岡崎開幕ゴールもアーセナルがド派手な打ち合いを制して白星スタート《プレミアリーグ》2017.08.12 05:52 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕戦アーセナルvsレスター・シティが11日に行われ、4-3でアーセナルが勝利した。レスターのFW岡崎慎司は5分にゴールを決め、72分までプレーしている。

▽昨季5位に終わって19年連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場記録が途絶えたアーセナルは、6日に行われたチェルシーとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に勝利した。その試合のスタメンから3選手を変更。負傷したメルテザッカーの代わりをモンレアルが務め、3バックの中央に入った。そしてエジルとベジェリンがスタメンとなった。

▽一方、一昨シーズンの王者であるレスターは昨季、12位まで順位を落とした。そのレスターは新戦力のマグワイアを起用。モーガンとセンターバックでコンビを組んだ。そして岡崎がイヘアナチョを抑えて開幕スタメンとなった。

▽試合は開始2分、早々に動きを見せる。ボックス手前右のエルネニーがダイレクトで上げたクロスをファーサイドのラカゼットが頭で押し込み、アーセナルがあっさり先制する。

▽新戦力の移籍後初ゴールで先手を取ったアーセナルだったが、レスターが5分にすかさず同点とした。左CKのショートコーナーから、オルブライトンが上げたクロスをファーサイドのマグワイアがヘッドで折り返す。これを岡崎が頭でねじ込んだ。

▽岡崎の開幕ゴールで試合を振り出しに戻したレスターは、アーセナルにポゼッションを譲るものの、ボールホルダーへの鋭い寄せで自由を与えずにいると、29分に逆転する。ジャカのミスパスを誘ってショートカウンターに転じると、オルブライトンの左クロスをヴァーディが右足で合わせた。

▽そして、ハーフタイムにかけてはレスターがペースを握る。33分にはホールディングからボールを奪ったフックスの左クロスから、岡崎がヘディングシュート。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。

▽しかし追加タイム2分、アーセナルはボックス中央でラカゼットのシュートがルーズとなると、コラシツナツが拾って抜け出す。GKと二対一となったところをコラシツナツは冷静にフリーのウェルベックにパスを出し、ウェルベックが難なく押し込んだ。

▽派手な打ち合いとなった前半を2-2で終え、迎えた後半、最初のチャンスはレスターに訪れる。52分、ロングフィードに反応したヴァーディがディフェンスライン裏を取る。しかし、飛び出していたGKチェフにカットされてしまった。それでも、マフレズのミドルシュートでゴールに近づくと、直後の56分に勝ち越す。マフレズの右CKからフリーとなっていたヴァーディがヘディングで押し込んだ。

▽再び追う展開となったアーセナルは62分、ウェルベックのスルーパスに抜け出したベジェリンがボックス右に侵入。シュートを狙ったが、GKシュマイケルのファインセーブに阻まれた。

▽その後、ホールディングとエルネニーに代えてラムジーとジルーを投入し、チェンバレンを右サイドバックに配す攻撃的な4バックとしたアーセナルは68分、ラカゼットの左クロスにラムジーがヘディングシュート。しかし、枠の左に外れてしまった。

▽逃げ切りたいレスターが岡崎に代えてアマルテイを投入したのに対し、攻勢に出るアーセナルは83分、ジャカの浮き球パスをボックス右で受けたラムジーが絶妙なトラップからシュートを蹴り込んだ。さらに85分、ラカゼットのシュートで得た右CKからジルーのヘディングシュートがバーの下を叩いてゴールラインを割り、4-3と勝ち越し。ド派手な打ち合いとなった開幕戦をアーセナルが制し、白星発進としている。

コメント

関連ニュース

thumb

エメリ新監督も期待…アーセナル、イウォビと2022年まで契約延長へ

▽アーセナルが、ナイジェリア代表MFアレックス・イウォビ(22)との契約延長を目前に迫っているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽今回伝えられるところによると、イウォビは2022年までの新契約に合意した模様。新たにアーセナル監督に就任したウナイ・エメリ監督も新シーズンの中心選手とみなしているようだ。 ▽2014年にアーセナルのトップチームに昇格したイウォビ。今シーズンは公式戦39試合に出場して3ゴール7アシストを記録していた。また、ナイジェリア代表としてもロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーに選出され、3試合に出場した。 ▽そんなイウォビにはこれまでラツィオやミラン、エバートンからの関心が伝えら得れてきたが、アーセナルに残留することになりそうだ。 2018.07.23 21:25 Mon
twitterfacebook
thumb

沈黙を破ったエジルがDFB会長を痛烈批判! ドイツ代表からの引退も発表

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(29)が自身のツイッター(@MesutOzil1088)で3つに分けて声明を投稿。最後には、ドイツ代表からの引退を明かした。 ▽エジルは、シャルケでプロキャリアをスタートさせると、ブレーメン、レアル・マドリーと渡り歩き、2013年9月からアーセナルでプレー。ゲームメーカーとして多くのアシストを記録するなど、チームの攻撃の中心を担ってきた。 ▽世代別のドイツ代表に選出されたエジルは、2009年2月にA代表デビュー。これまで92試合に出場し23ゴールを記録。3度のワールドカップに出場し、2014年のブラジル・ワールドカップでは優勝を成し遂げていた。 ▽しかし、2018年のロシア・ワールドカップではパフォーマンスが上がらず、背番号「10」を背負うエジルは批判の的に。さらに、自身のルーツでもあるトルコの大統領を訪問するなど、政治的な問題も抱え、グループステージ敗退となった今大会の責任を各方面から問われることとなった。 ▽そんなエジルだったが、多くの批判に対して沈黙を守ってきたものの、22日にツイッターを更新。長文を投稿して自身の考えを明らかにし、様々な批判への考えを示す中、ドイツサッカー連盟(DFB)会長を痛烈に批判するとともに、自身への差別を感じることを明かし、ドイツ代表からの引退を表明した。 「この数カ月間で僕が最もフラストレーションを感じた問題は、間違いなくDFB、特にDFBのラインハルト・グリンデル会長からの嫌疑だった」 「エルドガン大統領を写真を撮った後、僕はヨアヒム・レーブ監督が休暇を切り上げ、ベルリンに行き、全ての話を終わらせるために、写真について共同声明を出すように言われた。僕は意見を述べたけど、会長は自身の政治的な見解に興味を持っていた。彼の態度は見下すようなものだったけどね。それでも、僕たちはサッカーとワールドカップに集中することが最優先だということで同意した」 「ワールドカップ終了後、グリンデル会長は大会前の判断について責任を問われ、多くのプレッシャーにさらされることとなった。それは正しいと思う。そして最近、彼は僕の行動をもう一度説明しなければならないと公に言ったんだ。既にベルリンで終わっているにも関わらず、ロシアでの不甲斐ないチームの結果を僕のせいにしてね」 「これはグリンデル会長のためでなく、自分がそうしたいから話しているだけだ。僕は彼の無能さによって、スケープゴートになることはもう懲り懲りだ。僕はエルドガン大統領と写真を撮った後で、会長が僕をチームから追放したかったことを知っている。何の考えも相談もなく、彼はツイッターでそれを公表した。でも、ヨアヒム・レーブ監督と、オリバー・ビアホフ氏が僕をサポートしてくれたんだ」 「グリンデル会長と彼の支持者たちの目には、ドイツ代表が勝利すれば僕はドイツ人に見え、負ければ僕は移民にみえる。ドイツに税金を払い、ドイツの学校建設に貢献し、2014年にドイツ代表としてワールドカップで優勝したにも関わらず、社会的には受け入れられていない」 「2010年にドイツ・インテグレーションの成功例としてのバンビ賞を受賞した。2014年には、シルバー・ローレル・レリーフ賞(ドイツ国内最高のスポーツ賞)を、2015年にはドイツサッカーの大使にも任命されている。それでも僕はドイツ人じゃないのだろうか? それ以上に何があるというのだろうか? 僕の友人であるルーカス・ポドルスキやミロスラフ・クローゼは、ポーランド系ドイツ人とは言われていない。では、なぜ僕はトルコ系ドイツ人と言われるのだろうか。それはトルコだからだろうか?イスラム教徒だからだろうか?それが重要なポイントなんだと思う。トルコ系ドイツ人と呼ばれることによって、複数の国にルーツを持つ人々を差別しているように感じる。僕はドイツで生まれ育ったのに、なぜドイツ人であると受け入れてもらえないのだろうか」 「僕がDFBやその他の多くの人から受けた扱いによって、もはやドイツ代表チームのユニフォームを着たいとは思わない。僕は望まれていないと感じるし、2009年に国際舞台で自分がデビューしてからの道のりは、忘れられているように思える」 「人種差別的を内面に持つ人々は、2つの国に関係する人々がたくさんいる世界最大のサッカー連盟で働くべきではない。そのような態度では、決して選手たちを代表するなんてできない」 「最近の出来事により、僕の心はとても重い。僕は国際舞台において、ドイツ代表のためにはもうプレーしないと決断した。人種差別や軽蔑を受けながらはできない。これまでは、ドイツ代表ユニフォームに誇りと興奮を感じながら着ていたが、今はもうない」 「僕はいつもチームメイト、コーチングスタッフ、そして善良なドイツのすべての人々のために全力を尽くしてきたから、この決断はとても難しいものだった。でも、DFBの上層部の人々は僕をこのようにアツカし、トルコのルーツを軽蔑し、自分勝手な理由で政治的に僕を利用した。もう十分だ。僕はそのためにサッカーをしているわけではないし、簡単に受け入れることもしない。人種差別主義は、決して受け入れられるべきではない」 2018.07.23 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルOB「チェフを見捨てるべきではない」残留希望との推測も

アーセナルの元守護神デビッド・シーマン氏は、新たなGK加入により退団がうわさされるGKペトル・チェフの重要性を主張した。<br><br>アーセナルはウナイ・エメリ新監督就任後、最初の補強の1人としてレバークーゼンよりGKベルント・レノを獲得。これにより36歳の元チェコ代表GKは守護神の座を奪われると予想されている。<br><br>しかしアーセナルで13年間プレーし、イングランド代表としても長く守護神を務めてきたシーマン氏は、レノの獲得で「チェフがすぐさま見捨てられるとは思わない」と語った。<br><br>「プレミアリーグとチャンピオンズリーグなど全て勝ち取った男の経験を消すことは出来ないし、消し去るべきではない。彼はまだまだ多くのものをもたらしてくれる。ペトルが背番号1を選んだことは興味深いことさ。これは彼がまだ残留を希望していることを表している」<br><br>それでも、コロンビア代表の守護神ダビド・オスピナもいる現状では誰かが退団せざるを得ないようだ。<br><br>「もちろん、これは難しいことだ。(チェフかダビド・オスピナの)どちらか1人は去ることになるだろう」<br><br>提供:goal.com 2018.07.23 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

レノに続くGK補強か アーセナルがゾンマー獲得交渉

▽新シーズンからアーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、さらなるGK補強に動いているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えた。 ▽22年間のアーセン・ヴェンゲル体制に終止符を打ったアーセナル。今夏、レバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノ(26)を獲得した。 ▽しかし、エメリ監督は依然、ボルシアMGに所属するスイス代表ヤン・ゾンマー(29)の獲得にも向かっている模様だ。 ▽そのアーセナルは、バルセロナも関心を寄せているとされるゾンマー獲得に向け、先進的な交渉に開始したという。 ▽スイス代表としてロシア・ワールドカップを戦ったゾンマーは、2014年からボルシアMGでプレー。2017-18シーズンは公式戦33試合に出場した。 2018.07.22 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「22億円ならバーゲン」退団濃厚のウェルベック、争奪戦に発展か…アーセナルOBが予想

元アーセナルのレイ・パーラー氏は、今夏に放出されることが濃厚なダニー・ウェルベックを多くのクラブが注視するだろうと話した。<br><br>今夏に就任したウナイ・エメリ監督の下、新戦力獲得に向けて資金を調達する必要のあるアーセナルは、数名の選手の放出を検討。その中の1人に長く負傷に苦しみ、出場機会が限定的なウェルベックが含まれていると考えられている。<br><br>戦力を刷新する可能性が高まる中、現役時代にアーセナルでプレーしたパーラー氏は、ウェルベックの退団に関してイギリス『トーク・スポーツ』で「彼は27歳で、本来ならピークに達しているべきときだ。レギュラーで出場することが必要だが、アーセナルでは多くの選手が彼よりも優先して試合に出ているから彼自身はスタメンでのプレーを望んでるだろう」と理解を示した。<br><br>「今は移籍金が高騰し、素晴らしい選手でなくても5000万ポンド(約73億円)+&alpha;が掛かるが、今なら彼の獲得は1500万ポンド(約22億円)程度であり、これをチャンスだと考えるべきだ。ロッカールームでも模範的な振る舞いができる選手で、何よりもエネルギッシュだ。彼はチームに多くをもたらせるから非常に多くのクラブが彼の獲得に乗り出すと思っている」<br><br>2014年にマンチェスター・ユナイテッドから加入したウェルベックは、アーセナルでの4シーズンで112試合に出場し、27ゴールを記録。17-18シーズンは途中出場が多かったものの公式戦43試合でピッチに立っている。<br><br>放出のうわさが絶えないウェルベックは、今夏新天地を求めることになるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.07.22 11:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース