新潟が鳥栖からFW富山貴光を期限付き移籍で獲得「自分の持ってる力全てをチームに尽くしていきたい」2017.08.12 17:54 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルビレックス新潟は12日、サガン鳥栖に所属するFW富山貴光(26)を期限付き移籍で獲得した。契約期間は2018年1月31日となっている。

▽栃木県出身の富山は、2013年に早稲田大学から大宮アルディージャに入団。2016シーズンから鳥栖に活躍の場を移すと、昨シーズンは明治安田生命J1リーグ25試合5得点を記録。

▽しかし、今シーズンはここまでリーグ戦8試合、YBCルヴァンカップ3試合、天皇杯1試合の出場に留まっていた。富山は両クラブを通じてコメントしている。

◆アルビレックス新潟
「このたび、アルビレックス新潟に加入することになりました富山貴光です。 J1残留のために、自分の持ってる力全てをチームに尽くしていきたいと思います。 アルビレックス新潟のファン・サポーターの皆さまどうぞよろしくお願いいたします。」

◆サガン鳥栖
「この度、アルビレックス新潟に期限付き移籍する事になりました。急な移籍となり、本当に申し訳なく思っています。サガン鳥栖のファン・サポーターの皆さまには、良い時も悪い時も温かい言葉をたくさん頂いてすごく励みになりました!チームの力になれなくて申し訳ありませんでした。この1年半、本当にありがとうございます。成長して、またいいお知らせが出来るように頑張ってきます!」

コメント

関連ニュース

thumb

酒井高徳弟・高聖がトライアル参加中の独3部クラブ、早大主将や秋田MFの挑戦も明らかに

アルビレックス新潟DF酒井高聖がトライアルに参加中のドイツ3部アーレンだが、その他2人のトライアル参加日本人選手の名前が明らかになった。地元紙『シュヴェービシェ・ツァイトゥング』が報じている。<br><br>先日、ハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳の弟にあたる高聖が、アーレンの練習に参加していることが伝えられていた。現地では、日本人4人がトライアルに参加するとされていたが、地元紙は新たに練習に励んでいる2人の日本人選手の写真を掲載。その2人は「ジュンヤ・スズキ」と「ヒロユキ・フルタ」だという。<br><br>その2人とは、どうやら早稲田大学サッカー部の主将・DF鈴木準弥(21)と、期限付きでブラウブリッツ秋田に在籍するMF古田寛幸(26)のことのようだ。彼らは6日から現地に滞在している模様。残る4人目の選手は、来週からトライアルを受けることになるようで、その名前はまだ明かされていない。<br><br>鈴木や酒井高聖は、アーレン市を本拠とするエージェンシー「スヴェン・イエーガー&ギド・ワルター」と契約している。酒井高徳も所属する同社が担当する選手一覧に唯一含まれるその他の日本人選手は、新潟DFの長谷川巧。そのため、来週に現地入り予定の4人目は19歳のDFなのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.08 20:29 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿】ダブル・シルバ流出でクラブ史上初の降格《アルビレックス新潟》

▽歴史が動き、シーズンが閉幕した2017明治安田生命J1リーグ。最終節まで優勝争い、残留争いが繰り広げられ、最後まで目が離せない白熱したシーズンとなった。 ▽「DAZN」マネーにより、シーズンの成績で今後のクラブ強化に大きな影響を及ぼすこととなった2017シーズン。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブを総括。トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価で振り返る。第2弾は終盤に驚異的な追い上げを見せるもクラブ史上初のJ2降格となったアルビレックス新潟を総括する。 <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171206niigata_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div> <hr><span style="font-weight:700;">【主なトピック】</span> ●ダブル・シルバの流出 ●三浦文丈監督辞任&呂比須ワグナー監督就任 ●クラブワーストの16試合勝利なし ●クラブ史上初のJ2降格&15年ぶりのJ2<hr>▽2004年に昇格して以降、14シーズンにわたって戦ってきたJ1の舞台からついに降格した。MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ)とFWラファエル・シルバ(浦和レッズ)の両主軸が流出したチームは、10試合を終えた段階でわずか1勝に終わり、三浦文丈監督が辞任に追い込まれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171206niigata_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽その後、呂比須ワグナー監督を迎えるも16試合未勝利のクラブワースト記録を更新と、チーム状態は好転せず。終盤こそ4連勝と粘ったが、2試合を残してのJ2降格が決まった。 ▽降格の要因は主力の流出と、代役の外国人選手たちが機能しなかったことに他ならない。レオ・シルバは鹿島でJ1準優勝、ラファエル・シルバは浦和でACL優勝に、コルテースはグレミオでコパ・リベルタドーレス優勝にそれぞれ貢献したことを考えれば、失った戦力の大きさは計り知れないものだった。皮肉にも、ラファエル・シルバ、コルテースはクラブ・ワールドカップに出場することとなる。 ▽代役として迎えた助っ人では俊足のFWホニこそ戦力となったものの、MFジャン・パトリック、MFチアゴ・ガリャルドはシーズン中に契約解除に至り、後半戦の起爆剤として期待されたFWドウグラス・タンキは2ゴールに終わり、いずれも期待に応えることはできなかった。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171206niigata_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MF小泉慶(22) 明治安田生命J1リーグ33試合出場(先発33試合)/2得点<hr>▽本職はボランチの小泉だが、シーズン後半戦は右サイドバックとしてチームを支えた。累積警告による出場停止で1試合を欠場した以外はフル稼働し、三浦監督、呂比須監督の両指揮官に多大なる信頼を置かれていた。また、キャプテンを任されるなど22歳ながら精神的支柱としての役割も果たしていた。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度「E」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171206niigata_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽補強は完全に失敗したと言わざるを得ない。助っ人はホニを除いていずれも期待外れだった。夏には最下位を脱出するべく名古屋からMF磯村亮太とDF大武峻、鳥栖からMF小川佳純とFW富山貴光を獲得も、チームにフィットするのに時間がかかり、低空飛行が続いた。 ▽シーズン前に加入したGK大谷幸輝は正守護神の座を奪い、新人のMF原輝綺は序盤こそレギュラーポジションを確保していたが、後半戦は出場機会に恵まれなかった。大幅な戦力流出を補えなかった点は、J2降格に影響したと言わざるを得ない。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 「E」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171206niigata_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽リーグ最多失点、ワースト2位の得点では残留を果たすのは至難の業だ。開幕前の予想通り、主力の大量流出があったチームを、J1で指揮を執った経験のない監督が率いて残留できるほど甘くはなかった。 ▽昨シーズンは15位、薄氷のJ1残留と厳しいシーズンとなったものの、オフの動きは鈍かった。前述の通り主力流出を止めることができず、選手の数こそ多くチームに迎えたが、補強失敗から監督の選考まで、結果として何もかもが噛み合わなかった。 ▽最終盤、6戦無敗、4連勝でのシーズンフィニッシュと意地を見せる戦いはしたものの、立役者の1人である呂比須監督は、今シーズンでチームを去ることが決定している。当然の降格という結果に終わったが、久々に戦うJ2の舞台でシーズン終盤の勢いが出せるかは、オフの動き次第。1年前の二の舞にならないことを願うべきだろう。 2017.12.06 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟、正GK大谷幸輝の入籍を発表「引き続き応援よろしくお願いします」

▽アルビレックス新潟は3日、GK大谷幸輝(28)が入籍したことを発表した。 ▽クラブで守護神を務める大谷は、今シーズンの明治安田生命J1リーグの23試合に出場。降格を免れることはできなかったものの、最終盤の追い上げを支えてチームの最下位回避に貢献した。 ▽大谷はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「このたび、以前からお付き合いさせていただいた方と入籍いたしました。新しく家族ができ、責任も強くなります。よりいっそう結果にこだわって、がんばっていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」 2017.12.03 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟、現役引退の“ミスターアルビ”本間と退任の呂比須ワグナー監督ラストマッチを勝利! 4連勝の有終の美でJ1を去る《J1》

▽2日に明治安田生命J1リーグ第34節のアルビレックス新潟vsセレッソ大阪がデンカビッグスワンスタジアムで行われ、1-0で新潟が勝利した。 ▽Jリーグも最終節を迎えた。ここまで6勝7分け20敗で最下位に沈む新潟(勝ち点25)と、19勝6分け8敗で3位に位置するC大阪(勝ち点63)の対戦。前節の清水エスパルス戦を3-2で勝利して3連勝中の新潟はその一戦から先発メンバーを1人のみ変更。大野に代えてソン・ジュフンを起用した。 ▽一方、前節のヴィッセル神戸戦を3-1で勝利して来シーズンのACL出場権獲得となる3位を確定させたC大阪は、その一戦と同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 ▽試合は、今シーズン限りでの現役引退を発表した新潟の本間と今シーズン限りでの退任を発表している呂比須ワグナー監督を勝利で送り出したい好調の新潟が立ち上がりから攻勢に出る。8分、右サイドを突破したホニがボックス右深い位置まで侵攻し、中央へ折り返す。ファーサイドに河田が走り込んだが、ここはギリギリのところでクリアされる。こぼれ球をホニが左足を振り抜くも枠を捉えることができない。 ▽その後も押し込むのは新潟。19分、ボックス左手前でパスを受けたホニがカットインから右足を振り抜く。これが木本の足に当たってボールはゴール方向に飛ぶが、GKキム・ジンヒョンに弾き出された。 ▽ここまで押し込まれる時間帯が続くC大阪は、攻勢を強めたいものの攻撃のスイッチを入れるパスがズレてしまい、リズムを作ることができない。 ▽新潟が試合のペースを握るもゴールは生まれないまま試合を折り返すと、C大阪がボールを保持し始める。57分、サイドチェンジをボックス右外で受けた水沼がワントラップでボックス内へ切れ込み左足でシュート。しかし、これは右サイドネットに嫌われる。 ▽その後も互いにチャンスを活かしきれない中、新潟がついに均衡を破る。77分、ハーフウェイライン付近でパスを受けた山崎が前線へスルーパス。抜け出したホニがGKキム・ジンヒョンとの一対一を迎えてゴール左へと流し込んだ。 ▽このゴールで先制に成功した新潟は88分、山崎に代えて今シーズン限りでの現役引退を発表した本間を投入。小泉が本間にキャプテンマークを託す。そして、試合は1-0のまま試合終了。新潟が“ミスター・アルビレックス”本間の引退と、呂比須ワグナー監督の退任に勝利で花を添えた。 2017.12.02 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟DF堀米悠斗、第一子となる女の子誕生 「今後とも応援よろしくお願いします」

▽アルビレックス新潟は30日、DF堀米悠斗(23)に第一子となる女の子が11月30日に誕生したことを発表した。堀米はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「このたび、第一子が誕生しました。新しい命の誕生に立ち会うことができて本当に感動しましたし、がんばってくれた奥さんに心から感謝しています。家族のために、新潟のためにがんばらなくてはいけないとも、いっそう強く感じています。今後とも応援よろしくお願いします」 ▽堀米は2013年に北海道コンサドーレ札幌でデビュー後、福島ユナイテッドFCを経て、今シーズンから新潟入り。加入初年度の今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグ23試合に出場している。 2017.11.30 19:35 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース