マドリーがジダン監督に新契約提示へ!! スーペル・コパに向けた会見で3年契約を認める2017.08.13 13:26 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーがジネディーヌ・ジダン監督の契約延長に口頭で合意しているようだ。スペイン『アス』が報じた。

▽昨季のジダン監督は、マドリーに5年振りとなるリーガエスパニョーラのタイトルをもたらした。さらに史上初となるチャンピオンズリーグ連覇にも導くなど大きな功績を残している。

▽一部報道では、この成績を受けてマドリーがジダン監督に契約延長をオファーしていると伝えられていた。

▽『アス』によると、ジダン監督とマドリーの交渉は間もなく決するようで、近日中に正式な発表が行われるようだ。なお、契約期間は3年で2020年までとなり、給料は現在の435万ユーロから800万ユーロ(約5億6100万から10億3200万円に跳ね上がるという。

▽またジダン監督は、13日に行われるスーペル・コパ1stレグのバルセロナ戦に向けた前日会見で、今回の契約延長を受けて次のようにコメントした。

「クラブが私に対して信頼を示してくれたことを嬉しく思う。これまでも一緒に働いてきて、多くのものを勝ち取ってきた。今までも素晴らしい時間を過ごせているが、これからも楽しむことが大事だ」

「何事も浮き沈みがある。そんな中でも我々がすべきことは、試合に備え、努力を怠らず、そして団結することが必要だ」

コメント

関連ニュース

thumb

ジダン、レアル・マドリー監督は「ほかのクラブよりも消耗が激しい」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、同クラブでチームを率いることの苦労を説いている。<br><br>18日にリーガエスパニョーラ第24節、敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦に臨むレアル・マドリー。その試合の前日会見に出席したジダン監督は、同チームを指揮することが大きな消耗を伴うとして、いつの日かチームを後にするとの見解を述べた。<br><br>「監督業の消耗は凄まじい。レアル・マドリーであれば、なおさらね。もちろん、これから変化はあるだろう。それは監督だけではなく、全員に起こるものなのだから。今現在はそうした時期ではないが、そういうことが将来的に起こる。どのような職業も消耗するものだが、しかしここはほかの場所よりも消耗が激しい」<br><br>「今季終了後に辞める可能性? 私にとって重要であるのは日々行っていることにほかならない。今季を望むような形で終えることだけを考えている。それ以外のことは頭にないよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 23:36 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーのパスマスターが負傷、2週間離脱か

▽レアル・マドリーは16日、ドイツ代表MFトニ・クロースの負傷を報告した。 ▽クロースは同日、検査を受けたところ、左ヒザ外側じん帯のねん挫と診断。全治など詳細は明らかにされていないものの、スペイン『アス』によれば、2週間ほど離脱を余儀なくされる見通しだ。 ▽これにより、クロースは今後のリーガエスパニョーラ5試合を欠場。3月6日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのパリ・サンジェルマンでの復帰を目指すという。 ▽非凡なパスセンスを武器にレアル・マドリーの中盤で不動の地位を確立するクロース。今シーズンもここまで公式戦29試合に出場して4ゴール7アシストと活躍していた。 2018.02.17 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ポグバ、来夏ユナイテッド→レアル・マドリーへ?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(24)にレアル・マドリー移籍の可能性が浮上した。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽2016年夏、当時の移籍史上最高額となる8900万ポンドでユベントスから古巣ユナイテッドに復帰したポグバ。だが、ユベントス時代のような大胆かつ鮮烈な活躍に程遠いとの見方が強く、今シーズンにおいてジョゼ・モウリーニョ監督の信頼低下が取り沙汰され始めている。 ▽伝えられるところによれば、ポグバは今冬にアーセナルから“好待遇”加入したチリ代表FWアレクシス・サンチェスの登場も重なって現状に不満。その状況を見抜いたレアル・マドリーがポグバをサンチャゴ・ベルナベウに誘い込む動きをスタートさせたようだ。 ▽だが、ポグバの獲得資金として、少なくとも1億2000万ポンド(約179億8000万円)以上が必要な情勢。ユナイテッド側も5年契約を結ぶポグバの売却を考えていないという。レアル・マドリーにとって困難を極めるオペレーションになることは間違いなさそうだが、果たして…。 2018.02.17 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

クロースがジダンへの批判に反論「2年で8タイトル。十分過ぎるよ」

レアル・マドリーMFトニ・クロースは、国内での戦いに批判が集まるジネディーヌ・ジダン監督の功績を、改めて称賛した。スペイン紙『マルカ』が報じている。<br><br>14日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグで、パリ・サンジェルマン相手に3-1と勝利を収めたレアル。しかし、国内カップ戦はすでに敗退し、リーグ戦でも首位バルセロナに17ポイント差の4位という苦しい状況が続いている。<br><br>チームを率いるジダン監督に対する批判が強まる状況だが、中盤を支えるクロースは指揮官への信頼を強調した。<br><br>「レアルのようなチームでは、少し結果が出ないと批判が出てくるのはいつものことだよ。ジダン監督は、2年で8個のタイトルを獲得している。それは十分過ぎるよ。僕たちは厳しい時期を過ごしたが、最近は調子が上がってきている。これからは良い成績を残せる自信があるよ」<br><br>そして、ドイツ代表MFはパリSG戦の勝利は、チームにとって重要なものだったと語っている。<br><br>「この勝利はとても大きかった。なぜならチャンピオンズリーグは僕たちに残された唯一のタイトルだからさ。2連覇を果たしたからといって特別なプレッシャーは感じなかったけどね。僕たちはレアル・マドリーだ。プレッシャーはいつもあるよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

男前! モドリッチ、大一番で審判に「相手のファウルじゃない」と伝える

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチは大一番でもフェアプレー精神を忘れることはないようだ。 ▽レアル・マドリーは、14日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し、1stレグを3-1で先勝した。モドリッチはこの試合の後半、64分にペナルティアーク手前で仕掛けると、倒れたところでFKを獲得した。 ▽モドリッチにアプローチしていたMFアドリアン・ラビオは、この場面でイエローカードを提示された。スローで見るとラビオはモドリッチに触れていなかったことで、PSGにとっては不運な場面ともみられた。 ▽ただ、『rmcsport』によればモドリッチは試合中にラビオを擁護していたようだ。MFマルコ・ヴェッラッティは試合後、「モドリッチは主審に対してファウルはなかったと伝えていた」と話したことが伝えられている。 ▽なお、折り返しの2ndレグは、3月6日にパルク・デ・プランスで開催される。 2018.02.16 10:50 Fri
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース