フェネルバフチェ、元スペイン代表FWソルダード獲得を正式発表2017.08.11 22:14 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フェネルバフチェは11日、ビジャレアルから元スペイン代表FWロベルト・ソルダード(32)の獲得を正式に発表した。契約期間は2年間で1年間の延長オプションが付随している。なお、移籍金の詳細は明かされていないがフランス『レキップ』の伝えるところによれば、移籍金は1000万ユーロ(約12億9000万円)ほどになるという。

▽レアル・マドリーの下部組織出身であるソルダードは、ヘタフェやバレンシアでの活躍を経て、2013年夏にトッテナムへ完全移籍。しかし、トッテナムでは在籍2シーズンで7ゴールと不本意な成績に終わった。

▽2015年の夏にビジャレアルへ移籍してリーガ復帰を果たしたソルダードは、加入初戦度から公式戦44試合に出場するなど、主力として活躍。しかし、昨季はプレシーズンに行われたテレサ・エレーラ杯で右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負い、わずか公式戦11試合の出場に留まった。

▽フェネルバフチェは、公式サイトを通じて以下のようにコメント

「我々はスペイン人FWロベルト・ソルダードと契約した。我々はソルダードがフェルバフチェで成功しリーグ制覇に貢献してくれることを祈っている」

コメント

関連ニュース

thumb

フィリップ・コクーがフェネルバフチェ監督に就任

▽フェネルバフチェは22日、フィリップ・コクー監督(47)の就任を発表した。契約は3年となる。 ▽コクー監督は2013年5月にPSVのアシスタントコーチから監督に昇格。2014-15、17-18シーズンにはエールディビジ優勝に導いた。選手としても過ごしたPSVを退任し、この度新たにフェネルバフチェの監督を務めることになったコクー監督はその喜びを以下のように語っている。 「このクラブの近い将来に向けた計画に非常に感銘を受けたことを正直に言わなければならない。フェネルバフチェは偉大なクラブだ。この重要なクラブの一員に慣れて誇りに思う」 ▽コクー監督は[4-3-3]の布陣を得意とし、若い選手を中心にパスサッカーを主体とする監督だ。5年間率いたPSVでは232試合を指揮し、153勝37分け42敗という成績を残した。 2018.06.23 00:36 Sat
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェ、昨夏4年ぶりに指揮官に復帰したコカマン監督との契約解除を発表

▽フェネルバフチェは18日、アイクト・コカマン監督との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 ▽2017年の夏に4年ぶりにフェネルバフチェの指揮官に復帰したコカマン監督。4シーズンぶりのリーグ優勝を目指したフェネルバフチェだが、シーズン序盤のスタートダッシュに失敗。シーズン終盤にはリーグ戦8連勝を飾るなど巻き返しを見せたが、首位のガラタサライと3ポイント差の2位でシーズンを終えていた。 ▽2019年までの2年契約を結んでいたコカマン監督だったが、クラブはシーズン終了後に同監督との面談を行い、その話し合いの中で契約解消という結論に達したようだ。 ▽フェネルバフチェは、公式サイトで「我々はコカマンのこれからのキャリアの成功を祈っている」と、感謝の気持ちを述べている。 2018.06.19 01:35 Tue
twitterfacebook
thumb

元リバプールのシュクルテル、ニューカッスルでベニテスと再会か

▽ニューカッスルが、フェネルバフチェのスロバキア代表DFマルティン・シュクルテル(33の獲得に興味を持っているよづだ。イギリス『クロニクル・ライブ』が伝えている。 ▽2016年からフェネルバフチェでプレーするシュクルテル。今季はリーグ戦21試合に出場し、最後まで優勝争いを繰り広げたクラブに貢献した。 ▽33歳という年齢や、クラブとの契約が残り1年となっていることから、安価での獲得が見込めるシュクルテルに対し、リバプール時代に同選手を指導したラファエル・ベニテス監督率いるニューカッスルが獲得に興味。2010年以来となる師弟コンビ復活が期待されている。 ▽一方で、シュクルテルにはスティーブン・ジェラード新監督率いるレンジャーズもオファーを出していたが、選手の代理人が給与の面からこのオファーを断ったと明かしている。 2018.05.30 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ監督が頭部を負傷…フェネルバフチェとの一戦は58分で中断

19日に行われたトルコカップでベシクタシュの監督が頭部を負傷する騒動が起きた。<br><br>トルコカップ準決勝セカンドレグでベシクタシュは敵地でフェネルバフチェと対戦。ところが0-0で迎えた後半早々、ベシクタシュのシェノル・ギュネシュ監督の頭部にフェネルバフチェサポーターから投げられた物が直撃する。同指揮官はそのまま病院へと搬送され、5針を縫う負傷であることが明らかになった。<br><br>イスタンブールに本拠地を置く両クラブの一戦は元レアル・マドリーのペペが一発退場を命じられるなど前半から荒れ模様。ベシクタシュの選手がタッチラインやコーナーフラッグ周囲に行く度に物が投げ込まれる場面も確認されていた。これらの騒動を受け、マッチオフィシャルは試合の続行は不可能と考え、58分に中断が決定している。<br><br>試合の扱いや両チームへの処分に関しては、後日連盟によって話し合われるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

構想外のパレッタがミランとの契約を解消、フェネルバフチェ移籍へ

▽ミランは30日、元イタリア代表DFガブリエル・パレッタ(31)が双方合意の下、契約を解消したことを発表した。ミランとの契約は今季終了までとなっていた。 ▽アルゼンチン出身のセンターバックであるパレッタは、2015年冬にパルマからミランに移籍。ミランでは公式戦47試合に出場して2ゴールを記録したが、主力としてプレーした昨季はリーグワーストタイとなる5度の退場を犯すなど荒さも目立ち、今季は構想外となってヨーロッパリーグ1試合の出場に留まっていた。 ▽そのパレッタにはフェネルバフチェ、ガラタサライ、アンタルヤスポルといったトルコ勢、古巣のパルマといったクラブが獲得に興味を持っていたようだが、フェネルバフチェへの移籍が濃厚だと『フットボール・イタリア』は報じている。 2018.01.31 05:09 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース