名古屋ルーキーのDF宮地元貴がわずか半年で松本に完全移籍2017.08.13 10:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽松本山雅FCは13日、名古屋グランパスに所属するDF宮地元貴(23)の完全移籍加入を発表した。

▽慶應義塾大出身の宮地は昨年8月、加入内定および特別指定選手として名古屋に入団。しかし、ここまで天皇杯1試合の出場にとどまっていた。

▽特別指定から数えてもわずか1年で名古屋を去ることになった宮地は、両クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

◆松本山雅FC
「松本山雅FCに関わる全ての皆様。初めまして。名古屋グランパスから加入しました宮地元貴です。歴史ある素晴らしいクラブの一員になれたこと、皆様と共に新しい歴史を創り上げていけることを本当に幸せに思います。松本山雅FCには大学時代から何度も練習に参加させていただき、多くの関係者の方々にお世話になりました」

「また聖地アルウィンは中学時代に全国優勝、大学時代には全国出場を決めた僕にとっても特別な場所です。僕は勝手に深い縁があるクラブだと信じています。松本山雅FCに関わる皆様と共に決死の覚悟で頂を目指し、J1昇格の力となれるよう、アルウィンのピッチで松本山雅FCの漢として認めていただけるよう、そしてクラブへの感謝を結果で示すことが出来るよう死力を尽くします。宮地元貴をよろしくお願いします」

◆名古屋グランパス
「名古屋グランパスに関わる全ての皆様。特別指定選手に承認して頂いてから約1年間、本当にお世話になりました。この度、松本山雅FCに完全移籍することになりました。突然のご報告となり、大変申し訳ございません。私自身、試合やプレーで思うような結果が出せなったこと、全く期待に応えられなかったこと、こうした形でクラブを去ることが本当に悔しく、情けないです。全ては僕の実力不足です。どのような時も応援して頂いたファン・サポーターの皆様にこの場をお借りしてお詫び申し上げます。クラブがJ1復帰を目指す中、断腸の思いですが、サッカー人として決断しました」

「皆様への感謝は言葉では表せません。26番のユニフォームを着て応援してくださった方々、試合に出ていない僕の横断幕を作ってくださった方々、練習場で叱咤激励してくださった方々の存在が何度も僕を奮い立たせてくれました。初めてグランパスに声を掛けて頂いた日、赤いユニフォームに袖を通した日、パロマ瑞穂スタジアムでのプロデビュー戦、偉大な選手とプレー出来たこと、その全てが僕の人生の宝物です。最後になりましたが、この歴史ある素晴らしいクラブでキャリアをスタート出来ましたこと、そして名古屋での全ての出会いに心から感謝しています。僕にとって名古屋グランパスはいつまでも特別で大好きなクラブです。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

岡山がFW三村誠、MF関戸健二、MF加藤健人と契約更新

▽ファジアーノ岡山は16日、FW三村誠(28)、MF関戸健二(27)、MF加藤健人(22)と2018シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽拓殖大学出身の三村は2011年に岡山に入団。リザーブチームでの出場経験を得ながら、在籍7年目を迎えた今シーズンは明治安田生命J2リーグで27試合に出場し1ゴールを記録した。 ▽関戸は2012年に岡山に加入。在籍6年間で浮き沈みを経験したものの、今季はリーグ戦40試合に出場し1ゴールを挙げた。 ▽ユース出身の加藤は2011年から2013年の間は2種登録という形でトップチームでプレー。2014年に正式に昇格を果たしたが、以降はリザーブチームでの出場が主だった。今季はリーグ戦での出場はなかった。 2017.12.16 15:39 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台がMF富田晋伍とMF金久保順のベテラン2人と契約更新

▽ベガルタ仙台は16日、MF富田晋伍(31)、MF金久保順(30)と2018シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽2005年に東京ヴェルディユースから加入して以来、仙台一筋の富田。在籍13年目を迎えた今シーズンの明治安田生命J1リーグでは25試合に出場した。Jリーグ通算では353試合を数える富田はクラブの公式サイトで以下のようにコメント。 「来シーズンも仙台でプレー出来る事を嬉しく思います。チームの勝利、目標に一歩でも近づけるように、体を張って相手の攻撃を摘み取りたいと思います。引き続きユアスタに足を運んでいただき、チームへの後押しよろしくお願いいたします」 ▽流通経済大学を卒業後、大宮アルディージャ、アビスパ福岡、川崎フロンターレと渡り歩き、2015年に仙台に加入した金久保。今季はケガに泣き、リーグ戦2試合の出場に留まったが、来季に向けた意気込みを次のように語った。 「今シーズンはけがが多く、チームに貢献できずにとても悔しいシーズンでした。来シーズンは1年を通して、チームの勝利に貢献できるような活躍を、みなさんにお見せできるよう精いっぱいがんばります。来シーズンも熱いご声援よろしくお願いいたします」 2017.12.16 15:07 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FC、MF中里崇宏やDF永田拓也ら5選手と契約更新

▽横浜FCは16日、MF中里崇宏(27)、DF永田拓也(27)、FW中山雄希(23)、GK高丘陽平(21)、MF石井圭太(22)と契約更新したことを発表した。 ▽2010年に特別指定選手として横浜FCに入団し、2012年に正式加入を果たした中里。今シーズンの明治安田生命J2リーグでは40試合に出場し1ゴールを記録した。 ▽浦和レッズの下部組織出身の永田は2014年から横浜FCでプレー。在籍4年目となった今季はリーグ戦24試合の出場で1ゴールを挙げた。 ▽今季加入の中山は2012年にはU-18日本代表での出場経験もある若手選手。プロ1年目の今シーズンはリーグ戦12試合の出場に留まった。 ▽高丘は横浜FCのユース出身。2013年に2種登録選手として加入した翌年、トップチームへ正式に昇格した。今シーズンは正GKとしてリーグ戦41試合に出場した。 ▽高丘とは同期の石井。2014年にともにトップチームへ昇格し、昨季は期限付き移籍 でグルージャ盛岡へ。今シーズン復帰となったが、リーグ戦の出場はわずか3試合のみだった。 ▽各選手はそれぞれクラブ公式サイトに以下のようにコメントしている。 ◆MF中里崇宏 「横浜FCに関わる全ての皆さま、来シーズンは必ず共にJ1昇格しましょう!全力で戦います。引き続き、熱いご支援、ご声援のほどよろしくお願いします」 ◆DF永田拓也 「来シーズンも横浜FCでプレーできる事を大変嬉しく思います。早く怪我を治して、J1昇格のためチームの力になれるように頑張ります。一緒に戦いましょう」 ◆FW中山雄希 「来季も横浜FCで戦えることをうれしく思います。今シーズン、チームとしても個人としても不甲斐ない結果で終わってしまったことを申し訳なく思います。来季こそはチームの目標達成の原動力となり、飛躍できるよう日々精進していきます。引き続き熱いご声援よろしくお願いいたします」 ◆GK高丘陽平 「今シーズンも横浜FCに関わる全ての皆様ご支援ご声援ありがとうございました。来シーズンこそ自分を育てていただいたこのクラブでJ1昇格を果たしたいと思っております。横浜FCサポーターの皆様と共に戦えることを嬉しく思います。2018シーズンもどうぞよろしくお願いいたします」 ◆MF石井圭太 「今シーズン達成出来なかったJ1昇格の目標を達成するために自分の力を発揮して精一杯戦います。来シーズンも応援よろしくお願いします」 2017.12.16 14:46 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥取がFW原口拓人ら10選手と契約更新!

▽ガイナーレ鳥取は16日、FW原口拓人(25)、MF林誠道(21)、MF石井光輝(22)、MF池ヶ谷颯斗(25)、GK井上亮太(27)、MF井上黎生人(20)、MF曽我大地(19)、FW畑中槙人(21)、MF山本蓮(20)、GK細田歩夢(19)の10選手と来シーズンの契約を更新したと発表した。 ▽2017シーズンの明治安田生命J3リーグでは、原口が17試合1ゴール、林が19試合、石井が17試合、池ヶ谷が28試合、井上亮太が7試合、井上黎生人が14試合1ゴール、曽我が3試合、畑中が11試合、山本が6試合の成績を記録。細田は出番がなかった。 2017.12.16 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

東京V、讃岐DF李栄直を完全移籍で獲得! 「伝統あるヴェルディのために」

▽東京ヴェルディは16日、カマタマーレ讃岐に所属するDF李栄直(26)の完全移籍加入を発表した。 ▽李栄直は、大阪商業大学、徳島ヴォルティス、V・ファーレン長崎を経て、今年から讃岐でプレー。明治安田生命J2リーグ23試合2ゴールをマークした。 ◆東京ヴェルディ 「カマタマーレ讃岐から加入することになりました李栄直(リヨンジ)です。歴史あるクラブの一員になれたこと大変光栄に思います。早くから評価していただき誘っていただいたこと、ロティーナ監督とお会いし自分の良いところ改善すべきことを伝えられた上で一緒に成長してくれないかと伝えられヴェルディに加入しようと即決できました。伝統あるヴェルディのために全力を尽くしますので、ヴェルディに関わる全ての皆様の熱い応援よろしくお願いいたします!」 ◆カマタマーレ讃岐 「一年間という短い期間でしたが、この度、チームを離れる事を決断しました。短いサッカー人生で、より成長しなければと思い、新たな環境でサッカーをすることに決めました。この一年間、結果も残せず、プロになって一番悔しい経験をしましたし、皆様にもその思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。その中で皆様から頂いた声援は忘れません。本当にありがとうございました」 2017.12.16 12:20 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース