サラーデビュー弾で一時逆転も土壇場被弾のリバプールが開幕ドロー《プレミアリーグ》2017.08.12 22:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは12日、ヴィカレージ・ロードで行われたプレミアリーグ開幕節でワトフォードと対戦し、3-3で引き分けた。

▽昨シーズンのリーグ戦を4位で終えたリバプールは、悲願のプレミア初タイトルを目指す今シーズンの開幕戦でマルコ・シウバ新監督を招へいした17位ワトフォードと対戦した。

▽注目の先発メンバーではGKにミニョレ、最終ラインにアーノルド、マティプ、ロブレン、アルベルト・モレーノ。中盤はアンカーにヘンダーソン、セントラルMFにカンとワイナルドゥム、3トップはフィルミノとマネに加えて、ローマからの新戦力サラーが入った。なお、バルセロナ移籍に向けてトランスファーリクエストを提出したといわれるコウチーニョは、腰のケガの影響でベンチ外となった。

▽一方、ホームで開幕戦を迎えたワトフォードは、オカカやゴメス、カブールといった昨季主力を先発に並べチェルシーからの新戦力チャロバーもスタメン入り。U-20ブラジル代表の逸材FWリシャルリソンは同じ新戦力DFキコと共にベンチスタートとなった。

▽プレシーズンで好調を保っていたリバプールが地力の差を生かして押し込む展開が予想されたが、ホームのワトフォードに押し込まれる入りとなる。開始7分にオカカのスルーパスに抜け出したロベルト・ペレイラにボックス左から際どいシュートを許して右CKを与える。すると、このCKの場面でホレバスのアウトスウィングのクロスをニアで完全にフリーにしたオカカに頭で合わされ、GKミニョレの手を弾いたボールがゴールネットを揺らした。

▽格下相手に苦戦した昨季の再現するように低調な入りとなったリバプールは、すぐさま反撃に出たいところだが、相手の連動したプレスや球際の勝負に苦戦して思うように攻撃の形を作れない。

▽その後、18分にヤンマートが負傷してキコを右サイドバックに投入するアクシデントがあったものの、ワトフォードペースは変わらず。それでも、プレミア屈指の攻撃力を誇るリバプールがワンチャンスを生かす。29分、ボックス手前左でキープしたマネを起点にモレーノの斜めの短いパスをカンがワンタッチでボックス左のスペースに流すと、これに抜け出したマネがゴール右上隅に右足のシュートを突き刺した。

▽この同点ゴールで一気にリバプールへ流れが傾くかに思われたが、緩い守備から瞬く間に勝ち越しゴールを許す。32分、自陣左サイドで与えたスローインの流れからドゥクレのスルーパスに抜け出したクレバリーにゴール前への折り返しを許すと、DFに当たってこぼれたボールをゴール前でドフリーのドゥクレに押し込まれた。
▽再びビハインドを負ったリバプールは、前半終盤にかけてサラーが決定機に絡むもシュートを枠に飛ばせず。さらに前半アディショナルタイムにはセットプレーの流れから左サイドでフィルミノが上げたクロスをマネが頭で合わすが、これも枠の右に外れた。

▽ワトフォードの1点リードで折り返した試合は、後半早々ホームチームにこの試合2度目のアクシデント。そ径部を痛めたペレイラがプレー続行不可能となり、49分にリシャルリソンが投入された。

▽早い時間帯に追い付きたいリバプールだが、クラブ史上最高額で獲得したエジプト代表FWが真価を発揮する。まずは55分、持ち味のスピードでボックス内に抜け出したサラーがGKゴメスに倒され、PKを獲得。これをキッカーのフィルミノが冷静に左隅へ決め、同点に追いつく。

▽さらに追いついた直後の57分、最終ラインのロブレンから左サイドのスペースに走り込むフィルミノにロングフィードが通ると、飛び出したGKのポジションを確認してフィルミノが放ったロングループシュートをゴール前に飛び込んだサラーが左足ワンタッチで流し込み、サラーの移籍後初ゴールでリバプールが逆転に成功した。

▽一方、この試合で初めてビハインドを負ったワトフォードは63分、先制点を決めたオカカを下げて今夏クラブ史上最高額でバーンリーから加入したアンドレ・グレイを投入。だが、勢いづいたアウェイチームにモレーノのミドル、マティプのヘディングと続けてゴールチャンスを許した。

▽逆転以降、ようやくペースを掴んだリバプールは、持ち味のゲーゲンプレスこそ鳴りを潜めたものの、サラーやマネのスピードを活かしたシンプルなカウンターから4点目に迫る。試合終盤にかけてはフィルミノ、サラー、アーノルドを下げてオリジ、ミルナー、ジョー・ゴメスを投入し、逃げ切りを図る。

▽だが、試合終盤に相手の猛攻に遭い、後半アディショナルタイム3分に右サイドでCKを与えると、ニアでリシャルリソンが放ったシュートをGKミニョレが触ってバーを叩くも、こぼれ球をブリトスに身体ごと押し込まれ、土壇場で同点ゴールを許した。

▽結局、試合はこのままタイムアップを迎え、新戦力サラーの活躍で一度は逆転に成功するも課題のセットプレーによる2失点などで逃げ切り失敗のリバプールは、開幕戦を3-3のドローで終えた。なお、リバプールは来週ミッドウィークにホッフェンハイムとのチャンピオンズリーグ本大会出場を懸けたプレーオフ初戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

エムレ・ジャン獲得報道も…マロッタCEO「選手の望みを最大限に尊重する」

▽ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)が、獲得が噂されているリバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャン(23)についてコメントした。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽今シーズン限りでリバプールとの契約が満了を迎えるジャンだが、クラブとの交渉は進展が見られず。今冬以降に退団することが濃厚だと言われてきた。そんな中、イタリア『スカイ・スポーツ』は以前、かねてより興味を示してきたユベントスが今夏の移籍で原則合意に達したと報じてきた。 ▽しかしその後、ジャンは「まだどのクラブとも契約していない」と噂を否定。さらに「今はリバプールの選手で、ここは素晴らしいクラブなんだ」とリバプールへの愛着を口にしていた。 ▽今回、イタリア『スカイ・スポーツ』はマロッタCEOのコメントを掲載。それによると、移籍に関する合意はされていないと明かし、現在は獲得に向けて動いている状況のようだ。 「エムレ・ジャンについては、契約満了が迫っている選手であり、我々は彼と交渉が行える状況にある。そういった正しい道のりをたどってアプローチをしている」 「リバプールとの契約延長の噂もあるが、それはわからない。ただ、我々としては彼を獲得できるように最大限の努力を行っている。そして一番大事なことは、選手の望みを最大限に尊重することだ」 2018.01.18 09:18 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、インテルにスタリッジを売り込む? 争点は移籍形態か

▽リバプールが、出場機会を失っているイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(28)をインテルに売り込んでいるようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じた。 ▽度重なるケガから復帰したスタリッジだが、ここまでのリーグ戦で9試合で2ゴールを奪うも先発出場は5試合に留まっており、ユルゲン・クロップ監督の構想から外れていると噂されている。そのため選手自身は今夏のロシア・ワールドカップに向けて出場機会を得られるチームへの移籍を考えているようだ。 ▽また、リバプールも2019年6月までの契約となっている同選手を、遅くても今夏までに放出したいと考えている模様。そこでクラブは、インテルに移籍の話を持ち掛けたようだ。 ▽今回の報道によると、リバプール側は完全移籍でスタリッジを売却したい模様。しかしインテル側は今冬の移籍市場でベンフィカから元アルゼンチン代表DFリサンドロ・ロペス(28)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得。さらにバルセロナのブラジル代表MFラフィーニャ・アルカンタラ(24)の獲得にも動いているとされている。 ▽そのためインテルはファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の影響でスタリッジを完全移籍で獲得することは不可能な模様。また前線の補強は最優先事項ではないとの見方から、レンタル移籍の条件をリバプールが飲めば考慮することになるそうだ。 2018.01.18 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

彼女への暴行容疑で起訴されたリバプールDFフラナガンに判決下る!

▽リバプールの地方裁判所は17日、ガールフレンドへの暴行容疑で起訴された元イングランド代表DFジョン・フラナガン(25)に対する判決を下した。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽フラナガンは、現地時間12月22日午前3時20分にリバプール繁華街のデューク・ストリートで交際18カ月のガールフレンドに対する暴力行為によって現行犯逮捕された。一時、拘留されたものの保釈金を払い、その後は条件付きで解放されている状態だった。 ▽そして、自身の25歳の誕生日の翌日となった2日にリバプール市の裁判所に出頭したフラナガンは、防犯カメラに映されていた自身の暴力行為を素直に認めた。 ▽そして、17日に裁判所はフラナガンに対して、12カ月間の社会奉仕活動と40時間の無償労働、85ポンド(約1万3000円)の罰金および85ポンドのヴィクティム・サーチャージを科す判決を下した。 ▽なお、今回の判決を受けて、リバプールのスポークスマンは以下のようなコメントを残している。 「我々は今回の判決を受けて、我々のプレーヤーが行った行為に対して、できる限りの厳しい姿勢で非難する」 「彼は今回の行動を通じて自身の評判を著しく傷つけただけでなく、クラブを大きく失望させた」 「今回の事件に関して、リバプール・フットボールクラブの価値を損なったことに対して、大きな失望と怒りを彼に伝えている」 「クラブは今回の判決が下される前にクラブ内部での懲戒処分を行うという結論に至っており、今後そのアクションを開始する」 「現時点でこれ以上のコメントは差し控えたい」 ▽リバプールの下部組織出身のフラナガンは、今シーズンにレンタル先のバーンリーから復帰。しかし、プレミアリーグ第20節終了時点でトップチームでの出場はEFLカップ(カラバオカップ)1試合のみとなっており、U-23リバプールでの出場が続いていた。 2018.01.18 03:10 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、セルビア代表MFグルイッチが今季終了までカーディフにレンタル移籍!

▽リバプールは17日、セルビア代表MFマルコ・グルイッチ(21)が今シーズン終了までチャンピオンシップ(イングランド2部)のカーディフ・シティにレンタル移籍することを発表した。 ▽191cmの恵まれた体躯と戦術眼を武器とする大型セントラルMFのグルイッチは、2015年に行われたFIFA U-20ワールドカップでセルビアの初優勝に貢献するなど、将来を嘱望される若手の一人だ。 ▽しかし、2016年夏に母国レッドスター・ベオグラードから加入したリバプールでは、度重なるケガや厳しいポジション争いに苦戦し、加入2シーズンで公式戦14試合の出場にとどまっている。また、今季はEFLカップのレスター・シティ戦こそフル出場したものの、残りのリーグ戦(3試合)、チャンピオンズリーグ(1試合)ではいずれも試合終盤の途中投入で短いプレー時間しか与えられていなかった。 ▽ここまでセルビア代表で通算4キャップのグルイッチは現在、ロシア・ワールドカップ本大会のメンバー入りに向けて当落線上の立ち位置にいることもあり、出場機会を求めて今季ここまでチャンピオンシップ3位に位置するカーディフへのレンタル移籍を決断した。 2018.01.18 00:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「ここではっきりさせたい」スソ、SNSで自らリバプール移籍の噂をけん制

ミランに所属するスペイン人FWスソは、インスタグラムに長文を投稿し、移籍の噂をけん制した。<br><br>今冬の移籍市場において、スソの古巣であるリバプールはバルセロナへMFフィリペ・コウチーニョを放出した。このため、ブラジル人選手の後釜として過去にプレー経験のあるミランFWの再獲得を狙っていると報じられている。<br><br>スソが昨年9月にミランと締結した新契約では、違約金が4000万ユーロ(約54億円)、チャンピオンズリーグ出場権を得た場合は5000万ユーロ(約68億円)に設定されている。設定額のオファーが届いた場合、スソはミランと協議することなく移籍することが可能だが、本人はミラノに残ることを強く希望している。<br><br>「僕は重要な契約更新をしたばかりだ。ピッチのことを考えていて、メルカートについては代理人が対応してくれる。だが僕に関して、噂やらありもしない交渉やら不正確なあらゆる情報が目に入る。ここではっきりさせたい」<br><br>「まず1つ目は、僕は違約条項にまったく興味がないということ。僕にとって重要なのはピッチだけだし、これから5カ月、そこで僕らは主役になるんだ。2つ目として、ミランのような伝統のある特別なクラブに対し敬意を払わなければならないということ。僕をチームの柱に据えてくれて、大きな投資をしてくれたんだ。3つ目だが、いずれにせよ僕の意思、僕の意思だけが尊重されるということ。僕は今、ここに残ることだけを望んでいる。これ以外のことはすべておしゃべりに過ぎない」<br><br>現在の契約に移籍の際の違約条項が設定されているものの、ミランでのプレーを熱望するスソ自身にとって意味のないものであると強調。本人の意思に反して過熱する移籍話に釘を刺した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 09:30 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース