モラタ1G1Aもケイヒル&セスク退場の昨季王者チェルシーが黒星スタート…《プレミアリーグ》2017.08.13 01:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは12日、スタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ開幕節でバーンリーと対戦し、2-3で敗戦した。

▽昨シーズン、圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したチェルシーは連覇が懸かる今シーズンの開幕戦で昨季16位のバーンリーをホームに迎えた。今季最初の公式戦となったアーセナルとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に落としたチェルシーは、その試合から先発2人を変更。負傷したペドロと昨季FAカップ決勝で退場したモーゼスが出場停止で欠場となり、新戦力リュディガーとアカデミー出身の若手ボガがスタメン入り。

▽GKにはクルトワ、3バックにリュディガーとダビド・ルイス、ケイヒル。中盤は右からアスピリクエタ、セスク、カンテ、マルコス・アロンソ。3トップはボガ、ウィリアン、バチュアイが並んだ。なお、レアル・マドリーからの新戦力モラタはベンチスタートとなり、エースのアザールはケガのためベンチ外となった。

▽プレシーズンは低調も昨季圧倒的な強さを誇ったホームにアウェイ最弱のバーンリーを迎えたため、昨季王者の優位は揺るがないかと思われたが、予想だにしない展開が待っていた。

▽拮抗した立ち上がりの14分、勢い余って相手MFデフールに足裏を見せたタックルを見舞ったケイヒルにレッドカードが掲示され、チェルシーは新キャプテンをわずか10分ちょっとで失うことになった。

▽コミュニティー・シールドに続く2試合連続の一発退場劇で苦しい立ち上がりとなったチェルシーは、18分にFWボガを下げてDFクリステンセンを投入。だが、数的優位で押し込まれ始めると、24分にはロートンの右クロスをゴール前のボークスに泥臭いボレーで流し込まれ、先制点を奪われた。

▽すぐさま反撃に出るチェルシーだが、プレシーズンの不調を引きずってなかなか思うようなプレーができない。すると、前半終盤にかけて悪夢の連続失点を喫する。39分、コークとのパス交換でボックス左に抜け出したウォードに強烈な左足のシュートをファーポストに突き刺される。さらに43分にはセットプレーの場面でデフールのクロスに対して、リュディガーとD・ルイスの動きが重なってフリーにしたボークスにヘディングで叩き込まれ、まさかの3点ビハインドで前半を終えた。

▽迎えた後半、ハーフタイムで気持ちを切り替えたチェルシーは、立ち上がりの49分にマルコス・アロンソの強烈なミドルシュートで相手GKを脅かすなど、数的不利を感じさせない攻撃でゴールに迫る。さらに59分にはバチュアイを下げてモラタをデビューさせる。

▽すると、この交代策がゴールをもたらす。69分、右サイドでキープしたウィリアンのクロスに絶妙な動き出しでオフサイドラインを破ったモラタがダイビングヘッドで合わせ、新エース候補のデビュー弾で反撃の狼煙を上げる。

▽ここから猛攻に転じるチェルシーは、73分にも右サイドのクリステンセンがグラウンダーで入れたクロスをゴール前のモラタが押し込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。すると81分には相手選手へのレイトチャージで2枚目の警告を受けたセスクが、ケイヒルに続いて退場処分に。

▽この退場で9人での戦いを強いられたチェルシーだが、昨季王者のプライドか、試合終盤にかけて圧巻の攻撃を見せる。88分、アスピリクエタのフィードを前線のモラタが頭でゴール前に流すと、これに反応したD・ルイスが冷静に流し込み、1点差に迫る。その後もリスクを冒した攻撃でチャンスを作ったホームチームだが、試合はこのまま2-3のスコアでタイムアップ。

▽9人での戦いを強いられた中、モラタの1ゴール1アシストで意地を見せたチェルシーだが、ホームでのリーグ開幕戦で格下相手に痛恨の敗戦となった。なお、公式戦連敗と苦しい状況が続くチェルシーはセスクとケイヒルを出場停止で欠く中、次節昨季2位トッテナムとの重要な一戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

マルコス・アロンソ「バルサへの恐怖心はない」ミスを悔やむもセカンドレグへ自信

チェルシーのDFマルコス・アロンソは、バルセロナに対する恐怖心はないと話している。<br><br>20日に行われたチャンピオンズリーグ ラウンド16ファーストレグでチェルシーはホームでバルセロナと対戦。ウィリアンのゴールで先制点を奪ったチェルシーだが、その後同点に追いつかれ、1-1のドローで終わった。この結果、チェルシーは準々決勝進出のために敵地でのセカンドレグに勝利するか2得点以上でのドローが求められる。<br><br>1-1のドローの結果に、アロンソは「僕たちに恐れはない」と主張。続けて「今はもうプレミアリーグの重要な試合に向けて準備を進めなければならない。僕たちはここでの試合のように良い試合を演じられるようにしなければならない」と語った。<br><br>「試合を支配できたし、上手く守れてもいた。勝利できなかったことに少しばかりがっかりしているけれど、ポジティブな要素はいくつかあったと思う。バルセロナのようなビッグクラブ相手にでも十分に戦えることを証明できたと思う。あのミスがなければ完璧な試合だったが、あのようなことは誰にでも起こり得る。次のバルセロナ戦はより難しくなると思うが、最後まで戦うつもりだ」<br><br>また、同点ゴールにつながるパスミスを犯したアンドレアス・クリステンセンについて「彼は大丈夫だ」とコメント。さらに「チェルシーにとっては最高のシーズンではないが、彼は良いシーズンを送っている」と21歳のDFを称賛し、落ち込むようなミスではないと擁護した。<br><br>1-1のドローで迎えるセカンドレグは3月14日にバルセロナのホーム、カンプ・ノウで行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.22 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「チームを変えた方がいい」デニス・ワイズ氏がユナイテッドのヤングスターに助言

▽元イングランド代表MFデニス・ワイズ氏が、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードにある助言を送っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽現役時代はチェルシーでも活躍したワイズ氏。そのチェルシーが25日に行われるプレミアリーグ第28節のユナイテッド戦を控えていることを受け、同氏はユナイテッドについて言及。その中でも、現在2番手、3番手に甘んじているラッシュフォードにアドバイスを送っている。 ▽ユナイテッドのアカデミー育ちであるラッシュフォードは2015-16シーズンのヨーロッパ・リーグのミッティラン戦でトップチーム初出場を果たすと、いきなり2ゴールを挙げ衝撃デビューを飾った。昨シーズンから本格的にトップチームに定着した同選手だが、途中出場が多く、今冬にチリ代表FWアレクシス・サンチェスが加入してからは、出場時間はさらに減っている。 ▽そのような状況から、ワイズ氏は「ラッシュフォードはチームを変えた方がいい」と助言。以下のように続けている。 「ある段階で、彼がレギュラーを勝ち取ることが出来なかった場合、状況はより厳しいものになる。(ユナイテッドには)高いクオリティを持った選手がたくさんいる。(ロメル・)ルカクとポジションを奪い合うのは現実的ではない」 「ルカクが良いパフォーマンスを見せている訳ではないが、アレクシス・サンチェスも含めて、彼らは(ジョゼ・)モウリーニョが獲得した選手だ。問題はユナイテッドがラッシュフォードをどのポジションに起用するかだ」 「ラッシュフォードはプレー機会を求めているからどんなポジションだって受け入れる。だが、そのチャンスを生かすことが出来なければ、よりベンチに座っている時間は増えるだろう」 2018.02.22 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

モラタ、盗みを働く

▽チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタが盗みを働いている衝撃的な映像が公開された。 ▽チェルシーは20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメントでバルセロナと対戦した。モラタはその試合で83分から途中出場。しかし、ゴールは生まれず、試合は1-1のドローとなった。 ▽事が起こったのは試合後のこと。『YahooSportUK』がツイッター(@YahooSportUK)にアップした映像によると、チームメイトのFWペドロがインタビューに応えている隙に、モラタはペドロのリュックから車のカギを盗み出したのだ。 ▽笑顔で盗みを働くモラタ。これは常習犯に違いない。慣れた手つきでペドロのカバンから盗み出したモラタだが、ピッチの上では今年に入って未だノーゴール。車のカギよりもゴールを盗んで欲しいものだ。 2018.02.22 15:02 Thu
twitterfacebook
thumb

「誤解を生んでしまった」クルトワ、『僕の心はマドリッドにある』発言を釈明

▽チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)が、退団を希望していると解釈された自身の発言について釈明している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2011年から2014年までアトレティコ・マドリーへレンタルで移籍し、チェルシー復帰後守護神として君臨するクルトワ。チェルシーとの契約が来季限りとなっており、現在契約延長に向けた交渉が行われているが、進展していないとみられている。そんな中、かねてよりレアル・マドリーからの関心が伝えられているが、クルトワは先日『僕の心はマドリッドにある』と発言したことで、移籍を希望していると報じられた。 ▽しかし、クルトワは先日の発言が誤解されたものであると釈明。チェルシーでの生活に満足感を示し、契約延長への話し合いが継続していることを明かしている。 「将来についてハッキリしていないし、『僕の心はマドリッドにある』という僕の発言も誤解を生んでしまった。スペインのマドリッドには僕の息子が2人いる。そのような状況は簡単ではないんだ」 「ここでの契約もあと1年残っている。チェルシーで幸せだし、交渉も続けているんだ」 「彼らは僕がここに来た瞬間から信頼してくれた。それは忘れることはできないよ」 「フロレンティーノ・ペレスが僕に電話をしてくるとは思わない。僕の代理人に電話をすれば、彼がその話を聞くだろうね」 2018.02.22 11:21 Thu
twitterfacebook
thumb

ジルー「ドルトムントが最も興味深いオファーだった」…それでもチェルシーを選んだ理由とは

▽デッドライン・デイにアーセナルからチェルシーに完全移籍したフランス代表FWオリヴィエ・ジルーがアーセナル退団の理由を告白している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽2012年夏にモンペリエからアーセナルに加入したジルーは、以降5シーズンに渡ってレギュラーとして活躍。昨シーズンには先発回数が減ったものの、高い得点力を発揮してチームに貢献していた。しかし、今シーズンは昨年の夏にフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが加入したこともあり、ポジションを失っていた。さらに1月31日にはガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがドルトムントから加入。ジルーは同日に1800万ポンド(約26億8900万円)でチェルシーへ移籍した。 ▽チェルシー加入後ここまで公式戦3試合1ゴール3アシストを記録しているジルーは、「プレーすることで幸せになりたかった」アーセナル退団の理由を明かした。また、ドルトムントからも熱烈なオファーがあったことを認め、それでもチェルシーを選択した訳を告白している。 「アーセナルでは明らかにイライラしていたよ。1年間半でますますひどくなった。僕はそれを続けることができなかったし、もう1年アーセナルのサブや3番手として過ごすことはできなかった」 「新たなストライカー(オーバメヤン)の加入で自分の未来が暗く見えた。再びプレーすることで幸せになりたかったんだ。だから僕はチームを去った。単純なことだよ」 「最も簡単な解決案は、ドルトムントに行くことだったんだ。アーセナルはドルトムント同様にそれが幸せだったし、金銭的な話でも最も興味深いオファーだった。チェルシーも素晴らしいオファーだったけど、ドルトムントはとても僕を欲しがってくれた」 「しかし、長引いてしまった。3人目の子どもが生まれたばかりでストレスもあった。それがドルトムントに行きたくなかった理由でもあるんだ」 「息子と4カ月会えずにやっていけるかどうかわからなかった。困難に立ち向かうためには彼らが必要だったんだよ」 2018.02.22 10:04 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース