横浜FMがウーゴ・ヴィエイラ弾で12戦無敗の3連勝!!《J1》2017.08.13 21:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽13日に明治安田生命J1リーグ第22節の横浜F・マリノスvsサガン鳥栖がニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-0で横浜FMが勝利した。

▽9日で3試合を行う過密日程のラストマッチでは、3位の横浜FM(勝ち点40)と9位の鳥栖(勝ち点31)が対戦。11戦無敗と好調の横浜FMは、勝利した前節のコンサドーレ札幌戦から変更はなしで臨む。

▽一方、前節の柏レイソル戦をゴールレスで終えて3連勝とはならなかったが3戦無敗と調子を上げている鳥栖は、その試合から3名を変更。DFキム・ミンヒョク、MF水野、FW豊田に代えてDF青木、FW趙東建、FW田川を起用した。

▽試合は開始2分に鳥栖が最初のチャンスを作り出す。ボックス手前でボールを受けたビクトル・イバルボが、左から中央に流れながら右足を振り抜く。しかしこのシュートはGK飯倉に防がれて得点とはならず。すると今度は横浜FMがチャンスを迎える。9分にカウンターから左サイドを抜け出した山中が、ミドルレンジから左足でねらう。これはGK権田が弾くも、こぼれ球にいち早く反応したウーゴ・ヴィエイラが押し込んで、最初のチャンスでネットを揺らした。

▽リードを許した鳥栖は15分に田川がドリブルでボックス左に侵入。三丸とのパス交換でさらに抜け出してシュートを放つが、この決定機はGK飯倉が好セーブを見せる。さらに45分にも、三丸のクロスをGK飯倉が弾いたところにビクトル・イバルボが詰めるが押し込むことはできず。前半は横浜FMが1点をリードして終えた。

▽後半開始早々に齋藤が得意のドリブルで切り込むなど横浜FMが積極的な入りを見せる。ポゼッションを握る鳥栖を相手に、両サイドを使ったカウンターから攻め込んでいくが、決定機までは作れず。対する鳥栖も、帰陣が早い横浜FMの守りの前になかなかフィニッシュまで持ち込めないまま時間が過ぎていく。

▽すると追いかける鳥栖が先に動きを見せる。23分には直前のプレーで頭を打った趙東建を下げて豊田を投入。さらに田川も下げて池田を送り出すなど2枚代えを敢行した。すると70分、右サイドの池田が入れたクロスをビクトル・イバルボが落とし、福田がボックス右から鋭いボールをゴール前に入れ直したが、誰もこのパスに反応できず。

▽試合終盤にかけては追いかける鳥栖がさらに攻勢に出るが、横浜FMが粘り強い守備で決定機を作らせず。試合はそのまま終了のホイッスルを迎え、横浜FMが12戦無敗の3連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMのFWウーゴ・ヴィエイラ、前節負傷の右ヒザ検査及び治療で一時帰国

▽横浜F・マリノスは19日、本日午前にポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラが右ヒザの負傷部位の検査および治療のため一時帰国したことを発表した。 ▽ウーゴ・ヴィエイラは14日、明治安田生命J1リーグ第29節の大宮アルディージャ戦(1-1の引き分け)で先発出場。しかし、18分に負傷交代していた。 ▽ポルトガル出身のウーゴ・ヴィエイラは、今シーズンにレッドスターから加入。ここまで明治安田生命J1リーグでは25試合10得点、YBCルヴァンカップでは5試合3得点を記録している。 2017.10.19 13:09 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMのMF齋藤学が右ヒザ前十字じん帯再建の手術…全治8カ月

▽横浜F・マリノスは15日、MF齋藤学の手術結果を発表した。 ▽齋藤は、9月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節のヴァンフォーレ甲府戦で負傷。右ヒザ前十字じん帯損傷と診断されていた。 ▽クラブの発表によると、齋藤は13日(金)に東京都内の病院で手術を実施。右ヒザ前十字じん帯再建術を行い、全治8カ月とのことだ。 ▽今シーズンの齋藤は、背番号「10」を背負い、キャプテンとしてチームを牽引。明治安田生命J1リーグで25試合に出場し1得点を記録していた。 2017.10.15 10:26 Sun
twitterfacebook
thumb

ACL目指す横浜FMが痛いドロー…大宮は勝ち点奪うもマルセロ・トスカーノ退場…《J1》

▽14日に明治安田生命J1リーグ第29節の横浜F・マリノスvs大宮アルディージャが日産スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節のガンバ大阪戦に2-1で勝利したACL出場権を争う4位の横浜FM(勝ち点51)が、清水エスパルス戦をゴールレスドローで終えた残留を争う17位の大宮(勝ち点22)を迎えた。横浜FMはそのG大阪戦から松原とマルティノスに代えて、遠藤とイッペイ・シノヅカを送り出した。一方の大宮は1点の変更で、大前を外してマテウスが起用されている。 ▽インターナショナマッチウィークの影響で2週間ぶりの開催となった一戦は、横浜FMがバックラインから丁寧にビルドアップしていき、大宮はハーフウェイライン付近に前線のマルセロ・トスカーノを置いて、自陣に3ラインのブロックを敷いて構える。 ▽すると最初のチャンスは守勢の大宮で、5分に左CKの流れから遅れてボックス内に入ってきたカウエが飛び込む。しかしボールを押し込むことはできず、このチャンスを活かしきれない。横浜FMも7分、左サイドで天野とのパス交換からボックス内に入ってきた山中が左足で狙う。9分にも攻め込んだ状態からボックス手前でこぼれ球を拾ったウーゴ・ヴィエイラが狙っていくが、どちらも決めきることはできない。 ▽すると横浜FMは10分に決定機。前線で山中からのボールを受けたウーゴ・ヴィエイラが前を向き直し、ステップワークで相手を翻弄。そのままボックス内へと侵入してシュートを狙ったが、ここはGK加藤がセーブした。このプレーの中で、こぼれ球を押し込みにかかったウーゴ・ヴィエイラが、クリアに入った渡部と同時にボールを蹴りに行き、ヒザを負傷。ピッチを出て治療を終えたウーゴ・ヴィエイラはプレーを続けるも、15分にはプレーをやめてピッチに座り込む。同選手はそのまま担架で運び出され、18分に富樫が投入された。 ▽すると直後のプレーで試合が動く。左サイドのライン際でボールを受けたマルセロ・トスカーノがワンフェイク入れてタイミングを外してゴール前にクロスを入れる。逆サイドから斜めに走り込んでフリーな状況を作った横谷が好クロスをしっかりと頭で押し込み、横谷の今季初ゴールで劣勢だった大宮が先制に成功した。 ▽嫌な流れのまま点を失った横浜FMは、その後もポゼッションこそ握るも攻めあぐねる場面が散見。29分にはボックス手前でルーズボールを拾った中町が横に出したボールを前田がダイレクトで狙っていったが、枠を大きく外す。38分には右サイドからカットインしたイッペイ・シノズカのクロスボールを、ボックス内で収めた天野が反転して右足で狙うも、ここはクロスバーに阻まれる。前半アディショナルタイムにはボックス左でこぼれ球を拾った富樫が左足でシュートを放つが、GK加藤の好守に阻まれ、前半は大宮が1点リードのまま終わった。 ▽迎えた後半、大宮はハーフタイムで渡部を下げて山越を投入する。すると最初のチャンスは大宮で49分にカウンターからボックス右の江坂がシュート。ディフレクトしたボールを逆サイドのマルセロ・トスカーノが頭で押し込みにかかるが、中澤がこのシュートをヘディングでクリアする。さらに57分には中澤の背後を取った江坂が独走。GKと一対一を迎えるが、シュートは枠を捉えきれず。 ▽すると直後の58分、ボックス手前左でボールを受けた中町が、相手の寄せが緩いと見るや右足を一閃。低い弾道のシュートがゴールマウス右隅を捉え、横浜FMが同点とする。60分にはイッペイ・シノズカを下げてマルティノスを送り出して勝ち越しを目指す。 ▽一方の大宮は65分に奧井のクロスからマルセロ・トスカーノが頭で合わせるなど、シュートで攻撃を終える場面が増える。69分にもこぼれ球を拾ったマテウスがボックス右からシュートを狙っていくがわずかに枠を外す。横浜FMも78分に山中の縦パスを受けたマルティノスがボックス左からディフェンダーとの間合いを測って右足で狙っていくが、相手のブロックに阻まれるなど、こちらもチャンスを決めきれない。 ▽終盤はオープンな展開となるが、どちらもチャンスを作りながらも決めきれない。さらに後半アディショナルタイムには大宮にアクシデント。マルセロ・トスカーノが2度目の警告で退場してしまう。試合はそのまま終了を迎え、ACL出場権を狙う横浜FCにとっては痛いポイントロス。追いつかれた大宮にとっては、次節にマルセロ・トスカーノが出場停止となるなどこちらも苦しい結果となった。 2017.10.14 16:01 Sat
twitterfacebook
thumb

人気のコラボが再び実現! 鹿島戦限定で「Ama Jun Bento14(あまじゅん弁当)」を発売!

▽横浜F・マリノスは12日、「Ama Jun Bento14(あまじゅん弁当)」の発売を発表した。10月21日(土)の鹿島アントラーズ戦で限定発売される。 ▽日産スタジアムのF・マリノス戦限定で販売中の「日産スタジアム炒飯弁当」の掛け紙が変わる人気のコラボレーションが再び実現。6月に「Cayman LUNCH BOX(ケイマンランチボックス)」を販売し、人気を博した富樫敬真の紹介で、天野純が初登場。「Ama Jun Bento14(あまじゅん弁当)」として掛け紙が特別バージョンに変わり、試合を盛り上げることとなる。 ▽コラボ弁当の基となる「日産スタジアム炒飯弁当」は人気の炒飯をメインに中華風のおかずを盛り込んだ日産スタジアムF・マリノス戦でしか食べられないお弁当。しょう油入れも今季のユニフォームと背番号が入った2017年限定トリコロールひょうちゃんを封入している。また、今回コラボ弁当をお求めいただいたお客様には天野の限定トレーディングカード(1枚)が封入されている。 ▽なお、鹿島戦はレプリカユニフォーム付チケット対象試合であり、「Ama Jun Bento14(あまじゅん弁当)」と共に、レプリカユニフォームを着て観戦を楽しむことができる。 ◆名称 Ama Jun Bento14(あまじゅん弁当)※限定カード付き ※内容は「日産スタジアム炒飯弁当」と同じ ◆価格 1,050円(税込) ◆販売日時 2017年10月21日(土) 15:30~ ◆販売数量 限定 1,000食(予定)※おひとり様3個まで ◆販売店舗 日産スタジアム 崎陽軒催事店舗(東ゲート前広場) ※10/21(水)は「日産スタジアム炒飯弁当」の販売はございません。 ◆対象試合 2017明治安田生命J1リーグ 第30節 10月21日(土) vs鹿島アントラーズ(19:00キックオフ) 2017.10.12 12:50 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF金井貢史が左ハムストリング肉離れで全治6〜8週間

▽横浜F・マリノスは5日、DF金井貢史の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、金井は9月23日(土)に行われた、2017明治安田J1リーグ第27節のヴァンフォーレ甲府戦で負傷。24日、10月1日に横浜市内の病院で検査を受けた結果、左ハムストリング肉離れと診断。全治6~8週間の見込とのことだ。 ▽金井は自身のツイッター(@KanaiTakashi13)を通じてコメント。復帰への意欲を示した。 「リリースがありました通り、甲府戦で肉離れしてしまいました!一日でも早くピッチに戻ります。パワーアップした姿を見せれるよう頑張ります!」 「ナマブと仲良くリハビリやってます!ちなみにJ初ゴールの彼は僕にはなーんにもありませんでした…」 ▽金井は今シーズンのJ1で20試合に出場し、2得点を記録している。 2017.10.05 12:01 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース