武藤が今季初弾を含む2ゴールでマインツ快勝、鎌田&長谷部先発の10人フランクフルトも快勝《DFBポカール》2017.08.13 00:53 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽DFBポカール1回戦が12日にドイツ各地で行われた。マインツはリューネブルクとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利している。FW武藤嘉人は72分までプレーし、2ゴールを決めた。

▽試合は13分にゴールエリア左に抜け出した味方の丁寧な浮き球クロスをファーサイドの武藤が頭で押し込んでマインツが先制する。

▽その後、同点とされたマインツだったが、前半終了間際にブロジンスキのPKで勝ち越すと、60分に武藤がこの試合2点目を決めて3-1と突き放す。左サイドからのクロスを受けた武藤は反転から右足でゴール左にシュートを流し込んだ。そのまま逃げ切ったマインツが武藤の活躍で初戦を突破している。

▽また、MF長谷部誠とMF鎌田大地が先発したフランクフルトは、エルンテブリュックとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。22分に味方DFが退場するアクシデントに見舞われたものの、フランクフルトは35分にチャンドラーのゴールで先制する。

▽そして1-0とリードしたまま迎えた72分に鎌田が左サイドで起点となってアラーのラストパスをガチノビッチが決めてリードを広げると、直後に鎌田を交代させる。それでも76分に長谷部のロングパスを起点にダメ押しのゴールをアラーが決めて10人のフランクフルトが初戦を勝ち上がっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴォルフスブルクのM・シュミット監督が辞任、途中就任で19戦3勝と苦戦

▽ヴォルフスブルクは19日、マルティン・シュミット監督(50)が辞任したことを発表した。 ▽マインツを3シーズン連続で残留に導く手腕を発揮していたオーストリア人指揮官のM・シュミット監督は、昨季終了後にマインツの指揮官を辞任しフリーとなっていた。そして、昨年9月にアンドリース・ヨンカー前監督の解任を受けてヴォルフスブルクの指揮官に就任。しかし、チームを立て直すには至らず、3勝11分け5敗の14位で、残留プレーオフに回らなければならない16位マインツとは1ポイント差と苦戦していた。 ▽マインツ時代にはFW武藤嘉紀を指導し、2015-16シーズンには6位に導くなど手腕を評価されていた。 2018.02.20 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤途中出場のマインツ、クアイソンのドッペルパックでヘルタに快勝! 連敗を3で止める《ブンデスリーガ》

▽マインツは16日、ブンデスリーガ第23節でヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦し、2-0で快勝した。マインツのFW武藤嘉紀は68分から出場している。 ▽前節ホッフェンハイム戦を2-4で敗戦し、3連敗となった16位マインツ(勝ち点20)は、武藤が7試合ぶりにスタメンを外れ、ベンチスタートとなった。 ▽前節レバークーゼン戦を2-0で勝利して5戦ぶりの白星を飾った11位ヘルタ(勝ち点30)に対し、押し込まれる入りとなったマインツだったが、14分に最初の決定機を迎える。ベルのロングフィードを受けたベルグレーンがボックス左に侵入してシュート。しかし、GKヤルシュテインの好守に防がれた。 ▽16分に負傷したイビセビッチがプレー続行不可能となってゼルケを投入したヘルタに対し、マインツは22分にも決定機。ロングボールに抜け出したボックス内のクアイソンがヘディング。ループ気味に放ったシュートだったが、ここもGKヤルシュテインに阻まれた。 ▽29分には左CKからベルが際どいヘディングシュートを浴びせたマインツは、40分に先制する。バイタルエリアでボールを受けたクアイソンが仕掛けてボックス手前からミドルシュート。これがゴール左に決まり、前半を1点リードして終えた。 ▽迎えた後半も自陣に引きながらヘルタの攻撃を跳ね返すマインツは、59分にラツァのミドルシュートで牽制。主導権を渡さずにいると65分、ガバミンのロングフィードに抜け出したクアイソンがボックス左に侵入。GKとの一対一を制し、リードを2点に広げた。 ▽勝勢となったマインツは68分、クアイソンに代えて武藤を投入。すると74分、武藤のスルーパスに抜け出したホルトマンがボックス内に侵入。しかし、GKとの一対一を決めきれなかった。それでも、2点のリードで余裕を持った試合終盤を過ごしたマインツが快勝。連敗を3で止め、暫定ながら残留圏内の15位ブレーメンに勝ち点で並んでいる。 2018.02.17 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

関西のオバチャンか! 長谷部出場DFBポカール準々決勝で主審が試合中に「選手に飴ちゃんいる?」

▽今月7日に行われたDFBポカール準々決勝、フランクフルトvsマインツで主審を務めたデニス・アイテキン氏のある行動が大きな話題となっている。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽フランクフルトMF鎌田大地、マインツFW武藤嘉紀は欠場したものの、フランクフルトMF長谷部がフル出場した同試合は、ホームのフランクフルトが3-0で快勝しベスト4進出を決めていた。 ▽その一方で、同試合の立ち上がりには試合を裁いたアイテキン氏によるお茶目な行動が話題を集めていた。試合序盤にアウェイのマインツサポーターはピッチに向けて一斉に小さな物体を投げ入れていた。この投擲物の確認しに行ったアイテキン氏は、それがキャンディであることを確認した。 ▽そして、同主審は事もあろうに衛生面の不確かなそのキャンディを口に入れて、それが本物のキャンディであることを確認。さらに、近くにいたフランクフルトMFマリウス・ヴォルフ、マインツMFナイジェル・デ・ヨングに対しても、「このアメいる?」と勧めていた。 ▽アイテキン氏は一連のやり取りを以下のように振り返っている。 「マインツの観客席から、何かがまとめてピッチに投げ込まれたのが見えたんだ。最初はゴミか何かだと思ったが、そこにいたマインツのファンはとても楽しんでいる感じだった。それで試合を一旦ストップして、投げ込まれたコーナーへと向かった。何が起こっているのか知りたかったんだ」 「確認するため、試しに口に入れてみたよ。それは食べたことのあるキャンディだった。うちの子供も食べているもので、レモン味を舐めたよ」 「(選手に勧めるも拒否された件に関して)たぶん、そんなことを言われるなんて想像していなかったんじゃないかな。通常、主審からもらえるのは、イエローカードかレッドカードで、キャンディではないからね。ただ、私にとってもこれは初めての出来事だったよ」 ▽190cmを超える長身に加え、強面のアイテキン氏は国際サッカー連盟(FIFA)の主要大会でも笛を吹くドイツ屈指のレフェリーだ。そのアイテキン氏の衛生面を顧みない破天荒な味見、関西のオバチャンばりの「兄ちゃん、飴ちゃんいるか?」の発言に、多くのブンデスリーガファンはより親近感を覚えたことだろう。 2018.02.14 02:47 Wed
twitterfacebook
thumb

武藤フル出場のマインツ、ホッフェンハイムとの打ち合いに敗れて3連敗《ブンデスリーガ》

▽マインツは10日、ブンデスリーガ第22節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、2-4で敗戦した。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場している。 ▽前節バイエルン戦を0-2で落とした16位マインツ(勝ち点20)は、武藤が2トップの一角で6試合連続スタメンとなった。 ▽5試合勝利のない9位ホッフェンハイム(勝ち点28)に対し、開始3分にサライにポスト直撃のボレーシュートを浴びたマインツは劣勢の中、15分にビッグチャンス。右サイドからのG・ドナーティのクロスを武藤が打点の高いヘッドで合わせる。しかし、シュートはわずかに枠の上を越えていった。 ▽ここから一進一退の攻防に持ち込んだマインツだったが、27分に先制を許す。ニャブリのスルーパスに抜け出したサライにシュートを流し込まれた。 ▽それでも直後の28分、マインツは左サイド低い位置からのブロシンスキのFKをベルグレーンが頭で合わせて同点に追いついた。 ▽ハーフタイムにかけて押し込まれたマインツは43分にピンチ。しかし、サライのヘディングシュートはバーを掠めて枠を外れていった。 ▽迎えた後半、58分にガイガーのシュートでゴールに迫られたマインツは60分、ベルグレーンのヘディングシュートで牽制。 ▽一進一退の攻防の中67分、マインツは勝ち越されてしまう。ボックス手前右からのFKがゴール前での混戦を生むと、ルーズボールを最後はクラマリッチに押し込まれた。さらに74分、カウンターからボックス右のサライにシュートを流し込まれたマインツは、ベルグレーンのこの試合2ゴール目で1点差に迫ったものの、88分に勝負を決定付けられた。 ▽ゴール正面で与えた約25mのFKをクラマリッチに直接ゴール左へ叩き込まれた。サライとクラマリッチにドッペルパックを許したマインツは打ち合いに敗れて敗戦。3連敗となっている。 2018.02.11 03:24 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルトがミス連発のマインツに快勝でベスト4進出! 武藤は欠場《DFBポカール》

▽DFBポカール準々決勝、フランクフルトvsマインツが7日に行われ、3-0でフランクフルトが快勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地とマインツのFW武藤嘉紀はベンチ外だった。 3回戦でハイデンハイムに勝利して準々決勝に進出したフランクフルトは、3日前に行われ0-3と完敗したアウグスブルク戦のスタメンから8選手を変更。デ・ヨングやウジャー、GKアトラーらが先発となり、武藤はベンチ外となった。 ▽一方、シュツットガルトに勝利して準々決勝に進出したマインツは、4日前に行われ0-2と敗れたバイエルン戦のスタメンから4選手を変更。長谷部やK・ボアテング、アラーらが引き続きスタメンとなった。 ▽長谷部が3バックの中央で先発したフランクフルトは、オープンな立ち上がりとなった中、まずは6分にヴォルフのシュートでゴールに迫る。さらに11分、CKからルスがヘディングシュートに持ち込むと、17分に勢いそのまま先制した。 ▽GKアトラーにレビッチが猛烈なプレスをかけてボールロストを誘発。ルーズボールを拾ったヴォルフのラストパスをゴール前のレビッチが難なく押し込んだ。 ▽先制後はフランクフルトが試合をコントロール。長谷部を中心にマインツに攻め手を与えず、時間を進めていった。 ▽迎えた後半、53分にフランクフルトが突き放す。左サイドからアラーが入れたグラウンダーのクロスをハックがクリアにかかると、ボールはゴール方向へ。GKアトラーが逆を突かれ、ゴールに吸い込まれていった。 ▽さらに62分、ゴール前のハックのボールロストをマスカレルが突いてボックス中央へ侵入。GKとの一対一をチップキックシュートで制した。 ▽勝負を決定付けたフランクフルトがヴォルフやレビッチといった主力を下げる余裕の采配を見せる中、82分にはファビアンを削ったラツァに一発レッドカードが提示されるなど、マインツは散々な状況に。 ▽結局、自滅したマインツに3-0で快勝したフランクフルトがベスト4進出を決めている。 2018.02.08 04:24 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース