長崎が山口のDF香川勇気を完全移籍で獲得「少しでもチームの力になれるように」2017.08.12 11:42 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽V・ファーレン長崎は12日、レノファ山口FCのDF香川勇気(25)を完全移籍で獲得することを発表した。背番号は「35」をつける。

▽香川は滝川第二高校出身で、全国高校サッカー選手権大会で優勝を経験。その後、阪南大学へと進学し、2015年に山口へ入団。これまでJ2で43試合出場2得点、J3で22試合に出場していた。香川は両クラブを通じてコメントしている。

◆V・ファーレン長崎
「この度、レノファ山口から移籍してきました、香川勇気です。早くチームに馴染んで少しでもチームの力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

◆レノファ山口FC
「シーズン途中ですが、移籍することを決めました。大学を卒業してから約二年半レノファでプレーすることができてとても幸せでした」

「レノファでの経験は自分のサッカー人生において素晴らしい財産になりました。レノファのサポーターはすごく温かく、どんな時も背中を押してくれる最高のサポーターです。チームは変わりますが、レノファサポーターの皆さまに成長した姿をお見せできるよう頑張ります。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

小林悠、2戦連発! 長崎撃破の川崎Fが4連勝で首位追走《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第17節の川崎フロンターレvsV・ファーレン長崎が22日に等々力陸上競技場で行われ、1-0で勝利している。 ▽ここまで9勝3分け4敗で3位につける川崎F(勝ち点30)と、5勝2分け9敗で15位につける長崎(勝ち点17)の一戦。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を2-1で勝利し、3連勝を飾った川崎Fはその試合と同様の先発メンバーを起用した。 ▽一方、前節のヴィッセル神戸戦を0-1で敗れて連敗を喫した長崎は、その一戦から先発メンバーを2人変更。幸野と米田に変えて澤田とファンマを起用した。なお、今夏シドニーFCから加入したヨルディ・バイスはベンチスタートとなった。 ▽首位追走へポイントロスは避けたい川崎Fと、降格圏から離れるために勝ち星を渇望する長崎の一戦。試合は長崎が川崎Fにボール保持を許す中、13分に島田のクロスを鈴木がヘディングで合わせる。しかし、相手DFに阻まれた。 ▽対する川崎Fは直後に反撃。14分、縦パスを受けた小林の落としをボックス内で阿部がシュート。これはGK徳重にセーブされる。さらにその1分後、ボックス右でボールを持った小林が鋭い切り返しからグラウンダーのクロスを供給。中央の谷口が合わせたがシュートはわずかにゴール左へと外れた。 ▽その後、川崎Fに中村憲剛の直接FKでゴールを脅かされた長崎は21分にチャンスを迎える。敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーの島田がクロスを選択。中央のファンマが頭で合わせるもわずかにゴール上へと外れた。 ▽前半終盤に差し掛かると、川崎Fが短くパスをつないでリズムを作り始めるが、長崎も引き気味のディフェンスで対応。最後のところで相手にやらせず、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、先制点が欲しい川崎Fは48分にエウシーニョ、52分にはボックス右に抜け出した中村憲剛が鋭いシュートを放つもゴールネットを揺らすには至らない。対する長崎は54分、カウンターから右サイドを突破した飯尾がファーサイドにクロス。フリーになった翁長がダイレクトで左足を合わせるるが、シュートはわずかにゴール左外へと外れた。 ▽後半立ち上がりが経過すると、川崎Fは勢いがやや停滞。これを機に長崎は58分、ファンマのパスを受けた鈴木がヒールで澤田へ。これを受けた澤田がボックス右からシュートを放つもGKチョン・ソンリョンにキャッチされる。 ▽嫌な流れが漂い始めた川崎F。しかし、主将の2試合連発でホームチームが先制に成功する。67分、中盤でパスを受けた阿部が粘ると、こぼれ球に反応した中村憲剛が前線へスルーパス。これにいち早く抜け出した小林がGKと一対一を迎えると、右足でのシュートは弾かれたものの、足元に転がってきたこぼれ球を左足ダイレクトで合わせゴール左上へ豪快に突き刺した。 ▽待望の先制点を奪った川崎Fは74分には中村憲剛の右CKに谷口が頭で合わせるもわずかに枠の上。対する長崎は反撃に出ようとボックス付近まで迫るも、シュートまで結びつけることができずそのまま試合終了。 ▽1-0で勝利した川崎Fが4連勝を飾った。さらに首位のサンフレッチェ広島が名古屋グランパス戦で引き分けたため、勝ち点差が「10」から「8」に縮まった。一方の長崎は3連敗を喫している。 2018.07.22 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】王者、首位追走へ4連勝なるか! 勝ち点を渇望する長崎を迎え撃つ《川崎Fvs長崎》

▽今シーズンの明治安田生命J1リーグ折り返し地点となる第17節。22日には川崎フロンターレ(3位/勝ち点30)が、V・ファーレン長崎(15位/勝ち点17)をホームの等々力陸上競技場に迎え撃つ。 ◆スキのない戦いで4連勝へ~川崎フロンターレ~ ▽川崎Fは前節天皇杯での不甲斐ない一戦から一転し、主導権を握りながら北海道コンサドーレ札幌を押し込んで2-1で勝利。中断期間明け初戦に訪れた上位対決を制したことで後半戦に向けて良いムードでリスタートを切った。試合内容でも後半早い時間帯に2-0にした後、勢いを落とさず、守備面でも集中を切らさずに試合終了間際まで進めていた。それだけに鬼木達監督も「欲を言えば3点目をしっかり決めたかった。(試合終了間際の失点について)最後のところはまだスキがあった」と口にしていた。 ▽今節の相手であるV・ファーレン長崎は現在15位に位置。初対戦とはいえ首位追走に向けて取りこぼしの許されない一戦だ。涼しかった北海道とは違い高温多湿の中でのゲームになることが予想されるが、スキのない戦いを90分間続けて4連勝を飾りたいところだ。 ◆現実的な戦いで3連敗阻止へ~V・ファーレン長崎~ ▽一方の長崎は、ヴィッセル神戸戦を0-1で敗れてリーグ戦連敗。中断期間で取り組んできたポゼッション向上の成果を試合を通して発揮することはできなかったが、「自分たちが意図する場面も作れた」と高木琢也監督はポジティブに捉えた。また、守備面でもGK徳重健太を中心としたディフェンスで1失点に抑えることができたのは好材料だ。 ▽しかし、今節の相手は王者・川崎F。ポゼッションでは一枚も二枚も上手な相手に高木監督も「違うような形を考えないといけない」と一度カウンター主体に戻す可能性も示唆。ボールの保持を許す展開が予想されるが、攻守の切り替えでいかに違いを作れるか。また、今節から今夏に獲得したDFヨルディ・バイスとFWハイロ・モリージャスが出場可能であり、どのタイミングで起用するかもポイントになる。降格圏から離れるためにも3連敗は避けたいところだ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180721_21_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、守田英正 MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達<hr>▽中3日の中で迎える一戦だが、前節からの変更はなさそうだ。前節先制点を挙げたエウシーニョは右サイド、主将FW小林悠はワントップに入る。なお、ボランチはリーグ戦4試合先発中のMF守田英正が、MF大島僚太とコンビを組む。主力を欠く相手の隙をうまく突いていけるか注目だ。 ◆V・ファーレン長崎[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180721_21_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:徳重健太 DF:徳永悠平、髙杉亮太、田上大地 MF:飯尾竜太朗、黒木聖仁、島田譲、翁長聖 MF:、鈴木武蔵、幸野志有人、 FW:ファンマ 監督:<hr>▽前節に続きMF中原彰吾とMF中村慶太が欠場の見込み。ボランチはMF黒木聖仁とMF島田譲が務めることになりそうだ。また、前節1トップに入ったFW鈴木武蔵が2シャドーの一角に入り、コンディション面を考慮して途中出場となっていたFWファンマが1トップで先発することを予想する。新加入のヨルディ・バイスとハイロ・モリージャスはベンチスタートか。 【注目選手】 ◆FW小林悠(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180721_21_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽4連勝へのカギを握るのは、エース・小林だ。前節では巧みなシュートでチームの2点目を奪取。ロシア・ワールドカップ(W杯)メンバー落選へのうっ憤を晴らした。ここまでリーグ戦5ゴール。昨季得点王&MVPとしてもまだまだ物足りない状況だ。しかし、そんな昨季も第16節時点では6ゴールにとどまっていた。後半戦でのゴールラッシュに向けてまずは2試合連続ゴールでその口火を切りたい。 ◆FW鈴木武蔵(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180721_21_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽一方、長崎のキープレーヤーは、鈴木武蔵だ。今シーズンはここまでリーグ戦5ゴールを記録。前節も得点こそ奪えなかったものの、スピードを生かした攻撃で相手に脅威を与えた。今節はボールを保持して攻撃を組み立てる川崎Fが相手なだけに、数多くのチャンスは訪れないだろう。しかし、相手が前がかりになった際のカウンターでは自身のスピードに間違いなく王者も嫌がるはずだ。また、身長185㎝の高さはセットプレーの守備に難を抱える相手から得点を奪う武器にもなる。決定力不足の課題を抱えたチームを救えるか。 ◆昇格組とのホーム戦に強い川崎F、長崎はいかに先制を許さないか ▽首位追走へ取りこぼしの許されない川崎Fと降格圏から少しでも離れたい長崎の一戦。下馬評では川崎Fに分があるように思えるが、データ的にも川崎Fが有利といえるかもしれない。川崎Fはこれまで昇格組とのホーム戦では2014年以降9勝4分けで13試合連続無敗中。一方の長崎は今シーズンリードを奪われた試合の9試合を全敗中だ。そういう意味でもどちらがいかにして先制点を奪うかが重要となりそうだ。王者・川崎Fが4連勝を飾るか、長崎が勝ち点を奪い3連敗を阻止するか。川崎Fvs長崎は22日の19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">川崎Fvs長崎をDAZNで観よう!</a><hr></div> 2018.07.21 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ウェリントンのリーグ戦3試合連続弾で神戸が3連勝! 長崎撃破で中断明けを白星発進《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節のV・ファーレン長崎vsヴィッセル神戸が18日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、アウェイの神戸が1-0で勝利した。 ▽クラブ史上初のJ1の舞台で厳しさを経験しながらも残留圏内の15位で中断期間に入った長崎と、ACL出場権争いに絡める6位に位置する神戸による中断明けの重要な初戦。智将高木監督の下で前半戦の反省を生かしつつ中断期間中にオーストリアでのキャンプを敢行した長崎は中断前と大きなメンバー変更を行わず、この試合に臨んだ。 ▽一方、イニエスタが来日したことで俄然注目が集まる神戸は登録不可のイニエスタ、負傷のポドルスキと2人のスター不在ながら現状のベストメンバーを起用。イニエスタに8番を譲った新7番の三田も先発に入った。 ▽後方からボールを繋ぐ神戸に対して、自陣でしっかりとブロックを作り鈴木を起点としたカウンターを狙う長崎という構図の下で拮抗した展開が続く。要所で繰り出す連動したプレスでショートカウンターを仕掛ける神戸は19分、ボックス手前中央の藤田が強烈なミドルシュートを放つが、これはクロスバーを叩く。 ▽その後も神戸が押し込む展開が続く中、好調のウェリントンが魅せる。39分、ボックス手前左角でティーラトンが上げた浮き球のクロスをゴール右で相手DFに競り勝ったウェリントンが頭で合わすと、右ポストとGKの手を弾いたボールがゴールネットを揺らした。 ▽ウェリントンのリーグ戦3試合連続ゴールによって1点リードで試合を折り返した神戸だが、後半は長崎の攻勢に晒される展開に。55分にはボックス右に抜け出した鈴木にGKとの一対一を作られるが、ここはGKキム・スンギュのビッグセーブで凌ぐ。さらに攻勢をかける長崎は幸野、飯尾を下げて60分にファンマ、澤田を同時投入した。 ▽後半に入って守勢が続く神戸も64分に決定機を創出。ボックス左に抜け出した田中、渡邉が続けてシュートを放つが、GK徳重、相手DFの決死のブロックに阻まれる。直後にもティーラトンのクロスから再び田中に決定機も古巣対戦の徳重の好守に遭う。 ▽後半半ばから終盤にかけては一進一退の攻防が続く。70分には左サイドから翁長が入れたクロスをゴール前でフリーのファンマが頭で合わせゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定で認められず。一方、後半立ち上がりに比べて流れを引き戻した神戸は渡邉、田中、小林を下げて増山、安井の若手2人と那須をピッチに送り出して試合をクローズにかかる。そして、守護神キム・スンギュを中心とする守備陣が相手の反撃をきっちり凌ぎ切って1-0の勝利。ウェリントン3連発で3連勝の神戸は中断明け初戦を白星で飾り、次節からのイニエスタ合流に花を添えた。 2018.07.18 21:06 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎、エスパニョールからFWハイロ・モリージャスを完全移籍で獲得!

▽V・ファーレン長崎は15日、リーガエスパニョーラのエスパニョールからスペイン人FWハイロ・モリージャス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽2014-15シーズンにエスパニョールでトップチームデビューを飾ったハイロ・モリージャスは、ジローナ、ヌマンシアへの期限付き移籍を経て、2017-18シーズンにエスパニョール復帰。しかし、リーガエスパニョーラでの出場はなかった。 ▽元スペインU-18代表。リーガエスパニョーラ通算3試合出場、リーガ2部通算41試合8ゴール2アシスト、コパ・デル・レイ通算2試合2ゴールを記録している。 ▽長崎への加入が決定したハイロ・モリージャスは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「Hola,ハイロ・モリージャスです。ハイロと呼んでください。V・ファーレン長崎と契約を結ぶことができて、とてもうれしく思っています。私のプレースタイルは、スピードを活かして相手のペナルティエリアに侵入し、ゴールを決めることです。私が持っている力をグラウンドで最大限に発揮し、V・ファーレン長崎の勝利のために多くのゴールを決めます。そして、サポーターの皆さんに愛される選手になれるように頑張ります。よろしくお願いいたします」 2018.07.15 09:47 Sun
twitterfacebook
thumb

長崎、シドニーFCから“Aリーグ連覇の貢献者”オランダ人DFヨルディ・バイスを完全移籍で獲得!

▽V・ファーレン長崎は10日、シドニーFCからオランダ人DFヨルディ・バイス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「45」に決定している。 ▽フェイエノールト下部組織出身のヨルディ・バイスは、NACブレダ、ヘーレンフェーン、ローダなどの国内クラブでプレーした後に、ルーマニアのパンドゥリイ・トゥルグ・ジウに加入。2017年1月にAリーグのシドニーFCに加入してすぐに主力に定着し、2016-17シーズン、17-18シーズンのリーグ戦連覇に貢献した。 ▽長崎への加入が決定したヨルディ・バイスは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「V・ファーレン長崎でプレーすることになったヨルディ・バイスです。バイスと呼んでください。まず長崎でプレーすることができて、とても幸せですし楽しみにしています。長崎でプレーすることは、僕にとってとても大事なチャンスだと思います。ディフェンダーとしてハードワークし、チームがよりいい順位に上がれるように貢献していきたいと思います。よろしくお願いいたします」 2018.07.10 11:45 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース