大宮のU-20日本代表MF黒川淳史が右脛骨骨膜炎で離脱2017.08.12 16:44 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽大宮アルディージャは12日、MF黒川淳史が右脛骨骨膜炎と診断されたことを発表した。全治などは明かされていない。

▽7月末から別メニューでの調整を行っておきた黒川は、症状が改善次第、リハビリを開始する予定だという。

▽大宮アルディージャJr.ユース、ユースを経て、2016年にトップチームへ昇格した黒川は、2年目の今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで3試合、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で2試合に出場。ルヴァンカップではプロ初ゴールを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

残留を争う大宮に痛手…DF渡部大輔が右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治4週間

▽大宮アルディージャは17日、DF渡部大輔の負傷を発表した。 ▽渡部は、14日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節の横浜F・マリノス戦に先発出場。しかし、ハーフタイムで交代していた。 ▽クラブの発表によると、渡部は右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。全治は4週間とのことだ。 ▽今シーズンの渡部は、J1で12試合に出場し、1ゴールを記録していた。 2017.10.17 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ACL目指す横浜FMが痛いドロー…大宮は勝ち点奪うもマルセロ・トスカーノ退場…《J1》

▽14日に明治安田生命J1リーグ第29節の横浜F・マリノスvs大宮アルディージャが日産スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節のガンバ大阪戦に2-1で勝利したACL出場権を争う4位の横浜FM(勝ち点51)が、清水エスパルス戦をゴールレスドローで終えた残留を争う17位の大宮(勝ち点22)を迎えた。横浜FMはそのG大阪戦から松原とマルティノスに代えて、遠藤とイッペイ・シノヅカを送り出した。一方の大宮は1点の変更で、大前を外してマテウスが起用されている。 ▽インターナショナマッチウィークの影響で2週間ぶりの開催となった一戦は、横浜FMがバックラインから丁寧にビルドアップしていき、大宮はハーフウェイライン付近に前線のマルセロ・トスカーノを置いて、自陣に3ラインのブロックを敷いて構える。 ▽すると最初のチャンスは守勢の大宮で、5分に左CKの流れから遅れてボックス内に入ってきたカウエが飛び込む。しかしボールを押し込むことはできず、このチャンスを活かしきれない。横浜FMも7分、左サイドで天野とのパス交換からボックス内に入ってきた山中が左足で狙う。9分にも攻め込んだ状態からボックス手前でこぼれ球を拾ったウーゴ・ヴィエイラが狙っていくが、どちらも決めきることはできない。 ▽すると横浜FMは10分に決定機。前線で山中からのボールを受けたウーゴ・ヴィエイラが前を向き直し、ステップワークで相手を翻弄。そのままボックス内へと侵入してシュートを狙ったが、ここはGK加藤がセーブした。このプレーの中で、こぼれ球を押し込みにかかったウーゴ・ヴィエイラが、クリアに入った渡部と同時にボールを蹴りに行き、ヒザを負傷。ピッチを出て治療を終えたウーゴ・ヴィエイラはプレーを続けるも、15分にはプレーをやめてピッチに座り込む。同選手はそのまま担架で運び出され、18分に富樫が投入された。 ▽すると直後のプレーで試合が動く。左サイドのライン際でボールを受けたマルセロ・トスカーノがワンフェイク入れてタイミングを外してゴール前にクロスを入れる。逆サイドから斜めに走り込んでフリーな状況を作った横谷が好クロスをしっかりと頭で押し込み、横谷の今季初ゴールで劣勢だった大宮が先制に成功した。 ▽嫌な流れのまま点を失った横浜FMは、その後もポゼッションこそ握るも攻めあぐねる場面が散見。29分にはボックス手前でルーズボールを拾った中町が横に出したボールを前田がダイレクトで狙っていったが、枠を大きく外す。38分には右サイドからカットインしたイッペイ・シノズカのクロスボールを、ボックス内で収めた天野が反転して右足で狙うも、ここはクロスバーに阻まれる。前半アディショナルタイムにはボックス左でこぼれ球を拾った富樫が左足でシュートを放つが、GK加藤の好守に阻まれ、前半は大宮が1点リードのまま終わった。 ▽迎えた後半、大宮はハーフタイムで渡部を下げて山越を投入する。すると最初のチャンスは大宮で49分にカウンターからボックス右の江坂がシュート。ディフレクトしたボールを逆サイドのマルセロ・トスカーノが頭で押し込みにかかるが、中澤がこのシュートをヘディングでクリアする。さらに57分には中澤の背後を取った江坂が独走。GKと一対一を迎えるが、シュートは枠を捉えきれず。 ▽すると直後の58分、ボックス手前左でボールを受けた中町が、相手の寄せが緩いと見るや右足を一閃。低い弾道のシュートがゴールマウス右隅を捉え、横浜FMが同点とする。60分にはイッペイ・シノズカを下げてマルティノスを送り出して勝ち越しを目指す。 ▽一方の大宮は65分に奧井のクロスからマルセロ・トスカーノが頭で合わせるなど、シュートで攻撃を終える場面が増える。69分にもこぼれ球を拾ったマテウスがボックス右からシュートを狙っていくがわずかに枠を外す。横浜FMも78分に山中の縦パスを受けたマルティノスがボックス左からディフェンダーとの間合いを測って右足で狙っていくが、相手のブロックに阻まれるなど、こちらもチャンスを決めきれない。 ▽終盤はオープンな展開となるが、どちらもチャンスを作りながらも決めきれない。さらに後半アディショナルタイムには大宮にアクシデント。マルセロ・トスカーノが2度目の警告で退場してしまう。試合はそのまま終了を迎え、ACL出場権を狙う横浜FCにとっては痛いポイントロス。追いつかれた大宮にとっては、次節にマルセロ・トスカーノが出場停止となるなどこちらも苦しい結果となった。 2017.10.14 16:01 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮が「クラブ設立20周年記念ロゴ」を発表! 「リスの尻尾」と「水引の帯紐」をイメージ

▽大宮アルディージャは10日、「クラブ設立20周年記念ロゴ」を発表した。 ▽大宮は、1969年創部の電電関東サッカー部が前身のチームで、1998年12月4日にNTTグループ及び関連企業18社が出資して、運営会社である「エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ株式会社」が設立。2018年12月4日にクラブ創設20周年を迎える。 ▽1999年にJリーグに加盟した大宮はJ2で戦いを続けると、2004年にJ2で2位となり、クラブ史上初のJ1昇格。J1昇格後は、結果が出ず、残留争いが代名詞となるほどに。しかし、J1昇格10シーズン目の2014年に16位に終わり、J2へと降格した。 ▽2015年はJ2での戦いとなったが、現在のチームの基盤となる選手たちを補強。1年でのJ1復帰を目指すと、シーズン中盤から首位に立ちそのままJ2優勝を達成した。2016年は、復帰元年となったが、これまでの大宮のイメージを覆す結果に。シーズン終盤まで上位を維持し、クラブ史上最高となるJ1を5位で終えた。 ▽しかし、2017年は再び低迷。現在は降格圏内の17位に位置しており、残り試合での残留を目指す。 ▽大宮は「ファン・サポーターの皆さまをはじめ、ホームタウンの皆さま、パートナー企業の皆さま、サポートスタッフの皆さま、そして、すべてのアルディージャファミリーの皆さまに支えられて、20周年の節目の年を迎えることができます」とし、「これまで支えていただいた、すべての皆さまへの感謝の気持を忘れずに、これからも皆さまと「未来を、ともに。」歩むべく、20周年となる節目の都市を未来へつなげて参ります」と更なる発展を目指すとした。 ▽ロゴは「クラブエンブレムにある5本線」でクラブ設立20周年を表現。アルディージャらしさを表すべく、「リスの尻尾」を象徴的にあしらっている。5本線による表現は慶事に相応しい「水引」の帯紐もイメージしているとのことだ。 2017.10.10 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

大宮の大卒ルーキーDF河面旺成がプロA契約締結

▽大宮アルディージャは1日、DF河面旺成(23)とのプロA契約締結を発表した。9月20日の天皇杯ラウンド16の筑波大学戦にてプロA契約締結条件を満たした。 ▽京都府出身の河面は、明治大学から今シーズン加入。まだリーグ戦出場こそないものの、ここまでJリーグカップ6試合、天皇杯1試合の出場を記録している。 ▽河面はプロA契約締結を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「このたび、プロA契約を締結することができました。これからも常に上を目指し、サッカー選手としてはもちろん、一人の人間としても日々、成長していくことができるように取り組んでいきます」 2017.10.01 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

降格危機の大宮、清水にゴールレスで勝ち点3ならず《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第28節の大宮アルディージャvs清水エスパルスが30日にNACK5スタジアム大宮で行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで5勝6分け16敗で17位と苦しむ大宮(勝ち点21)と、7勝7分け13敗で13位に位置する清水(勝ち点28)が相まみえた。大宮は、2-1で敗れた前節のジュビロ磐田戦から大屋、大山、マテウス、岩上に代えて渡部、横谷、カウエ、トスカーノを起用。対する清水は、1-3で敗れた前節のサンフレッチェ広島戦から二見、金子に代えてカヌ、鄭大世をスタメンで使った。 ▽試合はホームの大宮が力強い入りを見せる。縦に速く攻める大宮は早めにゴール前のトスカーノにボールを集めていく。しかし、時間の経過とともに清水も盛り返し、前半の半ばにかけては激しい中盤の潰し合いとなり、一進一退の好勝負が展開される。 ▽拮抗した状態の中、決定機創出は個の力から。34分、右サイドのタッチライン付近からカットインしたチアゴ・アウベスが得意の左足を一閃。強烈なブレ球シュートがファーサイドに飛んだが、わずかにゴール左上を捉えることができず逸れていき、清水の先行弾とはならない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりは清水が優勢に試合を進める。58分にはセットプレーからチャンスを演出。左サイドのチアゴ・アウベスがゴール前に鋭いFKを入れると、正面の鄭大世が頭で飛び込む。しかし、鄭大世のヘディングシュートは枠を捉えられない。 ▽3ポイントが欲しい状況で苦しい大宮だが、徐々に盛り返す。63分にはセットプレーから決定機。右CKに正面の江坂が頭で合わせる。このヘディングシュートがゴール右のGKが届かない位置に飛んだが、ゴールラインにカバーに入っていた鄭大世にぎりぎりでクリアされてしまう。 ▽さらに大宮は67分にもゴールに迫る。ボックス内のゴール正面でパスを受けた江坂が反転してシュート。DFにブロックされたボールがゴールに向かうが、これはバーに直撃する。 ▽終盤も白熱の戦いが続くが、両者共に集中を切らさず、そのまま0-0で試合終了。両者譲らず、ゴールレスドローで勝ち点を分け合った。 2017.09.30 21:13 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース