サンプドリアやウディネーゼが順当勝利! ボローニャは敗退《コッパ・イタリア》2017.08.13 11:44 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽12日、コッパ・イタリアの3回戦が各地で行われた。3回戦からは、2016-17シーズンのセリエAで9位以下の12チームが登場した。

▽サンプドリアはホームにセリエBのフォッジャを迎えた一戦。試合は立ち上がりから両者とも積極的にプレー。すると21分にスルーパスに反応したバレットが、ボックス中央でダイレクトで流し込み、サンプドリアが先制する

▽前半はサンプドリアが1点リードで折り返すと迎えた後半にも追加点。76分には、右サイドからのグラウンダーのクロスをボックス中央で受けたカプラーリが右隅に流し込み2点目を奪うと、80分には左CKの流れから走り込んだコフナツキが押し込み、ダメ押しの3点目を記録。そのまま逃げ切り、3-0で勝利し4回戦に駒を進めた。

▽そのほか、ウディネーゼはフロジノーネを3-2で、サッスオーロはスペツィアを2-0で下し順当に勝利。一方でボローニャはセリエBのチッタデッラに0-3で敗れ姿を消した。

▽また、トリノは前日にトラパニと対戦し、ベロッティの2ゴールなど7-1で解消している。なお、ジェノアvsチェゼーナ、ヴェローナvsアヴェリーノは13日に行われる。

◆コッパ・イタリア3回戦
▽8月11日(金)
トリノ 7-1 トラパニ

▽8月12日(土)
ボローニャ 0-3 チッタデッラ
ブレシア 1-3 ペスカーラ
ベネヴェント 0-4 ペルージャ
カルピ 3-3(4 PK 3) サレルニターナ
ポルデノーネ 3-2 レッチェ
SPAL 1-0 レナーテ
クロトーネ 2-1 ピアチェンツァ
サッスオーロ 2-0 スペツィア
ウディネーゼ 3-2 フロジノーネ
キエーボ 2-1 アスコリ
サンプドリア 3-0 フォッジャ
バーリ 2-1 クレモネーゼ
カリアリ 1-1(4 PK 2) パレルモ

▽8月13日(日)
ジェノア vs チェゼーナ
ヴェローナ vs アヴェリーノ

コメント

関連ニュース

thumb

長友がチームを勝利に導くPK成功! 3部相手に120分間ゴールレスの低調インテルがPK戦制して準々決勝進出!《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア5回戦、インテルvsポルデノーネが12日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、0-0で120分間の戦いが終了。その後、行われたPK戦を5-4で制したインテルが準々決勝進出を果たした。なお、インテルのDF長友佑都はフル出場した。 ▽2010-11シーズン以来のコッパ・イタリア制覇を目指すインテルの今シーズンコッパ初戦。直近のセリエAでユベントスとの敵地でのイタリア・ダービーをゴールレスドローで終えたスパレッティ監督率いるチームは、セリエC所属の格下をホームに迎えた一戦でシュクリニアルとヴェシーノを除く先発9人を変更。GKパデッリやカンセロ、カラモーの新戦力と共にエデル、ピナモンティを今季初先発させたほか、リーグ戦4戦不出場の長友を右サイドバックで先発起用した。 ▽立ち上がりから相手を押し込むインテルは開始10分にセットプレーの流れからエデルがゴール左隅を捉えたシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。さらに21分にはガリアルディーニのスルーパスに抜け出したカラモーに決定機も、今度もGKペリッリの鋭い反応に阻まれる。 ▽なかなか決定機を決め切れないインテルは、徐々に相手の反撃を受け始める。31分にはボックス手前右のマニャージに強烈なミドルシュートを許すが、ここはGKパデッリが見事な反応で何とか触り、ボールは右ポストを叩く。一方、前半終了間際にはゴール右でカンセロからパスを受けたカラモーに絶好機も、ここはシュートを枠に飛ばせず。 ▽格下相手の低調なゴールレスでの折り返しにインテリスタのブーイングも飛び交う中、前半は終了。何とか流れを変えたいスパレッティ監督はピナモンティを下げて、ハーフタイム明けにブロゾビッチを投入。この交代でエデルを最前線に上げる。 ▽だが、前半同様に決め切れないホームチームは、68分にカラモーを下げて主力のペリシッチを投入。そのペリシッチは投入直後の73分にカンセロのクロスをファーで拾って決定的なシュートを放つが、これを枠に飛ばせない。 ▽スタンド、ベンチ共にフラストレーションが溜まる展開にイタリア人指揮官は80分、ダウベルト・エンリケを下げて、ついにエースFWイカルディまで投入。そのイカルディは後半終了間際に2度の決定機を迎えるが、エースも決め切れず。3部相手に主力を投入したうえ、90分間で決着をつけることはできなかった。 ▽延長に入ってもセットプレーなどから決定機を作り出すインテルだったが、完全に乗せてしまった相手守護神のGKペリッリの再三の好守に阻まれ続け、延長戦でもゴールをこじ開けることはできず。屈辱のPK戦突入となった。 ▽運命のPK戦では両GKの活躍によって2人ずつが失敗してサドンデスに突入。6人目は互いに成功するも、先攻のポルデノーネ7人目のパローディのシュートをGKパデッリが今回のPK戦2度目のセーブで防ぐ。すると、インテル7人目のキッカーは長友に。長友はプレッシャーがかかるこのPKを、冷静に相手GKの逆を突くシュートで左隅に蹴り込み、チームを勝利に導いた。 ▽今季のセリエA首位チームながら3部相手のホームゲームで終始低調なパフォーマンスをみせたインテルだったが、これがデビュー戦のGKパデッリの活躍により、辛くも準々決勝進出を果たした。なお、翌日に行われるミランvsヴェローナでミランが勝ち抜けた場合、準々決勝でミラノダービーが実現することになった。 2017.12.13 07:57 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース