ジローナがストークからムニエサをレンタルで獲得2017.08.11 23:57 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジローナは11日、ストーク・シティのスペイン人DFマルク・ムニエサ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。期間は1年間となっている。

▽バルセロナのカンテラ出身であるセンターバック兼左サイドバックのムニエサは、2013年夏にストークへ移籍。これまで公式戦67試合に出場して3ゴールを記録し、2016-17シーズンはプレミアリーグ10試合の出場で1ゴールをマークしていた。

▽新シーズン、リーガエスパニョーラ初昇格を果たしたジローナは、提携先のマンチェスター・シティからU-20ブラジル代表MFドウグラス・ルイス、スペイン人MFアレイクス・ガルシア、コロンビア代表FWマルロス・モレーノらを獲得している。

コメント

関連ニュース

thumb

攻撃陣爆発のスパーズがリーグ戦5戦ぶりの白星! ソン・フンミンが3点に絡む大暴れ!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、トッテナムvsストーク・シティが9日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが5-1で快勝した。 ▽リーグ戦4戦未勝利で6位に低迷するトッテナム(勝ち点25)は、13位のストーク(勝ち点16)とのアウェイゲームで5試合ぶりの勝利を目指す。快勝したミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦からデレ・アリ、ウィンクス、ソン・フンミンを除く8人を変更。ケインやエリクセン、GKロリス、ヴェルトンゲンら主力が復帰した。 ▽負傷のアルデルヴァイレルトと出場停止のダビンソン・サンチェスという2人の主力センターバックを欠くトッテナムは、直近のアポエル戦と同様に[4-2-3-1]の布陣をスタートから採用。エリクセンとウィンクスを起点にショートパスを繋いで押し込みながら、要所でソン・フンミンやデレ・アリの仕掛けでアクセントを付けていく。 ▽12分にソン・フンミンがファーストシュートを放つなど、徐々に相手ゴールに迫るトッテナムは20分過ぎにゴールをこじ開ける。21分、左サイドで縦に仕掛けたソン・フンミンが低くて速いクロスを供給。すると、ニアでDFズマが出した足に当たってコースが変わったボールがゴール前でケインと競ったDFショウクロスに当たってゴールネットに吸い込まれた。 ▽幸運な形でリーグ5戦ぶりの先制点を奪ったトッテナムは、ここから畳みかける攻めを見せる。25分には相手セットプレーのロングカウンターで4対2の数的優位を保ってボックス付近までボールを運び、ソン・フンミンがシュート。続く28分にはボックス手前で得たFKをエリクセンが直接狙うが、いずれも相手GKバトランドの好守に遭う。 ▽その後も相手にシュートを許さないソリッドな守備でゲームをコントロールするホームチームは37分、ソン・フンミンのスルーパスに反応したケインが巧みなボディフェイントでDFを振り切ってGKと一対一に。だが、このシュートを枠の左に外してしまい、前半のうちに点差を広げることはできなかった。 ▽後半も立ち上がりから攻勢に出るトッテナムは53分、自陣からのロングカウンターでウィンクスからパスを受けたデレ・アリがケインをオトリに左サイドから中央にダイアゴナルランするソン・フンミンに絶妙なスルーパス。これを受けたソン・フンミンがボックス右に持ち出しながらGKの脇を抜くシュートを右隅に流し込んだ。 ▽さらに畳みかけるトッテナムは直後の54分、ケインのハイプレスからGKバトランドのミスを誘うと、動揺の見える相手守備に対して左サイド深くのベン・デイビスが浮き球のクロス。これをファーで競り勝ったケインがGKの股間を抜くヘディングシュートで流し込む。さらに65分には再びカウンターからエリクセンのラストパスをソン・フンミンと競ったDFがクリアし切れずにいると、これを拾ったケインが左隅に左足のシュートを流し込み、試合を決定付ける4点目を奪った。 ▽なおも攻撃の手を緩めないホームチームは74分、カウンターからソン・フンミンのスルーパスに抜け出したエリクセンがGKとの一対一を難なく制し、5点目を奪う。勝利を確信したポチェッティーノ監督は連戦のデレ・アリ、ウィンクス、ソン・フンミンを下げて、ラメラ、ムサ・シッソコ、ジョレンテの投入で試合を締めにかかる。80分には相手セットプレーの場面でGKロリスの判断ミスからショウクロスに意地の1ゴールを許すも、5-1の大勝を飾った。攻撃陣爆発でストークを粉砕したトッテナムが、リーグ戦5試合ぶりの白星を手にした。 2017.12.10 02:18 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場サラーが2ゴール! 3発完勝のリバプールが上位を追走!!《プレミアリーグ》

▽リバプールは29日、プレミアリーグ第14節でストーク・シティとBet365スタジアムで対戦し、3-0で勝利した。 ▽3日前に行われた3位チェルシーとの上位対決をドローで終えた6位リバプール(勝ち点23)は、その試合から先発を大幅に6人変更。スタリッジやサラー、コウチーニョ、ヘンダーソンらがベンチスタートになり、フィルミノやマネ、ジャン、ワイナルドゥムらを先発で起用した。 ▽アンカーにジャンを起用し、3トップは右からマネ、フィルミノ、ソランケと並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだリバプールは17分、チェンバレンのパスをオーバーラップしたJ・ゴメスがボックス右深くから折り返すと、ボックス内のソランケが落とし、最後はゴール前に抜け出したマネが飛び出した相手GKの上を抜くチップキックでゴールネットを揺らした。 ▽先制したリバプールは、26分にも決定機。敵陣でスローインを獲得すると、J・ゴメスのロングスローのこぼれ球をボックス右で拾ったチェンバレンがシュート。GKリー・グラントの弾いたボールにソランケが詰めたが、これは素早く起き上がったGKリー・グラントにキャッチされた。 ▽リバプールは前半終了間際にも、ボックス左手前でパスを受けたジャンがカットインからのミドルシュートでゴールを脅かしたが、シュートは枠の右上に外れた。 ▽後半も主導権を握るリバプールだったが、なかなかチャンスを決めきれず、膠着状態のまま後半半ばに突入。クロップ監督は、67分にチェンバレンとソランケを下げてミルナーとサラーをピッチに送り出す。 ▽すると、この交代が試合を動かす。77分、右サイドから仕掛けたマネのクロスをファーサイドのサラーが豪快な左足ボレーシュートでゴールに突き刺し、リバプールが待望の追加点を奪取。 ▽さらに83分には、ジャンのロングフィードからチャンス。ピーテルースがダイレクトでGKリー・グラントへバックパスを送ると、このパスを奪ったサラーが相手GKとの一対一を制し、ゴールネットを揺らした。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。途中出場サラーの2ゴールなどで完勝のリバプールが、敵地で勝ち点3を獲得し上位陣を追走する形となった。 2017.11.30 07:23 Thu
twitterfacebook
thumb

ズマは同胞ポグバの自宅に入れず…出禁の理由とは?

▽ストーク・シティに所属するフランス代表DFクルト・ズマが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバから自宅への出禁を言い渡されていることを明かした。同選手が『goal』UK版のインタビューで語った。 ▽現在、24歳のポグバと23歳のズマは、2013年に行われたFIFA U-20ワールドカップで共に優勝を経験するなど、フランスの世代別代表やフル代表で長らく共にプレーしてきた旧知の仲だ。また、ポグバのユナイテッド復帰以降は、共にイングランドでプレーする仲間の1人として互いの自宅を行き来しているようだ。 ▽しかし、『goal』UK版のインタビューでポグバとの関係について尋ねられたズマは、現在ポグバから自宅への出禁を言い渡されていることを明かした。そして、その出禁の理由がいかにも子供っぽい理由であることが判明した。 「ポグバはとにかく負けることが嫌いなんだ。僕たちはよく『ウノ』のようなカードゲームを一緒にやるんだけど、負けるのが大嫌いなんだ」 「彼は昔からほとんど性格も変わっていなくて、この前に彼の家を訪れたときに彼とカードゲームをやったんだけど、コテンパンにやつけてしまったんだ。そのときの彼はとにかく、異常なほど怒っていたよ」 「彼はそのときから僕が自宅に来ることを拒んでいるんだ。彼は“もう僕の家に来るな”と言ってきたんだ。それに対して、僕は“マイフレンド、お願いだよ。たかが『ウノ』の勝負じゃないか”って言ったんだけど、聞き入れてくれなかったよ」 ▽超一流のスポーツ選手は極度の負けず嫌いであることが多いが、たかが『ウノ』で負けたぐらいで出禁を言い渡されてはたまったものではない。そういう人物に限って手を抜くと、逆に文句を言ってきそうなものである。もちろん、ポグバはそういった人物に違いない。 2017.11.29 02:41 Wed
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表FWクラウチがストークと2019年夏まで契約延長

▽ストーク・シティは28日、元イングランド代表FWピーター・クラウチ(36)の契約を延長したことを発表した。新契約は2019年夏までとなる。 ▽トッテナムでプロキャリアをスタートさせて、サウサンプトンやリバプール、ポーツマスなどでプレーしたクラウチは、2009年7月のトッテナム復帰を経て2011年8月にストークに加入。今シーズンはここまで公式戦11試合に出場して4ゴールを記録している。 ▽ストークの最高責任者(CEO)を務めるトニー・スコールズ氏は、クラブ公式サイトでクラウチの契約延長について以下のようにコメントしている。 「クラウチとの話し合いは、とてもスムーズだった。彼はここで幸せであり、クラブに残りたいと話してくれた。我々はこのニュースに喜んでいる。彼は今このクラブに不可欠な選手だ」 2017.11.28 21:23 Tue
twitterfacebook
thumb

「誇りに思うべきなの?」クラウチがプレミア新記録を達成

▽ストーク・シティに所属する元イングランド代表FWピーター・クラウチ(36)がプレミアリーグにおける途中出場の記録を更新した。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽ストークは20日、プレミアリーグ第12節でブライトンとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。この試合でクラウチは73分に途中出場。これにより、クラウチのプレミアリーグ途中出場数が通算で143試合目となった。 ▽これまでポーツマス、サウサンプトン、リバプールなどでプレーしてきたクラウチはプレミアリーグの途中出場数で、ニューカッスルなどで活躍したFWショラ・アメオビと並んでいたが、単独での1位となった。 ▽クラウチは、自身のツイッターで今回の更新に言及し、「誇りに思うべきなの?」とやや微妙な反応。もちろん、選手としては先発で出場したいものだが、“切り札”として期待されてきた証明でもあり、十分に誇れる記録ではないだろうか。 2017.11.21 18:41 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース