モラタ1G1Aもケイヒル&セスク退場の昨季王者チェルシーが黒星スタート…《プレミアリーグ》2017.08.13 01:14 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは12日、スタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ開幕節でバーンリーと対戦し、2-3で敗戦した。

▽昨シーズン、圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したチェルシーは連覇が懸かる今シーズンの開幕戦で昨季16位のバーンリーをホームに迎えた。今季最初の公式戦となったアーセナルとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に落としたチェルシーは、その試合から先発2人を変更。負傷したペドロと昨季FAカップ決勝で退場したモーゼスが出場停止で欠場となり、新戦力リュディガーとアカデミー出身の若手ボガがスタメン入り。

▽GKにはクルトワ、3バックにリュディガーとダビド・ルイス、ケイヒル。中盤は右からアスピリクエタ、セスク、カンテ、マルコス・アロンソ。3トップはボガ、ウィリアン、バチュアイが並んだ。なお、レアル・マドリーからの新戦力モラタはベンチスタートとなり、エースのアザールはケガのためベンチ外となった。

▽プレシーズンは低調も昨季圧倒的な強さを誇ったホームにアウェイ最弱のバーンリーを迎えたため、昨季王者の優位は揺るがないかと思われたが、予想だにしない展開が待っていた。

▽拮抗した立ち上がりの14分、勢い余って相手MFデフールに足裏を見せたタックルを見舞ったケイヒルにレッドカードが掲示され、チェルシーは新キャプテンをわずか10分ちょっとで失うことになった。

▽コミュニティー・シールドに続く2試合連続の一発退場劇で苦しい立ち上がりとなったチェルシーは、18分にFWボガを下げてDFクリステンセンを投入。だが、数的優位で押し込まれ始めると、24分にはロートンの右クロスをゴール前のボークスに泥臭いボレーで流し込まれ、先制点を奪われた。

▽すぐさま反撃に出るチェルシーだが、プレシーズンの不調を引きずってなかなか思うようなプレーができない。すると、前半終盤にかけて悪夢の連続失点を喫する。39分、コークとのパス交換でボックス左に抜け出したウォードに強烈な左足のシュートをファーポストに突き刺される。さらに43分にはセットプレーの場面でデフールのクロスに対して、リュディガーとD・ルイスの動きが重なってフリーにしたボークスにヘディングで叩き込まれ、まさかの3点ビハインドで前半を終えた。

▽迎えた後半、ハーフタイムで気持ちを切り替えたチェルシーは、立ち上がりの49分にマルコス・アロンソの強烈なミドルシュートで相手GKを脅かすなど、数的不利を感じさせない攻撃でゴールに迫る。さらに59分にはバチュアイを下げてモラタをデビューさせる。

▽すると、この交代策がゴールをもたらす。69分、右サイドでキープしたウィリアンのクロスに絶妙な動き出しでオフサイドラインを破ったモラタがダイビングヘッドで合わせ、新エース候補のデビュー弾で反撃の狼煙を上げる。

▽ここから猛攻に転じるチェルシーは、73分にも右サイドのクリステンセンがグラウンダーで入れたクロスをゴール前のモラタが押し込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。すると81分には相手選手へのレイトチャージで2枚目の警告を受けたセスクが、ケイヒルに続いて退場処分に。

▽この退場で9人での戦いを強いられたチェルシーだが、昨季王者のプライドか、試合終盤にかけて圧巻の攻撃を見せる。88分、アスピリクエタのフィードを前線のモラタが頭でゴール前に流すと、これに反応したD・ルイスが冷静に流し込み、1点差に迫る。その後もリスクを冒した攻撃でチャンスを作ったホームチームだが、試合はこのまま2-3のスコアでタイムアップ。

▽9人での戦いを強いられた中、モラタの1ゴール1アシストで意地を見せたチェルシーだが、ホームでのリーグ開幕戦で格下相手に痛恨の敗戦となった。なお、公式戦連敗と苦しい状況が続くチェルシーはセスクとケイヒルを出場停止で欠く中、次節昨季2位トッテナムとの重要な一戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

ルイス・エンリケ、チェルシー就任準備か チェルシーOB「すでに英語を学んでいる」

▽現役時代にバルセロナとチェルシーでプレーしたアルベルト・フェレール氏は、元バルセロナ指揮官ルイス・エンリケ氏がチェルシーの監督就任へ準備をしていることを明かしている。イギリス『デイリー・スター』が伝えた。 ▽昨シーズンから補強面でクラブとの意見が相違し、フロント陣との軋轢が伝えられるアントニオ・コンテ監督には現在、今シーズン限りでの退団が囁かれている。また、シーズン終了を待たずに解任する可能性もあるようで、後任には昨シーズンまでバルセロナで指揮していたルイス・エンリケ氏の名が浮上している。 ▽そんな中、現役時代にバルセロナとチェルシーでプレーしていたフェレール氏は、バルセロナでチームメイトであったルイス・エンリケ氏がチェルシー指揮官の後任として最適であると主張。また、すでに同氏が英語を勉強していることを明かした。 「ルチョ(ルイス・エンリケ)はエルネスト・バルベルデ監督は違ったタイプの監督だ。バルセロナで素晴らしい時期を過ごし、偉大であることはセルタでも証明していた」 「指揮官の彼は、チームをよりアグレッシブに、そして献身的にしようとする。私は彼がチェルシーに完璧にフィットすると思っている。スペインの選手も数人いるしね」 「英語を話すことは重要だよ。考えを伝えたりするためにもね。ただ、ルチョはすでに英語を学んでいる」 「私は以前よりも(リーガエスパニョーラからプレミアリーグへの)適応がとても簡単になっている思う。彼がチェルシーに行けば、成功することは確実だろうね」 2018.02.18 10:54 Sun
twitterfacebook
thumb

準々決勝の対戦カード決定! 岡崎レスターvsチェルシー! 吉田セインツはシティ濃厚に《FAカップ》

▽イングランドサッカー協会(FA)は17日、FAカップ準々決勝の組み合わせ抽選会を行った。 ▽今週末に開催中の準々決勝では金曜開催の試合でFW岡崎慎司が所属するレスター・シティとチェルシーが、それぞれシェフィールド・ユナイテッドとハル・シティというチャンピオンシップ(イングランド2部)のクラブに勝利した。 ▽そして、奇しくも準々決勝ではそのレスター・シティとチェルシーという、ここ2シーズンのプレミアリーグ王者同士が対戦することになった。 ▽また、17日に開催された試合ではマンチェスター・ユナイテッドがFWロメル・ルカクの2ゴールでハダースフィールドとのプレミアリーグ勢対決に2-0で勝利した。そのユナイテッドは、同日行われた試合で4部のコヴェントリー・シティに3-1で勝利したブライトン&ホーヴ・アルビオンと、再びプレミアリーグ勢対決に臨むことになった。 ▽さらに、DF吉田麻也はベンチ外となったものの、WBAとのプレミアリーグ勢対決を2-1で制したサウサンプトンは、19日に行われるウィガン(3部)とマンチェスター・シティの勝者との対戦が決定した。 ▽残されたもう1つのカードでは、18日に控えるロッチデール(3部)vsトッテナムの勝者と、17日に行われて0-0の引き分けとなったシェフィールド・ウェンズデイ(2部)vsスウォンジーの再試合の勝者が対戦する。 ▽なお、FAカップ準々決勝は3月16~19日に行われる予定だ。FAカップ準々決勝対戦カードは以下の通り。 ◆FAカップ準々決勝対戦カード ※左がホーム シェフィールド・Worスウォンジー vs ロッチデールorトッテナム マンチェスター・ユナイテッド vs ブライトン レスター・シティ vs チェルシー ウィガンorマンチェスター・シティ vs サウサンプトン 2018.02.18 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトで3戦5発バチュアイ、チェルシーでの苦境に言及「ゴール、ベンチ、ゴール、ベンチ…」

ベルギー代表FWのミヒ―・バチュアイはドルトムントに加入してからの公式戦3試合で5ゴールを挙げている。申し分ない決定力を示すストライカーは、ベルギー『スポルツァ』で、所属元のチェルシーでの苦しい状況について言及した。<br><br>2016年夏にマルセイユからチェルシーへと渡ったバチュアイはイングランドでは53試合に出場し19ゴールをマーク。だが、プレミアリーグでは1年半で出場した32試合(7ゴール)のうち先発は4試合とアントニオ・コンテ監督の信頼を勝ち取ることができなかった。<br><br>そして、この冬に買い取りオプションなしのレンタルといった格好でドルトムントに送り出されたバチュアイは、新天地ではチームの3連勝に大きく貢献。2ゴールで逆転勝利(3-2)の立役者となった15日のアタランタ戦後、『スポルツァ』に対して次のようなコメントを残した。<br><br>「チェルシーでは良い日々を過ごせなかったね。ここではチームメイトやファンたちに好感触を得ている。素晴らしい形で迎えられたね。ドルトムントで自信を加えるのは良いことだと思う」<br><br>「ベンチに座り、(出場して)ゴールを決め、ベンチに座り、またゴールを決めても最終的にはベンチに座るのはとても難しい。若い選手は成長するために、たくさんプレーすることが必要なのでね。ここではみんなに信頼され、完璧だよ」<br><br>「コンテ監督はアタランタ戦でのプレーを見たと思うか」と問われると笑いながら「分からないよ」と返すバチュアイ。「彼らはプレミアリーグに集中しており、来週にはチャンピオンズリーグでの(バルセロナとの)大事な試合に臨む。彼らにとってうまくいくことを祈っているよ」と恨み節を口にすることはなかった。<br><br>大きな目標はベルギー代表としてのロシア・ワールドカップ(W杯)への出場となる24歳のFWだが、「赤い悪魔(ベルギー代表チームの愛称)にはたくさんの優れたアタッカーがいるのでね。僕を含めて、誰もがW杯に出たがっている。なので、(ロベルト・マルティネス)監督にアピールしなければね」と意気込みを示している。<br><br>ドルトムントで最高な形のスタートを切ったバチュアイ。ゴールを決める度、完全移籍での獲得に向けた交渉は難しくなると考えられるが、現時点においてはドルトムントにとっても選手にとってもウィン・ウィンの関係と言えるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 23:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ戦を控えるチェルシー、撃破経験のある控えGKが明かす秘策とは…

20日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでバルセロナとの対戦を控えるチェルシー。GKウィリー・カバジェロは、ラ・リーガでプレー経験がある選手が多くいることがバルセロナ攻略に有利に働くと明かした。<br><br>16日に行われたFAカップ5回戦ハル・シティ戦でPKを止めるなどの活躍をしたカバジェロ。バルセロナ戦ではベンチスタートが有力だが、マンチェスター・シティ所属時にはバルセロナに勝利した経験のあるベテランGKは試合後に次のように語った。<br><br>「メッシは予想不可能だ。テレビで試合を見ているとコメンテーターは『彼はこうするだろう』と言うかもしれない。しかし、彼は人が思うよりも早く、上手く、より予測不能にプレーするんだ。彼をコントロールするのは非常に大変だと思うよ。それはゴールキーパーだけの話ではない。チーム全体の話だ。どのようにプレーするかを決めるのは監督だけどね。でもバルセロナでプレー経験のあるペドロ(ロドリゲス)、セスク(ファブレガス)がいるから、彼らのスタイルについては多くを話し合う必要はないだろう」<br><br>「ラ・リーガでプレー経験のある選手はバルセロナについて十分過ぎるほど知っている。選手や監督が入れ替わるというのは関係ないんだ。彼らのスタイルは常に同じだ。それは彼らを攻略する方法も同じだと言うことだ。火曜日はベンチにいることになるだろうけど、バルセロナを倒す方法を伝えることはできると思うよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 20:24 Sat
twitterfacebook
thumb

ケイヒル「胸が張り裂けるような思い」メイソンの引退を受け心境を吐露

チェルシーのDFガリー・ケイヒルは、頭蓋骨骨折の影響で早期引退を余儀なくされたライアン・メイソンに向けてメッセージを綴った。<br><br>昨年1月のチェルシー対ハル・シティ戦でケイヒルと衝突したメイソンは頭蓋骨骨折の重傷を負う。その後、13カ月に渡り復帰を目指してトレーニングに励んできたメイソンだったが、13日に現役から退くことを決意。16日に行われたFAカップ5回戦でメイソンの古巣ハル・シティと対戦したケイヒルは、マッチプログラムで胸の内を綴っている。<br><br>「今週にライアン・メイソンがプロフットボーラーとしてのキャリアを終えたことを聞いて大きなショックを受けている。若くして引退を決意することは想像できないほどのことだ。このニュースを耳にした時は胸が張り裂けるような思いだった」<br><br>「ライアンはとても良いヤツで、イングランド代表で一緒にトレーニングを積んだ仲だ。浮いたボールの競り合いでは度々起きることだが、まさかこのような結末を迎えるとは予想だにしなかった。想像以上に重大なことが起きてしまった結果で、健康を考えた上で最善の決断だったと思う」<br><br>「ライアンと彼の家族のこれからのことを祈っている。人生で一番重要なことは健康で、次にどのような道に進もうと彼なら必ず成功できると僕は信じている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 15:28 Sat
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース