モラタ1G1Aもケイヒル&セスク退場の昨季王者チェルシーが黒星スタート…《プレミアリーグ》2017.08.13 01:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは12日、スタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ開幕節でバーンリーと対戦し、2-3で敗戦した。

▽昨シーズン、圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したチェルシーは連覇が懸かる今シーズンの開幕戦で昨季16位のバーンリーをホームに迎えた。今季最初の公式戦となったアーセナルとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に落としたチェルシーは、その試合から先発2人を変更。負傷したペドロと昨季FAカップ決勝で退場したモーゼスが出場停止で欠場となり、新戦力リュディガーとアカデミー出身の若手ボガがスタメン入り。

▽GKにはクルトワ、3バックにリュディガーとダビド・ルイス、ケイヒル。中盤は右からアスピリクエタ、セスク、カンテ、マルコス・アロンソ。3トップはボガ、ウィリアン、バチュアイが並んだ。なお、レアル・マドリーからの新戦力モラタはベンチスタートとなり、エースのアザールはケガのためベンチ外となった。

▽プレシーズンは低調も昨季圧倒的な強さを誇ったホームにアウェイ最弱のバーンリーを迎えたため、昨季王者の優位は揺るがないかと思われたが、予想だにしない展開が待っていた。

▽拮抗した立ち上がりの14分、勢い余って相手MFデフールに足裏を見せたタックルを見舞ったケイヒルにレッドカードが掲示され、チェルシーは新キャプテンをわずか10分ちょっとで失うことになった。

▽コミュニティー・シールドに続く2試合連続の一発退場劇で苦しい立ち上がりとなったチェルシーは、18分にFWボガを下げてDFクリステンセンを投入。だが、数的優位で押し込まれ始めると、24分にはロートンの右クロスをゴール前のボークスに泥臭いボレーで流し込まれ、先制点を奪われた。

▽すぐさま反撃に出るチェルシーだが、プレシーズンの不調を引きずってなかなか思うようなプレーができない。すると、前半終盤にかけて悪夢の連続失点を喫する。39分、コークとのパス交換でボックス左に抜け出したウォードに強烈な左足のシュートをファーポストに突き刺される。さらに43分にはセットプレーの場面でデフールのクロスに対して、リュディガーとD・ルイスの動きが重なってフリーにしたボークスにヘディングで叩き込まれ、まさかの3点ビハインドで前半を終えた。

▽迎えた後半、ハーフタイムで気持ちを切り替えたチェルシーは、立ち上がりの49分にマルコス・アロンソの強烈なミドルシュートで相手GKを脅かすなど、数的不利を感じさせない攻撃でゴールに迫る。さらに59分にはバチュアイを下げてモラタをデビューさせる。

▽すると、この交代策がゴールをもたらす。69分、右サイドでキープしたウィリアンのクロスに絶妙な動き出しでオフサイドラインを破ったモラタがダイビングヘッドで合わせ、新エース候補のデビュー弾で反撃の狼煙を上げる。

▽ここから猛攻に転じるチェルシーは、73分にも右サイドのクリステンセンがグラウンダーで入れたクロスをゴール前のモラタが押し込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。すると81分には相手選手へのレイトチャージで2枚目の警告を受けたセスクが、ケイヒルに続いて退場処分に。

▽この退場で9人での戦いを強いられたチェルシーだが、昨季王者のプライドか、試合終盤にかけて圧巻の攻撃を見せる。88分、アスピリクエタのフィードを前線のモラタが頭でゴール前に流すと、これに反応したD・ルイスが冷静に流し込み、1点差に迫る。その後もリスクを冒した攻撃でチャンスを作ったホームチームだが、試合はこのまま2-3のスコアでタイムアップ。

▽9人での戦いを強いられた中、モラタの1ゴール1アシストで意地を見せたチェルシーだが、ホームでのリーグ開幕戦で格下相手に痛恨の敗戦となった。なお、公式戦連敗と苦しい状況が続くチェルシーはセスクとケイヒルを出場停止で欠く中、次節昨季2位トッテナムとの重要な一戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

新生チェルシー、サッリ初陣を勝利で飾る

▽チェルシーは23日、オーストラリアのパース・グローリーと対戦し、1-0で勝利した。 ▽現在オーストラリアに遠征中のチェルシーは、パースと練習試合を行った。マウリツィオ・サッリ新監督の初陣となった。 ▽スタメンはGKにブルカ、ディフェンスラインは右からザッパコスタ、アンパドゥ、ダビド・ルイス、マルコス・アロンソ。中盤にはジョルジーニョ、セスク、バークリーが入り、3トップにペドロ、モラタ、ハドソン=オドイが並んだ。 ▽試合開始5分、チェルシーは敵陣中央から左サイドへの大きな展開から、ハドソン=オドイがDFを躱してクロスを供給。このクロスにペドロが合わせ先制点を奪う。 ▽その後もチェルシーが押し込む展開となるものの、フィニッシュの精度を欠き、前半は1-0で終了した。 ▽後半、3選手を変更したチェルシーは61分にも2選手を代えてここまで5選手を変更。すると64分に、ハドソン=オドイに代わって入ったパサリッチのクロスに、モラタと交代したタミー・アブラハムが反応。うまく合わせたがシュートはGKに防がれてしまう。さらに70分にはバークリーにチャンスが訪れるがシュートは枠の外へ。 ▽結局、5分のペドロのゴール以外決まらず1-0でチェルシーが勝利を収めた。 ◆試合結果 チェルシー 1-0 パース・グローリー 【チェルシー】 ペドロ(前5) 【スタメン】 GK:ブルカ DF:ザッパコスタ、アンパドゥ、ダビド・ルイス、マルコス・アロンソ MFジョルジーニョ、セスク、バークリー FW:ペドロ、モラタ、ハドソン=オドイ 【交代】 ハドソン=オドイ→パサリッチ(後半0) マルコス・アロンソ→エメルソン・パルミエリ(後半0) ジョルジーニョ→バカヨコ(後半0) モラタ→タミー・アブラハム(後16) アンパドゥ→トマシュ・カラス(後16) ペドロ→ピアソン(後28) ザッパコスタ→オラ・アイナ(後28) バークリー→ムソンダ(後36) 2018.07.23 22:31 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーとバイエルンがマルシャルに興味も…マンチェスター・Uの設定額130億円がネックに

チェルシーがマンチェスター・ユナイテッド退団を希望するFWアントニー・マルシャルの獲得に動き出していることが分かった。イギリス『ザ・サンデー・タイム』が伝えた。<br><br>2015年夏に10代選手として当時の史上最高額でモナコからユナイテッドに移籍したマルシャル。デビューシーズンから輝かしい活躍を見せるも、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任して以降、出場機会は減少傾向に。クラブとの契約が1年間残っているものの、先日に同選手の代理人が退団を示唆する発言を残すなどオールド・トラッフォードから離れる可能性が高まっている。<br><br>これを受け、フランス代表としての実績もあるマルシャルの新天地に浮上するのが、チェルシーとバイエルン。今夏にエースのエデン・アザールがレアル・マドリーに移籍することが濃厚と考えられているロンドンのチームは、ウィンガーとしてプレーできる22歳の同選手に興味を寄せ、同じく関心を持つブンデスリーガ王者との争奪戦に発展する可能性が高まっているようだ。<br><br>しかし、マルシャルの残留を望むユナイテッドが設定する売却額は1億ユーロ(約131億円)。両クラブともこの条件には現段階で手が届いていないが、新たなウィンガーを望むモウリーニョ監督はフランス人選手の売却を強く望んでいるとも考えられている。<br><br>ユナイテッドから離れることを希望するマルシャルは、チェルシーやバイエルンに新天地を求めることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 19:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、古巣から選手引き抜きを狙うサッリ前監督に不快感「チームを解体しようとしていた」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、チェルシーのマウリツィオ・サッリ新監督が全選手を奪おうとしていたと批判した。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。<br><br>ナポリを昨シーズンまで率いていたサッリは、先日アントニオ・コンテ氏を解任したチェルシーの新監督に就任。そして、サッリの後任としてカルロ・アンチェロッティがナポリの指揮官に就任することとなった。<br><br>ナポリの会長は前指揮官が退任時に「お互いミスを犯した」と発言したことに対し、「私は何一つミスを犯したつもりはない」と反論。さらに、同監督が選手に対して許せない態度を取っていたと暴露している。<br><br>「彼とは契約が残っていたから何かを言うことができた。なぜなら彼は自分の好みではない選手に対し許容できない態度を取っていたからだ」<br><br>「選手は彼のために多くを費やしてきた。彼の有名なトレーニングは選手たちをとても追い込んでいたからね。それでも選手たちをよくやっていたさ」<br><br>チェルシーの監督に就任したサッリは早速、古巣からジョルジーニョを補強。ラウレンティス氏は全選手を新天地に連れて行こうとしていたと語り、その問題についてチェルシーのグラノフスカヤTD(テクニカル・ディレクター)と話をしたことを明かした。<br><br>「サッリは我々の選手全員をイングランドに連れて行き、チームを解体することを望んでいた。そのため、マリーナには強く注意する必要があった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏ミラン加入もチェルシー移籍報道にレイナ「サッリに愛着あるが可能性に過ぎない」

ミランのGKペペ・レイナことホセ・マヌエル・レイナは22日、話題に上がっているチェルシー移籍についてコメントを残した。『Goal』の取材により明らかになった。<br><br>レイナは2017-18シーズン限りで3年間所属した古巣のナポリを退団し、ミランにフリーで加入した。しかし、ナポリの恩師であるマウリツィオ・サッリがチェルシー指揮官に就任したことで、チェルシー移籍の可能性が取りざたされている。ロシア・ワールドカップで活躍したベルギー代表GKティボー・クルトワが退団した場合に備え、サッリの&ldquo;愛弟子&rdquo;であるレイナが獲得候補になっている。<br><br>インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)が行われる米国へ向けて出発する際、レイナはミラノのリナーテ空港で取材に応じ、コメントを残している。<br><br>「(チェルシー移籍は)可能性に過ぎない。僕はこの数日間、このチームに適応し、楽しむことだけを考えたい。サッリ? 僕に多くを与えてくれた監督であり、愛着を感じている。彼の幸運を祈っている」<br><br>ミランには、19歳の守護神GKジャンルイジ・ドンナルンマと、兄のGKアントニオ・ドンナルンマが所属しており、2人とポジション争いをすることになる。<br><br>「2人とは以前から良い関係を築けているし、面白いシーズンになるだろう。僕らは非常に重要なクラブに所属していて、3人ともトップのGKであると感じている。3人とも最善を尽くし、決断は監督に託される。新シーズンへ向けてモチベーションは高い。とても幸せだ。チームの成長に自分も貢献したい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「僕は引退しない」ジョン・テリー、現役続行を宣言

▽元イングランド代表DFジョン・テリー(37)は、まだまだ引退を考えていないようだ。 ▽1998年にチェルシーでプロデビューし、長年イングランドの第一線で活躍してきたテリーは、昨シーズンからアストン・ビラでプレー。キャリア晩年を迎えながらもチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で32試合に出場し、チームを昇格プレーオフトまで導いた。 ▽今年6月にアストン・ビラを退団して以降、未だに新天地が決まっていないテリーに関して、多くのメディアが引退してコメンテーターに転身するのではないかという憶測をめぐらせていた。 ▽しかし、同選手は23日に自身のインスタグラムを更新し、「これだけははっきり言える。僕は引退しない」と、噂を否定。そんな37歳テリーには、古巣チェルシーがコーチとしての復帰を考慮しているという報道もあるが、果たして新たな戦いの舞台はどこになるのだろうか。 2018.07.23 14:37 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース