プレミア開幕決勝弾のルーニー「最高」2017.08.13 08:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽14年ぶりにエバートン復帰を果たしたイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、プレミアリーグ開幕戦のストーク・シティ戦で決勝ゴールをマークした。

▽今夏にマンチェスター・ユナイテッドから古巣エバートンに戻り、再起を期するルーニー。前半終了間際、FWドミニク・カルバート=ルーウィンのクロスからヘディングで相手GKの逆を突き、見事にゴールネットを揺らした。

▽結局、このゴールが試合の決勝点に。チームの勝利に貢献したルーニーにとっても、感慨深いエバートン復帰戦になったことは間違いない。イギリス『BBC』は、試合後コメントを次のように伝えている。

「個人的にも、グディソン・パークで決勝ゴールを決めることができたのはこれ以上ないぐらい光栄なこと。最高の瞬間だったよ」

コメント

関連ニュース

thumb

64億円でエバートンに移籍のシグルズソン、最近の移籍市場に「クレイジー」と言及

エバートンに加入したギルフィ・シグルズソンは、新天地での躍進を誓うとともに、最近の移籍市場を&ldquo;クレイジー&rdquo;と表現している。<br><br>エバートンは16日、スウォンジー・シティとの長期にわたる交渉の末、クラブ史上最高額の4500万ポンド(約64億円)でシグルズソンを獲得。昨シーズン、スウォンジーで9ゴール、13アシストをマークしたアイスランド代表MFは、グディソン・パークのクラブと5年契約を結んでいる。<br><br>シグルズソンは、エバートンの公式ウェブサイトで「最近の移籍市場に目を向ければ、クレイジーだってことがわかる。しかし、僕には何ら関係のないことだ。移籍金はどれだけ監督が僕の獲得を希望しているかを表していると思う。そしてこれからは僕が監督とクラブの期待に応える時だ」と言及。<br><br>続けて「監督とクラブは、とても我慢強く長期間にわたる移籍交渉を続けた。ここに来られてとても満足している。今朝、スタッフ全員と言葉を交わしたが、彼らも喜んでいた」と移籍の喜びを語った。<br><br>また、同選手は「僕はこの数年で大きく成長できた。ここでキャリアのピークに到達できると願ている。フットボーラーになったころから成長できるよう挑戦してきた。これらかもこの努力を続け、大きな野望を持つこのクラブのために活躍したい」と新天地での躍進を誓っている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.19 10:58 Sat
twitterfacebook
thumb

新生エバートンが先勝! 昨季準優勝アヤックスと強豪フェネルバフチェが痛恨の敗戦…《ELプレーオフ》

▽ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ1stレグ、エバートン(イングランド)vsハイデュク・スプリト(クロアチア)が17日に行われ、ホームのエバートンが2-0で先勝した。 ▽今夏、クラブ史上最高額の移籍金を幾度も更新するなど、積極補強を敢行したエバートンは、先週末に開幕したプレミアリーグでストーク・シティを破るなど、順調な歩みを見せる。EL本戦出場が懸かるプレーオフ初戦ではハイデュクをホームに迎えた。 ▽ホームアドバンテージを活かしてルーニーを起点にボールを保持して押し込むエバートンだが、要所で鋭いカウンターを繰り出す相手を警戒してか、なかなか攻め切れない。それでも、30分に左CKを獲得すると、相手GKのパンチングのクリアを拾ったベインズがそのままドリブルでボックス左に持ち込んで浮き球の折り返し。これをファーで競り勝ったマイケル・キーンが豪快に頭で流し込む。 ▽この先制点直後にハイデュクサポーターとエバートンファンが衝突し、5分ほどの中断を余儀なくされるが、ペースを渡さないエバートンは45分、ボックス手前でキープしたルーニーのスルーパスに抜け出した伏兵グイエが鮮やかなボールタッチから貴重な追加点を奪取。迎えた後半、トム・デイビス、カルバート=ルーウィンの若手2選手を早い時間に投入したエバートンは、前がかりな相手に対してカウンターからチャンスを窺うが、ルーニーやルックマンが決め切れず。すると、試合終了間際には相手の猛攻に晒されるが、82分にヴラシッチが放った枠の右上隅を捉えたシュートを若き守護神ピックフォードが圧巻のビッグセーブで弾き出し、アウェイゴールを与えない。そして、逃げ切り成功のエバートンがホームで2-0の先勝を収めた。 ▽また、昨シーズンのEL準優勝チームのアヤックス(オランダ)は、ホームでローゼンボリ(ノルウェー)と対戦し、0-1で敗戦した。先日行われたニースとのチャンピオンズリーグ(CL)予備予選3回戦に敗れてELに回ったアヤックスは、得意のホームで優勢に試合を運ぶが、ベントナーらを擁すローゼンボリの粘りに遭う。すると77分、最終ラインの拙い対応からアデグベンロに抜け出されてGKとの一対一を決められる。ホームで負けられないチームは、試合終了間際に途中出場のフンテラールに絶好機も、ゴール前でのイージーシュートを枠に飛ばせず、試合はこのままタイムアップ。本戦出場に黄色信号が灯った。 ▽その他の試合では、先日のEL予備予選でガラタサライがまさかの敗退となったトルコ勢として本戦出場が期待されるフェネルバフチェ(トルコ)が、敵地でバルダル(マケドニア)に0-2で敗戦。今夏、ソルダードやヴァルブエナ、ディラール、イスラを補強したフェネルバフチェだが、格下相手に序盤から苦戦。先制点を許して試合を折り返すと、試合終盤には相手に退場者が出て格好の同点機も、後半アディショナルタイムにメフメト・トパルのオウンゴールで追加点を与えると、直後にはソウザが一発退場となり、敵地で厳しい敗戦を喫した。 ▽一方、パナシナイコス(ギリシャ)とのアウェイゲームに臨んだビルバオ(スペイン)は、2点ビハインドを背負う苦しい展開となるが、アドゥリスの2ゴールとデ・マルコスのゴールで鮮やかな逆転勝利を飾り、敵地で3-2の先勝を収めた。 ▽なお、プレーオフ2ndレグは1週間後の24日に行われる。ELプレーオフ1stレグ結果は以下の通り。 ◆ELプレーオフ1stレグ結果 ▽8/17(木) ミラン(イタリア) 6-0 シュケンディヤ(マケドニア) バルダル(マケドニア) 2-0 フェネルバフチェ(トルコ) アヤックス(オランダ) 0-1 ローゼンボリ(ノルウェー) オシエク(クロアチア) 1-2 オーストリア・ウィーン(オーストリア) FCクラスノダール(ロシア) 3-2 レッドスター・ベオグラード(セルビア) アルタッハ(オーストリア) 0-1 マッカビ・テルアビブ(イスラエル) BATEボリソフ(ベラルーシ) 1-1 オレクサンドリーヤ(ウクライナ) クラブ・ブルージュ(ベルギー) 0-0 AEKアテネ(ギリシャ) マリティモ(ポルトガル) 0-0 ディナモ・キエフ(ウクライナ) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 1-1 スカンデルベウ(アルバニア) ルドゴレツ(ブルガリア) 2-0 スードゥヴァ(リトアニア) パナシナイコス(ギリシャ) 2-3 ビルバオ(スペイン) アポロン(キプロス) 3-2 ミッティラン(デンマーク) ドムジャレ(スロベニア) 1-1 マルセイユ(フランス) パルチザン・ベオグラード(セルビア) 0-0 ビデオトン(ハンガリー) ハフナルフィヨルズゥル(アイスランド) 1-2 ブラガ(ポルトガル) エバートン(イングランド) 2-0 ハイデュク・スプリト(クロアチア) レギア・ワルシャワ(ポーランド) 1-1 シェリフ(モルドバ) FCヴィトルル(ルーマニア) 1-3 ザルツブルク(オーストリア) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 3-1 AEKラルナカ(キプロス) PAOK(ギリシャ) 3-1 エステルンド(スウェーデン) ▽8/16(水) ユトレヒト(オランダ) 1-0 ゼニト(ロシア) 2017.08.18 06:44 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートンがシグルドソンの獲得を発表、移籍金は今夏のクラブレコードを更新する64億円

▽エバートンは16日、スウォンジー・シティのアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン(27)を獲得したことを発表した。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』によれば移籍金は4500万ポンド(約64億円)で、今夏にバーンリーから獲得したイングランド代表DFマイケル・キーンを獲得する際に支払った3000万ポンド(約44億円)を上回り、クラブレコードを更新したとのことだ。なお、シグルドソンとは2022年6月30日までの5年契約を締結している。 ▽2014年夏にトッテナムからスウォンジーに復帰したプレミアリーグ屈指の攻撃的MFとして知られるシグルドソンは2016-17シーズン、公式戦40試合に出場して10ゴール13アシストを記録していた。 ▽そのシグルドソンはエバートンの公式サイトで次のように加入の喜びを語っている。 「エバートンは野心的なクラブで良い方向に進んでいる。結果も出ているし、順位表の上に位置するクラブだ。自分としてはできるだけ多くのゴールを奪い、できるだけ多くのチャンスを生み出したいと思っている」 2017.08.17 04:45 Thu
twitterfacebook
thumb

WBA、エバートンから元イングランド代表MFバリーを獲得! プレミア歴代最多出場に残り5試合

▽WBAは15日、エバートンから元イングランド代表MFガレス・バリー(36)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は18に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ▽エバートンからWBAに加入したバリーは、クラブ公式サイトで新天地での意気込みを語った。 「僕はチームを助けるためにここに来た。どこでプレーするかに関わらず、僕にとっていつもやることは同じだ」 「このチームが成長するためにハードワークし、クオリティを加えたい」 ▽アストン・ビラでプロキャリアをスタートしたバリーは、闘争心溢れる守備的MFとしてビラ、マンチェスター・シティ、エバートンで活躍してきた。なお、ここまでプレミアリーグ通算628試合に出場している鉄人MFは、あと5試合の出場でライアン・ギグス氏の最多出場記録に並ぶことになる。また、イングランド代表では通算53試合に出場し、3ゴールを記録している。 ▽今夏、スコットランド代表MFダレン・フレッチャーがストーク・シティに去ったWBAにとって、百戦錬磨のバリーの加入は大きな補強となりそうだ。 2017.08.16 06:10 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートン、シグルドソン獲得でクラブ間合意! 64億円の大型移籍に!

▽エバートンがスウォンジー・シティのアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン(27)の獲得に関して、4500万ポンド(約64億円)の条件でクラブ間合意に至ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今夏、イングランド代表MFロス・バークリーの退団が決定的となっているエバートンは、その後釜として昨シーズンの公式戦40試合に出場して10ゴール13アシストを記録するなど、プレミアリーグ屈指の攻撃的MFとして知られるシグルドソンの獲得に動いている。 ▽だが、同選手の放出条件を5000万ポンド(約72億2000万)に設定しているスウォンジーに対する4000万ポンド(約57億7000万円)の最初のオファーは拒絶され、獲得交渉が難航していた。 ▽それでも先日にロナルド・クーマン監督は、「(シグルドソンに関して)我々は獲得に迫っているが、待つ必要がある。ただ、獲得交渉は完了していない」と語っており、交渉への手応えを語っていた。 ▽なお、『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、シグルドソンは15日にマージーサイド入りし、翌16日にエバートンのメディカルチェックを受診し、正式にトフィーズの一員となる見込みだ。 2017.08.16 06:06 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース