試合終盤のウタカ弾でFC東京が2連勝!! 敗れた神戸はポルディ不発で3連敗…《J1》2017.08.13 21:12 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽13日に明治安田生命J1リーグ第22節のFC東京vsヴィッセル神戸が味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。

▽9日で3試合を行う過密日程のラストマッチでは、10位のFC東京(勝ち点30)と11位の神戸(勝ち点29)による、中位に並ぶ2チームの対戦となった。

▽前節の大宮アルディージャ戦で7試合ぶりの白星を飾ったFC東京は、その試合から4人を変更。GK林、DF吉本、MF米本、FW中島に代えてGK大久保択、DF徳永、MF東、FW大久保嘉を起用した。

▽対する神戸は前節、鹿島アントラーズに敗れて2連敗。その試合から変更は1名だけで、MF大森に代えて田中を起用した。なお、元FC東京のMF高橋、FW渡邉は揃って先発出場となっている。

▽試合は神戸が良い入りを見せると、3分にはルーカス・ポドルスキが倒されて得たFKを自身で狙う。しかしこのシュートは壁に当たり、こぼれ球を拾った藤田のシュートもディフェンダーにブロックされた。押し込まれるFC東京は、大久保嘉が積極的に裏を狙う姿勢を見せると、9分にはGK大久保択のロングボールに抜け出す。しかしここはオフサイドの判定でチャンスを作れない。

▽神戸は15分、左サイドからのロングスローを起点にセカンドボールを拾った橋本がクロス。渡部がこのボールに頭で合わせるが枠を捉えきれず。19分にはスルーパスに抜け出した小川がボックス内からシュートを放つがGK大久保択の飛び出しに阻まれた。FC東京は27分に決定機を作り出すが、高萩のパスに抜け出した東のトゥキックはGKキム・スンギュがブロックしてゴールとはならず。

▽その後も神戸が主導権を握り、チャンスを作っていったがゴールを奪えない。FC東京は前半終盤の40分に右サイドの室屋が入れたグラウンダーのマイナスのクロスに東が合わせたが、ボールはクロスバーを大きく越える。結局前半はそのままゴールレスで終えた。

▽神戸はハーフタイムで小川を下げてハーフナー・マイクを投入するなど前線のユニットを変更。対するFC東京は前半の11人が後半もピッチに立った。すると最初のチャンスはFC東京で、49分にボックス手前でボールを受けた前田が、中央に流れながら右足を振り抜く。しかしこのシュートはGKキム・スンギュに弾かれてゴールとはならなかった。

▽対する神戸は52分、自陣からのロングボールを相手陣内左でルーカス・ボドルスキがキープ。後方から走り込んだ渡邉がこの落としを受けてシュートを狙うが、GK大久保択の正面をついた。すると今度はFC東京にチャンス。55分にボックス左でパスを受けた高萩が右足でシュートを狙う。しかしボールは枠を捉えきれず、FC東京は先制のチャンスを逸した。

▽一方の神戸は70分に渡邉が頭ですらしたボールに抜け出したハーフナー・マイクがループシュートを沈める。しかし、ハーフナー・マイクがDFを倒した場面でファウルを取られており、ノーゴールの判定となった。神戸はさらに74分、ルーカス・ポドルスキを起点として渡邉がシュートチャンスを迎えたが、DFにブロックされてボールを飛ばせず。

▽FC東京も76分に、途中出場のピーター・ウタカが出したスルーパスに室屋が反応。ボックス右から中央にパスを入れて、最後は橋本が合わせたがディフェンダーのスライディングに阻まれた。しかし試合終盤の88分、遂に動く。大久保嘉のスルーパスから右サイドの深い位置まで侵入した室屋がグラウンダーのボールを入れる。最後はピーター・ウタカが楽々と押し込んでFC東京が先制した。

▽結局このゴールが決勝点となり、FC東京は2連勝を飾り、神戸は3連敗となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ファンからの愛情を感じる石川直宏選手「それ以上に僕が愛していた」

▽6日、東京都吉祥寺のB&D吉祥寺店がリニューアルオープンイベントを行い、先日、現役を引退した元日本代表MF石川直宏選手が登場。MCの鈴木ダイさんと共に行われたトークイベントで、FC東京での自身のキャリアを振り返った。 <span style="font-weight:700;">――FC東京での現役生活を振り返ると?</span> 「自分が入った当時はJ1に上がって間もないころで、このクラブと共に自分も成長して強くなる。そういう思いがあって、2004年、2009年にはナビスコ杯(現:ルヴァン杯)で優勝しました。その後はJ2に落ちましたし、天皇杯も優勝しました」 「苦しい時期の方が多かったように思いますが、その時期を乗り越えたからこそ見えるものがあります。今回の最終戦でもそうですが、ケガでJ1では2年半ほど出られていませんでした。その中で、最後にやり遂げるんだという思いと、成長した姿を見せられたかなと思います。もちろん悔しい部分もあり今シーズンを終えましたが、1つ形としてみんなに示すことができたと思います」 <span style="font-weight:700;">――長い現役生活でしたが、これまでに忘れられない試合は?</span> 「スタートから最後の試合までが1つに繋がっています。自分の中でそれは途切れさせたくなかったです。例えば、J1の最後の試合は2015年7月の試合でしたが、ケガが治らずにピッチに立てなかったらあそこで途切れていました。地道にリハビリを続け、最後は引き分けでしたが、最初から最後まで繋ぐことができました。なので1つを選ぶことは難しいですが、唯一選ぶとしたらFC東京でのデビュー戦となった2002年4月のナビスコ杯。駒沢での清水戦ですかね」<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20171216_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">――あの当時は茂庭選手などもいて、最後のC大阪戦でも相手に茂庭選手がいましたが?</span> 「公私ともに仲が良いですね。今はC大阪でその前はタイにいましたが、未だに連絡を取り合っていますね。当時はまだ21歳ぐらいでした。このクラブをどう強くしていこうかと、毎週のように焼肉を食べながら熱い話を永遠としていました。その中で結局たどり着く答えはいつも一緒で、それでもずっと話をして。そういう志がありましたね」 <span style="font-weight:700;">――たどり着いた1つの答えとは? 「タイトルを獲ることです。逆算してやっていくのですが、僕らが試合に出ないと体現できないし経験もできません。試合に出るために何をするか。だから練習でどういうことをしようという話をしていました」 <span style="font-weight:700;">――ケガも多かったですが充実していた現役生活だったのでは?</span> 「どの試合、どの練習もおろそかにしたくなかったので、全力でやった結果、あっちこっち痛くなったというのもありますけどね(笑)」 <span style="font-weight:700;">――セレモニーや選手のコメントを見ても、石川選手が多くの方々から愛されている存在だと感じましたが、自分でも感じていますか?</span> 「もちろん感じましたが、僕はそれ以上にみんなのことを愛していました。相手チームの選手に対してもリスペクトを持って挑んでいましたし、最後の試合では相手チームから横断幕を出していただいて、とても嬉しかったです。普段は勝ち負けがありますが、試合が終わればひとつのサッカーファミリーだというものを感じられました」 2017.12.16 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

現役を引退した石川直宏選手がアディダスのスパイクとの思い出を語る「マニアなんですよ」

▽6日、東京都吉祥寺のB&D吉祥寺店がリニューアルオープンイベントを行い、先日、現役を引退した元日本代表MF石川直宏選手が登場。MCの鈴木ダイさんと共に行われたトークイベントでは、アディダスのスパイクとの出会いについて語った。 <span style="font-weight:700;">――アディダスとの出会いは幼少の頃でしたか?</span> 「漠然とW杯をテレビで見ていて、コパムンディアルに憧れていましたが、高くて買えませんでした。もう少し安いコパSLXとか…。マニアなんですけどね(笑)。革がカンガルーで、いろいろな革の感じをサッカーショップで触っていましたね。欲しいけど買えないな。もっとお小遣いをためて買おうとか、そういう感じでしたね」 <span style="font-weight:700;">――やはりアディダスは憧れのブランドであり、憧れのスパイクでしたか?</span> 「ずっと憧れてきました」 <span style="font-weight:700;">――アディダスのスパイクを最初に履いてボールを蹴った瞬間って覚えています?</span> 「みんなサッカーをやっている人たちはわかると思いますけど、新しいスパイクを手にした瞬間から上手くなったような気がしたのを覚えています(笑)。選手モデルのものもありますが、そのスパイクを履いている選手の真似をしたり。僕らの時よりも、今の子たちの方がはっきりとしていると思います。憧れの中でスパイクを履ける喜びがありますね」 <span style="font-weight:700;">――石川選手がそうだったように、石川選手のプレーを見た子供たちが、そのスパイクを履いていく。このつながりはどうですか?</span> 「ありがたいですし、うれしいです。僕のプレーを真似してくれる子たちもいるかもしれないですしね。僕はプロ18年間でアディダスを履き続けていて、そういう意味でも感慨深いですね」<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20171216_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">――今回、アディダスからプレデター18が新しく登場しましたが試されましたか?</span>「練習場で履きましたね。フィット感が素晴らしいのと、表面上の加工が良い。皆さんにとっては昔のことなのでわからないかもしれませんが、98年のW杯でプレデターが出てきました。その時の感じ、懐かしさがありつつ、進化もある。その融合を感じられますね」 <span style="font-weight:700;">――サッカーファンやアディダスのファンは進化の度合いがわかるだけでたまらない。選手としても新しいスパイクを手にした時の感覚は少年と変わらないものですか?</span> 「変わらないですね。スパイクは、進化する過程と自分が進化する過程を重ね合わせるのに必要な存在。ネガティブなものではなく、こういう時にケガしたなとか。ゴールした時は、こうやって一緒に喜んだなとかそういう物の思い入れ、仲間の感覚がありますね」 2017.12.16 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

石川直宏氏が引退後初イベントへ!! 現役高校生に想いやサッカー観を伝授!!

▽6日、東京都吉祥寺のB&D吉祥寺店がリニューアルオープンイベントを行い、先日、現役を引退した元日本代表MF石川直宏選手が登場。現役高校生たちに思いやサッカー観を伝えた。 ▽B&D吉祥寺店のショップエリアは、アディダスフットボールの「STADIUM TO STREET」のテーマにフォーカスした新フロアとしてリニューアルされた。今回のイベントでは石川氏が特別ゲストとして登場し、一般招待された15名ほどの現役高校生などに対していろいろなアドバイスを行った。 ▽イベントに登場した石川選手はまず、18年間の現役生活を振り返り満足感を口にした。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20171216_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「力を出し尽くしました。出し尽くし楽しみ尽くせたサッカー人生でした。張り詰めた中であの日を迎えたので、戦い抜いてホッとした部分。ホッとしすぎて体中がバキバキですね(笑)」 ▽そこからは、2001年、2002年にFC東京のスタジアムナビゲーターを務めた鈴木ダイさんとのトークイベントに突入。少年時代に抱いたアディダスのスパイクへの憧れやFC東京でのキャリア、プライベート、そして間近に迫ったロシア・ワールドカップについてコメント。最後には、来場者から質問を受け、自分の経験からアドバイスを送った。 2017.12.16 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

秋田DF下田光平が10年間の現役生活にピリオド「学ばせてもらえたこと全てが自分の財産です」

▽ブラウブリッツ秋田は15日、DF下田光平(28)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 ▽下田は、秋田県秋田市出身で、秋田商業高校から2008年にFC東京へ入団。出場機会がないまま2009年途中に水戸ホーリーホックへと期限付き移籍した。水戸では1シーズン半を過ごし、J2で31試合、天皇杯で1試合に出場。2011年にFC東京へと復帰すると、J2で3試合、天皇杯で1試合に出場した。 ▽2012年途中にFC町田ゼルビアへと期限付き移籍すると、J2で16試合に出場し1得点、天皇杯で1試合に出場。2013年にV・ファーレン長崎へ完全移籍した。長崎では2シーズンプレーし、J2で28試合に出場し1得点、天皇杯で1試合に出場。2015年から地元の秋田でプレーしていた。 ▽秋田ではJ3で3シーズンプレーし、通算56試合に出場し1得点、天皇杯で5試合に出場。今シーズンはJ3で7試合に出場、天皇杯で1試合に出場していた。J2通算78試合出場2得点、J3通算56試合出場1得点、天皇杯通算9試合出場だった。 ▽また、U-16からU-20まで日本代表としてプレー。2008年のAFC U-19選手権にも出場し、ドルトムントの日本代表MF香川真司とボランチでコンビを形成。2011年にはロンドン・オリンピックアジア最終予選の予備登録メンバーにも選ばれていた。下田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン限りで10年間のプロ生活を終える決断をしました。FC東京、水戸ホーリーホック、FC町田ゼルビア、V・ファーレン長崎、ブラウブリッツ秋田と、色々な場所でプレーし、色々な方々と出会い、そして学ばせてもらえたこと全てが自分の財産です」 「セカンドキャリアもこれまで出会えた人との繋がりを大事にして、自分らしく一生懸命頑張っていければと思います。これまで応援してくださった方々、所属したチーム、指導してくださった監督、コーチ、一緒に戦った仲間。感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました」 2017.12.15 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

プレー経験もある韓国攻略法を語るFC東京MF高萩洋次郎「ボールを速く動かして縦にも出し入れできれば」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は14日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF高萩洋次郎(FC東京)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。FCソウルでプレーした経験のある高萩は、次戦に激突する韓国代表の印象と攻略法を語り、「ゴールに絡めるようにしたい」とアピールを誓った。 <span style="font-weight:700;">◆MF高萩洋次郎</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">──韓国の印象は</span> 「相変わらず球際が厳しいし、チームとしてもまとまっているなと思います」 <span style="font-weight:700;">──そこを打開するポイントは</span> 「ボールを早く動かして縦にも出し入れできれば、相手もボールに食いついてくると思うので、そこをかわすことができればチャンスになると思います」 <span style="font-weight:700;">──中国戦では初戦よりも良かった印象だが</span> 「初戦の反省を生かすことができてたと思います」 <span style="font-weight:700;">──韓国戦に出場した時のイメージは</span> 「ゴールに絡めるようにしたいです」 2017.12.14 22:26 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース