“ネイマール・ロス”のバルサ、新指揮官はデウロフェウの活躍に期待2017.08.13 12:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアーネスト・バルベルデ監督が、13日に行われるスーペル・コパ1stレグのレアル・マドリー戦に向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが報じている。

▽昨季までの3シーズン間指揮を執ったルイス・エンリケ監督が退任し、今季から前ビルバオ指揮官のバルベルデ監督を招へいした。そんな中、昨季のコパ・デル・レイ王者として、リーガエスパニョーラ王者のレアル・マドリーと今シーズン最初の公式戦に臨む。

▽前日会見に出席したバルベルデ監督は、マドリーとの“エル・クラシコ”を前に意気込みを語った。

「我々はこの試合に勝つためにベストを尽くす必要がある。2つの試合があり、どちらも激しい戦いとなるだろう。今は試合に向けて完全に集中している」

▽また、バルベルデ監督は今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンへと移籍したブラジル代表FWネイマールについて言及。シーズン前に主力選手を引き抜かれたが、新指揮官はバルセロナに復帰したスペイン代表FWジェラール・デウロフェウに期待していることをスペイン『アス』が報じた。

「ネイマールはもういない。しかし彼の代わりになるような選手たちは、この試合でプレーするための準備ができている。何よりも、我々は過去ではなく未来を見なければいけない」

「左サイドはアルバとともにデウロフェウのコンビネーションに期待する。そこにメッシも加わるだろう。ガンペール杯のシャペコエンセ戦でもそれは見られた」

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ、セルジ・ロベルトと2022年まで契約延長! 「目標はできるだけ長く留まること」

▽バルセロナは22日、スペイン代表MFセルジ・ロベルト(26)との契約延長を正式に完了したことを公式ツイッター(@FCBarcelona)上で発表した。 ▽クラブ側が16日に伝えていた通り、セルジ・ロベルトは、2022年6月30日までの新契約にサイン。なお、契約解除金は5億ユーロ(約660億円)に設定されている。同選手は、クラブ公式ツイッターを通して以下のようにコメントしている。 「僕はいつだってここに居たいと願ってきた。幼少期からバルサファンなんだよ。12年間バルサで過ごしていて、目標はできるだけ長く留まることだ」 「(リオネル・)メッシと連係することは本当に容易い。彼は全てを簡単にしてしまうからね。世界最高の選手で、彼の近くに居ると全てが良くなるんだ」 ▽バルセロナのカンテラーノであるセルジ・ロベルトは、2010年11月のコパ・デル・レイのセウタ戦でトップチームデビュー。ここまでトップチームでの公式戦186試合に出場し7ゴール23アシストを記録している。 2018.02.22 23:05 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサが敵地の第1戦を1-1で終えた場合...84%の確率でラウンド突破

バルセロナにとって、敵地でのドローは価値のあるものだったと言えそうだ。<br><br>20日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦が行われ、バルセロナは敵地スタンフォード・ブリッジでチェルシーに1-1と引き分けた。過去のデータを見れば、バルセロナがラウンド突破に向けて優位かもしれない。<br><br>過去、バルセロナが決勝トーナメントにおいてアウェーでの第1戦を1-1で終えたのは13回だ。そのうち、11回でラウンド突破を決めている。<br><br>そのうちバルセロナが敗退したのは2回。1992-93シーズン(対CSKAモスクワ)、2002-03シーズン(対ユベントス)のみだ。<br><br>提供:goal.com 2018.02.22 10:51 Thu
twitterfacebook
thumb

皇帝マルケスが今季限りで現役引退へ! ロシアW杯出場で有終の美飾れるか?

▽モナコやバルセロナで活躍し、現在はリーガMXのアトラスに所属するメキシコ代表DFラファエル・マルケス(39)が今シーズン限りで現役を引退することになるようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽『レキップ』が伝えるところによれば、現在39歳でキャリア最終盤を迎えているマルケスは今シーズン終了限りで現役を引退し、来季からアトラスのクラブスタッフに就任することを決断したという。 ▽なお、昨年行われたFIFAコンフェデレーションズカップに出場するなど、メキシコ代表通算142試合に出場しているマルケスは、今年6月に行われるロシア・ワールドカップ本大会を、現役最後の舞台にしたい考えであるようだ。 ▽しかし、コンフェデレーションズカップ以降、代表からは招集されておらず、同大会で有終の美を飾れるかは微妙なところだ。 ▽1996年に母国のアトラスでプロキャリアをスタートしたマルケスは、1999年にモナコに完全移籍。卓越した戦術眼と守備センス、パスセンスを武器に主力に定着すると1999-2000シーズンのリーグ・アン制覇に貢献。さらに、2003年に加入したバルセロナではフランク・ライカールト体制の主力DFとして4度のリーガエスパニョーラ制覇、2度のチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。 ▽その後、出場機会や新たな挑戦を求めてニューヨーク・レッドブルズ、クラブ・レオン、ヴェローナを渡り歩いたマルケスは2015年にキャリアをスタートした古巣アトラスに復帰。頼れるリーダーとして活躍する一方、昨年8月には麻薬取引に関与している疑いで、アメリカ財務省から制裁を受けるなど、プライベートで問題を抱えていた。 2018.02.22 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「メッシを超えたいなら…」アンリ氏がネイマールに過激な助言?

▽元フランス代表のティエリ・アンリ氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールにアドバイスを送っている。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽昨夏バルセロナからPSGに移籍したネイマール。『カルチョメルカート』はこの移籍を「メッシの影から出たかったから」と推測し、バロンドールを獲得するための移籍だったとしている。 ▽現役時代にはバルセロナでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシともプレーしたアンリ氏。この推測について問われると、ネイマールにあるアドバイスを送った。 「私は、ネイマールがメッシの影から抜け出したくてバルセロナを出ていったのかどうかはわからない」 「ただ、全ての選手がメッシの影に隠れてしまっていることは事実だ。ネイマールがそうありたくないのであれば、彼はスポーツを変えるべきだね」 2018.02.21 23:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマールは関係ない! 敬意を払うウィリアン「バルサはバルサ」

▽チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアンがバルセロナに最大級の敬意を払った。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽チェルシーは、20日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでバルセロナをホームに迎え、1-1で引き分けた。ウィリアンのゴールで先制したものの、FWリオネル・メッシの一発を被弾。アウェイゴールをバルセロナに許して、敵地での2ndレグに臨むこととなった。 ▽ウィリアンは試合後、ブラジル代表でのチームメートであり、昨夏に移籍史上最高額の移籍金でバルセロナを去ったパリ・サンジェルマンのFWネイマールの名前を挙げ、次のようにコメントした。 「バルセロナはバルセロナだ。ネイマールがいる、いないに関わらずね」 「もちろん、ネイマールは素晴らしい選手さ。でも、彼らには、(リオネル・)メッシや(アンドレス・)イニエスタ、(ルイス・)スアレスがいる」 「彼らにはすごく良い選手がいる。だからこそ、バルセロナは、いつだってバルセロナなんだ」 2018.02.21 14:40 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース