ライバルの味方は敵?ナポリの敵と親密なニースサポーター、CL次戦入場禁止に2017.08.13 22:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
16日にサン・パオロで行われるチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ、ナポリ戦ファーストレグでは、ニースサポーターの入場が規制される。ニースが10日、公式ウェブサイトで発表した。

ニースはクラブ史上初となるCL本選出場を目指してプレーオフでナポリと対戦するが、ニースのサポーターは警備上の理由からアウェーとなる次戦をスタジアムで観戦できない。

ニースは「イタリア当局から警備上の理由により、フランス在住者へのナポリ戦のチケット販売が禁止されたとの連絡を受けた。このためニースサポーターはCLファーストレグをサン・パオロで観戦することはできない」と発表している。ニースで行われるセカンドレグについても、フランス当局が同様の措置を検討している。

ナポリは「世界一熱狂的なサポーター」を持つことで知られているが、ナポリ対ニースの試合でサポーターの衝突が心配されている理由はそれだけではない。『ガゼッタ・デロ・スポルト』では両クラブがそれぞれのライバルクラブと提携を結んでいることが原因として挙げられている。ニースはナポリのライバルクラブであるインテルと、ナポリはニースが敵視するジェノアと友好関係を持つ。このため2015年夏に行われた親善試合では、フランス警察とナポリサポーターとの間で衝突が起きている。

なお今夏、トルコ・ガラタサライを退団してニースに加入したオランダ代表のMFヴェスレイ・スナイデルは調整が遅れており、16日のナポリ戦は欠場が予想されている。またケガで離脱中のエースFWマリオ・バロテッリも不在となる可能性が高い。


提供:goal.com

コメント



欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース