鹿実元総監督の松沢隆司氏が死去 教え子のG大阪MF遠藤保仁が悼む2017.08.13 10:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿児島実業高校サッカー部の総監督を務めた松沢隆司氏(76)が11日、多臓器不全のため、鹿児島市内の病院で死去した。1995年から3年間にわたって指導を受けたガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁(37)が恩師を偲んだ。

▽松沢氏は、1966年から鹿児島実高校サッカー部を指揮。1995年に監督、2004年に総監督として全国高校選手権制覇に導いた。その間、遠藤のほか、前園真聖氏、城彰二氏、MF松井大輔ら多くの日本代表選手を輩出。2011年に総監督を退任した。遠藤は恩師の訃報を受け、所属先のG大阪を通じて次のようにコメントを発表している。

「長年サッカーに携わって、たくさんのJリーガーや社会で活躍されている方を育てられたことが先生の功績だと思います。特に遠藤家は代表のときなど、よく気にかけて頂いたので、本当に感謝しています」

コメント

関連ニュース

thumb

広島がパトリックの2GなどでG大阪下す!! 優勝に向けて軽快なスタート《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、サンフレッチェ広島vsガンバ大阪が18日に行われ、4-0で広島が勝利した。 ▽今年はロシア・ワールドカップ(W杯)のために、中断期間が設けられ5月20日を最後におよそ2カ月ぶりの再開となったJ1。この間に各チームは補強や人員の整理を行った。 ▽ホームの広島の先発メンバーに大きな変わりはなく、工藤がリーグ戦では第12節以来の先発に。また、日本代表に選ばれていたものの、開幕前にケガで離脱したキャプテンの青山も先発入り。さらに、開幕節で右腕を負傷していた千葉がベンチ入りを果たした。 ▽対するG大阪は矢島と泉澤が退団し戦力ダウンに。一方でアデミウソンが第3節以来の復帰。そのほか遠藤や三浦、ファン・ウィジョが先発に名を連ねた。 ▽試合は思わぬ展開を見せた。8分、青山がスライディングでイーブンボールを奪いに行った際に、遅れてファビオが足裏を見せながらスライディングタックル。あまりにも危険な行為に主審は一発レッドカードを提示。G大阪は残り80分を1人少ない状態で臨むことになった。 ▽数的有利を得た広島。11分には左サイドのクロスからパトリックが頭で合わせるがGKの正面。21分のFKでは工藤の折り返しに佐々木が反応。頭で押し込みにいったが上手くいかなかった。 ▽優位に試合を進める広島は26分、敵陣右サイドでボールを回しながら時間を創ると、上がってきた和田の丁寧なクロスをパトリックが完璧なヘディングシュートで合わせ先制。パトリックはこれがリーグ戦11得点目となった。 ▽その後も広島は試合を支配し、41分に右サイドの青山のクロスを再びパトリックがダイビングヘッドで合わせて追加点を挙げた。 ▽広島の2点リードで迎えた後半、青山とのワンツーで左サイドを突破した柏が中へ切り込んでクロスを供給。クロス先のパトリックはDFに挟まれてシュートを打てなかったっが、DFに当たったこぼれ球を工藤が押し込んで広島は3点目を奪った。工藤はリーグ戦初ゴールとなった。 ▽このゴールで試合をほぼ決めた広島は65分に野上を下げて千葉を投入。第1節以来の出場にホームのファンからは歓声が。その中で、86分にはカウンターで左サイドを抜け出した柏のクロスを途中出場ティーラシンが合わせてダメ押しの4点目を追加。 ▽そのまま広島は相手に反撃を許すことなく試合をクローズ。2カ月ぶりのリーグ戦で白星を取り戻し、優勝に向けて軽快なスタートを切った。 2018.07.18 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】最高のリスタートか、逆襲の始まりか《広島vsG大阪》

▽ロシア・ワールドカップ開催に伴う約2カ月の中断期間を経て、18日に再開のときを迎える明治安田生命J1リーグ。首位を走るサンフレッチェ広島は、第16節で16位に沈むガンバ大阪をエディオンスタジアム広島に迎え撃つ。 ◆最高のリスタートを〜サンフレッチェ広島〜 ▽開幕から他の追随を許すことのない快進撃で首位を走り続けてきた広島。この中断期間中、攻撃面のさらなる向上を図ってきた。さらに、過去Aリーグで2度の得点王受賞歴を有するFWベサルト・ベリシャが加わり、攻撃陣の戦力拡充に成功。だが、最も大事にしなければならないのは、中断前の調子をキープすること。J1最小8失点の堅守をベースにした戦いを再開後も続けられるかが最大の焦点になってくる。4年に1度の祭典開催に伴う大型中断期間後ということもあり、それをやり遂げるのは簡単ではないが、開幕から築き上げてきた良サイクルを無駄にしないためにも、このG大阪戦を白星でリスタートしたい。 ◆4年前の再現へ、逆襲の一歩を〜ガンバ大阪〜 ▽16位から再出発のG大阪は、中断期間突入後に山内隆司社長が「あらゆる手段を講じる」とファンに発信。だが、蓋を開けてみれば、MF矢島慎也とMF泉澤仁の退団や、セレッソ大阪に所属するFW柿谷曜一朗の獲得失敗、レヴィー・クルピ監督の強化部に対する不満を世間にばら撒いたのみだ。唯一の朗報は、前半戦で負傷欠場が続いたFWアデミウソンの復帰ぐらい。現時点で巻き返しの兆しが見えてこない。しかも、再開後初戦の相手は、首位の広島。だが、裏を返せば、逆襲の分岐点になり得る一戦でもある。4年前の中断前に降格圏に沈み、W杯後に三冠を成し遂げた当時の再現へ。これ以上の躓きは許されない。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サンフレッチェ広島[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180716_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:林卓人 DF:和田拓也、野上結貴、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、青山敏弘、稲垣祥、柏好文 FW;パトリック、工藤壮人 監督:城福浩<hr>▽今夏加入のベサルト・ベリシャは登録上の問題で起用できない。だが、チームとして良い流れが漂っており、大きなケガ人もないことから、序盤戦と同じ顔ぶれが先発の11名に名を連ねることになるだろう。 ◆ガンバ大阪[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180716_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:米倉恒貴、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:高江麗央、遠藤保仁、マテウス、倉田秋 FW:ファン・ウィジョ、アデミウソン 監督:レヴィー・クルピ<hr>▽アデミウソンがようやくカムバック。さっそく先発入りするとみられる。また、序盤戦からの変更点とすれば、MF高江麗央の右サイドハーフ起用。紅白戦や練習試合でも試されており、先発が有力だ。 【注目選手】 ◆FWパトリック(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180716_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽広島の注目選手は、古巣戦となるFWパトリックだ。中断前に得点ランキングトップの10得点を挙げ、守備にもエネルギッシュなプレーでチームの快進撃に大きく貢献。今や“戦術パトリック”がチームの根幹と言っても過言ではない。青黒の怪人として三冠達成に導いた2014年から4年、今度は対戦相手の主砲として古巣から白星を狙う。 ◆FWアデミウソン(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180716_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、戦線復帰のアデミウソンだ。G大阪在籍3年目の今シーズンは、昨年から続くグロインペイン症候群の治療で一時帰国を強いられたが、厳しいリハビリを経てチームに再合流。まだ、全快ではないが、瞬間的なプレーでらしさを見せる。個人としても溜まった鬱憤を晴らすべく、チームのカンフル剤になる活躍を見せたい。 ◆共に気持ちを新たに ▽中断前、対照的なシーズンを過ごしてきた両雄。しかし、例年と違って2カ月も中断期間があったとなれば、状態維持は難しく、また新たなシーズンの幕開けという感覚に陥ってくる。したがって、両チームともに中断前の状況にとらわれることなく、気持ちを新たに今節の再開初戦に挑んでくるだろう。置かれた状況こそ違うが、共にJリーグ優勝実績を持つ強者。最高のリスタートを切るべく、白星を目指した熱い戦いが繰り広げられるに違いない。その激戦必至の広島vsG大阪は、19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">広島vsG大阪をDAZNで観よう!</a><hr></div> 2018.07.17 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪、9月広島戦は限定ユニでプレー 昨年に続く太陽の塔とのコラボ企画第2弾

▽ガンバ大阪は14日、「太陽の塔」とのコラボを中心とした試合連動イベント『GAMBA EXPO 2018』開催を記念した限定ユニフォームのデザインを発表した。 ▽同イベントは昨年に続く2年連続の開催に。鬼才・岡本太郎の傑作である「太陽の塔」とのコラボによるシナジーを発揮し、多くの人にスポーツが持つチカラを知ってもらい、感動や夢をもたらすことを目的に催される。 ▽限定記念ユニフォームは、2018年3月に約半世紀ぶりの一般公開された太陽の塔の内部があしらわれ、前面に生物の進化過程を表現した生命の樹、および未来への空間が描写されている。 ▽また、背面には復元された第4の顔である地底の太陽、そして進化の過程で現れる恐竜がプリント。袖にも赤と青の稲妻があしらわれ、太陽の塔の内側から見た腕の部分に透かしも採用されている。 ▽対象試合は、9月29日or30日にパナソニック スタジアム 吹田で行われる明治安田生命J1リーグ第28節のサンフレッチェ広島戦。G大阪に所属する選手は試合当日、この限定記念ユニフォームでプレーする。 ▽なお、クラブは同試合に来場するビジター席除く観戦者全員に限定記念ユニフォームシャツをプレゼント。そのほか、『GAMBA EXPO 2018』記念グッズも販売される。 2018.07.14 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪U-23、ホーム戦2試合のスタジアム変更…大阪府北部地震で万博使用不可に

▽ガンバ大阪は9日、同クラブU-23のホームゲーム2試合における開催場所の変更を発表した。 ▽変更理由は先月、大阪府北部を襲った地震の影響により、一部破損した万博記念競技場の修復工事が終わっていないため。これにより、16日に行われる明治安田生命J3リーグ第18節の鹿児島ユナイテッドFC戦、8月26日に行われる第20節のY.S.C.C.横浜の会場がパナソニック スタジアム 吹田に変更となった。 ▽また、それに伴い、鹿児島戦のキックオフ時間が当初の17時から17時半に変更。YS横浜戦のキックオフ時間は、19時のまま変わっていない。なお、チケットの払い戻しはなく、すでに所持している場合はそのまま観戦ができる。 2018.07.09 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

東京V、G大阪からMF泉澤仁を期限付き移籍で獲得「J1昇格を目指してチームの力になれるよう」

▽東京ヴェルディは25日、ガンバ大阪からMF泉澤仁(26)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2019年1月31日まで。なお契約によりガンバ大阪と対戦するすべての公式戦に出場することができない。 ▽泉澤は2017年1月に大宮からG大阪に加入。昨シーズンこそ公式戦33試合6得点を記録したものの、今シーズンは明治安田生命J1リーグで3試合、YBCルヴァンカップで3試合の出場にとどまっていた。U-23チームとして出場していたJ3リーグでは8試合出場して2得点を記録していた。 ▽東京Vへの期限付き移籍が決定した泉澤は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆東京ヴェルディ 「東京ヴェルディのファン・サポーターの皆さん、初めまして。J1昇格を目指してチームの力になれるよう、精一杯頑張ります。よろしくお願いします」 ◆ガンバ大阪 「ガンバ大阪に加入してきて、サポーター・ファンの皆様の温かい応援がとても嬉しかったです。本当に有難うございました」 2018.06.25 10:40 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース