金沢が順天堂大学DF毛利駿也の加入内定を発表「地元である北陸を盛り上げていきます」2017.08.12 11:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ツエーゲン金沢は12日、順天堂大学DF毛利駿也(22)の来シーズンの加入内定を発表した。

▽毛利は富山県出身で、山梨学院大学附属高校から順天堂大学へと進学していた。毛利はクラブを通じてコメントしている。

「この度ツエーゲン金沢に入団することになりました、毛利駿也です。子どもの頃からの目標であったプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。ここまで来ることができたのは、家族・指導者・チームメイト、ずっと応援してきてくれた人たちのおかげです。本当に感謝しています」

「ここからが本当の勝負なので、1日も早く金沢の皆さんにプレーでも人間としても認めてもらい、地元である北陸を盛り上げていきます。また残りの大学生活では、順天堂大学でタイトルを獲れるように日々精進していきます。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

金沢、MFキム・テソンとの契約解除を発表…本人の意向により決定

▽ツエーゲン金沢は23日、ラインメール青森(JFL)に期限付き移籍していた韓国人MFキム・テソン(20)との契約を解除したことを発表した。今回の決定が本人の意向によるものであることも伝えられている。 ▽U-14~U-16での韓国代表歴があるキム・テソンは、2016シーズンから金沢に加入。しかし、明治安田生命J2リーグでは出場機会を掴めずにおり、新シーズンからラインメール青森に期限付き移籍で加入することが決定していた。 2018.01.24 14:14 Wed
twitterfacebook
thumb

金沢MF秋葉勝が引退&山形下部組織スタッフに就任「とても幸せな16年間でした」

▽ツエーゲン金沢は23日、契約満了が伝えられていたMF秋葉勝(33)が引退することを発表。また同日、モンテディオ山形が同クラブのアカデミーグループのスタッフに同氏が就任することを伝えた。 ▽山形でキャリアをスタートさせた秋葉は、2015年に金沢へと期限付き移籍すると、2016年に完全移籍でFC岐阜入り。シーズン途中に金沢への2度目の期限付き移籍加入をすると、昨シーズンから完全移籍加入となっていた。秋葉は、通算で明治安田生命J1リーグ87試合4ゴール、J2リーグ337試合26ゴール、リーグカップ12試合3ゴールの記録を残している。 ▽秋葉は両クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆ツエーゲン金沢 「この度、2017シーズンをもちまして現役を引退することにしました。これまでたくさんの人に支えられ16年間プロサッカー選手を続けられたことを本当に嬉しく思います。モンテディオ山形、ツエーゲン金沢、FC岐阜でプレーさせていただきましたが、今まで自分を応援してくれたファン、サポーターのみなさん、監督、スタッフ、チーム関係者、スポンサー、チームメイトに本当に感謝しています。ありがとうございました。また、ここまでサッカーを続けさせてくれた両親、応援してくれた兄、ありがとう。そして、何よりもどんな時も支え力になってくれた妻、息子にはとても感謝しています。ありがとう」 「これからは選手とは違う立場で、自分を育ててくれたサッカー、そしてお世話になった人達に恩返しができるように努力していきます。とても幸せな16年間でした。ありがとうございました」 ◆モンテディオ山形 「この度、モンテディオ山形のアカデミースタッフに加わることになりました地元、そしてプロサッカー選手としてスタートしたモンテディオ山形に指導者として再び関わらせていただくことになり、とても嬉しく思います現役時代に培ったことを精一杯還元し、選手そしてチームの力になれるよう日々努力していきたいと思います。よろしくお願いします」 2018.01.23 14:56 Tue
twitterfacebook
thumb

プロ14年の金沢FW山崎雅人、契約更新! 「全力で頑張ります」

▽ツエーゲン金沢は30日、FW山崎雅人(36)との契約更新を発表した。 ▽山崎は国士舘大学、横浜F・マリノス、大分トリニータ、ガンバ大阪、サンフレッチェ広島、モンテディオ山形を渡り歩き、2016年から金沢でプレー。プロ14年目の今シーズンは明治安田生命J2リーグ28試合2ゴールをマークした。 ▽プロキャリア通算J1リーグ189試合16ゴール、J2リーグ172試合25ゴールを誇る山崎は、契約更新を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「来シーズンもツエーゲン金沢でプレーさせていただくことになりました。チームのために全力で頑張ります。共に戦いましょう!!」 2017.12.30 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

金沢、C大阪からMF清原翔平の完全移籍加入を発表…3年ぶり復帰へ

▽ツエーゲン金沢は29日、セレッソ大阪MF清原翔平(30)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽2013年から2015年にかけて金沢でプレーしていた清原は2016年にC大阪に加入。当時J2リーグを戦っていたチームで25試合に出場したが、今季は3試合の出場にとどまり7月に徳島へ活躍の場を移していた。 ▽3年ぶりに古巣の金沢へ完全移籍で加入することが決まった清原は、金沢とC大阪の郎クラブで以下のようにコメントしている。 ◆ツエーゲン金沢 「来シーズンからまたツエーゲン金沢でプレーできることをとても嬉しく思います。金沢から移籍し、セレッソと徳島で見てきたもの、外から金沢を見て感じたものを金沢がより良いクラブになっていけるように繋げていきたいと思います。チーム、ファン、サポーター、一丸となって来シーズンもツエーゲン金沢を盛り上げていきましょう!」 ◆セレッソ大阪 「短いと言われるサッカー選手としての寿命のなかで1年半セレッソ大阪の一員として戦えたことをとても誇りに思います。今シーズンは個人的にはなかなか結果が出せず、夏にチームを離れましたが、セレッソが躍動し、タイトルを獲得している姿をみてとても嬉しい思いでした。そして、天皇杯を優勝するチャンスも残っています。僕もきっと優勝してくれると信じています」 「いずれセレッソはアジアを制し、世界へ、と今まで以上のビッグクラブとなっていくはずです。その中で、1年半ではありましたが清原という選手もいたなということを記憶に留めてもらえるのが1番選手冥利につきるのかなと思います」 「加入した時のチーム、ファン、サポーターの『絶対にJ1に戻るんだ!』という熱い思い、スタジアムで共に戦い、あの歌で背中を押してくれたことは一生忘れられません。本当にありがとうございました」 ▽また、7月に加入した徳島では明治安田生命J2リーグで9試合に出場。契約満了に伴い、公式サイトで以下のようにコメントを残している。 ◆徳島ヴォルティス 「夏の移籍でしたが、チームにとてもサポートしてもらったので早く力になりたかったのですが結果が出せなかったことに自分の力不足を強く感じました。来シーズンは相手チームとしてですが成長した姿をポカスタで見せられるよう頑張ります。半年という短い間でしたが、応援していただき本当にありがとうございました」 2017.12.29 16:29 Fri
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース