サンプドリアやウディネーゼが順当勝利! ボローニャは敗退《コッパ・イタリア》2017.08.13 11:44 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽12日、コッパ・イタリアの3回戦が各地で行われた。3回戦からは、2016-17シーズンのセリエAで9位以下の12チームが登場した。

▽サンプドリアはホームにセリエBのフォッジャを迎えた一戦。試合は立ち上がりから両者とも積極的にプレー。すると21分にスルーパスに反応したバレットが、ボックス中央でダイレクトで流し込み、サンプドリアが先制する

▽前半はサンプドリアが1点リードで折り返すと迎えた後半にも追加点。76分には、右サイドからのグラウンダーのクロスをボックス中央で受けたカプラーリが右隅に流し込み2点目を奪うと、80分には左CKの流れから走り込んだコフナツキが押し込み、ダメ押しの3点目を記録。そのまま逃げ切り、3-0で勝利し4回戦に駒を進めた。

▽そのほか、ウディネーゼはフロジノーネを3-2で、サッスオーロはスペツィアを2-0で下し順当に勝利。一方でボローニャはセリエBのチッタデッラに0-3で敗れ姿を消した。

▽また、トリノは前日にトラパニと対戦し、ベロッティの2ゴールなど7-1で解消している。なお、ジェノアvsチェゼーナ、ヴェローナvsアヴェリーノは13日に行われる。

◆コッパ・イタリア3回戦
▽8月11日(金)
トリノ 7-1 トラパニ

▽8月12日(土)
ボローニャ 0-3 チッタデッラ
ブレシア 1-3 ペスカーラ
ベネヴェント 0-4 ペルージャ
カルピ 3-3(4 PK 3) サレルニターナ
ポルデノーネ 3-2 レッチェ
SPAL 1-0 レナーテ
クロトーネ 2-1 ピアチェンツァ
サッスオーロ 2-0 スペツィア
ウディネーゼ 3-2 フロジノーネ
キエーボ 2-1 アスコリ
サンプドリア 3-0 フォッジャ
バーリ 2-1 クレモネーゼ
カリアリ 1-1(4 PK 2) パレルモ

▽8月13日(日)
ジェノア vs チェゼーナ
ヴェローナ vs アヴェリーノ

コメント

関連ニュース

thumb

ミランDFロマニョーリ、コッパ・イタリア決勝のユベントス戦で復帰か

▽ミランに所属するイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリの復帰は、コッパ・イタリアの決勝の舞台になるかもしれない。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 ▽ロマニョーリは8日のセリエA第31節のサッスオーロ戦に先発出場。しかし、開始早々の6分、左足ももを痛めてしまい、プレー続行不可能に。ムサッキオとの負傷交代を余儀なくされ、ミランは10日に同選手が左大腿二頭筋の損傷と診断されたことを発表していた。 ▽そんな中、今回伝えられるところによると、ロマニョーリは5月9日に行われるコッパ・イタリア決勝のユベントス戦での復帰を視野にリハビリに取り組んでいるとのこと。負傷するまで今シーズン公式戦38試合に出場していたロマニョーリがコッパ・イタリアに間に合うようであれば、2002-03シーズン以来となる6度目の優勝を目指すミランにとって心強いはずだ。 2018.04.26 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アッレグリ、前人未到のコッパ・イタリア4連覇&3冠の可能性に「ヨーロッパ中に我々の能力を見せたい」

▽ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督がアタランタ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ユベントスは2月28日、コッパ・イタリア準決勝2ndレグでアタランタと対戦。敵地での1stレグを1-0で先勝したユベントは、立ち上がりから積極的な姿勢を見せたアタランタにやや押し込まれる展開に。それでも74分にマテュイディがボックス内で倒されてPKを獲得。これをピャニッチがゴール正面に蹴り込むとこれが決勝点となり、1-0(2戦合計スコア:2-0)でユベントスが決勝進出を決めた。 ▽前人未到のコッパ・イタリア4連覇に王手をかけ、セリエAとチャンピオンズリーグを含めた3冠の可能性にアッレグリ監督は「ヨーロッパ中に我々の能力を見せたい」とコメントしている。 「目標であった決勝進出を決めて、3つの大会に残っている。選手たちを褒めたい」 「次は金曜日に向かう。リーグ戦に集中しなければならない。その後のロンドンでの試合のためにできるだけ最高の形を整えておきたい」 「試合の序盤は、広いエリアでプレッシャーをかけることが難しかった。我々はパスをカットすることがなかなかできなかった」 「相手が中盤でマンマークしてくることは分かっていた。そのため、センターフォワードを使って動き回るプランだった。ドグラス・コスタが後半相手のボランチの背後でプレーし、とても効果的だった」 「今はセリエAに注意を向ける必要がある。それからロンドンでの重要な試合に向かう。大きな舞台で、ヨーロッパ中に我々の能力を見せたい」 2018.03.01 10:42 Thu
twitterfacebook
thumb

トリノ・ダービー制した3連覇王者ユベントスがアタランタの待つ準決勝進出!《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア準々決勝、ユベントスvsトリノのトリノ・ダービーが3日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-0で勝利したユベントスの準決勝進出が決定した。 ▽5回戦でジェノアとローマのセリエA勢を退けたユベントスとトリノが準決勝進出を懸けて激突したコッパでのトリノ・ダービー。大会4連覇を目指すユベントスは、2017年最終戦となったセリエAのヴェローナ戦から先発6人を変更。最終ラインはキエッリーニを除きルガーニ、ストゥラーロ、アサモアと控えメンバーが並び、中盤はケディラ、ベンタンクールに代わってピャニッチ、マルキジオ、3トップはイグアインに代わってドグラス・コスタがディバラ、マンジュキッチと共に起用された。 ▽一方、リーグ戦での前回対戦で0-4の大敗を喫しリベンジに燃えるトリノは、直近のジェノア戦から先発3人を変更。GKにはベスト8進出の立役者ミリンコビッチ=サビッチが入り、中盤はヴァルディフィオーリ、オビに代わって前回対戦で退場したバゼッリ、アックアーが起用され、リャイッチとベロッティを欠く前線はファルケ、ニアン、ベレンゲルの3人が並んだ。 ▽立ち上がりから攻勢に打って出るユベントスは7分、ボックス左で粘ったマテュイディの折り返しを中央のピャニッチがダイレクトシュートで狙うが、これは相手GKの正面を突く。しかし、15分にはボックス付近で仕掛けたアサモアの横パスからマルキジオはシュートに持ち込めないが、相手のクリアボールがボックス内のドグラス・コスタの元へ。ここでドグラス・コスタが浮いたボールをうまくヒザを被せて抑えた左足の弾丸ボレーでゴール右上隅に突き刺した。 ▽押し込まれた中で先制を許したトリノだが、失点直後に決定機。18分、最終ライン裏へ抜け出したニアンがDFを振り切ってボックス左からシュートを放つが、ここはやや角度がなく右ポストを掠めた。 ▽冷や汗をかいたユベントスだが、このピンチ以降は冷静に試合をコントロール。ピャニッチが積極的に呼び込んでボールに絡むと、アタッキングサードではディバラとドグラス・コスタの独壇場に。 ▽とりわけ、ピャニッチやマンジュキッチとの連係で前向きな仕掛けが目立つディバラは28分にボックス内で決定的なシュートを放つが、これはGKミリンコビッチ=サビッチのスーパーセーブに遭う。さらに31分には相手の背後を突いたドグラス・コスタがGKをかわしてネットを揺らすが、今度はオフサイド。前半終盤にかけてもユベントスの攻勢が続いた試合は、結局ホームチームの1点リードのまま終了した。 ▽迎えた後半、先に動きを見せたのはユベントス。ストゥラーロに代えて本職の右サイドバックのリヒトシュタイナーをハーフタイム明けにピッチへ送り出す。後半も主導権を握るユベントスは49分に右サイドからのクロスにマンジュキッチが頭で合わせるが、これはクロスバーの上。さらに59分には右サイドからの折り返しに反応したマテュイディがゴール前に飛び込むが、シュートはわずかに枠の右に外れる。 ▽後半もなかなか決め切れないユベントスだったが、疑惑のゴールで追加点を奪う。67分、相手陣内右サイドでイーブンボールに反応したケディラがアックアーにアフター気味のチャージからボールを奪う。ここでファウルを確信したトリノの選手たちがプレーを止めた中、プレーを続けるユベントスはディバラがゴール前に走り込むマンジュキッチへラストパス。そして、マンジュキッチは遅れ気味に飛び出したGKの頭上を抜くチップキックでネットを揺らした。 ▽このゴール直後トリノ陣営からの猛抗議によって主審はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認を行う。ゴール取り消しを確信したトリノのミハイロビッチ監督は余裕の表情を浮かべたが、主審は当初の判定通りユベントスのゴールを認める。これに激昂したミハイロビッチ監督が主審に詰め寄ると、ここで退席処分が言い渡された。 ▽疑惑の判定によって2点ビハインドを背負ったトリノはフラストレーションを溜めてここからラフなプレーを敢行する、ダービーらしい荒れた試合模様に。それでも、冷静に相手の攻撃をいなしたユベントスがこのまま相手の反撃を無失点で凌ぎ切った。やや判定に恵まれたものの、リーグ戦に続ききっちりダービーを制したユベントスが、新年初勝利と共にアタランタの待つ準決勝進出を果たした。 2018.01.04 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ミラン 1-0 インテル《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア準々決勝、ミランvsインテルの“ミラノ・ダービー”が27日にサン・シーロで行われ、120分間の激闘を制したミランが準決勝進出を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 90 A・ドンナルンマ 7.0 ストラーリのアップ中の負傷でミランデビュー。弟が心配そうに見守る中で再三の好守を披露し、チームを救った DF 20 アバーテ 5.5 ペリシッチをケアしつつ要所で攻撃参加。だが、後半立ち上がりにふくらはぎを痛めて負傷交代… (→カラブリア 5.5) 緊急出動もすんなりと試合に入り、守備面で奮闘 19 ボヌッチ 6.0 前回対戦でトリプレッタ許したイカルディを冷静に封じた。繋ぎの質も安定 13 ロマニョーリ 6.0 攻守に高い集中を保った。球際で強さを見せる 68 R・ロドリゲス 6.0 守備では身体を良く張った。ビルドアップをスムーズにしたが、クロスの質はいまひとつ MF 79 ケシエ 6.0 中盤で攻守に奮闘。アタッキングサードで積極的にフィニッシュに絡んだ 21 ビリア 6.0 中盤の底で無難に捌きつつ、守備ではスペースをケア 73 ロカテッリ 6.0 パス&ムーブを意識し、良い形の飛び出しでアクセントを付けた (→チャルハノール 5.5) ボールを引き出してはいたが、そこから違いを生めず FW 8 スソ 6.5 対面の長友に苦戦も幾つか見せ場は作り、最後に絶妙アシストを記録 7 カリニッチ 5.5 前線からのプレスや身体を張ったポストプレーで味方を助けたが、序盤から削られ続けて無念の負傷交代 (→クトローネ 6.5) 投入直後から精力的にプレーし、値千金の決勝点を奪取 5 ボナヴェントゥーラ 6.0 掴みどころのない動き出しで3度の決定機に絡んだ 監督 ガットゥーゾ 6.5 自身初のダービーで多くのアクシデントに見舞われながらも、代役の活躍で勝ち切った ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171228_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.0 2度のビッグセーブでチームを救うが、無念の敗退 DF 7 カンセロ 5.5 ポジショニングに雑さが散見。持ち味の攻撃参加も披露できず 13 ラノッキア 5.5 球際の強さを生かしてカリニッチと好勝負 37 シュクリニアル 5.5 いつも通りの安定感で急造最終ラインを支えたが、失点場面ではボールウォッチャーになってしまった 55 長友佑都 5.5 相手キーマンのスソに対して粘り強く対応も、失点に繋がるクロスを許す MF 87 カンドレーバ 5.0 要所でカウンターの起点となったが、ややコンディションが落ちている印象 (→エデル 5.0) インパクトを残せず 11 ヴェシーノ 5.5 攻守に最低限の仕事はこなした 10 ジョアン・マリオ 5.0 後半序盤の絶好機を逸する。可もなく不可もない出来でアピール失敗 (→ボルハ・バレロ 5.0) ミスの少ない繋ぎを見せたが、プラスアルファがほしかった 5 ガリアルディーニ 5.5 インテンシティの高いプレーで中盤の守備を締めた (→ブロゾビッチ 5.5) カウンター時にチャンスに繋がるパスを通した 44 ペリシッチ 5.0 幻のゴールに絡んだが、それ以外は本調子からほど遠い出来 FW 9 イカルディ 5.0 ジョアン・マリオの決定機をお膳立てするなど、チャンスに絡んだが、全体的にぼかされた 監督 スパレッティ 5.0 前線の個人技以外でチャンスを作り出せず、厳しい公式戦3連敗 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アントニオ・ドンナルンマ(ミラン) ▽偉大な弟の陰に隠れて日の目を浴びることがなかった兄が急遽巡ってきたデビュー戦で圧巻の活躍。ダービーという難しい試合でのデビューにも関わらず、冷静なプレーが光った。 ミラン 1-0 インテル 【ミラン】 クトローネ(延前14) 2017.12.28 07:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、シック初弾も宿敵実弟GKミリンコビッチ=サビッチに阻まれコッパ初戦敗退…8強トリノはユーベとの“トリノ・ダービー”濃厚に《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア5回戦、ローマvsトリノが20日にスタディオ・オリンピコで行われ、2-1で勝利したトリノが準々決勝進出を決めた。 ▽今シーズンのコッパ・イタリア初出場となるローマは、同じセリエA勢のトリノをホームで迎え撃った。直近のセリエAのカリアリ戦を勝利で飾ったローマは、今週末に控えるユベントスとの上位対決を考慮して大幅なターンオーバーを敢行。シックを除き全選手を入れ替えたディ・フランチェスコ監督は、GKスコルプスキとエメルソン・パルミエリを今季初めて先発で起用。また、3トップはシック、ジェンギズ、エル・シャーラウィが起用された。 ▽開始直後にトリノのセットプレーからニアンに際どいヘディングシュートを許したローマだが、その後は相手を押し込んでいく。エメルソン、ブルーノ・ペレスの両サイドバックが積極的に高い位置を取って攻撃に絡むと、厚みのある仕掛けからゴナロンやジェルソンがフィニッシュに絡むが、相手守備を崩しきれない。 ▽31分にはボックス手前のエル・シャーラウィがミドルシュートを狙うが、これは右ポストに阻まれる。さらに、36分にはエメルソンの左クロスに反応したジェンギズが左足のシュートを放つが、これはクロスバーを叩く。 ▽すると、序盤からセットプレーの守備で問題を抱えていたローマは39分、相手の左CKの場面でベロッティに打点の高いヘディングシュートを許す。これはGKスコルプスキが何とか弾き出すが、こぼれ球をデ・シルベストリに蹴り込まれた。 ▽ホームで先制を許したローマはすぐさま反撃を開始。41分には味方のスルーパスに抜け出したジェンギズがボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えるが、ここは宿敵ラツィオに在籍するセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチの実弟である相手GKヴァンヤ・ミリンコビッチ=サビッチの好守に阻まれ、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半も攻勢を強めるローマは立ち上がりの48分、ボックス左へ抜け出したエル・シャーラウィがワンタッチシュートでニアを狙うが、ここは再びGKミリンコビッチ=サビッチに阻まれる。 ▽流れを変えたいローマは61分、ジェンギズを下げてペロッティを投入。直後の64分にはボックス右で浮き球パスを収めたペロッティがDFを外してニアを狙った強烈なシュートを放つが、これはGKミリンコビッチ=サビッチのビッグーセーブに遭う。このプレーで得た右CKの流れからゴール前で浮き球クロスを受けたストロートマンが左足ダイレクトで合わすが、わずかに枠の左へ。畳みかけるホームチームは67分にもストロートマンがボックス手前左で上げたクロスを、シックが飛び出したGKより先に頭で触るも、今度は右ポストに阻まれる。 ▽再三の決定機を生かせないローマは73分に痛恨の2失点目を喫する。自陣右サイド深くへの侵攻を許すと、直前に投入されたベレンゲルに精度の高い右足のクロスを入れられる。これがファーサイドに流れると、最後はエデラにワンタッチで流し込まれた。 ▽ホームでの敗退は許されないローマは、失点直後の75分にストロートマンを下げて切り札のゼコを投入。すると、直後の76分にはシックがボックス内でDFモレッティに後方から引き倒されてPKを獲得。だが、今季2度のPKを失敗しているペロッティに代わってキッカーを務めたゼコの左を狙ったシュートは、GKミリンコビッチ=サビッチに完璧に読まれ痛恨の失敗に。絶好のゴールチャンスを逸した。 ▽その後も攻勢を続けるローマは85分、ボックス中央でエル・シャーラウィからパスを受けたシックが鋭い反転から左足のシュートをニアに突き刺し、移籍後初ゴールを記録すると共にようやくミリンコビッチ=サビッチの牙城を破る。さらに畳みかけるローマは試合終了間際にもゼコ、シックに3度の決定機が訪れたものの、いずれも決め切れず。宿敵実弟ミリンコビッチ=サビッチの再三の好守に阻まれたローマは、コッパ初戦で敗退。一方、敵地で接戦をモノにしたトリノは、準々決勝でこの試合の後に行われるユベントスvsジェノアの勝者と対戦することになった。 2017.12.21 03:34 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース