大宮のU-20日本代表MF黒川淳史が右脛骨骨膜炎で離脱2017.08.12 16:44 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽大宮アルディージャは12日、MF黒川淳史が右脛骨骨膜炎と診断されたことを発表した。全治などは明かされていない。

▽7月末から別メニューでの調整を行っておきた黒川は、症状が改善次第、リハビリを開始する予定だという。

▽大宮アルディージャJr.ユース、ユースを経て、2016年にトップチームへ昇格した黒川は、2年目の今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで3試合、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で2試合に出場。ルヴァンカップではプロ初ゴールを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

イバルボ2発含む3ゴールで大宮粉砕! 鳥栖が3試合ぶりの白星《J1》

▽19日に明治安田生命J1リーグ第21節のサガン鳥栖vs大宮アルディージャがベストアメニティスタジアムで行われ、3-0で鳥栖が勝利した。 ▽ここまで8勝7分け7敗で10位につける鳥栖が、5勝4分け13敗で16位につける大宮をホームに迎えた。前節の横浜F・マリノス戦を0-1で敗れ、2試合白星がない鳥栖は、その一戦から先発メンバーを4人変更。藤田と青木、趙東建、田川に代えてキム・ミンヒョクと小林、豊田、FC東京から加入した河野を起用した。 ▽一方、前節のアルビレックス新潟戦を1-0で勝利し、6試合ぶりに勝ち点3を奪った大宮は、その一戦から先発メンバーを3人変更。奥井とマテウス、茨田に代えて山越と横谷、岩上を起用した。 ▽ホームの鳥栖は、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスとのコラボマッチとなり、白ベースの赤いストライプが入った『鷹の祭典2017』コラボユニフォームを着用してこの一戦に臨んだ。 ▽試合は立ち上がり、ホームの鳥栖が積極的に大宮陣内へと攻め入る。しかし、時間の経過とともに大宮も応戦。20分、マルセロ・トスカーノのパスでボックス右へ抜け出した岩上がボックス手前へポストプレー。走り込んだマルセロ・トスカーノがそのまま右足を振り抜くが枠を捉えることができない。 ▽対する鳥栖は35分、敵陣中央から細かいパス回しでボックス手前に侵攻し、最後は河野のパスを受けたビクトル・イバルボが右足で強烈なシュートを放つが、GK加藤に阻まれてしまう。 ▽終盤に差し掛かると徐々に鳥栖がペースを握り始める。迎えた44分、味方のスルーパスに反応したビクトル・イバルボがワントラップから強引に相手最終ラインへ抜け出して、飛び出したGK加藤との一対一を制した。 ▽1-0で試合を折り返すと、追いかける大宮が攻勢を強める。押し込まれる時間帯が続いた鳥栖だったが、一瞬の隙から追加点を奪う。60分、ビクトル・イバルボが左サイドでスローインを受けると、そのままボックス内へとカットイン。シュートフェイントを織り交ぜながら相手DF3枚を剥がしてゴール右上隅へ突き刺した。 ▽リードを広げた鳥栖は74分、GK権田からのロングフィードを豊田が頭で競り勝つ。これをボックス左手前で拾ったビクトル・イバルボが落とすと、これを受けた原川がそのままボックス中央やや左へ侵攻して、ゴールに流し込んだ。 ▽試合を難しくされた大宮は終盤、マテウスがボックス手前から強烈なシュート。しかし、GK権田に冷静に対処されてしまい、一矢報いることもできず、そのまま試合終了。ホームの鳥栖が3発で3試合ぶりの白星を飾った。 2017.08.19 21:37 Sat
twitterfacebook
thumb

江坂弾を守り抜いた大宮がリーグ戦6試合ぶりの白星を獲得!《J1》

▽13日に明治安田生命J1リーグ第22節の大宮アルディージャvsアルビレックス新潟がNACK5スタジアム大宮で行われ、1-0で大宮が勝利した。 ▽ここまで4勝4分け13敗で16位に位置する大宮(勝ち点16)と2勝3分け16敗で最下位に低迷する新潟(勝ち点9)が相まみえた。リーグ戦5試合勝利の無い大宮は、前節から横谷に代えて大山を先発で起用。対する新潟は、川崎F戦から先発を5人変更。ホニや小泉、GK守田らに代えて山崎や富澤、GK大谷らを起用した。 ▽残留圏脱出へ負けられない一戦で、先にチャンスを迎えたのは新潟。3分、チアゴ・ガリャルドが左サイドからロングスローを供給すると、混戦から最後にドウグラスタンキがシュートを放つ。しかし、これはGK加藤のセーブに阻まれた。 ▽前半半ばにかけて激しい展開が続く中、大宮は42分に決定機。茨田とのパス交換でボックス左に侵攻した和田がシュートを放ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのは新潟。61分、チアゴ・ガリャルドの左CKを矢野が頭で合わせるも、このシュートはラインギリギリで江坂にブロックされた。 ▽ピンチを凌いだ大宮は73分、浮き球のパスをボックス中央左寄りで河本が頭で落とすと、中央の江坂がワントラップから左足でボレーシュート。これがゴール右に突き刺さった。 ▽その後は新潟の猛攻に遭うも、最後まで集中した守りでこれを凌いだ大宮が、6試合ぶりの白星を獲得。残留を争う新潟との大一番で勝ち点3を獲得した。 2017.08.13 21:46 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢が大宮DF沼田圭悟を完全移籍で獲得!

▽ツエーゲン金沢は12日、大宮アルディージャからDF沼田圭悟(27)を完全移籍で獲得した。 ▽沼田は群馬県出身で、高崎経済大学附属高からブラジルへとわたり、2012年にガンバ大阪へ移籍。その後、カマタマーレ讃岐を経て2016年に大宮に加入した。昨シーズンは公式戦22試合に出場したが、今シーズンは明治安田生命J1リーグで1試合、YBCルヴァンカップ1試合、天皇杯2試合の出場に留まっていた。沼田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ツエーゲン金沢 「みなさんはじめまして!大宮アルディージャから完全移籍でツエーゲン金沢に加入した沼田圭悟です!ツエーゲン金沢は以前から声をかけてくださっていたので、加入が実現し、本当に嬉しいです。これから、ツエーゲン金沢と石川県を盛り上げていきたいと思っていますので、一緒に頑張って行きましょう!」 ◆大宮アルディージャ 「このたび、ツエーゲン金沢に移籍することになりました。1年半の間で楽しいこともつらいこともありましたが、大宮のファン・サポーターの皆さんと戦えて本当に良かったです。このタイミングでの移籍は自分の中で非常に悩みましたが、金沢で試合に出て活躍する姿を見せられるように頑張りますので、今後もよろしくお願いします。本当にありがとうございました」 2017.08.12 17:34 Sat
twitterfacebook
thumb

大久保の復活弾でFC東京が7戦ぶり白星! 大宮はカウエの初ゴールで追いつくも敗れる《J1》

▽9日、明治安田生命J1リーグ第21節の大宮アルディージャvsFC東京がNACK5スタジアム大宮で行われ、1-2でFC東京が勝利した。 ▽前節、浦和レッズとの“さいたまダービー”で終盤に追いつき2-2のドローに終わった16位大宮と、川崎フロンターレとの“多摩川クラシコ”で1-1のドローに終わった11位FC東京の対戦。大宮は4試合、FC東京は6試合勝利から遠ざかっている。 ▽大宮は前節から2名を変更。大山、岩上に変えて、横谷、マテウスを先発させた。一方のFC東京も2名を変更。徳永、ピーター・ウタカに変えて、チャン・ヒョンス、前田を起用した。 ▽試合は序盤から互いに攻め込む展開に。14分、マルセロ・トスカーノの縦パスをボックス中央で江坂が落とすと、マテウスがダイレクトシュート。しかし、これはわずかに枠の右へと外れる。 ▽30分、FC東京がセットプレーから先制する。右CKを得ると、太田のクロスが流れるも、ルーズボールが前田に当たって入りFC東京が先制する。 ▽大宮は33分、ワンツーから奥井が太田との競り合いを制して抜け出すと、ボックス内右からグラウンダーのクロス。しかし、これは走り込んだマテウスには合わない。 ▽39分にはFC東京がゴール正面でFKのチャンス。これを太田が直接狙うも、シュートは壁に当たりゴールとはならない。44分には橋本がミドルシュート。これは枠を捉えるも、GK加藤がセーブする。 ▽FC東京が1点リードで迎えた後半、大宮が攻勢に出る。47分、左サイドを仕掛けたマテウスがボックス内に持ち込むと、そのままシュート。ファーサイドでマルセロ・トスカーノが詰めるも、わずかに届かない。49分には再びマテウスが抜け出すと、ボックス内左でシュート。しかし、DFチャン・ヒョンスがブロックに入り事なきを得る。 ▽追いつきたい大宮は64分に横谷、茨田に代えて大山、そして浦和戦で同点ゴールを記録した瀬川を投入して流れを変えに行く。すると70分、右CKを得た大宮はゴール前にクロス。これはクリアされるも、こぼれ球をカウエがボレー。強烈なシュートがネットに突き刺さり、大宮が同点に追いつく。 ▽追いつかれたFC東京は、73分に前田に代えて大久保を投入。するとこの采配が的中する。77分、左サイドのスルーパスに抜け出した太田がラインぎりぎりで折り返すと、ボックス中央で受けた大久保が狙い済ましてシュート。これが左隅に決まり、FC東京が勝ち越しに成功する。大久保は第14節以来のゴールとなった。 ▽再びリードを許した大宮は、DF菊地を前線に上げて捨て身で攻勢に出る。アディショナルタイム2分には、クロスの流れからカウエが狙い済ましてシュートを放つも枠を外れる。ラストプレーではGK加藤が敵陣に上がりクロス。これに菊地が合わせるも枠を捉えられずに試合終了。FC東京が7戦ぶりの白星、大宮はまたしても追いつきながらも勝ち越しを許す展開で敗戦となった。 2017.08.09 21:01 Wed
twitterfacebook
thumb

白熱のさいたまダービーはドロー決着《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第20節の浦和レッズvs大宮アルディージャが5日に埼玉スタジアム2002で行われ、2-2で終了した。 ▽ここまで9勝2分け9敗で8位に位置する浦和と4勝3分け12敗で16位の大宮によるさいたまダービー。ペトロヴィッチ監督を解任して堀コーチを昇格させた浦和は前節から駒井、李、出場停止の槙野に代えて宇賀神、ズラタン、菊池を起用。対する大宮は長谷川アーリアジャスールと大前に代えて奥井とカウエを先発起用した。 ▽一進一退の序盤を経て徐々にペースを掴み始めたのは浦和。まずは19分、ルーズボールを拾ったズラタンが仕掛けてペナルティアーク付近で右足を振る。コントロールされたシュートだが、わずかに右に外れた。さらに21分には、CKのこぼれ球に反応した宇賀神が浮き球をダイレクトボレー。このシュートがゴール左に飛んだが、GK加藤のファインセーブに遭う。 ▽それでも、浦和は27分に先制する。ゴール前で浮き球をバックパスした際に大宮DF奥井がハンドの判定を取られ、浦和がPK獲得。興梠が冷静にゴール左にシュートを沈め、浦和が一歩リードした。 ▽先行した浦和はハーフタイムにかけても得点を狙いにいくと、前半終了間際に決定機。右サイドで仕掛けた関根のグラウンダークロスに、正面に走り込んだ遠藤が合わせる。しかし、このシュートはDFにディフレクトし、わずかにゴール右にはずれる。 ▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのは相手のミスを突いた大宮。宇賀神が自陣でのFKで正面の遠藤に横パス。ボールを見ていなかった遠藤を尻目にマルセロ・トスカーノがボールを奪うと、最後はマテウスがコントロールシュートを沈めて、大宮が同点に追いつく。 ▽それでも、浦和はすぐさまリードを手にする。左サイドで仕掛けた菊池が鋭いクロスを入れると、これを処理しようとしたGK加藤がボールをこぼす。ルーズボールを押し込んだ柏木のゴールで浦和が勝ち越した。 ▽だが、大宮も食い下がる。右サイドの岩上が鋭いアーリークロスを供給。これに正面で合わせた瀬川のヘディングシュートがワンバウンドすると、GK西川の頭上を越えてネットイン。大宮が再び同点に追いついた。 ▽その後もオープンゲームが続くが、両者譲らずそのまま試合終了。白熱のダービーは勝ち点を分け合う結果となった。 2017.08.05 21:04 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース