名古屋ルーキーのDF宮地元貴がわずか半年で松本に完全移籍2017.08.13 10:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽松本山雅FCは13日、名古屋グランパスに所属するDF宮地元貴(23)の完全移籍加入を発表した。

▽慶應義塾大出身の宮地は昨年8月、加入内定および特別指定選手として名古屋に入団。しかし、ここまで天皇杯1試合の出場にとどまっていた。

▽特別指定から数えてもわずか1年で名古屋を去ることになった宮地は、両クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

◆松本山雅FC
「松本山雅FCに関わる全ての皆様。初めまして。名古屋グランパスから加入しました宮地元貴です。歴史ある素晴らしいクラブの一員になれたこと、皆様と共に新しい歴史を創り上げていけることを本当に幸せに思います。松本山雅FCには大学時代から何度も練習に参加させていただき、多くの関係者の方々にお世話になりました」

「また聖地アルウィンは中学時代に全国優勝、大学時代には全国出場を決めた僕にとっても特別な場所です。僕は勝手に深い縁があるクラブだと信じています。松本山雅FCに関わる皆様と共に決死の覚悟で頂を目指し、J1昇格の力となれるよう、アルウィンのピッチで松本山雅FCの漢として認めていただけるよう、そしてクラブへの感謝を結果で示すことが出来るよう死力を尽くします。宮地元貴をよろしくお願いします」

◆名古屋グランパス
「名古屋グランパスに関わる全ての皆様。特別指定選手に承認して頂いてから約1年間、本当にお世話になりました。この度、松本山雅FCに完全移籍することになりました。突然のご報告となり、大変申し訳ございません。私自身、試合やプレーで思うような結果が出せなったこと、全く期待に応えられなかったこと、こうした形でクラブを去ることが本当に悔しく、情けないです。全ては僕の実力不足です。どのような時も応援して頂いたファン・サポーターの皆様にこの場をお借りしてお詫び申し上げます。クラブがJ1復帰を目指す中、断腸の思いですが、サッカー人として決断しました」

「皆様への感謝は言葉では表せません。26番のユニフォームを着て応援してくださった方々、試合に出ていない僕の横断幕を作ってくださった方々、練習場で叱咤激励してくださった方々の存在が何度も僕を奮い立たせてくれました。初めてグランパスに声を掛けて頂いた日、赤いユニフォームに袖を通した日、パロマ瑞穂スタジアムでのプロデビュー戦、偉大な選手とプレー出来たこと、その全てが僕の人生の宝物です。最後になりましたが、この歴史ある素晴らしいクラブでキャリアをスタート出来ましたこと、そして名古屋での全ての出会いに心から感謝しています。僕にとって名古屋グランパスはいつまでも特別で大好きなクラブです。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

栃木、仙台ユースMF荒井秀賀の来季加入内定を発表「仙台で培ったものを栃木のために」

▽栃木SCは19日、ベガルタ仙台ユースに所属するMF荒井秀賀(17)の来シーズンからの加入が内定したことを発表した。 ▽山形県出身の荒井は、ジュニア時代から仙台の下部組織に所属。2016シーズンには2種登録選手としてトップチームに登録されていた。 ▽栃木への加入が内定した荒井は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆栃木SC 「この度、栃木SCに加入することとなりました荒井秀賀です。栃木SCの一員になれることをうれしく思います。感謝の気持ちと向上心を忘れることなく、日々のトレーニングから全力で取り組み、栃木のために戦います。これから応援よろしくお願いいたします」 ◆ベガルタ仙台 「来シーズンから栃木SCに加入することとなりました。子どもの頃からの目標だったプロサッカー選手になれることをうれしく思います。そして、自分を小さい頃から応援・サポートしてくれた家族、ベガルタ仙台というクラブを通じて出会った仲間、指導者のみなさんに感謝いたします。ベガルタ仙台で培ったものを、来シーズンからは、栃木SCのために発揮したいと思います。クラブは変わってしまいますが、引き続き応援よろしくお願いいたします」 2017.10.19 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

清水の功労者MF杉山浩太、今季限りで現役引退…ホーム最終節でセレモニー

▽清水エスパルスは18日、MF杉山浩太(32)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。なお、引退セレモニーは11月26日に行われるホーム最終戦のアルビレックス新潟戦終了後、IAIスタジアム日本平ピッチにて執り行われる予定だ。 ▽静岡県出身の杉山は、2008年の柏レイソルへの期限付き移籍を除き、ジュニアユース時代から清水一筋でプレー。通算でJ1リーグ181試合、J2リーグ2試合、Jリーグカップ43試合、天皇杯23試合、AFCチャンピオンズリーグ5試合を記録し、今シーズンもここまでJ1リーグ5試合に出場している。 ▽このたび、現役引退を発表した杉山は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私、杉山浩太は今シーズン限りでの引退を決意いたしました。エスパルスには、小学生5年生でサッカースクールに加入し、ジュニアユース、ユースを経て、これまで23年間お世話になりました。子供の頃からプロサッカー選手が夢でしたが、ジュニアユースに入って、初めてプロを意識するようになりました」 「また、日本平でボールボーイを行なったときに、このピッチでプレーしたいと、より一層想いが強くなったことを思い出します。体が小さかった自分にはプロは厳しいと思われたかもしれないですが、エスパルスはずっと見守ってくれました。2003年にトップへ昇格し、4月の静岡ダービーでリーグ戦に初めて出場しました。もちろん緊張もありましたが、何もできないまま、あっという間に試合が終わってしまった印象でした」 「それから15年のプロ生活を送らせていただきましたが、タイトルを獲ることができなかったことは自分としては心残りです。それは後輩たちに託して、近い将来、必ず願うと信じています」 「言葉では言い尽くせないほど、長い時間をエスパルスで過ごさせてもらいました。この時間はあっという間でしたが、今あらためて思うことは、エスパルスに入って本当に良かったということです。エスパルスでなければ、このようなサッカー人生を送ることはできなかったでしょう。それは自分の誇りですし、これからもエスパルスファミリーの一員として、いつまでも見守っていきたいと思います」 「今シーズンも残り5試合となりましたが、プロになったときの気持ちをもう一度思い出して、自分自身も納得のいくシーズンで終えられるよう、最後までチームの力になりたいと思います」 2017.10.18 16:21 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FC、奥寺康彦SDの暫定監督就任を発表 初陣は20日町田戦に

▽横浜FCは18日、同クラブのスポーツダイレクター(SD)を務める奥寺康彦氏(65)が暫定的にチームの指揮を執ると発表した。初陣は20日に行われる明治安田生命J2リーグ第38節のFC町田ゼルビア戦となる。 ▽J1昇格を狙う横浜FCは、明治安田生命J2リーグ第37節終了の現時点で16勝9分け12敗の勝ち点57で8位。15日に行われた明治安田生命J2リーグ第33節の東京ヴェルディ戦後、中田仁司監督を解任していた。 ▽秋田県出身の奥寺氏は、現役時代に古河電工サッカー部を皮切りに、ケルンやヘルタ・ベルリン、ブレーメンでプレー。日本代表としても32試合9得点の記録を持つ。奥寺氏は、「クラブが目標とするJ1昇格に向けて、今自分ができることを最大限発揮できればと思います」とコメントしている。 2017.10.18 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、東海大学付属相模高校DF山口竜弥の来季加入内定を発表 「常識破りのSBになる」

▽ガンバ大阪は18日、東海大学付属相模高校に在学するDF山口竜弥(17)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽神奈川県出身の山口は、身長171cm、体重70kgの左利きDF。爆発的な加速力を武器に、相手のコンタクトを寄せ付けない身体の強さや推進力、パンチ力のある左足を魅力とする選手で、U-18日本代表候補にも選出歴を持つ。 ▽G大坂でプロキャリアをスタートさせることになった山口は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、ガンバ大阪のような素晴らしいクラブに加入することが出来、大変嬉しく思います。自分の武器である対人の強さを活かし、ガンバや世界で活躍し、見ている人を驚かせるような常識破りのサイドバックになります。応援よろしくお願いします」 2017.10.18 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

J1自動昇格を目指す横浜FCが成績不振により中田仁司監督を解任…早川知伸コーチが暫定指揮

▽横浜FCは15日、シーズン当初より掲げていたJ1自動昇格への成績不振にともない中田仁司監督(55)の解任を発表した。 ▽中田監督は、2015年9月にミロシュ・ルス監督の辞任に伴い横浜FCの指揮官に就任。2016年は再びミロシュ・ルス監督が指揮を執っていたが、不整脈症状の検査及び治療のため辞任。同年6月から再び指揮を執っていた。 ▽2017シーズンも継続して指揮を執っていた中田監督だが、ここまで16勝9分け12敗の成績で現在勝ち点57でプレーオフ圏外の8位。ここ3試合は1分け2敗と結果が出ていなかった。中田監督、北川浩史代表取締役社長兼COOのコメントは以下の通り。 ◆中田仁司監督 「今シーズン目標としてきたことが達成できず非常に残念です。J1昇格に向けて残り試合目標達成のために選手、スタッフみんなで頑張って欲しいと思います。3年弱ありがとうございました」 ◆北川浩史代表取締役社長兼COO 「今シーズン残り少ないJ1昇格への可能性を今一度奮起し、なんとしてもここからJ1昇格プレーオフに進出して勝ち上がるために、監督交代を決断させていただきました」 ▽なお、17日(火)からのトレーニングは早川知伸コーチ(40)が暫定的に指揮を執る。 2017.10.15 18:09 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース