長崎が山口のDF香川勇気を完全移籍で獲得「少しでもチームの力になれるように」2017.08.12 11:42 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽V・ファーレン長崎は12日、レノファ山口FCのDF香川勇気(25)を完全移籍で獲得することを発表した。背番号は「35」をつける。

▽香川は滝川第二高校出身で、全国高校サッカー選手権大会で優勝を経験。その後、阪南大学へと進学し、2015年に山口へ入団。これまでJ2で43試合出場2得点、J3で22試合に出場していた。香川は両クラブを通じてコメントしている。

◆V・ファーレン長崎
「この度、レノファ山口から移籍してきました、香川勇気です。早くチームに馴染んで少しでもチームの力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

◆レノファ山口FC
「シーズン途中ですが、移籍することを決めました。大学を卒業してから約二年半レノファでプレーすることができてとても幸せでした」

「レノファでの経験は自分のサッカー人生において素晴らしい財産になりました。レノファのサポーターはすごく温かく、どんな時も背中を押してくれる最高のサポーターです。チームは変わりますが、レノファサポーターの皆さまに成長した姿をお見せできるよう頑張ります。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

長崎ドローで連勝福岡が2位浮上! 首位湘南は圧巻開始11秒弾などで快勝《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第35節の5試合が、30日に各地で開催された。 ▽NDソフトスタジアム山形で行われたモンテディオ山形vsV・ファーレン長崎は、0-0のドローに終わった。 ▽全て1点差の接戦をモノにして5連勝で自動昇格圏内の2位をキープする長崎(勝ち点62)が、7戦未勝利で13位に位置する山形(勝ち点46)のホームに乗り込んだ一戦。立ち上がりから優勢に試合を進める長崎は5分、セットプレーから飯尾が際どいシュートを放つが、これは右ポストを叩く。その後は山形が盛り返して拮抗した展開が続く中、37分には鈴木雄の個人技から山形に決定機も、ボックス手前で放ったシュートは相手GKの好守に遭う。すると43分には長崎が得意のセットプレーの流れから前田のミドルシュートがゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドポジションの味方にボールが当たっており、ゴールは認められず。 ▽ゴールレスで折り返した試合は、前半同様に拮抗した展開に。55分には左サイド深くで碓井が折り返したボールをGKが弾くと、これをボックス中央の幸野が強烈なシュートで狙うが、これはGK児玉の素早いレスポンスに阻まれる。その後も互いに勝ち点3を目指して攻め合う中、より勝ち点がほしい長崎はファンマを狙ったクロスやロングボールでゴールをこじ開けにかかるが、最後まで山形ゴールをこじ開けることはできず。苦手山形とのアウェイゲームでまたしても勝利を逃した長崎の連勝が「5」でストップした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170930_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽レベルファイブスタジアムで行われたアビスパ福岡vsレノファ山口FCは、ホームの福岡が2-1で勝利した。 ▽前節、7試合ぶりの勝利を収めた3位福岡(勝ち点61)が、降格圏の21位山口(勝ち点28)をホームに迎えた隣県対決。試合は立ち上がりからホームの福岡が押し込むと、15分にボックス内に抜け出した仲川がPKを獲得。これをキッカーの山瀬が冷静に流し込み、幸先良く先制に成功。さらに、直後の18分には中央の三門から左サイドに走り込む亀川にパスが通ると、亀川の速いクロスをゴール前に走り込んだ松田が頭で合わせ、2試合連続ゴールを記録。その後は小塚や岸田を起点に山口が反撃を試みるが、要所を締めた福岡が2点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半もきっちりゲームをコントロールする福岡は、出場停止明けのウェリントンを松田に代えて投入するなど、とどめの3点目を目指す。だが、62分に駒野のクロスに合わせたウェリントンのヘディングシュート、82分に相手のバックパスに反応したウェリントンのループシュートは相手の好守やポストに阻まれ、追加点とはならず。それでも、相手の反撃を試合終了間際のラストプレーで喫した前の1点にとどめ、ホームで2-1の勝利。見事に連勝を飾った福岡はこの日引き分けた長崎を抜き、再び自動昇格圏内の2位に浮上した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170930_17_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽Shonan BMWスタジアム平塚で行われた湘南ベルマーレvsツエーゲン金沢は、ホームの湘南が4-2で勝利した。 ▽2位長崎に勝ち点9差を付けて首位を独走する湘南(勝ち点71)がホームに19位金沢(勝ち点34)を迎えた一戦は、キックオフ直後に圧巻のゴールが生まれる。湘南はキックオフのボールを山田が右サイドの藤田征に展開。その藤田征がワンタッチで菊池に預け、リターンパスを右サイド深くからダイレクトで折り返すと、ボックス中央に走り込んだ山田が右足で叩きつけたダイレクトシュートが大きくバウンドし、GK白井の頭上を越えてゴールネットを揺らし、金沢の選手が誰もボールに触れないうちに開始11秒の衝撃ゴールが決まった。 ▽その後、足を痛めたジネイに代えて19分に齊藤の投入を余儀なくされた湘南だが、その後も相手を押し込むと、32分には山田のパスに抜け出した秋野がボックス内で左足のシュートを流し込み、前半のうちに2点目を奪った。後半に入っても攻撃の手を緩めない湘南は54分、藤田征の右CKをファーで収めた菊池が流し込み、19戦ぶりの出場で早速結果を残した。この3点目で勝利を大きく近づけた湘南は、中美にゴールを許してクリーンシートを逃がすも、セットプレーからアンドレ・バイアのゴールで4点目を奪取。その後、試合終了間際に金子に2点目を許したが、ホームで4-2の完勝。リーグ11戦負けなしで優勝に向けてまた一歩前進した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170930_17_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ケーズデンキスタジアム水戸で行われた水戸ホーリーホックvs松本山雅FCは、アウェイの松本が1-0で勝利した。 ▽前節、6試合ぶりの勝利を手にした11位水戸(勝ち点48)と、前節連勝が「4」でストップした6位松本(勝ち点55)が対峙した一戦。試合は立ち上がりから松本のペースで進むと、29分に先制点を奪う。スローインの流れから右サイドをドリブルで独走した高崎がボックス内に侵入して丁寧に折り返すと、これを併走していた石原が冷静に流し込んだ。その後は追加点を奪えずに苦戦を強いられながらも、出場停止に加え、契約上の問題でエースFW前田大然を起用できない水戸の反撃をきっちり凌ぎ切った松本が1-0で勝利。暫定ながら4位浮上に成功した。 ▽その他の試合結果は以下の通り。 ◆J2第35節 ▽9/30(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 2</span>-1 レノファ山口FC モンテディオ山形 0-0 V・ファーレン長崎 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 松本山雅FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">湘南ベルマーレ 4</span>-2 ツエーゲン金沢 ▽10/1(日) 《13:00》 ファジアーノ岡山 vs 大分トリニータ カマタマーレ讃岐 vs 徳島ヴォルティス 《15:00》 ザスパクサツ群馬 vs 横浜FC FC岐阜 vs 名古屋グランパス 東京ヴェルディ vs FC町田ゼルビア 《19:00》 ロアッソ熊本 vs 愛媛FC 2017.09.30 21:19 Sat
twitterfacebook
thumb

長崎が上位対決制し3位浮上! 徳島は昇格PO圏外の7位に下降…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第32節の5試合が、10日に各地で行われた。 ▽7位の東京ヴェルディ(勝ち点50)が8位の松本山雅FC(勝ち点49)をホームに迎えて臨んだ直接対決は、2-1で松本の勝利となった。 ▽序盤からフィジカルコンタクトが多く見られた激しい試合で、最初にチャンスを得たのは松本だった。10分にボックス手前で工藤からのパスを受けたパウリ―ニョが、ダイレクトシュートを選択。シュートはオフサイドポジションの味方に当たり得点にはならなかったが、東京Vのゴールを脅かした。 ▽ペースを握りたいホームの東京Vは、20分に右サイドでボールを持った安西がクロスを供給。飛び込んだアラン・ピニェイロが頭で合わせたが、バーに阻まれた。両クラブ共に主導権を譲らず、一進一退の攻防が続いた。 ▽ゴールレスで試合を折り返すと、54分に松本の攻撃が実を結んだ。敵陣中央での競り合いから、ボールがパウリ―ニョの下にこぼれる。前を向いて右足を振り抜くと、弧を描くような弾道でゴール右隅に吸い込まれた。先制した松本は続く59分にも、ゴール前の混戦から工藤がシュートを放つ。これが相手に当たりながらもネットを揺らし、リードを広げた。 ▽苦しい展開を強いられる東京Vは、後半開始から投入されたドウグラス・ヴィエイラが、84分にボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えた。これを落ち着いて流し込み、点差を1点に縮めた。その後も追い上げを図った東京Vだったが、反撃はここまで。試合はこのまま終了し、勝利した松本が5試合負けなしで5位に浮上した。対する東京Vは9位に転落。ホームで行われた直接対決で、手痛い敗北を喫することとなった。 ▽4位のV・ファーレン長崎(勝ち点53)が5位の徳島ヴォルティス(勝ち点51)をホームに迎えて臨んだ上位直接対決は、2-1で長崎の勝利となった。 ▽堅い入りとなった試合でファーストシュートを放ったのは、アウェイの徳島だった。7分に、山崎とのワンツーから馬渡が前線に持ち上がり、ボックス手前からミドルシュートを放つ。しかし、これは枠を外れた。 ▽長崎はサイド攻撃を中心にクロスを多用するが、思うように決定機を迎えることはできず。18分には、扇長が敵陣左サイドの深い位置からクロスを供給したが、DFのブロックに阻まれた。 ▽お互いに決定的なチャンスを得ないまま折り返すと、試合は徳島にとって不運な形で動いた。54分に乾がボックス内で大崎に倒され、長崎がPKを獲得。キッカーの幸野が落ち着いてGKの逆に決め、先制点とした。さらに直後の60分にも、ゴール前の混戦から翁長が押し込み、長崎が一挙2得点を獲得することとなった。 ▽J1昇格に向けて負けられない徳島は、85分にCKの場面で岩尾がゴールネットを揺らしたが、その後は長崎のDF陣が攻撃をシャットアウト。長崎はリードを保ったまま試合を終了し、3位に浮上した。対する徳島は、順位を7位まで下げることになった。 ◆J2第32節 ▽9/10(日) カマタマーレ讃岐 0-0 ロアッソ熊本 ファジアーノ岡山 1-1 FC町田ゼルビア 東京ヴェルディ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 松本山雅FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-1 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬 2</span>-0 ジェフユナイテッド千葉 ▽9/9(土) アビスパ福岡 0-1 愛媛FC レノファ山口 3-5 湘南ベルマーレ 横浜FC 2-0 ツエーゲン金沢 水戸ホーリーホック 1-2 FC岐阜 モンテディオ山形 2-2 京都サンガF.C. 名古屋グランパス 0-1 大分トリニータ 2017.09.10 21:06 Sun
twitterfacebook
thumb

フローニンヘン堂安律の実兄が長野に入団! びわこ成蹊スポーツ大学から加入へ

▽AC長野パルセイロは1日、びわこ成蹊スポーツ大学MF堂安憂(21)の来季加入内定を発表した。 ▽堂安は加入の喜びをクラブの公式サイトで以下のように語っている。 「サッカーを始めたときの目標がプロサッカー選手になることで、まずはその目標をかなえることができ、とても嬉しく思います。自分を必要としてくれたAC長野パルセイロに関わるすべての方々、これまで自分のサッカーに関わり、成長させてくれた家族、仲間、スタッフの方々に本当に感謝しております」 「一日でも早くピッチに立ち、チームの勝利に貢献できるよう日々頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします」 2017.09.01 17:34 Fri
twitterfacebook
thumb

藤枝が長崎MF北川滉平を完全移籍で獲得!!

▽藤枝MYFCは17日、V・ファーレン長崎のMF北川滉平(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽ジュビロ磐田ユース出身の北川は、桃山学院大に進学後、2015年に長崎に加入。今シーズンの明治安田生命J2リーグでは出場機会がなかったが、天皇杯では1試合に出場している。 ▽藤枝への加入が決定した北川はクラブ公式サイトを通じて、次のように意気込みを語った。 「藤枝MYFCの皆さんこんにちは!はじめまして、V・ファーレン長崎から来ました北川滉平です。地元でもある藤枝MYFCでプレーできることをとても嬉しく思っています。チームの勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ▽また、退団する長崎の公式サイト上では次のようにコメントしている。 「V・ファーレン長崎のサポーターの皆さん、こんにちは!今回、藤枝MYFCに移籍することになりました。移籍することについて大変悩みましたが決断しました。2年半という期間でしたが、長崎のサポーターの方々はとても温かく、いつも助けていただきました!ボクの背番号のユニホームを着てくれた方、頑張れと声をかけてくれた方と、皆さんがいたからこそ、苦しいときも頑張ることができました。期待には、あまり応えられませんでしたが、必ずこれから活躍しますので、これからも応援よろしくお願いします!本当にありがとうございました!」 2017.08.17 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

長崎が新潟FW平松宗を期限付き移籍獲得「J1昇格、J2優勝を目指して」

▽V・ファーレン長崎は12日、アルビレックス新潟に所属するFW平松宗(24)の期限付き移籍での加入を発表した。契約期間は2018年1月31日までとなっている。 ▽平松は、2015年に国士舘大学から新潟に入団。1年目はリーグ戦でリーグ戦13試合に出場するなど、公式戦21試合に出場。しかし、昨シーズンは出場機会に恵まれず、シーズン途中に水戸へ期限付き移籍していた。 ▽新潟へ復帰した今シーズンは、明治安田生命J1リーグで2試合、YBCルヴァンカップで6試合、天皇杯で1試合に出場していた。平松は両クラブを通じてコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「はじめまして、こんにちは!アルビレックス新潟から来た平松宗です!V・ファーレン長崎に来させてもらえて、本当に感謝しかありません。これからVファーレン長崎に関わるすべての人たちの笑顔のために、全力でプレーさせてもらいます!J1昇格、J2優勝を目指してがんばっていきましょう。これからよろしくお願いします!!」 ◆アルビレックス新潟 「いつもサポーターの皆さんには熱く温かい声援を送っていただき、ありがとうございます」 「このたび長崎へ移籍することになりました。チームが苦しい時にクラブから出ることは本当に悩みましたが、今の自分の実力ではチームの勝利に貢献できないと思い移籍を決意しました。覚悟を持って感謝の心を忘れず、がむしゃらに結果を求めてがんばるので、こんな僕ですが応援よろしくお願いします!」 「選手にとって、本当にサポーターの方々の声援が選手の力になっているので、これからもよろしくお願いします!」 2017.08.12 16:07 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース