クラシコとなったスーペル・コパ制覇を目指すジダン監督「特別なトロフィー」2017.08.13 12:43 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、13日に行われるスーペル・コパ1stレグのバルセロナ戦に向けた意気込みを口にした。クラブ公式サイトが伝えている。

▽昨シーズンのジダン監督は、マドリーに5年ぶりのリーガエスパニョーラ優勝に導いた。さらにチャンピオンズリーグでは史上初となる連覇を達成した。

▽今季も多くのタイトル獲得が期待される中、シーズン最初のタイトルを懸けてバルセロナとの“エル・クラシコ”に臨む。ジダン監督は、重要な一戦に向けた意気込みを口にしている。
「まずはこのトロフィーについて。非常に特別なものだと思っている。さらに相手はバルセロナだ。我々にとってもっとも強力なライバルとの対戦となる。それでも我々が何かを変えることはない」

「バルセロナは指揮官が変わった。しかしバルサはバルサだ。決して弱いチームではない。我々は彼らのスタイルを知っている。彼らを見下して試合に入るようなことになれば、過ちを犯すだろう」

▽また、ジダン監督はバルセロナを退団したブラジル代表FWネイマールについても言及した。

「私に言えることは、選手は自分の望む場所でプレーするということ。ただ、ネイマールは素晴らしい選手であり、彼の代わりをできるような選手はそれほどいない。それでもバルセロナは、新たな選手でこの状況を切り抜けるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

川崎FのMF中村憲剛が「DAZN」のエル・クラシコで特別ゲスト解説を担当「自分なりの感想を尺通りにやれれば」

▽スポーツ・チャンネル「DAZN(ダ・ゾーン)」は13日、川崎フロンターレのMF中村憲剛が、23日(土)21時に行われるラ・リーガ サンタンデール第17節の「レアル・マドリーvsバルセロナ」のエル・クラシコの特別ゲスト解説を務めることを発表した。 ▽今シーズンの明治安田生命J1リーグで最終節までもつれた優勝争いを制し、クラブ史上初タイトルを獲得した川崎F。チームを支え続けた中村が、世界中が注目する至高の一戦、エル・クラシコの解説を務める。 ▽なお、「DAZN」では、特別ゲスト解説を務める中村の独占インタビューを13日より公開。エル・クラシコにかける並々ならぬ想いや、試合の見所などを語っている。 ▽インタビューで中村は「この話を受けたときにはすぐに予定を空けました。これはやりたいなって」と語り、エル・クラシコ解説への意気込みの強さを明かしている。また、21時キックオフに関しては「ありがとうございます(笑)。初めて生で観るんじゃないかな。楽しみでしょうがないですね」と語り、解説については「プロの解説ではないので、自分なりの観たときの感想を尺通りにやれればと思います。思いが強すぎてダラダラしゃべりそうなので、うまくコントロールしてもらえればと思います(笑)」と語った。 ■『ラ・リーガ サンタンデール第17節 レアル・マドリード vs FCバルセロナ』 日時:2017年12月23日(土)21:00キックオフ(日本時間20:25より放映開始予定) 実況:桑原学 解説:水沼貴史 特別ゲスト解説:中村憲剛 2017.12.14 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

VARに不満を示すベイル「フットボールに必要ないもの」

▽レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)について自身の見解を述べている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽マドリ―は13日、クラブ・ワールドカップ準決勝で、開催国のアルジャジーラと対戦し2-1で勝利した。この試合の31分、カゼミロがゴールネットを揺らすもVARによりカゼミロのファウルを取られて得点とはならず。さらに47分にはブスファのゴールがVARによりオフサイドと判定されて取り消しとなった。 ▽こういった状況を踏まえてベイルは、「正直に言えばVARは嫌いだし、フットボールにとって必要のないものだ」とコメント。フットボール界に進出してきたテクノロジーに対して否定的に捉えていることを明かした。 ▽なお欧州サッカー界ではVARの導入が進んでおり、今シーズンはブンデスリーガとセリエAで導入されている。遅れをとっていたリーガエスパニョーラも来シーズンから導入を開始することが発表されている。 2017.12.14 10:39 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、クラブW杯決勝で退場した選手はクラシコ欠場...「不思議なルール」と首を傾げるジダン

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、FIFAの規定に疑問を呈しながらも、決められたルールを順守する必要があると語った。<br><br>マドリーは13日にクラブ・ワールドカップ(W杯)準決勝でアルジャジーラと対戦する。優勝候補と目されるマドリーは、アルジャジーラを破れば決勝でグレミオと対戦することになる。<br><br>今大会においては、FIFAの規定でクラブW杯の処分が自国リーグ戦に反映されることになる。決勝でレッドカードを提示された選手はリーグ戦次戦出場停止になり、マドリーはリーガエスパニョーラ次節でバルセロナとのクラシコを控えている。<br><br>主力選手がクラシコを欠場する可能性について、ジダン監督は12日の公式会見で次のような見解を示した。<br><br>「クラブW杯のレッドカードがリーガに影響するのは、(処分が)少し強いかなと思う。しかし、私はポジティブな性格だ。問題はないはずだよ。バルセロナ戦で、全選手を起用できるだろう。不思議なルールだとは思うけれど、それを受け入れるよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.14 08:31 Thu
twitterfacebook
thumb

連覇目指すマドリー、先制点献上もC・ロナウド&ベイル弾で薄氷勝利! 南米王者グレミオとの決勝へ!《CWC2017》

▽レアル・マドリーは13日、クラブ・ワールドカップ(CWC)2017・準決勝のアル・ジャジーラ戦に臨み、2-1で勝利した。 ▽この試合からの参戦となる欧州王者のマドリーは、GKにケイロル・ナバス、最終ラインにアクラフ・ハキミ、ヴァラン、ナチョ、マルセロ、中盤にモドリッチ、カゼミロ、コバチッチ、イスコ、最前線にはC・ロナウドとベンゼマを起用。鼻骨骨折が完治していないチームキャプテンのセルヒオ・ラモスやカルバハル、状態の気がかりなガレス・ベイルらは外れたものの、ほぼベストメンバーとなっている。 ▽浦和レッズを1-0で撃破して勝ち上がった開催国UAE王者のアル・ジャジーラは、2連覇を目指す相手との対戦に向けてスタメンを1名のみ変更。サレム・アブドゥーラに代えてムバラクを先発で送り出し、中3日で行われる試合に挑んだ。 ▽試合は、序盤からマドリーがチャンスを作り出していく。4分、ボックス手前左でコバチッチからパスを受けたC・ロナウドがミドルシュートを放つ。さらに5分にも、イスコのアーリークロスに反応して頭で合わせたのは再びC・ロナウド。どちらも得点には至らなかったが、積極的にシュートを放っていく。 ▽その後も、C・ロナウドにビッグチャンスが続々と訪れるが、GKアリ・ハセイフの好守もあり決め切ることができない。15分には、イスコのクロスにベンゼマのヘディングシュート。しかし、ここもGKアリ・ハセイフのファインセーブに阻まれた。 ▽20分にもベンゼマの落としを受けたモドリッチのシュートにGKアリ・ハセイフが立ちはだかると、直後にアル・ジャジーラのカウンターが発動。マブフートの放ったシュートは枠を外れたが、鋭い攻撃でマドリーのゴールマウスを脅かした。 ▽それでも31分、イスコのクロスに反応にしたカゼミロが、ラシドと競り合いつつもネットを揺らすことに成功。しかし、このプレーはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の審議により、カゼミロのファウルに。得点とはならなかった。 ▽マドリーが再三の決定機を決められずにいると、アル・ジャジーラが貴重な先制点をもぎ取る。41分、ナチョのパスミスからボールがロマリーニョに渡ると、カバーに回ったカゼミロとアクラフが交錯。最後はボックス内に侵攻したロマリーニョが、右足を一振りしてマドリーゴールに沈めた。 ▽マドリーは失点後も猛攻を続けたものの、追いつくことはできず。ビハインドを背負ったまま試合を折り返した。全員が相手陣内に入り得点を目指して挑んだ後半だったが、またしてもアル・ジャジーラのカウンターが火を吹く。47分、抜け出したマブフートが独走してゴール前まで運び、並走していたブスファにパス。ブスファは冷静に蹴り込んだ。マドリーにとって痛恨の2失点目となったものの、その後VARによってオフサイドの判定となり取り消しとなった。 ▽アル・ジャジーラの得点がぬか喜びに終わると、51分には前半から足を気にしていた様子のGKアリ・ハセイフがプレーを断念。ファインセーブを連発していたが、GKアルセナニとの交代を強いられることとなった。 ▽すると53分、マドリーの猛攻がようやく実を結ぶ。ボックス手前でボールを持ったモドリッチが、ディフェンスラインと駆け引きをするC・ロナウドにパスを供給。ワンタッチで前を向くと、右足を振り抜いてゴールを割ることに成功した。C・ロナウドはこの得点で通算6得点目となり、単独歴代最多得点選手となっている。 ▽逆転を目指すマドリーは、66分、69分とベンゼマが立て続けにシュートを放ったものの、連続でポストに阻まれて得点とはならない。76分にはモドリッチが敵陣中央付近からミドルシュートを放ったが、枠を捉えられない。 ▽80分には、ベンゼマに代えてベイルを投入。すると直後の81分、途中出場のL・バスケスのボックス右からの折り返しに合わせたのは、そのベイル。左足でボールを捉え、投入後のファーストタッチで指揮官の起用に応える逆転弾とした。 ▽結局、試合はこのまま終了。この結果、勝利したマドリーは16日に行われる決勝で南米王者のグレミオと対戦することに。敗れたアル・ジャジーラは同日行われる3位決定戦で、日本代表MF本田圭佑の所属する北中米カリブ海王者、パチューカと対戦することとなった。 2017.12.14 04:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、来夏の移籍市場に向けマドリーのMFコバチッチ&MFダニ・セバージョスに関心か

▽ユベントスがレアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(23)と、スペイン代表MFダニ・セバージョス(21)の獲得に興味を示しているようだ。『フットボールイタリア』がイタリア『TUTTOSPORT』を引用して報じた。 ▽今冬の移籍市場では大きな動きを見せていないユベントスだが、『TUTTOSPORT』によれば来シーズンに向けて、レアル・マドリーで出場機会に苦しんでいる2選手の動向に注視しているようだ。 ▽2015年の夏にインテルからマドリーに加入したコバチッチは、在籍2シーズンで公式戦73試合に出場。しかし、MFルカ・モドリッチ、MFトニ・クロース、MFカゼミロのレギュラー3選手の牙城を破れず、準主力に甘んじている。 ▽一方、今夏にベティスから加入したダニ・セバージョスは、将来性を評価されているものの、ここまで公式戦13試合の出場で、リーグ戦はわずか186分の出場に留まっている。 2017.12.14 01:30 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース