サラーデビュー弾で一時逆転も土壇場被弾のリバプールが開幕ドロー《プレミアリーグ》2017.08.12 22:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは12日、ヴィカレージ・ロードで行われたプレミアリーグ開幕節でワトフォードと対戦し、3-3で引き分けた。

▽昨シーズンのリーグ戦を4位で終えたリバプールは、悲願のプレミア初タイトルを目指す今シーズンの開幕戦でマルコ・シウバ新監督を招へいした17位ワトフォードと対戦した。

▽注目の先発メンバーではGKにミニョレ、最終ラインにアーノルド、マティプ、ロブレン、アルベルト・モレーノ。中盤はアンカーにヘンダーソン、セントラルMFにカンとワイナルドゥム、3トップはフィルミノとマネに加えて、ローマからの新戦力サラーが入った。なお、バルセロナ移籍に向けてトランスファーリクエストを提出したといわれるコウチーニョは、腰のケガの影響でベンチ外となった。

▽一方、ホームで開幕戦を迎えたワトフォードは、オカカやゴメス、カブールといった昨季主力を先発に並べチェルシーからの新戦力チャロバーもスタメン入り。U-20ブラジル代表の逸材FWリシャルリソンは同じ新戦力DFキコと共にベンチスタートとなった。

▽プレシーズンで好調を保っていたリバプールが地力の差を生かして押し込む展開が予想されたが、ホームのワトフォードに押し込まれる入りとなる。開始7分にオカカのスルーパスに抜け出したロベルト・ペレイラにボックス左から際どいシュートを許して右CKを与える。すると、このCKの場面でホレバスのアウトスウィングのクロスをニアで完全にフリーにしたオカカに頭で合わされ、GKミニョレの手を弾いたボールがゴールネットを揺らした。

▽格下相手に苦戦した昨季の再現するように低調な入りとなったリバプールは、すぐさま反撃に出たいところだが、相手の連動したプレスや球際の勝負に苦戦して思うように攻撃の形を作れない。

▽その後、18分にヤンマートが負傷してキコを右サイドバックに投入するアクシデントがあったものの、ワトフォードペースは変わらず。それでも、プレミア屈指の攻撃力を誇るリバプールがワンチャンスを生かす。29分、ボックス手前左でキープしたマネを起点にモレーノの斜めの短いパスをカンがワンタッチでボックス左のスペースに流すと、これに抜け出したマネがゴール右上隅に右足のシュートを突き刺した。

▽この同点ゴールで一気にリバプールへ流れが傾くかに思われたが、緩い守備から瞬く間に勝ち越しゴールを許す。32分、自陣左サイドで与えたスローインの流れからドゥクレのスルーパスに抜け出したクレバリーにゴール前への折り返しを許すと、DFに当たってこぼれたボールをゴール前でドフリーのドゥクレに押し込まれた。
▽再びビハインドを負ったリバプールは、前半終盤にかけてサラーが決定機に絡むもシュートを枠に飛ばせず。さらに前半アディショナルタイムにはセットプレーの流れから左サイドでフィルミノが上げたクロスをマネが頭で合わすが、これも枠の右に外れた。

▽ワトフォードの1点リードで折り返した試合は、後半早々ホームチームにこの試合2度目のアクシデント。そ径部を痛めたペレイラがプレー続行不可能となり、49分にリシャルリソンが投入された。

▽早い時間帯に追い付きたいリバプールだが、クラブ史上最高額で獲得したエジプト代表FWが真価を発揮する。まずは55分、持ち味のスピードでボックス内に抜け出したサラーがGKゴメスに倒され、PKを獲得。これをキッカーのフィルミノが冷静に左隅へ決め、同点に追いつく。

▽さらに追いついた直後の57分、最終ラインのロブレンから左サイドのスペースに走り込むフィルミノにロングフィードが通ると、飛び出したGKのポジションを確認してフィルミノが放ったロングループシュートをゴール前に飛び込んだサラーが左足ワンタッチで流し込み、サラーの移籍後初ゴールでリバプールが逆転に成功した。

▽一方、この試合で初めてビハインドを負ったワトフォードは63分、先制点を決めたオカカを下げて今夏クラブ史上最高額でバーンリーから加入したアンドレ・グレイを投入。だが、勢いづいたアウェイチームにモレーノのミドル、マティプのヘディングと続けてゴールチャンスを許した。

▽逆転以降、ようやくペースを掴んだリバプールは、持ち味のゲーゲンプレスこそ鳴りを潜めたものの、サラーやマネのスピードを活かしたシンプルなカウンターから4点目に迫る。試合終盤にかけてはフィルミノ、サラー、アーノルドを下げてオリジ、ミルナー、ジョー・ゴメスを投入し、逃げ切りを図る。

▽だが、試合終盤に相手の猛攻に遭い、後半アディショナルタイム3分に右サイドでCKを与えると、ニアでリシャルリソンが放ったシュートをGKミニョレが触ってバーを叩くも、こぼれ球をブリトスに身体ごと押し込まれ、土壇場で同点ゴールを許した。

▽結局、試合はこのままタイムアップを迎え、新戦力サラーの活躍で一度は逆転に成功するも課題のセットプレーによる2失点などで逃げ切り失敗のリバプールは、開幕戦を3-3のドローで終えた。なお、リバプールは来週ミッドウィークにホッフェンハイムとのチャンピオンズリーグ本大会出場を懸けたプレーオフ初戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

サラーの2Gなどでリバプールが吉田欠場のセインツを3発粉砕!リーグ戦3連勝!!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第12節リバプールvsサウサンプトンが18日に行われ、3-0でリバプールが勝利した。 ▽現在5位のリバプール(勝ち点19)はリーグ戦2連勝、公式戦でも3連勝中と好調。4-1で勝利した前節のウェストハム戦から、J・ゴメス、マティブ、ジャン、チェンバレンを代えて、ロブレン、アーノルド、コウチーニョ、ヘンダーソンが先発に名を連ねた。 ▽一方、13位のサウサンプトン(勝ち点13)はリーグ戦2試合勝ち星なしと苦しい状況。3試合ぶりの勝利に向けた今節は吉田がベンチスタートとなった他、ロングがガッビアディーニに代わって起用された。 ▽序盤からコウチーニョやワイナルドゥムを中心に中盤を支配するリバプール。23分にはコウチーニョがカウンターからドリブルシュートを放つが惜しくも枠の外。直後にもFKからコウチーニョが直接狙うが、こちらも枠へ飛ばすことができない。 ▽試合が動いたのは31分。ホームの声援を背に攻めるリバプールは、右CKの場面で一度は相手DFに跳ね返されるものの、素早い切り替えを見せたフィルミノが相手からボールを奪取。ボックス手前右でパスを受けたサラーがそこから左足で見事な曲線を描くシュートを突き刺し、リバプールに先制点をもたらした。 ▽なおも攻めるリバプール。40分にはサラーのボックスを斜めに切り裂くフリーランに応えたコウチーニョが絶妙なスルーパスを通すと、サラーは冷静にGKを制し2点目を奪った。 ▽迎えた後半、前半と同じようにサウサンプトンを攻め立てるリバプールは、相手に攻める隙を与えないまま3点目を奪いに行く。すると68分、フィルミノのボックス右からのシュートの跳ね返りをコウチーニョが押し込んで追加点を挙げた。 ▽その後も休むことなく攻めるリバプールは84分に、フィルミノがドリブルで持ち込んでシュートを放つが、惜しくも枠の右。その後はスコアが動くことはなかったが、終始試合を支配し続けたリバプールが3-0で快勝。吉田不出場のサウサンプトンはこれでリーグ戦3戦未勝利となった。 2017.11.19 02:08 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールが前日の練習欠席したクロップ監督の仕事復帰を報告

▽リバプールは16日、体調不良で前日の練習を欠席していたユルゲン・クロップ監督が仕事に復帰したことをクラブの公式サイトで発表した。 ▽リバプールよると、14日の夜から体調を崩していたクロップ監督は地元の病院で精密検査を受けるため15日の練習を欠席。検査の結果、入院の必要性がないと診断されたクロップ監督は精密検査を受けた後、自宅に戻って療養となっていた。 ▽リバプールは公式サイト内で、クロップ監督の練習中の様子を写した画像と共に「Welcome back, boss (おかえりなさい、ボス)」とコメント。 ▽クロップ監督は、17日に行われるプレミアリーグ第12節サウサンプトン戦に向けた前日会見でメディアの前に姿を現し、自身の体調についても説明する見込みだ。 2017.11.17 03:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ロナウジーニョ太鼓判 「コウチーニョはバルサにフィットする」

▽かつてバルセロナで一時代を築いた元ブラジル代表MFロナウジーニョ氏が、リバプールに所属するMFフィリペ・コウチーニョのポテンシャル、そして古巣加入に太鼓判を押した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽バルセロナは今夏にコウチーニョの獲得に動いていた。一部ではボーナス込み1億6000万ユーロ(約212億円)の移籍金で合意と報じられたが、最終的にはリバプールがオファーを拒否したことにより移籍は実現しなかった。 ▽しかし、バルセロナはコウチーニョの獲得を諦めていないようで、今冬にも1億ポンド(約133億円)超えのオファーを出すとみられている。 ▽そんな中、現役時代にバルセロナで2003年から2008年までプレーしたロナウジーニョ氏は、自身が高く評価するコウチーニョが「ブラウ・グラーナ(青とえんじ)」のユニフォームを着用してプレーすることを待ち望んでいるようだ。 「コウチーニョのような優秀な選手が、僕も長い間着たユニフォールに袖を通す姿を見ることはとても嬉しいことだよ」 「彼はバルセロナに完全にフィットすると思っている。彼のプレースタイルが好きだし、次のロシア・ワールドカップでもブラジル代表の優勝に貢献してくれるんじゃないかな」 2017.11.16 10:16 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報! ヘンダーソンとララナが練習に復帰、サウサンプトン戦出場も

▽リバプールに朗報が届いた。負傷離脱中だったMFジョーダン・ヘンダーソンとMFアダム・ララナのイングランド代表2選手が練習に復帰した。リバプール公式サイトが伝えている。 ▽ヘンダーソンは4日に行われたプレミアリーグ第11節のウェストハム戦を前に大腿部の痛みを訴えその試合を欠場。その後、イングランド代表からも離脱を強いられ、回復が待たれるところであった。また、ララナは8月に太ももを負傷して以来、戦線から離れており、今シーズンは未だに出場機会がなかった。 ▽だが、リバプールは15日にヘンダーソンとララナが同日の練習に参加したことを写真付きで報告。18日に再開するプレミアリーグ第12節のサウサンプトン戦、21日に予定されるチャンピオンズリーグのセビージャ戦、続く第13節のチェルシー戦に向けて明るいニュースとなった。 2017.11.16 05:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、今夏獲得に迫ったモナコMFレマルから撤退へ…

▽アーセナルが、モナコに所属するフランス代表MFトマ・レマル(22)の獲得レースから撤退するようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽今夏、アーセナルはマンチェスター・シティへの流出が濃厚と見られていたチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の後釜としてレマルをリストアップ。移籍市場最終日には9000万ポンド(約134億円)の巨額オファーを掲示したものの、モナコ側が放出を拒否したことで交渉は破談に終わっていた。 ▽それでも、前述のサンチェスに加え、ドイツ代表MFメスト・エジル(29)が今季限りで切れる契約を延長する意思を見せていないため、来夏レマル獲得に再チャレンジすると見られている。 ▽しかし、『ミラー』の伝えるところによれば、現在アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督はレマルへの興味を失い始めており、獲得レースから撤退する見込みだという。 ▽その一方で、アーセナルはリヨンに所属するフランス代表FWナビル・フェキル(24)への関心を強めており、レマルに代わって同選手の獲得交渉を進めているようだ。今夏、両クラブにとって史上最高額となる移籍金でフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの交渉をまとめた両クラブの関係性は良好で、6000万ポンド(約89億4000万円)での交渉成立を目指しているという。 ▽なお、モナコのヴァディム・ヴァシリエフ副会長が来夏の放出を示唆しているレマルに関しては、バルセロナとリバプールが関心を示しており、新天地はいずれかになる見込みだ。 2017.11.16 03:28 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース