吉田に決定機も決め切れず…サウサンプトン猛攻もスウォンジーにゴールレスドロー《プレミアリーグ》2017.08.13 01:44 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第1節のサウサンプトンvsスウォンジーが12日に行われ、0-0のドローに終わった。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。

▽昨季を8位で終えたサウサンプトンは、プレミアリーグでの5年目となる吉田が開幕スタメンを飾った。今夏の去就が騒がれているファン・ダイクはベンチ外となった。

▽試合は序盤からサウサンプトンがペースを握った。35分にワード=プラウズがボックス手前でボールを受けると、巧みなシュートフェイントを用い、タイミングを外してシュートを放つ。しかし、これはDFにブロックされた。続く38分には吉田にチャンスが訪れた。敵陣左で得たFKの流れから、ボックス内で待つ吉田の下にボールがこぼれる。反応した吉田が倒れ込みながらも右足で合わせたが、枠を外した。

▽得点が動かずに試合を折り返すと、スウォンジーが攻勢をかけた。後半開始直後の47分、ボックス手前でパスを受けたエイブラハムは、キックフェイントで吉田をかわしてフリーの状態に。そのまま左足でシュートを放ったが、ゴールとはならなかった。

▽79分、再び吉田に決定機が訪れた。左サイドからのクロスに、ボックス内まで上がっていた吉田が反応。勢いよく頭を振り抜いて放ったシュートは、バーの上を越えていった。終盤にかけてもサウサンプトンがボールを支配するが、待望の得点は生まれない。

▽試合終了間際の92分にも、敵陣中央で得たFKのキッカーを務めた吉田が直接狙ったが、枠を捉えることはできなかった。結局、サウサンプトンが再三の決定機を決め切るには至らず。試合はスコアレスドローに終わって勝ち点1を得るに留まった。

コメント

関連ニュース

thumb

メンディの代役探すシティ、セインツのDFバートランドをリストアップか

▽マンチェスター・シティが、負傷離脱中のフランス代表DFバンジャマン・メンディの代役に、サウサンプトンのイングランド代表DFライアン・バートランド(28)に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽今夏、DFとして歴代最高の移籍金となる5200万ポンド(約77億円)とも言われる移籍金でモナコから加入したメンディだったが、先月23日に行われたプレミアリーグ第6節のクリスタル・パレス戦でヒザを負傷。クラブの発表によると、右ヒザ前十字靭帯断裂の重傷で、現在は長期離脱を強いられている。 ▽そこで、代わりとなる左サイドバックを探すシティが白羽の矢を立てたのがバートランド。『デイリー・メール』によると、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は今夏も同選手の獲得を求めていたようで、バートランド自身も、もしオファーが届けば前向きに検討するつもりだという。一方で、サウサンプトン側は巨額なオファーでない限り放出を拒むとみられている。 ▽また、シティは他にもエスパニョールのU-21スペイン代表DFアーロン・マーティン・カリコル(21)にも関心を寄せているらしく、13日に行われたリーガエスパニョーラ第8節のレバンテ戦にスカウトを送っていたようだ。 2017.10.16 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田がフル出場も3試合ぶりの白星を狙う両者の一戦は痛み分けのドロー…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節のサウサンプトンvsニューカッスルが15日に行われ、2-2の引き分けに終わった。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場を果たしている。 ▽前節ストーク・シティに惜敗した12位サウサンプトン(勝ち点8)が、9位ニューカッスル(勝ち点10)をホームに迎えた一戦。サウサンプトンは、前節からデイビスに代えてガッビアディーニをスタメンで起用。吉田はファン・ダイクとのコンビで先発に名を連ねている。 ▽試合はボールポゼッションで優位に立つサウサンプトンのペースで進む。だが、先に決定機を作り出したのはニューカッスル。9分、右CKのこぼれ球をボックス内で拾ったアツがボックス左から左足を振り抜いたが、これはゴール左に逸れた。 ▽対するサウサンプトンのチャンスは16分、スルーパスで左サイドを突破したレドモンドのクロスをファーサイドのタディッチが頭で合わせたが、これは枠の上に外れた。 ▽前半半ばにかけて一進一退の展開が続く中、20分にニューカッスルがスコアを動かす。リッチーの左クロスをボックス中央のアツがボレーシュート。これは吉田にブロックされたが、こぼれ球をペナルティアーク手前のヘイデンがダイレクトシュートで合わせると、これがゴール左隅に決まった。 ▽迎えた後半、1点を追うサウサンプトンが早い時間に同点ゴールを奪う。49分、レドモンドのロングフィードをボックス内で受けたガッビアディーニが相手DFを背負いながらボールキープ。ガッビアディーニは上がってきた味方を囮に使うとカットインから左足でシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽同点とされたニューカッスルだが、直後のプレーで再び勝ち越しに成功する。51分、ヘイデンのパスを右サイドで受けたリッチーがワンタッチでボックス右のスペースへスルーパスを供給。これに反応したアヨセ・ペレスがボックス右からダイクレトシュート。一度はGKフォースターに弾かれるも、こぼれ球をアヨセ・ペレスが押し込みゴールネットを揺らした。 ▽まずい試合運びで再びリードを許したサウサンプトンは、58分レドモンドを下げてブファルを投入。さらに67分にもロメウを下げてデイビスをピッチに送り出した。すると74分、ブファルとのパス交換でボックス左に侵入したロングが、ルジューヌに倒されPKを獲得。このPKをガッビアディーニがゴール右隅に沈め、サウサンプトンが同点に追いついた。 ▽82分、両指揮官が3点目奪取に向け、最後の交代カードを切る。サウサンプトンのペジェグリーノ監督は、ロングを下げてオースティンを投入。対するニューカッスルのベニテス監督はホセルを下げてゲイルをピッチに送り出した。 ▽試合終盤、チャンスを迎えたのはニューカッスル。89分、リッチーの左CKをゴール前のルジューヌがヘディングシュート。これがゴール左隅を捉えるも、ボールはゴールライン手前でデイビスのクリアに阻まれた。 ▽結局、試合は2-2でタイムアップ。互いに3試合ぶりの白星を目指した一戦は、痛み分けのドローで終了した。 2017.10.16 02:12 Mon
twitterfacebook
thumb

CBの底上げを強調するDF吉田麻也、ハイチ戦は「たくさんの選手をテストできる最後になる」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は9日、翌10日に日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。センターバックの底上げを強調するとともに、情報の少ない相手との試合に向けたポイントを語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──ハイチについては</span> 「(映像を)見ましたけど半年やっていないらしいので、少し古いですね」 <span style="font-weight:700;">──フィジカルとかスピードが特徴のようだが</span> 「ガタイが良い選手が多かったり、身体能力が高そうな選手は映像で見てとれました。チームとしてどう機能しているのかなという感じです。エクアドルとの試合を見たんですが、エクアドルが良く見えたので、ちょっと判断しかねます。材料が少ないですね」 <span style="font-weight:700;">──相手の材料がない分、ピッチの選手の対応力が試される試合になると思うが</span> 「やってみないと分からないと思うので、ゲームの中で展開を考えて対応していかなくてはいけないですし、ワールドカップでもプランとは違う展開になることもあると思います。大きな大会になればなるほど外からの声も届きにくくなるので、選手間で問題をいち早くピッチで解決する能力も必要になって来ます。そういった部分でも、明日は良いテストになるのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──吉田選手が出場していない試合はここまでの予選含めてない状況だが、若い選手にどんなことをしてほしいか</span> 「多分この試合がたくさんの選手をテストできる最後になると思います。次の2試合(ブラジル戦、ベルギー戦)はベストメンバーで行かなくてはいけないと思いますし、3月もそんな余裕はないかなと思います。ある意味これがラストチャンスだと思うので、全員が自分が持っているものを出してアピールできる試合になればいいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ニュージーランド戦では槙野選手も鬼気迫るプレーをしていたと思うが、他の選手からも感じるか</span> 「特に隣でプレーしていたので、槙野選手からはそういった気持ちというのは試合を通して感じました。ただ単に、お笑い担当ではないんだよという意思は感じました(笑) 他にも久々に出たヨッチ(武藤嘉紀)もそうですけど、すごくみんな高いモチベーションでやれていると思います」 <span style="font-weight:700;">──植田直通(鹿島アントラーズ)や昌子源(鹿島アントラーズ)には底上げしてもらいたいか</span> 「ずっと言っていますが、センターバックは底上げが必要だと思います」 <span style="font-weight:700;">──センターバックと考えると吉田選手との連携も必要だと思うが</span> 「今いるメンバーでは、(昌子)源とはもうやっていますし、槙野くんとも久しぶりですけど良い感触でやれました。ナオ(植田直通)とはまだやっていないですが、それは監督が決めることなので、僕は何とも言えないです。色々なシチュエーションを考えて、想定して、テストをやるべきかなと個人的には思います」 「勝っている時、状況が悪くない時にたくさん修正できるように、修正点を見出して分析して、ステップアップして行かないといけないかなと思います。ブラジルとベルギーと対戦して負けた、勝ったでどうこうではなく、どんどんワールドカップが近づくほど、軌道修正が難しくなると思います。今しっかりと地盤を固めて、ワールドカップに向けて良い準備をしたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──4年前のこの時期はセルビア、ベラルーシと国際親善試合で敗れてメンバーが変わったりしていたが</span> 「4年前とはシチュエーションが違いますし、ホームで格下の相手と対戦するので一概には言えないです。選手は与えられた環境、シチュエーションで全力を尽くすだけなので、明日もやるだけです」 「来月はもっともっと厳しい戦いになると思いますけど、自分たちが世界のトップとどれだけ差があるかを認識できる良いチャンスだと思いますし、やれることもたくさんあると思います。世界と戦った上で必要なことを各々、チームが感じることができると思います。そのためにも、明日良い形でプレーしたいなと思います」 2017.10.09 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

失点悔やむDF吉田麻也「あれだけだった。彼らの得意とするパターン」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は6日、豊田スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のニュージーランド代表戦に臨み、2-1で勝利︎した。 ▽試合後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。DF槙野智章(浦和レッズ)とのセンターバックコンビについて「全体的にすごく良かった」と述べつつ、失点シーンに悔しさを滲ませた。 <span style="font-weight:700;">DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──失点シーンは悔やまれるか</span> 「そうですね。あれだけだった。彼らの得意とするパターンだったと思うし、チームメートも理解していた。今後もああいう形が出てくると思うでの、今日の教訓を生かして、次はやられないようにしたい」 <span style="font-weight:700;">──前日に苦戦を予想していたが</span> 「全体的には悪くなかった。本当にあの(失点)場面だけ。ただ、前半良くて、後半リズムを崩した。サッカーなので、流れが行ったり来たりするものだけど、もう少しうまくできたなという感覚」 <span style="font-weight:700;">──コンビを組んだDF槙野智章(浦和レッズ)との連携面について</span> 「全体的にすごく良かったと思う。槙野くん自身のパフォーマンスもすごく良かった。何回も組んだことはないけど、10代の頃から知っている選手なので、連携面にそれほど問題はなかった」 2017.10.07 01:38 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯行き決めたDF吉田麻也、次なる“戦い”サバイバルレースへ 「僕らも新たな章に」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は5日、翌6日に開催されるキリンチャレンジカップ2017のニュージーランド代表戦に向け、会場の豊田スタジアムで前日練習を行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がミックスゾーンで取材陣の質問に応対。最終予選全試合に出場するなど不動の地位を確立している吉田だが、「やるべきことをやらないと、W杯に行けない。全員がサバイバル」と述べ、代表生き残りに向けた危機感を募らせた。 <span style="font-weight:700;">◆DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──明日のポイント</span> 「監督が言っているように、ワールドカップへの準備が始まっていて、僕らも新たな章に入った。ワールドカップを想定して戦っていかないといけない。明日に関して言えば、まだプレーオフを残していて、非常に緊張感があるまま戦ってくると思うので、僕らにとって良い相手」 <span style="font-weight:700;">──FWクリス・ウッド(バーンリー/イングランド)の調子が良い</span> 「彼は去年、得点王になっていて、良い状態でバーンリーに移籍した。チーム自体が良い成績を収めているので、調子は良いと思う。フィジカル的には多分、真っ向勝負すると難しくなる」 「僕自身もそうだけど、他の選手もうまく駆け引きをしながらプレーしていかないといけない。センターバックもウェストハムのウィンストン・リードもいる。いつもはプレミアリーグを優先して来てないけど、ワールドカップの懸かったこのタイミングで呼ばれているということは戦力。試合に出てくると思うので、特にセットプレーは気をつけたい」 <span style="font-weight:700;">──世界に出ればフィジカル的な戦いが増加する</span> 「アジアではそういった相手と対戦していないので、また違った戦いをしないといけない。僕自身は慣れているので問題ない。それでも、やっぱりフィジカルの強いチームと対戦するのはすごくタフ。チームとして、なるべくセットプレーやロングボールやロングスローの機会を減らしていきたい」 <span style="font-weight:700;">──今回、経験豊富な選手が不在</span> 「やるべきことに増える、減るはない。彼らがいても、いつも通りのことをやる。特に、変化はない。ただ、他の選手にとってはビッグチャンス。僕自身もそうだけど、やるべきことをやらないと、ワールドカップに行けない。全員がサバイバル。一人でも多くの選手が今回、その次で良い結果を出すことが大事」 <span style="font-weight:700;">──ニュージーランド戦の意義</span> 「11月は非常に良い相手と対戦できる。ニュージーランドも非常に良い相手。プレーオフに出てくる相手と対戦するのは、僕らにとってプラスになる。僕らがロシアで勝つために、このシリーズも次のシリーズも全力で戦っていくことで、課題が見えてくる。一つでも多く収穫を見いだしていきたい」 <span style="font-weight:700;">──フィジカル的な相手との対戦の意義</span> 「多くの選手は慣れていない。特に、日本人は。ドイツでも、パワープレーを使ってくる相手が少ない。フィジカル的にかなり苦労すると思うけど、そこをどう賢く戦って、体格差を埋めていけるかが大事になる」 2017.10.05 20:03 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース