サラーデビュー弾で一時逆転も土壇場被弾のリバプールが開幕ドロー《プレミアリーグ》2017.08.12 22:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは12日、ヴィカレージ・ロードで行われたプレミアリーグ開幕節でワトフォードと対戦し、3-3で引き分けた。

▽昨シーズンのリーグ戦を4位で終えたリバプールは、悲願のプレミア初タイトルを目指す今シーズンの開幕戦でマルコ・シウバ新監督を招へいした17位ワトフォードと対戦した。

▽注目の先発メンバーではGKにミニョレ、最終ラインにアーノルド、マティプ、ロブレン、アルベルト・モレーノ。中盤はアンカーにヘンダーソン、セントラルMFにカンとワイナルドゥム、3トップはフィルミノとマネに加えて、ローマからの新戦力サラーが入った。なお、バルセロナ移籍に向けてトランスファーリクエストを提出したといわれるコウチーニョは、腰のケガの影響でベンチ外となった。

▽一方、ホームで開幕戦を迎えたワトフォードは、オカカやゴメス、カブールといった昨季主力を先発に並べチェルシーからの新戦力チャロバーもスタメン入り。U-20ブラジル代表の逸材FWリシャルリソンは同じ新戦力DFキコと共にベンチスタートとなった。

▽プレシーズンで好調を保っていたリバプールが地力の差を生かして押し込む展開が予想されたが、ホームのワトフォードに押し込まれる入りとなる。開始7分にオカカのスルーパスに抜け出したロベルト・ペレイラにボックス左から際どいシュートを許して右CKを与える。すると、このCKの場面でホレバスのアウトスウィングのクロスをニアで完全にフリーにしたオカカに頭で合わされ、GKミニョレの手を弾いたボールがゴールネットを揺らした。

▽格下相手に苦戦した昨季の再現するように低調な入りとなったリバプールは、すぐさま反撃に出たいところだが、相手の連動したプレスや球際の勝負に苦戦して思うように攻撃の形を作れない。

▽その後、18分にヤンマートが負傷してキコを右サイドバックに投入するアクシデントがあったものの、ワトフォードペースは変わらず。それでも、プレミア屈指の攻撃力を誇るリバプールがワンチャンスを生かす。29分、ボックス手前左でキープしたマネを起点にモレーノの斜めの短いパスをカンがワンタッチでボックス左のスペースに流すと、これに抜け出したマネがゴール右上隅に右足のシュートを突き刺した。

▽この同点ゴールで一気にリバプールへ流れが傾くかに思われたが、緩い守備から瞬く間に勝ち越しゴールを許す。32分、自陣左サイドで与えたスローインの流れからドゥクレのスルーパスに抜け出したクレバリーにゴール前への折り返しを許すと、DFに当たってこぼれたボールをゴール前でドフリーのドゥクレに押し込まれた。
▽再びビハインドを負ったリバプールは、前半終盤にかけてサラーが決定機に絡むもシュートを枠に飛ばせず。さらに前半アディショナルタイムにはセットプレーの流れから左サイドでフィルミノが上げたクロスをマネが頭で合わすが、これも枠の右に外れた。

▽ワトフォードの1点リードで折り返した試合は、後半早々ホームチームにこの試合2度目のアクシデント。そ径部を痛めたペレイラがプレー続行不可能となり、49分にリシャルリソンが投入された。

▽早い時間帯に追い付きたいリバプールだが、クラブ史上最高額で獲得したエジプト代表FWが真価を発揮する。まずは55分、持ち味のスピードでボックス内に抜け出したサラーがGKゴメスに倒され、PKを獲得。これをキッカーのフィルミノが冷静に左隅へ決め、同点に追いつく。

▽さらに追いついた直後の57分、最終ラインのロブレンから左サイドのスペースに走り込むフィルミノにロングフィードが通ると、飛び出したGKのポジションを確認してフィルミノが放ったロングループシュートをゴール前に飛び込んだサラーが左足ワンタッチで流し込み、サラーの移籍後初ゴールでリバプールが逆転に成功した。

▽一方、この試合で初めてビハインドを負ったワトフォードは63分、先制点を決めたオカカを下げて今夏クラブ史上最高額でバーンリーから加入したアンドレ・グレイを投入。だが、勢いづいたアウェイチームにモレーノのミドル、マティプのヘディングと続けてゴールチャンスを許した。

▽逆転以降、ようやくペースを掴んだリバプールは、持ち味のゲーゲンプレスこそ鳴りを潜めたものの、サラーやマネのスピードを活かしたシンプルなカウンターから4点目に迫る。試合終盤にかけてはフィルミノ、サラー、アーノルドを下げてオリジ、ミルナー、ジョー・ゴメスを投入し、逃げ切りを図る。

▽だが、試合終盤に相手の猛攻に遭い、後半アディショナルタイム3分に右サイドでCKを与えると、ニアでリシャルリソンが放ったシュートをGKミニョレが触ってバーを叩くも、こぼれ球をブリトスに身体ごと押し込まれ、土壇場で同点ゴールを許した。

▽結局、試合はこのままタイムアップを迎え、新戦力サラーの活躍で一度は逆転に成功するも課題のセットプレーによる2失点などで逃げ切り失敗のリバプールは、開幕戦を3-3のドローで終えた。なお、リバプールは来週ミッドウィークにホッフェンハイムとのチャンピオンズリーグ本大会出場を懸けたプレーオフ初戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

レスター指揮官が1G1Aの岡崎を称賛「シンジが流れを変えた」

▽レスター・シティは、19日に行われたEFLカップ3回戦でリバプールと対戦し、2-0で勝利した。レスターのクレイグ・シェイクスピア監督は、この試合で1ゴール1アシストの活躍を見せた日本代表FW岡崎慎司を称賛している。 ▽岡崎は0-0で迎えた後半、53分にFWレオナルド・ウジョアの負傷を受けて途中出場。すると、65分にCKの流れからMFビセンテ・イボーラの落としたボールに反応した岡崎がゴール正面からシュートを決めた。 ▽さらに岡崎は78分、右サイドの仕掛けからFWイスラム・スリマニのゴールをお膳立て。2-0の勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。また、イギリス『BBC』も、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに岡崎を選んでいる。 ▽試合後、シェイクスピア監督は試合の流れを変えたとして岡崎を褒めたたえた。 「打撲したレオ(ウジョア)との交代でシンジ(岡崎)がチャンスを得た。それが我々にとってのキーとなった」 「シンジが入り、観客の雰囲気も含めて流れが変わった。勝利の大きな要因だった」 「我々はしっかりと反発心を個性を見せていた。後半は本当にいいパフォーマンスだったと思うよ」 2017.09.20 09:52 Wed
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ断念のバルサがマネ獲得に動く! レアル・マドリー&ユーベも関心

▽バルセロナが、リバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネ(25)の獲得に動き始めたようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 ▽バルセロナは、今夏の移籍市場でブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)の獲得に向けて1億1800万ポンド(約177億円)の巨額オファーを掲示したものの、リバプール側の徹底抗戦に遭い、獲得失敗となった。 ▽そのため、今冬や来夏の移籍市場でウイングや攻撃的MFを務められる新戦力の獲得を目指す中、現在はリバプールの快速ウイングのマネの獲得に関心を示しているようだ。 ▽『ミラー』の伝えるところによれば、2016年夏にサウサンプトンから3600万ポンド(約54億円)でリバプールに加入して以降、その快速と圧巻の個人技を武器にクロップ・リバプールの攻撃の核を担うマネを高く評価するバルセロナは、同選手の獲得に向けて高額の移籍金を準備している模様だ。 ▽エルネスト・バルベルデ監督は、ビルバオ時代にマネと同様に快速を売りとするスペイン人FWイニャキ・ウィリアムズを重用しており、十分にマネのポテンシャルを活かせるはずだ。 ▽なお、マネに関してはバルセロナのライバルであるレアル・マドリーとユベントスも獲得に関心を示しているようだ。 2017.09.17 14:35 Sun
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ先発復帰のリバプール、ホームでバーンリーにドロー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節のリバプールvsバーンリーが16日にアンフィールドで行われ、1-1で終了した。 ▽前節のマンチェスター・シティ戦をFWサディオ・マネの退場もあって0-5で惨敗したリバプールは、水曜日のチャンピオンズリーグ(CL)でもセビージャを相手に2-2と勝ちきれなかった。クロップ監督は、セビージャ戦からローテーションして、引き続き起用したのはマティプ、ジャン、フィルミーノ、サラーの4選手。3試合の出場停止となったマネが欠場した前線にスタリッジが入り、コウチーニョが左インサイドのポジションで今季初先発を飾った。 ▽試合序盤は、完全にポゼッションを支配したリバプールがコウチーニョを中心にボールを回し、後ろに重心を置くバーンリーを押し込み続ける。攻めながらもなかなかチャンスがつくれないリバプールだが、22分に好機。ボックス左手前からスタリッジがクロスを入れると、これにファーのサラーが合わせる。しかし、ミートしきれないヘディングシュートはバーの上にはずれた。 ▽すると、試合の均衡を破ったのはバーンリーだった。ロングボールをボックス左角付近のブレイディが競って中央にヘディングでボールを送ると、流れたボールを正面のアルフィールドがプッシュ。劣勢のバーンリーが先行する。 ▽しかし、リバプールは直後に試合を振り出しに戻す。30分、ゴール正面でジャンのフィードに反応したサラーが仕掛けてシュート。これが決まり、リバプールがすかさず同点に追いついた。 ▽これで勢いづいたリバプールはハーフタイムにかけて2点目を奪いにいく。縦へのスピードを速めてスタリッジやサラーがシュートに持ち込むも、精度を欠いたこともあり得点できず、試合は1-1のまま折り返す。 ▽迎えた後半、リバプールは立ち上がりにコウチーニョが立て続けにミドルシュートに持ち込むなど積極性を見せる。54分にはジャンが正面から強烈なミドルシュートを放ってゴールマウスを強襲。しかし、これはバーンリーGKポペの正面を突いたため、弾かれる。 ▽攻めるリバプールは59分に決定機。ボックス右手前のスタリッジが中央に切り込んで得意の左足でシュート。鋭いシュートが枠を捉えたが、これもGKポペにセーブされる。続く71分にはボックス右のミルナーが入れたクロスにファーでジャンが合わせるも、ヘディングシュートは枠をはずす。 ▽打開したいクロップ監督は78分にコウチーニョとフィルミーノを下げてチェンバレンとソランケを送り出す。しかし、81分にはCKから立て続けにバーンリーに決定機。いずれもミーが決定的なシュートを放ったが、マティプの好カバーリングもあってゴールとはならない。 ▽終盤、リバプールは84分にボックス左のミルナーからのクロスをファーのアーノルドがダイレクトボレー。これが枠を捉えたが、GKポペの好守に遭う。さらに86分には右サイドで仕掛けたアーノルドの折り返しから正面のソランケが合わせるが、今度はバーに直撃する。 ▽結局、スコアはそのままで試合終了。リバプールはホームで勝ち点を落とした。 2017.09.17 01:03 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、冬のコウチーニョ獲得への動きはなし?

▽バルセロナは、今冬の移籍市場でのリバプールMFフィリペ・コウチーニョ(26)獲得に前向きではないもようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽バルセロナは今夏の移籍市場でコウチーニョ獲得に向けて巨額オファーを提示したものの、リバプールがすべて拒絶。コウチーニョ自身がバルセロナ移籍を希望しているとみられていたこともあり、移籍市場を賑わせていた。 ▽バルセロナは冬の移籍市場でもコウチーニョを引き続き狙うことが考えられていた。しかし、『ミラー』によればバルセロナは冬の移籍市場ではニースのコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)の獲得に力を入れるもようで、そのことによりコウチーニョへの関心は薄れる見込みだ。 ▽ただ、バルセロナは来夏に再びコウチーニョ獲得に動くかどうか考慮中だとのことで、リバプールは引き続き慰留への戦いが待っているかもしれない。 2017.09.15 14:25 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 2-2 セビージャ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のリバプールvsセビージャが13日に行われ、2-2で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170914_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 カリウス 5.5 取り立てて好守はなかった DF 12 J・ゴメス 5.0 コレアに苦戦し、最後に退場 6 ロブレン 4.5 1失点目は軽率なクリアミス。防げた失点 32 マティプ 5.5 大きく崩れることはなかった 18 A・モレーノ 6.5 古巣相手に躍動。1アシスト MF 5 ワイナルドゥム 5.5 さほど攻守に目立たず 14 ヘンダーソン 5.5 1点目に絡んだが、2失点目の場面では守備への戻りが遅かった 23 ジャン 5.5 23分のシュートは決めたい (→コウチーニョ -) 今季初出場 FW 11 サラー 6.5 風邪を押しての出場。一時逆転となるゴールを奪うなど攻め手となった (→チェンバレン -) 9 フィルミノ 6.0 同点弾もPK失敗が響く 19 マネ 6.5 シティ戦では悔しい退場劇となったが、PK獲得をはじめ攻撃陣をけん引 (→スタリッジ -) 監督 クロップ 6.0 内容では圧倒。勝利しておきたかった ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170914_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 セルヒオ・リコ 6.0 10分のマネのシュートを好守で防ぐ DF 25 メルカド 5.0 マネに対応できず 4 ケアー 5.5 2失点目は自身に当たって入ってしまった 21 パレハ 4.5 軽率なPK献上。ソリッドさに欠けた 18 エスクデロ 6.0 サラーを監視しつつ、攻撃に転じて先制点をアシスト MF 16 ヘスス・ナバス 5.0 A・モレーノの前にさほど突破できず 10 バネガ 5.5 1点目に絡んだが、さほど良い形でボールを受けられず 14 ピサーロ 5.0 中盤を締められなかった (→サラビア 5.0) さほどチャンスを作れず 15 エンゾンジ 4.5 不用意なボールロストから2失点目に関与 11 コレア 6.5 2点に絡んだ。攻撃をけん引 FW 9 イェデル 6.0 唯一のチャンスを確実に決めた 監督 ベリッソ 5.5 60分に遅延行為によって退席処分に ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マネ(リバプール) ▽シティ戦退場の鬱憤を晴らす活躍。サラーと共に攻撃をけん引した。 リバプール 2-2 セビージャ 【リバプール】 フィルミノ(前21) サラー(前37) 【セビージャ】 イェデル(前5) コレア(後27) 2017.09.14 06:05 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース