バルサご意見番チャビ「ネイマールのPSG移籍は奇妙」2017.08.13 09:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナOBで元スペイン代表MFのチャビ・エルナンデスが今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍を果たしたブラジル代表FWネイマールに言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽バルセロナ加入以来、FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレスと共に“MSN”の一角として、絶大な存在感を誇ったネイマール。しかし、PSGが今夏、実現不可能とみられてきた違約金2億2200万ユーロをバルセロナに支払うことで、ネイマールを引き抜いた。

▽フランス『Le Parisien』のインタビューに応じたバルセロナのレジェンドであるチャビは、天文学的な移籍金でパリ行きを決断したネイマールについて、次のようにコメントした。

「彼の決断だし、それを尊重しないとね。個人的な決定だから。でも、誰もバルサを離れるなんて、想像していなかったんじゃないかな」

「バルサに残りたくないなんて奇妙だ。稀なことだよ。ルイス・フィーゴがレアル・マドリーから去って17年が経つ。ネイに関しては、今の彼が決めたことさ」

「どういうことが起きたのかはわからない。この記録的な移籍に関しては、色々な見方がある」

「とにかく、彼が何をPSGにもたらすのか見てみよう。バルサも2億2200万ユーロを支払うクラブがあるなんて、想定していなかったのは間違いないね」

コメント

関連ニュース

thumb

ミランの若き守護神がPSG移籍を決意? 同胞からの後押しも

▽ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)は、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍に向かっているという。イタリア『QS』が伝えた。 ▽『QS』の報道によると、ドンナルンマはすでにミラン退団を決断したとのこと。今シーズン終了後にPSGへ行くことになるという。 ▽ミランの若き守護神は、PSGのプロジェクトに惹かれており、パリの街にも魅力を感じているという。さらに、イタリア代表でチームメイトのMFマルコ・ヴェッラッティの助言もあり、PSG移籍を決断したとのことだ。 ▽最近の報道では、ミランがドンナルンマの後釜探しを始めたという情報もあり、移籍をついに容認する可能性も浮上している。もしかしたら、水面下ではすでに具体的な動きがあるのかもしれない。 2018.02.22 22:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「メッシを超えたいなら…」アンリ氏がネイマールに過激な助言?

▽元フランス代表のティエリ・アンリ氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールにアドバイスを送っている。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽昨夏バルセロナからPSGに移籍したネイマール。『カルチョメルカート』はこの移籍を「メッシの影から出たかったから」と推測し、バロンドールを獲得するための移籍だったとしている。 ▽現役時代にはバルセロナでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシともプレーしたアンリ氏。この推測について問われると、ネイマールにあるアドバイスを送った。 「私は、ネイマールがメッシの影から抜け出したくてバルセロナを出ていったのかどうかはわからない」 「ただ、全ての選手がメッシの影に隠れてしまっていることは事実だ。ネイマールがそうありたくないのであれば、彼はスポーツを変えるべきだね」 2018.02.21 23:08 Wed
twitterfacebook
thumb

アザール、移籍の可能性を濁す 「様子を見よう」

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)が移籍の可能性を否定しなかった。 ▽レアル・マドリーとパリ・サンジェルマンが熱視線を注ぐとされるアザール。今シーズンもここまで公式戦36試合15ゴール9アシストと、チェルシーのエースとして活躍を続けている。 ▽去就に揺れるアザールは、フランス『Telefoot』に対して次のように言及。チェルシーでの現状に満足感を示しつつ、未来についてお茶を濁した。 「フットボールの世界だと、何かが起こる可能性があれば、そうならないことだってある」 「毎年、レアルやPSGの話が出てくるね。僕はクラブを変えたいと思えば、そうするつもりさ」 「でも、現時点で、ここで満足している。まだ(チェルシーと)2年の契約がある。とても良い気分だよ」 「ファンは僕を愛してくれていて、僕の家族もここでの生活を楽しんでいる。様子を見ていくよ」 2018.02.19 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「バルサはネイマールが抜けて強くなった」

▽バルセロナに所属するドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンは、ブラジル代表FWネイマールを失ったチームにポジティブな印象を受けているようだ。 ▽アルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとの攻撃ユニットでバルセロナをリードしたネイマール。昨夏、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロでパリ・サンジェルマン移籍を決断した。 ▽これにより、今シーズン当初こそ不安の声が集中したバルセロナだったが、リーガエスパニョーラで首位を快走中。チャンピオンズリーグでも勝ち上がっており、チームに対する当初の懐疑的な周囲の見解を一蹴している。 ▽最後方からチームを支えるテア・シュテーゲンは『ESPN』に対して、今シーズンの好調な理由について次のように言及。ネイマールの退団がチームの力を高めたとの見解を示している。 「ネイのクオリティは、説明不可能。彼は僕らにとってスーパーな存在だった。フットーボーラーとしてだけじゃなく、人としてもね」 「でも、全員が彼のしたことを理解しないと。彼はきっと個人として何かを勝ち取りたがっているんだ」 「決断の真意は、彼しか知らない。でも、僕らはそれをカバーしなくちゃいけない。簡単じゃないよ。彼のクオリティを考えるとね」 「それでも、僕らは違う道を見つけて、もっともっと強くなった。新加入選手がチームをより強くしてくれたんだ」 「彼らがもっとチームで心地良くなってくれることを願うし、より早く適応してくれることを祈っている」 2018.02.19 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

移籍金史上2位の237億円選手誕生へ! PSGが怪物フランス代表FWを完全獲得へ

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、昨年の夏にモナコからレンタルで獲得したフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)の買い取りオプションを行使することが事実上決まったようだ。フランス『RMC Sport』が伝えている。 ▽モナコで台頭したムバッペはPSG入りした今シーズン、公式戦32試合に出場して15得点を記録。リーグ戦では9得点8アシストを記録するなど、FWネイマール、FWエディンソン・カバーニと共に、『MCN』と呼ばれる世界屈指のアタッカーの一翼を担っている。 ▽そのムバッペに関して、PSGは今シーズン終了後の買い取りが事実上決まったようだ。現在リーグ・アンの首位を走るPSGは、17日に行われた第2節でストラスプールに5-2で勝利。この結果、数字上でリーグ・アンの残留が決まった。報道によれば、来シーズンもPSGがリーグ・アンに残ることが契約条項起動の条件だったようだ。 ▽なお、ムバッペの買い取り価格は、1億8000万ユーロ(約237億円)になることが伝えられていた。滞りなく完全移籍が決まれば、同じく昨年の夏にバルセロナからPSG入りしたFWネイマールに次ぐ歴代2位の移籍金となる。 2018.02.18 14:41 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース