マンチェスター・ユナイテッド、逸材DFバレラが古巣ペニャロールへ完全移籍2017.08.12 21:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは12日、ウルグアイ代表DFギジェルモ・バレラ(24)がウルグアイのペニャロールへ完全移籍したことをクラブの公式ツイッターで発表した。

▽ペニャロールでプロデビューしたバレラは、2013年の夏にユナイテッドへ加入。翌年は当時ジネディーヌ・ジダン監督(現レアル・マドリー監督)が率いていたレアル・マドリー・カスティージャへのレンタル移籍を経て、2015年に復帰。

▽復帰初年度はルイス・ファン・ハール前監督の下で、右サイドバックとして公式戦11試合に出場とアピールしたが、昨シーズンはジョゼ・モウリーニョ新監督の構想外となり、フランクフルトへレンタル移籍。

▽フランクフルトでは、足首じん帯断裂のケガの影響もあり、公式戦の出場は10試合にとどまった。またシーズン終盤には、クラブの指示を無視して自身の右前腕にタトゥーを入れ、クラブから出場停止処分を受けるなど問題行動を起こしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

イングランドで混乱続くVAR…マタのゴールを取り消しで物議を醸す

17日のFAカップ5回戦でFAカップで、マンチェスター・ユナイテッドのフアン・マタの得点がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって取り消される一幕があった。<br><br>マンチェスター・ユナイテッドはハダースフィールド・タウンと対戦。1-0で迎えた前半終了間際、アシュリー・ヤングのパスに抜け出したマタはGKを交わし、無人のゴールに流し込み追加点を挙げたに思われた。しかし、VARを使用した主審のケヴィン・フレンド氏は、オフサイドだったとしてゴールは取り消されている。<br><br>リプレイを見る限り、マタのポジションは確かに微妙な位置であったものの、ディフェンダーとほぼ同じ位置に立っており、オフサイドという判定は誤審ではなかったのではないかと物議を醸し出している。この試合を欠場したユナイテッドGKのダビド・デ・ヘアも、ツイッターでこの判定に疑問を投げかけていた。<br><br>後半にロメル・ルカクが追加点をマークし、2-0で勝利したため、マタのゴール取り消しの判定は試合に大きな影響を与えなかった。<br><br>しかし、FAカップとカラバオ・カップで試験的に導入されているVARは、未だ指揮官や選手の反発が根強い。3回戦再試合レスター対フリートウッド・タウンでは、史上初めてVARによりレスターFWケレチ・イヘアナチョのゴールが認められた後、相手指揮官は「VARを使ったとしても、判定に100パーセントの確信を持つことはできない」と言及していた。<br><br>また、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督も否定的な発言を会見で述べている。<br><br>イングランドでのVARの本格導入に向け、今回の判定はさらなる議論を呼びそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 13:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカク2発でハダースフィールドに快勝のユナイテッドが8強進出! CLセビージャ戦に弾み《FAカップ》

▽FAカップ5回戦、ハダースフィールドvsマンチェスター・ユナイテッドが17日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが2-0で勝利し準々決勝進出を決めた。 ▽4回戦でバーミンガム、ヨーヴィルをそれぞれ破ったハダースフィールドとユナイテッドによるプレミアリーグ勢対決。直近のリーグ戦でニューカッスルに敗れたユナイテッドは、その試合から先発6人を変更。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のセビージャ戦を控えることもあり、体調不良のポグバやバレンシアがベンチ外となり、マルシャルとリンガードがベンチスタート。代わってキャリックやルーク・ショー、リンデロフらが起用され、前線はルカク、マタ、サンチェスの3トップとなった。 ▽試合は開始早々に動く。3分、前線でクサビを受けたルカクがマタの足元に丁寧に落とす。そして、マタからの精度の高いスルーパスに抜け出したベルギー代表はDFシンドラーを持ち味のパワーで振り切り、最後はボックス左から利き足とは逆の右足でシュートを流し込んだ。 ▽ルカクのゴールで早々にリードを手にしたユナイテッドだが、その後は相手の反撃を受け続ける劣勢の展開に。球際でアグレッシブに戦い、トム・インスの個人技や右サイドバックのアデルジョナイの攻撃参加をシンプルに使う相手に押し込まれると、再三のシュートとクロスを浴びる。 ▽それでも、クロスに対してはスモーリングとリンデロフの両センターバックが的確な対応で跳ね返し、やや精度と威力を欠くミドルシュートに対しては、GKロメロが危なげなくセーブする。その一方で、先制以降は全く攻撃の形を作り出せないユナイテッドは45分、右サイドを個人で突破したアシュリー・ヤングからのラストパスに抜け出したマタが冷静にGKをかわしてゴールネットを揺らす。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認が行われた結果、マタはオフサイドを取られてゴールは認められず。 ▽追加点を奪えなかったものの1点リードで試合を折り返したユナイテッドは、後半も決定機こそ与えないものの自陣深くに押し込められる展開が続く。それでも、試合巧者のモウリーニョのチームはロングカウンターから追加点を奪う。 ▽55分、自陣ペナルティアーク付近で与えた相手のFKの場面でこぼれ球を回収したユナイテッドは、ドリブルで持ち上がったルカクが一旦左サイドのサンチェスに預けて最終ライン裏に猛スピードで駆け上がる。そこにサンチェスから精度の高いリターンパスが繋がると、最後はボックス左に持ち込んだルカクが左足で狭いニアサイドへシュートを流し込んだ。 ▽ルカクの個人技を生かした攻撃で決定的な2点目を手にしたユナイテッドはその後も省エネモードで試合を進めていく。75分にはサンチェスに代えてマルシャル、81分にはマタを下げてリンガードを投入する。 ▽その後も相手の拙攻を冷静な守備で跳ね返し続けたアウェイチームは試合終了間際に殊勲のルカクを下げて、負傷明けのバイリーをピッチに送り込み、試合をクローズ。ルカクの2ゴールで勝ち切ったユナイテッドがFAカップ準々決勝進出を果たすとともに、CLセビージャ戦に向けて弾みを付けた。 2018.02.18 04:37 Sun
twitterfacebook
thumb

“守備の要”バイリーが復帰目前…CLセビージャ戦が迫るユナイテッドに朗報

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、離脱していたDFエリック・バイリーの復帰が迫っていることを明かした。<br><br>23歳のバイリーは、昨年11月5日に行われたチェルシー戦でひざの痛みを訴えて途中交代。試合後に右ひざのじん帯を損傷していたことが分かり、12月には手術を受けていた。<br><br>その後、守備の要を失ったユナイテッドはセンターバックを固定することができず、最終ラインの脆さが目立つ場面が散見されていた。<br><br>コートジボワール代表DFが待望の復帰をすることに関して、モウリーニョはクラブの公式メディアを通して次のようにコメントしている。<br><br>「バイリーは十分に回復して、試合をする準備ができているよ。土曜日のハダースフィールド戦(FAカップ)に出場することも可能だろうね」<br><br>バイリーは2016年にビジャレアルから加入すると、安定したパフォーマンスでモウリーニョの信頼を勝ち取り、またたく間にレギュラーに定着。負傷離脱する直前は、出場した10試合のうち8試合でクリーンシートを達成するなど、最終ラインの安定に大きく貢献していた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 18:42 Sat
twitterfacebook
thumb

キャリックが今季限りで引退のユナイテッド、モウリーニョが後釜探しを明言

マンチェスター・ユナイテッドは、今季終了後に引退することを発表しているマイケル・キャリックの代わりとなるMF獲得を狙っているようだ。<br><br>2006年に加入以降、中盤を支えてきたキャリックを来季失うことが確定しているユナイテッド。現在、ニースMFジャン=ミシェル・セリやラツィオMFセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サビッチの獲得がうわさされている。<br><br>ジョゼ・モウリーニョは17日に行われるFAカップ5回戦、ハダーズフィールド戦に向けた記者会見でミッドフィルダーの獲得を希望していることを明かした。<br><br>「我々は新たなミッドフィルダーを獲得する必要がある。なぜならキャリックを失うことになるからだ。もちろんチームにはバランスが必要だ。2カ月前、君たちが様々な選手の獲得の噂について話をするたびに私は言ったはずだ」<br><br>「色々なことについて私を非難することはできる。しかし、私が嘘をついたという非難はできない。私は発言したくないことについては発言しないが、違った内容を伝えることはない。数カ月前にストライカーもウイングも獲得したくないと話した。そして、我々は実際にミッドフィルダーを獲得しようとしている。2カ月前に伝えたとおりだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 16:16 Sat
twitterfacebook
thumb

「デタラメを言うな」モウリーニョがポグバとの対立のうわさに激高

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ポール・ポグバとの関係が冷めきってしまったとの報道を&ldquo;デタラメ&rdquo;と一蹴した。<br><br>2016年夏、大きな期待を背負って当時の世界最高額でマンチェスター・ユナイテッドに再加入したポグバ。しかし、同選手は直近の3試合のうち2回試合途中で交代させられるなど不本意な状況が続き、モウリーニョ監督との対立が噂され始めている。<br><br>このことについて記者から質問を受けたポルトガル人指揮官は「君たちが話している&ldquo;多くの憶測&rdquo;はデタラメにすぎない。ポールはこの数試合でプレーしないことを受け入れている。ただそれだけの話だ」と激高。<br><br>「我々が良い関係を築けていないというのは大きな嘘だ。コミュニケーションを取れていない、彼のポジションについても同意を得られていないというのも大きな嘘でしかない。客観的に見ても彼はこの数試合で良いプレーができていなかった。ただそれだけの話でもう終わったことだ。これは我々が解決しないといけない問題であり、彼自身もパフォーマンスを改善する努力をしている」<br><br>また、モウリーニョ監督はポグバは4-3-3の中盤の左サイドでのプレーを好んでいると考える一方で、多くの人は4-2-3-1の中盤の底でプレーすべきだと見解を持つ。しかし、同指揮官はフランス代表MFに希望するポジションを与えており、同選手のポジションに関する議論は意味のないことと切り捨てた。<br><br>「ポールのポジションについて話すことはばかげている。誰でもいいからニューカッスル戦で彼がどこでプレーしたらよかったのか教えてくれ。(ネマニャ)マティッチがいるから、(ジェシー)リンガードを右に、ポグバを左に起用した。どのシステムを彼が気に入っているかって? それは4-3-3だ。4-3-3ならどこのポジションを彼が好んでいるかって? それは左サイドだ。高額なサラリーをもらうコメンテーターに言いたい。デタラメを言うな」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 14:56 Sat
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース