アグエロ弾で昇格組ブライトン撃破! 快勝シティが開幕白星スタート《プレミアリーグ》2017.08.13 03:37 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは12日、アメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われたプレミアリーグ開幕節でブライトン・ホーヴ・アルビオンと対戦し、2-0で勝利した。

▽昨シーズン、最低限のノルマであるトップ4フィニッシュを達成した昨季3位のシティはペップ体制2年目で真価が問われる今シーズンの開幕戦でプレミアリーグになって初昇格のブライトンと対戦した。

▽グアルディオラ監督はこの開幕戦で[3-3-2-2]の布陣を採用。GKにエデルソン、3バックにコンパニ、ストーンズ、オタメンディ。中盤はアンカーにフェルナンジーニョ、ウイングバックにウォーカーとダニーロ、インサイドハーフにデ・ブライネとシルバが並び、2トップにアグエロとガブリエウ・ジェズスが入った。

▽立ち上がりから相手陣内でハーフコートゲームを展開するシティは、シルバとデ・ブライネ、ジェズス、アグエロの4人が中央を締める相手に対して小気味いいダイレクトプレーで揺さぶりを図るが、最後の場面でうまくいかない。

▽27分には浮き球パスに反応したジェズスがゴール前に抜け出してGKより先にボールを流し込むが、ここは手を使ってボールを押し込んだとの判定でゴールは認められず。逆に、ジェズスにイエローカードが掲示された。

▽それでも、攻勢を続けるシティは34分、シルバとの連係でボックス右ライン際に抜け出したアグエロから浮き球の折り返しを受けたジェズスがヘディングシュートを放つが、ここはGKライアンのビッグセーブに遭う。この跳ね返りをジェズスが左足で蹴り込むが、今度は左ポストに阻まれる。予想通り、相手を圧倒したシティだったが、前半のうちにブライトンの堅守攻略とはならなかった。

▽ゴールレスで迎えた後半、50分にフェルナンジーニョの浮き球パスに抜け出したシルバの折り返しをジェズスが流し込んでゴールネットを揺らしたシティだが、シルバがオフサイドを取られてしまい、ゴールは認められない。

▽すると、ここまで防戦一方だったブライトンが頼みのセットプレーからゴールに迫る。56分、セットプレーの流れからゴール前で混戦を生むと、ダフィーやダンクが続けてシュートを放つが、ここはGKエデルソンのセーブとDFコンパニのブロックに阻まれ、ワンチャンスを生かすことができない。

▽押し込みながらもゴールが遠いシティは、68分にダニーロを下げてザネをピッチに送り出す。すると、この交代直後の70分に待望のゴールが生まれる。ハーフウェイライン付近の右サイドで後ろ向きにボールを受けたスティーブンスから前向きにボールを奪ったデ・ブライネが、すかさずバイタルエリアに走り込むシルバにパス。シルバはボックス右に走り込むアグエロへ絶妙なワンタッチパスを送ると、最後はアグエロが冷静にGKとの一対一を制した。

▽相手のミスから先制点を奪ったシティは畳みかける攻めを見せると、75分にはボックス付近でのアグエロのキープから右サイドに流れたフェルナンジーニョが浮き球のクロスを供給。これをゴール前でジェズスと競ったDFダンクが自軍のゴールに豪快に頭で流し込んでしまい、シティに幸運な形で追加点が決まった。

▽その後、ジェズスとアグエロの2トップを下げてスターリングとこれがプレミアデビューとなるベルナルド・シウバを投入したシティは、相手の反撃を危なげなく凌ぎ切って2-0で勝利した。得意の開幕戦をきっちり制したシティは、同じく開幕戦を制したエバートンと次節対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

コバチッチ、退団希望をロペテギ監督に通達

▽レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)が、退団希望をフレン・ロペテギ監督に伝えたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽コバチッチは、2015年夏に推定3000万ユーロ(現在のレートで約39億2000万円)の移籍金でインテルからマドリーに加入。しかし、これまでの3シーズンの間にレギュラーを掴むことはできておらず、6月下旬には『マルカ』のインタビューで「もっとプレーしたい。最善策はマドリーを離れることだ」と語っていた。 ▽当然、コバチッチの移籍は既定路線と見られており、それはロシア・ワールドカップ(W杯)で準優勝メンバーになっても変わっていない。W杯決勝の5日後である7月20日にロペテギ監督と面会したコバチッチは、可能な限り早く将来を決定したい、と伝えたという。その深刻さ故に、マドリー側がコバチッチを引き留めることは事実上不可能だと考えるようになったと、『マルカ』は伝えている。 ▽マンチェスター・シティやバイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールなど名だたるクラブからの関心が囁かれているコバチッチ。退団する場合の移籍金は最低でも5000万ユーロ(約65億3000万円)に昇ると試算されている。 2018.07.22 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

W杯落選のザネ、ドイツ代表指揮官との遺恨なし「十分な説明があった」

ロシア・ワールドカップのドイツ代表メンバーから落選していたマンチェスター・シティFWレロイ・ザネは、ヨアヒム・レーヴ監督から説明を受けていたことを『スカイ・スポーツ』に明かしている。<br><br>22歳の若きアタッカーは昨季、プレミアリーグで10ゴール15アシストを記録。圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したシティの攻撃の一翼を担った。しかしロシアでW杯連覇を目指していたドイツ代表の最終メンバーから漏れ、世界中に大きな驚きを与えた。<br><br>ロシアではまさかのグループステージ敗退となったドイツだが、指揮官は続投となることを発表。ザネは、今後も代表で共に戦っていくことになるであろう監督との間に遺恨はないと語った。<br><br>「レーヴ監督と話をしたよ。もちろん、その決断は受け入れたさ。納得できる理由を説明してくれた。だからすべて問題ないさ」<br><br>そして出場は叶わなかったものの、母国の敗退には大きな衝撃を受けたようだ。<br><br>「グループステージ敗退はとても悲しいことだった。気持ちの整理をつけるのはと少し難しいと思うよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.22 17:28 Sun
twitterfacebook
thumb

次こそ“完全退団”! ジョー・ハートが切実な思い明かす

▽マンチェスター・シティに所属するイングランド代表GKジョー・ハート(31)が“完全退団”を渇望した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ジョゼップ・グアルディオラ監督就任の2016年夏以降、トリノやウェストハムにぞれぞれレンタルで加わり、出場機会を確保する日々を強いられるハート。それはロシア・ワールドカップ(W杯)のイングランド代表入りを目指しての決断だったが、最終的にお呼びがかかることはなかった。 ▽現在はシティに戻り、プレシーズンに参加しているハートは、注目が集まる今夏の去就について次のように言及している。 「W杯に出場するためにも、何としてでもプレーのチャンスを確保しなくちゃいけなかった。できる限りのことを尽くした過去2シーズンに後悔ないよ。結果は、みんなが知ってのとおりだけどね」 「僕は経験があって、長く最高レベルの舞台でプレーさせてもらってきた。試合でも多くのことをやってきたつもりさ。クラブで重要な選手になりたい。それは完全移籍じゃないと起こり得ない」 「僕と家族にとって、正しい選択をしたい。難しい決断になるだろうけど、解決の道も見えている状況だ。僕は全てのリーグが好きだ。中でも、セリエAが好きだね。でも、プレーするリーグを限定することはない」 「全てがオープンだよ。僕のキャリアにとって、最良の選択をしたいね」 2018.07.22 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップ、教え子ザネのドイツ代表落選にも文句なし「レーブの決断を尊重する」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、教え子であるレロイ・ザネがロシア・ワールドカップへ行けなかったことに関して文句を言うつもりはないようだ。『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。<br><br>ザネは昨シーズン、プレミアリーグの年間最優秀若手選手に輝きながら、ロシアW杯に臨むドイツ代表のメンバーから落選。結果的に、グループリーグ最下位での敗退が決まったため、ヨアヒム・レーブ監督の決断には非難の声が寄せられた。しかし、グアルディオラは「終わったこと」と話し、レーブの決断を尊重する姿勢を見せている。<br><br>「レーブは代表監督で、チームにとってベストだと思う選択をしただけだ。リロイはより強くなるため、この決断を受け入れなければならない。彼は若く、ユーロまでは2年、次のワールドカップまでまだ4年あるからね。昨季のレベルを続けるためにさらに改善する必要がある。我々は彼がここにいてくれた幸せだよ」<br><br>また、同じ監督という職業であるレーブに対して改めてリスペクトを示し、自身の決断に口を挟まれることが苦手だとも明かした。<br><br>「私は全ての監督の決断を尊重しているし、レーブが正しいと思うからそうしたんだ。言うことは何もないよ。他の監督から、私の決断に関して意見を言われるのは好きではない。残念ながら、そうされたこともあるけどね」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.21 19:58 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがクルトワ後釜にハート獲得か!

▽チェルシーが、ベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)の後釜として元イングランド代表GKジョー・ハート(31)の獲得を考慮しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が国内メディアのレポートを引用して伝えている。 ▽絶対的守護神クルトワをレアル・マドリーに引き抜かれる可能性が高いチェルシーは、その代役としてこれまでレスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルや、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフの復帰の噂が立っている。 ▽その一方で、クラブはより安価なうえに所属するシティで実質構想外となっているハートの獲得を考慮している模様だ。そして、チェルシーはハート獲得に500万ポンド(約7億3000万円)のオファーをすでに準備しているようだ。 2018.07.21 17:00 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース