2026年のW杯開催地にモロッコが立候補…カナダ、メキシコ、アメリカの共催と争うことに2017.08.12 12:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モロッコサッカー連盟(FRMF)は11日、2026年のワールドカップ(W杯)開催地として立候補したことを発表した。FIFAも公式サイトで立候補があったことを発表している。

▽2026年のW杯には、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)のカナダ、メキシコ、アメリカの3つのサッカー連盟が今年4月に共同開催での立候補を発表していた。

▽2022年のW杯を開催するカタールが所属するAFC(アジアサッカー連盟)、2018年のW杯を開催するロシアが所属するUEFA(欧州サッカー連盟)の国々は2026年の開催地に立候補ができないものの、CONMEBOL(南米サッカー連盟)、OAF(オセアニアサッカー連盟)、CAF(アフリカサッカー連盟)の国は可能だったが、ここまでは立候補がない状態だった。

▽今年初めにはチリが開催国に立候補する可能性が報じられたが、結局のところ見送りに。対抗馬がないまま立候補の締め切りである8月11日になったが、直前でモロッコが手を挙げることを発表。 FIFAも立候補を認めた。

▽2026年のW杯では、現行の32カ国から48カ国に参加国が増加することが決定している。なお、最終決定は2018年6月13日、ロシアW杯の開幕前日に行われる第68回FIFA会議にて決定される。

コメント

関連ニュース

thumb

モロッコ代表、5大会ぶりのW杯出場に導いた“白い魔術師”と2022年まで契約延長

▽王立モロッコサッカー連盟(FRMF)は21日、エルヴェ・ルナール監督(47)と2022年までの新契約を締結することを発表した。FRMFのフォウジ・レクヤ会長が会見で明かした。 ▽フランス出身のルナール監督は、これまで2012年にザンビア代表、2015年にコートジボワール代表でアフリカネイションズカップ制覇を成し遂げた若き名将だ。故・ブルーノ・メツ氏の代名詞だった“白い魔術師”の異名を受け継ぐルナール監督は、2016年にモロッコ代表監督に就任した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ予選では自身が過去に率いたコートジボワールやガボン代表、マリ代表と同居した厳しいグループを勝ち抜き、モロッコを5大会ぶり5度目のW杯本大会出場に導いた。 ▽当初、契約交渉の難航によって2018年までとなっていた契約を更新しない見込みだったが、その後の交渉によって2022年までモロッコ代表を率いることになった。 2017.11.22 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ムニルがモロッコ代表に鞍替え希望か

▽モロッコ代表がバルセロナからアラベスにレンタル移籍中のスペイン代表FWムニル・エル・ハダディの国籍変更をスポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えかけているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽バルセロナ下部組織出身のムニルは、2014年9月に行われたユーロ2016予選のマケドニア代表戦でスペイン代表デビュー。従来の国際サッカー連盟(FIFA)に基づくルール上、公式戦に1試合でも出場した場合、その後の国籍を変えることができない。 ▽だが、ムニルはそのデビュー戦以降、代表から遠ざかっていることを理由に両親のルーツがあるモロッコへの国籍変更を希望。既に変更要請しているものの、スペイン側からなかなか協力を得られていない状況だという。 ▽そのモロッコ代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選を突破。5大会ぶり5回目となるW杯出場権を獲得している。果たして、“モロッコ代表のムニル”は誕生するのだろうか。 2017.11.16 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

コートジボワールとの直接対決を制したモロッコが5大会ぶり5度目のW杯出場《ロシアW杯アフリカ予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選・グループC最終節のコートジボワール代表vsモロッコ代表が11日に行われ、0-2でモロッコが勝利した。この結果、モロッコの5大会ぶり5度目のW杯出場が決まった。 ▽ここまで2勝2分け1敗で2位に位置するコートジボワール(勝ち点8)と、2勝3分けで首位に立つモロッコ(勝ち点9)によるW杯出場を懸けた直接対決。 ▽グループ首位がW杯出場となる痺れる状況で迎えた最終戦。コートジボワールはオーリエやケシエ、ザハにジェルビーニョといった面々を先発で起用した。対するモロッコはベナティアやジイェフ、ディラールといった面々を先発で起用した。 ▽一進一退の攻防で立ち上がった中、まずはコートジボワールがゴールに迫る。17分、ジェルビーニョがディフェンスライン裏に抜け出してボックス内からシュート。しかし、枠の上に外れた。 ▽ところが、コートジボワールが攻勢を強めていた矢先の25分、先手を取ったのはモロッコ。右サイドからディラールが左足で上げたクロスが誰にも触らず流れると、ゴール左に吸い込まれた。 ▽さらに30分、左CKからベナティアが右足ボレーで叩き込み、モロッコが立て続けに追加点を奪い切る。 ▽ハーフタイムにかけてはコートジボワールがボールを持つ展開となったが、シュートには持ち込めず、前半を2点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半もコートジボワールが押し込む展開としたものの、やはりシュートにはつながらない。64分にようやく左クロスをボックス中央のドゥンビアがシュートしたが、枠の上に外れてしまう。 ▽攻め手のないコートジボワールは76分にジェルビーニョに代えてカルーを投入。しかし、終盤にかけても好機を生み出せず、0-2のまま敗戦した。 ▽コートジボワールとの直接対決を制して首位を守ったモロッコは、5大会ぶり5度目のW杯出場を果たした。 2017.11.12 04:21 Sun
twitterfacebook
thumb

スペイン代表キャップ1のムニルがモロッコ代表へ鞍替えか

▽バルセロナのスペイン人FWムニル・エル・ハダディ(21)が、モロッコ代表を選択する可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽2014年9月8日、スペイン代表としてマケドニア代表との親善試合に、当時19歳でデビューを果たしていたムニル。だが、A代表での出場はこの1試合のみに留まり、国別代表での出場はU-21スペイン代表に限定された。そこで、父親の母国であるモロッコのサッカー協会が、FIFA(国際サッカー連盟)へムニル登録の許可を要請した。 ▽ムニルはスペイン代表でのキャップを記録しているので、原則的にはA代表を鞍替えすることは認められない。しかし、スペイン代表デビュー以前からモロッコとの二重国籍を保持していたため、FIFAへ正式な嘆願書を送付することで、例外的に変更が認められる可能性があるという。 ▽スペイン代表は過去に、マインツFWボージャン・クルキッチを1試合のみ招集。セルビア代表への流出を防ぐなどしており、今回の件でも阻止を図ることが予想される。しかし、ムニルは既に嘆願書へのサインを済ませているとのことで、モロッコ側は自信を見せているようだ。 2017.06.23 17:26 Fri
twitterfacebook
thumb

プロメス&ヤンセン弾で逃げ切ったオランダがアドフォカート新監督の初陣を白星で飾る!《国際親善試合》

▽国際親善試合のモロッコ代表vsオランダ代表が5月31日に行われ、1-2でオランダが勝利した。 ▽3度目のオランダ代表指揮官となるディック・アドフォカート新監督の初陣となった一戦。[4-3-3]の布陣で試合に臨んだオランダは、GKにズートを起用。最終ラインは右からフェルトマン、デ・リフト、ホード、アケと配置し、ボランチにトールンストラとヴィルエナを起用。3トップは右からベルフハイス、ヤンセン、デパイと並べて、トップ下にプロメスを置いた。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防が展開される。そんな中、先にチャンスを迎えたのはオランダ。22分、トールンストラのサイドチェンジを左サイドで受けたデパイが巧みなステップで相手DFをかわしボックス左から侵入。ゴール左まで切り込りマイナスに折り返すと、これをプロメスがワンタッチでゴールに流し込んだ。 ▽先制点で勢いづくオランダは26分、ボックス左から侵入したヤンセンが強烈なシュートでゴールを強襲。さらに38分にも、ボックス左手前でボールを受けたヤンセンがカットインから右足を振り抜いたが、共にGKモハメディのセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、オランダはベルフハイスを下げてデ・ルーンを投入。対するモロッコはブハドゥズに代えてアザロウをピッチに送り出した。後半最初のチャンスはモロッコに生まれる。8分、右クロスのクリアミスをボックス左で拾ったブファルがカットインからシュート。しかし、これはGKズートの好セーブに遭う。 ▽ピンチを凌いだオランダは68分、右サイドを突破したプロメスの右クロスをゴール前のヤンセンが胸トラップから左足で流し込み、追加点を奪った。しかし、70分にアクシデント。ロングパスで抜け出したアザロウを後ろから抱え込む形で倒したデ・リフトにレッドカードが提示され、一発退場となる。 ▽数的優位となったモロッコは、ペナルティアーク右からのFKをブスファが直接ゴール左に突き刺し、1点を返す。 ▽その後、オランダは73分にヤンセンに代えてドスト、74分にデパイを下げてフィールヘーフェルを投入。数的不利からモロッコに押し込まれる時間が続いたが、最後まで同点ゴールを許さず、逃げ切ったオランダがアドフォカート新監督の初陣を白星で飾った。 2017.06.01 04:43 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース