吉田に決定機も決め切れず…サウサンプトン猛攻もスウォンジーにゴールレスドロー《プレミアリーグ》2017.08.13 01:44 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第1節のサウサンプトンvsスウォンジーが12日に行われ、0-0のドローに終わった。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。

▽昨季を8位で終えたサウサンプトンは、プレミアリーグでの5年目となる吉田が開幕スタメンを飾った。今夏の去就が騒がれているファン・ダイクはベンチ外となった。

▽試合は序盤からサウサンプトンがペースを握った。35分にワード=プラウズがボックス手前でボールを受けると、巧みなシュートフェイントを用い、タイミングを外してシュートを放つ。しかし、これはDFにブロックされた。続く38分には吉田にチャンスが訪れた。敵陣左で得たFKの流れから、ボックス内で待つ吉田の下にボールがこぼれる。反応した吉田が倒れ込みながらも右足で合わせたが、枠を外した。

▽得点が動かずに試合を折り返すと、スウォンジーが攻勢をかけた。後半開始直後の47分、ボックス手前でパスを受けたエイブラハムは、キックフェイントで吉田をかわしてフリーの状態に。そのまま左足でシュートを放ったが、ゴールとはならなかった。

▽79分、再び吉田に決定機が訪れた。左サイドからのクロスに、ボックス内まで上がっていた吉田が反応。勢いよく頭を振り抜いて放ったシュートは、バーの上を越えていった。終盤にかけてもサウサンプトンがボールを支配するが、待望の得点は生まれない。

▽試合終了間際の92分にも、敵陣中央で得たFKのキッカーを務めた吉田が直接狙ったが、枠を捉えることはできなかった。結局、サウサンプトンが再三の決定機を決め切るには至らず。試合はスコアレスドローに終わって勝ち点1を得るに留まった。

コメント

関連ニュース

thumb

途中出場ジルーの終盤弾でアーセナルがセインツにドロー、フル出場の吉田は失点に関与《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、サウサンプトンvsアーセナルが10日に行われ、1-1で引き分けた。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場している。 ▽前節マンチェスター・ユナイテッドにホームで1-3と敗れた5位アーセナル(勝ち点28)は、3日前の消化試合となったヨーロッパリーグのBATEボリソフ戦を6-0と大勝した。そのアーセナルはBATEボリソフ戦のスタメンから全選手を変更し、ユナイテッド戦のスタメンからは負傷したムスタフィに代えてメルテザッカーを起用した。 ▽前節ボーンマス戦を1-1と引き分けた11位サウサンプトン(勝ち点17)は、吉田が[4-2-3-1]の右センターバックで2試合ぶりにスタメンとなった。 ▽試合は開始3分、カウンターを狙うサウサンプトンが先制した。メルテザッカーのクリアが甘くなってショートカウンターに転じると、タディッチのスルーパスをボックス右で受けたオースティンがゴールへ流し込んだ。 ▽続く5分にもサウサンプトンはディフェンスライン裏を取ったオースティンがボックス右に侵入してGKチェフを強襲するシュートを浴びせ、序盤のペースを握っていく。 ▽一方、早々に失点したアーセナルはポゼッションを高めて敵陣で試合を展開。16分にはラカゼットがボックス中央から枠内シュートを浴びせると、32分にはサンチェスの右クロスをラムジーがボレーで合わせたシュートが枠の右を捉えたが、GKフォースターのビッグセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけてもアーセナルが攻勢に出る流れが続くも、ラカゼットの決定的なシュートは枠を捉えきれず、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半も敵陣で試合を進めたアーセナルだったが、水際で守るサウサンプトンを崩しきることができない。すると62分にピンチ。ロメウのミドルシュートがバーを直撃した。 ▽流れの悪いアーセナルは64分にメルテザッカーに代えてウェルベックを投入し、4バックに変更。しかし66分にはバートランドにゴールを脅かされると、ジャカに代えてウィルシャーを、ラカゼットに代えてジルーを投入していく。 ▽しかし、集中した守備を続けるサウサンプトンをやはり崩せず、時間だけが過ぎていく。84分にようやくサンチェスの直接FKでゴールを脅かすも、GKフォースターにセーブされる。 ▽それでも88分、左サイドからのサンチェスの右足クロスを吉田に競り勝ったジルーがヘッド。これがゴール右に決まってアーセナルが土壇場で同点に追いついた。このまま1-1で試合はタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合っている。 2017.12.10 22:59 Sun
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンFW、ペップが侮辱したと報じた英紙を批判「彼はポジティブなことを言っただけ」

イギリス紙『ザ・サン』はジョゼップ・グアルディオラ監督がサウサンプトンのネイサン・レドモンドを罵ったと報じたが、同選手はこの記事を&ldquo;ウソ&rdquo;と一蹴した。<br><br>29日に行われたプレミアリーグ第14節でサウサンプトンは敵地でマンチェスター・シティと対戦。サウサンプトンは健闘するも、ラヒーム・スターリングの劇的なゴールで惜しくも1-2で敗れた。しかし、好試合を演じたことよりも、試合後に起きたグアルディオラ監督とレドモンドのやり取りが世間の注目を集めている。<br><br>試合終了を告げるホイッスルの後、グアルディオラ監督はレドモンドに詰め寄り、激しいジェスチェーを交えながら何かを言っていた。のちの会見で同指揮官はサウサンプトンFWを称賛したと明かしていた。しかし、『ザ・サン』は読唇術を用いてグアルディオラ監督の発言を解析。それによるとスペイン人指揮官は、レドモンドを&ldquo;クソッタレ&rdquo;と罵ったようで、その言動の真偽が注目されていた。<br><br>そして、もう一人の当事者であるレドモンドは『ザ・サン』の記事を&ldquo;でたらめ&rdquo;と一蹴。同選手はツイッターで「この記事を見た後、何かを発して、状況を明らかにしなければならないと思った。マンチェスター・シティの監督、ジョゼップ・グアルディオラはザ・サンが報じたようなことを言っていない」と報道を否定。<br><br>続けて「彼は情熱的で激しい人だが、僕にポジティブなことを言ってくれた。彼は僕のプレーについてコメントしたりして、少し言葉を交わしただけだ。これ以上の話はしていない。ネガティブなことや侮辱するようなことはなかった」と明かしている。<br><br>さらに、同選手は試合後にそのようなやり取りができる敵将を&ldquo;世界最高の指揮官の1人&rdquo;と称賛するとともに、適当な記事を載せるイングランドのジャーナリズムを痛烈に批判した。<br><br>提供:goal.com 2017.12.01 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

セインツFWレドモンドがペップ暴言報道を完全否定! 「彼からネガティブなことや攻撃的なことは一切言われなかった」

▽サウサンプトンに所属するイングランド代表FWネイサン・レドモンドが、イギリス『サン』が報じた自身に対するジョゼップ・グアルディオラ監督からの暴言疑惑を完全否定した。同選手が自身の公式ツイッターで明かした。 ▽サウサンプトンは11月29日に行われたプレミアリーグ第14節、敵地でのマンチェスター・シティ戦を試合終盤の失点により、1-2で敗戦した。また、同試合後には試合終盤に露骨な時間稼ぎを行ったレドモンドに対して、マンチェスター・シティを率いるグアルディオラ監督が激昂した様子で詰め寄り、罵倒するような場面が中継映像に映されていた。 ▽『サン』は、この場面でのやり取りを読唇術によって独自に解釈し、グアルディオラ監督がレドモンドに対して、「w**ker(マスカキ野郎、くそ野郎の意)」というスラングを用い、罵倒していたと報道。この報道を受けて、今後同監督に何らかの処分が科されるのではないかとも噂されていた。 ▽今回の一件の当事者であるレドモンドは、試合翌日に自身の公式ツイッターを通じて、「僕はこの場を借りて、マン・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が『サン』が報じたような発言をしていなかったことを明確にしたい」と、『サン』の報道を真っ向から否定。さらに、グアルディオラ監督を称賛するコメントを付け加えている。 「確かに彼はあのとき、とても興奮して激しく攻撃的な振る舞いだった。だけど、彼はあのとき僕のことを褒め称え、ポジティブなことしか話していなかったんだ」 「彼は僕に対して、イングランドの若手プレーヤーとしての僕の才能について話してくれ、昨シーズンの対戦時のようなやり方でもっと攻撃的に戦ってほしかったと言ってきたんだ」 「それに対して、僕は(ペジェグリーノ)監督から試合を殺すためにああいったプレーをするように言われていたことを伝えたよ。今回のやり取りは本当にそれだけなんだ。彼からはネガティブなことや攻撃的なことは一切言われなかった。そういった姿勢こそ、彼をサッカー界最高の監督の1人にしているんだと思う」 「僕たちは90分+アディショナルタイムまで懸命にプレーし、試合を殺そうとしていたけど、最終的にあのような形で敗れてしまい、とても失望しているよ」 「それでも、世界最高の監督の1人がたとえお世辞であっても、自分のことを褒めてくれ、アドバイスしてくれれば、それは喜んで聞き入れるべきだと思うんだ」 「残念ながらこういった話は、怠惰なジャーナリズムと言わざるを得ないし、笑えないジョークだよ。こういったことを書くスポーツジャーナリストたちは好きではないよ。僕は互いにリスペクトできるような人たちと働きたいんだ」 ▽なお、グアルディオラ監督はレドモンドが声明を発表する以前に、「レドモンドには彼がどれほど良いプレーヤーかということを伝えたんだ。サウサンプトンは何人かスーパーなタレントがいる。レドモンドもその1人だ。しかし彼らはプレイしたがらなかった。彼らはアディショナルタイムに時間を稼ごうとした。私はただプレーしてほしかったんだ」と、同選手とのやり取りを明かしており、今回のレドモンドのコメントによって、その発言が裏付けられた。 ▽『サン』の報道によって、グアルディオラ監督のイメージが損なわれる可能性があったものの、最終的にはフットボールを愛する2人の美談という形で騒動は終結に至った。 2017.12.01 06:32 Fri
twitterfacebook
thumb

【FIFA18体験記】 圧巻の強さを見せるシティに吉田麻也のサウサンプトンが挑む!

▽圧巻のグラフィックとリアルさを追求し、バーチャルとリアルの境界線を曖昧にするほどの表現を追求した『FIFA 18』。前回は“<a href="https://goo.gl/xCgMKB" target="_blank">マドリッド・ダービー</a>”を実際にプレーしてみましたが、第2回は30日に行われるプレミアリーグの一戦。マンチェスター・シティvsサウサンプトンに挑戦です。 <span style="font-weight:700;">◆圧巻の強さを見せるシティに挑む吉田麻也</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、2シーズン目を迎えたシティ。ここまで唯一の無敗で首位に立つなど、圧倒的な強さでプレミアリーグを席巻しています。 ▽対するサウサンプトンには、吉田麻也が所属。ディフェンスリーダーとして、チームを支えています。力の差はあれど、一矢報いることができるのか。エティハド・スタジアムでの一戦が始まります。 <span style="font-weight:700;">◆まるでプレミアリーグ中継</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽“マドリッド・ダービー”でリアルさの片鱗を目の当たりにしましたが、今回はさらに驚く事態が。これは、プレミアリーグの中継ですか?と言わんばかりに、試合のオープニングからリアルそのもの。知らない人が見たら、試合の中継に見えますよね? <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽さらに、ラインアップの紹介も中継さながらに。それもそのはず、EA社はプレミアリーグのリードパートナーとなっており、そのおかげでこのリアルさの追求が実現しているのでしょう。吉田選手もしっかりと紹介されていますよ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <span style="font-weight:700;">◆強すぎるぞシティ!</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽シティの布陣は[4-2-3-1]。1トップにガブリエウ・ジェズスを配置し、2列目はリロイ・ザネ、ダビド・シルバ、ケビン・デ・ブライネを左から配置。フェルンジーニョとイルカイ・ギュンドアンをボランチに置きました。左サイドバックはファビアン・デルフ、ジョン・ストーンズとニコラス・オタメンディがセンターバック、右サイドバックはカイル・ウォーカー。守護神はGKエデルソンに託します。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽試合はシティが圧巻の強さを見せます。開始6分、右サイドを攻め込むと、ウォーカーのクロスをジェズスが競り合いに勝ち落とすと、最後はボックス手前で後方から走り込んだフェルナンジーニョがミドルシュート。これがゴール左隅に決まり、シティが幸先良く先制します。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽圧巻のパス回し、波状攻撃。選手のポジションも流動的に入れ替わり、まさにシティが見せる迫力ある攻撃からの先制点。正直、自画自賛になりますが、完ぺきなゴールでした!! <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽さらに34分にも右サイドから崩して追加点を奪います。デ・ブライネがドリブルで持ち込み、アーリークロス。これを裏に抜け出したザネがヘディングで合わせると、そのままゴールネットを揺らし、シティが追加点を奪います。申し分ない追加点に、ペップも思わずガッツポーズ! <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽前半2点のリードで折り返したシティは、後半も攻撃の手を休めません。72分、ギュンドアンからのスルーパスに抜け出したジェズスが落ち着いて決めて追加点。華麗な攻撃でリードを広げます。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽反撃したいサウサンプトンは84分にソフィアン・ブファルが1点を返します。しかも、このアシストが吉田麻也!いつの間に!?と言いたくなるぐらい、突然前線に顔を出した吉田のマークを外したのが失敗でした…。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ですが、シティは90分にシルバがダメ押しゴール。圧倒的な破壊力を見せたシティが4-1で勝利しました。強力な前線の4枚が流動的にポジションを変え、右サイドバックのウォーカーの攻撃参加も抜群。今シーズンのプレミアリーグをリードするシティの強さを感じてしまいました。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw13.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <span style="font-weight:700;">◆吉田麻也が一矢報いるか?</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw14.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽というわけで、続いてはサウサンプトンを使用してプレー。吉田麻也もしっかりと先発させますよ。セットプレーからのゴールを目指します。1トップにはマノロ・ガッビアディーニを起用です。 ▽アップセットを狙うべく意気揚々とプレーを開始。いくら力の差があるからと言って、自分で操作できれば…なんて思っていましたが、36分にジェズスに最終ラインを簡単に突破されてしまい、先制を許してしまいます。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw15.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ジェズスの「こんなもんでしょう」と言わんばかりのこの表情。ゴールを獲って当たり前とでも言いたげな…く、悔しい…。 ▽前半を1点ビハインドで折り返したサウサンプトン。しかし、セットプレーのこぼれ球をヴァンサン・コンパニに詰められてしまい、リードを2点に広げられてしまいます。抜け目なさもまさにシティ。GKフレイザー・フォースターも反応できませんでした。 ▽力の差を感じさせられながらも一矢報いたいサウサンプトン。CKもシティの守備陣に跳ね返され、吉田の活躍も見せることができません。それでも69分、スルーパスに抜け出したガッビアディイーニがゴール!1点差に迫り、チーム全体で喜び爆発です。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw16.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw17.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽しかし、反撃もここまで。シティの攻撃力の高さに、最後は防戦一方。吉田麻也、守備ではしっかりと貢献していました。2-1の敗戦で済んだことを褒めてあげたい…。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fifa20171126_1_tw18.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽選手個々の能力でも上回るシティは、やはりオフ・ザ・ボールの動きや1つ1つの動きの精度まで高いものを見せてくれました。パススピードやポジショニングまで、しっかりと統率されているような…やはりこれもリアルを追求した結果でしょうか? もう少し鍛錬して、シティへのリベンジを果たしたいと思います。次回は、何に挑戦するかお楽しみに! <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/yc39cZ" target="_blank">『FIFA 18』をプレーしよう!</a><hr></div> ★僕の「Alex Hunter」 ▽プレミアリーグが開幕し、いきなり先発したAlex Hunter。しかし、開幕戦のボーンマス戦では思うような活躍ができず。シュートチャンスを逃し無得点に終わった。すると、いきなりレアル・マドリー移籍の噂が。チームから「トランスファーリクエスト」を出すかどうかを問われたので「お望みなら」と返答!そして迎えた第2節のブライトン&ホーブ・アルビオン戦では3ゴール3アシストと爆発!一気に評価を高めました。 レーティング:75(1↑) 市場価格:£10,125,000(12%↑) 性格:やや情熱的 プレミアリーグ:2試合出場3ゴール3アシスト <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/Z5mC6H" target="_blank">『FIFA 18』で<br />「The Journey」をプレーしよう!</a><hr></div> 2017.11.30 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

吉田麻也、首位マンCに惜敗も英メディア全体2位タイの高評価…トップはサウサンプトンGK

サウサンプトンは、29日に行われたプレミアリーグ第14節でマンチェスター・シティと対戦した。この試合でフル出場したDF吉田麻也は、イングランドメディアから高評価を受けている。<br><br>いまだ無敗でリーグ戦首位を快走するマンチェスター・Cの本拠地「エティハド・スタジアム」に乗り込んだサウサンプトン。47分に先制点を奪われるも、75分にオリオル・ロメウのゴールで追いつく。その後は、吉田を中心に懸命な守備を見せたが、ラストプレーでFWラヒーム・スターリングに土壇場で勝ち越し点を許し、惜しくも敗戦となった。<br><br>この試合でキャプテンマークを巻き、3試合ぶりに先発出場した吉田。『Sky Sports』での採点は「8」と、チーム2位タイの評価を受けている。全体を通じても、マンチェスター・Cのスターリング、サウサンプトンDFセドリック・ソアレスと並び、2位タイの評価となった。<br><br>両チーム合わせて単独1位は、何度も好セーブをみせたサウサンプトンGKフレイザー・フォースターの「9」で、マン・オブ・ザ・マッチにも選出。吉田やソアレスを始め、サウサンプトンの中盤から後ろの選手たちは、全員及第点以上の評価を受けている。<br><br>提供:goal.com 2017.11.30 17:05 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース