バルサご意見番チャビ「ネイマールのPSG移籍は奇妙」2017.08.13 09:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナOBで元スペイン代表MFのチャビ・エルナンデスが今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍を果たしたブラジル代表FWネイマールに言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽バルセロナ加入以来、FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレスと共に“MSN”の一角として、絶大な存在感を誇ったネイマール。しかし、PSGが今夏、実現不可能とみられてきた違約金2億2200万ユーロをバルセロナに支払うことで、ネイマールを引き抜いた。

▽フランス『Le Parisien』のインタビューに応じたバルセロナのレジェンドであるチャビは、天文学的な移籍金でパリ行きを決断したネイマールについて、次のようにコメントした。

「彼の決断だし、それを尊重しないとね。個人的な決定だから。でも、誰もバルサを離れるなんて、想像していなかったんじゃないかな」

「バルサに残りたくないなんて奇妙だ。稀なことだよ。ルイス・フィーゴがレアル・マドリーから去って17年が経つ。ネイに関しては、今の彼が決めたことさ」

「どういうことが起きたのかはわからない。この記録的な移籍に関しては、色々な見方がある」

「とにかく、彼が何をPSGにもたらすのか見てみよう。バルサも2億2200万ユーロを支払うクラブがあるなんて、想定していなかったのは間違いないね」

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール・ショックのバルサ、ディ・マリア獲得へ?

▽バルセロナは、リバプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ、ドルトムントでプレーするフランス代表MFウスマーヌ・デンベレの獲得難航を受けて、新たなターゲット確保に動いているようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽その新たなターゲットとは、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)だ。FWネイマールのPSG移籍を余儀なくされたバルセロナは、代役候補としてコウチーニョ、O・デンベレの獲得に白羽の矢。しかし、依然として実現に至ってない。 ▽その間には、シーズン開幕を告げるスーペル・コパで宿敵レアル・マドリーに完成度の差を見せつけられる形で完敗。さらに、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが4〜5週間の負傷離脱を余儀なくされており、攻撃陣においてより苦しい台所事情を強いられる末路に陥っている。 ▽そこで、バルセロナは、ディ・マリアに着眼。ディ・マリア自身はネイマールに続き、噂されるモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペも加入となれば、熾烈なポジション争いを強いられる恐れがあるため、移籍を考慮する可能性があるという。 2017.08.19 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、ネイマール移籍で危機にさらされるドイツ代表MFの残留を希望…今年1月に加入

パリ・サンジェルマン(PSG)はドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの残留を求めているようだ。<br><br>PSGは今月、ネイマールの加入を発表した。史上最高額で加わったブラジル代表クラックには10番と左サイドという特権が与えられるが、それで被害を受けるのがドラクスラーだ。今年1月に加入したばかりのドラクスラーが主戦場とするのが左サイドで、ネイマールのプレーエリアと被る。そのため、今シーズンはベンチを温める時間が長くなると推測されている。<br><br>しかし、PSGはドラクスラーの価値は変わらないとして売却を望んでいないようだ。また、スペイン『ムンド・デポルティーボ』はバルセロナがドラクスラーにオファーを送ったと報じたが、『Goal』の取材によりオファーが存在しないことが明らかとなっている。<br><br>すでにドラクスラーの代理人も今夏は残留していることを明かしており、ポジション獲得に努めるとしている。ウナイ・エメリ監督がシステムを変更した場合、ドラクスラーは10番のポジションを務めることができると考えられるが、若きドイツ代表は自身の居場所を作ることができるのか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.19 08:12 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスがマテュイディの獲得を発表、移籍金は26億円+ボーナス13億円

▽ユベントスは18日、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(30)の獲得を発表した。契約期間は2020年6月までの3年間となっている。 ▽ユベントスは移籍金が2000万ユーロ(約26億円)+ボーナス1050万ユーロ(約13億4000万円)であることを明かしている。なお、移籍金は今後3年間に渡って支払われるとのことだ。また、ボーナスの条件としては今後3年間でマテュイディが出場した試合数によって変動すると発表している。 ▽ユベントス加入が決まったマテュイディは公式サイトで次のように語っている。 「ユベントスは偉大な歴史を持つ、野心に溢れる常勝クラブだ。彼らは6年連続でスクデットを獲得しているし、ヨーロッパのタイトルも視野に入れている。僕はチームが勝利できるようにすべてを与えたい。ユベントスではジダンやプラティニ、デシャンといったフランスの偉大な先輩を見てきた。そんなチームの一員となれたことは喜ばしいことだよ」 ▽2011年夏にサンテチェンヌからPSGに加入したマテュイディは公式戦295試合を数え、33ゴール30アシストを記録。これまで4度のリーグ・アン制覇を含む15ものタイトルを獲得し、2015年にはフランスの最優秀選手に選ばれていた。 2017.08.19 01:10 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ドラクスラーに45億円準備か

▽イギリス『タイムズ』は、アーセナルがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(23)の獲得に乗り出していると報じた。 ▽若くして才能を評価されたドラクスラーは、これまでシャルケ、ヴォルフスブルクでプレー。昨冬にヴォルフスブルクからPSGに移籍した。だが、PSGは今夏、FWネイマールを獲得。さらに、モナコに所属するFWキリアン・ムバッペ獲得の動きも伝えられており、実現すればポジション争いの激化は避けられない。 ▽そうしたなか、『タイムズ』はアーセン・ヴェンゲル監督がドラクスラー獲得へ3200万ポンド(約45億円)を用意していると伝えた。今夏の前線補強を不可欠と考えているものの、モナコに所属するMFトマ・ルマール、ムバッペの獲得交渉が一向に進んでいないことから、ドラクスラーに関心を寄せつつあるという。 2017.08.18 16:13 Fri
twitterfacebook
thumb

​パリ・サンジェルマン、ムバッペ獲得から撤退の可能性が浮上「まずは選手を売却しなければ」

パリ・サンジェルマン(PSG)は、モナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ獲得から撤退することになるかもしれない。<br><br>昨季センセーショナルな活躍で欧州中の注目を集めたムバッペ。最近ではPSG移籍の可能性が盛んに取りざたされているが、一方では同クラブがファイナンシャルフェアプレーへの抵触を恐れ、獲得をためらっているとの報道もされている。<br><br>そんな中、今夏PSGの育成ダイレクターに就任したルイス・フェルナンデス氏は、スペイン『カデナ・セール』でムバッペについて次のように話した。<br><br>「ムバッペ、ネイマール、カバーニの3トップ? それだけでチャンピオンズリーグを制覇したも同然だよ! いや...すまない、冗談だ。ムバッペに関しては、非常に難しい状況だ」<br><br>「この前の日曜日の試合に、ムバッペは出場しなかった。だがPSGは第一に選手を売却しなければいけない。ベン・アルファ、オーリエ、マテュイディ、クリホヴィアク...。そういった選手たちをね。誰かを獲得したければ、彼らを放出する必要がある」<br><br>さらに、ムバッペを狙っているのはPSGだけではないという。<br><br>「3チームがムバッペを追っている。PSG、レアル・マドリー、マンチェスター・シティだ。ムバッペはワールドカップのことを考えつつ、決断を下さなければいけない。モナコに残留する可能性もある。成長を考慮すれば、それも悪い決断ではないからね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.18 15:06 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース