開幕戦黒星スタートのコンテ、ケイヒルの退場は「重要な瞬間だった」2017.08.13 12:12 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、新シーズンの開幕戦を終えて試合を振り返った。チェルシー公式サイトが伝えた。

▽2016-17シーズンのプレミアリーグを制したチェルシーは、開幕戦でホームにバーンリーを迎えた。

▽しかし、14分にキャプテンでもあるDFギャリー・ケイヒルが一発退場。数的不利となると、前半のうちに3失点を喫してしまう。

▽後半に入り反撃に出ていたチェルシーだったが、1-3で迎えた81分にはMFセスク・ファブレガスが2枚目のイエローカードで退場し9人に。その後ダビド・ルイスのゴールで1点差に迫るも、2-3で黒星スタートとなっていた。

▽試合後、コンテ監督はケイヒルの退場がチームにとってのターニングポイントであったとコメント。それでも、後半の出来は良かったと語った。

「ギャリー(・ケイヒル)のレッドカードの後、我々は落ち着きを失い、3得点を許してしまった。確かに重要な瞬間だった」

「我々は多くのことを改善する必要がある。このような状況が起こる可能性はあるが、我々は注意を払い、ベストを尽くす為の残りの試合があることを考えなければならない」

「3つのゴールを許し、後半で結果を変えることは非常に難しい。選手たちの強い意志はとても誇りに思っている。今日は2つの顔を見た。1つはポジティブなもの、後半のことだ。もう1つはネガティブなもの。前半だね」

▽また、プレミアリーグのデビュー戦で1ゴール1アシストを記録したスペイン代表FWアルバロ・モラタについてもコメント。改善の余地があるとしながらも、この試合でのパフォーマンスを評価した。

「アルバロは改善の余地があると思う。我々のスタイルにフィットするために、とてもうまくやっていたし、ハードワークをし、動きにキレもあった。確かにとても良いプレーだったよ。ゴールを挙げて、良いゲームにしていた」

▽開幕戦で敗れた王者チェルシーにとって、次節も厳しい戦いが待っている。相手は昨シーズン2位のトッテナム。それでもコンテ監督は、チームが仕事をしなくてはいけないと語った。

「我々は仕事をしなくてはいけない。そのことを知っている。それが、私と選手たちができる唯一のことだ。自分たちの仕事を信頼しなければならないので、心配はしていない」

「今日は、ペドロ、アザール、バカヨコと3名の負傷者がいて、モーゼスは出場停止だった。ペドロが次の試合に向けて回復できるかはわからないが、ケイヒルとファブレガスは出場停止になる」

コメント

関連ニュース

thumb

モラタ、カンテなど負傷者の多さを嘆くコンテ監督…メディアに対して恨み節も

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、ローマ戦を前に負傷者の多さを嘆いている。<br><br>18日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節で、チェルシーはローマと対戦する。カラバフ、アトレティコ・マドリーに勝利し、開幕2連勝を飾ったチェルシーだが、アルバロ・モラタ、エンゴロ・カンテ、ヴィクター・モーゼスなど負傷者が相次いでいる。<br><br>ローマ戦の前日会見で、ハムストリングの負傷で離脱中のモラタについて問われたコンテ監督は、「アルバロの明日の起用は議論の余地がある。彼はトレーニングを再開したが、話し合っている最中だ」と起用については明言を避けた。<br><br>14日に行われたクリスタル・パレス戦に敗れたイタリア人指揮官は、「この状況を十分に理解している。しかし、キープレーヤーが多く負傷した場合、我々は難しい状況に陥る。これを乗り越えなければならないし、ベストを尽くす努力をする。モラタ、カンテ、モーゼスのような多くの主力がいない状態は決して簡単ではない」と、離脱者の多さを嘆き、以下のように続けた。<br><br>「問題は同じ選手を起用し続けていることだ。それに1週間に3試合を戦うことに慣れていない選手も多い。カンテやモーゼスもこのような状況は初めてで、モラタはチームの主力としてプレーし続けることが初めてだ。(マルコス・)アロンソも同様だ」<br><br>「過密日程が待っていれば、選手をローテーションすべきで、もしそれができなければリスクを冒すしかない。例えば、マンチェスター・シティ戦でモラタは20分で負傷した。しかし彼を先発から外していれば、君たち(記者)は私のことを&ldquo;クレイジー&rdquo;と罵るだろう。もちろん、たまには選手に休養を与えることも必要だ」<br><br>また、ダニエレ・デ・ロッシらイタリア代表時代の教え子が在籍するローマとの対戦は難しいと明かした同指揮官は、「明日は重要な試合だ。チャンピオンズリーグは非常にタフな大会で、ローマは偉大なクラブだ。彼らはセリエAで良い成績を収め、アトレティコに引き分けた。組織的で良い選手も多く、素晴らしいコーチもいる。明日は難しい試合になるだろう」と警戒を強めている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.18 19:46 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第3節プレビュー②】チェルシーvsローマ開催! ユーベ&バイエルンも重要な一戦に

▽2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節が17日と18日に開催される。ここでは18日に開催されるグループA~D第3節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ第3節 ▽10/18(水) ◆グループA 《27:45》 ベンフィカ vs マンチェスター・ユナイテッド CSKAモスクワ vs バーゼル ◆グループB 《27:45》 バイエルン vs セルティック アンデルレヒト vs パリ・サンジェルマン ◆グループC 《25:00》 カラバフ vs アトレティコ・マドリー 《27:45》 チェルシー vs ローマ ◆グループD 《27:45》 バルセロナ vs オリンピアコス ユベントス vs スポルティング・リスボン <span style="font-weight:700;">◆グループA:崖っぷちベンフィカが連勝ユナイテッド戦</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171017_50_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第2節終了時点では本命マンチェスター・ユナイテッドが順当に連勝を飾った一方、2番手と見られたベンフィカがまさかの連敗スタートとなり、CSKAモスクワ、バーゼルが共に1勝1敗で2位の座を争っている。 ▽圧倒的な戦力を武器に開幕2連勝のユナイテッドは、最下位ベンフィカとの連戦の初戦となる今回の第3節で難所エスタディオ・ダ・ルスに乗り込む。前節、CSKAモスクワとのアウェイゲームを4-1で快勝したユナイテッドは、代表ウィーク明けとなった直近のリバプール戦をモウリーニョ監督らしい守備的なスタイルでゴールレスドローに持ち込んだ。ここに来て負傷者が増えてきていることは懸念すべき点ではあるものの、母国凱旋でモチベーションに溢れる指揮官の下、盤石の準備を整えているはずだ。注目は直近のリバプール戦で沈黙するなど、ビッグマッチで勝負弱さを露呈したFWルカクと、古巣対戦となるDFリンデロフやMFマティッチだ。 ▽一方、ホームで惜敗したCSKAモスクワ戦に続き直近のバーゼル戦では屈辱的な0-5の大敗を喫し、まさかの連敗スタートとなったベンフィカ。4連覇中の国内リーグでも5勝1敗2分けの3位と振るわない。それでも、9ゴールで国内リーグ得点王のFWジョナスやDFルイゾン、新星FWジブコビッチ、MFサルビオなど、タレントは揃っているだけに、得意のホームゲームで何とか勝ち点3を奪いたいところだ。 ▽共に1勝1敗で2位通過を狙う3位CSKAモスクワと2位バーゼルは、今回の直接対決2連戦が非常に重要となる。今回の初戦をホームで迎えるCSKAモスクワは、直近のユナイテッド戦で課題の守備がミスを連発し大量4失点を喫したものの、CL、国内リーグを通じて攻撃陣は好調を継続。それだけにホームの一戦では守備に重きを置きつつ、得意のカウンターで相手を刺し切りたい。対するバーゼルは前節、格上ベンフィカとのホームゲームを新星FWオベルリンの圧巻の活躍で大勝。直近のリーグ戦でもルガーノ相手に4-0の大勝を飾っており、敵地でのCSKAモスクワ撃破に向けて上々の仕上がりを見せている。 <span style="font-weight:700;">◆グループB:バイエルンがハインケス新体制のCL初陣</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171017_50_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第2節終了時点では本命バイエルンとの直接対決に完勝したパリ・サンジェルマン(PSG)が唯一の連勝を飾り、1勝1敗のバイエルンとセルティックが首位チームを追走。また、アンデルレヒトは連敗スタートで最下位に低迷している。 ▽前節のPSG戦での0-3の大敗に加え、主力選手との確執の影響でアンチェロッティ前監督を解任したバイエルンは、2012-13シーズンにシーズン3冠に導いた老将ハインケスを今季終了までの契約で招へい。ハインケス新体制の初陣となった直近のリーグ戦ではフライブルク相手に5-0の大勝を飾り、これまでの悪い流れをきっちり払拭した。そして、ハインケス監督にとって4年半ぶりとなるCLの舞台での初戦では難敵セルティックをホームに迎える。実力差を考えれば、バイエルンの優位は揺るがないものの昨季CLグループステージでマンチェスター・シティと引き分けるなど、ビッグクラブに対しても勇敢に戦うセルティックは決して侮れない相手だ。 ▽また、そのバイエルン相手に力の差を見せ付け、一躍今大会優勝候補に名乗りを挙げたPSGは、直近のリーグ戦で格下ディジョン相手に苦しめられたもののDFムニエの劇的ゴールで勝ち切り、国内リーグでも首位を快走している。今回のアンデルレヒト戦でも勝ち点3奪取は固いが、ヴァンハーゼブルック新監督を迎えて新たなモチベーションを手にしたベルギー王者は少し不気味な存在でもある。 <span style="font-weight:700;">◆グループC:チェルシーvsローマによる首位攻防戦</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171017_50_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第2節終了時点では格下カラバフ、アトレティコ・マドリー相手に連勝を飾ったチェルシーが三つ巴の戦いを一歩リード。2番手にはカラバフ相手に敵地で辛勝したローマが入り、チェルシーに新本拠地初黒星を喫したアトレティコが未勝利で3番手に付けている状況だ。 ▽今節最大の注目カードが、首位のチェルシーと勝ち点2差で2位につけるローマによる首位攻防戦だ。前節、敵地でアトレティコ相手に劇的逆転勝利を飾ったチェルシーだが、以降の国内リーグではマンチェスター・シティ、クリスタル・パレスに連敗。とりわけ、ショッキングだったのはここまで開幕全敗無得点だった最下位パレス相手に喫した1-2の敗戦だ。同試合では代表ウィーク中に負傷したMFカンテに続きFWモーゼスまでケガで失うことになったが、その一方でシティ戦で負傷したFWモラタの復帰が濃厚となっており、頼れる新エースFWの復帰を追い風にローマ相手にきっちり勝ち切って負の流れを断ち切りたい。 ▽一方、前節カラバフにCL初ゴールを献上するなど、敵地で大苦戦を強いられたローマだが、何とか2-1で勝ち切って今季のCL初勝利を手にした。だが、直近の国内リーグではホームでナポリ相手に敗戦を喫し、今季リーグ2敗目を喫した。また、チェルシー以上に負傷者に悩まされるチームは、DFマノラス、DFエメルソン・パルミエリ、FWシック、FWデフレルなど、多くの主力を欠いての戦いを強いられる。その苦境の中で期待を集めるのが、プレミアでのプレー経験が豊富なDFコラロフとFWゼコの元マンチェスター・シティコンビ。また、コンテ監督からの再三のラブコールを固辞してローマ残留を決断したMFナインゴランのパフォーマンスにも注目だ。 ▽ライバル2チームの潰し合いを利用し、上位浮上を目指すアトレティコは、敵地で最下位カラバフと対戦する。前節、チェルシー相手にワンダ・メトロポリターノでの公式戦初黒星を喫したアトレティコは、以降のリーグ戦でもレガネス、バルセロナ相手に連続ドローと、公式戦3戦未勝利が続く。この3試合ではいずれも攻撃面の迫力不足が顕著で、とりわけエースFWグリーズマンらの決定力不足にも非難が集まっている。 ▽対戦相手のカラバフとは間違いなく力の差はあるものの、ホームの大歓声を武器にローマを苦しめるなど、ホームチームの高いモチベーションは侮れず、長距離移動を含めてアトレティコにとってタフな一戦となるはずだ。なお、カラバフは今大会で来季ELファイナルが行われるバクー・オリンピックスタジアムを本拠地としており、同じく来季CLファイナルが行われるワンダ・メトロポリターノを本拠地とするアトレティコとの対決は、来季CL&ELファイナル対決となる。 <span style="font-weight:700;">◆グループD:バルサ追うユーベvsスポルティング</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171017_50_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第2節終了時点ではユベントス、スポルティング・リスボン相手に連勝を決めたバルセロナが首位に立ち、ユベントス、スポルティングが共に1勝1敗で2位の座を争っている。 ▽今節のグループD注目カードが、2位のユベントスと3位スポルティングによる2位、3位直接対決だ。開幕戦でバルセロナ相手に完敗したユベントスは、前節のオリンピアコス戦を辛勝して今大会初白星を手にした。だが、国内リーグではエースFWディバラの2戦連続PK失敗の影響などで、アタランタに2-2のドロー、ラツィオに難攻不落のアリアンツ・スタジアムで2年ぶりの敗戦を喫するなど、調子を落としている。仮に、今回のホームゲームで勝ち点を取りこぼせば、シーズン全体にも影響を及ぼす可能性があるだけに、難敵相手の勝ち点3奪取が必須だ。直近のラツィオ戦では代表戦帰りの選手たちが疲労を感じさせるパフォーマンスだっただけに、代表招集外だったFWイグアインや代表戦で出番がなかったディバラのアルゼンチンコンビなどを中心にチームを助けるハードワークが求められる。 ▽一方、敵地でオリンピアコスを破り、前節ではバルセロナ相手に0-1の敗戦も堂々とした戦いを披露したスポルティングは、直近のリーグ戦で全勝中だったポルト相手に引き分けるなど、国内リーグ無敗と好調を継続。バルセロナ戦で負傷したFWドゥンビアの離脱は痛いが、主砲FWドストやチーム得点王のMFブルーノ・フェルナンデス、FWジェウソン・マルティンスと攻撃陣には質の高いタレントが揃っており、バルセロナ戦同様に粘り強く戦いながら、得意のカウンターでワンチャンスを狙いたい。 ▽グループステージ3連勝で首位固めといきたいバルセロナは、最下位オリンピアコスをホームに迎える。前節、相手のオウンゴールでスポルティングに辛勝したチームは、直近のアトレティコ戦で1-1のドローで終わり、公式戦の連勝が「9」でストップ。それでも、不調が叫ばれるFWスアレスのゴールによって敵地で追いついてのドローという結果は、決してネガティブなものではない。今回のオリンピアコス戦に向けては、代表戦帰りで疲労困憊のFWメッシやスアレスの回復具合が重要なポイントとなる。仮に、両エースの状態が悪ければ、スポルティング戦の難しい展開になるかもしれない。 2017.10.18 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー戦控えるゼコ「モラタには休んでいてもらいたい」

▽ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコが、18日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)第3節のチェルシー戦についてコメントしている。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽CLグループCのここまで1勝1分けで2位に位置しているローマは、次戦の第3節で2連勝中の首位・チェルシーと対戦する。昨シーズンにマンチェスター・シティから加入して以来、好調を維持し続けるゼコは、今シーズンも公式戦9試合で8ゴールをマークするなど好調ぶりをアピール。18日に控えるチェルシー戦についても以下のようにコメントしている。 「自分の調子がいいことは肌で感じている。今は大切な時期だね。昨シーズンから今にかけてゴールを奪えていることは幸せだよ。でも、それはチームのおかげだ」 「チェルシーはクリスタル・パレスにただの1敗を喫しただけだと考えているよ。それだけプレミアリーグがタフなリーグということだ。僕らは勝利に飢えたチームや監督を相手にしなければならない。でも自分たちのことだけに集中するつもりだ」 ▽また、ゼコはローマ戦で復帰が見込まれているチェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタについても言及。チェルシー戦でローマでの100試合出場を達成する可能性が高いゼコは、相手のエースには休んでいてもらいたい様子だ。 「できることなら、5人ほど出場しないでもらいたいね。アルバロ・モラタは早い段階で上手く適応した。もし彼が次の試合まで休んでいてくれたら、僕らにとってとてもいいことだね」 「ローマのユニフォームを着て100試合に出場できることを本当に誇りに思うよ。こんなこと誰も想像していなかっただろう?この場所に残ることができて幸せだ。勝利で飾ることができるといいね」 2017.10.18 14:56 Wed
twitterfacebook
thumb

アザール、バロンドール受賞は「ノーチャンス」

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが近いうちのバロンドール受賞の可能性に「ノーチャンス」と答えた。イギリス『Squawka』が伝えている。 ▽圧倒的な攻撃センスでチェルシーの絶対的エースに君臨するアザール。先日には、2017年におけるバロンドール候補30名が発表され、チェルシーで10番を背負うベルギー人アタッカーもリストに名を連ねた。 ▽だが、アザール自身はバロンドール受賞を全くもって考えていないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』で次のようにコメントしている。 「ノーチャンスだね。僕よりも優れた選手はたくさんいて、30人の候補に入ることができただけで嬉しいよ」 「所属先がチェルシーであることや、偉大なチームメートの存在が僕のリスト入りを手助けしてくれている」 「将来、バロンドールを受賞できるかなんてわからないし、今の目標でもない。僕の目標は楽しみながらプレーすることさ」 2017.10.16 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

不調チェルシーに朗報、モラタが練習復帰! CLローマ戦で復帰へ

▽チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタが練習復帰を果たした。同クラブが15日、公式『ツイッター』で明かした。 ▽チェルシーは、14日に行われたプレミアリーグ第8節で開幕から7試合無得点で全敗の最下位クリスタル・パレス相手に屈辱的な1-2の敗戦を喫した。この敗戦によって、リーグ戦では2連敗となり、早くも連覇に向けて正念場を迎えている。 ▽また、現在チームではフランス代表MFエンゴロ・カンテ、イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターの中盤2選手に加え、ナイジェリア代表FWビクター・モーゼスが離脱を強いられるなど、苦しい台所事情を強いられている。 ▽だが、15日に行われたトレーニングセッションでは、9月30日のマンチェスター・シティ戦でハムストリングを痛めてから離脱が続いていたモラタが待望の復帰。18日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節のローマ戦での起用が可能なようだ。 2017.10.16 01:42 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース