奥埜弾で仙台が広島を下し、8試合ぶりの白星を飾る《J1》2017.08.13 21:03 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽13日に明治安田生命J1リーグ第22節のベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島がユアテックスタジアム仙台で行われ、1-0で仙台が勝利した。

▽9日で3試合を行う過密日程のラストマッチでは、13位の仙台(勝ち点23)が、17位の広島(勝ち点15)をホームに迎えた。リーグ戦で7試合白星から遠ざかっている仙台は、前節のジュビロ磐田戦から5人を変更。出場停止のDF平岡、DF蜂須賀、MF梁勇基、MF佐々木、FWクリスランに代えてDF古林、DF椎橋、MF奥埜、FW西村、FW石原を起用した。

▽対する広島はここ2試合で1勝1分けと勝ち点を積み重ねている。前節のガンバ大阪戦から2人を変更し、出場停止のMF青山、MFフェリペ・シウバに代えてMF柴崎、MF森島をスタメンで起用した。

▽試合はアウェイチームが主導権を握る展開となり、8分にはパトリックがフリックしたボールを受けたアンデルソン・ロペスがヒールで流す。これを受けたパトリックが右足で合わせた。これはGKシュミット・ダニエルに防がれたが、その後も広島がパトリックの高さと強さを活かして仙台を押し込んでいく。

▽対する仙台はビルドアップ時のパスでエラーが目立ち、なかなか相手陣内にボールを運べない。それでも27分には古林が奥埜とのワンツーで右サイドを突破して、深い位置からクロスを配給。ゴール前の西村がこれを受けると、相手を背負った状態から反転して左足を振り抜いたが、GK中林にキャッチされた。

▽その後、ハーフタイムにかけては中盤での潰し合いが続き、お互いに決定機までは持ち込めずに前半終了のホイッスルを迎えた。

▽互いに交代なしで迎えた後半は47分にアンデルソン・ロペスが中盤でボールを拾ってそのまま運び、ミドルレンジから左足で狙う。強烈なシュートだったが枠を捉えきれず、ボールはゴールマウスの右へとそれていった。すると51分、今度は仙台がチャンスを作ると、西野がボックス手前から放ったシュートのこぼれ球を奥埜が押し込み、劣勢だった仙台が先取点をもぎ取る。

▽このゴールで勢いに乗った仙台は、54分にはボックス手前でFKを獲得すると、三田が左足で直接狙う。壁の外側を巻いて狙ったシュートだったが、GK中林の好セーブに阻まれて広島を突き放せない。

▽追いかける広島は65分に森島を下げて森崎を投入。ピッチに張った森崎はボランチにポジションを取り、柴崎がトップ下に。すると70分には柏が左サイドを突破してクロスを入れると、これにパトリックが頭で合わせる。しかしボールは右ポストを叩き、ネットを揺らすことはできない。

▽さらに広島は81分に高橋を下げて工藤を投入。柏をサイドバックに下げる攻撃的な布陣で1点を目指す。90分にはゴール前の混戦からアンデルソン・ロペスが狙ったが決めきれず。試合はそのまま終了を迎え、仙台が3連戦最後の一線で白星を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

仙台がMF富田晋伍とMF金久保順のベテラン2人と契約更新

▽ベガルタ仙台は16日、MF富田晋伍(31)、MF金久保順(30)と2018シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽2005年に東京ヴェルディユースから加入して以来、仙台一筋の富田。在籍13年目を迎えた今シーズンの明治安田生命J1リーグでは25試合に出場した。Jリーグ通算では353試合を数える富田はクラブの公式サイトで以下のようにコメント。 「来シーズンも仙台でプレー出来る事を嬉しく思います。チームの勝利、目標に一歩でも近づけるように、体を張って相手の攻撃を摘み取りたいと思います。引き続きユアスタに足を運んでいただき、チームへの後押しよろしくお願いいたします」 ▽流通経済大学を卒業後、大宮アルディージャ、アビスパ福岡、川崎フロンターレと渡り歩き、2015年に仙台に加入した金久保。今季はケガに泣き、リーグ戦2試合の出場に留まったが、来季に向けた意気込みを次のように語った。 「今シーズンはけがが多く、チームに貢献できずにとても悔しいシーズンでした。来シーズンは1年を通して、チームの勝利に貢献できるような活躍を、みなさんにお見せできるよう精いっぱいがんばります。来シーズンも熱いご声援よろしくお願いいたします」 2017.12.16 15:07 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台がニューヒーロー賞のFW西村拓真、DF永戸勝也と契約更新

▽ベガルタ仙台は14日、FW西村拓真(21)、DF永戸勝也(22)との契約更新を発表した。 ▽西村は富山第一高校から2015年に加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグで28試合に出場し2得点を記録。YBCルヴァンカップでは10試合に出場し2得点を記録し、チームのベスト4進出に貢献。ニューヒーロー賞を受賞していた。 ▽永戸は、今シーズン法政大学から加入。左ウイングバックとしてJ1で17試合に出場していたが、7月に右足外くるぶしの脱臼骨折および内くるぶしのじん帯損傷で離脱していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW西村拓真 「今シーズンはチームとして成長した姿を見せることができたと思います。来シーズンは個人としては結果にこだわり、チームとしてはタイトル獲得を目指して戦いたいです。また、レベルアップするために日々のトレーニングから全力で取り組みます。来シーズンもよろしくお願いいたします」 ◆DF永戸勝也 「今シーズンの熱いご声援ありがとうございました。けがのため苦しいシーズンとなり悔いが残った分、来シーズンにかける思いは人一倍強いです。ベガルタゴールドで満員のユアスタで躍動し、スタンドを僕の左足で湧かせたいと思います。来シーズンも熱いサポートよろしくお願いします」 2017.12.14 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台がDF平岡康裕と契約更新! 今季J1リーグ33試合出場

▽ベガルタ仙台は13日、DF平岡康裕(31)との英訳更新を発表した。 ▽平岡は、清水エスパルス、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)を経て、仙台に2016シーズン加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグ33試合に出場し、最終ラインの主軸を担った。契約更新を受けて、次のようにコメントしている。 「今シーズンも温かいご声援ありがとうございました。来シーズンもけがなくチームのために常に全力で戦い、無失点勝利の試合を増やすことで上位進出に貢献したいと思います。安定感ある守備でチームを鼓舞します。引き続き応援よろしくお願いします」 2017.12.13 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台、MF椎橋慧也とDF常田克人の契約更新を発表

▽ベガルタ仙台は12日、MF椎橋慧也(20)、DF常田克人(20)の契約更新を発表した。 ▽椎橋は、仙台に2016シーズン加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグ9試合に出場して1ゴールをマークした。常田も椎橋と同じく2016シーズンから仙台でプレー。今シーズンは期限付き移籍で大分トリニータに加わったが、出番がなかった。契約更新を受けて、両選手は次のようにコメントしている。 ◆MF椎橋慧也 「今シーズンも熱いご声援ありがとうございました。来シーズンはけがすることなく1年間通してチームの勝利に貢献することを目標とし、たくさんの方々が観戦に来ていただけるように日々全力でプレーしたいと思います。来シーズンもよろしくお願いいたします」 ◆DF常田克人 「今シーズンも温かいご声援ありがとうございました。大分で学んだこと、気づいたことを生かしながら、来シーズンはより自分自身を高め、チームの勝利に貢献したいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします」 2017.12.12 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

仙台GK石川彗とMF中野嘉大の同級生コンビが入籍を発表

▽ベガルタ仙台は11日、GK石川彗(25)とMF中野嘉大(24)が入籍したことを発表した。 ▽2011年に仙台に加入した石川は、ソニー仙台FCやブラウブリッツ秋田への期限付き移籍をへて、2015年に復帰。今シーズンは出場機会に恵まれなかった。石川はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私事ではありますが、7月6日に入籍いたしました。サッカーができない時期を支えてくれた妻のためにも、より一層責任感を持ってサッカーに取り組むと共に1人の人として成長していきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」 ▽中野は筑波大学を卒業後、2015年に川崎フロンターレに加入。今季は期限付きで仙台に移籍し、明治安田生命J1リーグで18試合に出場し、2ゴール3アシストを記録した。クラブ公式サイトでは以下のようにコメントを残している。 「私事ではありますが、かねてよりお付き合いをしていた女性と入籍いたしましたので、ご報告させていただきます。けがに苦しんだ時期も結果を出せなかった時期も、ずっと側で支えてくれました。妻を支えていくことはもちろんのこと、1人の人として、サッカー選手としてより大きく成長し、結果を出せるように日々トレーニングに励みたいと思います」 2017.12.11 14:57 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース