バルサご意見番チャビ「ネイマールのPSG移籍は奇妙」2017.08.13 09:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナOBで元スペイン代表MFのチャビ・エルナンデスが今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍を果たしたブラジル代表FWネイマールに言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽バルセロナ加入以来、FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレスと共に“MSN”の一角として、絶大な存在感を誇ったネイマール。しかし、PSGが今夏、実現不可能とみられてきた違約金2億2200万ユーロをバルセロナに支払うことで、ネイマールを引き抜いた。

▽フランス『Le Parisien』のインタビューに応じたバルセロナのレジェンドであるチャビは、天文学的な移籍金でパリ行きを決断したネイマールについて、次のようにコメントした。

「彼の決断だし、それを尊重しないとね。個人的な決定だから。でも、誰もバルサを離れるなんて、想像していなかったんじゃないかな」

「バルサに残りたくないなんて奇妙だ。稀なことだよ。ルイス・フィーゴがレアル・マドリーから去って17年が経つ。ネイに関しては、今の彼が決めたことさ」

「どういうことが起きたのかはわからない。この記録的な移籍に関しては、色々な見方がある」

「とにかく、彼が何をPSGにもたらすのか見てみよう。バルサも2億2200万ユーロを支払うクラブがあるなんて、想定していなかったのは間違いないね」

コメント

関連ニュース

thumb

中盤の補強を進めたいチェルシー、PSGのポーランド代表MF獲得を検討

チェルシーは、パリ・サンジェルマン(PSG)のポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアクへ関心を強めているようだ。イギリス紙『ザ・サン』が報じている。<br><br>チェルシーのアントニオ・コンテ監督はレスター・シティののダニー・ドリンクウォーターに強い関心を寄せていたが、レスター側が4000万ポンド(約56億円)の移籍金を要求したため、話し合いはストップしたと見られている。<br><br>そこでチェルシーは、レンタルでクリホヴィアク獲得を検討しているようだ。<br><br>クリホヴィアクは、2016年にセビージャで指導を受けたウナイ・エメリの後を追いPSGへ移籍したが、公式戦でわずか19試合の出場に留まっていた。同選手にはチェルシーのほか、ミランやバレンシアも関心を示しているとされる。<br><br>PSGは今夏にバルセロナよりブラジル代表MFネイマールを2億2200万ユーロ(約290億円)で獲得した。これを受け、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の制度で、クラブの収支を合わせる必要があり、保有選手の売却が取り沙汰されている。<br><br>提供:goal.com 2017.08.21 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ネイマール2G2A&PK獲得の大活躍でPSGが6発快勝!《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第3節のパリ・サンジェルマン(PSG)vsトゥールーズが20日に行われ、6-2でPSGが勝利した。 ▽開幕2連勝のPSGは3-0で勝利した前節のギャンガン戦からスタメンを1名のみ変更。マルキーニョスに代えてキンペンベを起用した。また、前節1G1Aで鮮烈なデビューを果たしたネイマールは引き続き[4-3-3]の最前線に入り、ディ・マリア、カバーニと共に3トップを形成した。 ▽試合は序盤からPSGがボールを保持する展開が続いたものの、決定的な場面はなかなか訪れない。12分には、ボックス内に侵攻したクルザワからヒールパスを受け取ったネイマールがダイレクトシュートを放ったが、DFにブロックされた。直後の14分にも、ダニエウ・アウベスから供給されたパスに、走り込んだネイマールが右足で合わせたが、シュートはバーに嫌われた。 ▽さらに18分、ネイマールのフライパスに抜け出したカバーニがGKとの一対一を迎えたが、シュートをミートすることができずに決定機を逸した。すると、直後のプレーでトゥールーズが貴重な先制点を奪うことに成功した。右サイドでボールを持ったケルビン・アミアンがクルザワを躱して深い位置まで侵攻。中央に折り返されたクロスを、ボックス内のグラネルがボレーで叩き込んだ。 ▽それでも、既にPSGのエースとなりつつあるネイマールが試合をイーブンに戻した。31分、ボックス内左でボールを持ったネイマールは巧みなフェイントでDFを翻弄。時間を作ると、背後から駆け上がったカバーニへのパスを選択する。左サイド角度のない位置から放たれたカバーニのシュートはGKに弾かれたが、詰めていたネイマールが押し込んだ。 ▽さらに直後の35分、ネイマールとのワンツーで相手を剥がしたラビオがボックス手前で右足を振り抜く。強烈なミドルシュートがネットに突き刺さり、わずか5分間で2得点を奪ったPSGが逆転することとなった。 ▽圧倒した展開のまま試合を折り返したPSGは、後半に入るとややペースを緩めた。ヴェッラッティを起点にして、中盤での支配をさらに高めていく。しかし70分、盤石に試合を運んでいたPSGに不運な出来事が起こる。相手のバックパスを奪おうとしたヴェッラッティがDFと交錯。2枚目のイエローカードを提示され、退場となった。 ▽中盤のキーマンを欠くこととなったPSGだったが、直後の75分にドリブルでボックス内に侵入したネイマールがDFに倒されてPKを獲得。キッカーのカバーニが確実に決め、追加点とした。しかし、勝利を諦めないトゥールーズは、78分にCKからジュリアンが得点を決めて点差を縮めた。 ▽試合がオープンな展開になると、PSGが立て続けに得点を重ねた。82分には、途中出場のパストーレがボックス手前から右足一閃。ボールは弧を描いてゴール右上隅に吸い込まれた。続いて84分、左CKのキッカーをネイマールが務め、質の高いボールを供給。ボックス内でフリーになっていたクルザワがボレーで合わせ、チームの5得点目とした。 ▽試合終了間際の92分には、ボックス手前中央でボールを持ったネイマールがドリブルを開始。DF4人を相手取りながらもシュートまで持ち込み、自身のこの試合2得点目で試合を締めくくった。 ▽直後に笛が鳴り、試合は終了。先制点の献上やヴェッラッティの退場などPSGは苦しみながらも、終わってみれば6得点の大勝。開幕3連勝を飾った。 2017.08.21 06:12 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG、257億円で怪童ムバッペ獲得合意と報道

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)獲得に関してモナコと合意に達したようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ▽PSGは今夏、2億2200万ユーロ(約285億円)のバイアウト条項を起動させてバルセロナからFWネイマールを引き抜いた。しかし、さらなる補強候補として、世界屈指の若手有望株と認知されるムバッペの名前が挙がっていた。 ▽『ムンド・デポルティボ』によれば、PSGは既にムバッペの獲得に関してモナコと合意しており、来週中にも正式発表を行う見込みだとのこと。移籍金はネイマールに次ぐ歴代2位の1億8000万ユーロ(約230億円)をベースに、ボーナス込みで2億ユーロ(約257億円)に達するという。また、ムバッペはPSGで年俸1800万ユーロ(約23億円)を受け取ると伝えられている。 2017.08.20 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ドラクスラー獲得レースに参戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(23)に関心を示していると、イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽ドラクスラーに関しては、PSGでの立ち位置が不透明な状況になりつつある。PSGは今夏、バルセロナからFWネイマールを獲得。さらに、モナコのFWキリアン・ムバッペ獲得に動いているとされており、実現すれば出場機会の確保がより難しくなるとの見方が強まっている。これまでの報道によれば、そのドラクスラーを巡ってはリバプール、アーセナルが興味。だが、ここにユナイテッドも加わる可能性があるという。 ▽ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は今夏、DFビクトル・リンデロフ、MFネマニャ・マティッチ、FWロメル・ルカクを獲得。しかし、少なくともあと1名の獲得を見込んでいるとみられる。その1名には、インテルのMFイバン・ペリシッチがかねてより噂されてきた。だが、獲得交渉は停滞。そのため、アーセナルも関心を寄せるモナコのMFトマ・ルマールと共に、ドラクスラーの動向にも注視しているようだ。 2017.08.20 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマール・ショックのバルサ、ディ・マリア獲得へ?

▽バルセロナは、リバプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ、ドルトムントでプレーするフランス代表MFウスマーヌ・デンベレの獲得難航を受けて、新たなターゲット確保に動いているようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽その新たなターゲットとは、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)だ。FWネイマールのPSG移籍を余儀なくされたバルセロナは、代役候補としてコウチーニョ、O・デンベレの獲得に白羽の矢。しかし、依然として実現に至ってない。 ▽その間には、シーズン開幕を告げるスーペル・コパで宿敵レアル・マドリーに完成度の差を見せつけられる形で完敗。さらに、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが4〜5週間の負傷離脱を余儀なくされており、攻撃陣においてより苦しい台所事情を強いられる末路に陥っている。 ▽そこで、バルセロナは、ディ・マリアに着眼。ディ・マリア自身はネイマールに続き、噂されるモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペも加入となれば、熾烈なポジション争いを強いられる恐れがあるため、移籍を考慮する可能性があるという。 2017.08.19 10:00 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース