アグエロ弾で昇格組ブライトン撃破! 快勝シティが開幕白星スタート《プレミアリーグ》2017.08.13 03:37 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは12日、アメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われたプレミアリーグ開幕節でブライトン・ホーヴ・アルビオンと対戦し、2-0で勝利した。

▽昨シーズン、最低限のノルマであるトップ4フィニッシュを達成した昨季3位のシティはペップ体制2年目で真価が問われる今シーズンの開幕戦でプレミアリーグになって初昇格のブライトンと対戦した。

▽グアルディオラ監督はこの開幕戦で[3-3-2-2]の布陣を採用。GKにエデルソン、3バックにコンパニ、ストーンズ、オタメンディ。中盤はアンカーにフェルナンジーニョ、ウイングバックにウォーカーとダニーロ、インサイドハーフにデ・ブライネとシルバが並び、2トップにアグエロとガブリエウ・ジェズスが入った。

▽立ち上がりから相手陣内でハーフコートゲームを展開するシティは、シルバとデ・ブライネ、ジェズス、アグエロの4人が中央を締める相手に対して小気味いいダイレクトプレーで揺さぶりを図るが、最後の場面でうまくいかない。

▽27分には浮き球パスに反応したジェズスがゴール前に抜け出してGKより先にボールを流し込むが、ここは手を使ってボールを押し込んだとの判定でゴールは認められず。逆に、ジェズスにイエローカードが掲示された。

▽それでも、攻勢を続けるシティは34分、シルバとの連係でボックス右ライン際に抜け出したアグエロから浮き球の折り返しを受けたジェズスがヘディングシュートを放つが、ここはGKライアンのビッグセーブに遭う。この跳ね返りをジェズスが左足で蹴り込むが、今度は左ポストに阻まれる。予想通り、相手を圧倒したシティだったが、前半のうちにブライトンの堅守攻略とはならなかった。

▽ゴールレスで迎えた後半、50分にフェルナンジーニョの浮き球パスに抜け出したシルバの折り返しをジェズスが流し込んでゴールネットを揺らしたシティだが、シルバがオフサイドを取られてしまい、ゴールは認められない。

▽すると、ここまで防戦一方だったブライトンが頼みのセットプレーからゴールに迫る。56分、セットプレーの流れからゴール前で混戦を生むと、ダフィーやダンクが続けてシュートを放つが、ここはGKエデルソンのセーブとDFコンパニのブロックに阻まれ、ワンチャンスを生かすことができない。

▽押し込みながらもゴールが遠いシティは、68分にダニーロを下げてザネをピッチに送り出す。すると、この交代直後の70分に待望のゴールが生まれる。ハーフウェイライン付近の右サイドで後ろ向きにボールを受けたスティーブンスから前向きにボールを奪ったデ・ブライネが、すかさずバイタルエリアに走り込むシルバにパス。シルバはボックス右に走り込むアグエロへ絶妙なワンタッチパスを送ると、最後はアグエロが冷静にGKとの一対一を制した。

▽相手のミスから先制点を奪ったシティは畳みかける攻めを見せると、75分にはボックス付近でのアグエロのキープから右サイドに流れたフェルナンジーニョが浮き球のクロスを供給。これをゴール前でジェズスと競ったDFダンクが自軍のゴールに豪快に頭で流し込んでしまい、シティに幸運な形で追加点が決まった。

▽その後、ジェズスとアグエロの2トップを下げてスターリングとこれがプレミアデビューとなるベルナルド・シウバを投入したシティは、相手の反撃を危なげなく凌ぎ切って2-0で勝利した。得意の開幕戦をきっちり制したシティは、同じく開幕戦を制したエバートンと次節対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

シティ、頼れる守護者オタメンディと2022年までの新契約締結!

▽マンチェスター・シティは17日、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(29)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2015年にバレンシアから5年契約でシティに加入したオタメンディは、ここまで公式戦120試合に出場。昨シーズンまでは最終ラインの主力を担う一方、不用意なファウルやイージーミスなど安定感を欠いていた。 ▽だが、ジョゼップ・グアルディオラ監督2年目の今季はここまで公式戦28試合に出場し5ゴールを記録。持ち味の出足鋭いソリッドな守備に加え、積極的な持ち出しでビルドアップに貢献するなど、攻守に抜群の存在感をみせている。さらに、昨年12月に行われたマンチェスター・ユナイテッドとのダービーでは貴重な決勝点を挙げるなど、勝負強さも光る。 2018.01.17 23:18 Wed
twitterfacebook
thumb

フラメンゴ、シティからコロンビア代表FWマルロス・モレノをレンタル! 今季はジローナにレンタル中も出場機会恵まれず

▽フラメンゴは16日、マンチェスター・シティからジローナにレンタル移籍中だったコロンビア代表FWマルロス・モレノ(21)がレンタル移籍で加入することを発表した。契約期間は2018年12月までとなる。 ▽アトレティコ・ナシオナル下部組織出身のモレノは、高い身体能力と前線の複数ポジションをこなせるユーティリティ性を武器とする若きアタッカー。 ▽2015年にアトレティコ・ナシオナルのコパ・リベルタドーレス制覇に貢献した同選手は、2016年夏にシティへ完全移籍で加入。昨シーズンはデポルティボ、今季は提携先のジローナへいずれも1年間のレンタル移籍で加入。だが、今季のリーグ戦の出場はわずか2試合にとどまり、出場機会を求めて南米の地に舞い戻ることになった。 2018.01.17 04:30 Wed
twitterfacebook
thumb

シティのトップターゲットはシャフタールMFフレッジ! 選手自身は移籍に前向き

▽マンチェスター・シティの来夏のトップターゲットはシャフタールに所属するブラジル代表MFフレッジ(24)のようだ。イギリス『デイリー・テレグラフ』が伝えている。 ▽2013年にインテルナシオナルからシャフタールに加入したフレッジは、セントラルMFの主力として公式戦142試合に出場し13ゴール12アシストを記録。ボールを運べて捌けるうえ、シュートセンスにも優れる万能型MFはブラジル代表としても6キャップを記録している。 ▽現在、フレッジにはシティ、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルに加え、ナポリやインテル、アトレティコ・マドリー、パリ・サンジェルマンなど8~10のビッグクラブが獲得に関心を示している模様だ。 ▽しかし、その中で最も強い興味を示しているのがシティのようだ。シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督はフレッジの才能を高く評価しており、今季終了後の退団が見込まれるコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレに代わる、ブラジル代表MFフェルナンジーニョの新たなポジション争いのライバルとして同選手を迎え入れたい意向のようだ。 ▽また、シャフタールと2023年まで契約を残すフレッジだが、先日にイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でシティ行きへの関心を認めている。 「先日、友人がシティとグアルディオラが僕に関心を示しているというニュースを知らせてくれた。ヨーロッパで自分が知られた存在になっていることは嬉しいよ」 「だけど、僕はシャフタールと5年契約にサインしたばかりだ。もちろん、どこからオファーが届けば、代理人を通じて知らされるし、家族と話し合うつもりだ。ただ、今のところは落ち着いているよ」 「だけど、正直なところ、僕は彼(グアルディオラ)からの連絡を待っている。きっと彼の下で自分が大きく成長できると思うし、イングランドは世界最高のリーグで、プレーすることを夢見ている場所だ」 ▽なお、グアルディオラ監督と相思相愛とみられるフレッジに関しては、4000万ポンド(約61億円)ほどの金額で獲得が可能なようだ。 2018.01.17 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

13試合しか出てないのに…ポグバ、アシスト数でデ・ブライネと共にトップに立つ

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバの活躍が数字としても際立ち始めている。 ▽ポグバは、15日に行われたプレミアリーグ第23節のストーク・シティ戦で2アシストを記録。ユナイテッドを3-0の快勝劇に導く活躍で、イギリス『BBC』選定のマン・オブ・ザ・マッチに選定された。 ▽これにより、ポグバの今シーズンにおけるプレミアでの成績は、3ゴール9アシスト。アシスト数において、マンチェスター・シティ勢のケビン・デ・ブライネやMFリロイ・ザネと並ぶトップに浮上した。 ▽だが、特筆すべきは出場数だ。ポグバは故障や出場停止で13試合の出場にとどまっているが、デ・ブライネは全23試合、ザネは21試合でプレー。それを考慮すれば、ポグバの凄みがより増してくる。 ◆プレミアリーグのアシストランキング※上位 【9】 ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) リロイ・ザネ(マンチェスター・シティ) 【8】 ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ) 【7】 デレ・アリ(トッテナム) リヤド・マフレズ(レスター・シティ) 【6】 マーク・オルブライトン(レスター・シティ) セサル・アスピリクエタ(チェルシー) クリスティアン・エリクセン(トッテナム) アーロン・ラムジー(アーセナル) モハメド・サラー(リバプール) 2018.01.16 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシでもC・ロナウドでもネイでもない! 名将ハインケスが語る“断トツ”で欧州最高の選手

▽バイエルンの指揮官を務めるユップ・ハインケス監督が、マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)に惜しみない賛辞を送っている。『ESPN』が伝えた。 ▽ハインケス監督は、2012-13シーズンにバイエルンでブンデスリーガ、DFBポカール、チャンピオンズリーグの3冠を達成してフットボール史上最強とも評されるチームを形成し、その年に勇退。しかし、今シーズンにバイエルンがカルロ・アンチェロッティ監督を解任すると、代打としてシーズン限りバイエルン指揮官に復帰している。 ▽そのハインケス監督が、ドイツ『キッカー』のインタビューで、現在の欧州最高と評価する選手として、デ・ブライネの名前を挙げた。 「デ・ブライネは、昨年は十分ではなかった。だが、今の彼になら私はあらゆる全てを捧げるよ」 「彼は現在、断トツで欧州最高の選手だ」 ▽現在、シティを率いるのはバイエルン勇退時に自身の後任となったジョゼップ・グアルディオラ監督。さらに、デ・ブライネはブンデスリーガでもプレーしていた経験があるため、注視しているのかもしれない。 2018.01.16 14:49 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース