2026年のW杯開催地にモロッコが立候補…カナダ、メキシコ、アメリカの共催と争うことに2017.08.12 12:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モロッコサッカー連盟(FRMF)は11日、2026年のワールドカップ(W杯)開催地として立候補したことを発表した。FIFAも公式サイトで立候補があったことを発表している。

▽2026年のW杯には、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)のカナダ、メキシコ、アメリカの3つのサッカー連盟が今年4月に共同開催での立候補を発表していた。

▽2022年のW杯を開催するカタールが所属するAFC(アジアサッカー連盟)、2018年のW杯を開催するロシアが所属するUEFA(欧州サッカー連盟)の国々は2026年の開催地に立候補ができないものの、CONMEBOL(南米サッカー連盟)、OAF(オセアニアサッカー連盟)、CAF(アフリカサッカー連盟)の国は可能だったが、ここまでは立候補がない状態だった。

▽今年初めにはチリが開催国に立候補する可能性が報じられたが、結局のところ見送りに。対抗馬がないまま立候補の締め切りである8月11日になったが、直前でモロッコが手を挙げることを発表。 FIFAも立候補を認めた。

▽2026年のW杯では、現行の32カ国から48カ国に参加国が増加することが決定している。なお、最終決定は2018年6月13日、ロシアW杯の開幕前日に行われる第68回FIFA会議にて決定される。

コメント

関連ニュース

thumb

河北華夏がモロッコ代表FWエル・カービを獲得

▽河北華夏は11日、モロッコのベルカンヌからモロッコ代表FWアユブ・エル・カービ(25)を完全移籍で獲得した。 ▽なお、契約内容などは公式で明かされていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると契約期間は2年半で、移籍金は600万ユーロ(約7憶8500万円)。また、エル・カービが今後他クラブに移籍する場合、移籍金の30パーセントをベルカンヌが受け取ることになる。 ▽2016年にラシン・デ・カサブランカでプロデビューしたエル・カービは、昨夏にベルカンヌに移籍。昨季はリーグ戦22試合に出場し12ゴール2アシストを記録した。 ▽また、今年1月にモロッコ代表に初選出されたエル・カービは、ロシア・ワールドカップにもモロッコ代表として参戦。グループステージ2試合に出場した。 ▽エル・カービを獲得した河北華夏には、アルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシやアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ、コートジボワール代表FWジェルビーニョ、元ブラジル代表MFエルナネスが在籍しており、今シーズンはここまで11試合を終了し、8位に位置している。 2018.07.12 01:30 Thu
twitterfacebook
thumb

衝撃…モロッコ代表としてロシアW杯出場のシャルケMFアミーヌ・アリが死亡事故起こす…本人に大きなケガはない模様

▽シャルケは6月30日、クラブに在籍するモロッコ代表MFアミーヌ・アリ(21)が前日夜にモロッコのマラケシュで死亡事故を起こしたことを発表した。なお、同選手のケガの有無は現時点で不明だが、生命に関わるような重大なケガは負っていない。 ▽シャルケはクラブ公式サイトを通じて以下のような声明を発表している。 「FCシャルケ04は土曜日(6月30日)に昨晩マラケシュにて死亡者を出す悲惨な事故が発生し、その事故にアミーヌ・アリも関与していたという非常に驚くべき知らせを受けました」 「そして同日、(スポーツ・ディレクターの)クリスチャン・ハイデルは、アリとのコンタクトを取り、本人はまだショックを受けています。アリはハイデルに、この悲惨な結果となってしまった昨晩のことについて説明を行い、アリ自身が自動車を運転し、事故を避けることは無理だったと話しています」 「警察は事故の調査を行っており、アリは警察の聴取を受けた後、今はモロッコの家族と共に過ごし、心理学者からのサポートも受けています」 ▽また、ハイデルSDは「何よりアミーヌはもとより、シャルケは被害者や家族のその皆さまへお悔やみを申し上げます。私たちは今、継続的にアミーヌとコンタクトを取っています』と、今回の事故に関してコメントしている。 ▽2016年にナントでプロキャリアをスタートしたアリは、トップ下と左サイドを主戦場とする突破力と創造性に優れた攻撃的MF。昨夏、シャルケに加入すると2017-18シーズンは公式戦35試合に出場して、3ゴール7アシストを記録した。年間最優秀若手選手にあたる「ブンデスリーガ・ルーキー・アワード 2017/18」も受賞していた。 ▽また、U-18カテゴリーから生まれ育ったフランスの世代別代表でプレーしていたアリだが、フル代表はルーツのあるモロッコ代表を選択し、今回のロシア・ワールドカップではグループB初戦のイラン代表戦で先発出場していた。 2018.07.01 08:06 Sun
twitterfacebook
thumb

【超WS美女ワールドカップ】グループBはスペインが首位通過!2位は伏兵モロッコ!!

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)と連動して、超ワールドサッカーで企画がスタートした『超WS美女ワールドカップ』。今回はグループB最終節の結果発表です。 ▽『超WS美女ワールドカップ』もついに迎えたグループステージ最終節。グループBはここまで3位だったモロッコが全体の62%の票を集めて1位に。2位は22%でポルトガル、3位は12%でスペイン、4位は4%でイランという結果になりました。 ▽最終節を終えた結果、1位は761票集めたスペイン、2位は大逆転で532票集めたモロッコでこの2チームが決勝トーナメント進出を決めました。第2節まで2位につけていたポルトガルはまさかの敗退となりました。イランはさいごまで票を伸ばすことができず4位という結果となりました。 ▽本大会では、スペインとポルトガルが勝ち上がりを決めたものの、こちらではスペインとモロッコという結果に。まさかの伏兵が出現しました。 ◆超WS美女ワールドカップ・グループB最終結果 1.スペイン 761票 2.モロッコ 532票 3.ポルトガル 486票 4.イラン 143票 総投票数:1922 ◆美女ワールドカップトップ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><a href="http://web.ultra-soccer.jp/index/index/c/WC2018_bijo/id/WC2018_bijo_top" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/bijo_wcup1.png" style="max-width: 100%;"></a></div> ◆ツイッター <div id="cws_ad" style="text-align:left;"><a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">https://twitter.com/ultrasoccer</a></div> 2018.06.28 02:31 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:スペイン 2-2 モロッコ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB最終節、スペイン代表vsモロッコ代表が25日にカリーニングラード・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽スペイン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180626_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 5.0 失点はノーチャンス。一度ブダイブとの一対一を防いだが、細かいミスが散見 DF 2 カルバハル 5.5 決勝点をアシスト。高い位置に張り出すわりに効果的に攻撃に絡めず。守備の局面ではスペースケアに甘さ 3 ピケ 5.0 スローインの場面で頭上を簡単に越されてピンチを招くなどセルヒオ・ラモスと共に緩さが目立った 15 セルヒオ・ラモス 4.0 信じがたい軽率ミスと空中戦に競り負け2失点に関与。オフ・ザ・ボールの集中力やカバーリングの意識が希薄でディフェンスリーダーとしては失格 18 ジョルディ・アルバ 5.5 イスコとイニエスタと共に前半は左サイドで攻め手に MF 21 シルバ 5.5 周囲へのサポート意識やボールの引き出し方は悪くなかったが、今日はあまり良い形で絡めなかった (→ロドリゴ -) 10 チアゴ 6.0 最終ラインの緩さを受けてやや守備意識を強めた。加えて、浮いた味方を見逃さずにきっちり縦パスを通した (→アセンシオ 5.0) 難しい試合展開にうまく馴染めず… 5 ブスケッツ 5.5 相手のプレッシャーに晒されてやや窮屈なプレーを強いられた 6 イニエスタ 6.0 失点に絡む最悪の入りとなったが、すぐさまアシストで挽回するとそこからは効果的なプレーを随所に見せた 22 イスコ 7.0 チームの嫌な流れを払拭するW杯初ゴール。ボールのオン・オフに限らず質の高さを見せた FW 19 ジエゴ・コスタ 5.5 先制点の起点に。ただ、ここ2試合に比べてフィニッシュの場面でやや正確性を欠いた (→アスパス 6.5) チームを首位通過に導く劇的同点弾を記録 監督 イエロ 5.0 試合全体を通して守備面のルーズさを改善できず、薄氷の首位通過に ▽モロッコ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180626_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 ムニル 5.5 2失点共に責任なし。相手の攻撃に守備陣が揺さぶられた中で我慢の対応が光った DF 17 ディラール 5.5 数的不利の守備を強いられる場面が多く難しい試合に。それでも、粘り強さは失わず 4 ダ・コスタ 5.5 幾度かつり出される場面があったものの、最後の場面で身体を張り続けた 6 サイス 6.0 ジエゴ・コスタとのタフなバトルで奮闘。決定的なゴールカバーも見せた 2 アクラフ・ハキミ 5.5 相手の攻撃が逆サイドに偏っていたことで大きく崩されることはなかった MF 10 ベルアンダ 5.5 攻撃面でなかなか持ち味を出せなかったが、守備の局面で身体を張った (→ファイル 6.0) 精度の高いプレースキックで1アシスト 8 エル・アハマディ 5.5 自身の脇のスペースをかなり使われたが、うまく人を捕まえて対応していた 14 ブスファ 5.5 闘争心を全面に押し出したプレーで相手の脅威に。後半立ち上がりには鋭い飛び出しであわやという場面も作った FW 16 アムラバト 6.5 セルヒオ・ラモスと激しくバトル。強烈なポスト直撃のシュートも放った 13 ブタイブ 6.5 今大会待望の初ゴールを記録。緩い相手センターバックコンビを幾度も翻弄 (→エン=ネスティリ 6.5) 圧巻のヘディングシュートで一時勝ち越しゴールを記録 7 ジイェフ 5.5 相手にボールを持たれて特長が活きにくい展開も要所で高精度のキックを披露 (→ブハドゥズ -) 監督 ルナール 6.0 今大会初勝利という悲願はならずもグループリーグを通じて見せた素晴らしい戦いぶりは国民の心に響いたはず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! イスコ(スペイン) ▽チーム全体が厳しい戦いを強いられた中、攻守両面で圧倒的な輝きを放った。貴重なW杯初ゴール以上にチームを牽引した仕事量の多さが何よりも素晴らしかった。 スペイン 2-2 モロッコ 【スペイン】 イスコ(前19) アスパス(後46) 【モロッコ】 ブタイブ(前14) エン=ネスティリ(後36) 2018.06.26 05:20 Tue
twitterfacebook
thumb

スペインがアスパスの劇的同点弾で自力突破! さらに棚ぼた首位通過で決勝T1回戦はグループA2位のロシア戦に《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB最終節、スペイン代表vsモロッコ代表が25日にカリーニングラード・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。この結果、スペインのグループB首位通過が決定した。 ▽ポルトガルとの初戦をドローで終えたものの、前節はイランに辛勝して初勝利を手にしたスペインはすでに敗退が決定したモロッコと対戦。イランとポルトガルの潰し合いに期待しつつ地力での首位通過を目指すイエロ監督率いるチームは、イラン戦からルーカス・バスケスに代えてチアゴを初先発させた以外同じメンバーで臨んだ。 ▽一方、2試合ともに善戦を見せながらも決定力不足が響いて敗退を強いられたモロッコ。だが、戦い自体を変える必要はなくここ2試合で出た課題を難敵スペイン相手に見せたいところ。ポルトガル戦からはキャプテンのベナティアに代えてサイスを起用した以外、同じメンバーを起用した。 ▽引き分け以上で突破が決まるスペインは中盤のタレントが良い距離感で局地的な数的優位を作りながら内と外を揺さぶって立ち上がりからモロッコゴールに迫る。しかし、グループリーグ突破が懸かる重圧か、百戦錬磨のベテラン2選手の連係ミスからまさかの先制点を許す。14分、ハーフウェイライン付近でセルヒオ・ラモスと短いパス交換を行ったイニエスタのトラップがやや大きくなると、セルヒオ・ラモスの緩慢な対応を突いて一気にスピードを上げたブダイブがそのままボールをかっさらってボックス内まで持ち込むと、GKデ・ヘアとの一対一を難なく制し、今大会初ゴールを奪った。 ▽信じがたいミスからリードを許したスペインだが、失点に絡んだイニエスタが自らのミスを帳消しにする見事なアシストですぐさま同点ゴールを演出する。19分、イスコとジエゴ・コスタとのパス交換でボックス左に抜け出したイニエスタがゴールライン際でDFとGKを引き付けて絶妙な右足アウトサイドのマイナスパス。これをニアに走り込んだイスコがワントラップから豪快な右足のシュートで蹴り込んだ。 ▽イニエスタのアシストからイスコのW杯初ゴールで試合を振り出しに戻したスペインは24分にも左サイドでの細かい連係から前向きに仕掛けたイニエスタがミドルシュートを狙うが、これは相手DFに阻まれる。すると25分にはハーフウェイライン付近左サイドの相手スローインからDFピケとDFセルヒオ・ラモスの緩慢な対応を突いたブダイブに再びボックス内に抜け出されGKとの一対一の局面を作られるが、ここはブダイブのタッチの乱れとGKデ・ヘアの冷静な飛び出しによって事なきを得た。 ▽その後は球際の激しい展開が続く中、ポルトガル戦同様に判定にフラストレーションを溜めるモロッコ陣営に4枚のイエローカードが出される。一方、前半のうちに逆転したいスペインはイスコとイニエスタの連係を軸に幾度か決定的なシーンが訪れるが、前半アディショナルタイムにゴール左でイニエスタが入れた折り返しは飛び込んだジエゴ・コスタの当たりが薄くなりあと一歩でゴールとはならず。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半も引き続き拮抗した展開に。55分にはボックス手前右でエル・アハマディからパスを受けたアムラバトが右足を強振。強烈なシュートがゴール左上隅を捉えるが、これは枠の左角を叩いてモロッコの勝ち越しゴールとはならない。 ▽前半同様に冷や汗をかく立ち上がりとなったスペインだが、絶好調のイスコにシルバが絡む形で攻撃を展開。62分には右サイドでカルバハルが上げたクロスをボックス左のイスコが頭で合わすが、これは相手DFサイスの決死のゴールカバーに阻まれる。このプレーで得た右CKでもファーで競り勝ったピケに決定機もヘディングシュートはわずかに枠の左へ。 ▽首位通過を目指すうえで勝利が必要なスペインは74分にジエゴ・コスタとチアゴを下げてアスパス、アセンシオを同時投入。対するモロッコはベルアンダ、ブダイブに代えてファイル、エン=ネスティリをその直前に続けて投入した。すると、この選手交代が試合を動かす。 ▽81分、右CKの場面でファイルのアウトスウィングの絶妙なボールがゴール前に入ると、DFセルヒオ・ラモスに競り勝ったエン=ネスティリが打点の高いヘディングシュートをゴール右隅に突き刺し、モロッコが途中出場2人の連係から勝ち越しゴールを奪った。 ▽痛恨の2失点目を喫して敗退の危機に陥ったスペインはシルバを下げてロドリゴを最後の交代カードとして投入。ここから猛攻を見せるも完全に守備に重きを置いたモロッコの守備陣をなかなか崩し切れない。それでも、優勝候補の意地を見せるスペインは最後の最後に劇的な同点ゴールを奪う。 ▽後半アディショナルタイム1分、素早い右CKの場面で素早いリストートからカルバハルがゴール前に低いクロスを供給。これをゴール前フリーのアスパスが技ありの右足ヒールシュートで流し込んだ。一度審判団はアスパスのオフサイドを取りノーゴールの判定もビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認が行われた結果、判定が覆りスペインの劇的な同点ゴールが認められた。 ▽そして、この直後に試合はタイムアップ。アスパスの劇的同点弾で辛くも2-2のドローに持ち込んだスペインが自力での決勝トーナメント進出を決めた。さらに同時刻開催の試合でポルトガルがイランとドローに終わった結果、ポルトガルに勝ち点、得失点差で並ばれたものの総得点の差で上回ったスペインの首位通過が決定。この結果、スペインは7月1日に行われる決勝トーナメント1回戦でグループAを2位通過した開催国ロシアと対戦することになった。 2018.06.26 05:19 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース