ジローナがストークからムニエサをレンタルで獲得2017.08.11 23:57 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジローナは11日、ストーク・シティのスペイン人DFマルク・ムニエサ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。期間は1年間となっている。

▽バルセロナのカンテラ出身であるセンターバック兼左サイドバックのムニエサは、2013年夏にストークへ移籍。これまで公式戦67試合に出場して3ゴールを記録し、2016-17シーズンはプレミアリーグ10試合の出場で1ゴールをマークしていた。

▽新シーズン、リーガエスパニョーラ初昇格を果たしたジローナは、提携先のマンチェスター・シティからU-20ブラジル代表MFドウグラス・ルイス、スペイン人MFアレイクス・ガルシア、コロンビア代表FWマルロス・モレーノらを獲得している。

コメント

関連ニュース

thumb

岡崎不出場のレスター、マフレズ弾でWBAにドローも降格圏に後退《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは16日、プレミアリーグ第8節でWBAをホームに迎え、1-1で引き分けた。レスターのFW岡崎慎司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ボーンマス戦を圧倒されながらもゴールレスドローに持ち込んだ17位レスター(勝ち点5)は、岡崎が3試合ぶりにベンチスタートとなり、イヘアナチョが先発となった。 ▽前節ワトフォード戦を2-2と引き分けて5試合勝利のない10位WBA(勝ち点9)に対し、序盤にマフレズのFKからゴールに迫ったレスターが徐々に圧力を強めていく展開とする。 ▽しかし、自陣に守備ブロックを作るWBAに対し、レスターはポゼッションこそするものの、崩せない状況が続いた。 ▽そんな中、35分にようやくレスターに決定機。左CKのルーズボールがボックス右に流れたところをシンプソンがダイレクトでシュート。枠を捉えていたが、GKのセーブに阻まれてしまった。ハーフタイムにかけてもレスターがボールを持ったが、チャンスは作れずに前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半も圧力をかけたレスターは51分に大チャンス。ヴァーディのヒールパスに抜け出したオルブライトンがボックス左深くまで侵入。折り返しをマフレズがシュートしたが、枠の上に外してしまった。 ▽その後は一進一退の攻防となると、63分にWBAが均衡を破った。ゴール正面やや右で得たFKをシャドリが直接狙うと、GKシュマイケルの逆を突いたシュートがゴール右に決まった。 ▽ワンチャンスを活かされて失点したレスターは、前がかったものの攻めあぐねる状況が続く。そこで74分、イヘアナチョに代えてスリマニを、シンプソンに代えてチルウェル投入し、[3-5-2]に布陣変更した。 ▽すると80分、レスターが交代選手2人の働きによって同点に追いついた。チルウェルの左クロスをファーサイドのスリマニがヘッドで落とすと、これを受けたボックス右のマフレズが胸トラップから右足を一閃。うまく捉えたボレーシュートがゴール左に決まった。 ▽その後、マグワイアの強烈なミドルシュートでゴールに迫ったレスターだったが、GKにセーブされると、終盤にかけてはチャンスを生み出せずにタイムアップ。勝ち点1を積み上げるにとどまり、降格圏の18位に後退している。 2017.10.17 06:02 Tue
twitterfacebook
thumb

7発大勝にご満悦のペップ「ファンのように楽しんだ」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラがストーク・シティ戦での大勝にご満悦の様子だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽シティは14日、プレミアリーグ第8節でストーク・シティをホームに迎えた。試合は17分に記録したFWガブリエウ・ジェズスの先制弾を皮切りに、シティのゴールラッシュ。2失点こそ喫したものの、チームとして7点を奪い、首位キープに成功した。試合後、グアルディオラ監督は試合を回想し、結果と内容ともに満足感を示している。 「私はシティのファンのように楽しんだ。結果と内容には満足しているよ」 「今シーズンは、良い内容のゲームが多くある。ただ、今日は特に良かった。我々はだいたい試合開始30分、もしくは45分まで良いプレーをする。それでも、今日は前半終盤と後半序盤を除けば、私が就任して以降、一番良い出来だったんじゃないかな」 「チームにはインターナショナルウィークの影響について話をしたが、ロッカールームでの雰囲気がとても良い。ポジティブであり、互いに助け合っている」 2017.10.15 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

圧巻7発のシティが6連勝で首位堅持!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節、マンチェスター・シティvsストーク・シティが14日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが7-2で勝利した。 ▽前節、チェルシーとのビッグマッチを制し、リーグ5連勝で首位に立つシティは、インターナショナルウィーク明けとなる今節、ストークをホームで迎え撃った。来週ミッドウィークにナポリとのチャンピオンズリーグ(CL)を控えるチームは、長期離脱のメンディ、コンパニを除き全選手が起用可能となり、デ・ブライネやシルバ、ガブリエウ・ジェズスとベストメンバーを先発で起用。また、自動車事故で負った肋骨骨折から驚異の回復力を見せたアグエロもベンチメンバーに入った。 ▽立ち上がりからサイドアタックと中央での質の高いダイレクトプレーで相手守備を揺さぶるシティは、開始17分に先制点を奪う。右サイドに流れたデ・ブライネからのスルーパスに抜け出したウォーカーがボックス右ライン際で丁寧にマイナスへ折り返すと、これをジェズスがワンタッチで流し込んだ。 ▽幸先良く先制したシティは19分、バイタルエリアでパスを受けたデ・ブライネのスルーパスに抜け出したザネがGKとDFを引き付け真横のスターリングにプレゼントパスを送ろと、これをスターリングが難なく流し込み、追加点を奪取。続く27分にはボックス左に抜け出したザネのクロスをファーのスターリングがダイレクトで折り返し、これを中央で受けたシルバが冷静に流し込んだ。その後、前半終了間際の44分に左サイドを崩されてM・ディウフに1点を返されるが、前半を2点リードで終えた。 ▽しかし、迎えた後半、アフェライとマルティンス・インディの2枚替えを敢行したストークに対して、集中力を欠く入りとなったシティは自陣左サイドで与えたスローインの流れからクロスを許すと、ディウフのヘディングシュートがDFウォーカーのオウンゴールを誘い、早々に点差を1点に縮められる。 ▽それでも、慌てないシティは55分、右サイドでボールを奪って持ち上がったデ・ブライネが絶妙なグラウンダーのクロスを入れると、これをジェズスが豪快に蹴り込んで4点目を奪う。さらに、畳かけるシティは60分、ボックス中央でデルフが短いパスを出すと、フェルナンジーニョが見事な右足のミドルシュートをゴール左上隅に突き刺す。直後の62分には再びデ・ブライネのお膳立てからザネがニアを抜くシュートを決め、点差を4点に広げた。 ▽この6点目で勝利を決定付けたシティは、ナポリ戦を見据えてジェズス、デ・ブライネ、フェルナンジーニョを続けてベンチに下げてベルナルド・シウバ、ギュンドアン、ヤヤ・トゥーレをピッチに送り込み、試合を締めにかかる。80分にはスターリングのお膳立てからベルナルド・シウバが移籍後初ゴールを記録し、最終的に7-2のスコアで大勝。自慢の攻撃陣爆発でストークを粉砕したシティが、リーグ6連勝で首位の座をがっちりとキープした。 2017.10.15 01:18 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田が今季初ゴールもクラウチ弾に沈んだサウサンプトンがリーグ戦連敗…《プレミアリーグ》

▽9月30日にプレミアリーグ第7節でストーク・シティvsサウサンプトンが行われ、2-1でストークが勝利した。サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也はフル出場し、75分に今季初ゴールを記録した。 ▽前節マンチェスター・ユナイテッドに惜敗した11位サウサンプトンが、16位ストークのホームに乗り込んだ一戦。サウサンプトンは、前節のスタメンからホードに代えてファン・ダイクを吉田の相方に起用した。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、最初のチャンスはホームチームに生まれる。15分、ピーテルースのパスをボックス中央で受けたシャキリが相手マークを外しシュート。しかし、これはGKフォースターのセーブに阻まれた。 ▽対するサウサンプトンは24分、セットプレーのこぼれ球をボックス中央のロメウが繋ぐと、ゴール右のロングがシュート。しかし、これは飛び出したGKバトランドが身を呈したブロックで防いだ。 ▽30分、ストークはシャキリのラストパスを受けたチュポ=モティングがボックス右手前からシュート。GKフォースターの弾いたセカンドボールに再びチュポ=モティングが反応したが、シュートは吉田のブロックに阻まれた。 ▽膠着状態が続く中、40分にスコアが動く。シャキリの右CKをゴール前のM・ディウフが頭で叩き込み、ストークが先制に成功した。さらにストークは、42分にもボックス内でベラヒノがファン・ダイクに倒されPKを獲得。しかし、ベラヒノのPKはGKフォースターにシャットアウトされた。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防が展開されると、1点を追うサウサンプトンは61分にデイビスを下げてブファルを投入。さらに67分にはレドモンドを下げてガッビアディーニをピッチに送り出した。対するストークは、70分にベラヒノを代えてクラウチを投入した。 ▽すると75分、サウサンプトンは左CKのこぼれ球を拾ったブファルがボックス左深くまで侵入しクロスを供給。相手DFにディフレクトとしたボールをゴール右のロングが右足に当てると、ゴール前の吉田がジャンピングボレーでゴールに叩き込んだ。 ▽同点とされたストークだが、85分に勝ち越す。シャキリのパスでボックス左深くまで侵攻したピーテルースの折り返しをチュポ=モティングがシュート。GKフォースターの弾いたボールを再びチュポ=モティングが合わせると、このボールをゴール前のクラウチはヒールで流し込んだ。 ▽結局、このゴールが決勝点となり2-1で試合終了。吉田の今季初ゴールで一度は追いついたサウサンプトンだったが、終盤の失点で今季初の連敗となった。 2017.10.01 01:34 Sun
twitterfacebook
thumb

ストーク、U-21ベルギー代表FWエンゴイと2022年まで契約延長

▽ストークシティは29日、U-21ベルギー代表FWジュリアン・エンゴイ(19)との契約延長を発表した。新契約は2022年6月30日までとなる。 ▽エンゴイは、アンデルレヒトやクラブ・ブルージュの下部組織を経て2013年にストーク・シティユースに加入すると、2016年にトップチームに昇格。12月10日に行われたアーセナル戦でプレミアリーグデビューを飾ったが、昨シーズンは公式戦7試合の出場にとどまった。 ▽今シーズンは、ここまで太もものケガの影響でピッチを離れている。また、エンゴイは各年代のベルギー代表に選出されており、2017年3月には飛び級でU-21ベルギー代表に選出された。 2017.09.30 03:20 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース