岡崎開幕ゴールもアーセナルがド派手な打ち合いを制して白星スタート《プレミアリーグ》2017.08.12 05:52 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕戦アーセナルvsレスター・シティが11日に行われ、4-3でアーセナルが勝利した。レスターのFW岡崎慎司は5分にゴールを決め、72分までプレーしている。

▽昨季5位に終わって19年連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場記録が途絶えたアーセナルは、6日に行われたチェルシーとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に勝利した。その試合のスタメンから3選手を変更。負傷したメルテザッカーの代わりをモンレアルが務め、3バックの中央に入った。そしてエジルとベジェリンがスタメンとなった。

▽一方、一昨シーズンの王者であるレスターは昨季、12位まで順位を落とした。そのレスターは新戦力のマグワイアを起用。モーガンとセンターバックでコンビを組んだ。そして岡崎がイヘアナチョを抑えて開幕スタメンとなった。

▽試合は開始2分、早々に動きを見せる。ボックス手前右のエルネニーがダイレクトで上げたクロスをファーサイドのラカゼットが頭で押し込み、アーセナルがあっさり先制する。

▽新戦力の移籍後初ゴールで先手を取ったアーセナルだったが、レスターが5分にすかさず同点とした。左CKのショートコーナーから、オルブライトンが上げたクロスをファーサイドのマグワイアがヘッドで折り返す。これを岡崎が頭でねじ込んだ。

▽岡崎の開幕ゴールで試合を振り出しに戻したレスターは、アーセナルにポゼッションを譲るものの、ボールホルダーへの鋭い寄せで自由を与えずにいると、29分に逆転する。ジャカのミスパスを誘ってショートカウンターに転じると、オルブライトンの左クロスをヴァーディが右足で合わせた。

▽そして、ハーフタイムにかけてはレスターがペースを握る。33分にはホールディングからボールを奪ったフックスの左クロスから、岡崎がヘディングシュート。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。

▽しかし追加タイム2分、アーセナルはボックス中央でラカゼットのシュートがルーズとなると、コラシツナツが拾って抜け出す。GKと二対一となったところをコラシツナツは冷静にフリーのウェルベックにパスを出し、ウェルベックが難なく押し込んだ。

▽派手な打ち合いとなった前半を2-2で終え、迎えた後半、最初のチャンスはレスターに訪れる。52分、ロングフィードに反応したヴァーディがディフェンスライン裏を取る。しかし、飛び出していたGKチェフにカットされてしまった。それでも、マフレズのミドルシュートでゴールに近づくと、直後の56分に勝ち越す。マフレズの右CKからフリーとなっていたヴァーディがヘディングで押し込んだ。

▽再び追う展開となったアーセナルは62分、ウェルベックのスルーパスに抜け出したベジェリンがボックス右に侵入。シュートを狙ったが、GKシュマイケルのファインセーブに阻まれた。

▽その後、ホールディングとエルネニーに代えてラムジーとジルーを投入し、チェンバレンを右サイドバックに配す攻撃的な4バックとしたアーセナルは68分、ラカゼットの左クロスにラムジーがヘディングシュート。しかし、枠の左に外れてしまった。

▽逃げ切りたいレスターが岡崎に代えてアマルテイを投入したのに対し、攻勢に出るアーセナルは83分、ジャカの浮き球パスをボックス右で受けたラムジーが絶妙なトラップからシュートを蹴り込んだ。さらに85分、ラカゼットのシュートで得た右CKからジルーのヘディングシュートがバーの下を叩いてゴールラインを割り、4-3と勝ち越し。ド派手な打ち合いとなった開幕戦をアーセナルが制し、白星発進としている。

コメント

関連ニュース

thumb

出場機会激減のジルー「W杯出場のためにもう一度考える」1月のアーセナル退団を示唆

フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが1月にアーセナルから離れる可能性があるようだ。<br><br>現在、ベンチを温める機会が多くなっているジルー。しかし、10日のサウサンプトン戦では途中出場ながらチームを救う同点ゴールを奪うなど、重要な局面でその勝負強さを見せている。今夏、エヴァートンやマルセイユから獲得の打診があったものの、アーセナルに残ることを決断した同選手だが、来夏のロシア・ワールドカップに出場するためにもっと先発での出場機会が欲しいと感じているようだ。<br><br>ジルーは、フランス『レキップ』で「ワールドカップに出場することを毎週、毎日のように考えている。ピッチに立つときは常にワールドカップのためにより良いプレーをしようと思っている」とフランス代表としてロシアのピッチに立ちたいと強調。<br><br>続けて「出場機会があると思ったから、今夏ここから出て行かなかった。でも、1月にここから離れるべきかどうか、もう一度考えなくてはならない。もちろん正しい答えを見つけ、正しい決断をするのは簡単ではないが、出場機会を求めている」とスターターとして試合に出る環境を求めていると明かした。<br><br>また、フランス代表のディディエ・デシャン監督からもアーセナルから退団するよう助言を受けたと述べたジルーは「彼が言っていることは論理的で、もちろん理解できる。彼は僕にもっとプレーしてほしいと考えているようだ」と1月の退団を現実的に考えなくてはならないと話している。<br><br>今シーズン、アーセナルで通算100ゴールをマークしたジルーだが、プレミアリーグでの先発はなく、出場時間も252分に留まっている。同選手が今冬にどのような決断を下すのか注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 13:29 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェストハム再建へ…モイーズが“ガラスの天才”ウィルシャーへの興味を明かす

▽ウェストハムを率いるデイビッド・モイーズ監督は、アーセナルのジャック・ウィルシャー(25)の獲得に興味を持っていることを認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽2008-09シーズンに16歳の若さでトップチームに昇格を果たしたウィルシャーは、その才能を高く評価されてきたが、負傷離脱を頻発。昨シーズンにはレンタル移籍でボーンマスに加わり、プレミアリーグで27試合に出場したが、シーズン終盤には腓骨骨折によりまたもケガに泣かされた。 ▽今シーズンはアーセナルに復帰するも、昨シーズンの負傷の影響から開幕に出遅れ、ここまで第16節を終えたプレミアリーグでの出場時間はわずか86分。この状況にウィルシャー自身は冬の移籍市場での退団をほのめかす発言をしていた。 ▽そんな中、11月にウェストハム指揮官に就任し、現在19位のチームの再建を託されるモイーズ監督は、ウィルシャーへの興味を明かしている。 「もしジャック・ウィルシャーの獲得が可能であるなら、我々はそれに目を向けなくてはいけないチームだ」 「ただ、短期間ではなく、長期的にクラブに居てくれるかどうかを確認したい。短期間での修正が必要であり、また、今シーズン終了時までどのように勝利を積み重ねていくのかのバランスは取れている」 2017.12.13 09:11 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシアのポルトガル代表FWにユーベやアーセナルらビッククラブが熱視線

▽バレンシアのポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)に対して、多くのビッククラブが興味を示しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽今夏にパリ・サンジェルマンからレンタル移籍でバレンシアに加入したゴンサロ・ゲデスは、リーガエスパニョーラで11試合に出場し3ゴールをマーク。バルセロナに次いで2位と健闘するチームの主力として活躍している。 ▽報道によるとバレンシア側はこの活躍を受けて、ゴンサロ・ゲデスを今後もクラブに留めたいと考えている模様。しかし同選手の活躍はすでに欧州全土に知れ渡っているようで、ユベントス、アーセナル、バイエルン、アトレティコ・マドリーと言ったビッグクラブが熱視線を送っているという。 ▽なお、所属元のパリ・サンジェルマンは今夏にベンフィカから3000万ユーロ(現在のレートで約40億円)で獲得している。そのため、『アス』はパリ・サンジェルマンが獲得にかかった費用よりも高い移籍金に設定するだろうとしている。しかし同メディアはそれでもゴンサロ・ゲデスをめぐった争奪戦となるだろうと報じている。 2017.12.12 09:39 Tue
twitterfacebook
thumb

エジル引き留めにアーセナルが週給4500万円の新オファーを提示へ!!

▽今シーズン限りで契約が満了を迎えるドイツ代表MFメスト・エジル(29)に対して、アーセナルが新オファーを提示する準備を開始しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽以前からアーセナル側がエジルの契約延長に動きを見せていたが、現在まで新契約が締結されたという発表はない。そのため多くのクラブが同選手の獲得に興味を持っていると報じられている。 ▽中でもレアル・マドリー時代に指導していたジョゼ・モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドが引き抜きに熱心だと伝えられてきた。さらに、最近になってからはバルセロナやチェルシーなども争奪戦への参戦が噂されており、エジル自身がどういう決断を下すかに注目が集まる。 ▽今回の報道によると、アーセナルはエジルを必要な戦力だと考えているとして、再び新契約を提示する準備を開始した模様。現在は週給23万5000ポンド(約3500万円)だが、新契約では30万ポンド(約4500万円)を越える大幅な給与アップでエジルの残留を勝ち取ろうとしているようだ。 ▽なおアーセナルはチリ代表FWアレクシス・サンチェスも来夏に契約満了を迎える。しかしまずはエジルを残留させることが先決だと考えているようで、今回の新オファー提示に向かうと伝えている。 2017.12.12 08:38 Tue
twitterfacebook
thumb

メモリアルマッチで奮闘の吉田麻也…英メディアは高評価「サウサンプトンの絶対的な存在」

サウサンプトンは、10日に行われたプレミアリーグ第16節でアーセナルと1-1で引き分けた。この試合で先発したDF吉田麻也は、イギリスメディアから高い評価を受けている。<br><br>ホームで3試合ぶりの勝利を狙ったサウサンプトンは、開始3分で相手のミスを見逃さず、FWチャーリー・オースティンのゴールで先制する。その後は自陣に構え、カウンターから好機を作っていくが、なかなか得点を奪えないでいると、88分にFWオリヴィエ・ジルーに同点弾を許し、土壇場で引き分けることとなった。<br><br>この試合でキャプテンマークを巻いて出場した吉田は、これがプレミアリーグ先発出場100試合目。メモリアルマッチで堅守に貢献した日本代表DFに、イギリスメディアは高評価を与えている。<br><br>『Daily Mail』は、吉田に「7」と及第点以上をつけた。「セインツの絶対的な存在は、DFラインの中心的な役割を担った」と、チームに欠かせない存在となっていると述べた。チーム最高点は、先制点を決めたオースティンと、MFドゥシャン・タディッチ。タディッチには、「もし(アーセナルFW)アレクシス・サンチェスが5000万ポンドなら、このプレイメーカーはいくらなんだ?」と評している。<br><br>その一方で、同メディアはアーセナルの選手には低めの評価を与え、特に失点につながるミスを犯したDFペア・メルテザッカーには「先制点でミス。ペースと機動力に欠け、途中交代となった」と酷評。「4」と厳しい評価をつけている。<br><br>また、『Sky Sports』は日本代表DFにチーム最高タイとなる「7」をつけた。CBでは最高の評価を受けている。サウサンプトンの選手は8人が「7」となっており、好パフォーマンスをみせたことを評価している。<br><br>サウサンプトンで厳しいポジション争いに巻き込まれている吉田だが、指揮官からも現地メディアからも高い評価を受けているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 08:39 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース