サラーデビュー弾で一時逆転も土壇場被弾のリバプールが開幕ドロー《プレミアリーグ》2017.08.12 22:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは12日、ヴィカレージ・ロードで行われたプレミアリーグ開幕節でワトフォードと対戦し、3-3で引き分けた。

▽昨シーズンのリーグ戦を4位で終えたリバプールは、悲願のプレミア初タイトルを目指す今シーズンの開幕戦でマルコ・シウバ新監督を招へいした17位ワトフォードと対戦した。

▽注目の先発メンバーではGKにミニョレ、最終ラインにアーノルド、マティプ、ロブレン、アルベルト・モレーノ。中盤はアンカーにヘンダーソン、セントラルMFにカンとワイナルドゥム、3トップはフィルミノとマネに加えて、ローマからの新戦力サラーが入った。なお、バルセロナ移籍に向けてトランスファーリクエストを提出したといわれるコウチーニョは、腰のケガの影響でベンチ外となった。

▽一方、ホームで開幕戦を迎えたワトフォードは、オカカやゴメス、カブールといった昨季主力を先発に並べチェルシーからの新戦力チャロバーもスタメン入り。U-20ブラジル代表の逸材FWリシャルリソンは同じ新戦力DFキコと共にベンチスタートとなった。

▽プレシーズンで好調を保っていたリバプールが地力の差を生かして押し込む展開が予想されたが、ホームのワトフォードに押し込まれる入りとなる。開始7分にオカカのスルーパスに抜け出したロベルト・ペレイラにボックス左から際どいシュートを許して右CKを与える。すると、このCKの場面でホレバスのアウトスウィングのクロスをニアで完全にフリーにしたオカカに頭で合わされ、GKミニョレの手を弾いたボールがゴールネットを揺らした。

▽格下相手に苦戦した昨季の再現するように低調な入りとなったリバプールは、すぐさま反撃に出たいところだが、相手の連動したプレスや球際の勝負に苦戦して思うように攻撃の形を作れない。

▽その後、18分にヤンマートが負傷してキコを右サイドバックに投入するアクシデントがあったものの、ワトフォードペースは変わらず。それでも、プレミア屈指の攻撃力を誇るリバプールがワンチャンスを生かす。29分、ボックス手前左でキープしたマネを起点にモレーノの斜めの短いパスをカンがワンタッチでボックス左のスペースに流すと、これに抜け出したマネがゴール右上隅に右足のシュートを突き刺した。

▽この同点ゴールで一気にリバプールへ流れが傾くかに思われたが、緩い守備から瞬く間に勝ち越しゴールを許す。32分、自陣左サイドで与えたスローインの流れからドゥクレのスルーパスに抜け出したクレバリーにゴール前への折り返しを許すと、DFに当たってこぼれたボールをゴール前でドフリーのドゥクレに押し込まれた。
▽再びビハインドを負ったリバプールは、前半終盤にかけてサラーが決定機に絡むもシュートを枠に飛ばせず。さらに前半アディショナルタイムにはセットプレーの流れから左サイドでフィルミノが上げたクロスをマネが頭で合わすが、これも枠の右に外れた。

▽ワトフォードの1点リードで折り返した試合は、後半早々ホームチームにこの試合2度目のアクシデント。そ径部を痛めたペレイラがプレー続行不可能となり、49分にリシャルリソンが投入された。

▽早い時間帯に追い付きたいリバプールだが、クラブ史上最高額で獲得したエジプト代表FWが真価を発揮する。まずは55分、持ち味のスピードでボックス内に抜け出したサラーがGKゴメスに倒され、PKを獲得。これをキッカーのフィルミノが冷静に左隅へ決め、同点に追いつく。

▽さらに追いついた直後の57分、最終ラインのロブレンから左サイドのスペースに走り込むフィルミノにロングフィードが通ると、飛び出したGKのポジションを確認してフィルミノが放ったロングループシュートをゴール前に飛び込んだサラーが左足ワンタッチで流し込み、サラーの移籍後初ゴールでリバプールが逆転に成功した。

▽一方、この試合で初めてビハインドを負ったワトフォードは63分、先制点を決めたオカカを下げて今夏クラブ史上最高額でバーンリーから加入したアンドレ・グレイを投入。だが、勢いづいたアウェイチームにモレーノのミドル、マティプのヘディングと続けてゴールチャンスを許した。

▽逆転以降、ようやくペースを掴んだリバプールは、持ち味のゲーゲンプレスこそ鳴りを潜めたものの、サラーやマネのスピードを活かしたシンプルなカウンターから4点目に迫る。試合終盤にかけてはフィルミノ、サラー、アーノルドを下げてオリジ、ミルナー、ジョー・ゴメスを投入し、逃げ切りを図る。

▽だが、試合終盤に相手の猛攻に遭い、後半アディショナルタイム3分に右サイドでCKを与えると、ニアでリシャルリソンが放ったシュートをGKミニョレが触ってバーを叩くも、こぼれ球をブリトスに身体ごと押し込まれ、土壇場で同点ゴールを許した。

▽結局、試合はこのままタイムアップを迎え、新戦力サラーの活躍で一度は逆転に成功するも課題のセットプレーによる2失点などで逃げ切り失敗のリバプールは、開幕戦を3-3のドローで終えた。なお、リバプールは来週ミッドウィークにホッフェンハイムとのチャンピオンズリーグ本大会出場を懸けたプレーオフ初戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール、U-20イングランド代表FWオジョがフルアムにレンタル移籍!

▽リバプールは16日、U-20イングランド代表FWセイ・オジョ(20)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のフルアムに1年間のレンタル移籍で加入することを発表した。 ▽リバプールの下部組織出身の左利きのウイングプレーヤーのオジョは、2015-16シーズンにトップチームデビュー。同シーズンには公式戦11試合に出場し1ゴールを記録するなど、その才能の片鱗を披露した。 ▽さらに、これまでウィガンやウォルバーハンプトンへのレンタル移籍しており、チャンピオンシップでのプレー経験も持っている。 ▽また、今年行われたFIFA U-20ワールドカップではU-20イングランド代表の一員として初優勝に貢献していた。 2017.08.17 00:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ワイナルドゥム、渦中のコウチーニョ残留を切望も「彼のために決断することはできない」

▽リバプールに所属するオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが、バルセロナから関心を寄せられている同僚のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)の残留を強く望んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽バルセロナが今夏パリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマールの後釜として狙っているとされるコウチーニョ。しかし、リバプールはこれまでコウチーニョの残留の姿勢を貫いてきた。そんな中、最近、『BBC』をはじめとしたイギリスの各メディアが、同選手がトランスファーリクエストを提出したことを報じるなど、コウチーニョのバルセロナ移籍が現実味を増してきている。 ▽同件に関する噂について尋ねられたワイナルドゥムは、コウチーニョの残留を切望。しかし、同選手の意思を尊重することしかできないことを主張している。 「みんなが彼が残ることを望んでいるんだ」 「ただ、誰も彼の頭の中を覗くことはできないし、彼のために決断することもできないよ。彼が自分自身で決断しなくてはいけない。そのことについて話し、答えを出すことは難しいよ」 「僕は彼が何を望んでいるかはわかっている。しかし、それは彼の決断だよ。何が起こるか見守るよ」 2017.08.16 22:59 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、コウチーニョと引き換えにラキティッチを要求?

▽ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)の引き抜きを狙うバルセロナに対して、リバプールはクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチ(29)を取引に含めることを要求しているようだ。スペイン『Diario Gol』が伝えている。 ▽コウチーニョのバルセロナ移籍が目前となっているリバプール。イギリス各メディアも同選手が移籍志願をクラブに伝えたことを報じる中、コウチーニョの引き留めが困難だと踏んだリバプールは、代わりとしてラキティッチの獲得を考慮しているという。 ▽『Diario Gol』は、バルセロナが先日、広州恒大からブラジル代表MFパウリ―ニョを獲得したことと、そこにさらにコウチーニョが加われば中盤は飽和状態になることから、リバプールに獲得のチャンスがあるのではないかと推測している。 ▽バルセロナからしてみても、中盤の整理と高額なコウチーニョの移籍金を引き下げることができるこのオプションは1つの選択肢となるかもしれない。 2017.08.16 14:52 Wed
twitterfacebook
thumb

伏兵アーノルドの直接FK弾やミニョレのPKストップでリバプールが敵地で先勝《CLプレーオフ》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフ1stレグのホッフェンハイムvsリバプールが15日に開催され、1-2でリバプールが先勝した。 ▽昨季のブンデスリーガで4位となったホッフェンハイムは、ルディとジューレをバイエルンに引き抜かれた中、新戦力のニャブリを[3-4-2-1]の右シャドーで起用した。 ▽一方、プレミアリーグ4位のリバプールはプレミアリーグ開幕戦でワトフォードに3-3と引き分けた中、その試合と同様のスタメンを送り出した。バルセロナへの移籍が噂されるコウチーニョは負傷を理由に引き続き欠場となった。 ▽能動的に試合に入ったホッフェンハイムはロングカウンターを狙うリバプールに対し、11分にPKを獲得する。ニャブリがボックス右で仕掛けたところをロブレンに倒された。しかし、キッカーのクラマリッチがほぼ正面に蹴ったシュートはGKミニョレに止められて先制のチャンスを逃す。 ▽すると15分、リバプールにビッグチャンス。ショートカウンターに転じてディフェンスライン裏に抜け出したサラーがGKと一対一に。しかし、右足で放ったシュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽引き続きホッフェンハイムがポゼッションする中、35分にリバプールがアウェイゴールを獲得する。ボックス手前中央で得たFKをアーノルドが直接狙うと、鋭いシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽追う展開となったホッフェンハイムは43分に決定機。ボックス中央のニャブリが胸トラップから決定的なシュートを浴びせるも、GKミニョレの好守に阻まれ、ルーズボールを狙ったワグナーのシュートは枠を捉えきれなかった。 ▽すると追加タイム2分、リバプールに追加点のチャンス。左CKからロブレンがヘディングシュート。しかし、わずかに枠の左へ外れ、前半を1点のリードで終了した。 ▽迎えた後半開始2分、再びリバプールに追加点のチャンスが訪れる。S・マネが左サイドを突破してクロス。フィルミノが合わせたが、GKバウマンのビッグセーブに阻止された。 ▽追うホッフェンハイムは53分に2枚代えを敢行するも、流れを引き寄せることができない。 ▽主導権を握るリバプールは70分にショートカウンターからサラーが右足シュートで、CKからロブレンがヘディングシュートでゴールに迫るも、いずれもGKバウマンのファインセーブに阻まれた。 ▽それでも74分、リバプールが突き放す。ボックス左に侵入したミルナーが右足でクロスを入れる。これが相手DFに当たってそのままゴール右サイドネットに吸い込まれ、リバプールが二つ目のアウェイゴールを手にした。 ▽苦しいホッフェンハイムは82分、ボックス内からアミリがボレーシュートを放つも、GKミニョレのファインセーブに阻まれる。それでも87分、ウートがロングボールを胸トラップで処理し、ボックス左からシュートを流し込んで1点を返した。 ▽さらに追加タイム1分、FKからヒュブナーが決定的なヘディングシュートを放つも枠の上に外れ、リバプールが敵地で先勝。23日にアンフィールドで行われる2ndレグに向けてアドバンテージを得ている。 2017.08.16 05:46 Wed
twitterfacebook
thumb

負傷離脱中のスタリッジがクリスタル・パレス戦で復帰へ!!

▽リバプールのイングランド代表FWダニエル・スタリッジが、19日に行われるプレミアリーグ第2節のクリスタル・パレス戦で復帰できるようだ。ユルゲン・クロップ監督が、クラブ公式サイト上でコメントした。 ▽スタリッジは今月1日に行われたアウディカップのバイエルン戦で、68分にヘンダーソンと交代でピッチに登場。83分にはウッドバーンのスルーパスに抜け出し、ボックス内に持ち込んで左足のループシュートを流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽しかしスタリッジはこのプレーでハムストリングを負傷。直後にソランケとの交代を余儀なくされていた。 ▽12日に行われたプレミアリーグ開幕戦のワトフォード戦を欠場した同選手だが、その後は順調に回復している模様。クロップ監督は、順調ならば次節のクリスタル・パレス戦で復帰できると口にした。 「彼は順調だ。今朝話したが、復帰に近づいている。昨日は良い状態だったね。あと2回ほどセッションを行えれば、今週末には起用できるだろう」 2017.08.15 10:36 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース