山形が新潟DF西村竜馬の期限付き移籍での加入を発表!2017.08.12 15:56 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モンテディオ山形は12日、アルビレックス新潟に所属するDF西村竜馬(24) の期限付き移籍での加入を発表した。契約期間は2018年1月31日までとなっている。

▽新潟ユース出身の西村は、2012年にトップチームに昇格するも、同クラブでは出場機会を得ることができず。ブラジルのGEマウアエンセやJAPANサッカーカレッジ、アスルクラロ沼津へレンタル移籍を繰り返していた。

▽4シーズンぶりに新潟へ復帰した昨シーズンは、リーグ戦7試合に出場。今シーズンはここまでリーグ戦2試合、ルヴァンカップ4試合、天皇杯2試合に出場していた。

▽期限付き移籍が決定した西村は、両クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。

◆モンテディオ山形
「このたびモンテディオ山形でプレーさせていただく西村竜馬です。泥くさくても最後まであきらめない、自分らしいプレーでチームの力になれるように全力でがんばります。応援よろしくお願いします」

◆アルビレックス新潟
「このたびモンテディオ山形に期限付き移籍することとなりました。サポーターの皆さんに直接ご挨拶ができず、申し訳なく思います」

「新潟が厳しい状況に置かれている中で、力になることができず、自分自身もどかしさと悔しさ、申し訳なさがありますが、より成長してたくましく戻ってこられるようにがんばってきたいと思います。応援よろしくお願いします。僕も、新潟を応援しています」

コメント

関連ニュース

thumb

山形が広島MF長沼洋一を育成型期限付き移籍で獲得

▽モンテディオ山形は18日、サンフレッチェ広島に所属するMF長沼洋一(20)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2017年8月18日から2018年1月31日までとし、当該間で対戦する全ての公式戦に出場することができない。背番号は「32」に決定している。 ▽長沼は、2016年に広島ユースからトップチーム昇格を果たした。今シーズンはここまで、YBCルヴァンカップで6試合1得点を記録。天皇杯には1試合出場していた。 ▽山形への加入が決定した長沼は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「サンフレッチェ広島から来ました長沼洋一です。モンテディオ山形の勝利に貢献できるように精一杯、頑張ります。応援をよろしくお願いします」 ◆サンフレッチェ広島 「モンテディオ山形に期限付き移籍することになりました。このタイミングでチームを離れることになり迷惑をかけますが、自分が一段階でも二段階でも上の選手になるために決断しました。成長して広島に帰ってきたいと思いますので、今後とも応援をよろしくお願いします」 2017.08.18 15:41 Fri
twitterfacebook
thumb

山形が鳥栖MF太田徹郎を期限付き移籍で獲得「また山形でプレーできることを大変嬉しく思います」

▽モンテディオ山形は25日、サガン鳥栖のMF太田徹郎(28)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2018年1月31日までとなる。 ▽太田は柏レイソルの下部組織出身で、2008年に山形に入団。2012年までの5シーズンを過ごし、2013年に柏へと移籍。今シーズンから鳥栖でプレーしていた。 ▽鳥栖ではYBCルヴァンカップで4試合に出場したものの、リーグ戦での出場はなし。山形へは5シーズンぶりの復帰となる。太田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「山形の皆さんこんにちは。今回サガン鳥栖から移籍してきました太田徹郎です。また山形でプレーできることを大変嬉しく思います。しっかりとチームに貢献してJ1に昇格できるよう精一杯頑張ります。宜しくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖に関わる全ての皆さま、いつも温かい応援ありがとうございます。今回、モンテディオ山形に移籍することになりました。チームの力になれないまま去ることは心苦しいですが、次のチームでまた成長できるようにこれからも頑張ります」 2017.07.25 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

山形MF風間宏希に第一子となる女の子が誕生 「妻、娘には本当に感謝」

▽モンテディオ山形は20日、MF風間宏希(26)に第一子となる女の子が誕生したことを発表した。風間はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度第一子の女の子が生まれました。頑張ってくれた妻、娘には本当に感謝しています。ここからよりサッカー選手として、一人の人間として大きくなっていきたいなと思います。今シーズンも残り半分ですが、チームの勝利をサポーターの皆さんにたくさん届けられるよう頑張ります。これからもご声援よろしくお願いします」 ▽名古屋グランパスを率いる風間八宏監督を父に持つ風間は、ポルトガルやドイツのクラブを経て、2012年に川崎フロンターレでJリーグキャリアをスタート。その後、ギラヴァンツ北九州を経て、今シーズンから山形に活躍の場を移した。その今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ20試合に出場している。 2017.07.20 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

山形、DF瀬川和樹&FW瀬沼優司の負傷発表…両選手ともに2週間以上の離脱に

▽モンテディオ山形は18日、DF瀬川和樹、FW瀬沼優司の負傷を発表した。 ▽瀬川は全治3週間の左ヒザ関節ねん挫。瀬沼に関しては、全治2~4週間の右ヒラメ筋肉離れと診断されたという。 ▽瀬川は、今シーズンのここまで明治安田生命J2リーグ18試合に出場。瀬沼は21試合に出場し、6得点をマークしている。 2017.07.18 18:01 Tue
twitterfacebook
thumb

佐藤寿人が技ありで先制点演出!!名古屋が1点守り抜き勝利…山形は4連敗《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第23節の試合が16日に各地で行われた。 ▽直近6試合で1勝5敗の7位名古屋グランパス(勝ち点34)と、3連敗中の12位モンテディオ山形(勝ち点32)の一戦は、ホームの名古屋が1-0で勝利した。 ▽山形は勝てば順位を入れ替えることができる直接対決に攻勢を強めて挑むが、名古屋が一瞬の隙を逃がさなかった。29分に佐藤寿が巧みな動き出しで山形のディフェンスラインの裏へ抜け出すと、相手DFを完全に置き去りに。ボックス右でフリーとなった佐藤寿がファーで待つ押谷の頭へ合わせ、先制点を演出した。その後、一進一退の攻防が続いたが、スコアは動かず。試合は前半のリードを守り切った名古屋が勝利し、山形は4連敗を喫した。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170716_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽3連敗中で13位に沈む愛媛FC (勝ち点31)と、11位大分トリニータ(勝ち点33)の一戦は、2-2のドローとなった。 ▽試合は序盤から愛媛がボールを支配したが、26分に大分が先制する。大津がボックス手前左でロングボールを収めると、そのままシュートを選択。右足でコントロールされたボールはゴールネット右を揺らした。しかし、折り返して52分、大分が追いつく。相手陣内でルーズボールを拾った河原がドリブルを開始。ボックス手前中央まで運びシュートを放つと、これがゴール左隅に決まり、試合を振り出しに戻した。 ▽さらに、勢いに乗った愛媛は60分に丹羽を下げて有田を投入。すると70分、ボックス手前中央でこぼれ球を拾った有田が相手DFに体を当てながら上手くターンし、ボックス内へ侵攻。GKとの一対一となった場面でループシュートを決め、監督の起用に応えるように逆転に成功する。 ▽それでも諦めない大分に、土壇場で得点が生まれる。試合は終了間際の95分、愛媛には不運な形で訪れる。大分の左からのクロスをキャッチしにようとしたGKがファンブルをする。これを見逃さなかった小手川が、ボックス手前中央で待ち構えていた前田へパスを送る。これをGK不在のゴールへ流し込み、劇的な同点弾をものにした。直後に笛が鳴り、愛媛は見えていた勝ち点「3」を逃がすこととなった。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170716_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽前節の群馬戦に2-0で勝利し今季2度目の連勝となった15位FC町田ゼルビア(勝ち点29)と、ここ2戦勝利から見放されている6位水戸ホーリーホック(勝ち点35)の一戦は、ホームの町田が2-0で勝利した。 ▽序盤は両チーム共にロングボールを多用。目立った決定機のないまま試合を折り返した。後半も膠着状態が続いたが、町田がサイドを起点に押し込み始めると、最終盤から大きな動きをみせた。76分、船谷が軽率なスライディングでPKを与えると、キッカーの中島が落ち着いて決め、先制点とした。 ▽続いて84分、平戸がドリブルでボックス内左へ侵攻しDFを翻弄。相手を引き付けてボックス中央へパスを供給すると、走り込んだ戸高が確実に押し込み点差を広げた。試合は終盤で得点を重ねた町田が、水戸相手にクラブ史上初めての勝利を収め、今季初の3連勝を飾った。 2017.07.16 20:28 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース