浦和MF関根貴大のインゴルシュタット移籍完了! 契約期間は4年、背番号は「22」2017.08.11 22:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ2部に所属するインゴルシュタットは11日、浦和レッズからMF関根貴大(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年。背番号は「22」に決定している。

▽浦和は6日、関根のインゴルシュタット移籍合意を発表。関根は、9日に行われた自身のラストゲームである明治安田生命J1リーグ第21節のヴァンフォーレ甲府戦(1-0で浦和が勝利)でプレー後、翌10日に離日していた。

▽自身の憧れであった海外挑戦の一歩を踏み出した関根は、インゴルシュタット公式サイトで次のようにコメントしている。

「僕自身が成長できる野心に満ちたドイツのクラブに行くことが目標として常にあった。モチベーションは高い。早くドイツ語を習得して、一緒に成功を収めてきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

ドイツ地元紙がインゴルシュタット入りの関根貴大を特集「左ウイングとして期待」

今夏の移籍市場で、浦和から4年契約でインゴルシュタットに加入した関根貴大に対して、地元メディア『donaukurier』が特集記事を展開した。<br><br>同メディアは浦和からやってきた関根について、「彼はインゴルシュタットでのトレーニングで十分な才能を見せている。167センチと小柄で軽量だが、ピッチでは神出鬼没なスタイルで存在感を発揮。左ウイングとして期待を集めている」と伝えた。<br><br>また「週末の試合に可能なら出たい」、「先輩である原口元気君がヘルタ・ベルリンでプレーしていて、自分もドイツでプレーしたいと思っていた」と語った関根本人の言葉も掲載している。<br><br>記事では「関根は日本でも競争力の高い浦和レッズで、これまで左ウイングとして出場機会を確保し、フル出場を続けていた。今年は22試合3ゴール4アシストを記録。インゴルシュタットの(マルク)ヴァルプルギス監督による3-4-3のシステムでは、左ウイングを務めるに十分な戦術理解力も持ち合わせている」と紹介し、新加入の関根がインゴルシュタットの左ウイングとして期待が高まっていることを強調。<br><br>通訳を務める小川秀樹氏の言葉も報じられており、「彼は自分の強みがスピードと俊敏性、ドリブルだと自覚している。本人もトップと中盤の間を自由に動くスタイルで攻撃面で貢献したいと語っている」と紹介している。<br><br>最後に「関根は英語を少しだけ話す。インゴルシュタットでは現在ホテル住まいで、今後ドイツ語を習得したり、食習慣に順応する必要がある。それでも関根は日本食を好んでご飯と野菜スープ、卵などを食しているようだ。今後家族がドイツにやって来るようだが、関根はここで本当のシャンザー(インゴルシュタットの愛称)にならなければいけない」と綴り、関根の紹介を締めくくった。<br><br>記事では、20日に控えているブンデスリーガ2部の第3節インゴルシュタットvsSSVヤーン・レーゲンスブルク戦で関根が起用される可能性があるという。ドイツに新天地を求めた関根のドイツデビューが間もなく実現する見通しだ。<br><br>提供:goal.com 2017.08.18 08:20 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和MF関根貴大、移籍金8900万円でインゴルシュタットへ?

▽浦和レッズに所属するMF関根貴大(22)は10日、完全移籍で合意したインゴルシュタット(ブンデスリーガ2部)のメディカルチェックを受けるため、ドイツに旅立った。 ▽これを受けて、ドイツ『Liga-Zwei.de』も浦和の生え抜きドリブラーのインゴルシュタット加入を報道。移籍金70万ユーロ(約8900万円)での加入になるという。 ▽なお、ブンデスリーガ2部は7月29日に開幕。開幕2連敗スタートのインゴルシュタットは20日に行われる次節、レーゲンスブルクとホームで対戦する。 2017.08.11 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

インゴルシュタット移籍のMF関根貴大がドイツへ出発「浦和の誇りを持って戦ってくる」

▽浦和レッズからブンデスリーガ2部のインゴルシュタットへ移籍するMF関根貴大が10日、チームに合流するために出国。約100名を超えるファン・サポーターやメディアに見送られ、ドイツへと飛び立った。 ▽2008年に浦和ジュニアユースに入団した関根は、2010年にU-16日本代表に選出。その後も世代別の代表に選ばれ続けるようになる。浦和ではユースを経て2014年にトップチーム昇格。3月のJ1第4節、清水エスパルス戦でJ1デビューを果たすと、途中出場をメインに1年目ながらリーグ戦21試合に出場。5月17日のJ1第14節セレッソ大阪戦では、Jリーグ初得点も記録するなど、1年目で2得点を挙げた。 ▽2年目以降は右ウイングバックのポジションを確保し、リーグ戦32試合に出場し6得点。2016年も32試合に出場し2得点を記録。今シーズンもここまで全22試合に出場(先発20試合)し3得点を記録していた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170810_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽前日に行われたアウェイでのヴァンフォーレ甲府戦から一夜明けた関根は、当初の予定より大幅に遅れて空港に到着。「起きて高速に乗ってみたら少しも動かなかったので、飛行機乗れるのかな?という思いもありました」と渋滞で予定がずれ込み、ドタバタでの出国となったが、「空港にも多くの人たちが駆けつけてくれて、いよいよ行くんだなという実感が湧きました」とコメントした。 ▽自身初の移籍、そして初のドイツでのプレーとなる関根は「楽しみですし、浦和で培ってきたものをあっちでもしっかりと出して、皆さんに恩返していきたいなと思います」とコメント。また、インゴルシュタットについては「インゴルシュタットも赤いチームで、自分が育ってきたチームと同じカラーなので、そういったチームでプレーできるのも何かの縁だと思います」と印象を語った。また、日本ではドリブラーとして活躍した関根は「自分が本当に持っているもの、ゴールへ向かう姿勢をあっちでも魅せられたらと思います」と、ドイツでも持ち味を発揮すると語った。 ▽今シーズンの目標については「まずは試合に出ることが大事だと思いますし、あっちの環境に慣れて、1日でも早くピッチに立てるように頑張りたいと思います」とコメント。新天地での挑戦については「全ての環境が変わって、新たなスタートだと思いますし、すごく楽しみですけど、自分が育った浦和の誇りを持って、あっちでも戦ってきたいなと思います」と意気込んだ。 ▽また、移籍に際しては、同じ浦和ユース出身で2014年にヘルタ・ベルリンへと移籍した日本代表FW原口元気に相談したとのこと。移籍の決め手は「チームの状況だったり悩みましたが、先輩である原口元気選手がドイツに渡って活躍して、元気くんからも『お前の気持ちはどうなんだ。行きたいのか、行きたくないのか』とシンプルな質問をもらって、素直に行きたいと思いましたし、挑戦したい思いが強くなったので決断しました」とコメント。同じ浦和出身でドイツで活躍する先輩の後押しもあったようだ。 ▽7月には明治安田生命Jリーグワールドチャレンジで、ブンデスリーガ1部のドルトムントと対戦。切れ味鋭いドリブルで見せ場を作った関根は「あのような日本での戦いで、シーズン前というのもありますが、そういった自信があるから挑戦しますし、それをあっちで見せつけるために結果を残してきたいと思います」と語り、ドルトムントとの一戦での手応えも背中を押したようだ。 ▽今後はメディカルチェックを受けた後、13日にはDFBポカール1回戦の1860ミュンヘン戦を観戦するとのこと。その後、本格的にチームに合流しドイツでのキャリアがスタートする。 2017.08.10 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

2部降格のインゴルシュタット、ホッフェンハイムから元U-20クロアチア代表FWコラクをレンタルで獲得

▽ブンデス2部に降格したインゴルシュタットは3日、ホッフェンハイムから元U-20クロアチア代表FWアントニオ・ミルコ・コラク(23)を獲得したことを発表した。今回の契約は、2016-17シーズン終了後の買い取りオプションが付随した1年間のレンタル移籍となっている。 ▽コラクはホッフェンハイムの下部組織出身で、トップチームに昇格せず2011年7月にカイザースラウテルンのリザーブチームであるカイザースラウテルンⅡへと移籍。さらに翌年7月には、ニュルンベルクのリザーブチームであるニュルンベルクⅡへ移籍。2013年にトップチームに昇格すると、同年10月に行われたフランクフルト戦でブンデスデビューを飾るなど、公式戦7試合に出場。2014-15シーズンは、ポーランドのレヒア・グダニスクにレンタルで加入すると公式戦31試合で10ゴールを記録した。 ▽この活躍が認められ、2015年7月にホッフェンハイムへ帰還したコラクだが、すぐさまカイザースラウテルンへレンタル移籍。2016-17シーズンは、再びレンタルで加入したダルムシュタットで公式戦24試合に出場し、7ゴール2アシストを記録していた。 2017.07.04 02:23 Tue
twitterfacebook
thumb

2位ライプツィヒ、2戦連続ドローで逆転優勝が絶望的に…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第31節、RBライプツィヒvsインゴルシュタットが29日にレッドブル・アレナで開催され、0-0のドローに終わった。 ▽前節、シャルケ相手に引き分け、連勝が4試合でストップした2位ライプツィヒ(勝ち点62)は、首位バイエルン(勝ち点70)との勝ち点差を縮められず。逆転でのマイスターシャーレ獲得にこれ以上の取りこぼしが許されないチームは、降格圏の17位に沈むインゴルシュタット(勝ち点28)とのホームゲームに臨んだ。 ▽試合は、立ち上がりから地力で勝るホームチームが素早い攻守の切り替えと、推進力のある攻めで押し込んでいく。10分にユスフ・ポウルセンが最初のシュートを放つと、その後もヴェルナーの驚異的なスピードを活かしてゴールに迫る。20分過ぎにはスルーパスに抜け出したヴェルナーの高速クロスにフォルスベリが飛び込むが、わずかに合わない。 ▽一方、押し込まれながらも粘り強い守備で失点を凌ぐインゴルシュタットだが、負傷したレッキーがレックスとの交代を強いられるなど、流れを引き寄せられない。それでも、敵地での前半をゴールレスで終え、後半の巻き返しに望みを繋いだ。 ▽迎えた後半、最初の決定機はライプツィヒ。51分、ナビ・ケイタの絶妙なスルーパスに抜け出したポウルセンがボックス右でGKと一対一になるが、シュートを枠に飛ばせない。続く57分にもショートカウンターからゴール前のヴェルナーに決定機も、ここでもシュートを枠に飛ばせない。 ▽流れが悪いライプツィヒは、67分に相手選手との接触でヴェルナーが負傷交代を強いられるアクシデントに見舞われる。それでも、諦めないチームは68分にクロスに飛び込んだサビツァー、70分にはフォルスベリの強烈なミドルシュートでゴールに迫るが、ここも相手GKの好守に遭う。 ▽その後、試合終盤に相手に退場者が出たことで数的優位を手にしたライプツィヒだったが、完全に引いたインゴルシュタットの守備を最後までこじ開けられず、0-0のドロー。格下相手に2戦連続ドローのライプツィヒは、逆転優勝の可能性が絶望的となった。 2017.04.30 00:52 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース