新規参入のロサンゼルスFCがソシエダのベラを獲得、加入は1月2017.08.12 00:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2018年からメジャーリーグサッカー(MLS)に新規参入するロサンゼルスFCは11日、メキシコ代表FWカルロス・ベラ(29)を獲得したことを発表した。契約期間などは明かされていない。

▽アーセナルで欧州でのキャリアをスタートさせた右ウイングを主戦場にプレーするベラは、2011年夏にソシエダへレンタル移籍。主力として活躍すると、翌年に完全移籍を果たし、これまで公式戦230試合に出場して72ゴールと、ソシエダの中心選手としてプレーしていた。

▽ロサンゼルスFCはNBAのスター選手であったマジック・ジョンソン氏やアメリカ女子サッカー代表選手ミア・ハム氏らが共同オーナーを務めている。

コメント

関連ニュース

thumb

カリアリが新指揮官にディエゴ・ロペスを招へい! 3年ぶりの復帰

▽カリアリは18日、ディエゴ・ロペス氏(43)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2019年6月までとなる。 ▽カリアリは17日、2015年に就任以降、セリエB優勝、11位でのセリエA残留に導いてきたマッシモ・ラステッリ監督(48)を成績不振を理由に解任した。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアは、後任監督の候補にベッペ・イアキーニ氏やマッシモ・オッド氏の名前を挙げていたが、新指揮官には2013年6月から2014年4月までクラブを率いていたウルグアイ人指揮官が就任することになった。 ▽なお、これまでカリアリ、ボローニャの指揮官を歴任してきたディエゴ・ロペス氏は、今年1月から4月までパレルモの監督を務めていた。 ▽ディエゴ・ロペス氏の下で巻き返しを図るカリアリは、セリエA第8節終了時点で2勝6敗の14位に位置している。 2017.10.18 22:55 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎レスター、シェイクスピア監督解任を公式発表! 副会長「クラブが前に進み続けるために変化が必要」

▽レスター・シティは17日、クレイグ・シェイクスピア監督(53)の解任を発表した。なお、次節のスウォンジー戦はアシスタントコーチを務めるマイケル・アップルトン氏(41)が暫定指揮官として指揮を執る。 ▽レスターのアイヤワット・スリヴァッダナプラバ副会長は、クラブ公式サイトでシェイクスピア監督の解任理由について以下のように説明している。 「クレイグはレスター・シティにとって、偉大な奉仕者だった。アシスタントマネージャー時代、そして今年2月に厳しい状況の中で指揮官を務めてくれた。彼のクラブに対する献身、クラブが最も成功を収めた時期に偉大な貢献をもたらしてくれたことに心から感謝したい」 「しかし、クレイグのマネジメントの下、ここ数カ月のチームの戦いぶりにはやや一貫性を欠いており、クラブの取締役会はクラブが前に進み続けるために変化が必要であることを感じた」 「クレイグはレスター・シティにおいて、非常に人気があり尊敬を集める存在のままだ。将来的にはプロフェッショナルとして、また友人としてキングパワー・スタジアムに戻ってくることを心から歓迎したい」 ▽昨シーズン、成績不振で解任されたクラウディオ・ラニエリ前監督の後任としてアシスタントコーチから昇格したシェイクスピア監督は、後任人事が決定するまでの暫定指揮官として就任した。 ▽その後、見事にチームを好転させた同監督は、今年3月にシーズン終了までの契約でトップチームの正式な指揮官に就任すると、公式戦6連勝を達成。降格圏内の17位でバトンを受けたチームを最終的に12位でフィニッシュさせた。そして、今年6月には2020年までの新契約にサインしていた。 ▽だが、今シーズンは第8節終了時点で1勝4敗3分けと開幕から低迷が続き、チームは降格圏の18位に転落。この成績不振を受けて、クラブ幹部はプレミアリーグ第8節のWBA戦(1-1のドロー)の翌日にシェイクスピア監督との会談を開き、その場で解任の意向を伝えた。 ▽なお、レスターは今後後任監督選定に向けたプロセスを開始し、その選定が終わるまで後任人事に関するこれ以上のアナウンスを行わない意向であると伝えている。 2017.10.18 02:23 Wed
twitterfacebook
thumb

カリアリがラステッリ監督を解任! 今季セリエA初の解任に

▽カリアリは17日、マッシモ・ラステッリ監督(48)を解任したことを発表した。 ▽2015年に2部に降格したカリアリの新指揮官に就任したラステッリ監督は、就任1年目で同クラブをセリエB優勝に導き、1年でのセリエA復帰に貢献。その翌シーズンも11位でセリエA復帰シーズンを余裕の残留圏内で終えるなど、優れた手腕を発揮していた。 ▽だが、今シーズンはユベントス、ミラン相手に開幕2連敗を喫すると、その後クロトーネとSPAL相手に連勝して巻き返すも、直近の4連敗を受けて、解任の憂き目を味わうことになった。 ▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアは、後任監督の候補にベッペ・イアキーニ氏やマッシモ・オッド氏の名前を挙げている。 ▽例年、早期の監督交代が多いセリエAだが、その他の主要リーグで早期交代が目立つ中、意外にもラステッリ監督が今季の解任第1号だった。 2017.10.17 23:06 Tue
twitterfacebook
thumb

ベロン氏が古巣・エストゥディアンテスの新会長に再選

▽元アルゼンチン代表MFで「ブルヒータ」(小さな魔法使い)の愛称で親しまれたフアン・セバスティアン・ベロン氏(42)が、古巣でもある母国のエストゥディアンテスの新会長に選ばれた。クラブが発表している。 ▽ベロン氏は、エストゥディアンテスの下部組織出身で、1996年2月にボカ・ジュニアーズに移籍。同年7月にサンプドリアへと完全移籍し、欧州サッカーに身を投じた。 ▽1998年7月にはパルマへと移籍すると、1999年7月にラツィオへと移籍。2001年7月にはマンチェスター・ユナイテッドへと移籍した。2003年7月にはチェルシーへと移籍するも、思うような結果を残せず、2004年7月にインテルへとレンタル移籍。2006年7月にエストゥディアンテスへと復帰していた。 ▽エストゥディアンテス復帰後は、再び輝きを取り戻し、アルゼンチン代表にも復帰。2011年10月に引退を宣言したが、チームメイトの慰留を受けて現役続行。2014年5月に引退した。 ▽その後、2014年10月にエストゥディアンテスの会長に就任。しかし、2016年12月に再び現役に復帰。今年もコパ・リベルタドーレスでは5試合に出場したが、チームはグループリーグで敗れていた。 ▽なお、会長としての任期は2020年まで。「アルゼンチン最高のクラブになる」と意気込みも語っている。現在エストゥディアンテスは、アルゼンチン・スーペルリーガで6試合を終えて2勝2分け2敗の15位に位置している。 2017.10.16 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがドルトムントからレンタル中のU-21スペイン代表MFメリノを完全移籍に切り替え

▽ニューカッスルは13日、ドルトムントからレンタル移籍で加入したU-21スペイン代表MFミケル・メリノ(21)に関して、完全移籍に切り替えることを発表した。契約期間は2022年までとなる。 ▽メリノは、オサスナの下部組織で育ち、2014年7月にトップチームに昇格。2016年7月にドルトムントへと完全移籍した。ドルトムントではブンデスリーガで8試合に出場。DFBポカールでも1試合に出場していた。 ▽今シーズンはニューカッスルへレンタル移籍すると、プレミアリーグで7試合に出場していた。メリノはクラブを通じて喜びのコメントを残している。 「僕はここにいることができて本当に幸せだ。契約について、公式に発表できた。5年以上ここに居続けることができるし、クラブや全ての人に良い物を与えられるように、クラブのためにプレーし続けたい」 2017.10.13 20:35 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース