武藤が今季初弾を含む2ゴールでマインツ快勝、鎌田&長谷部先発の10人フランクフルトも快勝《DFBポカール》2017.08.13 00:53 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽DFBポカール1回戦が12日にドイツ各地で行われた。マインツはリューネブルクとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利している。FW武藤嘉人は72分までプレーし、2ゴールを決めた。

▽試合は13分にゴールエリア左に抜け出した味方の丁寧な浮き球クロスをファーサイドの武藤が頭で押し込んでマインツが先制する。

▽その後、同点とされたマインツだったが、前半終了間際にブロジンスキのPKで勝ち越すと、60分に武藤がこの試合2点目を決めて3-1と突き放す。左サイドからのクロスを受けた武藤は反転から右足でゴール左にシュートを流し込んだ。そのまま逃げ切ったマインツが武藤の活躍で初戦を突破している。

▽また、MF長谷部誠とMF鎌田大地が先発したフランクフルトは、エルンテブリュックとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。22分に味方DFが退場するアクシデントに見舞われたものの、フランクフルトは35分にチャンドラーのゴールで先制する。

▽そして1-0とリードしたまま迎えた72分に鎌田が左サイドで起点となってアラーのラストパスをガチノビッチが決めてリードを広げると、直後に鎌田を交代させる。それでも76分に長谷部のロングパスを起点にダメ押しのゴールをアラーが決めて10人のフランクフルトが初戦を勝ち上がっている。

コメント

関連ニュース

thumb

武藤が今季4ゴール目もフュルクルクのハット許したマインツ逆転負け《ブンデスリーガ》

▽マインツは13日、ブンデスリーガ第18節でハノーファーとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。マインツのFW武藤嘉紀は81分までプレーし、今季4点目を記録している。 ▽前半戦最終戦となった前節ブレーメン戦を2-2の引き分けに持ち込んだ15位マインツ(勝ち点17)は、背中の負傷が癒えて5試合ぶりに前節復帰した武藤が[3-5-2]の2トップの一角で引き続きスタメンとなり、この冬に獲得したデ・ヨングが中盤のアンカーで先発となった。 ▽11位ハノーファー(勝ち点23)に対し、互角の攻防で立ち上がったマインツは、19分にピンチ。セットプレーからアントンのヘディングシュートを許したが、GKゼントナーがファインセーブで凌いだ。 ▽すると26分、武藤が先制ゴールを奪う。左クロスを受けたボックス中央の武藤が左足でボールをスライドし、DFを外して左足を振り抜くと、シュートがゴール右に決まった。 ▽武藤の今季4ゴール目で先制したマインツはさらに31分、右サイドからのFKをファーサイドのハックがヘディングシュートで流し込んで追加点を奪った。 ▽しかし33分に左CKからフュルクルクにヘディングシュートを決められて1点差に詰め寄られたマインツは、37分にデ・ヨングがボックス内のクラウスを倒してPKを献上。これをフュルクルクに決められ、試合を振り出しに戻されて前半を2-2で終えた。 ▽迎えた後半、56、58分と立て続けにフュルクルクに決定機を許したマインツは、68分に勝ち越しのチャンス。左CKからニアのハックがヘディングシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。 ▽すると75分に逆転される。シュートのルーズボールをボックス中央のフュルクルクに拾われて左足でネットを揺らされた。 ▽フュルクルクのハットトリックで2点差をひっくり返されたマインツは、武藤に代えてこの冬に獲得したウジャーを投入。すると84分、ドナーティのミドルシュートでゴールに迫るも、わずかに枠の左に外れた。このまま2-3で敗れたマインツは、6戦勝利から見放される格好となった。 2018.01.14 01:33 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀、マインツ新加入のライバルが定位置争いでリード?現地紙「週末の勝者はウジャー」

この冬にマインツに加わったFWアンソニー・ウジャーは、自己アピールに成功しているようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。<br><br>マインツは6日にスイスのザンクト・ガレンとテストマッチを行い、2-1で勝利を収めた。この一戦では、ウジャーがワントップで先発出場を果たし、後半開始直後にヘディング弾を決めてマインツ初ゴールを飾った。また60分にはウジャーの代わりに投入されたFWケナン・コドロが、決勝弾となるチーム2点目を挙げている。<br><br>その一方で日本代表FWの武藤嘉紀は、その翌日にホームで行われたボルシアMGとのテストマッチにフル出場。FWヴィクター・フィッシャーとともに最前線でプレーするもゴールを決めることはできず、チームは0-3の完敗を喫した。<br><br>この2試合について報じた『ビルト』は「週末の試合でマインツの勝者となったのはウジャー」と、ウジャーがレギュラー争いで一歩リードしたという見解を示す。また2戦目については「マインツのチャンスは武藤のヘディングシュート(65分)のみ。だがウジャーのライバルとなる日本人選手は、それ以外で見せ場をまったくつくれなかった」と記した。<br><br>マインツは13日のブンデスリーガ第18節で、敵地にてハノーファーと対戦。サンドロ・シュワルツ監督は新加入のウジャーを、いきなり先発で起用するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.08 22:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ガラタサライと契約解除のデ・ヨングが武藤嘉紀所属のマインツに加入

▽マインツは5日、元オランダ代表MFナイジェル・デ・ヨング(33)をフリーで獲得したことを発表した。契約はシーズン終了まで。 ▽アヤックスの下部組織出身であるデ・ヨングは、ハンブルガーSV、マンチェスター・シティ、ミランなどでプレー後、ロサンゼルス・ギャラクシーを経て、2016年夏にガラタサライへ移籍。2016-17シーズンこそリーグ戦18試合に出場していたが、今季は出場機会を得られていない状況だった。 ▽同日、ガラタサライとの契約解除が発表されていたデ・ヨングはマインツ加入に関して「僕はチームの青写真を描いている。彼らはとてもすばらしいチームで攻撃的なサッカーを見せている。チームの助けになれればと思っている。ブンデスリーガ復帰が待ち遠しいよ」とコメントしている。 ▽マインツには日本代表FW武藤嘉紀が所属。現在はリーグ戦15位と下位に位置しているため、後半戦に向けて日本代表ストライカーと元オランダ代表MFのコンビに期待したい。 2018.01.06 03:21 Sat
twitterfacebook
thumb

マインツ武藤嘉紀、飛躍を誓う「自分の限界を突破したい」

▽マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀が、新年の抱負を語った。 ▽武藤は2015年5月にFC東京からマインツに移籍。移籍初年度となった2015-16シーズンでは序盤から主力に定着してブンデスリーガで20試合7ゴール4アシストを記録するなど好成績を残していたものの、後半戦に負傷。以降、度重なる負傷に悩まされ、今シーズンもここまで公式戦16試合で5ゴール3アシストを記録しているが、昨年末には背中の負傷により欠場していた。 ▽日本代表としては昨年10月17日のキリンチャレンジカップのニュージーランド代表戦で2年ぶりの先発出場を果たしており、今年はロシア・ワールドカップが控えているだけに、クラブでの更なる飛躍と日本代表としての活躍に期待がかかる。 ▽そんな武藤は4日にドルトムントに所属する日本代表MF香川真司と撮影した写真と共にツイッター(@yoshimuto18)を更新。新年の挨拶と一緒に「自分の限界を突破したい」と意気込みを語った。 「明けましておめでとうございます!今年は自分の限界を突破したい」 「もう一段階成長するために何が必要なのか試行錯誤して毎日を全力で過ごしたいと思います! 皆さんにとっても素晴らしい年になりますように!」 2018.01.04 20:47 Thu
twitterfacebook
thumb

武藤同僚のスペイン人FWハイロがラス・パルマスに加入

▽ラス・パルマスは1日、マインツと契約解除していたハイロ・サンペリオ(24)と今季終了後まで契約を結んだことを発表した。 ▽ラシンやセビージャで活躍した後、2014年夏にマインツに加入したウインガーのハイロは、マインツで公式戦79試合に出場して12ゴール15アシストと活躍。しかし、今季はここまでブンデスリーガ2試合の出場に留まっていた。 ▽移籍先のラス・パルマスはリーガエスパニョーラで最下位に沈み、残留圏内の17位アラベスとは4ポイント差となっている。 2018.01.02 05:07 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース