開幕戦黒星スタートのコンテ、ケイヒルの退場は「重要な瞬間だった」2017.08.13 12:12 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、新シーズンの開幕戦を終えて試合を振り返った。チェルシー公式サイトが伝えた。

▽2016-17シーズンのプレミアリーグを制したチェルシーは、開幕戦でホームにバーンリーを迎えた。

▽しかし、14分にキャプテンでもあるDFギャリー・ケイヒルが一発退場。数的不利となると、前半のうちに3失点を喫してしまう。

▽後半に入り反撃に出ていたチェルシーだったが、1-3で迎えた81分にはMFセスク・ファブレガスが2枚目のイエローカードで退場し9人に。その後ダビド・ルイスのゴールで1点差に迫るも、2-3で黒星スタートとなっていた。

▽試合後、コンテ監督はケイヒルの退場がチームにとってのターニングポイントであったとコメント。それでも、後半の出来は良かったと語った。

「ギャリー(・ケイヒル)のレッドカードの後、我々は落ち着きを失い、3得点を許してしまった。確かに重要な瞬間だった」

「我々は多くのことを改善する必要がある。このような状況が起こる可能性はあるが、我々は注意を払い、ベストを尽くす為の残りの試合があることを考えなければならない」

「3つのゴールを許し、後半で結果を変えることは非常に難しい。選手たちの強い意志はとても誇りに思っている。今日は2つの顔を見た。1つはポジティブなもの、後半のことだ。もう1つはネガティブなもの。前半だね」

▽また、プレミアリーグのデビュー戦で1ゴール1アシストを記録したスペイン代表FWアルバロ・モラタについてもコメント。改善の余地があるとしながらも、この試合でのパフォーマンスを評価した。

「アルバロは改善の余地があると思う。我々のスタイルにフィットするために、とてもうまくやっていたし、ハードワークをし、動きにキレもあった。確かにとても良いプレーだったよ。ゴールを挙げて、良いゲームにしていた」

▽開幕戦で敗れた王者チェルシーにとって、次節も厳しい戦いが待っている。相手は昨シーズン2位のトッテナム。それでもコンテ監督は、チームが仕事をしなくてはいけないと語った。

「我々は仕事をしなくてはいけない。そのことを知っている。それが、私と選手たちができる唯一のことだ。自分たちの仕事を信頼しなければならないので、心配はしていない」

「今日は、ペドロ、アザール、バカヨコと3名の負傷者がいて、モーゼスは出場停止だった。ペドロが次の試合に向けて回復できるかはわからないが、ケイヒルとファブレガスは出場停止になる」

コメント

関連ニュース

thumb

【プレビュー】昨季2位vs昨季王者による今季占うダービー《トッテナムvsチェルシー》

▽プレミアリーグ第2節、トッテナムvsチェルシーのロンドン・ダービーが日本時間20日24:00にウェンブリー・スタジアムでキックオフされる。昨シーズン2位のトッテナムと、昨季王者がいきなり激突する今季を占う注目のダービーだ。 ▽昨シーズン、数々のクラブ記録を更新しプレミアリーグ最高位の2位でシーズンを終えたトッテナムは今シーズン、半世紀以上遠ざかっているリーグタイトル獲得を目指す。昨季2部優勝を果たしたニューカッスルとの開幕戦では、トップチームデビューでいきなりマン・オブ・ザ・マッチに輝く圧巻デビューを飾った新鋭DFウォーカー=ピータースの活躍もあり、敵地で2-0の完勝スタートを切った。また、18日には今夏最初の新戦力となるDFダビンソン・サンチェスをアヤックスからクラブ史上最高額で獲得するなど、良い形で聖地ウェンブリーでのホーム開幕戦を迎えた。対戦相手となるチェルシーはローカルライバルであり、昨季の覇権を争った宿敵という事情に加え、先日のインタビューでコンテ監督から「スパーズには野心が感じられない」と、クラブの補強戦略を批判する趣旨の挑発を受けており、是が非でも勝ち点3を奪いたい相手だ。 ▽一方、昨季コンテ新監督の下、圧倒的な強さで2年ぶりのリーグ制覇を成し遂げたチェルシーだが、ホームで行われたバーンリーとの開幕戦では2人の退場者を出した影響もあり、2-3の敗戦を喫し、連覇に向けて厳しいスタートとなった。また、今夏の移籍市場ではFWモラタ、MFバカヨコ、DFリュディガー、GKカバジェロを獲得したものの、FWルカク獲得失敗に指揮官が獲得を望むウイングバックやセンターバック、MFマティッチの後釜の獲得交渉が難航。さらに、多くの若手をレンタルや完全移籍で放出した判断が裏目に出て、負傷者や出場停止者を抱えるチームは、選手層に大きな問題を抱えている。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)参戦による今後の過密日程を考えると、強敵相手のアウェイゲームといえど、開幕2連敗は許されない。 ▽なお、新スタジアム建設に伴い、118年を過ごしたホワイト・ハート・レーンが昨季限りで解体となったトッテナムは今シーズン、ウェンブリー・スタジアムを1年間借用する。だが、昨シーズンはCL、FAカップ準決勝を同スタジアムで戦うも、1勝3敗の戦績に終わった。昨季ホワイト・ハート・レーンのリーグ戦では17勝2分けと圧倒的なホームアドバンテージを誇っていただけに、苦手の“聖地”を“ホーム”に変えるため、今回の一戦は重要な初陣となる。 <div style="text-align:center;">◆トッテナム◆ 【3-4-3】</div> ▽トッテナム予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_101_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ロリス DF:エリック・ダイアー、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン MF:ウォーカー=ピータース、ワニャマ、デンベレ、ベン・デイビス FW:エリクセン、ケイン、デレ・アリ 負傷者:DFローズ、トリッピアー、MFラメラ、FWエンクドゥ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関しては、ローズとラメラ、エンクドゥの欠場が確定。プレシーズンマッチ最終戦のユベントス戦で足首を痛めたトリッピアーに関しては、間に合う可能性はあるものの、スタメン起用は難しい。 ▽システムに関しては、ニューカッスルとの開幕戦を[4-2-3-1]で戦っていたが、ワニャマのコンディションが整った点と、[3-4-3]を採用する対チェルシー戦を考慮してミラーゲームを仕掛けると予想する。 <div style="text-align:center;">◆チェルシー◆ 【3-4-3】</div> ▽チェルシー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_102_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:クルトワ DF:アスピリクエタ、ダビド・ルイス、リュディガー MF:モーゼス、バカヨコ、カンテ、マルコス・アロンソ FW:ウィリアン、モラタ、ペドロ 負傷者:MFバカヨコ、アザール、FWペドロ 出場停止者:DFケイヒル(1/3)、MFセスク ▽前節のバーンリー戦で一発退場のケイヒルが3試合出場停止の1試合目、同試合で退場したセスクが共に出場停止となり、移籍を巡ってクラブと衝突中のFWジエゴ・コスタも欠場となる。その一方で、出場停止明けのモーゼスが復帰する。負傷者に関しては、それぞれヒザと足首の手術から復帰を目指すバカヨコとアザール、足首を痛めているペドロの3人がコンディションに不安を抱えており、試合当日まで状態を確認する必要がある。 ▽多くの離脱者がいるものの、[3-4-3]からのシステム変更を行う可能性は低い模様だ。だが、セスクの不在とバカヨコのコンディション問題でカンテ以外に本職がいないセントラルMFに関しては、同ポジションでプレー経験のあるD・ルイスをスクランブル起用し、3バックの中央にクリステンセンを置く形も想定される。 ★注目選手 ◆トッテナム:FWハリー・ケイン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_103_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽トッテナムの注目プレーヤーは、2シーズン連続リーグ得点王のエースFWケインだ。3年連続リーグ戦20ゴール以上を記録し、2年連続得点王と今や押しも押されもしないプレミア最高峰のストライカーに成長したケインは、ロンドン・ダービーにも滅法強い、スパーズにとって頼りになる存在だ。 ▽その一方、スロースターターとして知られるケインは、8月開催のリーグ戦で未だゴールを記録したことがないという、負のジンクスもある。前節のニューカッスル戦では2度の決定機があったものの、相手GKの好守とポストに阻まれた。しかし、昨季終了後に数年ぶりのまとまった休暇を手にした同選手は、休養十分で臨んだプレシーズンからコンディション自体は良好であるため、得意のダービーで自身のジンクスを破ると共に、チーム全体で苦手意識のあるウェンブリーの呪縛を解きたいところだ。 ◆チェルシー:FWアルバロ・モラタ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170819_104_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チェルシーの注目プレーヤーは、プレミアデビュー戦となったバーンリー戦で1ゴール1アシストの活躍を見せた新エースストライカーのモラタだ。今夏、5000万~6000万ポンド(約72億~86億円)といわれる高額な移籍金でレアル・マドリーからチェルシーに加入したモラタだが、クラブがFWルカクをトップターゲットに挙げていたという事情や、プレシーズン、コミュニティー・シールドの低調なパフォーマンスの影響で、早くもブルーズサポーターから懐疑的な見方をされていた。 ▽しかし、デビュー戦となったバーンリー戦では0-3のスコアに加え、数的不利を背負った絶体絶命の状況下で途中投入されると、ストライカーらしい動き出しでいきなりデビューゴールを飾り、絶妙な頭でのフリックからD・ルイスのゴールもアシスト。ホーム開幕戦での敗戦という厳しい結果の中、唯一光明を見いだした。今回のダービーではボールポゼッションで勝るスパーズに対して、カウンタースタイルでの戦いがメインとなるため、自身の特長を出しやすい展開となるはずだ。ビッグマッチでチームを今季初勝利に導き、新エースストライカーとしての地位を確固たるものとできるか。 2017.08.20 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタに未練なし? 「アトレティコがダメなら他のチームに行く」

▽スペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)にはチェルシーに対する未練はないようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽昨シーズン終了後にチェルシーのアントニオ・コンテ監督から構想外を告げられたD・コスタ。かねてより古巣のアトレティコ・マドリーが獲得を画策していることが報じられ、D・コスタ自身もアトレティコ復帰を希望していた。 ▽しかし、チェルシーは、そのD・コスタの売却額を5000万ポンド(約70億2000万円)に高額な金額に設定している。だが、これまでに届いたオファーの最高額は、アトレティコ・マドリーの3000万ポンド(約42億1000万円)。未だに交渉がまとまらず、D・コスタの移籍先が一向に決まらない状況だ。 ▽そうした中、『ESPN』のインタビューに応じたD・コスタは、アトレティコ移籍に向けた交渉が破談となれば、チェルシーの要求額に応える他クラブに行くことになると主張した。 「僕はすでにアトレティコへの復帰に対して愛情と関心を示した。しかし、彼らは料金面でチェルシーと合意に達していない」 「アトレティコが僕の獲得に注力することができないのであれば、チェルシーが要求する金額を越えるオファーを出すチームに行くことになるだろう」 「チェルシーに対して、いくつかのクラブがオファーを出している。僕はコンテ監督から構想外だということを伝えられた時から、将来について考えたいと話していたんだ。それは明らかだよ」 「チェルシーはより多くの移籍金を提示するクラブが出てこない限り、僕の将来は決まらないだろう。ただ、僕もチェルシーが財政面で改善しなければいけないという問題を抱えていることは理解している。彼らは僕と契約した時に支払った金額を越えるオファーに対して受領するだろう」 2017.08.19 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ジエゴ・コスタ交渉“粘り過ぎ”で値崩れ?

▽チェルシーは、スペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)を安価な額で手放さざるを得なくなっているようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽一向に移籍先が決まらないジエゴ・コスタ。先日には、インタビュー記事にて、チェルシーへの不満を爆発させた。現在は、チームに無許可でブラジルに帰国中。来週に自宅のあるマドリッドに戻るとみられている。 ▽チェルシーは、そのジエゴ・コスタの売却額を5000万ポンド(約70億2000万円)に設定しているようだ。だが、これまでに届いたオファーの最高額は、アトレティコ・マドリーの3000万ポンド(約42億1000万円)。チェルシーの希望額を2000万ポンド(約28億円)も下回る額だ。 ▽伝えられるところによれば、アトレティコのディエゴ・シメオネ監督は、移籍市場の終盤に差し掛かれば、ジエゴ・コスタの価値がより下がると事前に見込んでいた様子。そのため、チェルシーは、アトレティコに安価な額で昨シーズンまでの得点源を売却する選択肢を迫られているという。 2017.08.19 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミア第2節プレビュー】スパーズvsチェルシーが開催!

▽開幕節1番のトピックは何といっても王者チェルシーの黒星スタート。前年チャンピオンは2選手の退場もあり、バーンリーに不覚をとった。一方で、昨季からの巻き返しを期するマンチェスター勢は共に快勝。アーセナルとスパーズのノースロンドン勢も白星発進に成功したが、リバプールはドロースタートとなっている。迎える今節、注目はスパーズvsチェルシーのロンドン・ダービーだ。 ▽チェルシーは前節、ホームにバーンリーを迎えたが、2-3で敗戦。この試合で一発退場となったケイヒル、そして2枚のイエローカードで退場したセスクが今節も起用できない。さらに、マティッチを放出したセントラルMFのポジションはバカヨコも負傷中で起用できないため、主力級はカンテのみとなっている。スパーズの強力攻撃陣を抑えるため、コンテ監督がどのような人選、システムで臨むのか注目だ。 ▽一方のスパーズはニューカッスルとのアウェイ戦をデレ・アリとベン・デイビスのゴールにより2-0で制し、上々のスタートをきった。いつも序盤戦にゴールができないケインが開幕節にネットを揺らせなかったのは残念だが、ウォーカーを放出した上にトリッピアーが負傷中の右サイドバックでは若手のカイル・ウォーカー=ピータースがまずまずのパフォーマンスを披露。新スタジアム建設中で今季にホームとなるウェンブリーでの戦いは未知数だが、王者を連敗に追い込む勝利を手にすれば最高のスタートとなる。 ▽ユナイテッドはウェールズに赴いてのスウォンジー戦。開幕節では、新戦力のルカクが2発、さらにマルシャルとポグバにもゴールが生まれ、4-0と大勝した。そして何よりも明るい材料が、新加入のマティッチが秀逸なパフォーマンスを披露して早くもチームのオーガナイザーとして輝いたことだろう。昨季よりも着実に戦力を上げたチームはカウンターの威力もアップ。開幕節のサウサンプトン戦をドローで終えたスウォンジーとのアウェイ戦でも3ポイントを見据えることができる状況だ。 ▽マンデーナイトのシティvsエバートンも注目だ。シティは開幕節、昇格組のブライトンを相手にアグエロのゴールとオウンゴールで2-0と完勝した。スターリングやサネ、ベルナルド・シルバが途中出場した開幕節からも分かる通り、選手層とその質の高さを改めて感じさせた。エバートン戦では、相手もより前に出てくることでスペースが生まれるため、格下に引かれる試合より攻撃力が生きる展開となりそうだ。対するエバートンは、新戦力GKピックフォードの活躍と復帰したルーニーの決勝弾でストークに1-0で勝利した。ここでシティに一泡ふかすようなら、早くも今季のプレミアに旋風を巻き起こす候補として注目を浴びることになるだろう。 ▽そのほか、レスター・シティとの激しい打ち合いを4-3で制したアーセナルは、ストークとのアウェイ戦。ワトフォード戦の3-3ドローから今季初勝利を狙うリバプールは、開幕節でハダースフィールドに0-3で敗れたフランク・デ・ブール率いるクリスタル・パレスをアンフィールドに迎える。そして、レスターはホームでのブライトン戦。イヘアナチョを退けて開幕スタメンとなって結果を残した岡崎の2戦連続弾に期待だ。 ◆プレミアリーグ第2節 ▽8/19(土) 《20:30》 スウォンジー vs マンチェスター・ユナイテッド 《23:00》 リバプール vs クリスタル・パレス レスター・シティ vs ブライトン バーンリー vs WBA ボーンマス vs ワトフォード サウサンプトン vs ウェストハム 《25:30》 ストーク・シティ vs アーセナル ▽8/20(日) 《21:30》 ハダースフィールド vs ニューカッスル 《24:00》 トッテナム vs チェルシー ▽8/21(月) 《28:00》 マンチェスター・シティ vs エバートン 2017.08.19 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーに光明? インテル、カンドレーバ売却にゴーサイン

▽インテルに所属するイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(30)のチェルシー移籍に光明が差し込んでいるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽今夏の移籍市場で既に数名の新戦力を確保したチェルシー。しかし、移籍市場の閉幕までに、さらなる補強が取り沙汰されており、その筆頭としてカンドレーバの名前が浮上しているところだ。 ▽そうしたなか、『デイリー・ミラー』はチェルシーにカンドレーバ獲得の青信号が点灯したと伝えた。インテルは2500万ポンド(約35億1000万円)のオファーが届けば、手放す意向を示しているという。 ▽なお、チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、カンドレーバのほか、レスター・シティに所属するイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター、サウサンプトンでプレーするオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、アーセナルのイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンの獲得に動いているとみられている。 2017.08.19 09:30 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース