クラシコとなったスーペル・コパ制覇を目指すジダン監督「特別なトロフィー」2017.08.13 12:43 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、13日に行われるスーペル・コパ1stレグのバルセロナ戦に向けた意気込みを口にした。クラブ公式サイトが伝えている。

▽昨シーズンのジダン監督は、マドリーに5年ぶりのリーガエスパニョーラ優勝に導いた。さらにチャンピオンズリーグでは史上初となる連覇を達成した。

▽今季も多くのタイトル獲得が期待される中、シーズン最初のタイトルを懸けてバルセロナとの“エル・クラシコ”に臨む。ジダン監督は、重要な一戦に向けた意気込みを口にしている。
「まずはこのトロフィーについて。非常に特別なものだと思っている。さらに相手はバルセロナだ。我々にとってもっとも強力なライバルとの対戦となる。それでも我々が何かを変えることはない」

「バルセロナは指揮官が変わった。しかしバルサはバルサだ。決して弱いチームではない。我々は彼らのスタイルを知っている。彼らを見下して試合に入るようなことになれば、過ちを犯すだろう」

▽また、ジダン監督はバルセロナを退団したブラジル代表FWネイマールについても言及した。

「私に言えることは、選手は自分の望む場所でプレーするということ。ただ、ネイマールは素晴らしい選手であり、彼の代わりをできるような選手はそれほどいない。それでもバルセロナは、新たな選手でこの状況を切り抜けるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

ケイロル・ナバスが2週間の離脱へ、スパーズ戦まで欠場か

▽レアル・マドリーは20日、同クラブに所属するコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが右脚の内転筋を負傷したことを発表した。 ▽『フットボール・エスパーニャ』によれば、ケイロル・ナバスはトレーニング中に負傷。10日~15日の離脱になるとみられている。これにより、ケイロル・ナバスは22日のエイバル戦(リーガ第9節)、26日のフエンラブラダ戦(コパ・デル・レイ4回戦)、29日のジローナ戦(リーガ第10節)を欠場する見込みで、11月1日のトッテナム戦(チャンピオンズリーグ第4節)の出場も微妙な状況となった。 ▽ケイロル・ナバスを失ったマドリーはこれらの試合で、GKキコ・カシージャを中心にゴールマウスを任せることになるとみられている。 2017.10.21 10:44 Sat
twitterfacebook
thumb

18歳アクラフをトッテナム戦で試したジダン...ナチョより優先的にカンテラーノを起用

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、ビッグマッチで若手選手を起用する器量を見せた。<br><br>17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節で、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウにトッテナムを迎えて1-1と引き分けた。ジダン監督はこの試合でDFアクラフ・ハキミを右SBに起用している。<br><br>アクラフはDFダニエル・カルバハル、DFマルセロ、DFテオ・エルナンデスの負傷離脱により、エスパニョール戦で先発に抜擢された。だがマルセロ、テオが復帰したヘタフェ戦、先のトッテナム戦でもジダン監督はDFナチョ・フェルナンデスを右SBに回すのではなく、アクラフを3試合連続でスタメンに据えた。<br><br>なぜジダン監督はトッテナム戦でナチョではなくアクラフを起用したのか。どうやら指揮官は18歳の青年がCLという舞台でどれだけのプレーを見せられるのか、試す考えを持っていたようだ。<br><br>アクラフは18歳348日でCLデビューを飾った。現マッカビ・テルアビブFWホセ・ロドリゲスが有するクラブ史上最年少記録(17歳353日)を上回ることはできなかったが、若き才能は与えられた機会を生かして急速に成長している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.20 23:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ケインとベンゼマの大型トレード実現か?

▽レアル・マドリーが、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(24)獲得のために、フランス代表FWカリム・ベンゼマ(29)の譲渡を考慮しているという。イギリス『エクスプレス』がスペイン『El Gol Digital』の報道を基に伝えている。 ▽先日、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がケインに対し「完璧な選手だ」とコメントしたことから、一気にケインのマドリー移籍説が過熱。今回の報道によると、ケインの獲得を目論むマドリーが高額な移籍金を引き下げるため、ベンゼマを取引に加える用意があるようだ。 ▽『サン』は、『El Gol Digital』が、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長がケイン獲得のためにベンゼマを取引に含める準備があることを主張していることを伝えた。1億8000万ポンド(約268億円)と推測されている移籍金を、1億800万ポンド(約161億円)まで引き下げることを望んでいるようだ。 ▽なお、ケインは先日のチャンピオンズリーグのマドリー戦後にFWクリスティアーノ・ロナウドとユニフォームを交換。「僕はユニフォームを交換してくれるよう頼んだ。彼は僕が成長するにあたって大きな指針となっているんだ。ユニフォームをゲットできて嬉しいよ。額縁にいれないとね」とC・ロナウドが自身の目標であることを公言した。そのC・ロナウドがいるマドリーからの誘いとなれば、ケインの心は揺れ動く可能性もあるのかもしれない。 2017.10.20 22:08 Fri
twitterfacebook
thumb

ベイル売ります…レアル・マドリー会長の売却案継続中

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)に改めて退団の可能性が浮上した。スペイン『Diario Gol』が報じた。 ▽今夏にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が取り沙汰されたベイル。ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が公の場で関心を認めたことで、去就に関する報道も熱を帯びたが、結果的に移籍実現には至らなかった。 ▽だが、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は早急にベイルを売りさばきたい考え。そこには、スタイルこそ違うものの、同じ前線の選手としてトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン獲得の動きが関連しているとみられる。 ▽レアル・マドリー加入以来続く故障癖からの脱却を目指して今シーズンに臨んだはずのベイルだが、左足ふくらはぎ痛で早くもチームから離脱。現時点で復帰時期も定まっていない状況だという。 2017.10.20 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ狙うアーセナル、レアル・マドリーに入札か

▽アーセナルがレアル・マドリーに所属する元フランス代表MFカリム・ベンゼマ(29)獲得に乗り出しているようだ。スペイン『Don Balon』が報じた。 ▽以前からベンゼマに関心を寄せているとされてきたアーセナル。MFメスト・エジルとFWアレクシス・サンチェスの2枚看板が今シーズン限りで退団することを懸念するアーセン・ヴェンゲル監督は、金に糸目をつけず、ベンゼマ獲得に動く意向を示しているという。 ▽そのベンゼマは、今シーズンのここまで公式戦8試合に出場して2得点1アシスト。ストライカーとしては物足りなさを残すものの、FWクリスティアーノ・ロナウドの良きパートナーとして、ジネディーヌ・ジダン監督から全幅の信頼を寄せられている。 ▽だが、フロレンティーノ・ペレス会長は、先月9月に契約延長に達したばかりのフランス人ストライカーに関して、魅力的なオファーが届けば売却を考慮。そして、『Don Balon』も「時が来た」とベンゼマに移籍の可能性が高まっているとの見解を示している。 2017.10.19 18:30 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース