マンチェスター・ユナイテッド、逸材DFバレラが古巣ペニャロールへ完全移籍2017.08.12 21:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは12日、ウルグアイ代表DFギジェルモ・バレラ(24)がウルグアイのペニャロールへ完全移籍したことをクラブの公式ツイッターで発表した。

▽ペニャロールでプロデビューしたバレラは、2013年の夏にユナイテッドへ加入。翌年は当時ジネディーヌ・ジダン監督(現レアル・マドリー監督)が率いていたレアル・マドリー・カスティージャへのレンタル移籍を経て、2015年に復帰。

▽復帰初年度はルイス・ファン・ハール前監督の下で、右サイドバックとして公式戦11試合に出場とアピールしたが、昨シーズンはジョゼ・モウリーニョ新監督の構想外となり、フランクフルトへレンタル移籍。

▽フランクフルトでは、足首じん帯断裂のケガの影響もあり、公式戦の出場は10試合にとどまった。またシーズン終盤には、クラブの指示を無視して自身の右前腕にタトゥーを入れ、クラブから出場停止処分を受けるなど問題行動を起こしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ベンフィカGKスヴィラール、CL最年少出場記録更新もほろ苦デビュー

▽ベンフィカに所属するベルギー人GKミル・スヴィラール(18)が、チャンピオンズリーグ(CL)のGK最年少出場記録を更新した。 ▽スヴィラ―ルは19日、CLグループA第3節のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発出場。ポルト所属の元スペイン代表GKイケル・カシージャスが打ち立てた18歳118日から18歳52日に塗り替えた。 ▽CLデビューを飾った試合は64分、ユナイテッドに自陣中央左でFKを与えてしまい、FWマーカス・ラッシュフォードに直接ゴールを狙われる。これをバックステップを踏みながら頭上でキャッチすると、勢い余ってゴールラインを割ってしまった。痛恨の判断ミスから先制点を献上してしまい、ベンフィカは0-1で敗れたものの、その他の場面ではいくつか好守を見せるなど健闘した。 ▽アンデルレヒトの下部組織出身のスヴィラールは、8月にベンフィカに加入。今夏マンチェスター・シティへ移籍した昨シーズンの正GKであるブラジル代表GKエデルソンの背番号1を背負う期待の若手だ。今シーズン、14日に行われたタッサ・デ・ポルトガル3回戦のオリャネンセ戦でトップチームデビューを果たしていた。 2017.10.19 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、泣かない

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、ベンフィカ戦の守備的スタイルに対する批判に反論した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ユナイテッドは19日、チャンピオンズリーグ・グループA第3節でベンフィカとのアウェイ戦に臨んだ。試合はゴールレスで迎えた後半、64分にマーカス・ラッシュフォードがFKを決めて先制に成功する。その後、ユナイテッドはこの一点を守り切り、グループステージ3連勝で首位をキープした。 ▽試合後、モウリーニョ監督は、守備的な戦術に対する批判を一蹴。また、負傷者が続出している状況に対しても「泣かない」ことを強調し、自身のポリシーを明かした。 「たくさんの記事を読んでいるわけではないが、英語やポルトガル語の記事を読んだ時に守備的スタイルを犯罪のようにみなされていることを感じる。そんなことはない。我々はしっかりとディフェンスをしたからこそ、試合をコントロールしたのだ」 「しかし、私は一つ罪を犯しているかもしれない。それはケガについて決して話さないことだ。他の監督であれば、一部の選手が負傷すれば泣くだろうね。ただ、私は泣かない」 「私のやり方は、負傷した選手のことは気にしない。出場できる選手に集中している。それが出場可能な選手に信頼を与えているだろう」 「ただ、もし私が泣きたいと思えば、これからの5分で泣ける。(ズラタン・)イブラヒモビッチと(ポール・)ポグバ、(マルアン・)フェライニ、マルコス・ロホ、泣くことはできる。それでも私は泣かない」 2017.10.19 11:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォードのFK弾でベンフィカ撃破のユナイテッドが3連勝! バーゼルはGS連勝で2位キープ!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第3節のベンフィカvsマンチェスター・ユナイテッドが18日にエスタディオ・ダ・ルスで行われ、0-1でマンチェスター・ユナイテッドが勝利した。 ▽グループステージ2連勝で首位に立つユナイテッドが、前節バーゼルに完敗して最下位に沈むベンフィカをホームに乗り込んだ一戦。公式戦無敗を続ける好調のユナイテッドは、直近のリバプール戦からスタメンを4人変更。フィル・ジョーンズやマルシャル、A・ヤング、ダルミアンをベンチスタートとし、ラッシュフォードやマタ、リンデロフ、ブリントを先発で起用した。 ▽一方、グループステージ連敗で崖っぷちのベンフィカは、ルイゾンやサルビオなどをスタメンで起用した中、国内リーグ得点王のジョナスやジブコビッチらの一部主力をベンチに置いた。また、先発GKのスヴィラールがポルト所属のGKカシージャスの保持していたGK最年少出場記録を18歳1カ月21日に更新した。 ▽一進一退の主導権争いが続いた序盤、先にチャンスを迎えたのはベンフィカ。14分、ゴンサルベスのパスで左サイドを突破したグリマルドのクロスを中央に走り込んだサルビオが左足であわせたが、シュートはゴール左に外れた。 ▽ベンフィカの積極的なプレスに苦しむユナイテッドは、バイタルエリアから最後の崩しでベンフィカの守備網に引っかかり、なかなかシュートチャンスに結び付かない。31分にマタのスルーパスで左サイドを抜け出したブリントのクロスから、ラッシュフォードに訪れたチャンスも、ヘディングシュートは枠の上に外れる。 ▽さらに35分には、ボックス左からドリブルで仕掛けたマティッチが強烈なシュートを放ったが、これはGKスヴィラールのセーブに阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはユナイテッド。50分、スローインを受けたボックス左手前からラッシュフォードがミドルシュート。しかし、これは相手GKが正面でセーブ。 ▽先制点が欲しいベンフィカは、59分にピッツィを下げてジブコビッチを投入。しかし、スコアを動かしたのはユナイテッドだった。64分、左サイドでムヒタリアンが倒されてFK獲得。このFKをラッシュフォードが直接狙うと、前に出ていたGKスヴィラールが戻ってキャッチするも、これがゴールラインを越えており、ユナイテッドのゴールが認められた。 ▽先制したユナイテッドだが、76分に先制点を記録したラッシュフォードが足を痛め、マルシャルと負傷交代を強いられるアクシデントが発生。それでも79分、ルカクのサイドチェンジを受けたマルシャルがボックス左から仕掛けると、ほぼ角度のない位置からシュートを狙ったが、これはGKスヴィラールのセーブに阻まれた。 ▽その後、リードするユナイテッドは83分にマタを下げてリンガード、92分にムヒタリアンを下げてマクトミネイを投入し試合をクローズ。ラッシュフォードのFK弾で逃げ切ったユナイテッドがCL3連勝を飾り首位をキープしている。 ▽また、同日に行われたグループAのもう1試合、CSKAモスクワvsバーゼルは、バーゼルが2-0で勝利した。共にグループステージ1勝ずつで迎えた一戦は、序盤からアウェイのバーゼルが主導権を握る。 ▽すると29分、中盤でボールを奪ったT・ジャカがドリブルで中央を切り裂くと、ボックス手前からシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽迎えた後半は、1点を追うCSKAモスクワがポゼッションで大きく上回る。しかし、ゴール前での精度を欠き、チャンスを活かせない。対するバーゼルは、試合修了間際の90分にT・ジャカのロングパスで相手DFの裏に抜け出したオベルリンがドリブルでボックス内に侵入。冷静にゴール右隅にシュートを流し込んだ。 ▽結局、試合はそのまま2-0で終了。グループステージ連勝を飾ったバーゼルがグループAの2位をキープしている。 2017.10.19 06:36 Thu
twitterfacebook
thumb

フェライニがPSG移籍考慮? PSG宿泊ホテルに現れる

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニ(29)がパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍を考慮しているのかもしれない。フランス『レキップ』など複数メディアが、17日夜にブリュッセルでPSGのチームが宿泊するホテルに同選手が現れていたことを伝えている。 ▽『レキップ』など複数メディアが伝えるところによれば、現在ヒザのケガで離脱中のフェライニは17日、翌日にチャンピオンズリーグ(CL)のアンデルレヒト戦を戦うため、ベルギーのブリュッセルに滞在中のPSGのチームが宿泊するホテルを訪問。その際に大きな帽子を被って変装を試みていた同選手だが、その大柄な体躯と個性的なアフロヘアーを隠し切れず、PSGに帯同しているメディアにバレてしまい、愛車に乗り込む様子を撮影された。 ▽フェライニの今回の訪問の目的に関しては、今冬の移籍に向けた極秘交渉という見方がある一方、ただ単にベルギー代表の同僚であるDFトマス・ムニエの激励に訪れただけとの見方もあるが、果たして…。 2017.10.18 23:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの若手MFアンドレアス・ペレイラがスピード違反で8カ月の免許停止

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するU-23ブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(21)が、スピード違反で8カ月の免許停止処分を科された。『ESPN』が伝えている。 ▽『ESPN』が伝えるところによれば、現在バレンシアにレンタル移籍中のペレイラは、16日午後に時速50Km制限の道路で自身の愛車ベントレーを運転した際に、時速148Kmのスピードを出して走行し、これが備え付きのセンサーに引っかかり、およそ100Kmの速度超過によって、8カ月の免許停止および3600ユーロ(約48万円)の罰金処分を科された。 ▽なお、今回の処分を受けて、ペレイラは自身の『ツイッター』を通じて以下のようなコメントを残している。 「とても申し訳ないことに、僕は昨日(16日)の午後に自分の車で速度超過を犯してしまった。今回の処分を受け入れるつもりだ」 「今回の出来事を受けて、車を運転するときは細心の注意を払い、ルールを遵守することを学んだよ」 ▽今夏、出場機会を求めてユナイテッドからバレンシアにレンタル移籍したペレイラは、ここまでリーグ戦6試合に出場し1ゴールを記録している。 2017.10.18 23:25 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース