吉田に決定機も決め切れず…サウサンプトン猛攻もスウォンジーにゴールレスドロー《プレミアリーグ》2017.08.13 01:44 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第1節のサウサンプトンvsスウォンジーが12日に行われ、0-0のドローに終わった。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。

▽昨季を8位で終えたサウサンプトンは、プレミアリーグでの5年目となる吉田が開幕スタメンを飾った。今夏の去就が騒がれているファン・ダイクはベンチ外となった。

▽試合は序盤からサウサンプトンがペースを握った。35分にワード=プラウズがボックス手前でボールを受けると、巧みなシュートフェイントを用い、タイミングを外してシュートを放つ。しかし、これはDFにブロックされた。続く38分には吉田にチャンスが訪れた。敵陣左で得たFKの流れから、ボックス内で待つ吉田の下にボールがこぼれる。反応した吉田が倒れ込みながらも右足で合わせたが、枠を外した。

▽得点が動かずに試合を折り返すと、スウォンジーが攻勢をかけた。後半開始直後の47分、ボックス手前でパスを受けたエイブラハムは、キックフェイントで吉田をかわしてフリーの状態に。そのまま左足でシュートを放ったが、ゴールとはならなかった。

▽79分、再び吉田に決定機が訪れた。左サイドからのクロスに、ボックス内まで上がっていた吉田が反応。勢いよく頭を振り抜いて放ったシュートは、バーの上を越えていった。終盤にかけてもサウサンプトンがボールを支配するが、待望の得点は生まれない。

▽試合終了間際の92分にも、敵陣中央で得たFKのキッカーを務めた吉田が直接狙ったが、枠を捉えることはできなかった。結局、サウサンプトンが再三の決定機を決め切るには至らず。試合はスコアレスドローに終わって勝ち点1を得るに留まった。

コメント

関連ニュース

thumb

主将吉田フル出場のセインツが英2部ウルブズにまさかの敗戦で初戦敗退…《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)2回戦の6試合が23日に行われた。DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、ホームでチャンピオンシップ(イングランド2部)のウォルバーハンプトンと対戦し、0-2で敗戦した。なお、吉田はフル出場した。 ▽今ラウンドからチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に出場する昨季上位チームを除き、プレミアリーグ勢が参戦するEFLカップ2回戦。直近のウェストハム戦で今季リーグ初勝利を手にしたサウサンプトンは、その試合から先発6人を変更したものの吉田やタディッチ、GKフォースター、ロメウなど主力クラスを起用した。 ▽直近のリーグ戦から大幅なメンバー変更を行い、注目のルベン・ネヴェスやジョッタなどを温存した格下ウォルバーハンプトン相手に試合の主導権を握り切れないサウサンプトンは、ゴールレスで試合を折り返す。 ▽すると、後半に入った67分に相手の右CKからゴール前で競り勝ったバスに頭で流し込まれ、格下相手のホームゲームでまさかの先制を許す。これを受けて、レドモンド、ロング、ガッビアディーニと主力アタッカーを75分過ぎまでに投入したサウサンプトンは、ここから必死の反撃を見せるが、なかなかゴールをこじ開けられない。逆に、87分にはエドワーズのスルーパスに抜け出した途中出場のウィルソンにダメ押しの追加点を許してしまった。ホームで格下相手に痛恨の敗戦を喫したサウサンプトンが、EFLカップ初戦で姿を消すことになった。 ▽そのほかの試合では、バーンリーやウェストハム、ハダースフィールド、ストーク・シティが下部カテゴリーの相手にきっちり勝ち切って順当に3回戦進出を決めた。 ▽その一方で、2部ノッティンガム・フォレストをホームに迎えたニューカッスルは、開始3分のミトロビッチのゴールで幸先良く先制も、前半半ばに相手FWカミングスに続けてゴールを奪われる。それでも、前半終了間際にアーロンズのゴールで追いつき試合を振り出しに戻したホームチームだったが、主力を投入した後半のうちに試合を決めることができず。すると、延長前半にウォーカーのゴールで勝ち越しを許すと、最後まで追いつけず、試合はこのままタイムアップ。格下相手に2-3の敗戦を喫したニューカッスルがサウサンプトンに続いて初戦敗退となった。 ▽なお、3回戦の組み合わせ抽選会は24日に行われる予定だ。EFLカップ2回戦の結果は以下の通り。 ◆EFLカップ2回戦 ▽8/23(水) サウサンプトン 0-2 ウォルバーハンプトン ブラックバーン 0-2 バーンリー チェルトナム・タウン 0-2 ウェストハム ハダースフィールド 2-1 ロザラム・ユナイテッド ニューカッスル 2-3 ノッティンガム・フォレスト ストーク・シティ 4-0 ロッチデール 《未定》 バーンズリー vs ダービー ▽8/22(火) シェフィールド・ユナイテッド 1-4 レスター・シティ カーライル・ユナイテッド 1-2 サンダーランド ボルトン 3-2 シェフィールド・ウェンズデイ アクリントン・スタンリー 1-3 WBA リーズ 5-1 ニューポート・カウンティ ミドルズブラ 3-0 スカンソープ・ユナイテッド ドンカスター 2-0 ハル・シティ アストン・ビラ 4-1 ウィガン QPR 1-4 ブレントフォード クリスタル・パレス 2-1 イプスウィッチ・タウン ワトフォード 2-3 ブリストル・シティ ノリッジ 4-1 チャールトン ブライトン&ホーブ・アルビオン 1-0 バーネット カーディフ 1-2 バートン フルアム 0-1 ブリストル・ローバーズ MKドンズ 1-4 スウォンジー バーミンガム 1-2 ボーンマス レディング 3-1 ミルウォール 2017.08.24 06:41 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズが今夏2人目の補強! ポチェ古巣セインツからGKガッサニーガ獲得!

▽トッテナムは23日、サウサンプトンからアルゼンチン人GKパウロ・ガッサニーガ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽バレンシアの下部組織出身のガッサニーガは、2011年にイングランド下部カテゴリーのジリンガムに加入。2012年にサウサンプトンに完全移籍を果たすと、同年9月にプレミアリーグデビューを飾った。サウサンプトンでは在籍4年間で公式戦23試合に出場していた。昨シーズンは、スペイン2部のラージョへレンタル移籍し、リーグ戦22試合に出場していた。 ▽なお、サウサンプトン時代に現トッテナム指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ監督やコーチングスタッフの指導を受けていた同選手は、フランス代表GKウーゴ・ロリス、オランダ代表GKミシェル・フォルムに次ぐ、第3GKを務めることになる。 2017.08.23 22:39 Wed
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン、ラツィオからオランダ代表DFホードを獲得! 吉田ライバルか、ファン・ダイク後釜か

▽サウサンプトンは22日、ラツィオからオランダ代表DFヴェスレイ・ホード(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽イギリス『テレグラフ』で1500万ポンド(約21億円)での加入と報じられたホードは、サウサンプトンの公式サイトで新天地での意気込みを語った。 「ここに来ることができて本当に嬉しいよ。僕にとってサウサンプトンはビッグクラブだ。だから、ここに来たことはステップアップだと思っているよ。プレミアリーグでプレーし、チームの助けとなるために全力を注ぐつもりだ」 ▽また、サウサンプトンのレス・リード副会長は、希少価値の高い左利きの若きセンターバックの獲得に満足感を示している。 「ヴェスレイはヨーロッパのディフェンダーの中で非常に有望なタレントだ。現在、トップレベルのセンターバックを見つけることは非常に難しい。彼はオランダ代表として6試合に出場している。さらに、左利きのプレーヤーを見つけることはより困難だ。彼はここ12カ月の我々の補強リストのトップに居たプレーヤーの1人だった」 「彼はオランダ代表、ラツィオでのプレーを通じて自身の価値を証明してきた。そして、代表のチームメートでもあるヴィルヒル・ファン・ダイクやジャック・スティーブンス、吉田麻也、ヤン・ベドナレク、フロリン・ガルドシュらと共に成長してくれると思っている」 ▽母国のAZでプロキャリアをスタートしたホードは、2015年にラツィオに完全移籍。加入1年目は戦術的なセリエAへの適応に苦しみ、軽率なプレーを批判されることが多かったが、2年目の昨シーズンは持ち味のフィジカルを活かしたソリッドな対応をみせ、公式戦26試合に出場し3ゴールを挙げるなど、主力として活躍した。 ▽また、ラツィオでの活躍が評価され、今年に入ってオランダのフル代表デビューも飾っていた。 2017.08.23 04:17 Wed
twitterfacebook
thumb

吉田が決勝PKを獲得! サウサンプトンが土壇場PK弾でホーム開幕戦を白星で飾る!!《プレミアリーグ》

▽サウサンプトンは19日、プレミアリーグ第2節でウェストハムとホームで対戦し、3-2で勝利した。日本代表DF吉田麻也はフル出場している。 ▽12日に行われた開幕節のスウォンジー戦をゴールレスドローで終えたサウサンプトンは、その試合からワード=プラウズに代えて新戦力のレミナを起用した。一方のウェストハムは、完敗を喫したマンチェスター・ユナイテッド戦からスタメンを4人変更。リードやエジミウソン・フェルナンデスらに代えて古巣対決となるフォンテやアントニオらを起用した。 ▽試合は早い時間に動く。11分、レドモンドのスルーパスでボックス左に抜け出したガッビアディーニが左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。先手を取ったサウサンプトンは、33分に退場を誘発。最終ラインのスティーブンスが後ろからボールを奪いに来たアルナウトビッチにヒジ打ちを受けた。 ▽数的優位となったサウサンプトンは38分、レドモンドのパスをボックス内で受けたデイビスがフォンテに引き倒されPKを獲得。このPKをダディッチが決めて追加点を奪った。 ▽2点のリードを許したウェストハムだが、前半終了間際に1点を返す。45分、ボックス手前でボールを受けたアントニオが反転からミドルシュート。GKフォースターの弾いたルーズボールをエルナンデスが押し込んだ。 ▽迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の攻防が続く。サウサンプトンは65分、レミナを下げてワード=プラウズを投入。対するウェストハムは、68分にアントニオとA・アイェウに代えてD・サコとE・フェルナンデスを投入する2枚替えを敢行。 ▽すると、この交代で功を奏したのはウェストハム。74分、サイドチェンジを受けたクレスウェルが左クロスを供給すると、D・サコがヘディングシュート。GKフォースターの弾いたボールがクロスバーを叩くと、セカンドボールに反応したエルナンデスが押し込み、同点に追いついた。 ▽試合終盤に差し掛かり、このまま試合終了かと思われたが後半アディショナルタイム3分に試合が動く。吉田を前線に上げ、パワープレーを敢行するサウサンプトンは、ワード=プラウズのロングパスをボックス内で競り合った吉田がサバレタに倒され、PKを獲得。このPKを途中出場のオースティンが決め、土壇場で勝ち越しに成功した。 ▽結局、このゴールが決勝点となり3-2で試合終了。サウサンプトンがホーム開幕戦で今季初勝利を手にした。 2017.08.20 04:21 Sun
twitterfacebook
thumb

右ウイングバック獲得を望むチェルシー、吉田同僚のポルトガル代表DFセドリック・ソアレスに興味か

▽チェルシーがサウサンプトンに所属するポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(25)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽右ウイングバックの補強を望むチェルシーは、これまでブラジル代表DFダニーロ(26)やバレンシアに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(23)の獲得に動いていると噂されていた。しかし、ダニーロはマンチェスター・シティへの加入が決まり、カンセロについてはここまで進展がないなど、未だ右ウイングバックを確保することができていない状況だ。 ▽そうした中、『デイリー・ミラー』によると、チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、ユーロ2016でポルトガル代表の優勝に貢献したセドリックに注目しているとのこと。今シーズンのプレミアリーグとチャンピオンズリーグの両立に向けて、ナイジェリア代表FWビクター・モーゼス(26)との併用を考えているようだ。 ▽また、同メディアは、セドリックの移籍金について1500万ポンド(約21億3000万円)程度と予測。さらにセドリック自身もチェルシーへの移籍に興味を持っているとしている。 ▽2015年6月にスポルティングからサウサンプトンに加入したセドリックは昨シーズン、公式戦30試合に出場。EFLカップでは3試合に出場し、チームのファイナル進出に貢献した。また、7月まで開催されていたコンフェデレーションズカップにもポルトガル代表として出場し、3試合1ゴールを記録。チームの3位入賞を支えた。 2017.08.16 15:37 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース