横浜FMがウーゴ・ヴィエイラ弾で12戦無敗の3連勝!!《J1》2017.08.13 21:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽13日に明治安田生命J1リーグ第22節の横浜F・マリノスvsサガン鳥栖がニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-0で横浜FMが勝利した。

▽9日で3試合を行う過密日程のラストマッチでは、3位の横浜FM(勝ち点40)と9位の鳥栖(勝ち点31)が対戦。11戦無敗と好調の横浜FMは、勝利した前節のコンサドーレ札幌戦から変更はなしで臨む。

▽一方、前節の柏レイソル戦をゴールレスで終えて3連勝とはならなかったが3戦無敗と調子を上げている鳥栖は、その試合から3名を変更。DFキム・ミンヒョク、MF水野、FW豊田に代えてDF青木、FW趙東建、FW田川を起用した。

▽試合は開始2分に鳥栖が最初のチャンスを作り出す。ボックス手前でボールを受けたビクトル・イバルボが、左から中央に流れながら右足を振り抜く。しかしこのシュートはGK飯倉に防がれて得点とはならず。すると今度は横浜FMがチャンスを迎える。9分にカウンターから左サイドを抜け出した山中が、ミドルレンジから左足でねらう。これはGK権田が弾くも、こぼれ球にいち早く反応したウーゴ・ヴィエイラが押し込んで、最初のチャンスでネットを揺らした。

▽リードを許した鳥栖は15分に田川がドリブルでボックス左に侵入。三丸とのパス交換でさらに抜け出してシュートを放つが、この決定機はGK飯倉が好セーブを見せる。さらに45分にも、三丸のクロスをGK飯倉が弾いたところにビクトル・イバルボが詰めるが押し込むことはできず。前半は横浜FMが1点をリードして終えた。

▽後半開始早々に齋藤が得意のドリブルで切り込むなど横浜FMが積極的な入りを見せる。ポゼッションを握る鳥栖を相手に、両サイドを使ったカウンターから攻め込んでいくが、決定機までは作れず。対する鳥栖も、帰陣が早い横浜FMの守りの前になかなかフィニッシュまで持ち込めないまま時間が過ぎていく。

▽すると追いかける鳥栖が先に動きを見せる。23分には直前のプレーで頭を打った趙東建を下げて豊田を投入。さらに田川も下げて池田を送り出すなど2枚代えを敢行した。すると70分、右サイドの池田が入れたクロスをビクトル・イバルボが落とし、福田がボックス右から鋭いボールをゴール前に入れ直したが、誰もこのパスに反応できず。

▽試合終盤にかけては追いかける鳥栖がさらに攻勢に出るが、横浜FMが粘り強い守備で決定機を作らせず。試合はそのまま終了のホイッスルを迎え、横浜FMが12戦無敗の3連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMがセルビア人DFツェティノヴィッチを完全移籍で獲得! デゲネク後釜に

▽横浜F・マリノスは19日、リーグ・ドゥ(フランス2部)のRCランスからセルビア人DFドゥシャン・ツェティノヴィッチ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽2006年に母国のマチュヴァ・シャバツでプロキャリアをスタートしたツェティノヴィッチは、186cm、79Kgの屈強なセンターバック。その後、ディナモ・ヴラニェ(セルビア)、グラスホッパー(スイス)、ファドゥーツ(リヒテンシュタイン)、ハウゲスン(ノルウェー)といった国内外のクラブを渡り歩き、2015年からフランス2部のRCランスでプレー。昨シーズンは公式戦35試合に出場し2ゴールを記録していた。 ▽横浜FMへの加入が決定したツェティノヴィッチはクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「まず初めに、横浜F・マリノスでプレーする機会を与えていただいたことに感謝します。今回の話を聞いたとき、日本に来て素晴らしいクラブでプレーすることに対する迷いはありませんでした。フランスのRCランスでの時間も素晴らしいものでしたが、この新しいチャレンジに対して準備はできています」 「Jリーグはフットボールのレベルが高いことで知られています。ワールドカップでの日本の戦いを見て、日本代表が素晴らしいチームだと思いました。ラウンド16で敗退したことはとても残念でしたが、フットボールの質と選手たちのメンタリティにとても感銘を受けました。誠実でとても勤勉で粘り強い日本人選手の特徴は、私の性格と通じるところがあり、Jリーグでプレーすることは私に非常にあっていると思います」 「日本のファン・サポーターはコロンビア戦のあと、自分たちの使用したエリアを綺麗な状態に戻すという素晴らしい事例を世界中に示しました。このような光景をフットボールの世界で見たことがありません!これは普通では考えられないことで、日本の偉大なメンタリティを示しました。私は日本が妻と息子にとっても最適な場所であると確信しています。日本の文化に触れることがとても楽しみです」 「横浜F・マリノスでプレーする機会を得られたことをとても誇りに思います。 チームに合流することが楽しみでなりません。フランスのプレシーズンではとてもハードにトレーニングを積んできました。ファン・サポーターの皆さんとスタジアムで会うことを楽しみにしています。私はいまとても素晴らしい気持ちですし、F・マリノスでの新たなスタートを待ちきれません」 ▽なお、横浜FMではロシア・ワールドカップでオーストラリア代表としてプレーしたDFミロシュ・デゲネクがセルビアのレッドスター・ベオグラードに旅立っており、ツェティノヴィッチがその後釜を担うことになる。 2018.07.19 17:21 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMがとんでもゴールラッシュ!! 伊藤のハットトリックなどで大量8点を奪い仙台を圧倒《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、ベガルタ仙台vs横浜F・マリノスが18日に行われ、8-2で横浜FMが勝利した。 ▽今年はロシア・ワールドカップのために、中断期間が設けられ5月20日を最後におよそ2カ月ぶりの再開となったJ1。この間に各チームは補強や人員の整理を行った。 ▽両チームとも大きな戦力強化はなかったものの、ホームの仙台は板倉が累積で出場停止。横浜FMはミロシュ・デゲネクがレッドスター・ベオグラードに移籍し守備の要を欠いている。 ▽そんな中、仙台は大岩や奥埜、石原らが先発出場。横浜FMは金井や天野、伊藤らがスタメンとなった。中断前に勝利を挙げている両チーム。勝って連勝なるか。 ▽試合は早々に動く。2分、カウンターで左サイドを駆け上がった遠藤にボールが渡ると、クロスをゴール前でフリーになっていた仲川がシュート。一度GKにブロックされるものの、ディフレクトを天野が押しこんで横浜FMが先制した。 ▽さらに12分、再び左サイドから攻める横浜FMは山中のクロスをGKより先に伊藤がつま先で合わせて追加点。第15節でも5得点で大勝した横浜FMがこの試合でも攻撃力を見せつける。 ▽攻撃の手を緩めない横浜FM。31分には味方のパスをボックス手前で受けた仲川がゴール左隅をつくシュートを沈めて3点目。さらにその2分後の33分には、敵陣右サイドでボールを奪った仲川がボックス内で潰れると、こぼれ球を拾った伊藤が丁寧に押し込んで4点目を奪った。 ▽横浜FMが大量リードして迎えた後半だが、トリコロールの攻撃はとどまることを知らなかった。52分、右サイドからのクロスを遠藤が抑えると、パスを受けた山中がボックス手前左から豪快に左足を振り抜き強烈な弾丸シュートを突き刺した。 ▽まだまだ横浜FMの攻撃は続く。59分、右サイド松原のスルーパスを仲川が受けると、折り返しを伊藤が押し込んで6点目。これで伊藤はハットトリックを達成した。 ▽横浜FMはなおも攻める。71分に得た右CK。天野のクロスを金井が身体で押し込み7点目。しかしその直後、仙台も途中出場のジャーメイン良が意地の一発を沈めて1点を返す。 ▽だが、81分にはこちらも途中出場のオリヴィエ・ブマルのゴールで横浜FMが8点目を奪った。 ▽90分に仙台が蜂須賀のゴールで2点目を決めるも焼け石に水。横浜FMが大量8得点を奪い、仙台を圧倒した。 2018.07.18 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

デゲネク獲得のレッドスター、前線補強の“プランB”はウーゴ・ヴィエイラ

▽今夏、横浜F・マリノスからオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクを獲得したレッドスター・ベオグラード。さらなる補強計画のプランBとして、FWウーゴ・ヴィエイラ(29)を獲得する可能性があるようだ。セルビア『ジェルナル』が報じた。 ▽2017-18シーズンのセルビア・スーペルリーガ王者であるレッドスターは、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ予選に出場している。 ▽レッドスターが獲得を狙うのは、中国スーパーリーグの江蘇蘇寧でプレーするガーナ代表FWリッチモンド・ボアキエ(25)とのこと。今年2月までレッドスターに在籍しており、獲得が実現すれば半年での古巣復帰となる。 ▽しかし、江蘇蘇寧がボアキエの放出に良い返事をしなかった場合は、プランBを用意しているとのことで、その際にウーゴ・ヴィエイラを狙うようだ。 ▽ウーゴ・ヴィエイラは、2015-16シーズンから2シーズンに渡ってレッドスターに在籍。2015年にはリーグ戦で20ゴールを記録し、チームの優勝に貢献するとともに年間最優秀選手賞も受賞。2017年1月に横浜FMへと移籍していた。 ▽ウーゴ・ヴィエイラは今夏PAOKテッサロニキやAPOELへの移籍が噂されたが、100万ユーロ(約1億3200万円)の年俸を要求し破談となっていた。 2018.07.17 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMもミロシュ・デゲネクのレッドスター移籍を発表 「またいつの日か」

▽横浜F・マリノスは6日、オーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク(24)のレッドスター・ベオグラード(セルビア)移籍を発表した。 ▽空中戦に無類の強さを誇るミロシュ・デゲネクは、セルビア人として生まれ、幼少期にオーストラリアに移住。シュツットガルトII、1860ミュンヘンを経て、2017年から横浜FMに加わり、引き続き主力を務めた今シーズンも明治安田生命J1リーグ12試合2得点を記録した。 ▽5日にレッドスター・ベオグラードから加入が発表されたミロシュ・デゲネク。ロシア・ワールドカップにも出場したオーストラリア代表センターバックは翌6日、横浜FMの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「まずはじめに、横浜F・マリノスで過ごした一年半に感謝したいと思います。最高のファン・サポーター、素早らしいスタッフを擁する日本の偉大なクラブに所属したことは、私にとって非常に誇りであると同時に喜びでもあります。 素晴らしいファン・サポーターの前でプレーできたことは、私にとって大きな喜びであり、全ての試合においてファン・サポーターの熱い応援が力となりプレーを助けてくれました。 この事は決して忘れる事はありませんし、またいつか帰って来たいです!」 「チームメイト、監督、コーチングスタッフ、社長、スポーティングダイレクター、そして全てのスタッフの皆さんがマリノスファミリーの一員として受け入れてくれたことで、選手として、一人の人間として成長することが出来ました。また、僕を横浜に連れてきてくれ、なにかといつも面倒をみてくれたとアイザックSDに感謝を述べたいと思います。クラブのこれからの活躍を楽しみにしています。これはサヨナラではありません。またいつの日か会いましょう!」 2018.07.06 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMの豪代表DFミロシュ・デゲネクがレッドスターへ完全移籍

▽レッドスター・ベオグラードは5日、横浜F・マリノスのオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク(24)を完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は3年間となる。 ▽デゲネクは、シュツットガルトの下部組織で育ち、2015年7月からは1860ミュンヘンでプレー。2017年1月に横浜FMへと完全移籍で加入していた。 ▽横浜FMでは、明治安田生命J1リーグで37試合に出場し2ゴール1アシストを記録。センターバックのレギュラーとして元日本代表DF中澤佑二とコンビを組んでいた。 ▽世代別のセルビア代表経験もあるデゲネクは、2016年5月からオーストラリア代表としてプレー。ロシア・ワールドカップに臨むオーストラリア代表にも選ばれていたが、出場機会はなかった。 ▽レッドスターでは、右サイドバックのモンテネグロ代表DFフィリップ・ストイコビッチと1860ミュンヘン時代に共にプレーしたことがある。また、横浜FMのチームメイトだったFWウーゴ・ヴィエイラ(2015-17)、MFダビド・バブンスキー(2015-17)もレッドスターでのプレー経験がある。 ▽なお、セルビア『Mondo』によると、デゲネクの獲得には違約金20万ユーロ(約2570万円)がかかったとのことだが、公式には発表されていない。 2018.07.05 22:46 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース