岡崎開幕ゴールもアーセナルがド派手な打ち合いを制して白星スタート《プレミアリーグ》2017.08.12 05:52 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ開幕戦アーセナルvsレスター・シティが11日に行われ、4-3でアーセナルが勝利した。レスターのFW岡崎慎司は5分にゴールを決め、72分までプレーしている。

▽昨季5位に終わって19年連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場記録が途絶えたアーセナルは、6日に行われたチェルシーとのコミュニティー・シールドをPK戦の末に勝利した。その試合のスタメンから3選手を変更。負傷したメルテザッカーの代わりをモンレアルが務め、3バックの中央に入った。そしてエジルとベジェリンがスタメンとなった。

▽一方、一昨シーズンの王者であるレスターは昨季、12位まで順位を落とした。そのレスターは新戦力のマグワイアを起用。モーガンとセンターバックでコンビを組んだ。そして岡崎がイヘアナチョを抑えて開幕スタメンとなった。

▽試合は開始2分、早々に動きを見せる。ボックス手前右のエルネニーがダイレクトで上げたクロスをファーサイドのラカゼットが頭で押し込み、アーセナルがあっさり先制する。

▽新戦力の移籍後初ゴールで先手を取ったアーセナルだったが、レスターが5分にすかさず同点とした。左CKのショートコーナーから、オルブライトンが上げたクロスをファーサイドのマグワイアがヘッドで折り返す。これを岡崎が頭でねじ込んだ。

▽岡崎の開幕ゴールで試合を振り出しに戻したレスターは、アーセナルにポゼッションを譲るものの、ボールホルダーへの鋭い寄せで自由を与えずにいると、29分に逆転する。ジャカのミスパスを誘ってショートカウンターに転じると、オルブライトンの左クロスをヴァーディが右足で合わせた。

▽そして、ハーフタイムにかけてはレスターがペースを握る。33分にはホールディングからボールを奪ったフックスの左クロスから、岡崎がヘディングシュート。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。

▽しかし追加タイム2分、アーセナルはボックス中央でラカゼットのシュートがルーズとなると、コラシツナツが拾って抜け出す。GKと二対一となったところをコラシツナツは冷静にフリーのウェルベックにパスを出し、ウェルベックが難なく押し込んだ。

▽派手な打ち合いとなった前半を2-2で終え、迎えた後半、最初のチャンスはレスターに訪れる。52分、ロングフィードに反応したヴァーディがディフェンスライン裏を取る。しかし、飛び出していたGKチェフにカットされてしまった。それでも、マフレズのミドルシュートでゴールに近づくと、直後の56分に勝ち越す。マフレズの右CKからフリーとなっていたヴァーディがヘディングで押し込んだ。

▽再び追う展開となったアーセナルは62分、ウェルベックのスルーパスに抜け出したベジェリンがボックス右に侵入。シュートを狙ったが、GKシュマイケルのファインセーブに阻まれた。

▽その後、ホールディングとエルネニーに代えてラムジーとジルーを投入し、チェンバレンを右サイドバックに配す攻撃的な4バックとしたアーセナルは68分、ラカゼットの左クロスにラムジーがヘディングシュート。しかし、枠の左に外れてしまった。

▽逃げ切りたいレスターが岡崎に代えてアマルテイを投入したのに対し、攻勢に出るアーセナルは83分、ジャカの浮き球パスをボックス右で受けたラムジーが絶妙なトラップからシュートを蹴り込んだ。さらに85分、ラカゼットのシュートで得た右CKからジルーのヘディングシュートがバーの下を叩いてゴールラインを割り、4-3と勝ち越し。ド派手な打ち合いとなった開幕戦をアーセナルが制し、白星発進としている。

コメント

関連ニュース

thumb

ミランSD、EL抽選結果に前向き「我々はアーセナルを恐れない」

▽23日にヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会が行われ、ミランはイングランドの強豪アーセナルと対戦することが決まった。スポーツディレクターのマッシミリアーノ・ミラベッリ氏が、イタリア『プレミアム・スポルト』で抽選について話している。 ▽ミランはこのラウンドで最も厳しい相手の一つを引いた形だが、「名門チームとの素晴らしい試合だ。良い時期にやってきたね」とコメント。「我々は恐れない。この大会で勝ち上がっていきたいんだ」と意気込んだ。 ▽この試合に向けての準備について聞かれると同氏は、「敬意を持っているが、我々はどこも恐れない。我々ははっきりしているし、落ち着いている。サン・シーロでもロンドンでも、多くのファンがやってきて後押ししてくれるはずだ」と述べた。 ▽一方、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権は獲得できるかが微妙なところだ。ミラベッリ氏は「我々は信じている。最後までいけると信じているよ。このクラブのDNAは勝利だけだ」と語っている。 ▽本拠地サン・シーロでの1stレグは3月8日に行われる。アウェイでの2ndレグは、同15日の開催だ。 2018.02.24 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランvsアーセナル&香川ドルトvs南野ザルツ! ラウンド16のカード決定《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が23日に行われ、対戦カードが決定した。 ▽優勝候補でありMF香川真司が所属するドルトムントは、MF南野拓実が所属するザルツブルクと対戦。また、イタリアの名門であるミランと、初のEL参戦で優勝でのチャンピオンズリーグ出場権獲得を狙うアーセナルが激突する好カードが実現した。 ▽そのほか、スペインの強豪であるアトレティコ・マドリーは、ロシアのロコモティフ・モスクワと対戦。DF酒井宏樹が所属するマルセイユはビルバオと相まみえる。 ▽ラウンド16は1stレグが3月8日に、2ndレグが同15日に行われる。 ◆ELラウンド16対戦カード ※左側のチームが1stレグのホームチーム ラツィオ(イタリア)vsディナモ・キエフ(ウクライナ) RBライプツィヒ(ドイツ)vsゼニト(ロシア) アトレティコ・マドリー(スペイン)vsロコモティフ・モスクワ(ロシア) CSKAモスクワ(ロシア)vsリヨン(フランス) マルセイユ(フランス)vsアスレティック・ビルバオ(スペイン) スポルティング・リスボン(ポルトガル)vsビクトリア・プルゼニ(チェコ) ドルトムント(ドイツ)vsザルツブルク(オーストリア) ミラン(イタリア)vsアーセナル(イングランド) 2018.02.23 21:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、ELホームでまさかの敗戦に「独りよがりで集中できていなかった」

アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、チームとして&ldquo;独りよがり&rdquo;な姿勢を糾弾している。<br><br>アーセナルは22日、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでエステルスンドと対戦。敵地での初戦を3-0で快勝していたが、エミレーツスタジアムでのリターンマッチで1-2とまさかの敗戦を喫している。<br><br>合計スコア4-2で次のラウンドへの突破を決めたものの、ヴェンゲル監督は試合後の記者会見で「前半は十分ではなかった」と話し、反省を促している。<br><br>「独りよがりで集中できていなかったゆえに、問題が生じていた。ボールを失い、ボールを持ってるときにもアイディアがなかった。それは問題が生じていたからだ」<br><br>「後半はだいぶ良くなった。エネルギーが上がり、支配が一貫性のあるものになった。突破するという最低限の仕事は果たせた」<br><br>そしてアーセナルは25日にカラバオカップ(リーグカップ)決勝でマンチェスター・シティとの大一番を控える、ヴェンゲルは「フットボールはどのように働くかわからない。FAカップを見れば何が起きるかわかるだろう。常に100%でなければ、トラブルは生じうる」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.23 13:56 Fri
twitterfacebook
thumb

ウィルシャー、ホームで格下に敗戦には「過小評価してしまったかも…」

アーセナルのMFジャック・ウィルシャーは、チームの不甲斐ない出来に苛立ちを隠せないようだ。『BTスポーツ』が報じた。<br><br>アーセナルは22日、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでエステルスンドと対戦。初戦は敵地で3-0と快勝を収めていたが、エミレーツスタジアムでのリターンマッチは1-2とまさかの敗戦を喫した。<br><br>先発出場したウィルシャーは「十分じゃなかったね」と話し、このように続けている。<br><br>「正直に言えば、後半は改善できたと思うが、それでも十分ではなかった。突破はしたし、抽選結果を待ってみよう。その前にも日曜日にはビッグマッチがあるし、集中するよ」<br><br>「初戦を3-0で勝利していたとしても、2戦目もタイの気持ちで戦わないといけなかった。おそらく過小評価してしまったのだろうけど、重要なのは突破したことだよ」<br><br>ホームで敗れたアーセナルは、25日にカラバオカップ(リーグカップ)決勝でマンチェスター・シティと激突する。<br><br>提供:goal.com 2018.02.23 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ELラウンド16進出チームが決定! 日本人所属3クラブは揃って勝ち抜け!《EL》

▽22日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の全日程が終了した。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 ▽グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われた今回のラウンド32。いずれも接戦が目立った中、RBライプツィヒに敗れたナポリを除きアーセナルやミラン、アトレティコ・マドリー、ドルトムントといった優勝候補が順当にラウンド16進出を果たした。 ▽また、日本人選手所属ではMF香川真司が2試合共に欠場となったドルトムントがアタランタとの接戦を制した。また、グループIで同居して共にグループステージ突破を決めたDF酒井宏樹のマルセイユ、MF南野拓実のザルツブルクはそれぞれブラガ、レアル・ソシエダを下してラウンド32を突破した。なお、1stレグでは酒井がアシスト、南野が貴重な同点ゴールときっちりチームの突破に貢献していた。 ▽また、国別での勝ち上がりをみると、唯一の参戦となったイングランド勢のアーセナルを除き、5大リーグと評されるスペイン、イタリア、ドイツ、フランスがそれぞれ2チームずつをラウンド16に送り込んでいる。その一方で、ラウンド16に最多3チームを送り込んだのは優勝候補にも挙がるゼニトを含め、CSKAモスクワ、ロコモティフ・モスクワが勝ち上がったロシア勢だった。 ▽なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は23日の日本時間21時にスイスのニヨンで開催される予定だ。また、ラウンド16は1stレグが3月8日に、2ndレグが同月15日に行われる。ELラウンド16進出チームは以下の通り。 ◆ELラウンド16進出チーム アーセナル(イングランド) ミラン(イタリア) ラツィオ(イタリア) ドルトムント(ドイツ) RBライプツィヒ(ドイツ) アトレティコ・マドリー(スペイン) アスレティック・ビルバオ(スペイン) リヨン(フランス) マルセイユ(フランス) スポルティング・リスボン(ポルトガル) ゼニト(ロシア) CSKAモスクワ(ロシア) ロコモティフ・モスクワ(ロシア) ディナモ・キエフ(ウクライナ) ザルツブルク(オーストリア) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 2018.02.23 08:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース