開幕戦黒星スタートのコンテ、ケイヒルの退場は「重要な瞬間だった」2017.08.13 12:12 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、新シーズンの開幕戦を終えて試合を振り返った。チェルシー公式サイトが伝えた。

▽2016-17シーズンのプレミアリーグを制したチェルシーは、開幕戦でホームにバーンリーを迎えた。

▽しかし、14分にキャプテンでもあるDFギャリー・ケイヒルが一発退場。数的不利となると、前半のうちに3失点を喫してしまう。

▽後半に入り反撃に出ていたチェルシーだったが、1-3で迎えた81分にはMFセスク・ファブレガスが2枚目のイエローカードで退場し9人に。その後ダビド・ルイスのゴールで1点差に迫るも、2-3で黒星スタートとなっていた。

▽試合後、コンテ監督はケイヒルの退場がチームにとってのターニングポイントであったとコメント。それでも、後半の出来は良かったと語った。

「ギャリー(・ケイヒル)のレッドカードの後、我々は落ち着きを失い、3得点を許してしまった。確かに重要な瞬間だった」

「我々は多くのことを改善する必要がある。このような状況が起こる可能性はあるが、我々は注意を払い、ベストを尽くす為の残りの試合があることを考えなければならない」

「3つのゴールを許し、後半で結果を変えることは非常に難しい。選手たちの強い意志はとても誇りに思っている。今日は2つの顔を見た。1つはポジティブなもの、後半のことだ。もう1つはネガティブなもの。前半だね」

▽また、プレミアリーグのデビュー戦で1ゴール1アシストを記録したスペイン代表FWアルバロ・モラタについてもコメント。改善の余地があるとしながらも、この試合でのパフォーマンスを評価した。

「アルバロは改善の余地があると思う。我々のスタイルにフィットするために、とてもうまくやっていたし、ハードワークをし、動きにキレもあった。確かにとても良いプレーだったよ。ゴールを挙げて、良いゲームにしていた」

▽開幕戦で敗れた王者チェルシーにとって、次節も厳しい戦いが待っている。相手は昨シーズン2位のトッテナム。それでもコンテ監督は、チームが仕事をしなくてはいけないと語った。

「我々は仕事をしなくてはいけない。そのことを知っている。それが、私と選手たちができる唯一のことだ。自分たちの仕事を信頼しなければならないので、心配はしていない」

「今日は、ペドロ、アザール、バカヨコと3名の負傷者がいて、モーゼスは出場停止だった。ペドロが次の試合に向けて回復できるかはわからないが、ケイヒルとファブレガスは出場停止になる」

コメント

関連ニュース

thumb

クルトワ、アザール、ケイヒル!? チェルシー主将も退団検討か

▽チェルシーに所属するイングランド代表DFギャリー・ケイヒル(32)に退団の可能性があるようだ。イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が報じた。 ▽ギャリー・ケイヒルは、2012年1月にボルトンから加入。在籍7シーズンでチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグで1回ずつの優勝を誇り、2回のプレミアリーグ優勝にも貢献した。 ▽しかし、キャプテン就任の2017-18シーズンは、前任者であるアントニオ・コンテ氏の下、ベンチスタートが増加。プレミアリーグでの先発機会は、前年度の36試合を下回る24試合に減った。 ▽その中、マウリツィオ・サッリ新監督率いるチームは今夏、ユベントスからイタリア代表DFダニエレ・ルガーニの獲得間近とされ、ニューカッスルのイングランド人DFジャマール・ラッセルズへの関心も囁かれている。 ▽また、サッリ新監督の戦術もコンテ監督が用いた3バックではなく、4バックの採用が見込まれ、そうなると、必然的にセンターバック陣のポジション争いも昨シーズン以上に激化するとみられる。 ▽なお、ギャリー・ケイヒルとチェルシーの契約は残り1年。今夏の退団が囁かれるGKティボー・クルトワやMFエデン・アザールのベルギー代表勢と共にギャリー・ケイヒルまでもが新天地を求めることになるのだろうか。 2018.07.18 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ランパードダービーがチェルシーとリバプールから戦力補強

▽ダービー・カウンティは17日、チェルシーのU-19イングランド代表MFメイソン・マウント(19)と、リバプールのウェールズ代表MFハリー・ウィルソン(21)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽チェルシーから加入したマウントは、昨年UEFA U-19欧州選手権で優勝し大会MVPに選ばれた超逸材。6歳の頃からチェルシーのアカデミーで英才教育を受けており、2017-18シーズンは提携先のフィテッセでリーグ戦29試合で8ゴール9アシストを記録。プレースタイルとして、ダービーは「典型的な10番タイプで、そのポジションのすべての特性を兼ね備えている」と紹介している。 ▽一方、リバプールのウィルソンは右ウイングを主戦場とするアタッカーで、これまでにクルー・アレクサンドラやハル・シティでのローン経歴を持つ。17-18シーズン前半はリバプールU-23で12試合に出場し10ゴール3アシスト。シーズン後半の今年2月からはハル・シティにレンタルしリーグ戦13試合で7ゴール4アシストの活躍を見せた。また、すでにウェールズ代表デビューを果たしており、2013年10月15日に、16歳207日でデビューを飾り、同胞のMFガレス・ベイルの持つ記録を塗り替えた。 ▽来季から新たにフランク・ランパード新監督が指揮を執るチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のダービーは、ランパード監督のツテを利用して、チェルシーU-18監督を務めていたジョディ・モリス氏をコーチングスタッフに迎えるなど、着々とクラブ強化を進めている。 2018.07.18 13:40 Wed
twitterfacebook
thumb

36歳チェフ、クルトワ流失危機のチェルシーに電撃復帰か

▽アーセナルに所属する元チェコ代表GKペトル・チェフ(36)にチェルシー復帰の可能性が急浮上した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽チェルシーは今夏、守護神のベルギー代表GKティボー・クルトワにレアル・マドリー移籍の噂が囁かれている。そこで、新たな守護神候補として、レスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケル(31)している模様だ。 ▽そして、伝えられるところによれば、チェルシーはさらなる策として、かつてスタンフォード・ブリッジの守護神として数々の栄光に貢献したチェフの連れ戻しも選択肢に含んでいるという。 ▽チェフは、2004年にレンヌからチェルシーに加入。プレミアリーグやFAカップで4回ずつの優勝を誇り、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの制覇にも導いた実績を持つ。 ▽なお、アーセナルは今シーズンからウナイ・エメリ監督が指揮。新たなGKとして、レバークーゼンから実力派のドイツ代表GKベルント・レノが加わり、チェフ含めたポジション争いが予想される。 2018.07.18 09:00 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー行き噂の2人 クルトワがクラブ間、アザールは口頭合意か

▽チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)と同代表MFエデン・アザール(27)のレアル・マドリー移籍が現実味を帯びてきた。イギリス『デイリー・スター』がフランス『RMC Sport』の情報をもとに伝えた。 ▽今夏のレアル・マドリー移籍報道が加熱するクルトワ。チェルシーとの契約が1年しか残っていないベルギー人守護神自らも、子供ら家族の住むマドリッド移住希望を口にしており、今後の去就に注目が集まっている。 ▽ロシア・ワールドカップでベストGK賞に輝いたそのクルトワは、レアル・マドリーとの4年契約にサインした模様。そして、今回の報道によると、両クラブは移籍金3100万ポンド(約45億8000万円)で合意したという。 ▽また、クルトワを共に憧れのレアル・マドリー行きが噂のアザールにおいても、移籍に現実味が帯びている様子。現時点でクラブ間合意に至ってないレアル・マドリーだが、アザールと口頭合意したとみられる。 2018.07.18 08:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「何か別のこと始める最高のタイミング」ベルギー指揮官がアザールのレアル移籍を後押し

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、エデン・アザールのレアル・マドリー移籍を後押しした。<br><br>ロシアで行われたワールドカップでベルギー代表は歴代最高位となる3位で終えた。この大会で主将として同国代表の躍進を支えたアザールは、14日の3位決定戦後、6シーズンを過ごしたチェルシーを退団し、&ldquo;新たなチャンレンジ&rdquo;を求めることを示唆していた。<br><br>クリスティアーノ・ロナウドが退団したレアル・マドリー行きの可能性が高まるアザールに対してさまざまな憶測が飛び交う中、マルティネス監督はスペイン『カデナ・セール』で「(アザールにとって)何か別のことを試す最高のタイミングになる可能性がある」と移籍を後押しする発言を残した。<br><br>「彼は成熟して、リーダーシップを持った選手だ。アザールは世界のどこに行っても成功するだろう。今、彼はキャリアの中でピークの状態だ。時折、選手には新しいチャレンジと新しいプロジェクトが必要だから、チェルシーとアザールの双方にとっても良いタイミングだろう。むしろ、この段階でチェルシーに大型オファーが届いていなければ非常に驚きだ」<br><br>ベルギー代表や所属クラブでも圧倒的な存在感を見せるアザールをバロンドールに推す声も上がっている。ロシアで活躍した同選手について「彼は7試合のうち、3試合でマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。信じられないぐらい一貫性のあるパフォーマンスを見せてくれた」と称賛した。<br><br>レアル・マドリーへの移籍が濃厚とみられるアザールは、今夏の移籍市場でどのような結末を迎えるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.18 06:00 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース