでトッテナムとイングランド代表で出場した47試合で48ゴールを記録。そして、9日に行われたプレミアリーグ第16節のストーク戦では54分と65分にゴールを奪い、2017年の年間ゴール数を「50」の大台に乗せた。 ▽『ロイター』の伝えるところによれば、イングランド人選手として年間50ゴールを達成したのは、1927年にエバートンとイングランド代表でプレーした伝説的ストライカーのディキシー・ディーン氏以来の快挙だという。 ▽トッテナムは2017年終了までブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン、マンcンヘスター・シティ、バーンリー、サウサンプトンとのリーグ戦4試合を残しており、更なる記録更新が期待される。なお、サッカーに関するデータを扱う『OPTA』社の紹介したケインの2017年のプレー記録は以下のとおり。 ◆ハリー・ケインの2017年プレー記録(クラブ&代表) 出場試合:48試合 出場時間:4044分 ゴール数:50点(クラブ43点、代表7点) 総シュート数:228本 決定率:22% 1ゴールを奪うまでの時間:81分 2017.12.10 07:39 Sun
twitterfacebook
thumb

攻撃陣爆発のスパーズがリーグ戦5戦ぶりの白星! ソン・フンミンが3点に絡む大暴れ!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、トッテナムvsストーク・シティが9日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが5-1で快勝した。 ▽リーグ戦4戦未勝利で6位に低迷するトッテナム(勝ち点25)は、13位のストーク(勝ち点16)とのアウェイゲームで5試合ぶりの勝利を目指す。快勝したミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦からデレ・アリ、ウィンクス、ソン・フンミンを除く8人を変更。ケインやエリクセン、GKロリス、ヴェルトンゲンら主力が復帰した。 ▽負傷のアルデルヴァイレルトと出場停止のダビンソン・サンチェスという2人の主力センターバックを欠くトッテナムは、直近のアポエル戦と同様に[4-2-3-1]の布陣をスタートから採用。エリクセンとウィンクスを起点にショートパスを繋いで押し込みながら、要所でソン・フンミンやデレ・アリの仕掛けでアクセントを付けていく。 ▽12分にソン・フンミンがファーストシュートを放つなど、徐々に相手ゴールに迫るトッテナムは20分過ぎにゴールをこじ開ける。21分、左サイドで縦に仕掛けたソン・フンミンが低くて速いクロスを供給。すると、ニアでDFズマが出した足に当たってコースが変わったボールがゴール前でケインと競ったDFショウクロスに当たってゴールネットに吸い込まれた。 ▽幸運な形でリーグ5戦ぶりの先制点を奪ったトッテナムは、ここから畳みかける攻めを見せる。25分には相手セットプレーのロングカウンターで4対2の数的優位を保ってボックス付近までボールを運び、ソン・フンミンがシュート。続く28分にはボックス手前で得たFKをエリクセンが直接狙うが、いずれも相手GKバトランドの好守に遭う。 ▽その後も相手にシュートを許さないソリッドな守備でゲームをコントロールするホームチームは37分、ソン・フンミンのスルーパスに反応したケインが巧みなボディフェイントでDFを振り切ってGKと一対一に。だが、このシュートを枠の左に外してしまい、前半のうちに点差を広げることはできなかった。 ▽後半も立ち上がりから攻勢に出るトッテナムは53分、自陣からのロングカウンターでウィンクスからパスを受けたデレ・アリがケインをオトリに左サイドから中央にダイアゴナルランするソン・フンミンに絶妙なスルーパス。これを受けたソン・フンミンがボックス右に持ち出しながらGKの脇を抜くシュートを右隅に流し込んだ。 ▽さらに畳みかけるトッテナムは直後の54分、ケインのハイプレスからGKバトランドのミスを誘うと、動揺の見える相手守備に対して左サイド深くのベン・デイビスが浮き球のクロス。これをファーで競り勝ったケインがGKの股間を抜くヘディングシュートで流し込む。さらに65分には再びカウンターからエリクセンのラストパスをソン・フンミンと競ったDFがクリアし切れずにいると、これを拾ったケインが左隅に左足のシュートを流し込み、試合を決定付ける4点目を奪った。 ▽なおも攻撃の手を緩めないホームチームは74分、カウンターからソン・フンミンのスルーパスに抜け出したエリクセンがGKとの一対一を難なく制し、5点目を奪う。勝利を確信したポチェッティーノ監督は連戦のデレ・アリ、ウィンクス、ソン・フンミンを下げて、ラメラ、ムサ・シッソコ、ジョレンテの投入で試合を締めにかかる。80分には相手セットプレーの場面でGKロリスの判断ミスからショウクロスに意地の1ゴールを許すも、5-1の大勝を飾った。攻撃陣爆発でストークを粉砕したトッテナムが、リーグ戦5試合ぶりの白星を手にした。 2017.12.10 02:18 Sun
twitterfacebook
thumb

我慢の限界! レアル・マドリー会長、ベイルの来夏移籍を容認

▽スペイン『Diario Gol』は、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長がウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)の来夏移籍を容認したと報じた。 ▽2013年夏のレアル・マドリー加入以来、故障癖がとどまるところを知らないベイルは、今シーズンのここまでレアル・マドリーが戦った公式戦22試合のうち14試合を欠場。クラブスタッフも同選手のフィットネスの問題に頭打ちだという。 ▽そのベイルに関しては、古巣のトッテナムとマンチェスター・ユナイテッドが以前と変わらず関心を寄せているとみられる。共に移籍金6000万ユーロ(約80億円)でプレミアリーグへの連れ戻しに動いているようだ。 2017.12.09 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ジョレンテ&エンクドゥの移籍後初弾で主力温存のスパーズがアポエルに快勝! ドルトムントの3位通過をアシスト《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH最終節のトッテナムvsアポエルが6日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-0で勝利した。 ▽前節、3位のドルトムント(勝ち点2)を逆転勝ちで下してグループH首位通過を決定したトッテナム(勝ち点13)だが、国内リーグでは4戦未勝利と苦戦が続く。消化試合となる今節に向けては、デレ・アリ、ソン・フンミン、リーグ戦で出場停止のダビンソン・サンチェスを除く主力を温存。フォイス、エンクドゥが今季CL初出場を飾った。一方、ドルトムントと勝ち点2で並ぶ4位のアポエルは3位でのヨーロッパリーグ(EL)出場に向けて現状のベストメンバーを揃えてきた。 ▽開始2分にオーリエの左ポストを掠めるシュートでいきなりゴールに迫ったトッテナムは、9分に絶好の先制機を迎える。セットプレーの場面でウィンクスのクロスにジョレンテが頭で合わすと、GKが前に弾いたボールをエンクドゥが続けてシュートするが、相手DFのゴールライン上での顔面クリアに阻まれるなど、決め切れない。 ▽それでも、試合の主導権を握り続けるホームチームは20分、ウィンクスからの鋭いサイドチェンジを受けたオーリエが右サイド深くで絶妙なグラウンダーのクロスを供給。これをボックス中央で収めたジョレンテが巧みな反転から左足のシュートをゴール左へ流し込んだ。 ▽ジョレンテの移籍後初ゴールで先手を奪ったトッテナムは、その後も相手陣内でハーフコートゲームを展開。すると37分、ボックス手前でボールを持ったソン・フンミンがゴールを背にしてDFを背負ったジョレンテとのパス交換から見事な左足のコントロールシュートをゴール左隅に突き刺した。 ▽前半を2点リードで終えたトッテナムは、後半に入って攻勢を強めるアポエルにやや押し込まれる時間が続くも、冷静に撥ね返していく。逆に、58分にはオーリエ、63分にはエンクドゥと強烈なシュートで3点目に迫る。 ▽その後、65分にソン・フンミンを下げてデンベレ、70分には相手との接触で目尻を切ったローズに代えてウォーカー=ピータースを投入し、試合を締めにかかる。すると80分にはボックス左で仕掛けたエンクドゥがDFを剥がして右足を振り抜くと、相手DFにディフレクトしたボールがゴールネットを揺らし、ジョレンテに続いてスパーズでの初ゴールを記録した。 ▽その後、88分にデレ・アリに代えて19歳FWカザイア・スターリングをトップチームデビューさせたトッテナムは、主力を温存しながらもリーグ戦の不振を払しょくする3-0の快勝を収めた。この結果、アポエルの最下位が確定した。 ◆グループH最終順位 (勝ち点、得失点差) 1.トッテナム 16 +11 2.レアル・マドリー 13 +10 3.ドルトムント 2 -6 4.アポエル 2 -15 2017.12.07 06:56 Thu
twitterfacebook
thumb

アイツは150億円以上だ! ポグバが自身の価格より高評価する若手とは…

▽マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバは、トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリ(21)を高く評価している。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 ▽ポグバは2016年の夏に当時の移籍金史上最高記録となる1億500万ユーロでユベントスから古巣のマンチェスター・ユナイテッドに復帰。今夏に2億2200万ユーロでバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したFWネイマールの移籍で記録は更新されたが、歴代2位の記録となっている。 ▽移籍金が高騰する中、その話題の中でポグバは、デレ・アリは現在の市場ならば自身の記録を超す1億ポンド(約151億円)の価値があると話した。 「デレ・アリは1億ポンド以上の価値があると思うね。彼のプレーを見れば分かるよね」 「若くしてタレント性に富んでいる。彼のフットボールは成熟している。雑音にも対処できるし、そんなことも気にしないだろう。自分のフットボールに集中して休む時は休むべきだし、そうやっていくはずだ。常にピッチ上のことに集中すれば、ずっと活躍し続けるよ」 ▽2015年の夏にMKドンズからスパーズ入りしたデレ・アリは、周囲の想像を越すスピードで成長し、すぐさま主力に定着。昨シーズンはリーグ戦18得点を記録するなどインパクトを残し、イングランド代表でもレギュラー級の存在となっている。 2017.12.04 10:51 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース