開幕戦黒星スタートのコンテ、ケイヒルの退場は「重要な瞬間だった」2017.08.13 12:12 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、新シーズンの開幕戦を終えて試合を振り返った。チェルシー公式サイトが伝えた。

▽2016-17シーズンのプレミアリーグを制したチェルシーは、開幕戦でホームにバーンリーを迎えた。

▽しかし、14分にキャプテンでもあるDFギャリー・ケイヒルが一発退場。数的不利となると、前半のうちに3失点を喫してしまう。

▽後半に入り反撃に出ていたチェルシーだったが、1-3で迎えた81分にはMFセスク・ファブレガスが2枚目のイエローカードで退場し9人に。その後ダビド・ルイスのゴールで1点差に迫るも、2-3で黒星スタートとなっていた。

▽試合後、コンテ監督はケイヒルの退場がチームにとってのターニングポイントであったとコメント。それでも、後半の出来は良かったと語った。

「ギャリー(・ケイヒル)のレッドカードの後、我々は落ち着きを失い、3得点を許してしまった。確かに重要な瞬間だった」

「我々は多くのことを改善する必要がある。このような状況が起こる可能性はあるが、我々は注意を払い、ベストを尽くす為の残りの試合があることを考えなければならない」

「3つのゴールを許し、後半で結果を変えることは非常に難しい。選手たちの強い意志はとても誇りに思っている。今日は2つの顔を見た。1つはポジティブなもの、後半のことだ。もう1つはネガティブなもの。前半だね」

▽また、プレミアリーグのデビュー戦で1ゴール1アシストを記録したスペイン代表FWアルバロ・モラタについてもコメント。改善の余地があるとしながらも、この試合でのパフォーマンスを評価した。

「アルバロは改善の余地があると思う。我々のスタイルにフィットするために、とてもうまくやっていたし、ハードワークをし、動きにキレもあった。確かにとても良いプレーだったよ。ゴールを挙げて、良いゲームにしていた」

▽開幕戦で敗れた王者チェルシーにとって、次節も厳しい戦いが待っている。相手は昨シーズン2位のトッテナム。それでもコンテ監督は、チームが仕事をしなくてはいけないと語った。

「我々は仕事をしなくてはいけない。そのことを知っている。それが、私と選手たちができる唯一のことだ。自分たちの仕事を信頼しなければならないので、心配はしていない」

「今日は、ペドロ、アザール、バカヨコと3名の負傷者がいて、モーゼスは出場停止だった。ペドロが次の試合に向けて回復できるかはわからないが、ケイヒルとファブレガスは出場停止になる」

コメント

関連ニュース

thumb

サッスオーロ、チェルシーの若手コートジボワール代表MFボガを獲得

▽サッスオーロは21日、チェルシーのコートジボワール代表MFジェレミー・ボガ(21)を獲得したことを発表した。契約年数は明らかになっていないが、契約にはチェルシーの買い戻しオプションが付随する。 ▽チェルシーの下部組織出身のボガ。2013-14シーズンには飛び級で参加したU-21チームでU-21プレミアリーグ優勝。14-15シーズンにはU-19チームでUEFAユースカップ優勝を経験している。 ▽しかし、トップチームでの出場機会はほとんどなく、17-18シーズンの開幕節バーンリー戦で後半に途中出場したのが最初で最後だった。このシーズンはそれ以降、バーミンガムへレンタル。これまでにはグラナダやスタッド・レンヌにレンタルした経歴がある。 ▽フランス生まれではあるが、代表はルーツを持つコートジボワール。U-16やU-19のフランス代表経験はあるものの、昨年6月のアフリカネイションズカップのギニア代表戦でデビューしたため、コートジボワール代表の選手となった。 2018.07.21 18:17 Sat
twitterfacebook
thumb

「タイトルを取るためにはアザールが必要」セスクが“最重要選手”のチェルシー残留を切望

チェルシーのMFセスク・ファブレガスは、退団が濃厚とされるエデン・アザールの残留を強く望んだ。<br><br>2012年にリールからチェルシーへと加入したアザールは以降、チームの主力として2度のプレミアリーグ優勝と昨シーズンのFAカップ制覇に貢献。今夏のワールドカップでも3位になったベルギー代表の主将としてプレーした同選手だが、レアル・マドリーに移籍するのではないかと頻繁に報じられている。<br><br>アザールの去就に関してさまざまな憶測が流れる中、チェルシーのオーストラリア遠征に参加するセスクは「彼は僕たちのチームのベストプレーヤーだ」とエースとしてタイトル獲得に貢献した同選手を称えた。<br><br>「僕たちはトップクラブで、タイトルを勝ち取りたいと考えている。それを実現するには最高の選手が必要で、エデンはその一人だ。彼はみんなが一緒にプレーしたいと思っている選手で、特に僕は強くそう考えている。僕たちにとって彼は一番重要な選手だ。ファン、クラブ、選手、誰もが彼を愛し、必要としている。彼自身もそれを知っているはずだ」<br><br>セスク自身は2011年にアーセナルを離れ、バルセロナへと移籍したが、わずか3年でスペインを後にし、再びプレミアリーグでプレーを続ける。スペインとイングランドの両方を知る同選手は、友人のアザールに同様の道を進んでほしくはないと考えているようだ。はたしてセスクの願いは届くのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.21 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがクルトワ後釜にハート獲得か!

▽チェルシーが、ベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)の後釜として元イングランド代表GKジョー・ハート(31)の獲得を考慮しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が国内メディアのレポートを引用して伝えている。 ▽絶対的守護神クルトワをレアル・マドリーに引き抜かれる可能性が高いチェルシーは、その代役としてこれまでレスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルや、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフの復帰の噂が立っている。 ▽その一方で、クラブはより安価なうえに所属するシティで実質構想外となっているハートの獲得を考慮している模様だ。そして、チェルシーはハート獲得に500万ポンド(約7億3000万円)のオファーをすでに準備しているようだ。 2018.07.21 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ガチ中のガチ!バルサ、ウィリアンに80億超え3度目のオファー

▽バルセロナが、チェルシーのブラジル代表MFウィリアン(29)に3度目のオファーを申し込んだようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ウィリアンに熱視線を送るバルセロナが最初のオファーを出したのは3カ月前のこと。5000万ポンド(約74億3000万円)のオファーを提示したがチェルシーは門前払い。さらに今月半ばには、今度は5300万ポンド(約78億8000万円)の移籍金を用意したが、これも拒否されていた模様だ。 ▽だがバルセロナは諦めていない。『スカイ・スポーツ』によれば、三度目の正直となる今回は、5500万ポンド(約80億円)の小切手を片手にブラジル代表アタッカーの獲得を三度試みるようだ。 ▽ウィリアンは2013年にロシアのアンジ・マハチカラからチェルシーに移籍。同クラブではこれまで公式戦236試合に出場し44ゴール39アシストを記録。2度のリーグ制覇や昨シーズンのFAカップ優勝に貢献した。 ▽なお、ウィリアンにはかつての師であるマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督も獲得を望んでいるようだ。 2018.07.21 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがイグアイン獲得へ ユーベと1stコンタクト

▽チェルシーがユベントスに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(30)の獲得に向けて動き始めた。イギリス『スカイ・スポーツ』がイタリア『スカイ』を情報源に報じた。 ▽チェルシーは今夏、新たな監督としてナポリからマウリツィオ・サッリ氏を招へい。そのサッリ氏は、ナポリで指導したイグアインとロンドンでの再会を希望しているとみられる。 ▽ユベントスでプレーするイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(23)の獲得にも動くチェルシーは、それと並行してイグアイン獲りへ。ユベントスと1stコンタクトを図った模様だ。 ▽イグアインは2013年夏、レアル・マドリーからナポリ入り。セリエA挑戦後5シーズン連続で二桁得点をマークしており、2015-16シーズンに36得点で得点王に輝いた実績を持つ。 ▽だが、ユベントスは今夏、高額でレアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得。ファイナンシャルフェアプレーを尊守すべく、数名の売却を迫られているという。 2018.07.21 13:20 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース