レーティング:アーセナル 4-3 レスター・シティ《プレミアリーグ》2017.08.12 06:23 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕戦アーセナルvsレスター・シティが11日に行われ、4-3でアーセナルが勝利した。レスターのFW岡崎慎司は5分にゴールを決め、72分までプレーしている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
33 チェフ 5.5
1失点目の対応はまずかったが、それ以外の失点は防げない。ヴァーディとの一対一を止める

DF
16 ホールディング 5.0
軽率なボールロストが散見

(→ジルー 6.5)
値千金の決勝弾。勝負強さを発揮した

18 モンレアル 5.5
高さがないながらも無難に3バックの中央をこなす

31 コラシナツ 6.0
持ち前の思い切りの良さを活かして2点目に絡む

MF
24 ベジェリン 5.5
途中から左サイドバックでプレー。両サイドを無難にこなす

35 エルネニー 5.5
1点目をアシストも攻守にどっち付かずだった

(→ラムジー 6.0)
乱戦を制すキッカケとなる3点目を奪った

29 ジャカ 5.5
ミスパスから2失点目に関与もラムジーのゴールをらしいパスでアシスト

15 チェンバレン 6.0
途中から右サイドバックでプレー。攻撃に厚みをもたらす

FW
11 エジル 5.0
昨季の不調を引きずっている様子。消えている時間が長い

9 ラカゼット 7.0
早くも移籍後初ゴール。3点に絡む

23 ウェルベック 6.0
2点目を挙げたが、消えている時間も多かった

(→ ウォルコット -)

監督
ヴェンゲル 6.0
3失点は頂けないが、選手交代で流れを変えた

▽レスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 シュマイケル 5.5
4失点も防げるシュートは止めていた

DF
2 シンプソン 5.5
守備に徹していた

5 モーガン 5.5
1失点目はラカゼットに寄せきれず

15 マグワイア 6.0
持ち味のパワーは発揮できていた。岡崎のゴールをアシスト

28 フックス 6.0
タイミング良く攻撃に絡んだ

MF
26 マフレズ 5.5
3点目をアシストしたが、消えている時間も多かった

22 M・ジェームズ 5.0
攻守に凡庸

(→イヘアナチョ -)

25 エンディディ 5.0
3失点目の場面では寄せが甘かった

11 オルブライトン 6.5
2点に絡む。決定的な仕事を果たした

(→グレイ -)

FW
9 ヴァーディ 7.0
頭で2点をゲット。岡崎との関係も良好

20 岡崎慎司 6.5
開幕ゴールを奪取。相変らずのハードワークも目立った

(→アマルテイ 5.0)
試合を締められず

監督
シェイクスピア 5.5
何とか勝ち点を持ち帰りたかったが、アーセナルの勢いを抑えられず

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ラカゼット(アーセナル)
▽クラブ史上最高額の移籍金を叩いて獲得しただけの能力を開幕戦から見せる。シュートへの意識が高く、レスターの脅威となっていた。

アーセナル 4-3 レスター・シティ
【アーセナル】
ラカゼット(前2)
ウェルベック(前47)
ラムジー(後38)
ジルー(後40)
【レスター・シティ】
岡崎慎司(前5)
ヴァーディ(前29、後11)

コメント

関連ニュース

thumb

ジルーの技ありオーバーヘッド弾で10人相手に辛勝! アーセナルが貫録のGS3連勝!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第3節、レッドスターvsアーセナルが19日に行われ、アウェイのアーセナルが1-0で勝利した。 ▽ここまで控えメンバー中心ながら地力の差を見せ付けて2連勝でグループ首位に立つアーセナルは、勝ち点2差で2位のレッドスターとの首位攻防戦に臨んだ。直近のリーグ戦でワトフォード相手に痛恨の敗戦を喫したアーセナルは、その試合からGKチェフ、エルネニーを除く9選手を変更。最終ラインは今季初出場のドゥビュシー、エルネニー、ホールディングの3バックとなり、中盤はコクランと共にウィルロック、ネルソン、ナイルズの若手3選手が起用され、3トップは最前線のジルーの下にウィルシャーとウォルコットが2シャドーに入った。 ▽立ち上がりからボールを保持するものの、攻め切れないアーセナルは、相手の鋭いカウンターに晒されて幾度となくボックス付近まで攻め込まれる。それでも、15分にはセットプレーの二次攻撃からボックス右でフリーのウォルコットが左足でシュートするが、これは相手GKの攻守に遭う。 ▽その後も主導権を握り切れないアウェイチームは25分、右CKの場面でボアキエに決定機を許すが、このヘディングシュートはクロスバーを叩き辛くも失点を免れる。さらに31分にはスルニッチの右クロスをファーで収めたクルスティッチにシュートを打たれるが、ここはGKチェフの好守で凌いだ。 ▽前半をゴールレスで折り返したアーセナルは、後半もボールの主導権を握るものの、ジルーやウォルコットらのフィニッシュがうまくいかず、なかなか先制点を奪うことができない。一方で前半同様に前がかりなところを引っくり返されてカウンターを許すなど、思うように試合を運べない。 ▽その後は完全にこう着状態に陥った試合だったが、80分にレッドスターDFロディッチがこの試合2枚目のカードをもらい、痛恨の退場処分となる。すると、数的優位を活かして盛り返すアーセナルは85分、ボックス右でウォルコットがグラウンダーで折り返すと、これを中央のウィルシャーがワンタッチの浮き球で再びウォルコットに戻す。そして、ウォルコットの頭での折り返しをゴール前のジルーが低空のオーバーヘッドシュートで合わせ、ゴール左隅に流し込んだ。 ▽ジルーの技あり弾でようやく均衡を破ったアーセナルは、守護神チェフを中心に相手の反撃を凌ぎ切って敵地で1-0の辛勝。大幅なターンオーバーの影響で低調なパフォーマンスに終始したものの、きっちり勝ち切ってグループステージ3連勝を飾った。 2017.10.20 04:19 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ狙うアーセナル、レアル・マドリーに入札か

▽アーセナルがレアル・マドリーに所属する元フランス代表MFカリム・ベンゼマ(29)獲得に乗り出しているようだ。スペイン『Don Balon』が報じた。 ▽以前からベンゼマに関心を寄せているとされてきたアーセナル。MFメスト・エジルとFWアレクシス・サンチェスの2枚看板が今シーズン限りで退団することを懸念するアーセン・ヴェンゲル監督は、金に糸目をつけず、ベンゼマ獲得に動く意向を示しているという。 ▽そのベンゼマは、今シーズンのここまで公式戦8試合に出場して2得点1アシスト。ストライカーとしては物足りなさを残すものの、FWクリスティアーノ・ロナウドの良きパートナーとして、ジネディーヌ・ジダン監督から全幅の信頼を寄せられている。 ▽だが、フロレンティーノ・ペレス会長は、先月9月に契約延長に達したばかりのフランス人ストライカーに関して、魅力的なオファーが届けば売却を考慮。そして、『Don Balon』も「時が来た」とベンゼマに移籍の可能性が高まっているとの見解を示している。 2017.10.19 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

エジルいらない! アーセナルサポの8割強が1月の売却に「YES」

▽現地アーセナルサポーターの大多数がドイツ代表MFメスト・エジル(29)の売却に肯定的な見解を示していることがわかった。 ▽今シーズン限りでアーセナルとの現行契約が切れるエジル。以前から契約延長に向けた動きが伝えられてきたが、選手側が高額な給与を要求していることから実現に至っていない。嫌気が差したアーセナル側も、エジルとの新契約締結を諦め、来冬の売却準備を進めているとみられている。 ▽この状況を報じたイギリス『ミラー』は、「ドイツ人プレーメーカーの強さと熱意の欠如がドレッシングルームに怒りを呼び込み、彼の終わりの日が近づいている」とアーセナル内に漂うネガティブな状況を伝えている。 ▽なお、同メディアが集計している「メスト・エジルを1月に売るべきか?」とのアンケートには、18日時点でサポーターから88%の「YES」が寄せられている。 2017.10.18 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

“時すでに遅し”のナスリ「僕にプロ意識があれば…」

▽アンタルヤシュポルに所属する元フランス代表MFサミル・ナスリが自身のキャリアを悔いた。スペイン『アス』が伝えている。 ▽マルセイユ育成機関で育ち、若くして“ネクスト・ジダン”と評されるなど将来を嘱望されたナスリ。これまでアーセナルやマンチェスター・シティ、セビージャといった欧州の名クラブを渡り歩いてきたが、フランス代表から追放されるなど、プレー面よりも素行の悪さが先行している。 ▽今年6月に30歳の誕生日を迎えたナスリは、スペイン『Canal+』で自身のキャリアについて次のように振り返った。 「キャリアのある段階でプロ意識を欠いていなければ、もっと良い選手になっていただろうね。ピッチ上でいつも仕事に集中してきたけど、私生活のスタイルが良くなかった。それが僕のステップアップを妨げていたのかもしれない。タレント性は確かだったのにね」 2017.10.16 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

PKを巡り場外バトル? ヴェンゲル「馬鹿げている」、シウバ「ダイブは見ていない」

▽PKの判定を巡って両指揮官が場外バトルだ。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督とワトフォードのマルコ・シウバ監督が、互いに主張した。 ▽14日、プレミアリーグ第8節のワトフォードvsアーセナルが行われ2-1でワトフォードが勝利した。試合は40分にCKからメルテザッカーのゴールでアーセナルが先制。しかし、71分にディーニーのPKでワトフォードが同点に追いつくと、92分にクレバリーが沈めて、ワトフォードが勝利した。 ▽ワトフォードの前に敗戦を喫したアーセナルだが、ヴェンゲル監督は同点ゴールとなった場面のPKの判定に不満。試合後にコメントした。 「PKの判定は少し馬鹿げている。これにより我々は2点目を奪うことに少しパニックになった。そして、最終的には敗戦となった」 「スキャンダラスな決定だったが、我々が何ができるだろうか。何もない。話すこと、話すことはできるんだ」 ▽一方、ワトフォードのシルバ監督はダイブはなかったと主張。リシャリルソンに問題はないと擁護した。 「私はPKがあったのを見た。審判の決定を尊重する。重要なのは、私はダイブやシミュレーションを見ていないということだ」 「リシャリルソンは、今シーズンのプレミアリーグで最も多くのファウルを受けている。人々は彼がダイビングをしていると言い始めているよ」 「彼は違う。彼はフェアだ。彼は世界最高の選手たちがするように、ファウルを得ている」 ▽問題に挙がっているシーンは、71分に発生。ボックス左に侵入したリシャルリソンとベジェリンが競り合うと、リシャルリソンが倒れこみ、PKの判定が下されていた。 2017.10.15 11:35 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース