開幕戦黒星スタートのコンテ、ケイヒルの退場は「重要な瞬間だった」2017.08.13 12:12 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、新シーズンの開幕戦を終えて試合を振り返った。チェルシー公式サイトが伝えた。

▽2016-17シーズンのプレミアリーグを制したチェルシーは、開幕戦でホームにバーンリーを迎えた。

▽しかし、14分にキャプテンでもあるDFギャリー・ケイヒルが一発退場。数的不利となると、前半のうちに3失点を喫してしまう。

▽後半に入り反撃に出ていたチェルシーだったが、1-3で迎えた81分にはMFセスク・ファブレガスが2枚目のイエローカードで退場し9人に。その後ダビド・ルイスのゴールで1点差に迫るも、2-3で黒星スタートとなっていた。

▽試合後、コンテ監督はケイヒルの退場がチームにとってのターニングポイントであったとコメント。それでも、後半の出来は良かったと語った。

「ギャリー(・ケイヒル)のレッドカードの後、我々は落ち着きを失い、3得点を許してしまった。確かに重要な瞬間だった」

「我々は多くのことを改善する必要がある。このような状況が起こる可能性はあるが、我々は注意を払い、ベストを尽くす為の残りの試合があることを考えなければならない」

「3つのゴールを許し、後半で結果を変えることは非常に難しい。選手たちの強い意志はとても誇りに思っている。今日は2つの顔を見た。1つはポジティブなもの、後半のことだ。もう1つはネガティブなもの。前半だね」

▽また、プレミアリーグのデビュー戦で1ゴール1アシストを記録したスペイン代表FWアルバロ・モラタについてもコメント。改善の余地があるとしながらも、この試合でのパフォーマンスを評価した。

「アルバロは改善の余地があると思う。我々のスタイルにフィットするために、とてもうまくやっていたし、ハードワークをし、動きにキレもあった。確かにとても良いプレーだったよ。ゴールを挙げて、良いゲームにしていた」

▽開幕戦で敗れた王者チェルシーにとって、次節も厳しい戦いが待っている。相手は昨シーズン2位のトッテナム。それでもコンテ監督は、チームが仕事をしなくてはいけないと語った。

「我々は仕事をしなくてはいけない。そのことを知っている。それが、私と選手たちができる唯一のことだ。自分たちの仕事を信頼しなければならないので、心配はしていない」

「今日は、ペドロ、アザール、バカヨコと3名の負傷者がいて、モーゼスは出場停止だった。ペドロが次の試合に向けて回復できるかはわからないが、ケイヒルとファブレガスは出場停止になる」

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループC総括】“死の組”を制したのはローマ! チェルシー2位通過で昨季4強アトレティコが敗退…

▽昨季ベスト4の本命アトレティコ・マドリーに加え、プレミアリーグ王者のチェルシー、セリエA2位のローマと強豪3チームが揃い、“死の組”と評されたグループCでは、3番人気のローマが下馬評を覆して首位通過。また、不調のアトレティコを振り切ったチェルシーが2位通過を決めた。 ■グループC順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ローマ[11/3/2/1/3] 2.チェルシー[11/3/2/1/8] 3.アトレティコ・マドリー[7/1/4/1/1] 4.カラバフ[2/0/2/4/-12] ◆柔軟性のある戦いで“死の組”制す~ローマ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季の主力であるFWサラー、DFリュディガーらの流出に加え、バンディエラのFWトッティの引退、CL初経験のディ・フランチェスコ新監督の采配と、多くの不安要素を抱えて今大会に臨んだローマ。だが、終わってみれば格上アトレティコ、チェルシーとの三つ巴の争いを制し首位通過を決めた。アトレティコとの初戦を新守護神GKアリソンの圧巻のゴールキーピングでゴールレスドローで終えると、第2節のカラバフ戦で順当に初勝利。その後、チェルシーとの連戦では初戦でFWゼコ、2戦目でFWエル・シャーラウィが2ゴールずつを奪う活躍を披露し、1勝1分けで首位に浮上。その後、崖っぷちのアトレティコに初黒星を喫するも、最終節でカラバフに勝ち切って首位通過を決めた。ディ・フランチェスコ新監督の下、持ち味のハイライン&ハイプレスの能動的なスタイルに加え、後方に構えての堅守速攻と柔軟性を兼ね備える、より大人な今季のローマは、決勝トーナメント1回戦で同じセリエA勢のナポリを退けてグループFを2位通過したウクライナ王者シャフタールと対戦する。 ◆安定感欠き痛恨の2位通過に~チェルシー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽CLの舞台での経験値という部分でこそ劣るものの、戦力面と智将コンテ監督の手腕という部分で本命に推す声もあったチェルシーだったが、最終節でローマに抜かれて2位通過となった。初戦のカラバフ戦に続き、第2節でアトレティコ相手に新本拠地ワンダ・メトロポリターノでの公式戦初黒星を与え連勝スタート。だが、ローマとの連戦ではMFカンテを欠いた中、2戦を通じて守備面を中心にミスが目立ち、1敗1分けで首位陥落。その後、ローマの取りこぼしで首位に返り咲いて最終節を迎えたが、FWモラタらの決定力不足が響き、アトレティコ相手にドロー止まりに終わった。この痛恨ドローの結果、イングランド勢で唯一の2位通過となったチームは、決勝トーナメント1回戦で優勝候補バルセロナといきなり激突することになった。 ◆グループ本命の昨季ベスト4が散る~アトレティコ・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFAからの補強禁止処分があったものの昨季ベスト4に導いた主力が揃って残留したことで、首位通過の大本命となったアトレティコ。しかし、同じく昨季ベスト4のモナコと共にグループステージ敗退という憂き目を味わうことになった。昨季同様に堅守は健在も、FWグリーズマンらの不調で深刻な得点力に陥り、6戦中4度のドローと勝ち切れないグループステージとなった。とりわけ、試合を完璧に支配した初戦のローマ戦、格下カラバフとの連戦では、引いた相手を崩す術を持たず、ほとんどゴールの可能性を感じさせない体たらくだった。ラウンド32からの参戦となるヨーロッパリーグ(EL)ではコペンハーゲンとの対戦となるが、EL優勝に向けては同様の課題を克服できるかが重要となる。 ◆アゼルバイジャン史上初の快挙~カラバフ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アゼルバイジャン史上初のグループステージ進出を果たした時点で偉業達成といえたが、強豪揃いのグループステージでも2つの偉業を成し遂げた。初戦のチェルシー戦では0-6の大敗を喫するも、第2節のローマ戦ではMFペドロ・エンリケの得点でCL初得点を記録。また、アトレティコとの連戦では史上初の勝ち点獲得を含め、2つのドローと大健闘を見せた。今大会で初勝利を飾ることはできなかったが、来季以降再びこの舞台に返り咲き、その偉業を成し遂げる可能性は十分にあるはずだ。 2017.12.13 18:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ウィリアンの1G2Aの活躍でチェルシーが2戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第17節、ハダースフィールドvsチェルシーが12日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのチェルシーが3-1で勝利した。 ▽前節、降格圏に低迷するウェストハムとのダービーで痛恨の敗戦を喫した3位のチェルシー(勝ち点32)が、12位のハダースフィールド(勝ち点18)を相手に2試合ぶりの勝利を目指す一戦。コンテ監督は必勝が求められる中2日での一戦に向けて先発4人を変更。ケイヒル、ザッパコスタに代わってリュディガー、モーゼスを起用したほか、セスクと負傷のモラタに代わって、ウィリアンとペドロをアザールと共に3トップに配す[3-4-3]の布陣で臨んだ。 ▽立ち上がりから攻勢に出るチェルシーは6分、ウィリアンからのスルーパスに抜け出したペドロがいきなりゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。 ▽その後も流動的な3トップが間でボールを受けて起点を作るチェルシーだが、なかなか相手の守備を崩し切れない。しかし23分、相手のミスから先手を奪う。相手GKのリスタートにプレッシャーをかけると、GKレッスルのキックミスをモーゼスが前線にヘディングで繋ぐ。ペドロから短いパスを受けたウィリアンがボックス左に走り込むバカヨコにラストパス。そして、飛び出したGKの脇を抜くバカヨコの浮き球シュートに対して、必死の戻りを見せたDFのクリアが間に合わず、ゴールネットに吸い込まれた。 ▽幸先良く先制に成功したチェルシーは、その後も冷静に試合をコントロール。40分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でウィリアンのクロスにバカヨコが頭で合わすが、わずかに枠の左。それでも、攻勢を続けるチェルシーは43分、アスピリクエタの絶妙なサイドチェンジを左サイド深くで受けたマルコス・アロンソが滞空時間の長いクロス。これをファーから中に絞ってきたウィリアンが丁寧なヘディングシュートで流し込み、前半を2点リードで終えた。 ▽ほぼ理想的な試合運びを見せるチェルシーは、後半立ち上がりの50分に試合を決定付ける3点目を奪う。再び左サイド深くでボールを受けたマルコス・アロンソがゴール前で待つウィリアンに低いクロスを通す。ここでDFと競り合ったウィリアンが何とかマイナスに落とすと、これをペドロが見事なダイレクトシュートでゴール右上隅に突き刺した。 ▽この3点目で勝利を確信したコンテ監督は、週末のリーグ戦を睨んでここから意図的に試合のペースを落としていく。さらに、65分を過ぎてアザール、カンテ、クリステンセンと主力を下げて、バチュアイ、ドリンクォーター、アンパドゥを投入した。 ▽その後も試合はチェルシーペースで進むも、アウェイチームは4点目のチャンスを逸し続ける。すると、このまま試合終了かに思われたラストプレーで途中出場のドゥポワトルに豪快なヘディングシュートを叩き込まれ、クリーンシートを逃がす。それでも、敵地で完勝のチェルシーが前節の敗戦を払しょくする3-1の勝利を手にした。 2017.12.13 07:07 Wed
twitterfacebook
thumb

クロース、究極の選択に答える…ジェラード、ランパード、スコールズで誰が一番?

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、イングランドのレジェンド3選手を比較した。 ▽11日に自身のツイッターで『Q&A』に応じたクロース。あるアカウントから「ジェラード、ランパード、スコールズというトップに立ったミッドフィルダーで誰が一番ですか」と問われた。 ▽3選手とも言わずと知れたプレミアリーグのレジェンド。スティーブン・ジェラードは17シーズンにわたってリバプールでプレーし、類まれなキャプテンシーや強烈なミドルシュートを装備し、守備力も高かった。フランク・ランパードはチェルシーのレジェンドで、セントラルMFながらプレミアリーグ歴代最多得点記録で4位(クラブでは最多)の記録を保持。ロングパスを駆使した展開力が持ち味だったポール・スコールズはマンチェスター・ユナイテッド一筋のキャリアで公式戦700試合以上に出場した。 ▽クロースはこの質問に対して、以下のように答えた。 「ポール・スコールズだ」 ▽クロースが選んだのはスコールズ。同選手は特に名選手からの評価が高く、ジネディーヌ・ジダン現レアル・マドリー指揮官やバルセロナのレジェンドであるMFシャビ・エルナンデスらも過去に絶賛していた。 2017.12.12 10:58 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーに悲報…モラタが再び離脱へ

▽チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタが、負傷によりチームを離脱するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽モラタは今シーズンのプレミアリーグで15試合9ゴールとエースとして活躍している。しかし9月30日に行われたプレミアリーグ第7節のマンチェスター・シティ戦(0-1でチェルシーが敗戦)でハムストリングを負傷して、すでにリーグ戦1試合を欠場している。 ▽12月9日に行われたプレミアリーグ第16節のウェストハム戦(0-1でチェルシーが敗戦)でフル出場を果たしたモラタだが、この試合で再び負傷。チームを率いるアントニオ・コンテ監督によると、次戦は欠場することが決定的なようだ。 「モラタはメンバー外となる。少し疲れもあるが、一番は背中に問題を抱えていることだ。今は3日おきに試合が行われており、そうなるとトレーニングすることは難しい。現実に立ち向かい、ベストを尽くすように努力が必要だ」 ▽なお、チェルシーは12月12日にプレミアリーグ第17節でハダースフィールドとアウェイで対戦する。 2017.12.12 08:59 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ指揮官がCL16強で対戦するチェルシーに言及…警戒する選手とは?

現地時間11日、チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が行われ、バルセロナはチェルシーと激突することが決定した。<br><br>バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、チェルシーと戦うことを受けてコメントを発している。<br><br>「私たちにとっては楽な戦いにはならない。チェルシーはプレミアリーグのディフェンディングチャンピオンだ。難しい試合になるだろうが、戦うことを楽しみにしている」<br><br>チェルシー戦に意気込みを示したうえでバルベルデは「今シーズンからチェルシーに(アルバロ)モラタが加わったことで、チェルシー攻撃陣はより強力になった。もちろん(エデン)アザールも決定的な仕事をやってのける選手だ」と続け、チェルシーのアタッカー陣に警戒心を示した。<br><br>バルベルデはアスレティック・ビルバオを率いていた16-17シーズン、レアル・マドリー在籍時のモラタからゴールを奪われている。プレミアリーグでもここまで9ゴールを決めているスペイン代表FWが脅威の存在になると見ているようだ。<br><br>チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦、バルセロナvsチェルシーは第1戦が2018年2月20日、第2戦は3月14日に行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.12 07:24 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース