2026年のW杯開催地にモロッコが立候補…カナダ、メキシコ、アメリカの共催と争うことに2017.08.12 12:34 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モロッコサッカー連盟(FRMF)は11日、2026年のワールドカップ(W杯)開催地として立候補したことを発表した。FIFAも公式サイトで立候補があったことを発表している。

▽2026年のW杯には、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)のカナダ、メキシコ、アメリカの3つのサッカー連盟が今年4月に共同開催での立候補を発表していた。

▽2022年のW杯を開催するカタールが所属するAFC(アジアサッカー連盟)、2018年のW杯を開催するロシアが所属するUEFA(欧州サッカー連盟)の国々は2026年の開催地に立候補ができないものの、CONMEBOL(南米サッカー連盟)、OAF(オセアニアサッカー連盟)、CAF(アフリカサッカー連盟)の国は可能だったが、ここまでは立候補がない状態だった。

▽今年初めにはチリが開催国に立候補する可能性が報じられたが、結局のところ見送りに。対抗馬がないまま立候補の締め切りである8月11日になったが、直前でモロッコが手を挙げることを発表。 FIFAも立候補を認めた。

▽2026年のW杯では、現行の32カ国から48カ国に参加国が増加することが決定している。なお、最終決定は2018年6月13日、ロシアW杯の開幕前日に行われる第68回FIFA会議にて決定される。

コメント

関連ニュース

thumb

スペイン代表キャップ1のムニルがモロッコ代表へ鞍替えか

▽バルセロナのスペイン人FWムニル・エル・ハダディ(21)が、モロッコ代表を選択する可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽2014年9月8日、スペイン代表としてマケドニア代表との親善試合に、当時19歳でデビューを果たしていたムニル。だが、A代表での出場はこの1試合のみに留まり、国別代表での出場はU-21スペイン代表に限定された。そこで、父親の母国であるモロッコのサッカー協会が、FIFA(国際サッカー連盟)へムニル登録の許可を要請した。 ▽ムニルはスペイン代表でのキャップを記録しているので、原則的にはA代表を鞍替えすることは認められない。しかし、スペイン代表デビュー以前からモロッコとの二重国籍を保持していたため、FIFAへ正式な嘆願書を送付することで、例外的に変更が認められる可能性があるという。 ▽スペイン代表は過去に、マインツFWボージャン・クルキッチを1試合のみ招集。セルビア代表への流出を防ぐなどしており、今回の件でも阻止を図ることが予想される。しかし、ムニルは既に嘆願書へのサインを済ませているとのことで、モロッコ側は自信を見せているようだ。 2017.06.23 17:26 Fri
twitterfacebook
thumb

プロメス&ヤンセン弾で逃げ切ったオランダがアドフォカート新監督の初陣を白星で飾る!《国際親善試合》

▽国際親善試合のモロッコ代表vsオランダ代表が5月31日に行われ、1-2でオランダが勝利した。 ▽3度目のオランダ代表指揮官となるディック・アドフォカート新監督の初陣となった一戦。[4-3-3]の布陣で試合に臨んだオランダは、GKにズートを起用。最終ラインは右からフェルトマン、デ・リフト、ホード、アケと配置し、ボランチにトールンストラとヴィルエナを起用。3トップは右からベルフハイス、ヤンセン、デパイと並べて、トップ下にプロメスを置いた。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防が展開される。そんな中、先にチャンスを迎えたのはオランダ。22分、トールンストラのサイドチェンジを左サイドで受けたデパイが巧みなステップで相手DFをかわしボックス左から侵入。ゴール左まで切り込りマイナスに折り返すと、これをプロメスがワンタッチでゴールに流し込んだ。 ▽先制点で勢いづくオランダは26分、ボックス左から侵入したヤンセンが強烈なシュートでゴールを強襲。さらに38分にも、ボックス左手前でボールを受けたヤンセンがカットインから右足を振り抜いたが、共にGKモハメディのセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、オランダはベルフハイスを下げてデ・ルーンを投入。対するモロッコはブハドゥズに代えてアザロウをピッチに送り出した。後半最初のチャンスはモロッコに生まれる。8分、右クロスのクリアミスをボックス左で拾ったブファルがカットインからシュート。しかし、これはGKズートの好セーブに遭う。 ▽ピンチを凌いだオランダは68分、右サイドを突破したプロメスの右クロスをゴール前のヤンセンが胸トラップから左足で流し込み、追加点を奪った。しかし、70分にアクシデント。ロングパスで抜け出したアザロウを後ろから抱え込む形で倒したデ・リフトにレッドカードが提示され、一発退場となる。 ▽数的優位となったモロッコは、ペナルティアーク右からのFKをブスファが直接ゴール左に突き刺し、1点を返す。 ▽その後、オランダは73分にヤンセンに代えてドスト、74分にデパイを下げてフィールヘーフェルを投入。数的不利からモロッコに押し込まれる時間が続いたが、最後まで同点ゴールを許さず、逃げ切ったオランダがアドフォカート新監督の初陣を白星で飾った。 2017.06.01 04:43 Thu
twitterfacebook
thumb

前回王者コートジボワールが未勝利で敗退、DRコンゴとモロッコがベスト8進出《アフリカ・ネイションズカップ》

▽24日にアフリカ・ネイションズカップ2017グループC最終節の2試合が行われた。モロッコ代表vsコートジボワール代表は1-0でモロッコが勝利した。 ▽前節トーゴ代表戦を3-1と勝利して1勝1敗とした2位モロッコと、前節DRコンゴ代表戦を2-2と引き分けて2戦連続ドローとなった3位コートジボワールの一戦。 ▽引き分けでも突破の決まるモロッコはユベントスのベナティアを、勝利が必要なコートジボワールはボニーやザハ、バイリーらプレミアリーグで活躍する面々をスタメンで起用した。 ▽試合はコートジボワールがボールを保持する流れで推移する。しかし25分、モロッコが最初のチャンスを演出。ボックス手前左で得たFKをファイルが直接狙うと、完璧な軌道を描いたシュートがバーを直撃した。 ▽ひやりとしたコートジボワールは37分、ボックス左へ侵入したザハのシュートはGKの守備範囲に飛ぶ。さらに43分、右クロスが流れたルーズボールをファーサイドのカルーがヘッドで合わせるも、GKのセーブに阻まれ、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も押し込んだのはコートジボワールだったが、64分にモロッコが試合を動かす。カウンターに転じてアリウィがボックス手前左から狙いすましたコントロールシュートをゴール右上に流し込んだ。 ▽これ以降はモロッコが自陣に引いてコートジボワールの攻撃をシャットアウト。1-0で逃げ切り、2位通過を決めた。一方、敗れた前回王者コートジボワールは未勝利でのグループステージ敗退となった。 ▽そしてグループCのもう一試合、トーゴ代表vsDRコンゴは1-3でDRコンゴが勝利して首位通過を決めた。勝ち抜けのためには勝利が必須のトーゴ(勝ち点1)と、引き分けでも勝ち上がれる首位DRコンゴ(勝ち点4)の一戦。 ▽試合は29分、スルーパスに抜け出したカバナンガがゴールを陥れてDRコンゴ先制する。さらに45分、左CKからカバナンガの放ったヘディングシュートは右ポストを直撃し、前半のうちに追加点を奪うことはできなかった。 ▽それでも54分、ロングボールに抜け出したムベレがGKとの一対一をループシュートで制して加点したDRコンゴは、69分に失点したものの、80分にムポクが直接FKを沈めて快勝。前回大会3位のDRコンゴが強豪揃いのグループCを首位で通過した。 ◆グループC順位表 (左から勝ち点、得失点差) 1.DRコンゴ 7/3 2.モロッコ 6/2 3.コートジボワール 2/-1 4.トーゴ 1/-4 ◆グループステージ最終節日程・結果 [グループA] 1/22 カメルーン 0-0 ガボン ギニアビサウ 0-2 ブルキナファソ [グループB] 1/23 セネガル 2-2 アルジェリア ジンバブエ 2-4 チュニジア [グループC] 1/24 モロッコ 1-0 コートジボワール トーゴ 1-3 DRコンゴ [グループD] 1/25 エジプト vs ガーナ ウガンダ vs マリ 2017.01.25 06:21 Wed
twitterfacebook
thumb

王者コートジボワールが2戦連続ドロー…《アフリカ・ネイションズカップ》

▽20日にアフリカ・ネイションズカップ2017のグループC第2節が行われ、コートジボワール代表vsコンゴ民主共和国代表は、2-2のドローに終わった。 ▽グループステージ初戦をドローで終えた前回王者のコートジボワールと、モロッコ代表戦に勝利し、グループCの首位に立つコンゴ民主共和国の一戦。グループステージ初勝利を目指すコートジボワールは、ボニーやザハ、バイリー、オーリエなど欧州で活躍するメンバーが先発に名を連ねた。 ▽前半10分に先制を許したコートジボワールだったが、26分にグラデルの左CKをボニーがヘディングで叩き込み、同点に追いついた。しかし、その2分後、ムベレの右クロスをカバナンガに頭で流し込まれ、再び勝ち越しを許してしまう。 ▽迎えた後半、コートジボワールはアダマ・トラオレを下げてディエを投入。すると67分、中央をドリブルで持ち上がったディエがボックス右手前からシュート。相手DFにディフレクトしたボールがそのままゴール右隅に吸い込まれた。 ▽その後、77分にグラデルに代えてカルーを投入するなど勝ち越しゴールを狙ったコートジボワールだったが、結局スコアは動かず。決め手を欠いたコートジボワールが、2試合連続のドローとなった。 ▽また、同日に行われたモロッコ代表vsトーゴ代表は、3-1でモロッコが勝利した。試合は、開始5分にトーゴがドセビのゴールで先制。しかし、すぐにモロッコも反撃に転じると14分、ファイルの左CKをファーサイドのブハドゥズが頭で叩き込み、同点に追いつく。さらに21分にも、ファイルの左FKをニアに走り込んだサイスがヘディングでゴール右隅に流し込み、逆転に成功した。 ▽迎えた後半、同点に追いつきたいトーゴだったが、先にスコアを動かしたのはモロッコ。72分、エル・アハマディのパスをアタッキングサード手前で受けた途中出場のエン=ネシリがボックス左手前からシュート。このボールがGKアガサの手前でイレギュラーバウンドし、ゴールに吸い込まれた。 ▽リードを2点差に広げたモロッコは、その後も危なげない試合運びでこのリードを守り切り、グループステージ初勝利を飾った。 ◆グループC順位表(第2節終了時点) (左から勝ち点、得失点差) 1.DRコンゴ 4/1 2.モロッコ 3/2 3.コートジボワール 2/0 4.トーゴ 1/-2 ◆グループステージ第2節日程・結果 [グループA] 1/18 ガボン 1-1 ブルキナファソ カメルーン 2-1 ギニアビサウ [グループB] 1/19 アルジェリア 1-2 チュニジア セネガル 2-0 ジンバブエ [グループC] 1/20 コートジボワール 2-2 DRコンゴ モロッコ 3-1 トーゴ [グループD] 1/21 ガーナ vs マリ エジプト vs ウガンダ 2017.01.21 05:58 Sat
twitterfacebook
thumb

フェイエノールトがモロッコ代表MFエル・アハマディと契約を1年延長

▽フェイエノールトは17日、モロッコ代表MFカリム・エル・アハマディ(31)と契約を延長したことを発表した。契約を1年間延長し、2018年夏までチームに所属する。 ▽エル・アハマディは、トゥベンテの下部組織出身で、2008年7月にフェイエノールトへ加入。2011年1月にアル・アフリへのレンタル移籍を経て、2012年7月にアストン・ビラへと完全移籍した。しかし、2014年9月にフェイエノールトへと復帰。今シーズンはエールディビジで32試合に出場し1得点を記録した。 2016.05.17 22:58 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース