“ネイマール・ロス”のバルサ、新指揮官はデウロフェウの活躍に期待2017.08.13 12:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアーネスト・バルベルデ監督が、13日に行われるスーペル・コパ1stレグのレアル・マドリー戦に向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが報じている。

▽昨季までの3シーズン間指揮を執ったルイス・エンリケ監督が退任し、今季から前ビルバオ指揮官のバルベルデ監督を招へいした。そんな中、昨季のコパ・デル・レイ王者として、リーガエスパニョーラ王者のレアル・マドリーと今シーズン最初の公式戦に臨む。

▽前日会見に出席したバルベルデ監督は、マドリーとの“エル・クラシコ”を前に意気込みを語った。

「我々はこの試合に勝つためにベストを尽くす必要がある。2つの試合があり、どちらも激しい戦いとなるだろう。今は試合に向けて完全に集中している」

▽また、バルベルデ監督は今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンへと移籍したブラジル代表FWネイマールについて言及。シーズン前に主力選手を引き抜かれたが、新指揮官はバルセロナに復帰したスペイン代表FWジェラール・デウロフェウに期待していることをスペイン『アス』が報じた。

「ネイマールはもういない。しかし彼の代わりになるような選手たちは、この試合でプレーするための準備ができている。何よりも、我々は過去ではなく未来を見なければいけない」

「左サイドはアルバとともにデウロフェウのコンビネーションに期待する。そこにメッシも加わるだろう。ガンペール杯のシャペコエンセ戦でもそれは見られた」

コメント

関連ニュース

thumb

バルベルデ、デンベレの負傷に「長期離脱ではない。遊びには興じないよ」

バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、FWウスマーヌ・デンベレの状態に言及した。<br><br>昨年9月16日に行われたリーガエスパニョーラ第4節ヘタフェ戦(1-2)で左足大腿二頭筋を損傷して3カ月超の長期離脱を強いられたデンベレ。1月4日のコパ・デル・レイ5回戦第1戦セルタ戦で復帰を果たしたばかりだった。<br><br>だがデンベレは14日のリーガ第19節レアル・ソシエダ戦(4&minus;0)で再び負傷。またも離脱を余儀なくされた。バルベルデ監督はデンベレについて、以下のように話している。<br><br>「以前の負傷とは、まったく異なるものだ。我々は(大げさに取り上げられる)遊びには興じないよ」<br><br>一方、今冬加入したDFジェリー・ミナに関しては、デビューがもう少し先になると認めている。<br><br>「まだ移籍の許可証が届いていない。準備ができていないということだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ブスケッツ、ネイマール退団直後を振り返る「すべて悪い方向に向かうと思った」

バルセロナMFセルヒオ・ブスケッツが、昨年夏のFWネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍を振り返っている。<br><br>ネイマールは契約解除金2億2200万ユーロ(約295億円)と引き換えに、PSGへと移籍した。ブラジル代表FWを放出したバルセロナは今季序盤戦で苦しむことが予想されたが、リーガ・エスパニョーラ第19節終了時点で無敗を維持して首位を快走している。<br><br>ブスケッツは、現在のチーム状況について、次のように語った。<br><br>「僕たちは素晴らしいレベルでプレーしている。対戦チームは、いくつか勝ち点を落としているね」<br><br>「僕たちは難しいアウェーのスタジアムで勝利を収めることができ、良いシーズン前半戦を送れたと思う。スタッフのことだったり、いろいろ変化があって、シーズンが始まった頃はすべてが悪い方向に向かうと思っていた」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 13:12 Wed
twitterfacebook
thumb

ロナウジーニョが正式に現役引退! 来年8月以降にお別れイベント開催へ

▽かつてバルセロナなどで活躍した元ブラジル代表FWロナウジーニョ(37)が、この度正式にスパイクを脱ぐことになった。同選手の実の兄であり代理人を務めるロベルト・デ・アシス・モレイラ氏が16日、ブラジル『O Globo』で発表した。 ▽アシス氏は『O Globo』で弟ロナウジーニョの現役引退を公式にアナウンスした。 「彼はフットボールを辞める。キャリアは終わった」 「彼のお別れに関して何か素晴らしいことをやりたいと思っている。おそらく、ロシア・ワールドカップ終了後の8月あたりに考えている」 「現在、我々はブラジル国内はもちろん、ヨーロッパやアジアで幾つかのイベントを考えている。同様にブラジル代表チームとのイベントも考えているよ」 ▽2015年に母国のフルミネンセでプレーにして以降はフリーとなっていたロナウジーニョ。2017年にはバルセロナの大使を務めるなど、現役引退こそ明言していなかったが、フットボールから離れた日々を送っていた。 ▽そんな中、同選手は先月に記者会見を開き、「来年にフットボールに別れを告げることになると思う。これまでプレーしてきたチームで、引退試合を行うかもしれないね。そのことについてはすぐに考えたい」と、2018年での現役引退に関して言及していた。 ▽1998年にグレミオでプロデビューを果たしたロナウジーニョは、2001-02シーズンにパリ・サンジェルマンに移籍。さらに2003-04シーズンからバルセロナに加入すると、リーガエスパニョーラ2回、チャンピオンズリーグ1回とタイトルを獲得。自身も2005年のバロンドールを受賞するなどキャリアの全盛期を過ごした。 ▽その後は2008-09シーズンからミランに加入し、2012年からはフラメンゴ、アトレチコ・ミネイロといったブラジルのクラブや、メキシコのケレタロでプレー。2015年にフルミネンセでもプレーしていた。クラブレベルでは公式戦513試合に出場し、190ゴール126アシストの数字を残している。 ▽また、1996年にはU-17ブラジル代表でプレーしU-17選手権で優勝。その後も各年代別の代表に選ばれると、1999年にはフル代表に招集。2002年に行われた日韓ワールドカップでは、FWロナウド、FWリバウドと形成する“3R”が躍動。ドイツ代表を下して優勝を果たしている。ブラジル代表では通算97試合に出場し33ゴールの記録を残している。 2018.01.17 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、ラフィーニャ獲得に近づく...買い取りオプション付きレンタル移籍で決着か

インテルが、バルセロナMFラフィーニャ・アルカンタラ獲得に乗り出している。スペイン『ムンド・デポルティボ』『アス』など複数メディアが報じている。<br><br>インテルはラフィーニャ獲得に半年レンタル+2000万ユーロ(約27億円)の買い取りオプションでオファーを提示した模様。バルセロナは4000万ユーロ(約54億円)以上を要求しており、交渉は難航しているとみられていた。<br><br>加えてインテルが買い取りオプションではなく買い取り義務を条件に入れることを望んでいたとされるバルセロナだが、ラフィーニャ自身が移籍を希望している事情もあり、ここにきて姿勢を軟化させているようだ。インテルはラフィーニャに4年半契約を準備しているという。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、シティやパリSGを抑えて今季欧州で唯一無敗を維持するチームに

バルセロナはシーズン前半戦を終え、欧州主要リーグで唯一無敗を維持するチームとなっている。<br><br>リーガエスパニョーラで宿敵レアル・マドリー(4位/未消化1試合)に勝ち点19差をつけ、首位を独走しているバルセロナ。19試合16勝3分けと圧倒的な強さを誇っている。<br><br>またバルセロナは、公式戦において、29試合で無敗を貫いている。エルネスト・バルベルデ監督は、ジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督がバルセロナ時代に残した記録(28試合)を上回った。<br><br>なお、国内リーグとチャンピオンズリーグの試合で、バルセロナはここまで最高の成績を残している。1位バルセロナ(20勝5分け)、2位マンチェスター・シティ(25勝2分け2敗)、3位パリ・サンジェルマン(22勝2分け2敗)、4位リヴァプール(16勝11分け2敗)、5位アトレティコ・マドリー(13勝10分け2敗)が上位を占めている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 23:02 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース