シャペコエンセの来日メンバーが発表! 墜落事故の生存者DFルシェウは来日せず…《スルガ銀行チャンピオンシップ》2017.08.13 16:02 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は13日、「スルガ銀行チャンピオンシップ2017SAITAMA」で浦和レッズと対戦するシャペコエンセ(ブラジル)の来日メンバーを発表した。

▽今回のメンバーには、かつて東京ヴェルディに所属していたDFアポジや、ル・マン時代に元日本代表MF松井大輔とプレーした経験を持つFWトゥーリオ・デ・メロらも含まれている。なお、昨年11月にコパ・スダメリカーナ決勝前に発生した悲劇の飛行機墜落事故の生存者でバルセロナとのジョアン・ガンペール杯で復帰を果たしたDFアラン・ルシェウは、来日メンバーから外れた。

▽今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆シャペコエンセ来日メンバー
GK
1.アルトゥール・モライス(ブラジル)
93.ジャンドレイ(ブラジル)
12.エリアス(ブラジル)

DF
22.アポジ(ブラジル)
6.レイナウド(ブラジル)
3.グローリ(ブラジル)
26.ディエゴ・レナン(ブラジル)
21.ルイス・オタビオ(ブラジル)
14.ファブリシオ・ブルーノ(ブラジル)

MF
40.セイハス(ベネズエラ)
23.ゲレーロ(エクアドル)
5.モイゼス・リベイロ(ブラジル)
11.ルイス・アントニオ(ブラジル)
33.ルーカス・マルケス(ブラジル)
25.ルーカス・ミネイロ(ブラジル)

FW
30.ネネン(ブラジル)
9.ウェリントン・パウリスタ(ブラジル)
10.トゥーリオ・デ・メロ(ブラジル)
7.ペニージャ(エクアドル)
17. アルトゥール・カイケ(ブラジル)

コメント

関連ニュース

thumb

ルヴァンカップを制したC大阪のスルガ銀行チャンピオンシップ出場が決定

▽日本サッカー協会(JFA)は、2018年夏に行われるスルガ銀行チャンピオンシップ2018に、2017 Jリーグ YBCルヴァンカップを制したセレッソ大阪が出場することを発表した。C大阪は初出場となる。 ▽スルガ銀行チャンピオンシップは、南米サッカー連盟(CONMEBOL)が主催するCONMEBOL スダメリカーナ2017の優勝チームと対戦する試合。今シーズンは、浦和レッズとシャペコエンセ(ブラジル)が対戦していた。 ▽CONMEBOLスダメリカーナは現在ベスト4が決定。リベルタ(パラグアイ)、フラメンゴ(ブラジル)、アトレティコ・フニオール(コロンビア)、インデペンディエンテ(アルゼンチン)が勝ち残っている。 ▽なお、開催日や会場は現在のところ未定となっている。 2017.11.06 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

終了間際の阿部のPK弾で浦和がシャペコエンセを退け、大会初優勝!《スルガ銀行チャンピオンシップ》

▽スルガ銀行チャンピオンシップ、浦和レッズvsシャペコエンセが15日に、埼玉スタジアム2002で行われ、1-0で浦和が勝利。今大会初優勝を飾った。 ▽2008年から始まったスルガ銀行チャンピオンシップも今回で10回目を迎えた。記念すべき今大会は、昨年のYBCルヴァンカップ王者の浦和と、コパ・スダメリカーナ王者のシャペコエンセ(ブラジル)が対戦した。 ▽ホームの浦和はGKに榎本、ディフェンスラインはマウリシオ、槙野、森脇の3人が固めた。中盤は宇賀神、柏木、駒井、阿部の4枚、前線の3トップにラファエル・シルバ、武藤、ズラタンが入った。 ▽一方、昨年11月のラミア航空2933便墜落事故で、元Jリーガー4名を含む選手19名や監督、スタッフら71名が犠牲となったシャペコエンセの先発メンバーには、かつて東京ヴェルディでプレーしたアポジや、アビスパ福岡に在籍したモイゼス・リベイロが選ばれた。 ▽試合序盤は浦和がボールを支配する展開が続いた。シャペコエンセの選手は遠征疲れからか、少々動きが重い様子。柏木を中心に攻める浦和は15分に、その柏木のスルーパスからボックス右に抜け出したズラタンがクロスを上げるが、シャペコエンセDFにカットされる。 ▽攻め込まれるシャペコエンセだが、粘り強い守りで浦和にゴールを許さない。主に右サイドから攻撃の起点を作るシャペコエンセは、アポジのクロスから何度かゴール前まで運ぶものの、なかなかシュートで終われない。 ▽ここまで拮抗した試合が続く中、浦和が42分に前半最大の決定機を迎える。ボックス外右からの柏木のFKに、ゴール前でズラタンが頭で合わせるがGKジャンドレイの正面。無得点のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、最初のチャンスはアウェイのシャペコエンセに訪れる。54分、右サイドの深い位置で得たFKから、ゴール前で192cmの長身トゥーリオ・デ・メロが頭で合わせるが枠を外した。 ▽後半になってギアを1つ上げてきたシャペコエンセは、59分にスルーパスに抜け出したカイケが無人のゴールにシュートを放つが、角度がなくサイドネットに外してしまった。対する浦和は、攻撃のキーマンだった柏木を封じられ、思うような攻撃を作れない。 ▽このまま終わるかに思われた後半終了間際の88分、相手のクリアボールに反応したズラタンが、シャペコエンセDFグローリにボックス内で倒され浦和にPKの判定。シャペコエンセの選手たちは主審に猛抗議したが、判定は覆らず。このPKを阿部がきっちり決めて、浦和に待望の先制点をもたらした。 ▽後半アディショナルタイムも10分を経過し、ようやく試合終了。試合終了間際の阿部のPK弾で、1-0で勝利した浦和がスルガ銀行チャンピオンシップ初優勝を決めた。 2017.08.15 21:17 Tue
twitterfacebook
thumb

「南米サッカー連盟と日本サッカー協会の貴重な友情の証」 南米サッカー連盟会長&シャペコエンセ会長・監督からメッセージ《スルガ銀行チャンピオンシップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は18日、8月15日に埼玉スタジアム2002で行われる「スルガ銀行チャンピオンシップ 2017 SAITAMA」に向けて、記者会見を行った。 ▽会見には田嶋幸三氏(日本サッカー協会会長)、岡野光喜氏(スルガ銀行株式会社 代表取締役会長兼CEO)、日本代表として出場する2016JリーグYBCルヴァンカップ王者の浦和レッズのミハイロ・ペトロヴィッチ監督、FWラファエル・シルバが出席した。 ▽記念すべき第10回目の開催となる今大会、初出場となる浦和は、コパ・スダメリカーナ2016の王者であるシャペコエンセ(ブラジル)を迎える。 ▽同会見中には、南米サッカー協会(CONMEBOL)の会長を務めるアレハンドロ・ドミンゲス氏からの手紙、シャペコエンセの会長を務めるプリニオ・ダビド・ジ・ネス・フィーリョ氏と指揮官を務めるヴィニシウス・エウトロピオ監督(※写真)からのビデオレターが紹介された。 <span style="font-weight:700;">◆アレハンドロ・ドミンゲス</span>(南米サッカー連盟会長) 「JリーグYBCルヴァンカップの優勝チームとコパ・スダメリカーナの優勝チームが戦うこの試合は、まさに南米サッカー連盟と日本サッカー協会の貴重な友情の証と言えるでしょう」 「スルガ銀行チャンピオンシップは、南米連盟と日本サッカー協会のお互いのサッカーの質を向上させるために切磋琢磨し、深い友情のもと、2008年から毎年恒例のイベントとしてスタートしました。この大会は私たちがサッカーの普及と発展を通じて日本と南米の結びつきをさらに強くすることができる大会です。南米サッカー連盟にとってこの大会は、南米の新しい選手たちの才能を世界に披露する絶好の機会であり、南米サッカーの高いクオリティと情熱を分かち合うことができるでしょう」 <span style="font-weight:700;">◆プリニオ・ダビド・ジ・ネス・フィーリョ</span>(シャペコエンセ会長) 「さいたま市の関係者及びさいたま市民の皆様、スルガ銀行をはじめとするスルガ銀行チャンピオンシップ主催者の皆様、浦和レッドダイヤモンズのチームの皆様、こんにちは。来たる8月15日、皆様のもとで試合を行えることの喜びの気持ちを伝えさせて頂きます。この試合は我々にとって、2つの国、2つの民族、2つのチームの友好の絆を意味します。ですから、我々は日本に赴いて皆様と共に、この平和と喜びを象徴する交流に参加し、シャペコエンセの歴史の新しい一幕とさせて頂きます」 <span style="font-weight:700;">◆ヴィニシウス・エウトロピオ監督</span>(シャペコエンセ) 「我々シャペコエンセにとって、この試合がとても重要なのは、クラブ史上初の大陸間(インターコンチネンタル)マッチだからです。クラブの歴史に残る試合であり、サポーターにとってもこの町にとっても、そしてもちろん選手たちにとって、最高の機会なのです。我々はブラジルを代表して全力を尽くし、誇りを持って戦います」 ▽なお、試合は8月15日(火)の19時に埼玉スタジアム2002でキックオフを迎える予定。フジテレビNEXTでは、18時50分から生放送、同日23時からBSフジにて録画放送がされる。 2017.07.18 20:33 Tue
twitterfacebook
thumb

JFAの田嶋幸三会長「勇気と希望、そしてリスペクト溢れる感動的なゲームに」《スルガ銀行チャンピオンシップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は18日、8月15日に埼玉スタジアム2002で行われる「スルガ銀行チャンピオンシップ 2017 SAITAMA」に向けて、記者会見を行った。 ▽会見には田嶋幸三氏(日本サッカー協会会長)、岡野光喜氏(スルガ銀行株式会社 代表取締役会長兼CEO)、日本代表として出場する2016JリーグYBCルヴァンカップ王者の浦和レッズのミハイロ・ペトロヴィッチ監督、FWラファエル・シルバが出席した。 ▽記念すべき第10回目の開催となる今大会。クラブ史上初出場の浦和は、コパ・スダメリカーナ2016王者であるシャペコエンセ(ブラジル)を迎え撃つ。 ▽会見に出席した田嶋氏は、昨年11月28日に起こったラミア航空2933便墜落事故で犠牲となったシャペコエンセの選手たちを追悼すると共に、この大会を開催できたことに対する感謝の言葉を述べた。また、「勇気と希望そしてリスペクト溢れる感動的なゲームになる」と今回の一戦に期待を寄せた。 <span style="font-weight:700;">◆田嶋幸三</span>(日本サッカー協会会長) 「ご存知の通り、シャペコエンセは昨年のコパ・スダメリカーナでクラブ史上初の決勝に進出しました。その決戦の地に向かう途中でチャーター機の事故により、痛ましい事故となってしまいました。クラブの存続が危ぶまれましたが、世界中のサッカーファミリーの人々がシャペコエンセを応援し、そして見事立て直し、このスルガチャンピオンシップに臨むことができるようになりました。本当にサッカー界において歴史に残る素晴らしい試合になることは間違いないと思っております」 「一方、浦和レッドダイヤモンズは、ルヴァンカップで優勝し、そして昨年は、Jリーグの真のチャンピオンだと私は思っております。今シーズンは、順位が甘んじておりますが、ACLではベスト8に進出し、非常にその力をアジアで示してくれています。このスルガ銀行チャンピオンシップの後も、ACLの重要な試合も控えております。強豪ひしめく南米のチャンピオンシップのクラブとの一戦。Jクラブのレベルを本当に真の意味で世界に示す良いチャンスだと思っております」 「そしてこれがJリーグ全体での、世界基準へのアプローチに繋がると確信しております。両チームとも誇り高い志を胸に、この一戦に臨むことでしょう。勇気と希望そしてリスペクト溢れる感動的なゲームになると確信し、皆さんにぜひスタジアムに来て、観戦して頂きたいと思います」 「最後になりましたが、プレゼンティングスポンサーとしてご支援いただいているスルガ銀行を始め、Jリーグ、南米サッカー連盟、埼玉県サッカー協会、そして多くのボランティアの皆さま、そして両チームを応援するサポーターの皆さまに感謝申し上げます」 ▽また、プレゼンティングスポンサーを務めるスルガ銀行株式会社の岡野氏は、同大会を開催できたこと、シャペコエンセに来日して頂けることに対して感謝の言葉を述べた。 <span style="font-weight:700;">◆岡野光喜</span>(スルガ銀行株式会社 代表取締役会長兼CEO) 「今年もスルガ銀行チャンピオンシップに、プレゼンティングスポンサーとして協賛させていただきますことを誠に嬉しく思っております。私共スルガ銀行は「I DREAM」というスローガンのもと、サッカーを愛する全ての人の夢を応援しております」 「日本少年サッカーの発祥の地であります静岡県に本店を構える銀行として、日本のサッカー界を盛り立てると共に、未来に向けて、世界のサッカー界をリードする若者たち、子供たちの成長をバックアップしていきたいとの思いから静岡県のユース、ジュニアユース、キッズ全てのカテゴリーのサッカー開催に協賛させて頂いております」 「このスルガ銀行チャンピオンシップは今年10回目の記念すべき大会であります。簡単に10回目と申しますが、小さかった少年は、今まで行われた過去9回の南米の強豪チームと日本のJリーグチームとの真剣勝負から大きな感動と共に多くのことを学び、さらに夢や希望広げていったのではないかと思っております」 「今までの対戦成績は日本の5勝、南米の4勝でわずかに日本が勝ち越しています。今年は、先ほど田嶋さんからもご紹介がありましたけれども、ブラジルのシャペコエンセを迎えて行われます。シャペコエンセは昨年、大きな悲劇に見舞われました。再建の道を歩んでおりますが、まだ道半ばだと思っております。この大会に出場するために来日して頂くことに改めてお礼を申し上げたいと思います。また、初出場の浦和レッズには日本を代表して熱き思いでシャペコエンセとの一戦に臨んでいただければと思っております。熱戦を楽しみにしております。ありがとうございました」 ▽なお、試合は8月15日(火)の19時に埼玉スタジアム2002でキックオフ。フジテレビNEXTでは、18時50分から生放送、同日23時からBSフジにて録画放送される。 2017.07.18 20:32 Tue
twitterfacebook
thumb

ラファエル・シルバ、母国クラブとの対戦に「皆様の心に長く残るような試合になると確信している」《スルガ銀行チャンピオンシップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は18日、8月15日に埼玉スタジアム2002で行われる「スルガ銀行チャンピオンシップ 2017 SAITAMA」に向けて、記者会見を行った。 ▽会見には田嶋幸三氏(日本サッカー協会会長)、岡野光喜氏(スルガ銀行株式会社 代表取締役会長兼CEO)、日本代表として出場する2016JリーグYBCルヴァンカップ王者の浦和レッズのミハイロ・ペトロヴィッチ監督、FWラファエル・シルバが出席した。 ▽記念すべき第10回目の開催となる今大会。クラブ史上初出場の浦和は、コパ・スダメリカーナ2016王者であるシャペコエンセ(ブラジル)を迎え撃つ。 ▽会見に出席したFWラファエル・シルバ(浦和レッズ)は、この一戦が「皆様の心に長く残るような試合になると確信している」と主張。また、シャペコエンセの選手とのつながりを尋ねられ、エピソードを明かした。 <span style="font-weight:700;">◆FWラファエル・シルバ</span>(浦和レッズ) 「このイベントを開催するにあたって、ご協力いただいた皆様に心から感謝を申し上げたいと思います。僕らにとって、この試合は本当にスペクタクルな試合になると思います。それはシャペコエンセも同様だと思います。そして、この試合を観てくれる皆様の心に長く残るような試合になると確信しております。重ねて、このイベントを開催するにあたってご協力をして頂いた皆様に心から感謝しております」 「先ほども監督がおっしゃったように、我々はシャペコエンセを迎え入れるにあたって、僕らにできるホスピタリティを全て彼らのためにしてあげたいと思いますし、彼らが日本のことを忘れないような試合にしていきたいと思います。ブラジル人の私としては、ブラジルを離れて数年経ちますが、こういったキッカケを頂いて、そして母国であるブラジルのチームと対戦することは、大変楽しみなことです。そしてブラジルのサッカーの魅力を含め、違ったリーグを見ていただければ皆さんも非常に楽しんでいただけると思います」 「シャペコエンセというチームは、僕らにとって見本となるチームだと思います。悲しい事故があってからほとんどの人たちが諦めかけていましたが、彼らは底力を見せてもう一度チームの立て直しに努めてきました。そして今、観ての通り魅力のあるチームになっていきました。ですので、僕個人、1人の選手として、シャペコエンセと日本で対戦できることを心から楽しみにしております」 <span style="font-weight:700;">──シャペコエンセのメンバーとのつながりやエピソードなどはありますか</span> 「残念ながら“前のチーム”には2人の友達がいました。現在のチームにも知り合いはいます。現在、シャペコエンセというチームは強いチームに変わってきていることは間違いありません」 「僕がクリチーバでプレーしていた頃、ジウとセルジオ・マヌエルと一緒にプレーしていました。その2人とは常に近い距離で様々なことをサポートしてくれました。僕にとっては思い出深い2人です」 ▽なお、試合は8月15日(火)の19時に埼玉スタジアム2002でキックオフ。フジテレビNEXTでは、18時50分から生放送、同日23時からBSフジにて録画放送される。 2017.07.18 20:31 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース