試合終盤のウタカ弾でFC東京が2連勝!! 敗れた神戸はポルディ不発で3連敗…《J1》2017.08.13 21:12 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽13日に明治安田生命J1リーグ第22節のFC東京vsヴィッセル神戸が味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。

▽9日で3試合を行う過密日程のラストマッチでは、10位のFC東京(勝ち点30)と11位の神戸(勝ち点29)による、中位に並ぶ2チームの対戦となった。

▽前節の大宮アルディージャ戦で7試合ぶりの白星を飾ったFC東京は、その試合から4人を変更。GK林、DF吉本、MF米本、FW中島に代えてGK大久保択、DF徳永、MF東、FW大久保嘉を起用した。

▽対する神戸は前節、鹿島アントラーズに敗れて2連敗。その試合から変更は1名だけで、MF大森に代えて田中を起用した。なお、元FC東京のMF高橋、FW渡邉は揃って先発出場となっている。

▽試合は神戸が良い入りを見せると、3分にはルーカス・ポドルスキが倒されて得たFKを自身で狙う。しかしこのシュートは壁に当たり、こぼれ球を拾った藤田のシュートもディフェンダーにブロックされた。押し込まれるFC東京は、大久保嘉が積極的に裏を狙う姿勢を見せると、9分にはGK大久保択のロングボールに抜け出す。しかしここはオフサイドの判定でチャンスを作れない。

▽神戸は15分、左サイドからのロングスローを起点にセカンドボールを拾った橋本がクロス。渡部がこのボールに頭で合わせるが枠を捉えきれず。19分にはスルーパスに抜け出した小川がボックス内からシュートを放つがGK大久保択の飛び出しに阻まれた。FC東京は27分に決定機を作り出すが、高萩のパスに抜け出した東のトゥキックはGKキム・スンギュがブロックしてゴールとはならず。

▽その後も神戸が主導権を握り、チャンスを作っていったがゴールを奪えない。FC東京は前半終盤の40分に右サイドの室屋が入れたグラウンダーのマイナスのクロスに東が合わせたが、ボールはクロスバーを大きく越える。結局前半はそのままゴールレスで終えた。

▽神戸はハーフタイムで小川を下げてハーフナー・マイクを投入するなど前線のユニットを変更。対するFC東京は前半の11人が後半もピッチに立った。すると最初のチャンスはFC東京で、49分にボックス手前でボールを受けた前田が、中央に流れながら右足を振り抜く。しかしこのシュートはGKキム・スンギュに弾かれてゴールとはならなかった。

▽対する神戸は52分、自陣からのロングボールを相手陣内左でルーカス・ボドルスキがキープ。後方から走り込んだ渡邉がこの落としを受けてシュートを狙うが、GK大久保択の正面をついた。すると今度はFC東京にチャンス。55分にボックス左でパスを受けた高萩が右足でシュートを狙う。しかしボールは枠を捉えきれず、FC東京は先制のチャンスを逸した。

▽一方の神戸は70分に渡邉が頭ですらしたボールに抜け出したハーフナー・マイクがループシュートを沈める。しかし、ハーフナー・マイクがDFを倒した場面でファウルを取られており、ノーゴールの判定となった。神戸はさらに74分、ルーカス・ポドルスキを起点として渡邉がシュートチャンスを迎えたが、DFにブロックされてボールを飛ばせず。

▽FC東京も76分に、途中出場のピーター・ウタカが出したスルーパスに室屋が反応。ボックス右から中央にパスを入れて、最後は橋本が合わせたがディフェンダーのスライディングに阻まれた。しかし試合終盤の88分、遂に動く。大久保嘉のスルーパスから右サイドの深い位置まで侵入した室屋がグラウンダーのボールを入れる。最後はピーター・ウタカが楽々と押し込んでFC東京が先制した。

▽結局このゴールが決勝点となり、FC東京は2連勝を飾り、神戸は3連敗となった。

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京、中央大学DF渡辺剛の来季加入内定を発表 今季は特別指定選手としてプレー

▽FC東京は19日、中央大学に所属するDF渡辺剛(21)の来シーズン加入内定を発表した。また、今シーズンは特別指定選手としてプレーすることも併せて発表している。背番号は32番。 ▽山梨学院大学で第93回全国高校サッカー選手権大会優秀選手にも選出された渡辺は、2015年に日本高校選抜、U-18日本代表候補に選出。その後、同年4月に中央大学へ進学した。 ▽FC東京は、クラブ公式サイトで同選手のアピールポイントを「空中戦の強さに加え、鋭いインターセプトから正確なビルドアップへと繋げて攻撃の起点になる。FC東京アカデミー出身のセンターバック」と紹介。その渡辺はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来季からFC東京に加入する渡辺剛です。小さい頃からお世話になったFC東京で、プロ生活をスタートさせることができることを本当に嬉しく思います。恵まれたことに、私はここに至るまでたくさんの経験を積むことができました」 「その中でたくさんの方々に支えられてここまで来ることができたことに感謝し、この先も努力を続け、FC東京を代表するプレーヤーになれるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」 2018.07.19 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯帰りのGK中村航輔負傷交代…FC東京がOGで柏下し2位キープ!《J1》

▽明治安田生命J1リーグの柏レイソルvsFC東京が、18日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ▽9位の柏(勝ち点20)が2位につけるFC東京(勝ち点28)をホームに迎えた、中断期間明け最初の一戦。15日に閉幕したロシア・ワールドカップの熱気冷めやらぬままに、両チームが幸先の良いリスタートを目指した。 ▽中断前最後の一戦で名古屋グランパスに競り勝ち連敗を「2」でストップさせた柏は、最後尾にGK中村、最終ラインに小池、パク・ジョンス、鎌田、亀川、中盤に細貝、大谷、キム・ボギョン、最前線に伊東、江坂、クリスティアーノを起用。加藤監督体制リーグ2戦目にして連勝を飾るため、[4-3-3]の布陣でゲームに入った。 ▽中断直前のリーグ戦2試合連続でゴールレスドローに終えたFC東京は、最後尾にGK大久保、ディフェンスラインに小川、岡崎、森重、太田、ボランチに米本、橋本、2列目に大森、高萩、橋本、最前線に富樫を起用。柏からのレンタルで加入しているFWディエゴ・オリヴェイラは契約上の関係で、FW永井、前田、DFチャン・ヒョンス、GK林らはコンディションの問題でベンチ外となった。 ▽試合が始まると、FC東京が早い時間帯にチャンスを作り出す。2分、FC東京が押し込み柏のボックス内にボールがこぼれると、小川が反応。枠を捉えた左足のシュートはGK中村に阻まれたものの、柏ゴールを脅かした。 ▽徐々に攻勢を強める柏は、17分にFC東京陣内中央付近でFKを獲得。しかし、キッカーのクリスティアーノが直接狙ったシュートは壁に当たり、得点には繋がらない。 ▽27分、今度はFC東京が決定機を演出する。左サイドでボールを受けた大森がドリブルでボックス左に侵攻し、オーバーラップした太田にスルーパスを供給。しかし、太田が上げたマイナスのクロスに反応した小川のダイレクトシュートは、DF亀川のブロックに遭い枠を捉えることができない。 ▽その後も一進一退の攻防が続く試合は次第に中盤でのぶつかり合いが増え、結局前半中に得点が生まれることはなくハーフタイムに。ゴールレスの状態で後半を迎えることとなった。 ▽柏は、ハーフタイム中に細貝に代えて手塚を起用。中盤により創造性を加え、巻き返しを図っていく。 ▽すると47分、柏が後半最初の決定機を迎える。ボックス手前のキム・ボギョンが浮き球のパスを送ると、ボックス内の江坂がヘディングシュートを放つ。しかし、シュートは右ポストを掠めて枠をわずかに外れた。 ▽61分、FC東京が幸運な得点で均衡を崩す。右サイドに抜け出した東がグラウンダーのクロスを供給すると、クリアしようと足を伸ばしたDFパク・ジョンスが押し込む形でネットを揺らし、FC東京が先制。柏にとっては痛恨のOGを献上することとなった。 ▽さらに、得点時のプレーで富樫と交錯したGK中村がピッチに倒れ込み、担架で外へ出ることに。GK桐畑との交代を強いられ、ピッチを退くこととなった。 ▽柏がやや勢いを失うと、73分にもFC東京がゴールに迫る。ボックス手前で東と高萩が連携し、ボックス右の富樫にボールが渡る。富樫が放ったシュートはGK桐畑にセーブされたものの、積極的に襲い掛かった。 ▽すると結局、その後も柏がネットを揺らすことはできないまま試合が終了。この結果、FC東京は3試合ぶりの勝利で2位をキープした。逆に、柏は11位に順位を落としている。 2018.07.18 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

元G大阪の広島DF丹羽大輝、長谷川トーキョーに完全移籍加入

▽FC東京は17日、サンフレッチェ広島に所属する元日本代表DF丹羽大輝(32)の完全移籍加入を発表した。背番号は「5」に決まっている。 ▽ガンバ大阪ユース出身の丹羽は、2004年のトップチーム昇格後、徳島ヴォルティス、大宮アルディージャ、アビスパ福岡に期限付き移籍。2012年にG大阪復帰を果たすと、2013年から指揮を執った長谷川健太現・FC東京監督の下でJ2優勝や、2014年の三冠達成、2015年の天皇杯連覇に貢献した。 ▽その後、2017年夏から出場機会を求めて広島に完全移籍。しかし、城福浩監督が就任した今シーズンは、明治安田生命J1リーグ第15節終了時点でわずか1試合の出場にとどまった。MF大森晃太郎やFWリンスに続き長谷川監督と再タッグを組むことになったことを受け、次のようにコメントしている。 ◆FC東京 「今やらなければならない事をきちんと整理して、自分が持っている力を100%以上出して、これまで培ってきたものをこのチームに全てささげたいと思います。ピッチの上で共に叫び共に笑い共に戦いましょう!!」 ◆サンフレッチェ広島 「去年、残留を勝ち取れたこと、今年、今の成績を残せていること、すべてはサポーターの皆さんと共に力を合わせた結果だと思っています。一年間エディオンスタジアムの声援を受けながらプレーできたことはこれ以上ない幸せでした。これからもサンフレッチェ広島の後押しをよろしくお願いします。本当にありがとうございました。またお会いしましょう」 2018.07.18 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】継続か、転換か――異なる意図持つ両クラブが激突《柏vsFC東京》

▽ロシア・ワールドカップ開催に伴う約2カ月の中断期間を経て、18日に再開のときを迎える明治安田生命J1リーグ。2位につけるFC東京は、第16節で9位に位置する柏レイソルのホーム、三協フロンテア柏スタジアムに乗り込む。 ◆加藤望監督体制、本格始動〜柏レイソル〜 ▽上位を目指していた柏は中位を彷徨い、中断直前に下平隆宏前監督が退任、加藤望監督が後を引き継いだ。すると、中断前最後の一戦、第15節名古屋グランパス戦で勝利。良い形で夏前を締めた柏は、中断期間中に負荷の高いトレ―ニングを行い徹底的に加藤イズムを浸透させた。補強に関しても、名古屋に移籍したDF中谷進之介の後釜としてフルミネンセ(ブラジル)からDFナタン・ヒベイロを獲得するなど、派手な変化はしていない。現有戦力のレベルアップを図る方針を貫いた。しかし、天皇杯3回戦ではモンテディオ山形に敗北。下平前監督体制同様、チャンス時に決め切れなかった敗戦に、加藤監督は「危機感として持てていない甘さ」、「選手に伝え切れてない甘さ」と“甘さ”が抜けていないとコメントしている。“苦い”経験を糧に、しぶとく勝ち切るという姿勢を示せるか。そういった部分で長所を持つFC東京を相手に、柏の底力が試される。 ◆エース欠く戦い〜FC東京〜 ▽好調を継続している2位のFC東京は、主にバックアッパーを務めていたDF丸山祐市とDF吉本一謙を中断期間中に放出。長谷川健太監督との再タッグとなるFWリンスを獲得し、攻撃の戦力は拡充したものの、センターバックの陣容には不安を抱えている。また、そのFWリンスも柏戦では登録が完了しないため、出られず。エースFWディエゴ・オリヴェイラも柏からの期限付きで加入しているため、契約上の関係で起用することができない。さらに、主力FW永井謙佑も負傷により欠場が濃厚なほか、チームに経験をもたらしてきたFW前田遼一も6月23日に負傷し、全治4週間と伝えられている。中断以前、以降でガラリと風向きが変わることも多いJリーグ。開幕からの好調を引き継ぎ優勝を目指すのであれば、このタイミングでの勝利は必須だ。槍を欠くFC東京に求められるのは、第一に守備の部分でこれまで通りのプレーを見せること。そして、攻撃の部分で出場機会の少なかった選手のモチベーションを引き出し、チームとしての戦いを示すことだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆柏レイソル[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180717_22_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:中村航輔 DF:小池龍太、パク・ジョンス、中山雄太、亀川諒史 MF:栗澤僚一、大谷秀和、キム・ボギョン FW:伊東純也、江坂任、クリスティアーノ 監督:加藤望<hr>▽MF小泉慶が累積警告により出場停止。また、MF中川寛斗は5月2日の第12節以来ベンチ入りすらしておらず、状態が危ぶまれている。フォーメーションに関しては、これまで用いていた[4-2-3-1]ではなく、加藤監督が基軸とする[4-3-3]が濃厚だ。 ◆FC東京[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180717_22_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:大久保択生 DF:室屋成、岡崎慎、森重真人、太田宏介 MF:橋本拳人、米本拓司 MF:大森晃太郎、高萩洋次郎、東慶悟 FW:富樫敬真 監督:長谷川健太<hr>▽9得点でエースとして活躍するFWディエゴ・オリヴェイラが、契約上の関係で出場できない。また、FW永井謙佑、FW前田遼一に加え、正守護神のGK林彰洋、ロシアW杯で全3試合に出場した韓国代表DFチャン・ヒョンスも負傷による欠場が濃厚とされている。永井が欠場した場合はフォアチェックの質が特に落ちるため、中盤の枚数を増やした[4-2-3-1]でより守備的なMF米本拓司が起用されると予想。チャン・ヒョンスの抜けたセンター・バックのポジションには、これまでサイドバックに配されていたDF岡崎慎の起用が濃厚だ。 【注目選手】 ◆FW江坂任(柏レイソル)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180717_22_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽柏の注目選手は、復活の兆しを見せているFW江坂任だ。鳴り物入りで柏に入団し10番を託されている今シーズン、序盤はゴールから見放される時期が続いていた。しかし、5月中の4試合では4ゴールを記録。チャンスメーカーとしてのタスクを任されながら、点取り屋としても抜群のパフォーマンスを披露している。巻き返しのきっかけとすべく臨む一戦、「チャンスは作れているが、決め切れない」という課題が挙げられる柏において、エースの爆発は不可欠な要素だ。 ◆DF太田宏介(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180717_22_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains, LTD.<hr></div>▽FC東京の注目選手は、精度の高いクロスが持ち味のDF太田宏介だ。Jリーグ屈指のホットラインを形成するFW伊東純也とDF小池龍太が太田の対面になることが予想されるこの試合、そのエリアでキーとなる攻防が繰り広げられるだろう。また、FWディエゴ・オリヴェイラのキープ、FW永井謙佑の裏抜けという選択肢が取れない場合、FC東京は武器の1つであるクロスを有効に使わなければならない。プレースキッカーを任せられる程の太田の左足を見せることで、牽制と攻撃を同時に行うことができる。当初に疑問視されていた守備面で安定した働きを披露し、持ち味の攻撃性能を存分に発揮することができれば、勝ち点3が限りなく近付く。 ◆継続か、転換か ▽中断前に結果を残し続けてきたFC東京と、内容と結果が伴わなかった柏。メンバーをあまり入れ替えることなく堅守速攻の手堅い戦いを継続してきたFC東京は、大きな軸とするFWディエゴ・オリヴェイラを欠き、危うい状況だ。攻撃的サッカーを一貫して掲げつつも新機軸への転換を図る柏は、風穴を開けることができるのだろうか。再開後のシーズンを占う柏vsFC東京は、19時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">柏vsFC東京をDAZNで観よう!</a><hr></div> 2018.07.17 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「プレーをしっかりと見せたい、ピッチで戦いたい」FC東京のMF梶山陽平、新潟へ期限付き移籍

▽アルビレックス新潟は16日、FC東京からMF梶山陽平(32)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は7月17日から2019年1月31日まで。背番号は「13」に決定している。 ▽FC東京下部組織出身の梶山は、2004年にトップチーム昇格。2013年にはパナシナイコス、大分トリニータへの期限付き移籍を経験した。在籍16年目を迎えた今シーズンはここまでYBCルヴァンカップで3試合1得点、U-23チームで明治安田生命J3リーグ5試合に出場していた。 ▽新潟への期限付き移籍が決定した梶山は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「FC東京から加入することになりました梶山陽平です。J1昇格という目標達成に向けて、チームの雰囲気や流れを変えられるような貢献をできるように頑張りたいと思います。 応援よろしくお願いいたします」 ◆FC東京 「優勝争いをしている中でチームを離れてしまい申し訳ありません。ただ、サッカー選手として『自分のプレーをもう一度しっかりと見せたい、ピッチで戦いたい』という気持ちが強く、チャレンジしようと決めました。これまで応援してもらってきたことに恥じないようなプレーをしたいと思っています。チームは変わりますが、また自分のプレーを観てもらえるように、頑張ります。東京は必ず優勝できると信じています」 2018.07.16 17:15 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース