アグエロ弾で昇格組ブライトン撃破! 快勝シティが開幕白星スタート《プレミアリーグ》2017.08.13 03:37 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは12日、アメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われたプレミアリーグ開幕節でブライトン・ホーヴ・アルビオンと対戦し、2-0で勝利した。

▽昨シーズン、最低限のノルマであるトップ4フィニッシュを達成した昨季3位のシティはペップ体制2年目で真価が問われる今シーズンの開幕戦でプレミアリーグになって初昇格のブライトンと対戦した。

▽グアルディオラ監督はこの開幕戦で[3-3-2-2]の布陣を採用。GKにエデルソン、3バックにコンパニ、ストーンズ、オタメンディ。中盤はアンカーにフェルナンジーニョ、ウイングバックにウォーカーとダニーロ、インサイドハーフにデ・ブライネとシルバが並び、2トップにアグエロとガブリエウ・ジェズスが入った。

▽立ち上がりから相手陣内でハーフコートゲームを展開するシティは、シルバとデ・ブライネ、ジェズス、アグエロの4人が中央を締める相手に対して小気味いいダイレクトプレーで揺さぶりを図るが、最後の場面でうまくいかない。

▽27分には浮き球パスに反応したジェズスがゴール前に抜け出してGKより先にボールを流し込むが、ここは手を使ってボールを押し込んだとの判定でゴールは認められず。逆に、ジェズスにイエローカードが掲示された。

▽それでも、攻勢を続けるシティは34分、シルバとの連係でボックス右ライン際に抜け出したアグエロから浮き球の折り返しを受けたジェズスがヘディングシュートを放つが、ここはGKライアンのビッグセーブに遭う。この跳ね返りをジェズスが左足で蹴り込むが、今度は左ポストに阻まれる。予想通り、相手を圧倒したシティだったが、前半のうちにブライトンの堅守攻略とはならなかった。

▽ゴールレスで迎えた後半、50分にフェルナンジーニョの浮き球パスに抜け出したシルバの折り返しをジェズスが流し込んでゴールネットを揺らしたシティだが、シルバがオフサイドを取られてしまい、ゴールは認められない。

▽すると、ここまで防戦一方だったブライトンが頼みのセットプレーからゴールに迫る。56分、セットプレーの流れからゴール前で混戦を生むと、ダフィーやダンクが続けてシュートを放つが、ここはGKエデルソンのセーブとDFコンパニのブロックに阻まれ、ワンチャンスを生かすことができない。

▽押し込みながらもゴールが遠いシティは、68分にダニーロを下げてザネをピッチに送り出す。すると、この交代直後の70分に待望のゴールが生まれる。ハーフウェイライン付近の右サイドで後ろ向きにボールを受けたスティーブンスから前向きにボールを奪ったデ・ブライネが、すかさずバイタルエリアに走り込むシルバにパス。シルバはボックス右に走り込むアグエロへ絶妙なワンタッチパスを送ると、最後はアグエロが冷静にGKとの一対一を制した。

▽相手のミスから先制点を奪ったシティは畳みかける攻めを見せると、75分にはボックス付近でのアグエロのキープから右サイドに流れたフェルナンジーニョが浮き球のクロスを供給。これをゴール前でジェズスと競ったDFダンクが自軍のゴールに豪快に頭で流し込んでしまい、シティに幸運な形で追加点が決まった。

▽その後、ジェズスとアグエロの2トップを下げてスターリングとこれがプレミアデビューとなるベルナルド・シウバを投入したシティは、相手の反撃を危なげなく凌ぎ切って2-0で勝利した。得意の開幕戦をきっちり制したシティは、同じく開幕戦を制したエバートンと次節対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ペップ「ダービーでの勝利を祝ってはダメなのか?」騒動に発展した選手たちの行動を擁護

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がダービー後の騒動について言及した。<br><br>10日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの&ldquo;マンチェスターダービー&rdquo;に挑んだシティは2-1で勝利し、プレミアリーグ記録となる同一シーズン14連勝を飾った。しかし、この試合の後、控え室でジョゼ・モウリーニョ監督とシティの間でトラブルが勃発。イングランドサッカー協会も調査を開始している。<br><br>騒動の原因とされているのは、シティのメンバーが控え室のドアを開けっぱなしにした状態で、大音量の音楽を流して勝利を祝っていたこととされている。しかし、グアルディオラ監督は過剰なセレブレーションをした選手たちを擁護した。<br><br>13日のスウォンジー戦前の会見で、騒動について問われたグアルディオラ監督は「選手たちに勝利を喜ぶように促した。もちろん、ロッカールームの中で、相手への敬意を払ったつもりだった」と弁明。<br><br>続けて「負けたときは、負けを受け入れなくてはならない。そして、勝ったときは、勝利を祝えばいい。あの場で彼らに勝利を祝うように促したのは私だ。なぜならフットホールはこうあるべきで、我々はその通りに行ったに過ぎない」と話した。<br><br>また、セレブレーションが過剰すぎではなかったのかとの質問に同指揮官は「そのようなことはない。サウサンプトン戦と同じ程度のものだった。我々はダービーでユナイテッドを下したからハッピーだっただけだ。最大のライバルを下したのに、なぜ祝ってはダメなんだ? ユナイテッドが勝っていれば、彼らも同じように喜ぶだろうし、アーセナルだって同じだろう」とセレブレーション自体に問題はなかったと強調している。<br><br>一方、暴挙に出たと報じられたモウリーニョとこの騒動が原因で頭部を負傷したとされるアシスタントコーチのミケル・アルテタ氏についてのコメントは控えた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 19:07 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループF総括】シティ盤石、シャフタールがナポリを食う

▽マンチェスター・シティとナポリが本命と思われたグループFだったが、シャフタールがナポリを出し抜いて2位通過を果たした。フェイエノールトは案の定、蚊帳の外だった。 ■グループF順位表■ [勝ち点/得失点] 1:マンチェスター・シティ[15/9] 2:シャフタール[12/0] 3:ナポリ[6/0] 4:フェイエノールト[3/-9] ◆完成度高めて余裕の首位通過~マンチェスター・シティ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_61_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は脆弱な守備も散見してベスト16で敗退したシティだったが、グアルディオラ体制2季目の今季はチームとしての完成度を一気に高めていることを証明した。とりわけ第3節、第4節と連戦したナポリ戦ではシティの強さが遺憾なく発揮された。シティ同様、完成度の高いサッカーを展開するナポリをシティは凌駕。2連勝とし、2試合を残してグループステージ突破を決めた。 ◆ナポリとの2位争いを制す~シャフタール~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_62_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ナポリが2位通過と目されたグループでシャフタールが3年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。タイソンやベルナール、マルロスら優れたテクニックと機動力を持つブラジル人が主軸のシャフタールは、初戦でナポリを撃破。対戦順にも恵まれ、第3節、第4節とフェイエノールト相手に連勝したことでグループステージ突破を近づけた。結局、第5節ナポリ戦では0-3と完敗したものの、最終節では首位通過を決め、主力を温存してきたシティに勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。 ◆シティと好勝負もシャフタールに出し抜かれる~ナポリ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_63_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽シティと共に本命と思われたナポリだったが、終わってみれば初戦のシャフタール戦を落としたことが大きなツケを払う形となった。また、対戦順にも恵まれず、本気のシティと第3節、第4節で対戦しなければならなかったのも痛恨だった。ホームで行われた第4節では先制するまで優勢に試合を運び、欧州レベルでもナポリのサッカーが十分に通用することを示したが、現在欧州屈指の実力を持つシティに勝ち切ることは至難の業だった。結果、第5節でシャフタールに完勝して最終節に望みをつなぐもフェイエノールトに敗れてEL行きとなった。 ◆蚊帳の外~フェイエノールト~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_64_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽18年ぶりにオランダ王者となり、15年ぶりのCL参戦となったフェイエノールトは、やはりこのグループにおいて蚊帳の外だった。シティとシャフタールに歯が立たず、全敗で迎えた最終戦のナポリ戦では相手が突破の芽がなくなったことで士気を失ったため、勝利したに過ぎなかった。 2017.12.13 18:05 Wed
twitterfacebook
thumb

【FIFA18体験記】赤い悪魔・ユナイテッドが圧巻の強さを見せるシティを迎える“マンチェスター・ダービー"

▽圧巻のグラフィックとリアルさを追求し、バーチャルとリアルの境界線を曖昧にするほどの表現を追求した『FIFA 18』。超ワールドサッカー編集部体験記の第3回は10日に行われるプレミアリーグの一戦。マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティの“マンチェスター・ダービー"に挑戦します。 <span style="font-weight:700;">◆今シーズンの覇権争いを左右するダービー</span> ▽ジョゼ・モウリーニョ監督に率いられ、2シーズン目を迎えるユナイテッドと、圧倒的な強さを誇りリーグ首位を独走するシティの一戦。 ▽今シーズン最初の“マンチェスター・ダービー"は、ユナイテッドのホームであるオールド・トラッフォードで行われます。 ▽2位のユナイテッドと首位のシティ。両チームの勝ち点差は15節を終えた時点で「8」となっており、結果次第ではシーズンの行方が左右されるでしょう。 <span style="font-weight:700;">◆ユナイテッドが牙をむく!</span> ▽ホームのユナイテッドを操作してまずはプレー。すでに、シティvsサウサンプトンをプレーしたことで、シティの強さは十分知り尽くしているつもりです。 ▽試合はユナイテッドが優勢に進めます。まずは17分、ヘンリク・ムヒタリャンのパスを受けたロメル・ルカクがボックス手前中央からシュート。これが決まり、ユナイテッドが先制します。 ▽さらに前半終了間際の42分には、フアン・マタがセンターサークル付近でボールを持つと、ロングスルーパス。これに反応したルカクが最終ラインの裏をとると、そのまま冷静に流し込み、ユナイテッドが2点リードで前半を終えます。 ▽圧倒的な強さを誇るシティに対し、リードしているユナイテッドは、76分にも追加点。アンソニー・マルシャルからのパスを受けたルカクがそのままダイレクトで叩くと、マルシャルが落ち着いて沈めて勝負あり。ユナイテッドが3-0でシティを下しました。ユナイテッド強し。 <span style="font-weight:700;">◆シティもやっぱり強かった…</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ということで、例のごとくシティを使ってもプレー。するとやっぱり強いんですよ。シティは。 ▽まずは13分、右サイドを仕掛けたガブリエウ・ジェズスがグラウンダーのクロス。これを、セルヒオ・アグエロがシュート。GKダビド・デ・ヘアがセーブするも、アグエロが自ら詰めてシティが先制します。 ▽しかし35分、ユナイテッドが追いつきます。右サイドからのアシュリー・ヤングのクロスをマーカス・ラッシュフォードがファーで合わせて同点となります。 ▽それでもシティは強かった。前半終了間際の45分、CKからジョン・ストーンズがヘッドで折り返すと、最後はダビド・シルバが蹴り込み、シティが勝ち越しに成功。後半はこう着状態が続いたものの、93分にスルーパスに抜け出したリロイ・ザネが決めて勝負あり。3-1でシティが勝利しました。 <span style="font-weight:700;">◆ハイレベルな戦い</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽今回マンチェスターの両クラブを使用しましたが、どちらも選手個々のレベルの高さを感じました。ルカクはスピードだけでなくパワーと精度があり、シティのザネはテクニックとスピードに。どちらもチームも操作することで3得点を奪えたことを考えると、チームのレベルが高いことが分かります。ちなみに、サウサンプトンでの悔しさをユナイテッドで果たすことに成功しました! にしても、実際と同じでシティは強すぎるぞ…そんなところで、また次回です。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/pxonVw" target="_blank">『FIFA 18』をプレーしよう!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">★僕の「Alex Hunter」</span> ▽よもやのチェルシー退団、ロサンゼルス・ギャラクシー入りとなった「Alex Hunter」。しかし、世界中が注目する若き才能はMLSで爆発した。デビュー戦は途中出場ながら1ゴール1アシスト、2戦目には先発すると2ゴール3アシストと爆発。3戦目にしてハットトリックを達成するなど、アメリカでのキャリアは順風満帆なスタートとなった。 レーティング:78(2↑) 市場価格:$16,119,999(37%↑) 性格:情熱的 MLS:7試合14ゴール11アシスト プレミアリーグ:3試合出場4ゴール3アシスト <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/6oqwwj" target="_blank">『FIFA 18』で<br />「The Journey」をプレーしよう!</a><hr></div> 2017.12.13 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ「グアルディオラは最も幼稚なコーチ」バルサ時代の指揮官を痛烈批判

マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチは、バルセロナ時代の指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ監督を&ldquo;最も幼稚なコーチ&rdquo;と罵っている。<br><br>2009-2010シーズンを前にインテルでの成功を引っさげてバルセロナに移籍したイブラヒモビッチ。初めて降り立ったスペインの地で、1シーズン目から出場した29試合のうち先発出場は23試合で、16ゴールを挙げるなど数字ではインパクトを残したが、リオネル・メッシやティエリ・アンリを重宝するグアルディオラ監督とはそりが合わず、わずか1シーズンでイタリアへと渡っていった。<br><br>10日に行われたマンチェスターダービーでグアルディオラ監督と再会したイブラヒモビッチは、試合後『スカイスポーツ・イタリア』のインタビューで「最初の半年でゴールを量産し、2つのスーパーカップ(スーペルコパ・デ・エスパーニャ、UEFAスーパーカップ)を制した。最初の6カ月は完璧だった」とバルセロナ時代を回顧。<br><br>しかし、メッシ中心のチーム作りが始まった途端、イブラヒモビッチのチーム内での序列は下がっていった。そのことを振り返った同選手は「でも半年が過ぎたら、システムと戦術を変更した。それは私にとって良くないもので、クラブはグアルディオラと直接話すように言ってきた」<br><br>「グアルディオラに向かってメッシのために他の選手を犠牲にしていると言ってやった。そうしたら、ベンチに追いやられた。その後も状況は変わらなかったし、彼は問題が発生すればこのように解決すると思った。それ以降、彼は話しかけてこないし、私を見ようともしない。部屋に入れば、彼はその場から離れる。彼と話し合おうと思っても、すぐにどこかへと逃亡する。フットボール以前に大きな問題があった」とグアルディオラ監督との関係に問題があったと話した。<br><br>さらに、イブラヒモビッチは「私との間のトラブルを解決しなかった彼の問題だ。彼は最初から私のことを勝手に決めつけていた。全く知らない人物をそのように判断できないはずだ。それに(マリオ)マンジュキッチや(サミュエル)エトーも同じ立場に置かれたと思う。彼は出会ってきた中で最悪なコーチではないが、間違いなく最も幼稚なコーチだ」とスペイン人指揮官を辛辣に批判している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 13:27 Wed
twitterfacebook
thumb

【プレミア第17節プレビュー】シティ、新記録更新の15連勝なるか

▽前節では首位のマンチェスター・シティが2位のマンチェスター・ユナイテッドとのダービーをアウェイで勝利し、プレミアリーグ記録の14連勝を達成。スパーズがストーク・シティに勝利してリーグ5戦ぶりの白星を挙げた一方、チェルシーはワトフォードに0-1で敗れた。また、アーセナルとリバプールもそれぞれ引き分け、勝ち点を落としている。迎える今節は、ミッドウィークにプレミアが開催される。 ▽ダービーを制してユナイテッドとの差を11ポイントまで広げたシティ(勝ち点46)は、ウェールズに赴いて19位のスウォンジー(勝ち点12)と対戦する。オールド・トラフォードでライバルを打ち負かしたチームは、リーグ戦5試合連続で1点差勝利と、勝負強さも発揮。チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の抽選会でも組みしやすいバーゼルを引き当てるなど、運も味方につけている。引き続きストーンズが離脱中だが、ユナイテッド戦でも得点を取ったオタメンディが好調。マンガラのコンディションも上げつつフェルナンジーニョをセンターバック起用するなどペップ采配も冴えている。スウォンジーは前節、WBAを1-0で下してリーグ戦連敗を6試合でストップしたが、シティ優位は揺るがない。 ▽ユナイテッド(勝ち点35)は、ホームでのボーンマス戦で白星を取り戻しにかかる。アーセナル戦で一発退場となったポグバが引き続き欠場する中で、疲労蓄積が顕著なルカクやマティッチも休ませる必要性が出ており、モウリーニョ監督のマネジメント力が問われている。14位のボーンマス(勝ち点16)はここ4戦未勝利と調子を落としているだけに、ここは勝ち点3必須の一戦だ。 ▽3位のチェルシー(勝ち点32)は前節、ウェストハムとのロンドン・ダービーを0-1で落とした。さらに、この試合で負傷したモラタが再離脱することに。リーグ戦15試合9得点のエースの離脱は、コンテ監督の頭を悩ますことになる上、チーム全体としての選手層の薄さがここから年末の過密日程に向けて不安なところ。12位のハダースフィールド(勝ち点18)は現在4連敗中と不調だが、今季はホームでユナイテッドを下し、シティ相手にも善戦している。侮れない相手になりそうだ。 ▽4位のリバプール(勝ち点30)は前節、エバートンとのマージーサイド・ダービーを終盤の失点により1-1で引き分けた。とはいえ、公式戦10試合負けなしで、引き続きサラーを中心した前線が好調で、チームパフォーマンスも上々。リーグ14試合未勝利で17位のWBA(勝ち点13)相手には確実に勝利が求められる。 ▽5位のアーセナル(勝ち点29)は、チェルシー撃破で波に乗りたいモイーズ・ウェストハム(18位=勝ち点13)とのアウェイ戦。サウサンプトン(11位=勝ち点11)vsレスター・シティ(8位=勝ち点23)では吉田vs岡崎の日本人対決実現に期待したい。そのほか、前節にブライトンを5-1と圧倒した6位のスパーズ(勝ち点28)は、13位のブライトン(勝ち点17)を引き続きウェンブリーに迎えるが、次節のシティ戦を前に勢いを持続できるか。 ◆プレミアリーグ第17節 ▽12/12(火) 《28:45》 バーンリー vs ストーク・シティ 《29:00》 ハダースフィールド vs チェルシー クリスタル・パレス vs ワトフォード ▽12/13(水) 《28:45》 スウォンジー・シティ vs マンチェスター・シティ ニューカッスル vs エバートン サウサンプトン vs レスター・シティ 《29:00》 ウェストハム vs アーセナル マンチェスター・ユナイテッド vs ボーンマス リバプール vs WBA トッテナム vs ブライトン 2017.12.12 13:00 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース